図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(1998年11月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題

化粧品医薬品等として有用な光学活性アルコール化合物の製造方法として、操作が煩雑でなく、多工程を要さず、安全性に優れた手法を提供する。

解決手段

一般式化1

で示されるN-アシスフィンゴイドエステルの(2R,3S)体のエステル結合部位を不斉水解する能力を有するエステル加水分解酵素を、一般式化1で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルに作用させた後、反応液から前記N-アシルスフィンゴイドエステルの(2S,3R)体を回収し、これをエステル加水分解することにより、一般式 化2

(R1、R2は脂肪族炭化水素基を、R3、R4はアシル基をR5、R6は水素又はアシル基を表す)で示される光学活性アルコール化合物を得ることを特徴とする光学活性アルコール化合物の製造方法。

概要

背景

一般式化3

概要

化粧品医薬品等として有用な光学活性アルコール化合物の製造方法として、操作が煩雑でなく、多工程を要さず、安全性に優れた手法を提供する。

一般式化1

で示されるN-アシスフィンゴイドエステルの(2R,3S)体のエステル結合部位を不斉水解する能力を有するエステル加水分解酵素を、一般式化1で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルに作用させた後、反応液から前記N-アシルスフィンゴイドエステルの(2S,3R)体を回収し、これをエステル加水分解することにより、一般式 化2

(R1、R2は脂肪族炭化水素基を、R3、R4はアシル基をR5、R6は水素又はアシル基を表す)で示される光学活性アルコール化合物を得ることを特徴とする光学活性アルコール化合物の製造方法。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一般式化1

請求項

ID=000003HE=040 WI=041 LX=0395 LY=0450(式中、R1及びR2は、同一又は相異なって、1個以上のヒドロキシル基置換されていてもよい炭素原子7個から31個の脂肪族炭化水素基を表し、R3及びR4は、同一又は相異なって、炭素原子2個から7個のアシル基を表す。)で示されるN-アシスフィンゴイドエステルの(2R,3S)体のエステル結合部位を不斉水解する能力を有するエステル加水分解酵素を、一般式化1で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルに作用させ、これを不斉水解した後、反応液から未反応の前記N-アシルスフィンゴイドエステルの(2S,3R)体を回収し、これをエステル加水分解することにより、一般式 化2

請求項

ID=000004HE=055 WI=053 LX=0335 LY=1450(式中、R1及びR2は、同一又は相異なって、1個以上のヒドロキシル基で置換されていてもよい炭素原子7個から31個の脂肪族炭化水素基を表し、R5及びR6は、少なくともその一方が水素原子を表し、他方は水素原子、又は炭素原子2個から7個のアシル基を表す。)で示される光学活性アルコール化合物を得ることを特徴とする光学活性アルコール化合物の製造方法。

請求項2

一般式化1で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルがエリトロ体である請求項1記載の光学活性アルコール化合物の製造方法。

請求項3

エステル加水分解酵素が、配列番号1で示されるアミノ酸配列又は該アミノ酸配列における1もしくは複数のアミノ酸が付加、欠失、もしくは置換された配列を有する蛋白質であることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の光学活性アルコール化合物の製造方法。

技術分野

ACGGACGCG AACCGG TTG AAG CTCGCAGGCGTG 1089

背景技術

0001

光学活性アルコール化合物の製造方法に関する。

0002

一般式化3

0003

0004

(式中、R1及びR2は、同一又は相異なって、1個以上のヒドロキシル基置換されていてもよい炭素原子7個から31個の脂肪族炭化水素を表し、R5及びR6は、少なくともその一方が水素原子を表し、他方は水素原子又は炭素原子2個から7個のアシル基を表す。)で示される光学活性アルコール化合物は、毛髪及び肌の手入れ等の為の化粧品医薬品又はそれらの製造中間体として有用である。これらの化合物は、通常、ブタなどの動物表皮組織から主に抽出分離されているが、その生産量が限定され、また、その安定供給が困難である等の問題点があった。最近では、有機合成化学的手法による光学活性スフィンゴイド不斉合成法が報告されており、また、該光学活性スフィンゴイドを、例えば、N−スクシミジルオクタデカエイトを用いN−アシルスフィンゴイドに導く方法も知られている[R.Julina等、Helvetica Chemica Acta, 69, p.368(1986)]。かかる有機合成化学的手法による光学活性スフィンゴイドの不斉合成法としては、例えば、式 化4をSharpless不斉エポキシ化して式 化5で示されるエポキシ化合物を合成し、式 化6で示されるオキサゾリジノン化合物を経由して、光学活性な式 化7を得る方法がR.Julina等、 Helevetica Chimica Acta, 69,p.368 (1986)等に記載されている。

0005

0006

0007

0008

発明が解決しようとする課題

0009

また、Z-ブテン-1,4-ジオール出発原料に、Sharpless酸化アジドによるエポキシド開裂を経て、アルデヒドへの酸化、Wittig反応、光異性化を経て、光学活性な式 化7で示される化合物を合成する方法がH.Shibuya等、Tetrahedron Letters, 30, p.7205 (1989)等に、Evansのキラル補助剤を用いる方法がK.C.Nicolaou等、J.Am.Chem.Soc., 110, p.7910 (1988)等に、2-N-アシルアミノ-高級アシル酢酸エステル化合物をルテニウム光学活性ホスフィン錯体触媒として不斉水素化を行うことにより不斉炭素を制御する方法が特開平6-80617等に記載されている。

課題を解決するための手段

0010

しかし、これらの有機合成化学的手法による製法は、操作の煩雑性、必要工程数、反応資材の安全性および使用量等の点で、工業的に実施する方法としては、必ずしも満足できる方法とは言い難い。

0011

このような状況下、本発明者らは、より簡便で、また安全性に富み、工業的規模での実施にも好適な前記式 化3で示される光学活性アルコール化合物の製造方法につき鋭意検討を行った結果、特定の能力を有するエステル加水分解酵素を用いる生化学的手法を見出し、本発明に至った。すなわち、本発明は、
1)一般式化8

0012

0013

(式中、R1及びR2は、同一又は相異なって、1個以上のヒドロキシル基で置換されていてもよい炭素原子7個から31個の脂肪族炭化水素基を表し、R3及びR4は、同一又は相異なって、炭素原子2個から7個のアシル基を表す。)で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルの(2R,3S)体のエステル結合部位を不斉水解する能力を有するエステル加水分解酵素を、一般式化8で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルに作用させ、これを不斉水解した後、反応液から未反応の前記N-アシルスフィンゴイドエステルの(2S,3R)体を回収し、これをエステル加水分解することにより、一般式 化9

0014

発明を実施するための最良の形態

0015

(式中、R1及びR2は、同一又は相異なって、1個以上のヒドロキシル基で置換されていてもよい炭素原子7個から31個の脂肪族炭化水素基を表し、R5及びR6は、少なくともその一方が水素原子を表し、他方は水素原子、又は炭素原子2個から7個のアシル基を表す。)で示される光学活性アルコール化合物を得ることを特徴とする光学活性アルコール化合物の製造方法(以下、本発明製造方法と記す。)、
2)一般式化8で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルがエリトロ体である前項1記載の光学活性アルコール化合物の製造方法、
3)エステル加水分解酵素が、配列番号1で示されるアミノ酸配列又は該アミノ酸配列における1もしくは複数のアミノ酸が付加、欠失、もしくは置換された配列を有する蛋白質であることを特徴とする前項1又は2記載の光学活性アルコール化合物の製造方法、を提供するものである。

0016

以下、本発明を詳細に説明する。本発明製造方法の原料として用いられる、一般式化10

0017

0018

(式中、R1及びR2は、同一又は相異なって、1個以上のヒドロキシル基で置換されていてもよい炭素原子7個から31個の脂肪族炭化水素基を表し、R3及びR4は、同一又は相異なって、炭素原子2個から7個のアシル基を表す。)で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルにおいて、R1及びR2で表される1個以上のヒドロキシル基で置換されていてもよい炭素原子7個から31個の脂肪族炭化水素基としては、例えば、1個以上のヒドロキシル基で置換されていてもよい、炭素原子7個から31個の直鎖又は分枝アルキル基、1個以上の二重結合を有しかつ1個以上のヒドロキシル基で置換されていてもよい、炭素原子7個から31個の直鎖又は分枝のアルケニル基等を挙げることができる。好ましくは、1個から3個程度のヒドロキシル基で置換されていてもよい、炭素原子7個から31個の直鎖又は分枝のアルキル基、1個から3個程度の二重結合を有しかつ1個から3個程度のヒドロキシル基等で置換されていてもよい、炭素原子7個から31個の直鎖又は分枝のアルケニル基等があげられる。具体的には、例えば、ヘプチル基トリデシル基、テトラデシル基、ペンタデシル基ヘキサデシル基、ヘプタデシル基、オクタデシル基、ノナデシル基、エイコシル基、ヘンエイコシル基、ドコシル基、トリコシル基、テトラコシル基、ペンタコシル基、ヘキサコシル基、ヘプタコシル基、オクタコシル基、ノナコシル基、トリアコンチル基、ヘントリアコンチル基、1−トリデセニル基、1−テトラデセニル基、1−ペンタデセニル基、1−ヘキサデセニル基、1−ヘプタデセニル基、1−オクタデセニル基、1−ノナデセニル基、1−エイコセニル基、1−ヒドロキシトリデシル基、1−ヒドロキシテトラデシル基、1−ヒドロキシペンタデシル基、1−ヒドロキシヘキサデシル基、1−ヒドロキシヘプタデシル基、1−ヒドロキシオクタデシル基、1−ヒドロキシノナデシル基、1−ヒドロキシエイコシル基、1−ヒドロキシヘンエイコシル基、1−ヒドロキシドコシル基、1−ヒドロキシトリコシル基、1−ヒドロキシテトラコシル基、1−ヒドロキシペンタコシル基、1−ヒドロキシヘキサコシル基、1−ヒドロキシヘプタコシル基、12−メチル−トリデシル基、14−メチル−ペンタデセニル基、メチルヘプタデシル基等を挙げることができる。R3及びR4で表される炭素原子2個から7個のアシル基としては、例えば、式化11

0019

0020

(式中、R7は、炭素原子1個から6個のアルキル基を表す。)で示されるアルキルカルボニル基等を挙げることができる。より具体的には例えば、アセチル基プロピオニル基ブチリル基等を挙げることができる。好ましくは、例えばアセチル基が挙げられる。

0021

一般式化10で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルは、対応するN-アシルスフィンゴイドを、例えば、T.Kolter等、Tetrahedron, 50, p.13425 (1994)等に記載の方法に準じて合成し、これをエステル化することにより製造することができる。

0022

このようなN-アシルスフィンゴイドエステルの具体的な例としては、例えば、N-エイコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノヘキサデカン-1,3-ジオール、N-エイコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノヘプタデカン-1,3-ジオール、N-エイコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノ-4-オクタデセン-1,3-ジオール、N-エイコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノオクタデカン-1,3,4-トリオール、N-エイコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノエイコサン-1,3-ジオール、N-エイコサノイル-1,3-O-ジブチリル-2-アミノエイコサン-1,3-ジオール、N-エイコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノヘンエイコサン-1,3-ジオール、N−オクタデカノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノ-15-メチルヘキサデカン-1,3-ジオ−ル、N−オクタデカノイル-1,3-O−ジアセチル-2-アミノドコサン−1,3−ジオール、N−オクタデカノイル-1,3-O-ジブチリル-2-アミノ-4-ヘキサデセン-1,3-ジオール、N−オクタデカノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノ-4-オクタデセン-1,3-ジオール、N−オクタデカノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノオクタデカン-1,3,4-トリオール、N−オクタデカノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノ-4-ヘプタデセン-1,3-ジオール、N−オクタデカノイル-1,3-O-ジブチリル-2-アミノ-4-エイコセン-1,3-ジオール、N−2’-ヒドロキシオクタデカノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノ-15-メチルヘキサデカン-1,3-ジオール、N−2’-ヒドロキシヘキサデカノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノヘキサデカン-1,3-ジオール、N−2’-ヒドロキシヘキサデカノイル-1,3-O-ジブチリル-2-アミノヘキサデカン-1,3-ジオール、N−2’-ヒドロキシエイコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノ-4-オクタデセン-1,3-ジオール、N−2’-ヒドロキシエイコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノオクタデカン-1,3,4-トリオール、N−2’-ヒドロキシテトラコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノエイコサン-1,3-ジオール、N−2’-ヒドロキシヘキサコサノイル-1,3-O-ジブチリル-2-アミノヘプタコサン-1,3-ジオール、N−ドコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノ-15-メチルヘキサデカン-1,3-ジオール、N−テコラコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノヘキサデカン-1,3-ジオール、N−ヘキサコサノイル-1,3-O-ジブチリル-2-アミノヘキサデカン-1,3-ジオール、N−メチルオクタデカノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノ-4-オクタデセン-1,3-ジオール、N−ペンタコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノ-4-ドコセン-1,3-ジオール、N−ペンタコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノ-4-オクタデセン-1,3-ジオール、N−ペンタコサノイル-1,3-O-ジアセチル-2-アミノエイコサン-1,3-ジオール等を挙げられるが、これらに限られるものではない。

0023

本発明製造方法において原料として用いられる、一般式化10で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルとしては、好ましくは、エリトロ体でありその立体配置が(2S,3R)体および(2R,3S)体である異性体の任意の混合物をあげることができる。

0024

本発明製造方法に使用しうるエステル加水分解酵素としては、一般式化10で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルの(2R,3S)体のエステル結合部位を選択的に不斉水解する能力を有する酵素であればよい。このような能力を有するエステル加水分解酵素は、狭義のリパーゼを含むエステラーゼプロテアーゼ等であり、ブタ、ヒト等の動物由来でも、ヒマ等の植物由来でも、アスペルギルス属キャンディダ属、フザリウム属ジオトリカム属、ムコール属ノカルディア属ペニシリウム属リゾプス属サッカロマイセス属アクロモバクター属アシネトバクター属アルカリジェネス属クロモバクテリウム属エシェリヒア属シュードモナス属スフィンゴモナス属、バチルス属バークホルデリア属、モレキセラ属、ラクトバチルス属スタフィロコッカス属セラチア属ヤロウイア属等に属する微生物由来でもかまわない。また、これらのエステル加水分解酵素の遺伝子を組換えDNA技術により単離し、同じ属に属する宿主細胞又は異なる属に属する宿主細胞に導入することにより得られた形質転換体が産生するエステル加水分解酵素でもよい。

0025

より具体的なエステル加水分解酵素の例としては、配列番号1で示されるアミノ酸配列を有する蛋白質、又は配列番号1で示されるアミノ酸配列における1もしくは複数のアミノ酸が付加、欠失もしくは置換された配列を有し、かつ、一般式化10で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルの(2R,3S)体のエステル結合部位を不斉水解する能力を有する蛋白質を挙げることができる。「配列番号1で示されるアミノ酸配列を有する蛋白質」は、例えば、ブダペスト条約下においてFERM-BP5740として通商産業省工業技術院生命工学工業技術研究所寄託受理日:平成8年11月7日)されている微生物(E.coli JM109 / pAL612株)から調製することができる。また、「配列番号1で示されるアミノ酸配列における1もしくは複数のアミノ酸が付加、欠失もしくは置換された配列を有し、かつ、一般式 化10で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルの(2R,3S)体のエステル結合部位を不斉水解する能力を有する蛋白質」は、例えば、配列番号2で示される塩基配列またはその部分塩基配列を有するDNAをプローブとして、「クローニングシークエンス」(渡辺格監修、浦昌弘編集、1989、農村文化発行)等に記載されるハイブリダイゼーション方法を利用して上記の動物、植物、または微生物由来の遺伝子ライブラリースクリーニングすることによりその遺伝子を特定、単離し、得られた遺伝子を微生物等の宿主細胞に発現させることにより、調製することができる。また、例えば、配列番号2で示される塩基配列を有する遺伝子に、Molecular Cloning, 2nd ed., Cold Spring Harbor Laboratory Press(1989)等に記載の通常の変異導入方法により、アミノ酸が付加、欠失、または置換される変異を導入し、得られた遺伝子を微生物等の宿主細胞に発現させることにより、調製することもできる。

0026

本発明製造方法において用いられるエステル加水分解酵素は、それ自体を含有する微生物又は細胞培養物の形で反応に利用しても良いが、該培養物または当該エステル加水分解酵素を含有する組織から分離して粗酵素や精製酵素等の形で反応に利用しても良い。このような粗酵素や精製酵素等は、例えば、1)超音波処理、2)ガラスビーズ又はアルミナを用いる摩砕処理、3)フレンチプレス処理、4)リゾチーム等の酵素処理、5)ワーリングブレンダー処理等により菌体、細胞、または組織等を破砕し、得られた破砕物から6)硫安などを用いる塩析、7)有機溶媒ポリエチレングリコール等の有機ポリマーによる沈澱、8)イオン交換クロマトグラフィー疎水クロマトグラフィーゲルろ過クロマトグラフィーアフィニティークロマトグラフィー等の各種のクロマトグラフィー、9)電気泳動等の通常の方法により調製することができる。さらにまた、エステル加水分解酵素を、共有結合イオン結合吸着などにより担体に結合させる担体結合法高分子網目構造の中に閉じ込め包括法等の固定化の方法によって不溶化し、反応液から容易に分離可能な状態に加工した固定物の形で利用することもできる。

0027

不斉水解時の反応温度としては、約20℃から約70℃、好ましくは、約25℃から約40℃の範囲を挙げることができる。また該反応は、前記の一般式化10で示されるN-アシルスフィンゴイドエステルを溶解する有機溶媒と前記エステル加水分解酵素を溶解する緩衝液の2層系で行うことがよい。必要に応じ、界面活性剤を添加してもよい。反応溶媒としては、例えばデカンなどを挙げることができ、緩衝液としては、pH約5〜pH約8の通常の緩衝液を挙げることができる。反応時間は、約1時間から約1週間である。反応液からの前記N-アシルスフィンゴイドエステルの(2S,3R)体の回収に際しては、例えば、溶媒抽出分別蒸留カラムクラマトグラフィー等の方法を適宜用いることができる。このようにして回収されたN-アシルスフィンゴイドエステルの(2S,3R)体を、例えば、通常の方法でアルカリ加水分解することにより、前記一般式 化9で示される光学活性アルコール化合物を得ることができる。

0028

以下、本発明を実施例により更に詳細に説明するが、本発明はこれらの実施例になんら限定されるものではない。

0029

実施例1
デカン10mlと100mMリン酸緩衝液(pH7.1)100mlの混合液に、ラセミ体でありかつエリトロ体であるエリトロ-3-アセトキシ-2-ステアロイルアミノヘキサデシルアセテート1.03gと後記参考例1により調製されるエステル加水分解酵素50mgを加え、30℃で、撹拌して反応を行った。反応は、TLCシリカゲルクロロホルムメタノール(15:1)]で追跡した。2日間反応後、反応液を酢酸エチルで抽出し、次いでクロロホルムで抽出を行った。回収された有機溶媒層を塩水で洗浄後、無水硫酸ナトリウムで乾燥後、減圧濃縮を行うことにより残渣を得た。得られた残渣を、シリカゲルカラムクトグラフィーにより分離した。溶出は、ヘキサン:酢酸エチル(5:1)、次いでクロロホルム:メタノール(30:1)で行った。溶出された(+)-(2S,3R)-エリトロ-3-アセトキシ-2-ステアロイルアミノヘキサデシル アセテート(264.9mg)の一部を加水分解した後、p-トルエンスルホン酸、2,2-ジメトキシプロパンアセトン存在下で(4R,5S)-エリトロ-2,2-ジメチル-5-ステアロイルアミノ-4-トリデシル-1,3-ジオキサンに変換し、1H-NMRにて光学純度分析した結果、>95%e.e.であった。次に溶出された(-)-(2R,3S)-エリトロ-3-アセトキシ-2-ステアロイルアミノヘキサデカン-1-オール(481.8mg)の一部を加水分解した後、(-)-(2R,3S)-エリトロ-2-ステアロイルアミノ-1,3-ヘキサデカンジオール旋光度と比較した結果、光学純度は16%e.e.であった。さらに溶出された、(-)-(2R,3S)-エリトロ-2-ステアロイルアミノ-1,3-ヘキサデカンジオール(214.8mg)の一部をp-トルエンスルホン酸、2,2-ジメトキシプロパン、アセトン存在下で、(4S,5R)-エリトロ-2,2-ジメチル-5-ステアロイルアミノ-4-トリデシル-1,3-ジオキサンに変換し、1H-NMRにて光学純度を分析した結果、>95%e.e.であった。

0030

実施例2
デカン0.1mlと100mMリン酸緩衝液(pH7.1)1.0mlの混合液に、ラセミ体でありかつエリトロ体であるエリトロ-3-アセトキシ-2-ステアロイルアミノヘキサデシルアセテート10.2mgと参考例2により調製された固定化エステル加水分解酵素10.8mgを加え、30℃で、撹拌して反応を行った。反応は、TLC[シリカゲル、クロロホルム:メタノール(15:1)]で追跡した。2日間反応後、実施例1に準じて、生成物(+)-(2S,3R)-エリトロ-3-アセトキシ-2-ステアロイルアミノヘキサデシル アセテートを分離した。分離されたアセテートの一部を加水分解した後、ジシクロヘキシルカルボジイミドジメチルアミノピリジンの存在下でα-メトキシ-α-トリフルオロメチルフェニルアセテート(以下、MTPAと記す。)と作用させ、bis-MTPAエステルに誘導してから1H-NMRにて光学純度を分析した。(+)-(2S,3R)-エリトロ-3-アセトキシ-2-ステアロイルアミノヘキサデシル アセテートが50%の収率で得られ、その光学純度は>95%e.e.であった。

0031

参考例1:エステル加水分解酵素の調製
大腸菌組換え体E.coli JM109/pAL612株(FERM-BP 5740)を、50mg/Lのアンピシリンと1mMのイソプロピルチオ-β-D-ガラクトシドを含む100mlのLB培地ディフコ(株)社製)で、37℃、16時間培養した後、遠心分離(6000rpm、10分間)により集菌することにより菌体を回収した。回収された菌体を、10mlの100mMリン酸緩衝液(pH7.0)に懸濁した後、超音波破砕(10分間)し、該破砕物を遠心分離することにより粗酵素抽出液を得た。さらに得られた粗酵素抽出液を凍結乾燥することにより粗酵素粉末を得た。

発明の効果

0032

参考例2:エステル加水分解酵素の固定化
トライトンX-100(ユニオンカーハ゛イトケミカルス゛アント゛ フ゜ラスティックス社登録商標)(300mg)を溶解した0.1Mリン酸緩衝液(pH7.0)10mlに、参考例1により得られた酵素粉末1gを加えた後、氷水中でフロリシル[U.S.Silica Company登録商標、シグマアルドリッチジャパン(株)販売](8.7mg)を添加した。得られた混合物を-78℃で凍結した後、凍結乾燥することにより、固定化粉末酵素(1.4g)を得た。

0033

本発明により、操作が煩雑でなく、多工程を要さず、また安全性にも優れた生化学的手法による前記式 化3で示される光学活性アルコール化合物の製造方法を提供する。

0034

配列番号:1
配列の長さ:363
配列の型:アミノ酸
トポロジー:直鎖状
配列の種類:タンパク質
配列
Met Ser Arg Ser Ile Arg Ala Lys Ala Val Ala Thr Val Val Ala Ile
1 5 10 15
Ala Met Asn Ala Ala Pro Ala Ala Ser Val Gly Thr Val Leu Ser Leu
20 25 30
Ala Gly Ala Gln Ala Ala Ser Ala Ala Thr Thr Ala Val Asp Asp Tyr
35 40 45
Ala Ala Thr Arg Tyr Pro Ile Ile Leu Val His Gly Leu Thr Gly Thr
50 55 60
Asp Lys Tyr Gly Gly Val Val Glu Tyr Trp Tyr Arg Ile Pro Glu Asp
65 70 75 80
Leu Arg Ala His Gly Ala Ala Val Tyr Val Ala Asn Leu Ser Gly Phe
85 90 95
Gln Ser Asp Asp Gly Pro Asn Gly Arg Gly Glu Gln Leu Leu Ala Phe
100 105 110
Val Lys Gln Val Leu Ala Ala Thr Gly Ala Gln Lys Val Asn Leu Ile
115 120 125
Gly His Ser Gln Gly Gly Leu Thr Ser Arg Tyr Val Ala Ser Val Ala
130 135 140
Pro Glu Leu Val Ala Ser Val Thr Thr Ile Ser Thr Pro His Trp Gly
145 150 155 160
Ser Gln Phe Ala Asp Phe Val Gln Gln Leu Leu Gln Thr Asp Pro Thr
165 170 175
Gly Leu Ser Ser Thr Val Leu Gly Ala Phe Ala Asn Ala Leu Gly Thr
180 185 190
Leu Thr Ser Ser Asn Phe Asn Thr Asn Gln Asn Ala Ile Gln Ala Leu
195 200 205
Ser Val Leu Thr Thr Ala Lys Ala Ala Ala Tyr Asn Gln Lys Phe Pro
210 215 220
Ser Ala Gly Leu Gly Ala Pro Gly Ser Cys Gln Thr Gly Ala Pro Thr
225 230 235 240
Glu Thr Val Gly Gly Asn Thr His Leu Leu Tyr Ser Trp Gly Gly Thr
245 250 255
Ala Ile Gln Pro Thr Ala Thr Val Ala Gly Val Thr Gly Ala Val Asp
260 265 270
Thr Ser Val Ser Gly Val Thr Asp Pro Ala Asn Ala Leu Asp Pro Ser
275 280 285
Thr Leu Ala Leu Leu Gly Ser Gly Thr Val Met Ile Asn Arg Ser Ala
290 295 300
Gly Pro Asn Asp Gly Val Val Ser Gln Cys Ser Ala Arg Phe Gly Gln
305 310 315 320
Val Leu Gly Thr Tyr His Trp Asn His Thr Asp Ala Ile Asn Gln Ile
325 330 335
Leu Gly Val Leu Gly Ala Asn Val Glu Asp Pro Val Ala Val Ile Arg
340 345 350
Thr Asp Ala Asn Arg Leu Lys Leu Ala Gly Val
355 360 363

0035

配列番号:2
配列の長さ:1089
配列の型:核酸
鎖の数:二本鎖
トポロジー:直鎖状
配列の種類:Genomic DNA
配列
ATG AGCAGA TCGATA CGA GCG AAGGCAGTG GCGACCGTG GTG GCGATC48
AAC GCG GCC CCG GCC GCG AGTGTTGGA ACC GTT CTG GCC ATG TCG CTG 96
GCC GGC GCA CAG GCC GCT TCC GCC GCGACGACC GCC GTT GAC GAC TAC 144
GCG GCG ACC CGG TAC CCG ATC ATT CTC GTG CAC GGG CTG ACC GGC ACC 192
GAC AAG TAC GGT GGC GTC GTC GAG TAC TGGTATCGC ATT CCG GAG GAC 240
CTG CGG GCG CAC GGC GCG GCG GTA TAC GTT GCC AAC CTG TCC GGCTTC288
CAG AGC GAC GAT GGC CCG AAC GGG CGT GGC GAG CAA TTG CTT GCA TTC 336
GTG AAG CAG GTG CTC GCG GCG ACG GGC GCG CAG AAG GTG AAT CTG ATC 384
GGCCATAGC CAG GGC GGC CTG ACA TCG CGT TAT GTT GCG TCC GTT GCA 432
CCG GAA CTG GTC GCA TCG GTG ACG ACG ATC AGT ACG CCG CAC TGG GGC 480
TCG CAA TTC GCG GAC TTC GTC CAG CAA CTG TTG CAG ACG GAC CCG ACC 528
GGC CTG TCG TCG ACC GTG CTC GGC GCA TTC GCG AAT GCG CTC GGC ACG 576
TTG ACG AGC AGC AAC TTC AAT ACG AAC CAG AAT GCG ATT CAG GCG TTG 624
TCG GTG CTG ACG ACG GCA AAG GCC GCC GCA TAC AAC CAG AAA TTC CCG 672
AGC GCC GGT CTC GGT GCG CCG GGC TCGTGTCAA ACC GGC GCG CCA ACG 720
GAG ACT GTC GGC GGC AAT ACG CAT CTG CTT TAT TCG TGG GGC GGC ACG 768
GCG ATC CAG CCG ACA GCG ACG GTG GCC GGC GTG ACA GGG GCC GTC GAT 816
ACG AGC GTG AGC GGG GTC ACC GAT CCG GCG AAC GCG CTC GAT CCG TCA 864
ACG CTG GCA CTC CTC GGC AGC GGC ACG GTG ATG ATC AAT CGC AGC GCC 912
GGT CCG AAC GAT GGC GTC GTG TCG CAATGCAGC GCG CGGTTTGGC CAG 960
GTG CTC GGC ACG TAT CAC TGG AAT CAC ACC GAT GCG ATC AAC CAG ATC 1008
CTC GGC GTG CTC GGC GCG AAT GTG GAG GAT CCG GTT GCG GTA ATC CGC 1056

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ