図面 (/)

技術 湛水直播機

出願人 株式会社クボタ
発明者 奈須毅山口廣見
出願日 1997年2月7日 (23年10ヶ月経過) 出願番号 1997-024768
公開日 1998年8月18日 (22年4ヶ月経過) 公開番号 1998-215615
状態 未査定
技術分野 条溝・孔の形成・覆土
主要キーワード 検出基準値 ディスク体 案内ホース 上昇変位 つる巻き 下降変位 目標角度θ 検出角度θ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1998年8月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

直播装置による適正深さへの播種を、圃場起伏などにかかわらず精度よく行えるようにする。

解決手段

接地側に押し付け付勢された複数の整地フロート14を上下揺動自在に支持するとともに、各整地フロート14にホッパー15から繰り出された種籾圃場内埋没させる作溝器17を装着して構成した直播装置4を走行機体1に昇降自在に連結し、作業時の走行に伴って変位するセンターフロート14Aの上下揺動角度θを検出するフロートセンサS2からの検出値に基づいて、センターフロート14Aの上下揺動角度θが予め設定された目標角度θoに復帰するように直播装置4の昇降を制御する自動昇降制御手段20Bを備え、各サイドフロート14Bを、センターフロート14Aに対して独立的に接地側に押し付け付勢するとともに上下動可能に構成した。

概要

背景

従来、上記のような湛水直播機において、作溝器装備した複数の整地フロートは、フロートセンサからの検出値に基づく自動昇降制御手段の制御作動により直播装置昇降操作されるのに伴って、直播装置と同じ操作量で一体的に昇降するように直播装置に支持されていた。

概要

直播装置による適正深さへの播種を、圃場起伏などにかかわらず精度よく行えるようにする。

接地側に押し付け付勢された複数の整地フロート14を上下揺動自在に支持するとともに、各整地フロート14にホッパー15から繰り出された種籾圃場内埋没させる作溝器17を装着して構成した直播装置4を走行機体1に昇降自在に連結し、作業時の走行に伴って変位するセンターフロート14Aの上下揺動角度θを検出するフロートセンサS2からの検出値に基づいて、センターフロート14Aの上下揺動角度θが予め設定された目標角度θoに復帰するように直播装置4の昇降を制御する自動昇降制御手段20Bを備え、各サイドフロート14Bを、センターフロート14Aに対して独立的に接地側に押し付け付勢するとともに上下動可能に構成した。

目的

本発明の目的は、直播装置による適正深さへの播種を、圃場の起伏などにかかわらず精度よく行えるようにすることにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

接地側に押し付け付勢された複数の整地フロート上下揺動自在に支持するとともに、各整地フロートホッパーから繰り出された種籾圃場内埋没させる作溝器を装着して構成した直播装置走行機体昇降自在に連結し、作業時の走行に伴って変位する前記複数の整地フロートのうちのセンターフロート上下揺動角度を検出するフロートセンサと、該フロートセンサからの検出値に基づいて、前記センターフロートの上下揺動角度が予め設定された目標角度復帰するように前記直播装置の昇降を制御する自動昇降制御手段とを備え、前記複数の整地フロートのうちの各サイドフロートを、前記センターフロートに対して独立的に接地側に押し付け付勢するとともに上下動可能に構成してある湛水直播機

請求項2

前記各サイドフロートの押し付け荷重を調節可能に構成してある請求項1記載の湛水直播機。

請求項3

圃場泥土の硬さを検出する泥土硬さ検出センサと、該泥土硬さ検出センサからの検出値に基づいて、泥土硬さが硬いほど前記各サイドフロートの押し付け荷重を大きくする接地荷重調節手段を装備してある請求項1又は2記載の湛水直播機。

請求項4

前記接地荷重調節手段が、前記泥土硬さ検出センサからの検出値に基づいて、泥土硬さが硬いほど前記自動昇降制御手段による自動昇降制御の制御感度鈍感側に補正するよう構成してある請求項3記載の湛水直播機。

技術分野

泥土硬さ検出センサS3を各整地フロート14に装備し、接地荷重調節手段20Cが、各泥土硬さ検出センサS3からの検出値に基づいて、それぞれ対応する整地フロート14の押し付け荷重を変更するように構成してもよい。

背景技術

0001

本発明は、複数の整地フロートを上下揺動自在に支持するとともに、各整地フロートにホッパーから繰り出された種籾圃場内埋没させる作溝器を装着して構成した直播装置走行機体昇降自在に連結し、作業時の走行に伴って変位する前記複数の整地フロートのうちのセンターフロート上下揺動角度を検出するフロートセンサと、該フロートセンサからの検出値に基づいて、前記センターフロートの上下揺動角度が予め設定された目標角度復帰するように前記直播装置の昇降を制御する自動昇降制御手段とを備えた湛水直播機に関する。

発明が解決しようとする課題

0002

従来、上記のような湛水直播機において、作溝器を装備した複数の整地フロートは、フロートセンサからの検出値に基づく自動昇降制御手段の制御作動により直播装置が昇降操作されるのに伴って、直播装置と同じ操作量で一体的に昇降するように直播装置に支持されていた。

0003

上記の従来技術によると、自動昇降制御手段の制御作動によって機体進行方向での圃場起伏に沿った直播装置の昇降操作を行えることから、機体進行方向での圃場の起伏にかかわらず、各整地フロートを所望の接地圧接地滑走させることができて、それぞれの作溝器による作溝深さ、言い換えると、直播装置による播種深さを適正深さに維持できるようになる。しかしながら、機体進行方向と直交する方向での圃場の起伏に対しては、自動昇降制御手段が、センターフロートの上下揺動角度を検出するフロートセンサからの検出値に基づいて直播装置の昇降を制御する自動昇降制御を行うことから、センターフロートは所望の接地圧で接地滑走させることができて、センターフロートに装備された作溝器による作溝深さ(播種深さ)を適正深さに維持することができるものの、センターフロートから離れるサイドフロートは所望の接地圧で接地滑走させることができないことから、サイドフロートに装備された作溝器による作溝深さを適正深さに維持することができないようになっていた。殊に、圃場の起伏がセンターフロート側の泥土表面よりもサイドフロート側の泥土表面が比較的極端に低くなるような状態では、サイドフロートが浮き気味になってサイドフロートの作溝器による作溝深さが極端に浅くなることによって、サイドフロートの作溝器から播種された種籾が圃場に埋没せずに浮き上がってしまうといった不都合が生じるおそれがあった。

課題を解決するための手段

0004

本発明の目的は、直播装置による適正深さへの播種を、圃場の起伏などにかかわらず精度よく行えるようにすることにある。

0005

上記目的を達成するため、本発明のうちの請求項1記載の発明では、湛水直播機において、接地側に押し付け付勢された複数の整地フロートを上下揺動自在に支持するとともに、各整地フロートにホッパーから繰り出された種籾を圃場内に埋没させる作溝器を装着して構成した直播装置を走行機体に昇降自在に連結し、作業時の走行に伴って変位する前記複数の整地フロートのうちのセンターフロートの上下揺動角度を検出するフロートセンサと、該フロートセンサからの検出値に基づいて、前記センターフロートの上下揺動角度が予め設定された目標角度に復帰するように前記直播装置の昇降を制御する自動昇降制御手段とを備え、前記複数の整地フロートのうちの各サイドフロートを、前記センターフロートに対して独立的に接地側に押し付け付勢するとともに上下動可能に構成した。

0006

上記請求項1記載の発明によると、圃場の起伏がセンターフロート側の泥土表面よりもサイドフロート側の泥土表面が低くなるような状態では、自動昇降制御手段が、このときのフロートセンサからの検出値に基づいて、センターフロートの上下揺動角度が予め設定された目標角度に復帰するように直播装置の昇降を制御する自動昇降制御を行うことによって、センターフロートを所望の接地圧でセンターフロート側の泥土表面に接地させた状態で滑走させることができるので、センターフロートに装備された作溝器による作溝深さを適正深さに維持できるようになる。一方、このときの自動昇降制御手段の制御作動によって、サイドフロートがサイドフロート側の泥土表面から離間するようになったとしても、サイドフロートは、接地側への付勢によって独立的に下降して、所望の接地圧に近い接地圧でサイドフロート側の泥土表面に接地した状態で滑走するようになることから、サイドフロートの作溝器による作溝深さを略適正深さに維持できるようになる。これによって、圃場の起伏がセンターフロート側の泥土表面よりもサイドフロート側の泥土表面が比較的極端に低くなるような状態となった場合に生じるおそれのある、サイドフロートが浮き気味になってサイドフロートの作溝器による作溝深さが極端に浅くなることによってサイドフロートの作溝器から播種された種籾が圃場に埋没せずに浮き上がってしまう、といった不都合を回避できるようになる。

0007

逆に、圃場の起伏がセンターフロート側の泥土表面よりもサイドフロート側の泥土表面が高くなるような状態では、上述した自動昇降制御手段の制御作動によって、センターフロートを所望の接地圧でセンターフロート側の泥土表面に接地させた状態で滑走させることができるので、センターフロートに装備された作溝器による作溝深さを適正深さに維持できるようになる。一方、このときの自動昇降制御手段の制御作動によって、サイドフロートがサイドフロート側の泥土表面に沈み込むようになったとしても、サイドフロートは、そのときの浮力によって独立的に上昇して、所望の接地圧に近い接地圧でサイドフロート側の泥土表面に接地した状態で滑走するようになることから、サイドフロートの作溝器による作溝深さを略適正深さに維持できるようになる。

0008

従って、圃場の起伏にかかわらず、センターフロートの作溝器による作溝深さは適正深さに維持することができ、又、各サイドフロートの作溝器による作溝深さは略適正深さに維持することができるので、直播装置による適正深さへの播種を比較的精度よく行えるようになった。

0009

本発明のうちの請求項2記載の発明では、上記請求項1記載の発明において、前記各サイドフロートの押し付け荷重を調節可能に構成した。

0010

上記請求項2記載の発明によると、圃場の泥土硬さに応じて各サイドフロートの押し付け荷重を調節することにより、各サイドフロートを、その圃場の泥土硬さに略適応した接地圧で接地させた状態で滑走させることができるので、圃場の泥土硬さにかかわらず、各サイドフロートの作溝器による作溝深さを略適正深さに維持できるようになる。

0011

従って、圃場の起伏や泥土硬さにかかわらず、直播装置における各サイドフロートの作溝器を介した適正深さへの播種を比較的精度よく行えるようになった。

0012

本発明のうちの請求項3記載の発明では、上記請求項1又は2記載の発明において、圃場泥土の硬さを検出する泥土硬さ検出センサと、該泥土硬さ検出センサからの検出値に基づいて、泥土硬さが硬いほど前記各サイドフロートの押し付け荷重を大きくする接地荷重調節手段を装備した。

0013

上記請求項3記載の発明によると、泥土硬さ検出センサからの検出値に基づく接地荷重調節手段の制御作動によって、圃場の泥土硬さに応じた各サイドフロートの押し付け荷重の調節を自動的に行えることから、圃場の泥土硬さに応じた各サイドフロートの押し付け荷重の調節を手動で行う場合に比較して、作業者の労力を軽減できるとともに、圃場泥土硬さの判断ミスや押し付け荷重の調節ミスなどによって、サイドフロートの押し付け荷重が、その圃場の泥土硬さに応じた値から掛け離れた値に調節されることを防止できるようになる。又、作業走行中に圃場の泥土硬さに部分的な変化が生じても、作業を中断させることなく、各サイドフロートの押し付け荷重を、その地点での泥土硬さに適した値に迅速かつ的確に調節できるようになる。つまり、作業走行中での部分的な泥土硬さの変化にも迅速かつ的確に対応して、各サイドフロートを、その圃場部分の泥土硬さに適した接地圧で接地させた状態で滑走させることができるので、その圃場の泥土硬さ、更には、作業走行中での部分的な泥土硬さの変化にかかわらず、各サイドフロートの作溝器による作溝深さをより確実に適正深さに維持できるようになる。

0014

従って、圃場の起伏や泥土硬さの変化にかかわらず、直播装置における各サイドフロートの作溝器を介した適正深さへの播種をより精度よく行えるようになった。

0015

本発明のうちの請求項4記載の発明では、上記請求項3記載の発明において、前記接地荷重調節手段が、前記泥土硬さ検出センサからの検出値に基づいて、泥土硬さが硬いほど前記自動昇降制御手段による自動昇降制御の制御感度鈍感側に補正するよう構成した。

0016

上記請求項4記載の発明によると、泥土硬さ検出センサからの検出値に基づく接地荷重調節手段の制御作動によって、圃場の泥土硬さに応じた自動昇降制御の制御感度の補正を自動的に行えることから、圃場の泥土硬さに応じた自動昇降制御の制御感度の補正を感度調節ダイヤルなどの手動操作で行う場合に比較して、作業者の労力を軽減できるとともに、圃場泥土硬さの判断ミスや感度調節ダイヤルの操作ミスなどによって、自動昇降制御の制御感度が、その圃場の泥土硬さに応じた制御感度から掛け離れた制御感度に補正されることを防止できるようになる。又、作業走行中に圃場の泥土硬さに部分的な変化が生じても、作業を中断させることなく、自動昇降制御の制御感度を、その地点での泥土硬さに適した制御感度に迅速かつ的確に補正できるようになる。

0017

尚、接地荷重調節手段は、自動昇降制御手段による自動昇降制御が、センターフロートの上下揺動角度を検出するフロートセンサからの検出値に基づいて行われるものであることから、センターフロートの接地圧を変更することによって自動昇降制御の制御感度を補正するようになる。例えば、泥土硬さが硬くなると、その硬さに応じてセンターフロートの接地圧を大きくしてセンターフロートを上下揺動し難くすることによって自動昇降制御の制御感度を鈍感にし、逆に、泥土硬さが柔らかくなると、その柔らかさに応じてセンターフロートの接地圧を小さくしてセンターフロートを上下揺動し易くすることによって自動昇降制御の制御感度を敏感にするようになる。

0018

つまり、作業走行中での部分的な泥土硬さの変化にも迅速かつ的確に対応して、センターフロートを、その圃場部分の泥土硬さに適した接地圧で接地させた状態で滑走させることができるので、その圃場の泥土硬さ、更には、作業走行中での部分的な泥土硬さの変化にかかわらず、センターフロートの作溝器による作溝深さをより確実に適正深さに維持できるようになる。

0019

従って、圃場の起伏や泥土硬さの変化にかかわらず、各整地フロートの作溝器による作溝深さを適正深さに維持することができるので、直播装置による適正深さへの播種をより精度よく行えるようになった。

0020

以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。

0021

図1には湛水直播機の全体側面が示されており、この湛水直播機は、乗用型の走行機体1と、走行機体1の後部に昇降リンク機構2を介して油圧式リフトシリンダ3の作動により昇降自在となるように連結された直播装置4によって構成されている。走行機体1の前部にはエンジン5が搭載されており、エンジン5からの動力が、ベルト式無段変速装置6やギヤ式変速装置7などを介して、前輪8、後輪9、および、直播装置4へ伝達されるようになっている。

0022

図1〜3に示すように、直播装置4は、エンジン5からの動力が入力されるフィードケース10、フィードケース10から左右に向けて延設された角パイプ状支持フレーム11、支持フレーム11から後方に向けて三列に延設されたフレーム兼用の伝動ケース12、各伝動ケース12の前下部から後下方に向けて延設された支持アーム13、各支持アーム13の延出端に横軸芯P1周りに上下揺動自在に支持された整地フロート14、種籾を貯留するホッパー15、ホッパー15から所定間隔ごとに所定量の種籾を繰り出す繰り出し機構16、左右方向に等間隔を隔てて並設された状態となるように各整地フロート14の左右に装着された作溝器17、繰り出し機構16から繰り出された種籾を作溝器17へ案内する案内ホース18、および、伝動ケース12の出力軸12aと繰り出し機構16の駆動軸16aとに亘って掛け渡された伝動機構19、などによって六条分の播種を行うように構成されており、作業時の走行に伴って、各整地フロート14が圃場の泥土表面を整地するとともに、その整地後に各作溝器17が作溝してホッパー15から繰り出された種籾を圃場内に埋没させるようになっている。

0023

図1および図4に示すように、走行機体1にはマイクロコンピュータからなる制御装置20が搭載されている。又、走行機体1に装備されたステアリングハンドル21の左下部には中立復帰型の操作レバー22が配備されている。この操作レバー22を上方へ揺動操作すると第一スイッチ23が押圧操作され、また、操作レバー22を下方へ揺動操作すると第二スイッチ24が押圧操作されるようになっている。第一スイッチ23および第二スイッチ24は、それぞれ押圧操作されるのに伴ってオン信号を制御装置20へ出力するようになっている。制御装置20は、第一スイッチ23からのオン信号が入力されると、直播装置4への伝動系に装備されたクラッチ機構25の伝動状態切り換えクラッチモータ26の作動を制御してクラッチ機構25の切り状態現出することによって、直播装置4の播種作動を停止させるとともに、その停止後に、リフトシリンダ3に対する作動油流動状態を切り換える電磁制御弁27の作動を制御してリフトシリンダ3を伸長作動させることによって、直播装置4を所定の上限位置まで上昇させるようになっている。又、直播装置4を所定の上限位置まで上昇させた状態において第二スイッチ24からのオン信号が入力されると、電磁制御弁27の作動を制御してリフトシリンダ3を短縮作動させることによって、直播装置4を所定の播種高さ位置まで下降させるようになっている。そして、直播装置4を所定の播種高さ位置まで下降させた後に再び第二スイッチ24からのオン信号が入力されると、クラッチモータ26の作動を制御してクラッチ機構27の入り状態を現出することによって、直播装置4の播種作動を再開させるようになっている。つまり、制御装置20には、操作レバー22の操作に基づいて直播装置4の播種作動ならびに昇降を制御する手動制御手段20Aが制御プログラムとして備えられている。

0024

ちなみに、操作レバー22の操作に基づく手動制御手段20Aの制御作動は、走行機体1の右側に配備された操作レバー28を「自動」位置に位置させた状態においてのみ実行されるようになっている。そして、手動制御手段20Aは、操作レバー28を「自動」位置に位置させていない状態においては、操作レバー28の操作位置に基づいて直播装置4の播種作動ならびに昇降を制御するようになっている。尚、図4における符号S1は、操作レバー28の「自動」「上昇」「中立」「下降」「入(播種作動)」「切(播種作動)」の各操作位置への操作を検出して制御装置20へ出力する回転式ポテンショメータによって構成されたレバーセンサである。

0025

図4および図5に示すように、直播装置4には、三つの整地フロート14のうちの左右中央に配置されたセンターフロート14Aの揺動端となる先端部を腰折れ式のリンク機構29を介して接地側に押し付け付勢するコイルバネ30と、播種作業時の走行に伴って横軸芯P1周りに変位するセンターフロート14Aの上下揺動角度θを検出して制御装置20へ出力する回転式のポテンショメータからなるフロートセンサS2とが装備されている。制御装置20は、フロートセンサS2からの検出値としてのセンターフロート14Aの上下揺動角度θが入力されると、その検出値に基づいて、センターフロート14Aの上下揺動角度θが予め設定された目標角度θoに復帰するように直播装置4の昇降を制御するようになっている。尚、フロートセンサS2は、センターフロート14Aが水平姿勢になると0度を検出し、センターフロート14Aが前上がり姿勢になるとプラス角を検出し、センターフロート14Aが前下がり姿勢になるとマイナス角を検出するよう設定されている。フロートセンサS2からの検出値に基づく制御装置20の制御作動について詳述すると、制御装置20は、予め設定されたセンターフロート14Aの目標角度θo(以下、単に目標角度θoと略称する)とフロートセンサS2により検出されたセンターフロート14Aの上下揺動角度θ(以下、単に検出角度θと略称する)とを比較し、その比較結果から、例えば、目標角度θoに対して検出角度θが大きい(センターフロート14Aが目標角度θoよりも前上がり方向にある)と判断した場合には、リフトシリンダ3の伸長作動により直播装置4を上昇させてセンターフロート14Aの揺動支点(横軸芯)P1を上昇変位させることによって、センターフロート14Aの上下揺動角度θを目標角度θoに復帰させるようになっている。又逆に、目標角度θoに対して検出角度θが小さい(センターフロート14Aが目標角度θoよりも前下がり方向にある)と判断した場合には、リフトシリンダ3の短縮作動により直播装置4を下降させてセンターフロート14Aの揺動支点P1を下降変位させることによって、センターフロート14Aの上下揺動角度θを目標角度θoに復帰させるようになっている。つまり、制御装置20には、フロートセンサS2からの検出値に基づいて直播装置4の昇降を制御する自動昇降制御手段20Bが制御プログラムとして備えられており、この自動昇降制御手段20Bの制御作動によって、圃場の起伏にかかわらず直播装置4を所定の対地高さに維持できるとともに、センターフロート14Aを所望の接地圧でセンターフロート14A側の泥土表面に接地させた状態で滑走させることができるようになっており、もって、センターフロート14Aに装備された作溝器17による作溝深さを適正深さに維持できるようになっている。

0026

ところで、図2図3図6および図7に示すように、三つの整地フロート14のうちの左右に配置されたサイドフロート14Bを支持する支持アーム13は、伝動ケース12に装着された第一アーム部13Aと、この第一アーム部13Aに横軸芯P2周りに上下揺動自在となるように連結された第二アーム部13Bとによって腰折れ式に構成されている。第二アーム部13Bは、その揺動支端部から上方に向けて一体揺動自在に延設された操作片13aを介して、左右に位置する伝動ケース12の後部とに亘って掛け渡されたコイルバネ31により下降付勢されている。つまり、左右の支持アーム13にて支持されたサイドフロート14Bは、センターフロート14Aに対して独立的に接地側に押し付け付勢されるとともに上下動可能となるように構成されている。

0027

この構成により、例えば、センターフロート14A側の泥土表面のみが起伏しているような圃場状態での、上述したフロートセンサS2からの検出値(センターフロート14Aの上下揺動角度θ)に基づく自動昇降制御手段20Bの制御作動によって、サイドフロート14Bがサイドフロート14B側の泥土表面から離間するようになったとしても、サイドフロート14Bは、コイルバネ31による接地側への付勢によって独立的に下降して、所望の接地圧に近い接地圧でサイドフロート14B側の泥土表面に接地した状態で滑走するようになることから、サイドフロート14Bの作溝器17による作溝深さを略適正深さに維持できるようになっている。これによって、圃場の起伏がセンターフロート14A側の泥土表面よりもサイドフロート14B側の泥土表面が比較的極端に低くなるような状態となった場合に生じるおそれのある、サイドフロート14Bが浮き気味になってサイドフロート14Bの作溝器17による作溝深さが極端に浅くなることによってサイドフロート14Bの作溝器17から播種された種籾が圃場に埋没せずに浮き上がってしまう、といった不都合を回避できるようになっている。

0028

逆に、例えば、センターフロート14A側の泥土表面のみが起伏しているような圃場状態での上述した自動昇降制御手段20Bの制御作動によって、サイドフロート14Bがサイドフロート14B側の泥土表面に沈み込むようになったとしても、サイドフロート14Bは、そのときの浮力によって独立的に上昇して、所望の接地圧に近い接地圧でサイドフロート14B側の泥土表面に接地した状態で滑走するようになることから、サイドフロート14Bの作溝器17による作溝深さを略適正深さに維持できるようになっている。

0029

つまり、以上の構成によって、圃場の起伏にかかわらず、センターフロート14Aの作溝器17による作溝深さを適正深さに維持できるとともに、各サイドフロート14Bの作溝器17による作溝深さを略適正深さに維持できるようになっており、もって、圃場の起伏にかかわらず、直播装置4による適正深さへの播種を比較的精度よく行えるようになっている。

0030

図2図4および図6に示すように、サイドフロート14Bを接地側に押し付け付勢するコイルバネ31は、その伝動ケース12側の端部が、左右に位置する伝動ケース12の後部に横軸芯P3周りに揺動自在に支持されたクランクアーム32を介して左右の伝動ケース12に連結されている。クランクアーム32は、制御装置20によって作動制御される電動シリンダ33によって横軸芯P3周りに揺動操作されるようになっている。制御装置20は、作業者が判断した圃場泥土の硬さに基づいて人為操作されるよう走行機体1に装備された回転式のポテンショメータからなる調節ダイヤル34からの出力値、もしくは、圃場泥土の硬さを検出するようセンターフロート14Aに装備された泥土硬さ検出センサS3からの検出値に基づいて、電動シリンダ33の作動を制御するとともにセンターフロート14Aの目標角度θoを補正することによって、各サイドフロート14Bとセンターフロート14Aの押し付け荷重を圃場泥土の硬さに応じた値に変更するよう構成されている。

0031

詳述すると、調節ダイヤル34は、「硬」側に操作されるほど大きい値を制御装置20へ出力するように設定されている。又、泥土硬さ検出センサS3は、検出した圃場泥土の硬さが硬いほど大きい値を制御装置20へ出力するように設定されている。制御装置20は、調節ダイヤル34からの出力値もしくは泥土硬さ検出センサS3からの検出値が大きいほど圃場泥土が硬いと判断し、その硬さに応じた押し付け荷重が得られるように、その出力値もしくは検出値に比例した操作量で、電動シリンダ33を短縮作動させるとともに、センターフロート14Aの目標角度θoを前上がり側(フロートセンサS2の検出基準値をプラス角検出方向側)に変更する補正を行うようになっている。電動シリンダ33を短縮作動させると、各サイドフロート14Bを接地側に押し付け付勢するコイルバネ31が伝動ケース12の後部側に引っ張られるようになることから、各サイドフロート14Bの押し付け荷重は電動シリンダ33の短縮作動量に応じて大きくなる。又、センターフロート14Aの目標角度θoを前上がり側に変更する補正を行うと、自動昇降制御手段20Bが、補正後の目標角度θoとフロートセンサS2にて検出されるセンターフロート14Aの上下揺動角度θとが合致するように直播装置4を下降させるようになり、これによって、センターフロート14Aを接地側に押し付け付勢するコイルバネ30が圧縮されるようになることから、センターフロート14Aの押し付け荷重はセンターフロート14Aの目標角度θoの前上がり側への補正量に応じて大きくなる。

0032

つまり、制御装置20には、調節ダイヤル34からの出力値に基づいて、その出力値が大きい(泥土硬さが硬い)ほどセンターフロート14Aと各サイドフロート14Bの押し付け荷重を大きくする手動接地荷重調節制御、もしくは、泥土硬さ検出センサS3からの検出値に基づいて、その検出値が大きい(泥土硬さが硬い)ほどセンターフロート14Aと各サイドフロート14Bの押し付け荷重を大きくする自動接地荷重調節制御、を実行する接地荷重調節手段20Cが制御プログラムとして備えられている。尚、接地荷重調節手段20Cは、走行機体1の右側に配備された操作レバー28が「入」位置に操作された状態においては手動接地荷重調節制御を実行し、又、操作レバー28が「自動」位置に操作された状態においては自動接地荷重調節制御を実行するように構成されている。

0033

この構成から、接地荷重調節手段20Cによる手動接地荷重調節制御を実行させることにより、調節ダイヤル34の人為操作によって、センターフロート14Aおよび各サイドフロート14Bの押し付け荷重を、その圃場の泥土硬さに略適応した押し付け荷重に調節することができ、センターフロート14Aおよび各サイドフロート14Bを、その圃場の泥土硬さに略適応した接地圧で接地させた状態で滑走させることができるので、圃場の泥土硬さにかかわらず、センターフロート14Aの作溝器17および各サイドフロート14Bの作溝器17による作溝深さを略適正深さに維持することができ、もって、圃場の起伏や泥土硬さにかかわらず、直播装置4による適正深さへの播種を比較的精度よく行えるようになっている。

0034

一方、接地荷重調節手段20Cによる自動接地荷重調節制御を実行させることにより、圃場の泥土硬さに応じたセンターフロート14Aおよび各サイドフロート14Bの押し付け荷重の調節を自動的に行えることから、圃場の泥土硬さに応じたセンターフロート14Aおよび各サイドフロート14Bの押し付け荷重の調節を調節ダイヤル34の人為操作で行う場合に比較して、作業者の労力を軽減できるとともに、圃場泥土硬さの判断ミスや調節ダイヤル34の誤操作などによって、センターフロート14Aおよび各サイドフロート14Bの押し付け荷重が、その圃場の泥土硬さに応じた値から掛け離れた値に調節されることを防止できるようになっている。又、作業走行中に圃場の泥土硬さに部分的な変化が生じても、作業を中断させることなく、センターフロート14Aおよび各サイドフロート14Bの押し付け荷重を、その地点での泥土硬さに適した値に迅速かつ的確に調節できるようになっている。つまり、作業走行中での部分的な泥土硬さの変化にも迅速かつ的確に対応して、センターフロート14Aおよび各サイドフロート14Bを、その圃場部分の泥土硬さに適した接地圧で接地させた状態で滑走させることができ、これによって、その圃場の泥土硬さ、更には、作業走行中での部分的な泥土硬さの変化にかかわらず、センターフロート14Aの作溝器17および各サイドフロート14Bの作溝器17による作溝深さをより確実に適正深さに維持することができるので、圃場の起伏や泥土硬さの変化にかかわらず、直播装置4による適正深さへの播種をより精度よく行えるようになっている。

0035

しかも、接地荷重調節手段20Cが、その制御作動により圃場の泥土が硬いほどセンターフロート14Aの押し付け荷重を大きくすることによって、センターフロート14Aは、圃場の泥土が硬いほど上下揺動し難くなり、又逆に、圃場の泥土が柔らかいほど上下揺動し易くなることから、圃場の泥土が硬いほど、センターフロート14Aの上下揺動角度θを検出するフロートセンサS2からの検出値に基づいて直播装置4の昇降を制御する自動昇降制御(自動昇降制御手段20Bの制御作動)の制御感度が鈍感側に補正された状態になり、又逆に、圃場の泥土が柔らかいほど自動昇降制御の制御感度が敏感側に補正された状態となる。これによって、泥土の軟らかい圃場においては、その圃場での起伏をフロートセンサS2が検出しなくなり、起伏があるにもにかかわらず直播装置4を昇降させることができないことによって、直播装置4による播種に悪影響を及ぼす、といった不都合が生じることを回避でき、又逆に、泥土の硬い圃場においては、その圃場での塊などに起因した局部的な凹凸をもフロートセンサS2が敏感に検出し、その泥塊などでも直播装置4が敏感に昇降することによって、直播装置4による播種に悪影響を及ぼす、といった不都合が生じることを回避できることから、直播装置4による適正深さへの播種をより一層精度よく行えるようになっている。

0036

尚、図3図5図8および図9に示すように、泥土硬さ検出センサS3は、センターフロート14Aの前部中央に立設されたブラケット35に固着された回転式のポテンショメータ36と、ブラケット35に横軸芯P4周りに一体揺動自在に支持された左右一対ディスク体37とを、泥土硬さに応じて変化するディスク体37の圃場への沈下量をポテンショメータ36が検出するように連係することによって構成されている。又、図4に示すように、接地荷重調節手段20Cは、自動接地荷重調節制御においては、泥土硬さ検出センサS3からの検出値に基づいて、調節ダイヤル34を操作する電動シリンダ38の作動を制御することによって、センターフロート14Aの目標角度θoを補正するように構成されている。

0037

図1〜7に示すように、各整地フロート14の左右には、直播装置4により播種された種籾に対して覆土する覆土機構39が装備されている。各覆土機構39は、各整地フロート14の左右に立設されたブラケット40にそれぞれ横軸芯P5周りに揺動自在に支持された覆土部材39Aと揺動アーム39B、揺動アーム39Bとブラケット40とに亘って掛け渡された電動シリンダ39C、および、覆土部材39Aを接地側に押し付け付勢するように覆土部材39Aと揺動アーム39Bとに係合されたつる巻きバネ39D、などによって構成されている。電動シリンダ39Cの作動は、接地荷重調節手段20Cによって制御されるように構成されている。一方、接地荷重調節手段20Cは、調節ダイヤル34からの出力値もしくは泥土硬さ検出センサS3からの検出値が大きいほど圃場泥土が硬いと判断し、その硬さに応じた押し付け荷重が得られるように、その出力値もしくは検出値に比例した操作量で電動シリンダ39Cを短縮作動させるようになっている。つまり、接地荷重調節手段20Cの制御作動によって、圃場泥土の硬さに応じた押し付け荷重で覆土部材39Aを接地させることができるようになっており、これによって、圃場泥土の硬さにかかわらず、直播装置4により播種された種籾に対して適切な覆土を行えるようになっている。

図面の簡単な説明

0038

〔別実施例〕
直播装置4としては、四条、五条、あるいは、八条以上の播種を行うように構成されたものであってもよい。
泥土硬さ検出センサS3を備えずに、調節ダイヤル34の人為操作に基づく接地荷重調節手段20Cの手動接地荷重調節制御によってのみ、各整地フロート14の押し付け荷重の調節を行えるように構成して、構成の簡素化を図るようにしてもよい。
サイドフロート14Bを接地側に押し付け付勢するコイルバネ31の付勢力を調節する操作レバーを設け、この操作レバーの操作によってのみ、サイドフロート14Bの押し付け荷重を圃場泥土の硬さに応じた値に変更できるように構成して、構成の簡素化を図るようにしてもよい。
サイドフロート14Bの押し付け荷重を調節不能に構成してもよい。
泥土硬さ検出センサS3の構成としては種々の変更が可能であり、例えば、泥土硬さ検出センサS3を、泥土表面を接地追従する接地体、整地フロート14により形成された溝跡の底面を接地追従する接地体、および、それら接地体の接地レベルの差を検出するポテンショメータ、などによって構成してもよく、又、泥土表面を接地追従する接地体、および、接地体の接地レベルの変位を検出するポテンショメータ、などによって構成してもよい。

--

0039

図1湛水直播機の全体側面図
図2直播装置の構成を示す側面図
図3直播装置の構成を示す概略平面
図4制御構成を示すブロック図
図5センターフロート部の構成を示す要部側面図
図6サイドフロート部の構成を示す要部側面図
図7サイドフロート部の構成を示す要部背面図
図8泥土硬さ検出センサの構成を示す要部側面図
図9泥土硬さ検出センサの構成を示す要部背面図

0040

1走行機体
4直播装置
14整地フロート
14Aセンターフロート
14Bサイドフロート
15ホッパー
17作溝器
20B自動昇降制御手段
20C接地荷重調節手段
S2フロートセンサ
S3泥土硬さ検出センサ
θ上下揺動角度
θo 目標角度

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社アクティオの「 植栽用穿孔具」が 公開されました。( 2020/08/31)

    【課題】根や礫などの障害物が混じった土壌などの穿孔作業に適した植栽用穿孔具を提供すること。【解決手段】回転軸10の先端近傍に設けた2枚以上の先端羽根30に第1の傾斜辺31を設けて障害物をかき分けながら... 詳細

  • みのる産業株式会社の「 穴掘り機」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】装置構成を複雑化することなく、スクリューを簡易な方法で逆回転させる穴掘り機を提供する。【解決手段】把持ハンドル21を有するハンドル部2と、ハンドル部2に対して回動可能に保持されたシャフト4と、... 詳細

  • 株式会社アクティオの「 植栽用穿孔具」が 公開されました。( 2019/12/12)

    【課題】山林土壌の緊密土壌や、礫や根などの障害物が混じった土壌などの掘削作業に適する植栽用穿孔具を提供すること。【解決手段】樹木や植物などの苗を植栽するための植穴を設けるための植栽用穿孔具であって、人... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ