図面 (/)

技術 金属装飾用素材およびその製造方法

出願人 株式会社オカピ株式会社アイレ
発明者 永野正春
出願日 1997年5月23日 (22年11ヶ月経過) 出願番号 1997-170873
公開日 1998年12月8日 (21年5ヶ月経過) 公開番号 1998-323209
状態 未査定
技術分野 装身具 はんだ付・ろう付 溶融はんだ付
主要キーワード 金属薄板片 金属装飾 先端周縁 タガネ 金属装飾体 保持強度 一部露出 装飾品
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1998年12月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

金属薄板穿設した小孔から宝石の一部が露出するように宝石を取り付けた部分を薄くした金属装飾用素材を提供することを課題とする。

解決手段

金属薄板10に穿設した小孔10aに、宝石11の一部が小孔10aから露出するように小孔10aの裏面側から宝石11を配設し、その宝石11の背面に当てた金属薄板片12の周縁部12bを、前記金属薄板10の裏面10bに溶接して構成したことを特徴とする金属装飾用素材。

概要

背景

従来、金属装飾用素材の表面から一部が露出するように宝石を取り付けるには、図6に示すように、金属装飾用素材1の表面1aに、先端部2aの内径を大きくした筒片2を突出形成し、この筒片2に先端部から宝石3を挿入して小さい内径と大きい内径との段部2bに宝石3を当接し、その後、内径を大きくした先端部2aを宝石3側にかしめて、宝石3を金属装飾用素材1の表面に取り付けるようにしていた。

また、図7に示すように、金属装飾用素材1の表面1aに、先端部2aの内径を小さくした筒片2を突出形成し、この筒片2に金属装飾用素材1の裏面に貫通した筒孔2bから宝石3を挿入し、その宝石3の先端を筒片2の先端から露出させ、宝石3の裏面側に当接するように筒片2の内周タガネ2cにて削り起し、このタガネ削り起し部2dを宝石3に当て、宝石3を固定して取り付けるようにしていた。

また、図8に示すように、金属装飾用素材1の表面1aに、筒片2を突出形成し、図8の(A)に示すように、この筒片2に先端部2aから宝石3を圧入し、その後、図8の(B)に示すように、筒片2の先端部2aを宝石3側にかしめ、宝石3を金属装飾用素材1の表面1aに取り付けるようにしていた。

また、図9に示すように、比較的に厚い金属装飾用素材1に小孔4を穿設し、この小孔4に宝石3を圧入し、その後、小孔4の先端周縁部4aをタガキしたタガキ部4bによって宝石3が脱落しないように取り付けていた。

概要

金属薄板に穿設した小孔から宝石の一部が露出するように宝石を取り付けた部分を薄くした金属装飾用素材を提供することを課題とする。

金属薄板10に穿設した小孔10aに、宝石11の一部が小孔10aから露出するように小孔10aの裏面側から宝石11を配設し、その宝石11の背面に当てた金属薄板片12の周縁部12bを、前記金属薄板10の裏面10bに溶接して構成したことを特徴とする金属装飾用素材。

目的

図6乃至図8に示すような従来の金属装飾用素材においては、金属装飾用素材1の表面1aに、筒片2を突出形成し、この筒片2の先端部2aから宝石3が一部露出するように、宝石3を筒片2内に保持するようにしているので、その宝石3の保持が比較的に難しく、製造コストが高くなるととともに、宝石3の保持部分が厚くなるといった問題があった。また、図9に示すような従来の金属装飾用素材においては、金属装飾用素材1そのものが厚く、この金属装飾用素材1によって作られる装飾品が限定され、すなわち、この金属装飾用素材1によっては金属製装飾チェーンパーツを作ることができなかった。この発明は、金属装飾用素材に穿設した小孔から宝石の一部を露出させて、宝石を金属装飾用素材に保持させる構造が簡単で、製造コストが安く、かつ、宝石の保持部を薄くした金属装飾用素材およびその製造方法を提供することを目的としたものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

金属薄板(10)に穿設した小孔(10a)に、宝石(11)の一部が小孔(10a)から露出するように小孔(10a)の裏面側から宝石(11)を配設し、その宝石(11)の背面に当てた金属薄板片(12)の周縁部(12b)を、前記金属薄板(10)の裏面(10b)に溶接して構成したことを特徴とする金属装飾用素材

請求項2

金属薄板(10)に穿設した小孔(10a)に、宝石(11)の一部が小孔(10a)から露出するように小孔(10a)の裏面側から宝石(11)を配設し、その宝石(11)の背面(11a)の一部を小孔(12a)から露出させて当てた金属薄板片(12)の周縁部(12b)を、前記金属薄板(10)の裏面(10b)に溶接して構成したことを特徴とする金属装飾用素材。

請求項3

金属薄板(10)に穿設した小孔(10a)の周縁部(10c)を隆起させ、宝石(11)の一部が小孔(10a)から露出するように小孔(10a)の裏面側から宝石(11)を配設し、その宝石の背面(11a)に密接させて当てた金属薄板片(12)の周縁部(12b)を、前記金属薄板(10)の裏面(10b)に溶接して構成したことを特徴とする金属装飾用素材。

請求項4

金属薄板(10)に穿設した小孔(10a)の周縁部(10c)を隆起させ、宝石(11)の一部が小孔(10a)から露出するよう小孔(10a)の裏面側から宝石(11)を配設し、その宝石(11)の背面に空間部(13)をおいて当てた金属薄板片(12)の周縁部(12b)を、前記金属薄板(10)の裏面(10b)に溶接して構成したことを特徴とする金属装飾用素材。

請求項5

金属薄板(10)に小孔(10a)を穿設する工程と、宝石(11)の一部が小孔(10a)から露出するように金属薄板(10)の裏面側から宝石(11)を配設する工程と、その宝石(11)の背面(11a)に金属薄板片(12)を当てる工程と、この金属薄板片(12)の周縁部(12b)を前記金属薄板(10)の裏面(10b)に溶接する工程とよりなることを特徴とする金属装飾用素材の製造方法。

技術分野

0001

この発明は、金属薄板穿設した小孔から宝石の一部が露出した金属装飾体や金属製装飾チェーンパーツを製造する金属装飾用素材およびその製造方法に関するものである。

背景技術

0002

従来、金属装飾用素材の表面から一部が露出するように宝石を取り付けるには、図6に示すように、金属装飾用素材1の表面1aに、先端部2aの内径を大きくした筒片2を突出形成し、この筒片2に先端部から宝石3を挿入して小さい内径と大きい内径との段部2bに宝石3を当接し、その後、内径を大きくした先端部2aを宝石3側にかしめて、宝石3を金属装飾用素材1の表面に取り付けるようにしていた。

0003

また、図7に示すように、金属装飾用素材1の表面1aに、先端部2aの内径を小さくした筒片2を突出形成し、この筒片2に金属装飾用素材1の裏面に貫通した筒孔2bから宝石3を挿入し、その宝石3の先端を筒片2の先端から露出させ、宝石3の裏面側に当接するように筒片2の内周タガネ2cにて削り起し、このタガネ削り起し部2dを宝石3に当て、宝石3を固定して取り付けるようにしていた。

0004

また、図8に示すように、金属装飾用素材1の表面1aに、筒片2を突出形成し、図8の(A)に示すように、この筒片2に先端部2aから宝石3を圧入し、その後、図8の(B)に示すように、筒片2の先端部2aを宝石3側にかしめ、宝石3を金属装飾用素材1の表面1aに取り付けるようにしていた。

0005

また、図9に示すように、比較的に厚い金属装飾用素材1に小孔4を穿設し、この小孔4に宝石3を圧入し、その後、小孔4の先端周縁部4aをタガキしたタガキ部4bによって宝石3が脱落しないように取り付けていた。

発明が解決しようとする課題

0006

図6乃至図8に示すような従来の金属装飾用素材においては、金属装飾用素材1の表面1aに、筒片2を突出形成し、この筒片2の先端部2aから宝石3が一部露出するように、宝石3を筒片2内に保持するようにしているので、その宝石3の保持が比較的に難しく、製造コストが高くなるととともに、宝石3の保持部分が厚くなるといった問題があった。また、図9に示すような従来の金属装飾用素材においては、金属装飾用素材1そのものが厚く、この金属装飾用素材1によって作られる装飾品が限定され、すなわち、この金属装飾用素材1によっては金属製装飾チェーン用パーツを作ることができなかった。この発明は、金属装飾用素材に穿設した小孔から宝石の一部を露出させて、宝石を金属装飾用素材に保持させる構造が簡単で、製造コストが安く、かつ、宝石の保持部を薄くした金属装飾用素材およびその製造方法を提供することを目的としたものである。

課題を解決するための手段

0007

この発明は、前記目的を達成するために、金属薄板10に穿設した小孔10aに、宝石11の一部が小孔10aから露出するように小孔10aの裏面側から宝石11を配設し、その宝石11の背面に当てた金属薄板片12の周縁部12bを、前記金属薄板10の裏面10bに溶接して構成したことを特徴とする金属装飾用素材としたものである。

0008

また、金属薄板10に穿設した小孔10aに、宝石11の一部が小孔10aから露出するように小孔10aの裏面側から宝石11を配設し、その宝石11の背面11aの一部を小孔12aから露出させて当てた金属薄板片12の周縁部12bを、前記金属薄板10の裏面10bに溶接して構成したことを特徴とする金属装飾用素材としたものである。

0009

また、金属薄板10に穿設した小孔10aの周縁部10cを隆起させ、宝石11の一部が小孔10aから露出するように小孔10aの裏面側から宝石11を配設し、その宝石の背面11aに密接させて当てた金属薄板片12の周縁部12bを、前記金属薄板10の裏面10bに溶接して構成したことを特徴とする金属装飾用素材としたものである。

0010

また、金属薄板10に穿設した小孔10aの周縁部10cを隆起させ、宝石11の一部が小孔10aから露出するように小孔10aの裏面側から宝石11を配設し、その宝石11の背面に空間部13をおいて当てた金属薄板片12の周縁部12bを、前記金属薄板10の裏面10bに溶接して構成したことを特徴とする金属装飾用素材としたものである。

0011

また、金属薄板10に小孔10aを穿設する工程と、宝石11の一部が小孔10aから露出するように金属薄板10の裏面側から宝石11を配設する工程と、その宝石11の背面11aに金属薄板片12を当てる工程と、この金属薄板片12の周縁部12bを前記金属薄板10の裏面10bに溶接する工程とよりなることを特徴とする金属装飾用素材の製造方法としたものである。

0012

以下、この発明の金属装飾用素材およびその製造方法の実施の形態を図面とともに詳細に説明すると、図1はその第一の実施の形態を示すもので、10は金、銀、プラチナ等の金属薄板で、これに穿設した小孔10aに、宝石11の一部が小孔10aから露出するように小孔10aの裏面側から宝石11を配設し、その宝石11の背面11aを金属薄板片12に穿設した小孔12aに嵌合するとともに、その金属薄板片12の周縁部12bを、前記金属薄板10の裏面10bにろう材14等を介して溶接して金属装飾用素材を構成したものである。

0013

図2はこの発明の金属装飾用素材の第二の実施の形態を示すもので、金、銀、プラチナ等の金属薄板10に小孔10aを穿設するとともに、その小孔10aの周縁部10cを隆起させ、図2の(A)に示すように、その隆起させた周縁部10bの内側に宝石11の上端部の外周が当接して、宝石11の上端が露出するように配設し、図2の(B)に示すように、その宝石11の背面11aの全体が当接するように凹部12cを形成した金属薄板片12を宝石11の背面11aに当接するとともに、その金属薄板片12の周縁部12bを、前記金属薄板10の裏面10bにろう材等を介して溶接して金属装飾用素材を構成したものである。

0014

図3はこの発明の金属装飾用素材の第三の実施の形態を示すもので、前記第二の実施の形態と相違する点は、金、銀、プラチナ等の金属薄板10に小孔10aを穿設するとともに、その小孔10aの周縁部10cを隆起させ、図3の(A)に示すように、その隆起させた周縁部10cの内側に、宝石11の上端部の外周を当接させて宝石11の上端が露出するように配設し、図3の(B)に示すように、その宝石11の背面11aに空間部13をおいて当てた金属薄板片12の周縁部12bを、前記金属薄板10の裏面10bに溶接して金属装飾用素材を構成したものである。

0015

また、この発明の金属装飾用素材の製造方法は、金属薄板10に小孔10aを穿設する工程と、宝石11の一部が小孔10aから露出するように金属薄板10の裏面側から宝石11を配設する工程と、その宝石11の背面11aに金属薄板片12を当てる工程と、この金属薄板片12の周縁部12bを前記金属薄板10の裏面に溶接する工程とよりなるものである。

0016

前記図1に示すように、宝石11の背面11aの一部が金属薄板片12から露出するようにした場合と、前記図2に示すように、宝石11の背面11aの全面が金属薄板片12に密接するようにした場合と、前記図3に示すように、宝石11の背面に空間部13をおいて金属薄板片12を当てた場合とでは、宝石11の前面から当たった光の反射が微妙に変化する。

0017

この発明の金属装飾用素材およびその製造方法は、以上のように構成されているので、このような金属装飾用素材を用いて、図4に示すような金属装飾体15を製造すると、その金属装飾体15の一部分から宝石11の一部分が露出されて光るので、豪華で美麗な金属装飾体15を提供することができる。

0018

また、前記のような金属装飾用素材を用いて、金属製装飾チェーン用パーツを製造して、図5に示すような金属製装飾チェーン16を編成すると、その金属製装飾チェーン16の一部分から宝石11の一部分が露出されて光るので、豪華で美麗な金属製装飾チェーン16を提供することができる。

発明の効果

0019

この発明は、以上説明したように、すなわち、金属薄板に穿設した小孔に、宝石の一部が小孔から露出するように小孔の裏面側から宝石を配設し、その宝石の背面に当てた金属薄板片の周縁部を、前記金属薄板の裏面に溶接して構成した金属装飾用素材としたので、この金属装飾用素材を用いて金属装飾体や金属製装飾チェーンを製造すると、これらの金属装飾体や金属製装飾チェーンの一部分から宝石の一部分が露出されて光るので、豪華で美麗な金属装飾体や金属製装飾チェーンを提供することができる。

0020

また、金属薄板に穿設した小孔に、宝石の一部が小孔から露出するように小孔の裏面側から宝石を配設し、その宝石の背面の一部を小孔から露出させて当てた金属薄板片の周縁部を、前記金属薄板の裏面に溶接して構成した金属装飾用素材としたので、この金属装飾用素材を用いて金属装飾体や金属製装飾チェーンを製造すると、これらの金属装飾体や金属製装飾チェーンの一部分から宝石の一部分が露出されて光り、この宝石の背面の一部分も露出しているので、宝石の光が微妙に変化して、豪華で美麗な金属装飾体や金属製装飾チェーンを提供することができる。

0021

また、金属薄板に穿設した小孔の周縁部を隆起させ、宝石の一部が小孔から露出するように小孔の裏面側から宝石を配設し、その宝石の背面に密接させて当てた金属薄板片の周縁部を、前記金属薄板の裏面に溶接して構成した金属装飾用素材としたので、前記隆起させた小孔の周縁部で宝石の前面の周縁部を押さえ、かつ、宝石の背面に密接させて金属薄板片を当て、この金属薄板片の周縁部を、前記金属薄板の裏面に溶接するので、宝石の保持強度が強く、宝石の脱落が防止されるばかりでなく、金属装飾用素材自体も補強されるようになる。

0022

また、金属薄板に穿設した小孔の周縁部を隆起させ、宝石の一部が小孔から露出するように小孔の裏面側から宝石を配設し、その宝石の背面に空間部をおいて当てた金属薄板片の周縁部を、前記金属薄板の裏面に溶接して構成した金属装飾用素材としたので、前記隆起させた小孔の周縁部で宝石の前面の周縁部を押さえ、かつ、宝石の背面に金属薄板片を当て、この金属薄板片の周縁部を、前記金属薄板の裏面に溶接するので、前記同様に宝石の保持強度が強く、宝石の脱落が防止されるばかりでなく、宝石の背面と金属薄板片との間に空間部をおいているので、正面から見た宝石の輝きが微妙に変化して、豪華で美麗な金属装飾体や金属製装飾チェーンを提供することができる。

0023

また、金属薄板に小孔を穿設する工程と、宝石の一部が小孔から露出するように金属薄板の裏面側から宝石を配設する工程と、その宝石の背面に金属薄板片を当てる工程と、この金属薄板片の周縁部を前記金属薄板の裏面に溶接する工程とよりなる金属装飾用素材の製造方法としたので、製造の自動化ができ、大量生産が可能となり、製造コストを著しく低減することができる。

図面の簡単な説明

0024

図1この発明の金属装飾用素材の第一の実施の形態を示す図である。
図2この発明の金属装飾用素材の第二の実施の形態を示す図である。
図3この発明の金属装飾用素材の第三の実施の形態を示す図である。
図4この発明の金属装飾用素材で製造した金属装飾体を示す図である。
図5この発明の金属装飾用素材で製造した金属製装飾チェーンの一部を示す図である。
図6従来の金属装飾用素材を示す図である。
図7他の従来の金属装飾用素材を示す図である。
図8他の従来の金属装飾用素材を示す図である。
図9他の従来の金属装飾用素材を示す図である。

--

0025

1金属装飾用素材
1a 表面
2筒片
2a 先端部
2b 段部
2cタガネ
2d タガネ削り起し部
3宝石
4小孔
4a先端周縁部
4bタガキ部
10金属薄板
10a 小孔
10b 裏面
10c周縁部
11 宝石
11a 背面
12金属薄板片
12a 小孔
12b 周縁部
12c 凹部
13 空間部
14ろう材
15金属装飾体
16 金属製装飾チェーン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社日立製作所の「 ろう付け装置及びろう付け異常検出方法」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】効率的なろう付けを行うことを課題とする。【解決手段】正常にろう付けされた状態に関する情報である基準データを格納する記憶部130と、ろう付け箇所の表面外形に関する情報を取得する監視部110と、ろ... 詳細

  • オムロン株式会社の「 制御システム、解析装置および制御方法」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】視覚サーボを用いたロボットの制御が正常に実行されている否かを作業者が判定しやすい制御システムを提供する。【解決手段】制御システムは、対象物の状態を変化させるためのロボットと、対象物を撮像するた... 詳細

  • マーケティング・デザインセンター有限会社の「 身体装飾具の製造方法」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】個性的で、且つ、美観にも優れたブレスレットを身近な素材から容易に作る。【解決手段】眼鏡のプラスチック製フレーム2から蝶番4及びテンプル5、6を取り外して前枠3単体にする。その前枠3を加熱した後... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ