図面 (/)

技術 電力設備作業管理装置

出願人 株式会社東芝
発明者 田中繁隆
出願日 1997年4月17日 (23年7ヶ月経過) 出願番号 1997-100232
公開日 1998年11月4日 (22年0ヶ月経過) 公開番号 1998-293790
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機 電線ケーブルの据付
主要キーワード 作業個所 設備周辺 電線布設 チャンネル経路 作業監督者 同時作業 ファイル識別データ 音声信号出力用
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1998年11月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

監督者作業状況をみながら鉄塔上などの作業者作業手順を確実に伝達したり、監督者と作業者との間、作業者どうしの間で相互に作業に関する情報を交換することにある。

解決手段

電力設備の作業手順を保存する作業手順保存手段11と、所要の作業手順を取り出し随時修正処理する修正処理手段31と、作業に関する音声信号を入力する音声入力手段17と、これら作業手順,作業に関する音声信号を無線にて送信する情報伝送手段19とを有する監督者側管理装置1と、前記作業手順および作業遂行上必要な作業に関する音声信号を受信する情報伝送手段51と、この作業手順を順次出力し表示する表示手段72,73,55と、前記音声信号をアナログ音声信号に変換し出力する音声信号出力手段58とを有する作業者側携帯装置5とを備えた電力設備作業管理装置である。

概要

背景

電力系統設備に関する作業は、電力系統全体定期点検の他、電力設備新設需要家の新設,電力系統の変更などの都度,複数の作業員がその変更要求に応じた作業を行っている。

ところで、この種の電力設備の作業には幾つかの作業条件がある。
(1) 電力設備の作業は、作業の段取り,作業の工程,電力設備の施工基準,法令,規定など,いわゆる電力設備関する作業手順を確実に順守する必要があること。
(2) 電力設備の各種作業は、隣接する複数の鉄塔上で行なうことから、複数の作業員がそれぞれ位置の離れた作業個所で、同時に共同作業の形で実施する必要があること。
(3)高電圧大電流の電力設備を取り扱う作業は、作業員の安全性の確保や電力安定供給のための工事作業保全性の確保等について、十分な配慮を払う必要があること。

概要

監督者作業状況をみながら鉄塔上などの作業者に作業手順を確実に伝達したり、監督者と作業者との間、作業者どうしの間で相互に作業に関する情報を交換することにある。

電力設備の作業手順を保存する作業手順保存手段11と、所要の作業手順を取り出し随時修正処理する修正処理手段31と、作業に関する音声信号を入力する音声入力手段17と、これら作業手順,作業に関する音声信号を無線にて送信する情報伝送手段19とを有する監督者側管理装置1と、前記作業手順および作業遂行上必要な作業に関する音声信号を受信する情報伝送手段51と、この作業手順を順次出力し表示する表示手段72,73,55と、前記音声信号をアナログ音声信号に変換し出力する音声信号出力手段58とを有する作業者側携帯装置5とを備えた電力設備作業管理装置である。

目的

本発明は上記実情に鑑みてなされたもので、作業手順情報と作業手順以外の作業に必要な情報との伝達形態を区別し、確実,かつ、正確に情報を伝達する電力設備作業管理装置を提供することにある。

また、本発明の他の目的は、管理監督者と作業者、または作業者どうしの円滑な情報交換を可能とし、作業施工上の安全および作業効率の向上を図る電力設備作業管理装置を提供することにある。さらに、本発明の他の目的は、電力設備に関する施工品質を確保するとともに、電力の安定供給に貢献する電力設備作業管理装置を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
14件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

予め電力系統設備作業手順情報を保存する作業手順保存手段と、この作業手順保存手段から作業状況に応じて所要の作業手順情報を取り出し、必要に応じて作業手順情報を随時修正処理する作業手順編集修正手段と、作業遂行上必要な作業に関する音声信号を入力する監督者側音声入力手段と、これら作業手順および作業遂行上必要な作業に関する音声信号を無線にて送信する監督者側情報伝送手段とを有する監督者側管理装置と、この監督者側管理装置から送信されてくる作業手順情報および作業遂行上必要な作業に関する音声信号を受信する作業者側情報伝送手段と、この作業者側情報伝送手段で受信される作業手順情報を順次出力し表示する表示手段と、前記作業者側情報伝送手段で受信される音声信号を出力する音声信号出力手段とを有する作業者側携帯装置と、を備え、電力系統設備の作業手順情報,作業遂行上必要な作業に関する情報を表示,音声によって伝達することを特徴とする電力設備作業管理装置。たことを特徴とする電力設備作業管理装置。

請求項2

請求項1に記載される電力設備作業管理装置において、前記作業者側携帯装置は、音声信号を入力する作業者側音声入力手段と、この音声入力手段から入力される音声信号を取り込んで前記作業者側情報伝送手段を通して送信する作業者側音声信号出力処理手段とを設け、前記監督者側管理装置は、前記作業者側携帯装置から送信されてくる音声信号を一旦記憶した後出力する監督者側音声信号出力処理手段と、この監督者側音声信号出力処理手段から出力される音声信号を出力する音声出力手段とを設け、前記監督者側管理装置と前記作業者側携帯装置との間で相互に電力系統設備の作業に関する情報を交換可能とすることを特徴とする電力設備作業管理装置。

請求項3

請求項2に記載される電力設備作業管理装置において、前記作業者側携帯装置は、電力系統設備の作業個所などの画像を入力する作業者側画像入力手段と、この画像入力手段の画像情報を取り込んで前記作業者側情報伝送手段から送信可能とする画像情報処理手段とを設け、前記監督者側管理装置は、前記作業者側携帯装置から送信されてくる画像情報を記憶する一方、表示可能に処理する画像情報処理手段と、この画像情報処理手段で処理された画像情報を表示する表示手段とを設けたことを特徴とする電力設備作業管理装置。

請求項4

請求項1ないし請求項3の何れかに記載される電力設備作業管理装置において、前記作業者側携帯装置は、所定の作業単位作業完了ごとに作業結果情報を入力する作業結果入力手段と、この作業結果入力手段から入力される作業結果を前記作業者側情報伝送手段から送信可能とする作業結果情報処理手段とを設け、前記監督者側管理装置は、前記作業者側携帯装置から送信されてくる作業結果を保存する作業結果保存手段と、この作業結果保存手段に保存される作業結果と前記作業手順保存手段に保存されている作業手順とを照合し、異なる部分があれば、作業結果に基づいて当該作業手順を更新する作業手順更新処理手段とを設け、前記作業手順保存手段の保存内容を標準的な作業手順書として利用可能とすることを特徴とする電力設備作業管理装置。

請求項5

請求項1ないし請求項4の何れかに記載される電力設備作業管理装置において、前記各作業者側携帯装置は、それぞれ固有の送・受信周波数チャンネルをもつ情報伝送手段を設け、前記監督者側管理装置は、各作業者側携帯装置の送・受信周波数に対応する複数の送・受信チャンネルをもつ多チャンネル情報伝達手段を設け、たことを特徴とする電力設備作業管理装置。

請求項6

請求項5に記載される電力設備作業管理装置において、前記監督者側管理装置は、チャンネル指定信号を入力するチャンネル信号入力手段と、このチャンネル信号入力手段から入力されるチャンネル指定信号に基づいて前記多チャンネル情報伝送手段のチャンネルを指定し、この多チャンネル情報伝送手段と情報の入・出力機器とのチャンネル経路確立する選択配信手段と、前記チャンネル指定信号に対応するチャンネルの周波数を用いて作業に関する情報を送信する前記多チャンネル情報伝送手段とを設けたことを特徴とする電力設備作業管理装置。

請求項7

請求項5に記載される電力設備作業管理装置において、前記各作業者側携帯装置は、前記監督者側管理装置を含む他の作業者側携帯装置と情報交換を行なうために、異なる複数の周波数チャンネルをもつ多チャンネル情報伝送手段を設けたことを特徴とする電力設備作業管理装置。

請求項8

請求項7に記載される電力設備作業管理装置において、前記監督者側管理装置は、非情報交換時に複数の作業者側携帯装置間で交換中の情報を受信し表示する作業者モニタ手段と、この作業者モニタ手段によるモニタ結果から管理上必要な情報であるとき、前記多チャンネル情報伝送手段と各種の入・出力機器との間の経路を確立する手段とを設けたことを特徴とする電力設備作業管理装置。

請求項9

所要のファイル関連情報を取り出すための指示を入力する指示入力手段と、電力系統設備の作業結果を保存する作業結果保存手段と、前記指示入力手段からの指示内容に基づいて前記作業結果保存手段に保存されている作業結果の中から前記所要のファイル関連情報を取り出して編集処理し、送信または記憶媒体に格納する編集出力手段とを有する現場設置の監督者側管理装置と、設備マスター情報敷地マスター情報、給電障害管理情報のうち1つ以上の情報を記憶する電力会社の所定管理部門に設置されるファイルと、前記編集出力手段から送信され、または前記記憶媒体に格納されるファイル関連情報に基づいて前記ファイルの記憶情報を更新するファイル更新処理手段とを有する設備統括管理装置と、を備えたことを特徴とする電力設備作業管理装置。

請求項10

請求項9に記載される電力設備作業管理装置において、前記監督者側管理装置は、前記指示入力手段から入力される訓練手順用関連情報の取り出し指示に基づいて前記作業結果保存手段に保存されている作業結果から訓練用手順用関連情報を取り出して送信する作業訓練手順用編集出力手段とを設け、前記設備統括管理装置は、電力設備の管理監督者および作業者の教育訓練用手順を記憶する訓練用手順ファイルと、前記監督者側管理装置から送信されてくる訓練用手順用関連情報に基づいて前記訓練用手順ファイルの教育訓練用手順を更新するファイル更新手段とを設けたことを特徴とする電力設備作業管理装置。

技術分野

0001

本発明は、発電変電送電ならびに配電などの電力系統設備点検新設改造補修などの作業を行う電力設備作業管理装置に関する。

背景技術

0002

電力系統設備に関する作業は、電力系統全体定期点検の他、電力設備の新設,需要家の新設,電力系統の変更などの都度,複数の作業員がその変更要求に応じた作業を行っている。

0003

ところで、この種の電力設備の作業には幾つかの作業条件がある。
(1) 電力設備の作業は、作業の段取り,作業の工程,電力設備の施工基準,法令,規定など,いわゆる電力設備関する作業手順を確実に順守する必要があること。
(2) 電力設備の各種作業は、隣接する複数の鉄塔上で行なうことから、複数の作業員がそれぞれ位置の離れた作業個所で、同時に共同作業の形で実施する必要があること。
(3)高電圧大電流の電力設備を取り扱う作業は、作業員の安全性の確保や電力安定供給のための工事作業保全性の確保等について、十分な配慮を払う必要があること。

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、以上のような作業条件を順守する必要がある反面、人手による電力設備の作業であることから、管理監督者および作業員の知識、技術および技量等に負うところが多く、また各作業者による作業手順の理解不足等から管理監督者と作業員との意思伝達が不可欠であるが、その結果,以下のような問題点が出てくる。

0005

作業環境の面から考えると、例えば架空送電線の新設作業は、前後の隣接鉄塔間で重量物高電圧用電線を同時に均等、かつ、所定の張力となるように布設する必要がある。しかし、鉄塔上の作業は非常に不安定であり、かつ、隣接鉄塔間の距離は一般的に長径間であるので、管理監督者と作業者との間、ならびに作業者間で作業に関する連絡が非常にとり難いといった問題がある。

0006

また、電力設備の施工に関する管理規則は、その種類が多く、電力設備の重要性からその施工品質管理項目も細かく規定されている。しかし、各作業者はこれら法令,規則等の作業手順をすべて的確に理解することが不可能である。そのため、管理監督者は、作業手順書を見ながら作業手順ごとに指示,報告,合図などによって必要な情報を伝達しているが、作業手順およびその他の作業に関する事項の連絡が非常に雑多で多く、またこれらを整理して説明することが難しく、各作業者に的確、かつ、正確に必要な情報を伝達することが難しい。このことは、指示,報告,合図などの情報伝達不備が問題となってくる。つまり、情報伝達の不備に起因する,誤送電による事故に十分な注意を払って作業者から十分に防護する必要がある。

0007

一方、電力の安定供給および安全性の面から考えると、作業に伴う施工上の保安措置の不備があったとき、電力供給障害事故につながる可能性が考えられる。このためには、確実な安全作業遂行と管理項目を含む作業手順の徹底とが欠かせないこと。さらに、電力の安定供給の責務から、電力設備に関する作業は、予め定められた工程を守り、かつ、決められた作業停電時間内に確実に完了しなければならない。しかし、現在の技術では、一旦各作業員が分散して所定の作業個所について作業を開始すると、作業者からの中間報告、もしくは完了報告を受けるまで、詳細な作業の進捗状態が把握できず、また管理監督者と作業者、または作業者どうしが互いに連絡を取り合えない問題がある。

0008

本発明は上記実情に鑑みてなされたもので、作業手順情報と作業手順以外の作業に必要な情報との伝達形態を区別し、確実,かつ、正確に情報を伝達する電力設備作業管理装置を提供することにある。

0009

また、本発明の他の目的は、管理監督者と作業者、または作業者どうしの円滑な情報交換を可能とし、作業施工上の安全および作業効率の向上を図る電力設備作業管理装置を提供することにある。さらに、本発明の他の目的は、電力設備に関する施工品質を確保するとともに、電力の安定供給に貢献する電力設備作業管理装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0010

上記課題を解決するために、請求項1に対応する発明は、予め電力系統設備の作業手順情報を保存する作業手順保存手段と、この作業手順保存手段から作業状況に応じて所要の作業手順情報を取り出し、必要に応じて作業手順情報を随時修正処理する作業手順編集修正手段と、作業遂行上必要な作業に関する音声信号を入力する監督者側音声入力手段と、これら作業手順および作業遂行上必要な作業に関する音声信号を無線にて送信する監督者側情報伝送手段とを有する監督者側管理装置と、この監督者側管理装置から送信されてくる作業手順情報および作業遂行上必要な作業に関する音声信号を受信する作業者側情報伝送手段と、この作業者側情報伝送手段で受信される作業手順情報を順次出力し表示する表示手段と、前記作業者側情報伝送手段で受信される音声信号を出力する音声出力手段とを有する作業者側携帯装置とを設けた電力設備作業管理装置である。

0011

以上のような手段を講じたことにより、地上の管理監督者が監督者側管理装置を通して作業状況に応じて作業手順ないしその修正作業手順を、鉄塔上などの作業者が携帯する作業者側携帯装置の表示装置に表示することにより、作業者に作業手順を適切に伝達できる。また、電力設備の作業手順だけでなく、作業遂行上必要な作業に関する情報も作業者に音声にて伝達でき、作業効率および危険回避の面から有効である。

0012

請求項2に対応する発明は、請求項1に対応する発明の構成要素に次のような要素が付加されている。つまり、前記作業者側携帯装置には、音声信号を入力する作業者側音声入力手段と、この音声入力手段から入力される音声信号を取り込んで前記作業者側情報伝送手段を通して送信する作業者側音声信号出力処理手段とが付加され、前記監督者側管理装置は、前記作業者側携帯装置から送信されてくる音声信号を一旦記憶した後出力する監督者側音声信号出力処理手段と、この監督者側音声信号出力処理手段から出力される音声信号を出力する音声出力手段とが付加されている。

0013

このような手段を講じたことにより、管理監督者と作業者との間で電力系統設備の作業に関する情報を相互に交換しつつ作業を進めることができる。請求項3に対応する発明は、請求項2に対応する発明の構成要素に次のような要素が付加されている。

0014

つまり、前記作業者側携帯装置には、電力系統設備の作業個所などの画像を入力する作業者側画像入力手段と、この画像入力手段の画像情報を取り込んで前記作業者側情報伝送手段から送信可能とする画像情報処理手段とが付加され、前記監督者側管理装置には、前記作業者側携帯装置から送信されてくる画像情報を記憶する一方、表示可能に処理する画像情報処理手段と、この画像情報処理手段で処理された画像情報を表示する表示手段とが付加されている。

0015

このような手段を講じたことにより、作業者が作業個所を監督者側管理装置の表示装置に表示しつつ、音声にて作業の疑問点を聞くことができ、これにより管理監督者から適切なアドバイスを得ることができる。

0016

請求項4に対応する発明は、請求項1ないし請求項3の何れかの構成要素に以下の構成要素を付加されるものである。作業者側携帯装置には、所定の作業単位作業完了ごとに作業結果を入力する作業結果入力手段と、この作業結果入力手段から入力される作業結果を送信する手段とが付加され、一方、監督者側管理装置には、前記作業者側携帯装置から送信されてくる作業結果を保存する作業結果保存手段と、この作業結果保存手段に保存される作業結果と前記作業手順保存手段に保存される作業手順とを照合し、作業手順に異なる部分があれば、作業結果に基づいて当該作業手順を更新する作業手順更新処理手段とが付加されている。

0017

このような手段を講じることにより、作業手順保存手段の保存内容は作業結果に基づいて逐次修正され、適切な作業手順書の形で保存できる。請求項5に対応する発明は、請求項1ないし請求項4の何れかの構成要素に新たに次の要素を付加する。監督者側管理装置の情報伝送手段として、多チャンネル情報伝送手段を設け、少くとも前記作業手順保存手段の作業手順を複数の作業者側携帯装置に順次チャンネル切替えを行なって送信し、各作業者側携帯装置に伝達し、各作業者にほぼ同時に作業手順を伝達するものである。

0018

請求項6に対応する発明は、前記監督者側管理装置として、チャンネル指定信号を入力するチャンネル信号入力手段と、このチャンネル信号入力手段から入力されるチャンネル指定信号に基づいて前記多チャンネル情報伝送手段のチャンネルを指定し、この多チャンネル情報伝送手段と情報の入・出力機器とのチャンネル経路確立する選択配信手段と、前記チャンネル指定信号に対応するチャンネルの周波数を用いて作業に関する情報を送信する前記多チャンネル情報伝送手段とを設け、特定の作業者を選択し、作業手順や作業に関する情報を伝達するものである。

0019

請求項7に対応する発明は、請求項5に対応する発明の構成要素に次の要素を追加する。つまり、前記各作業者側携帯装置には、前記監督者側管理装置を含む他の作業者側携帯装置と情報交換を行なうために、異なる複数のチャンネル周波数をもつ多チャンネル情報伝送手段を設け、監督者側管理装置および他の作業者側携帯装置との間で作業に関する情報を交換するものである。

0020

請求項8に対応する発明は、請求項7に対応する発明の構成要素に次の要素を追加する。つまり、前記監督者側管理装置として、非情報交換時に何れの作業者側携帯装置から送信されてくる情報を受信しモニタリングする作業者モニタ手段と、この作業者モニタ手段によるモニタ結果から管理上必要な情報であるとき、前記多チャンネル情報伝送手段と各種の入出力機器との間の経路を確立する手段とを付加したものである。

0021

このような手段とすることにより、管理監督者は、作業者の情報交換中に当該交換情報が管理上必要となった時、作業者の音声情報や画像情報を随時モニタリングできる。

0022

請求項9に対応する発明は、所要のファイル関連情報を取り出すために指示を入力する指示入力手段と、電力系統設備の作業結果を保存する作業結果保存手段、前記指示入力手段からの指示内容に基づいて前記作業結果保存手段に保存されている作業結果の中から前記所要のファイル関連情報を取り出して編集処理し、送信または記憶媒体に格納する編集出力手段とを有する現場設置の監督者側管理装置と、設備マスター情報敷地マスター情報、給電障害管理情報のうち1つ以上の情報を記憶する電力会社の所定管理部門に設置されるファイルと、前記編集出力手段から送信され、または前記記憶媒体に格納されるファイル関連情報に基づいてファイルの記憶情報を更新するファイル更新処理手段とを有する設備統括管理装置とを備えた電力設備作業管理装置である。

0023

このような手段を講じたことにより、電力会社の所定管理部門に設置される種々のファイルを作業結果に基づき最新ファイル情報に置き換え可能である。請求項10に対応する発明は、請求項9に対応する構成要素に加え、前記監督者側管理装置には、前記指示入力手段からの訓練手順用関連情報の取り出し指示に基づいて前記作業結果保存手段の作業結果から訓練用手順用関連情報を取り出して送信する作業訓練手順用編集出力手段が追加され、一方、前記設備統括管理装置には、電力設備の管理監督者および作業者の教育訓練用手順を記憶する訓練用手順ファイルと、前記監督者側管理装置から送信されてくる訓練用手順用関連情報に基づいて前記訓練用手順ファイルの教育訓練用手順を更新するファイル更新手段とが追加されてなる構成である。

0024

このような手段とすることにより、作業結果から得られる同種の電力設備の訓練用手順用関連情報に基づき、訓練用手順ファイルに常に最新設備の教育訓練用手順に更新できる。

発明を実施するための最良の形態

0025

図1は請求項1に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図である。この作業管理装置は、電力系統設備の作業に関し、作業の段取り,作業の工程,法令等々の如き予め定められる作業手順情報と作業手順以外の作業上必要な事項,例えば作業上の注意事項等の情報とに分け、これら両情報を異なる伝送形態を用いて作業員に伝達することにある。その理由は、正確性を期する法令,規則等の作業手順は予め記憶媒体に保存されている情報を用い、その他の情報は監督者の知識,経験,に頼る面が多いことから音声信号を用いて、それぞれ作業員に適切なアドバイスを与えるためである。

0026

以下、装置の構成について具体的に説明する。この作業管理装置は、電力設備の作業手順その他の作業に関する情報を地上の適宜な位置から作業者に送信する監督者側管理装置1と、予め鉄塔上または地上で作業を行なっている作業者が携帯し、必要なときに監督者側管理装置1から作業手順等の情報や作業上の疑問に対するアドバイス等を受ける作業者側携帯装置5とによって構成されている。これら各装置1,5は、何れも作業現場で手軽に使用可能なワークステーションまたはパーソナルコンピュータなどが用いられる。

0027

この監督者側管理装置1は、予め電力系統設備の作業手順を規定する作業手順保存手段11と、作業状況,作業時間その他必要に応じて所要の作業手順を選択出力するために指示する作業手順選択入力手段12と、作業手順を適宜修正するための修正情報を入力する作業手順修正入力手段13と、選択された作業手順や処理途中の情報を記憶するデータ記憶手段14と、前記作業手順選択入力手段12から作業手順の選択指示を受けたとき、作業手順保存手段11から該当する作業手順を選択してデータ記憶手段14に記憶した後、この選択された作業手順を編集用プログラムを用いて表示形式に合うように編集し、データ記憶手段14および画像情報記憶手段15に記憶する一方、前記作業手順修正入力手段13からの修正情報に基づいて作業手順を修正処理する作業手順編集修正手段31と、画面表示情報記憶手段15に記憶されている作業手順情報またはその修正された作業手順情報を表示装置16に表示する表示制御手段32とが設けられている。

0028

前記作業手順保存手段11は、例えば磁気ディスク磁気テープ装置フロッピーディスク装置CD−ROMなどの記憶媒体が用いられ、この記憶媒体には例えば発電,変電,送電,配電など電力系統設備の点検,新設,改造,補修などの作業に関する,作業の段取り,作業工程,当該電力設備の規則(施工基準・法令・各種規則)等の作業手順が整然と整理されて保存されている。

0029

前記作業手順選択入力手段12は、キーボードマウスその他の入力機器が用いられ、作業手順保存手段11に保存されている多数の作業手順の中から作業環境,作業の方法,設備の使用状態など、作業の状況,作業時間その他必要に応じて作業手順を選択するための選択情報を入力する機能をもっている。

0030

前記作業手順修正入力手段13は、前記作業手順選択入力手段12と同一または別体のキーボード、マウスその他の入力機器が用いられ、作業手順選択入力手段12の指示の下に表示装置16に表示される作業手順について、監督者が必要に応じて随時変更するための修正情報を入力する機能をもっている。

0031

また、監督者側管理装置1は、マイクロホンなどにより構成され音声信号を入力する音声入力手段17と、この音声入力手段17から入力される音声信号をディジタル音声信号に変換するA/D変換手段18と、音声入力手段17からA/D変換手段18を介して入力されるディジタル音声信号を、音声信号出力用プログラムを用いて、伝送可能なデータ形式に変換し出力する音声信号出力処理手段33と、外部からの伝送指示に従ってデータ記憶手段14に記憶される作業手順情報または音声入力手段17から入力される音声信号を送信する情報伝送手段19とが設けられている。なお、情報伝送手段19は、作業手順情報および音声信号を伝送するに際し、これら作業手順情報,音声信号を識別する識別情報を付加して伝送する。

0032

従って、情報処理手段30は、電気的なハード構成としてCPUが用いられ、機能的には作業手順編集修正手段31、表示制御手段32および音声信号出力処理手段33からなっている。

0033

前記情報伝送手段19は、電力設備の作業エリア伝搬に十分であり、かつ、作業者の行動範囲に柔軟性をもたせる観点から、例えば特別な無線設備設置許可を必要としない占有周波数帯域幅の狭い周波数を用いて必要な情報を伝送するモデムおよびワイヤレス伝送方式の小型無線伝送機能をもっている。

0034

一方、作業者側携帯装置5は、作業者がヘルメット作業服ポケット或いは腰バンドなどに常時携帯可能な小型のマイクロコンピュータ装置可搬型パーソナルコンピュータなどの携帯型装置であって、監督者側管理装置1との間で作業作業手順その他作業に必要な情報を交換するためのモデムおよびワイヤレス伝送機能をもつ情報伝送手段51と、作業手順情報記憶手段52と、画面表示情報記憶手段53と、音声信号記憶手段54と、情報処理手段70と、表示装置55とが設けられている。

0035

なお、作業手順情報記憶手段52および音声信号記憶手段54は、磁気ディスク、磁気テープ装置、フロッピーディスク装置、CD−ROMなどの記憶媒体が用いられ、かつ、同一の記憶媒体をエリア分けして用いてもよい。

0036

前記情報処理手段70は、CPUなどが用いられ、機能的には情報伝送手段51で受信される作業手順を作業手順情報記憶手段52に一旦記憶した後、表示用プログラムを用いて表示形式に合うように編集処理し、作業手順情報記憶手段52および画面表示情報記憶手段53に記憶する作業手順編集処理手段71と、この画面表示情報記憶手段53に記憶されている作業手順情報を表示装置55に表示する表示制御手段72と、同じく情報伝送手段51で受信される音声信号を所定の出力形式で出力するように処理する音声信号出力処理手段73とからなっている。56はD/A変換手段、57はアナログ変換された音声信号を増幅する増幅器、58はスピーカなどの音声出力手段である。

0037

次に、以上のような装置の動作について説明する。管理監督者は、動作開始とともに表示装置16に例えば作業手順一欄メニューが表示される場合にはマウスなどの作業手順選択入力手段12を用い、或いはメニュー表示なしの場合にはキーボードなどの作業手順選択入力手段12を用いて、電力系統設備の作業に必要な作業手順を選択するための指示情報を入力する。ここで、作業手順編集修正手段31では、作業手順の選択指示を受けると、作業手順編集用プログラムに従って作業手順保存手段11から必要な作業手順情報を読み出して表示形式に合った編集処理を実行し、その処理結果をデータ記憶手段14に記憶した後、画面表示情報記憶手段15に順次記憶し、表示制御手段32を起動する。

0038

ここで、表示制御手段32は、画面表示情報記憶手段15に記憶されている作業手順情報を読み出し、表示装置16に表示する。図2(a)は表示装置16に表示される作業手順の一例を概略的に示す図である。

0039

ここで、管理監督者は、表示装置16に表示される作業手順について作業状況に応じて変更したいとき、作業手順修正入力手段13から修正個所を含む修正情報を入力すると、作業手順編集修正手段31では、修正情報に従って追加修正、該当個所の削除修正或いは該当個所の変更修正の処理を行う。

0040

そして、外部から伝送指示を受けると、作業手順編集修正手段31では、データ記憶手段14などから作業手順情報を読み出して所定の伝送形式に合うように変換し出力する。ここで、モデムをもつ情報伝送手段19は、所定の周波数帯域の周波数を用いて作業手順情報を変調し作業者側携帯装置5に伝送する。

0041

作業者側携帯装置5では、監督者側管理装置1からの作業手順情報を情報伝送手段51で受信復調し、作業手順編集処理手段71に送出する。この作業手順編集処理手段71は、情報伝送手段51から作業手順情報を受け取ると、表示装置55の表示形式に合うように編集処理を実施し、表示装置55に表示する。図2(b)は表示装置55に表示されている作業手順の一例を示す図である。

0042

図2から明らかなように、監督者側表示装置16に表示されている作業手順と作業者側表示装置55に表示されている作業手順とは同じ情報である。そして、作業ステップに従って現在作業を進める作業手順の行と他の行とは表示の色替えを実施するとか、文字反転表示などによって識別可能にする。また、作業遂行上,特に注意を喚起すべき作業項目管理基準などの表示は、強調高輝度文字表示ブリンク表示などにより識別可能にする。

0043

よって、以上のように作業者側携帯装置5の表示装置55に作業手順を表示することにより、作業者は、表示装置53に表示される作業手順を確認しながら作業をスムーズに進めることができる。

0044

次に、監督者は、作業手順以外の作業上必要な情報,例えば効率的な作業方法や作業上注意すべき事項があれば、マイクロホンなどの音声入力手段17から音声信号を入力する。そうすると、入力された音声信号はA/D変換手段18でディジタル音声信号に変換され、音声信号出力処理手段33に送出する。音声信号出力処理手段33は、順次入力される音声信号について、音声出力用プログラムを用いて所定の伝送形式に合うように変換し情報伝送手段19を介して作業者側携帯装置5に送信する。

0045

作業者側携帯装置5では、監督者側管理装置1から送信されてくる音声信号を情報伝送手段51で受信復調し、音声信号出力処理手段73に送出する。この音声信号出力処理手段73は、情報伝送手段51から音声信号を受け取ると、当該音声信号を順次音声信号記憶手段54に記憶するとともに、所定の出力形式に変換して出力する。ここで、出力された音声信号はD/A変換手段56でアナログ音声信号に変換され、さらに増幅された後、音声出力手段58から出力する。

0046

従って、以上のような実施の形態によれば、管理監督者は、多数の作業手順の中から作業状況に応じて必要な作業手順を読み出し、適宜修正を加えた後、作業者側携帯装置5に伝送するので、作業者は、作業に必要な作業手順を確認しつつ電力設備の新設、改造,点検,復旧などの作業を迅速、かつ、適切に進めることができる。また、管理監督者の知識,経験に基づき、作業手順に修正を加えつつ、作業者に適切なアドバイスを与えることができる。

0047

さらに、管理監督者は、必要に応じて作業手順保存手段11の作業手順に記述されていないが、作業を進める上で例えば効率的な作業方法や注意を払う必要があれば、音声信号にて伝送し、作業者側携帯装置5の音声出力手段58から出力するので、例えば作業手順に記述されていない注意事項等を容易に作業者に伝達でき、より作業効率が高められ、また危険などを未然に回避でき、作業の安全性を確保できる。

0048

図3は請求項2に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図である。図3において図1と同一部分には同一符号を付してその説明を省略し、以後、異なる部分について説明する。

0049

先ず、作業者側管理装置5は、図1に示す構成要素に新たに、マイクロホンなどで構成され、音声信号を入力する音声入力手段59と、この音声入力手段59から入力される音声信号をディジタル音声信号に変換するA/D変換手段60と、このA/D変換後の音声信号を所定の伝送形式に合うように変換出力する音声信号出力処理手段73とが追加されている。

0050

一方、監督者側管理装置1は、図1に示す構成要素に新たに、音声信号記憶手段20と、情報伝送手段19によって受信される音声信号を音声信号記憶手段20に記憶したり、音声信号記憶手段20から音声信号を読み出して所定の出力形式に合うように変換出力する音声信号出力処理手段33と、出力される音声信号をアナログ音声信号に変換するD/A変換手段21と、このD/A変換手段21で変換されたアナログ音声信号を増幅する増幅器22と、この増幅器22で電力変換された音声信号を出力するスピーカなどの音声出力手段23とが追加されている。

0051

以上のような作業管理装置によれば、図1に示す装置と同様の動作および効果を有する他、作業者が作業監督者からの指示または作業中に作業に関する疑問が生じたとき、音声入力手段59から音声にて問い合わせをすると、A/D変換手段60でディジタル音声信号に変換した後、音声信号出力処理手段73にて情報伝送手段51に送出する。ここで、情報伝送手段51は、所定の周波数帯域の周波数を用いてディジタル音声情報を変調し、監督者側管理装置1に送信する。

0052

監督者側管理装置1では、情報伝送手段19で音声信号を受信復調した後、この音声信号を音声信号記憶手段20に記憶した後、この音声信号記憶手段20から順次読み出し、D/A変換手段21、増幅器22を経由して音声出力手段23から音声信号を出力する。

0053

従って、以上のような実施の形態によれば、作業中に各作業者が作業に関する疑問事項を音声信号の入力によって即座に送信すれば、作業監督者から音声信号にて適切な指示を仰ぐことが可能であり、作業監督者と作業者とが十分に離れている場合でも、相互に情報を交換しながら作業を進めることができる。

0054

図4は請求項3に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図である。なお、図4において図1図3と同一部分には同一符号を付してその説明を省略し、以後、異なる部分について説明する。

0055

この実施の形態は、監督者から作業手順の送信、その他の作業に関する事項の音声交換だけでなく、作業者から作業個所を撮影して監督者に指示を仰ぐことを可能とするものである。

0056

この作業者側管理装置5は、図3に示す構成要素に新たに、画像情報を入力する例えばディジタルカメラなど小型画像撮像カメラの画像入力手段61と、画像情報を記憶する画像情報記憶手段62と、画像処理用プログラムに従って所定の走査順序で前記画像入力手段61から画像情報を取り込んで画像情報記憶手段62に記憶するとともに、所定の順序で画像情報を読み出して情報伝送手段51を経由して監督者側管理装置1に送信する画像情報処理手段74とが設けられている。

0057

一方、監督者側管理装置1は、図3に示す構成要素に新たに、画像情報記憶手段24と、作業者側携帯装置5から情報伝送手段19を経由して画像情報を受け取ったとき、その画像情報を画像処理用プログラムに基づいて表示装置16に表示可能に処理し画面表示情報記憶手段15に記憶する画像情報処理手段34とが設けられている。ここで、表示制御手段32は、画面表示情報記憶手段15に記憶されている画像情報を順次読み出して表示装置16に表示する。

0058

次に、以上のような装置の動作について説明する。図4において図1および図3と同一部分の動作は前述した通りであるので、ここではその説明を省略し、専ら図4で新たに追加された部分の動作について説明する。

0059

作業者が例えばヘルメットなどに装着したディジタルカメラなどの画像入力手段61を用いて作業個所を撮影すると、画像情報処理手段74では、画像入力手段61に対して所定の順序で順次走査しながら画像情報を取り込んで必要な処理,例えば階調差レベル変換などの処理を行なった後、画像情報記憶手段62に記憶する一方、当該画像情報記憶手段62に記憶されている画像情報を読み出して情報伝送手段51を介して監督者側管理装置1に送信する。

0060

監督者側管理装置1では、情報伝送手段19で画像情報を順次受信復調し、情報処理手段30に送出する。ここで、画像情報処理手段34は、画像情報を受け取ると画像処理用プログラムに従って画像情報記憶手段24に順次記憶する一方、表示装置16の表示形式に合うように画像処理し画面表示情報記憶手段15に記憶し、表示制御手段32を起動させる。この表示制御手段32は、表示情報記憶手段15に記憶されている表示情報を所定の順序で順次読み出して表示装置16に表示する。

0061

従って、以上のような実施の形態によれば、図1に示すように監督者側から電力系統設備の作業に関する基準,規則等の作業手順の送信の他、図3に示すように作業に関する一般的事項の音声交換が可能となり、さらに作業者から作業個所を撮影して監督者に伝達し指示を仰ぐことも可能となる。つまり、作業者が例えば作業中にある作業個所に対する疑問点をもったとき、その作業個所を画像入力手段61で画像入力し、かつ、音声入力手段59から疑問点を音声入力すれば、監督者側管理装置1の表示装置16に作業個所が表示され、かつ、音声出力手段23から作業上の疑問点が音声出力されるので、監督者は現時点の作業状況を適切に判断し、適切なアドバイスを作業者に与えることができ、スムーズに作業を進めることができる。また、作業者から随時監督者に対し、画像による作業状況の報告を行なうことができ、ひいては作業者と管理監督者との間の情報伝達を密に行うことができる。

0062

図5は請求項4に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図である。なお、同図において図1図3図4と同一部分には同一符号を付してその説明を省略し、以後、異なる部分について説明する。

0063

この作業管理装置は、作業者側携帯装置5から作業中または作業完了後に作業結果を監督者側管理装置1に逐次報告する一方、監督者側管理装置1では作業結果から必要に応じて作業手順を更新する実施の形態である。

0064

作業者側携帯装置5は、図4に示す構成要素に新たに、小型キーボード,ペン入力もしくは押しボタン等などからなり例えば作業手順の作業完了ごとに作業結果を入力する作業結果入力手段63と、この作業結果入力手段63から入力される作業結果を作業結果記憶手段64に順次記憶する一方、情報伝送手段51の動作状態を確認し、不動作のときに情報伝送手段51を通して監督者側管理装置1に送信する作業結果情報処理手段75とが追加されている。

0065

一方、監督者側管理装置1は、図4に示す構成要素に新たに、作業結果保存手段25と、作業手順更新処理手段35と、印字装置26とが設けられている。この作業手順更新処理手段35は、情報伝送手段19を経由して作業結果を受け取ると、作業結果編集用プログラムに基づいて、所要とする分類分けを行なって作業結果保存手段25に記憶するとともに、この作業結果を所定の表示形式または帳票出力可能に編集処理し画面表示情報記憶手段15やバッフアメモリ(図示せず)に記憶した後、表示装置16または印字装置26に出力し、さらに作業結果保存手段25の作業結果と作業手順保存手段11の該当する作業手順とを照合し、相違する部分があれば作業結果に基づいて作業手順を修正する機能をもっている。

0066

なお、作業手順の修正処理は、表示装置16または印字装置26に作業結果と作業手順とを表示または印字出力し、人為的に両者を比較し、相違部分があれば手入力により作業手順を修正する方法と、前述したように自動的に作業結果と作業手順とを照合し、相違部分があれば作業結果に基づいて自動的に作業手順を修正する方法とがある。

0067

次に、以上のような装置の動作について説明する。作業者は、例えば作業手順に基づく作業の完了するごとに作業結果を作業結果入力手段63から入力すると、作業結果情報処理手段75では、作業結果入力手段63からの作業結果情報を作業結果記憶手段64に記憶する一方、情報伝送手段51を通して監督者側管理装置1に送信する。

0068

監督者側管理装置1では、作業者側携帯装置5から情報伝送手段19を介して作業結果情報を受信すると、作業手順更新処理手段35に送出する。この作業手順更新処理手段35では、作業結果編集用プログラムに従って作業結果情報を作業結果保存手段25に記憶する一方、外部から出力指示があったとき、作業結果保存手段25から作業結果を読み出し、適宜に編集処理を行なった後、表示装置16または印字装置26に出力する。

0069

ここで、管理監督者は、表示出力または印字出力された作業結果と作業手順保存手段11から読み出した作業開始前の作業手順とを比較し、作業手順に不合理な点があるとか、設置設備機器,部材が異なるなどのとき、作業結果に基づいて人為的に改訂内容を入力して作業手順保存手段11の作業手順を更新する。なお、人為的でなく、自動的に作業結果と作業手順とを照合し、相違する部分があれば作業結果に基づいて作業手順保存手段11の作業手順の内容を更新することもできることは言うまでもない。

0070

例えば図6に示すように、鉄塔上に接続支持部材B−3,B−2,B−1を介して複数連の碍子B,B,B,Aを接続し、その頂上部に支持金具A−1でもって電線を支持する作業に際し、支持金具A−1で電線を支持することが難しく、支持金具A−1に代えて支持金具A−2を用いて電線を支持したとき、支持金具A−2を用いた作業結果を入力すれば、監督者側管理装置1では、当該作業結果に基づいて作業手順更新処理手段35が作業手順保存手段11の該当作業手順に記述する支持金具A−1に代えて支持金具A−2と更新する。

0071

従って、以上のような実施の形態によれば、作業者側携帯装置5側から所定の作業単位ごとに作業が完了したとき、その作業結果を送信するので、監督者側管理装置1では、その作業結果を受け取り、既に記述する作業手順との間に相違があれば、作業結果に基づいて作業手順を更新改訂するので、作業手順保存手段11の内容が標準的な作業手順書として保存でき、以後の点検その他の作業に有効に生かすことができる。

0072

図7は請求項5に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図である。同図において監督者側管理装置1は、図1図3図5の何れかの構成とほぼ同じであり、特に異なるところは、監督者側管理装置1が複数の作業者側携帯装置5a,5b,…との間で情報交換を行なうことにある。

0073

先ず、各作業者側携帯装置5a,5b,…は、それぞれ異なる固有送受信周波数帯域の送・受信チャンネルをもつ情報伝送手段51a,51b,…が設けられている。その他の構成は、図1図3図5の何れかと同一の構成であるので省略する。

0074

一方、監督者側管理装置1においては、各作業者側携帯装置5a,5b,…の送受信周波数に対応する複数の送・受信チャンネルをもつ多チャンネル情報伝送手段19′が設けられている。その他の構成は、図1図3図5の何れかと同一の構成であるので省略する。

0075

以上のような構成とすることにより、監督者は、監督者側管理装置1の作業手順編集修正手段31を用いて、作業手順保存手段11から各作業者側携帯装置5a,5b,…を携帯する各作業者の作業状況に応じて作業手順を選択しつつ、固有の送信チャンネルにて個別に作業手順を送信することができる。

0076

ここで、各作業者側携帯装置5a,5b,…は、自身の受信周波数帯域に入る送信情報である作業手順を選択的に取り込み、表示装置55に表示する。また、監督者および各作業者が監督者側管理装置1および各作業者側携帯装置5a,5b,…とを用いて、個別に音声信号を入力しつつ、作業手順以外の作業に関する情報を交換でき、このとき必要に応じて各作業者側携帯装置5a,5b,…から作業個所の画像情報を伝送してくるので、各作業者の作業状況を容易に把握できる。しかも、監督者が各作業者側携帯装置5a,5b,…を介して各作業者に伝達する必要が生じたとき、多チャンネル情報伝送手段19′にてチャンネルを高速的に切替え、作業手順や音声信号を高速送信すれば、同報情報として各各作業者側携帯装置5a,5b,…の各表示装置55に表示できる。よって、複数の作業者がそれぞれ別々に鉄塔などで作業を行っている場合でも、管理監督者側からほぼ同時刻に作業手順情報などを受けることができる。

0077

図8は請求項6に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図である。この作業管理装置は、図7と同様に1つの監督者側管理装置1と複数の作業者側携帯装置5a,5b,…との間で電力設備の作業手順その他の作業に関する情報を交換するに先立ち、複数の作業者側携帯装置5a,5b,…の中から1つの作業者側携帯装置を選択することにある。

0078

この作業管理装置では、特に監督者側管理装置1を改良したものである。すなわち、この監督者側管理装置1は、キーボード,CRT画面に表示されるボタンスイッチの操作,或いはCRT画面上に表示されるチャンネル番号のマウスによるピック等によってチャンネル指定信号を入力するチャンネル信号入力手段27と、このチャンネル信号入力手段27のチャンネル指定信号に対応するチャンネル番号を保管し、このチャンネル番号に対してのみ音声入力手段17、音声出力手段23および表示装置16を有効とする選択配信手段28とが設けられている。情報処理手段30は、選択配信手段28に保管されるチャンネル番号に従って多チャンネル情報伝送手段19′のチャンネルを指定し送受信を可能とする。

0079

その他の構成は図1図3図5と同様である。以上のように構成することにより、管理監督者は、特定の作業者と作業に関する情報を交換する必要が生じたとき、チャンネル信号入力手段27からチャンネル指定信号を入力すると、選択配信手段28では、当該チャンネル指定信号に相当するチャンネル番号を保管するとともに情報処理手段3に送出する。情報処理手段30は、選択配信手段28からのチャンネル番号に基づいて多チャンネル情報伝送手段19′の中から特定のチャンネルを選択し、特定の作業者側携帯装置と音声入力手段17、音声出力手段23,表示装置16とを有効とする経路を確立し、作業手順その他作業に関する情報の交換を可能とする。

0080

従って、以上のような実施の形態によれば、管理監督者が特定の作業者だけを選択し、必要とする情報を当該作業者に伝達でき、さらに特定の作業者から作業に関する種々の情報を受け取ることができる。

0081

図9は請求項7に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図である。この作業管理装置は、図8とほぼ同様な構成であるので、同一部分には同一符号を付して省略し、特に異なる部分について説明する。

0082

この作業管理装置は、特に各作業者側携帯装置5a,5b,…の情報伝送手段として、監督者側管理装置1を含む他の作業者側携帯装置と個別に作業上の情報交換を行うために、複数のチャンネル周波数を有する多チャンネル情報伝送手段51a′,51b′,…を設けたことにある。

0083

各多チャンネル情報伝送手段51a′,51b′,…は、監督者側管理装置1を含む他の作業者側携帯装置の送信周波数帯域カバーする周波数帯域の受信チャンネルを有し、かつ、監督者側管理装置1,他の作業者側携帯装置のもつ固有の送信周波数に対する複数の送信チャンネルを有し、必要に応じて例えば他の作業者側携帯装置の固有の送信周波数を用いて作業に関する情報を送信し、当該他の作業者側携帯装置からの情報を受信する機能をもっている。

0084

一方、監督者側管理装置1の多チャンネル情報伝送手段19′においては、送信時には各作業者側携帯装置5a,5b,…のチャンネル周波数に相当する周波数を用いるが、受信時には全部の作業者側携帯装置5a,5b,…のチャンネル周波数をカバーする周波数帯域の周波数の情報を受信することにより、何れの作業者側携帯装置5a,5b,…から送信されるくる情報でも受信可能とするものである。その他は図9と同様な構成であるので、省略する。

0085

このような実施の形態によれば、作業者側において例えば隣接設置する送電用鉄塔上の作業者どうしで情報の交換を行う必要が生じたとき、外部からチャンネル指定を行った後、情報の交換を行う相手のチャンネル周波数を用いて多チャンネル情報伝送手段から作業上の情報を送信し相手側に伝達できるので、作業者どうしで必要な情報を容易、且つ、確実に交換できる。

0086

図10は請求項8に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図である。この作業管理装置は、図8および図9とほぼ同様な構成であるので、同一部分には同一符号を付して説明を省略し、特に監督者側管理装置1の構成について説明する。

0087

この監督者側管理装置1は、非情報交換時に何れかの作業者側携帯装置から送信される情報を受信したとき、モニタ編集用プログラムを用いて受信した情報を所要の表示形式に合うように編集処理するモニタ用編集処理手段36と、このモニタ用編集処理手段36による編集処理結果を表示し、かつ、この表示結果から作業管理監督上必要な情報であると判断したとき、人為的に情報入出力経路を確立する指示を出力する作業者モニタ手段29と、経路確立指示信号を受けたとき、交換中の複数のチャンネルの経路を確立し音声入力手段17、音声出力手段22および画像表示等を有効とする選択配信手段28とが設けられている。

0088

このような構成とすることにより、複数の作業者側携帯装置5a,5b,…どうしで情報交換を行っているとき、監督者側管理装置1のモニタ用編集処理手段36では、多チャンネル情報伝送手段19′を経由して情報を受け取ると、モニタ編集用プログラムに従って編集処理を実施した後、その編集処理結果を作業者モニタ手段29に表示する。

0089

ここで、管理監督者は、作業者モニタ手段29から作業者間の交換情報を把握するとともに、作業管理監督上必要な情報であるとき、経路確立指示信号を選択配信手段28に送出する。そうすると、この選択配信手段28は、経路確立指示信号に基づいて情報交換中の2つの作業者側携帯装置例えば5a,5bのチャンネル経路を音声入力手段17、音声出力手段22および表示装置15と接続する。よって、管理監督者は、音声入力手段17、音声出力手段22および表示装置15を用いて随時にモニタリングすることができる。

0090

図11図1ないし図10の装置1,5の具体的な使用例を説明する図である。この図11に示す作業形態は、複数の作業者a,b,cがそれぞれ鉄塔81,82,83上の登って送電線用電線の布設作業を行っている様子を示している。

0091

このように電線布設作業時、管理監督者は、移動用車両上に監督者側管理装置1を搭載し、この監督者側管理装置1から各作業者側携帯装置5a,5b,5cを携帯する各作業者a,b,cに対して、作業手順その他の作業に関する指示を行っている。

0092

ところで、例えばこの種の作業は、一般に鉄塔の高さ100m程度、鉄塔径間長150m程度、同時作業規模3つの鉄塔の場合を想定すると、監督者と作業者、作業者どうしの間では到底目視などによって相互の作業状態を把握することはできない。

0093

そこで、本発明に係わる電力設備作業管理装置においては、移動用車両上の監督者側管理装置1を所有する監督者と作業者側携帯装置5a,5b,5c,…を携帯する作業者との間で作業状況に応じて作業手順その他作業に関する種々の情報を順次送信し、作業者側携帯装置5a,5b,5cの表示装置55に表示し或いは音声出力手段58から音声出力するので、迅速、かつ、正確に必要な情報を伝達できる。

0094

なお、作業者側携帯装置5a,5b,…は入・出力機器系と情報処理系とに分け、入・出力機器系を一体化して作業ヘルメット84側に取り付け、情報処理系を一体化して作業用安全ベルトなどに装着してもよいが、例えば作業者の使用上の便宜を考慮しつつ入・出力機器系を図11に示すように適切な位置を分散配置する構成であってもよい。

0095

この図11では、作業者aが管理監督者に対して作業手順中の施工管理基準に関する問い合わせを音声および画像情報にて監督者側管理装置1に伝達している例であって、作業者aからの画像情報は表示装置16の画面上に、また音声は音声出力手段23からそれぞれ出力され、管理監督者は音声入力手段17を用いて作業者に対し適切な指示回答を行っている様子を示している。

0096

次に、請求項9に係わる電力設備作業管理装置の実施の形態を説明する。
(実施の形態1)図12は電力設備作業管理装置の実施の形態1を説明する構成図である。

0097

この作業管理装置は、作業現場の監督者側管理装置1から電力会社の本店または支店などの設備管理部門に設置される設備統括管理装置45Aの設備マスター情報を更新することにある。

0098

この監督者側管理装置1は、前述したように作業者側携帯装置5側から送られてくる作業結果を予め定める様式に従って分類分け記憶する作業結果記憶手段25と、電力設備の新設,点検,補修などの工事完了後に設備マスター関連情報の取り出し指示を入力するキーボード,マウス,ボタンスイッチなどの指示入力手段41と、指示入力手段41からの設備マスター関連情報取り出し指示に基づいて作業結果保存手段25の作業結果の中から設備マスター関連情報例えば製造年月日製作者型式,定格,点検履歴故障履歴など,作業対象設備属性情報を読み出し、設備統括管理装置45Aの設備マスター管理形式に合うように編集処理する設備マスター用編集出力手段42Aと、この編集処理結果の情報を設備統括管理装置45Aに送信する情報送信手段43とが設けられている。

0099

なお、設備マスター用編集出力手段42Aは、編集処理結果を磁気テープまたはフロッピーディスク44に保存し、電力会社の本店または支店の設備統括管理装置45Aに持ち運んでもよい。

0100

前記設備統括管理装置45Aは、監督者側管理装置1から送信されてくる編集処理結果情報に基づいて更新処理を行うファイル更新処理手段46Aと、この更新処理手段46Aにより更新される設備管理部門の設備マスターファイル47Aとが設けられている。

0101

以上のような構成によれば、電力設備の新設,点検,補修などの工事完了後、管理監督者が作業結果保存手段25から所定の編集プログラムに従って設備マスター関連情報を取り出して設備マスターファイル47Aの形式に合うように編集処理し、設備統括管理装置45Aに送信すると、ファイル更新処理手段46Aでは、監督者側管理装置1から送信され、或いは磁気テープまたはフロッピーディスクからの保存内容に基づいて設備マスターファイル47Aを更新する。

0102

従って、以上のような実施の形態によれば、電力設備の新設,点検,補修などの工事完了後、設備管理部門の設備マスターファイル47Aの内容を更新でき、ひいては設備マスターファイル47Aの内容に基づいて適切な管理を実施できる。
(実施の形態2)図13は電力設備作業管理装置の実施の形態2を説明する構成図である。

0103

この作業管理装置は、図12の機能の他、作業現場の監督者側管理装置1から電力会社の本店または支店などの敷地管理部門に設置される設備統括管理装置45Bの敷地マスター情報を更新する機能を設けたものである。

0104

この監督者側管理装置1は、指示入力手段41、作業結果記憶手段25、情報処理手段30、設備マスター用編集出力手段42A、情報送信手段43の他、指示入力手段41から敷地マスタ関連情報の取り出し指示を受けたとき、情報処理手段30と連携をとりながら作業結果保存手段25から読み出した作業結果の中から敷地マスター関連情報を読み出し、設備統括管理装置45Bの敷地マスター管理形式に合うように編集処理する敷地マスター用編集出力手段42Bが設けられている。ここで、敷地マスターに関係する情報とは、電力系統設備の地理的な立地,例えば設備の所在地借地設定、地主情報、家主情報、設備周辺環境状況、設備近接樹木様相などの情報を意味する。

0105

なお、敷地マスター用編集出力手段42Bは、編集処理した内容を磁気テープまたはフロッピーディスク44に保存し、設備統括管理装置45Bに持ち運んでもよい。

0106

前記設備統括管理装置45Bは、ファイル更新処理手段46Bおよび設備管理部門の設備マスターファイル47Aの他、前述する敷地マスター情報を記憶する敷地マスターファイル47Bが設けられている。

0107

以上のような構成によれば、電力設備の新設,点検,補修などの工事完了後、管理監督者が作業結果保存手段25から所定の編集プログラムに従って敷地マスター関連情報を取り出して敷地マスターファイル47Bの管理形式に合うように編集処理し、設備統括管理装置45Bに送信すると、ファイル更新処理手段46Bでは、監督者側管理装置1から送信され、或いは磁気テープまたはフロッピーディスクの敷地マスター情報に基づいて敷地マスターファイル47Bを更新する。

0108

なお、設備統括管理装置45A,45Bは、同一のものまたは別体のものでもよい。設備統括管理装置が同一の場合には、ファイル更新処理手段がファイル名識別データに基づいてファイル47A,47Bを選択し、各ファイルの情報を更新する。
(実施の形態3)図14は電力設備作業管理装置の実施の形態3を説明する構成図である。

0109

この作業管理装置は、図12および図13の機能に他、作業現場の監督者側管理装置1から電力会社の本店または支店などの給電指令部門に設置される設備統括管理装置45Cの給電障害管理情報を更新する機能を設けたものである。

0110

監督者側管理装置1は、指示入力手段41、作業結果記憶手段25、情報処理手段30、設備マスター用編集出力手段42A、敷地マスター用編集出力手段42B、情報送信手段43の他、指示入力手段41から給電障害管理関連情報の取り出し指示を受けたとき、情報処理手段3と連携をとりながら作業結果保存手段25から読み出した作業結果の中から給電障害管理関連情報を読み出し、設備統括管理装置45Cの給電障害管理形式に合うように編集処理する給電障害管理情報用編集出力手段43Cが設けられている。ここで、給電障害管理情報とは、電力設備の新設,点検,補修などの工事に伴って給電を停止した設備の過去の給電障害履歴の他、各電力設備の現在最新情報例えば電力設備の完了、未完了,運用制約条件などの情報を意味する。

0111

なお、給電障害管理情報用編集出力手段43Cは、編集処理した内容を磁気テープまたはフロッピーディスク44に保存し、設備統括管理装置45Cに持ち運んでもよい。

0112

この設備統括管理装置45Cは、ファイル更新処理手段46Cおよび給電指令部門の給電障害管理ファイル47Cが設けられている。以上のような構成によれば、電力設備の新設,点検,補修などの工事完了後、指示入力手段41から給電障害管理関連情報の取り出し指示を受けたとき、作業結果保存手段25から所定の編集プログラムに従って給電障害管理関連情報を取り出して設備統括管理装置45Cの管理形式に合うように編集処理し、情報送信手段43を介して送信する。

0113

この設備統括管理装置45C側のファイル更新処理手段46Cでは、監督者側管理装置1から送信され、或いは磁気テープまたはフロッピーディスク44の給電障害管理関連情報に基づいて給電障害管理ファイル47Cを更新する。

0114

なお、設備統括管理装置45A,45B,45Cは、同一のものまたは別体のものでもよい。設備統括管理装置が同一の場合には、監督者側管理装置1からのファイル識別データに基づいてファイル更新処理手段がファイル47A,47B,47Cを選択し、該当ファイルの情報を更新する。

0115

図15は請求項10に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図である。この図15において図14と同一部分には同一符号を付して説明は省略し、異なる部分を説明する。

0116

この電力設備作業管理装置は、図14の機能の他、次のような機能が設けられている。監督者側管理装置1には、訓練手順用関連情報の取り出し指示を入力する指示入力手段41と、この取り出し指示に基づいて作業手順保存手段11および作業結果保存手段25から作業手順および作業結果を読み出しモードとする情報処理手段30と、この情報処理手段3によって読み出した作業手順情報および作業結果情報に基づき、同種電力設備の工事に関する作業訓練教育用の作業手順を作成する作業訓練手順用編集出力手段42Dと、この作業訓練教育用の作業手順を送信する情報送信手段43とが設けられている。

0117

一方、設備統括管理装置45Dには、管内電力設備の作業監督者、作業者の教育訓練情報を記憶する訓練用手順ファイル47Dと、前記情報送信手段43から送信されてくる作業訓練教育用の作業手順に基づいて同種の電力設備工事に関係する訓練用手順情報を更新するファイル更新処理手段46Dとが設けられている。

0118

この設備統括管理装置45Dは例えば本店または支店などのトレーニングセンタなどの設置される。従って、このような構成とすることにより、訓練用手順ファイル47Dには同種の電力設備工事に関係する最新の訓練用手順情報を備えることができ、管内電力設備の作業監督者、作業者の教育訓練を行なう、本店・支店教育訓練担当部門の訓練手順マニュアルを容易に作成できる。

発明の効果

0119

以上説明したように本発明によれば、次のような種々の効果を奏する。請求項1の発明によれば、管理監督者が作業状況をみながら鉄塔上などで作業をする作業者に作業手順を確実に伝達できる。また、電力設備の作業手順だけでなく、作業遂行上必要な作業に関する情報を音声にて作業者に伝達でき、作業効率の向上および作業上の注意事項等を伝達することにより作業者の安全性を確保できる。

0120

請求項2の発明によれば、管理監督者と作業者との間で電力系統設備の作業に関する情報を相互に交換しながら作業を円滑に進めることができる。請求項3の発明によれば、作業者が監督者に対し、作業個所の画像を映しながら音声にて作業の疑問点を聞くことができ、ひいては管理監督者から適切なアドバイスを取得でき、作業の効率化および危険回避を図ることができる。

0121

請求項4の発明によれば、作業結果に基づいて作業手順を逐次修正でき、適切な作業手順書を作成できる。請求項5の発明によれば、管理監督者が各作業者に必要な作業手順をほぼ同時に伝達できる。

0122

請求項6の発明によれば、管理監督者は、複数の作業者の中から特定の作業者を選択し、作業手順や作業に関する情報を迅速に伝達でき、作業に合った細かい指示を与えることができる。

0123

請求項7の発明によれば、ある作業者が作業に関する情報を管理監督者および他の作業者に伝達でき、また作業者どうしが相互に連絡をとりながら作業を円滑に進めることができる。

0124

請求項8の発明によれば、管理監督者は、作業者どうしの情報交換中に当該交換情報が管理上必要となった時、作業者の音声情報や画像情報を随時モニタリングしながら適切なアドバイスを与えることができる。

0125

請求項9の発明によれば、作業結果に基づいて電力会社の所定管理部門の種々のファイルを最新のファイル情報に置き換え可能となり、後の電力設備の作業に大きく貢献する。請求項10の発明によれば、訓練用手順ファイルを常に最新設備の教育訓練用手順に更新できる。

図面の簡単な説明

0126

図1請求項1の発明に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図。
図2監督者側管理装置と作業者側携帯装置との作業手順の表示状態を説明する図。
図3請求項2の発明に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図。
図4請求項3の発明に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図。
図5請求項4の発明に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図。
図6作業手順を更新する例を説明する図。
図7請求項5の発明に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図。
図8請求項6の発明に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図。
図9請求項7の発明に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図。
図10請求項8の発明に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図。
図11図1ないし図10に示す装置の具体的使用例を説明する図。
図12請求項9の発明に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図。
図13請求項9の発明に係わる電力設備作業管理装置の他の実施の形態を示す構成図。
図14請求項9の発明に係わる電力設備作業管理装置のさらに他の実施の形態を示す構成図。
図15請求項10の発明に係わる電力設備作業管理装置の一実施の形態を示す構成図。

--

0127

1…監督者側管理装置
5…作業者側携帯装置
11…作業手順保存手段
16,55…表示装置
7…情報処理手段
17,59…音声入力手段
19,51…情報伝送手段
19′,51a′,51b′,51c′…多チャンネル情報伝送手段
23,58…音声出力手段
25…作業結果保存手段
28…選択配信手段
29…作業者モニタ手段
61…画像入力手段
32…選択配信手段
33…作業者モニタ手段
47A…設備マスターファイル
47B…敷地マスターファイル
47C…給電障害管理ファイル
47D…訓練用手順ファイル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ