図面 (/)

技術 パソコン通信連携システムおよび記録媒体

出願人 富士通株式会社
発明者 鈴木智
出願日 1997年10月9日 (23年2ヶ月経過) 出願番号 1997-277202
公開日 1998年6月26日 (22年6ヶ月経過) 公開番号 1998-171723
状態 特許登録済
技術分野 計算機間の情報転送 計算機・データ通信
主要キーワード メッセージデータファイル 自動起動設定 変換対象ファイル 専用タグ 電子掲示板情報 共通エリア 変換先データ 書き込み者
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1998年6月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

本発明は、パソコン通信上のデータと異なるネットワーク上のデータを変換するパソコン通信連携システムおよび記録媒体に関し、パソコン通信上のデータをWWWサーバ簡易登録、およびWWWサーバ上のデータをパソコン通信サーバに簡易に登録可能にすることを目的とする。

解決手段

パソコン通信上の電子掲示板メッセージファイルと、電子掲示板メッセージファイルの形式とネットワーク上のファイル形式との対応を定義する定義情報と、定義情報を参照して電子掲示板メッセージファイルと異なるネットワーク上のファイルを変換する手段とを備えるように構成する。

概要

背景

パソコン通信ステムでは、共通エリア中の電子掲示板メッセージテキストデータを各種管理テーブルに従って管理しており、端末から指示があると、管理テーブルに従って該当するメッセージデータを検索ダウンロードさせている。一方、WWWシステムで扱うHTML文書は、文字サイズ等の記述形式を示すタグ情報、及びメッセージ一覧データから一覧表示中の各メッセージデータの呼び出しを指定させるようなデータ間の関連を定義するリンク情報文書データ中に定義できるため、クライアント側で一覧表示しているHTML文書中から1メッセージデータの指示により、メッセージデータの位置が特定され、サーバから該当するメッセージデータがダウンロードされるものである。

従来、パソコン通信サーバのデータを、WWWサーバ上のデータ形式であるHTML文書にするには、パソコン通信ソフトでメッセージを端末にダウンロードし、そのテキストファイル編集してHTMLタグを付加して生成していた。また、全掲示板の一覧、掲示板内のメッセージ一覧の場合も、一覧画面を同様にダウンロードし、複数のメッセージのHTML文書に対する膨大なリンク情報も編集していた。

また、逆に、WWWサーバ上のデータを、パソコン通信システム上の電子掲示板にデータを登録するには、登録するテキストファイル(データ)を端末側に保存し、パソコン通信ソフトにて電話回線を介してパソコン通信センタに接続しアップロードを行うことで登録していた。HTML文書はテキストファイルであるが、記述内容WWWブラウザ解釈する専用タグを用いて記述されているため、そのままでは登録できない。このために、HTML文書のタグを解析し表示すべきテキスト部分のみを編集し、電子掲示板に登録するテキストファイルを作成するようにしていた。

概要

本発明は、パソコン通信上のデータと異なるネットワーク上のデータを変換するパソコン通信連携システムおよび記録媒体に関し、パソコン通信上のデータをWWWサーバに簡易に登録、およびWWWサーバ上のデータをパソコン通信サーバに簡易に登録可能にすることを目的とする。

パソコン通信上の電子掲示板メッセージファイルと、電子掲示板メッセージファイルの形式とネットワーク上のファイル形式との対応を定義する定義情報と、定義情報を参照して電子掲示板メッセージファイルと異なるネットワーク上のファイルを変換する手段とを備えるように構成する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

パソコン通信上のデータと異なるネットワーク上のデータを変換する連携システムにおいて、パソコン通信上の電子掲示板メッセージファイルと、前記電子掲示板メッセージファイルの形式と前記ネットワーク上のファイル形式との対応を定義する定義情報と、前記定義情報を参照して前記電子掲示板メッセージファイルと異なるネットワーク上のファイルを変換する手段とを備えたことを特徴とするパソコン通信連携システム。

請求項2

一覧表示されたメッセージ群から該当するメッセージを選択する構成を有する前記電子掲示板メッセージファイルと、前記変換手段は、前記電子掲示板メッセージファイルの変換を指示されると、メッセージ一覧データファイル及び各メッセージデータファイル別ネットワーク上のファイル形式に変換すると共に、メッセージ一覧データファイル中に呼び出すメッセージデータファイルの位置を示すリンク情報を設定することを特徴とする請求項1記載のパソコン通信連携システム。

請求項3

パソコン通信上の電子掲示板メッセージを格納する電子掲示板メッセージファイルと、前記メッセージファイル中のメッセージおよびメッセージに関する情報を、変換先データ言語記述中に埋め込む領域を定義したテーブルと、前記テーブル中の該当する埋め込み領域に前記電子掲示板メッセージファイルのデータを格納する変換手段とを備えたことを特徴とするパソコン通信連携システム。

請求項4

パソコン通信上の電子掲示板メッセージファイルの形式と異なるネットワーク上のファイル形式との対応を定義情報として定義する定義手段と、前記定義情報を参照して前記電子掲示板メッセージファイルと異なるネットワーク上のファイルを変換する手段として機能させるプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

技術分野

0001

本発明は、パソコン通信・WWW連携システムおよび記録媒体に関するものである。従来から、パソコン通信サービスとして、端末から通信センタホストコンピュータ共通エリアに書き込んだメッセージを他からも参照させるような電子掲示板サービスが提供されていた。また、近年、インターネット等のネットワークを利用してハイパーテキストデータクライアントからの指示に基づいてサーバから送信するWWW(world wide web)システムの利用が広がっている。WWWシステムは、クライアントからの指示に基づいてサーバで管理しているHTML(hypertext markup language)文書ダウンロードし、クライアント側で表示させるものであるが、インターネットの普及に伴い、パソコン通信センタWWWサーバ並列運用するシステムが増加しており、パソコン通信センタ上のデータをWWWサーバ上で公開登録)したり、逆にWWWサーバ上のデータをパソコン通信センタ上で公開(登録)したりする要求がある。このため、相互のデータを簡単に自動変換することが望まれている。

背景技術

0002

パソコン通信システムでは、共通エリア中の電子掲示板メッセージのテキストデータを各種管理テーブルに従って管理しており、端末から指示があると、管理テーブルに従って該当するメッセージデータを検索しダウンロードさせている。一方、WWWシステムで扱うHTML文書は、文字サイズ等の記述形式を示すタグ情報、及びメッセージ一覧データから一覧表示中の各メッセージデータの呼び出しを指定させるようなデータ間の関連を定義するリンク情報文書データ中に定義できるため、クライアント側で一覧表示しているHTML文書中から1メッセージデータの指示により、メッセージデータの位置が特定され、サーバから該当するメッセージデータがダウンロードされるものである。

0003

従来、パソコン通信サーバのデータを、WWWサーバ上のデータ形式であるHTML文書にするには、パソコン通信ソフトでメッセージを端末にダウンロードし、そのテキストファイル編集してHTMLタグを付加して生成していた。また、全掲示板の一覧、掲示板内のメッセージ一覧の場合も、一覧画面を同様にダウンロードし、複数のメッセージのHTML文書に対する膨大なリンク情報も編集していた。

0004

また、逆に、WWWサーバ上のデータを、パソコン通信システム上の電子掲示板にデータを登録するには、登録するテキストファイル(データ)を端末側に保存し、パソコン通信ソフトにて電話回線を介してパソコン通信センタに接続しアップロードを行うことで登録していた。HTML文書はテキストファイルであるが、記述内容WWWブラウザ解釈する専用タグを用いて記述されているため、そのままでは登録できない。このために、HTML文書のタグを解析し表示すべきテキスト部分のみを編集し、電子掲示板に登録するテキストファイルを作成するようにしていた。

発明が解決しようとする課題

0005

上述したように、従来は、パソコン通信サーバ上のデータをWWWサーバに登録するには、多大の時間を要し、また、HTML文書を構築する知識も必要となってしまい、データを管理するために時間と専用の知識が必要となるという問題があった。

0006

また、上述したように、従来は、WWWサーバ上のHTML文書をパソコン通信サーバ上に登録するには、登録するテキストファイルを作成する時間とHTML文書のタグを解析する専用の知識が必要となるという問題があった。

0007

本発明は、これらの問題を解決するため、パソコン通信上のデータをWWWサーバに簡易に登録、およびWWWサーバ上のデータをパソコン通信サーバに簡易に登録可能にすることを目的としている。

課題を解決するための手段

0008

図1および図2などを参照して課題を解決するための手段を説明する。図1および図2において、パソコン通信システム2は、パソコン通信を行うものであって、ここでは、パソコン通信掲示板データ群3などから構成されるものである。

0009

HTML文書5は、パソコン通信掲示板データを、本発明による変換コマンド等によりWWWシステム7上の言語に変換した文書である。WWWシステム7は、HTMLファイル8をもとにWWWを提供するものであって、ここでは、WWWのHTMLファイル8と、パソコン通信掲示板データ群3との間で相互にデータを自動変換するものである。

0010

次に、本発明の処理を説明する。処理Cは、各メッセージデータをHTML文書に変換する処理であり、パソコン通信上の電子掲示板メッセージファイル23(図4の(c))を参照してテーブル(図5の(c))中の埋め込み領域に情報を埋め込み、WWWの言語であるHTML言語などに変換するものである。

0011

また、処理Bは、各電子掲示板の一覧データをHTML文書に変換する処理であり、パソコン通信上の電子掲示板メッセージ管理ファイル22(図4の(b))を参照してテーブル(図5の(b))中の埋め込み領域に情報を埋め込み、WWWの言語であるHTML言語などに変換するようにしている。

0012

また、処理Aは、複数の電子掲示板から構成されるような全電子掲示板の一覧データをHTML文書に変換する処理であり、パソコン通信上の全電子掲示板管理ファイル21(図4の(a))を参照してテーブル(図5の(a))中の埋め込み領域に情報を埋め込み、WWWの言語であるHTML言語などに変換するようにしている。

0013

また、逆にWWWシステム上に登録されているHTML文書の指定により、WWWの言語記述中からタグ解析テーブル(図19)を参照して所定言語を検出したときに定義を取り出して出力し、所定言語以外のときはそのまま出力し、これら出力された情報をもとにパソコン通信システム上の電子掲示板データとして登録するようにしている。

0014

従って、パソコン通信上のデータをWWWサーバに簡易に登録、およびWWWサーバ上のデータをパソコン通信サーバに簡易に登録することが可能となる。

発明を実施するための最良の形態

0015

次に、図1から図26を用いて本発明の実施の形態および動作を順次詳細に説明する。ここで、図示外の記録媒体あるいは外部記憶装置であるハードディスク装置などから読み出しプログラム、またはセンタの外部記憶装置から回線を介して転送を受けたプログラムをサーバなどの主記憶装置ローディングして以下に説明する各種処理を行うようにしている。図1は、本発明のシステム構成図を示す。

0016

本願出願の機能を実現させるための変換コマンド等のプログラムは媒体で提供され、図1に示すようなパソコン通信サーバまたはWWWサーバ等の装置にインストールされ、メモリ上で動作するものである。

0017

図1において、パソコン通信サーバ1は、パソコン通信システム2を稼働させたりなどするものである。パソコン通信システム2は、パソコン通信掲示板データ群3をもとにパソコン通信サービスを提供するものである。

0018

本発明による変換コマンド4は、変換対象を指示して、指示したデータをHTML文書などに自動変換させるものである。本説明では、変換コマンドの指定で対象データの変換を行うが、変換コマンドの一定間隔での自動起動設定及び、変換されたHTML文書のWWWサーバへのファイル転送の設定により、パソコン通信サーバ上に登録された電子掲示板データを自動的にWWWサーバ上に登録することも可能である。本例では、コマンドで説明するが、サブルーチンプログラム等で提供されるものでもよい。

0019

HTML文書5は、変換コマンド4によって指示されたデータをHTML文書に自動変換した文書である。WWWサーバ6は、WWWシステム7を稼働させるものである。

0020

WWWシステム7は、クライアント端末からの指示により指定されたHTMLファイル8の送信をサーバに指示するものである。図2は、本発明の1実施例構成図を示す。これは、処理A、処理B、処理Cが自動生成するファイルを説明するものである。

0021

図2において、掲示板一覧HTMLファイル11は、全電子掲示板一覧をHTML文書にしたファイルである。メッセージ一覧HTMLファイル12は、電子掲示板内に登録されているメッセージの一覧をHTML文書にしたファイルであり、登録されている電子掲示板の数だけファイルを設けたものである。

0022

メッセージHTMLファイル13は、電子掲示板内に登録されているメッセージ自体をHTML文書にしたファイルであり、登録されているメッセージの数だけファイルを設けたものである。

0023

全掲示板一覧14は、全掲示板の一覧である。掲示板メッセージ一覧15は、掲示板内のメッセージ一覧である。掲示板メッセージ16は、掲示板内のメッセージ自体である。

0024

処理Aは、全掲示板メッセージ変換指定により、掲示板一覧HTMLファイル11、メッセージ一覧HTMLファイル12、およびメッセージHTMLファイル13を生成するものである。

0025

処理Bは、指定掲示板変換指定により、メッセージ一覧HTMLファイル12、およびメッセージHTMLファイル13を生成するものである。処理Cは、メッセージHTMLファイル13を生成するものである。

0026

図3は、本発明の変換コマンドの指定例を示す。図3において、電子掲示板IDは、変換しようとする電子掲示板IDであり、メッセージIDは、電子掲示板内で管理されているメッセージIDである。

0027

ここで、パラメタ1、2が指定されない場合は、既述した図2の処理Aを行う。パラメタ1のみが指定された場合は、処理Bを行う。パラメタ1、2が指定された場合は、処理Cを行う。パラメタ2のみが指定された場合は、指定エラーとしてエラーメッセージを出力し、処理を終了する。

0028

図4は、本発明のパソコン通信システム上の電子掲示板データのデータ構造例を示すものである。図4の(a)は、全電子掲示板管理ファイル21の例を示す。この全電子掲示板管理ファイル21は、システムに登録されている電子掲示板情報の全体を管理するファイルであって、図示の下記の情報を管理するものである。

0029

管理部は、管理部情報として、登録電子掲示板数を管理する。レコード部は、レコード部情報として、〓掲示板ID、〓電子掲示板名称、〓登録メッセージ数を管理する。

0030

図4の(b)は、電子掲示板メッセージ管理ファイル22の例を示す。この電子掲示板メッセージ管理ファイル22は、個々の電子掲示板に関する情報を管理するファイルであって、電子掲示板毎に存在する。

0031

管理部は、管理部情報として、掲示板ID、電子掲示板名称、登録メッセージ数を管理する。レコード部は、レコード部情報として、メッセージID、書込日、メッセージバイト数、書込者ID、書込者名称、アクセス回数、○10標題を管理する。

0032

図4の(c)は、電子掲示板メッセージファイル23の例を示す。この電子掲示板メッセージファイル23は、個々の電子掲示板に登録されている個々のメッセージの本体ファイルである。

0033

図5は、本発明のタグ定義テーブル例を示す。本発明では、パソコン通信上の電子掲示板データの変換を指示されると、図4に示された掲示板データに基づいて必要な項目図5に示すタグ定義テーブルの該当箇所に埋め込むことにより、HTML文書を生成するものである。

0034

図5の(a)は、電子掲示板一覧用HTMLタグ定義テーブル31の例を示す。これは、電子掲示板一覧のHTML文書を生成する際のテーブルであり、図示のように、パソコン通信上の図4中から該当するもの(図4の、の情報)を取り出し、埋め込んでHTML文書を作成するためのものである。全電子掲示板一覧ファイルから呼び出される各電子掲示板メッセージ一覧ファイルは、図7に示すような命名規約に従って作成され、ファイル名を「A HREF=」と記述されるリンク情報内に指定することによりファイル間呼び出し関係を規定するものである。

0035

図5の(b)は、電子掲示板メッセージ一覧用HTMLタグ定義テーブル32の例を示す。これは、電子掲示板メッセージ一覧のHTML文書を生成する際のテーブルであり、図示のように、パソコン通信上の図4中から該当するもの(図4の、、、、、、○10の情報)を取り出し、埋め込んでHTML文書を作成するためのものである。電子掲示板一覧ファイルから呼び出される各電子掲示板メッセージファイルは、図7に示すような命名規約に従って作成され、ファイル名を「A HREF=」と記述されるリンク情報内に指定することによりファイル間の呼び出し関係を規定するものである。

0036

図5の(c)は、電子掲示板メッセージ用HTMLタグ定義テーブル33の例を示す。これは、電子掲示板メッセージのHTML文書を生成する際のテーブルであり、図示のように、パソコン通信上の図4中から該当するもの(図4の○10、、、、○11の情報)を取り出し、埋め込んでHTML文書を作成するためのものである。

0037

以上のように、図5の(a)、(b)、(c)に示すようにタグ定義テーブルを予め登録しておくことにより、図4の(a)、(b)、(c)のファイル中から該当する情報を取り出して埋め込むことにより、HTML文書を自動作成することが可能となる。

0038

図6は、本発明の編集項目定義ファイル(タグ定義テーブル)の記述方法例を示す。編集項目定義ファイルは、電子掲示板埋め込み情報図5(a)(b))を生成する場合に参照するものであり、各タグデータデータ属性データ長等を予め環境情報として設定しておくものである。

0039

図6の(a)は、記述方法を示す。ここでは、図示の下記のように記述する。
ID=000003HE=015 WI=080 LX=1100 LY=2500
従って、データ編集時には、変数名に対して指定された形式でデータを埋め込むと共に、表示長にデータが不足している場合には空白データを詰めて埋め込むようにする。

0040

図6の(b)は、電子掲示板一覧時の編集項目定義ファイル用変数一覧を示す。ここでは、例えば図示の下記のように電子掲示板一覧時の編集項目定義ファイル用の変数名に対応づけて編集情報名を設定する。

0041

変数名編集情報名
BSID電子掲示板ID
図6の(c)は、電子掲示板メッセージ一覧時の編集項目定義ファイル用変数一覧を示す。ここでは、例えば図示の下記のように電子掲示板メッセージ一覧時の編集項目定義ファイル用の変数名に対応づけて編集情報名を設定する。

0042

変数名編集情報名
DATE書込日
図6の(d)は、電子掲示板一覧時の編集項目定義ファイル記述例を示す。ここでは、例えば図示のように記述する。

0043

図6の(e)は、電子掲示板メッセージ一覧時の編集項目定義ファイル記述例を示す。ここでは、例えば図示のように記述する。図7に、本発明で変換されたHTMLファイルの格納情報例を示す。

0044

図7の(a)は、出力HTML格納ディレクトリ定義ファイル記述例を示す。変換されたHTMLファイルを出力する場所(ディレクトリ)を指定するものであり、ここでは、例えば図示の下記のように記述する。

0045

/home/html
図7の(b)(c)(d)は、変換されたHTMLファイル名例を示すものであり、複数の電子掲示板、複数メッセージ毎のHTMLファイルを識別するため、電子掲示板ID、メッセージIDを含むファイル名となる。以上のような規約に従って設定されたファイル名を図5に示すタグ定義テーブル内の「A HREF=」で記述されるリンク情報内に設定することにより、一覧内のデータを呼び出しが可能となる。

0046

図8は、本発明の指定掲示板の指定メッセージ(1メッセージ)変換の処理の流れ図(処理C)を示す。図8において、S1は、電子掲示板IDとメッセージIDの情報を与える(入力する)。

0047

S2は、電子掲示板IDとメッセージIDを元に変換元電子掲示板メッセージファイル名組み立てる。例えば図示の下記のように組み立てる。
bbsxxxyyy.html (図7の(d)参照)
S3は、電子掲示板メッセージ用HTMLタグ定義テーブル参照する(図5の(c)参照)。

0048

S4は、電子掲示板メッセージ管理ファイル参照する(図4の(b)参照)。S5は、HTMLタグ定義テーブルを基に情報埋め込む。これは、S3で参照した例えば図5の(c)のタグ定義テーブル中に、S4の例えば図4の(b)から取り出した情報を埋め込む。

0049

S6は、電子掲示板メッセージファイル参照する(図4の(c)参照)。S7は、HTMLタグ定義テーブルを基に情報を埋め込む。これは、S3で参照した例えば図5の(c)のタグ定義テーブル中に、S6の例えば図4の(c)から取り出した情報(メッセージ本体)を埋め込む。

0050

S8は、出力HTML格納ディレクトリ定義ファイルを参照し(図7)、指定ディレクトリ下にHTMLファイルを出力する。S9は、電子掲示板メッセージHTML文書を出力する。

0051

以上の手順によって、電子掲示板メッセージ用HTMLタグ定義テーブル(図5の(c))の埋め込み領域中に、図4の電子掲示板メッセージ管理ファイル22および電子掲示板メッセージファイル23から該当する情報を取り出して埋め込み、電子掲示板上のデータを、HTML言語に自動変換することが可能となる。

0052

図9は、本発明の指定掲示板の全メッセージ一括変換の処理の流れ図(処理B)を示す。図9において、S11は、電子掲示板IDの情報を与える(入力する)。

0053

S12は、電子掲示板IDを元に変換元電子掲示板メッセージ一覧ファイル名組み立てる。例えば図示の下記のように組み立てる。
bbsxxx.html (図7の(c)参照)
S13は、電子掲示板メッセージ一覧用HTMLタグ定義テーブル参照する(図5の(b)参照)。

0054

S14は、電子掲示板メッセージ管理ファイル参照する(図4の(b)参照)。S15は、電子掲示板メッセージ一覧時の編集項目定義ファイル参照する(図6の(c))。

0055

S16は、HTMLタグ定義テーブルと編集項目定義ファイルをもとに情報を埋め込む。これは、S13の図5の(b)のタグ定義テーブル中の埋め込み領域に、編集項目定義ファイルをもとに埋め込む。S17は、出力HTML格納ディレクトリ定義ファイルを参照し(図7)、指定ディレクトリ下にHTMLファイルを出力する。

0056

S18は、電子掲示板IDとメッセージIDを処理Cのインタフェースへ渡す。S19は、処理C(既述した図8の処理)を行う。

0057

S20は、メッセージ一覧HTMLファイルを出力する。以上の手順によって、電子掲示板メッセージ一覧用HTMLタグ定義テーブル(図5の(b))の埋め込み領域中に、図4の電子掲示板メッセージ管理ファイル22から該当する情報を取り出して埋め込み、電子掲示板上のデータを、HTML言語に自動変換することが可能となる。

0058

図10は、本発明の全掲示板データの一括変換の処理の流れ図(処理A)を示す。図10において、S21は、電子掲示板一覧用HTMLタグ定義テーブル参照する(図5の(a))。

0059

S22は、全電子掲示板管理ファイル参照する(図4の(a))。S23は、電子掲示板一覧時の編集項目定義ファイル参照する(図6の(a))。

0060

S24は、HTMLタグ定義テーブルと、編集項目定義ファイルを基に情報を埋め込む。S25は、出力HTML格納ディレクトリ定義ファイルを参照し(図7)、指定ディレクトリ下にHTMLファイルを出力する。

0061

S26リンク先ファイル名組み立て、リンク情報を組み立てる。S27は、電子掲示板IDを処理Bのインタフェースに引き渡す。S28は、処理B(図9の処理B)を行う。S29は、掲示板一覧HTMLファイル出力する。

0062

以上の手順によって、電子掲示板一覧用HTMLタグ定義テーブル(図5の(a)の埋め込み領域中に、図4の電子掲示板メッセージ管理ファイル22から該当する情報を取り出して埋め込み、電子掲示板上のデータを、HTML言語に自動変換することが可能となる。

0063

図11は、本発明の具体例(その1)を示す。これは、パソ通(パソコン通信)上のデータを、HTMLのデータに自動変換するときの、変換前のパソコン通信の画面の例である。ここでは、上から順に、
・パソコン通信トップメニュー
・選択してください ?2(2を選択した旨を表す)
・2を選択した内容
などが表示されている。

0064

図12は、本発明の具体例(その2)を示す。これは、図11環境ファイルおよび変換後のHTMLファイルの内容の例を示す。図12の(a)は、環境ファイルの例を示す。

0065

出力HTML格納ディレクトリ定義ファイルの内容の例を示す。
電子掲示板一覧時の編集項目定義ファイルの内容の例を示す。
電子掲示板メッセージ一覧時の編集項目定義ファイルの内容の例を示す。

0066

図12の(b)は、変換後のHTMLファイルの内容の例を示す。
(A)電子掲示板一覧HTMLファイルの内容の例を示す。
(B) 電子掲示板メッセージ一覧HTMLファイルの内容の例を示す。

0067

図13は、本発明の具体例(その3)を示す。これは、図12の(b)変換後のHTMLファイルの内容の続きである。
(C)電子掲示板メッセージHTMLファイルの内容の例を示す。

0068

次に、図14ないし図16を用いて、既述した図12の(b)の(A)、(B)、図13の(C)の具体的な表示例を説明する。図14は、本発明の表示例(その1)を示す。これは、図12の(b)の(A)の電子掲示板一覧HTMLファイルの表示結果を示す。即ち、図12の(b)の(A)の電子掲示板一覧HTMLファイルを表示すると図示のように表示されるものである。

0069

図15は、本発明の表示例(その2)を示す。これは、図12の(b)の(B)の電子掲示板メッセージ一覧HTMLファイルの表示結果を示す。即ち、図12の(b)の(B)の電子掲示板一覧HTMLファイルを表示すると図示のように表示されるものである。図16は、本発明の表示例(その3)を示す。これは、図13の(C)の電子掲示板メッセージHTMLファイルの表示結果を示す。即ち、図13の(C)の電子掲示板メッセージHTMLファイルを表示すると図示のように表示されるものである。

0070

次に、図17ないし図22を用いて、WWWサーバ上のデータ(HTML文書)を、コマンドを起動してHTML文書のテキスト部分を解析し、パソコン通信上の電子掲示板データとして登録する場合の構成および動作を順次詳細に説明する。ここで、構成は、既述した図1のシステム構成を持ち、図4の(a)、(b)、(c)のデータ構造を持つものとする。

0071

図17は、本発明の他の変換コマンド例を示す。これは、既述した図3に対応するものである。図17において、電子掲示板IDは、電子掲示板IDである。

0072

変換元HTML文書ファイル名は、変換元のHTML文書ファイル名(パス名)である。以上のように、パラメタで変換元HTML文書ファイル名を指定し、変換後に登録する電子掲示板IDを指定することにより、指定されたHTML文書からテキスト部分を取り出し、指定された電子掲示板上に登録されることとなる。以下順次詳細に説明する。

0073

図18は、HTMLファイルの変換処理の流れを示す。HTMLファイル中には、WWWシステムでのみ有効なタグ情報が入っているため、電子掲示板上で表示できるようにデータを変換するものである。HTMLファイル中のタグ情報は、図19に示すタグ解析テーブルで定義された動作定義例に従って、削除または、タグの機能に合うように文字列に空白を挿入するなどの処理を行い、中間ファイルに出力する。出力された中間ファイルに基づき、電子掲示板の各管理ファイル、及びメッセージファイル内に登録することにより、電子掲示板データへの変換処理を行う。

0074

図18において、S31で、指定HTMLファイルをOPENする。これは、図17の変換コマンドで指定された変換元HTML文書ファイル名のファイルをOPENするものである。

0075

S32は、改行コード単位にデータを読み込む。これは、S31でOPENした変換元HTML文書ファイルから、改行コード単位にデータを読み込む。S33は、タグを検出か判別する。これは、読み込んだデータ中からタグ、例えば後述する図19のタグ解析テーブル中に登録されているタグが検出されたか判別する。YESの場合には、S34に進む。一方、NOの場合には、S36に進む。

0076

S34は、タグ解析テーブルを参照し(図19)、対応する編集処理を行ってから、表示データは中間ファイルへ、別データファイルとのリンク情報(データファイル間の関連を示す情報)であれば、リンク情報ファイルへ出力する。(S35,S36)リンク情報ファイルは、変換対象ファイルが電子掲示板一覧用HTMLファイルまたはメッセージ一覧用HTMLファイルの場合に、各掲示板または各メッセージのHTMLファイル名が格納されるものである。

0077

S37は、改行コード単位にデータを読み込む。S38は、最終データか判別する。YESの場合には、S38で中間ファイルを指定掲示板へ登録し、パソコン通信上に登録されたこととなる。一方、NOの場合には、S33に戻り繰り返す。

0078

S39では、上記処理によりタグ情報を全て解析し、対応する編集処理及びタグ情報の削除が済んだ中間ファイルが生成されているため、データファイル間の関連を示すリンク情報を参照して電子掲示板データとして登録するものである。

0079

以上によって、変換コマンドで登録先の電子掲示板ID、および変換元HTML文書ファイル名を指定することにより、S31ないしS39の手順によって、自動的にテキスト部分を取り出して電子掲示板に登録することが可能となる。中間ファイルには適当な編集処理及びHTMLタグを削除したデータが格納されるため、生成された中間ファイルを元に図4に示す電子掲示板管理ファイル、電子掲示板メッセージ管理ファイル、及び電子掲示板メッセージファイルに該当データを設定する。

0080

図19は、本発明のタグ解析テーブル例を示す。これは、変換元HTML文書から、タグを検出するためのものであって、タグ名について動作定義例を対応づけたものである。

0081

図20から図22に、指定メッセージ、指定掲示板、全掲示板についての変換処理の流れを示す。本例では、指定されたHTMLファイルが図5に示すような形式で格納されている例で説明する。

0082

図20は、本発明の指定掲示板の指定メッセージHTMLファイル(1メッセージ)変換の処理の流れ図(処理C’)を示す。1メッセージHTMLファイルが指定されると、電子掲示板メッセージ用HTMLタグ定義テーブル、及び電子掲示板メッセージ管理ファイル、電子掲示板メッセージファイルの形式を参照する(S41,S42,S43)。HTMLタグ解析時に抽出されたタイトルデータバッファの内容を電子掲示板メッセージ管理ファイル内の標題に設定する(S44)。次に、見出しデータバッファの内容を電子掲示板メッセージ管理ファイル内の書き込み日、書き込み者ID、書き込み者名称に設定する(S45)。次に、センタリング等の編集処理が施された中間ファイルの内容をメッセージファイルとして出力し(S46)、メッセージファイルの位置をメッセージ管理ファイル中の各メッセージ毎に管理させるようにして電子掲示板データを出力する(S47)。

0083

図21は、本発明の指定掲示板の全メッセージHTMLファイル一括変換の処理の流れ図(処理B’)を示す。掲示板HTMLファイルが指定されると、電子掲示板メッセージ用HTMLタグ定義テーブル、及び電子掲示板メッセージ管理ファイル、電子掲示板メッセージファイルの形式を参照する(S51,S52,S53)。HTMLタグ解析時に抽出されたタイトルデータバッファの内容を電子掲示板メッセージ管理ファイル内の電子掲示板名称に設定する(S54)。次に、見出しデータバッファの内容を電子掲示板メッセージ管理ファイル内の掲示板ID、登録メッセージ数に設定する(S55)。次に、リンク情報を参照し、リンク情報内に格納されている本掲示板に登録されている各メッセージHTMLファイル名を指定し、既に説明済の図20に示す処理C’(指定メッセージHTMLファイル変換処理)を行う(S56,S57)。リンク情報ファイル中に格納されているメッセージHTMLファイル分上記の処理を繰り返し電子掲示板データを出力する(S58)。

0084

図22は、本発明の全掲示板についてのHTMLファイル一括変換の処理の流れ図(処理A’)を示す。全掲示板HTMLファイルが指定されると、電子掲示板メッセージ用HTMLタグ定義テーブル、及び電子掲示板メッセージ管理ファイル、電子掲示板メッセージファイルの形式を参照する(S61,S62,S63)。HTMLタグ解析時に抽出されたタイトルデータバッファの内容を電子掲示板メッセージ管理ファイル内の電子掲示板名称に設定する(S64)。次に、見出しデータバッファの内容を電子掲示板メッセージ管理ファイル内の掲示板ID、登録メッセージ数に設定する(S65)。次に、リンク情報を参照し、リンク情報内に格納されている各掲示板一覧HTMLファイル名を指定し、既に説明済の図21に示す処理B’(指定掲示板HTMLファイル変換処理)を行う(S66,S67)。リンク情報ファイル中に格納されている掲示板HTMLファイル分上記の処理を繰り返し電子掲示板データを出力する(S68)。

0085

上記説明は自動変換する例で説明したが、本願によれば、タグ解析テーブルにより変換された中間ファイルの内容を元として、変換先の電子掲示板の形式に応じて適切な形式及び適切な箇所に該当データを設定することが可能である。

0086

図23は、本発明の他の表示例(その1)を示す。これは、変換前のWWWプラウザ表示例であって、HTMLからパソ通の例である。画面上には、テキストデータと、画像イメージの両者が表示されている。

0087

図24は、本発明の表示例に対応するHTML文書例を示す。このHTML文書例は、図23の表示例のものである。図25に変換された結果を出力した中間ファイルの例を示す。

0088

図26は、本発明の他の表示例(その2)を示す。これは、図21のHTML文書から変換した結果に基づく、パソコン通信画面例である。

発明の効果

0089

以上説明したように、本発明によれば、タグ定義テーブルをもとにパソコン通信上の電子掲示板メッセージファイル/電子掲示板メッセージ一覧/全電子掲示板管理ファイルを参照して当該タグ定義テーブル中の埋め込み領域に情報を埋め込みWWW上の言語に変換したり、タグ解析テーブルをもとに逆変換したりする構成を採用しているため、パソコン通信上のデータをWWWサーバに簡易に自動登録したり、WWWサーバ上のデータをパソコン通信サーバに簡易に自動登録したりすることができる。

図面の簡単な説明

0090

図1本発明のシステム構成図である。
図2本発明の1実施例構成図である。
図3本発明の変換コマンド例である。
図4本発明のパソコン通信のデータ構造例である。
図5本発明のタグ定義テーブル例である。
図6本発明のタグ定義テーブルの記述方法例である。
図7本発明の出力ファイル格納情報例である。
図8本発明の指定掲示板の指定メッセージ(1メッセージ)変換の処理の流れ図(処理C)である。
図9本発明の指定掲示板の全メッセージ一括変換の処理の流れ図(処理B)である。
図10本発明の全掲示板データの一括変換の処理の流れ図(処理A)である。
図11本発明の具体例(その1、パソ通→HTMLの例)である。
図12本発明の具体例(その2)である。
図13本発明の具体例(その3)である。
図14本発明の表示例(その1)である。
図15本発明の表示例(その2)である。
図16本発明の表示例(その3)である。
図17本発明の他の変換コマンド例である。
図18本発明のHTMLファイル変換フローである。
図19本発明のタグ解析テーブル例である。
図20本発明の指定掲示板の指定メッセージHTMLファイル(1メッセージ)変換の処理の流れ図である。
図21本発明の指定掲示板の全メッセージ一括変換の処理の流れ図である。
図22本発明の全掲示板データの一括変換の処理の流れ図である。
図23本発明の他の表示例(その1)である。
図24本発明の表示例に対応するHTML文書例(図23)である。
図25本発明の中間ファイル例である。
図26本発明の他の表示例(その2)である。

--

0091

1:パソコン通信サーバ
11:掲示板一覧HTML
12:メッセージ一覧HTMLファイル
13:メッセージHTML
2:パソコン通信システム
21:全電子掲示板管理ファイル
22:電子掲示板メッセージ管理ファイル
23:電子掲示板メッセージファイル
3:パソコン通信掲示板データ群
31:電子掲示板一覧用HTMLタグ定義テーブル
32:電子掲示板メッセージ一覧用HTMLタグ定義テーブル
33:電子掲示板メッセージ用HTMLタグ定義テーブル
4:変換コマンド
5:HTML文書
6:WWWサーバ
7:WWWシステム
8:HTMLファイル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社BSAの「 検索管理装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】ユーザが情報を検索するために必要な負荷を低減できる検索管理装置を提供する。【解決手段】検索管理装置10は、Webサーバ30にインターネットを介して接続され、クラウド上で提供されるサービスを利用... 詳細

  • 菱洋エレクトロ株式会社の「 情報共有のためのシステム、ボット、及び方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】迅速性と実効性を担保したコミュニケーション方法を提供すること。【解決手段】 システムを利用した情報共有の方法であって、 前記システムは、通信端末と、ボットとを備え、 前記通信端末は、前記... 詳細

  • 富士通株式会社の「 通信制御プログラム、通信制御方法および情報処理装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】ノード間の通信の競合を抑制する。【解決手段】複数のノードと複数の第1の中継装置と複数の第2の中継装置とを含み、複数の第1の中継装置それぞれが2以上の第2の中継装置と接続されたシステムにおいて、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ