図面 (/)

技術 パソコン用デスク

出願人 高梨産業株式会社
発明者 高梨勲
出願日 1996年11月21日 (24年5ヶ月経過) 出願番号 1996-310391
公開日 1998年6月2日 (22年11ヶ月経過) 公開番号 1998-146224
状態 未査定
技術分野 テーブル、机、サービス用ワゴン 特定目的への応用を特徴とするテーブル・机 計算機・構造
主要キーワード 置台板 ガイド摺動 中間下方 水平保持部材 硬質プラスチックス 傾斜ガイド部材 滑落防止 回り止め固定
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1998年6月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

ディスプレー置台板後下がり傾斜状態に保持でき、しかも、キーボード載置台板を不使用時にディスプレー載置台板の下方に押し込み収納することができるパソコン用デスクを提供すること。

解決手段

縦型フレーム本体1の両側枠2、2間に後下がり傾斜状態とするディスプレー載置台板5を設けるとともにこのディスプレー載置台板5の下方にキーボード載置台板9を前向き張出させたパソコン用デスクにおいて、各側枠2の中間位置にそれぞれ後下がりの傾斜ガイド部材8を取付け、この傾斜ガイド部材8にキーボード載置台板9の両端縁摺動自在に保持させるとともに、フレーム本体1の前部に前記キーボード載置台板9を前方に引き出したとき、これを下方より支持して水平状態に保持する水平保持部材14を設ける。

概要

背景

パソコン用デスクディスプレー置台板キーボード載置台板とが上下に配置されたものを普通とするが、このようなパソコン用デスクでは、ディスプレー画面を見やすいように、ディスプレー載置台板を水平状態と、若干後下がり傾斜させた状態の2態様に保持できるようにしたものが提案されている。ところが、ディスプレー載置台板を後下がり傾斜状態に保持させると、このディスプレー載置台板の後部位置下降するため、キーボード載置台板を引出し式として不使用時にディスプレー載置台板の下方に押し込み収納しておくことができず、キーボード載置台板は前方に張出した固定式となり、狭い室内空間を有効に利用することができないという問題があるものであった。

概要

ディスプレー載置台板を後下がり傾斜状態に保持でき、しかも、キーボード載置台板を不使用時にディスプレー載置台板の下方に押し込み収納することができるパソコン用デスクを提供すること。

縦型フレーム本体1の両側枠2、2間に後下がり傾斜状態とするディスプレー載置台板5を設けるとともにこのディスプレー載置台板5の下方にキーボード載置台板9を前向きに張出させたパソコン用デスクにおいて、各側枠2の中間位置にそれぞれ後下がりの傾斜ガイド部材8を取付け、この傾斜ガイド部材8にキーボード載置台板9の両端縁摺動自在に保持させるとともに、フレーム本体1の前部に前記キーボード載置台板9を前方に引き出したとき、これを下方より支持して水平状態に保持する水平保持部材14を設ける。

目的

本発明が解決しようとするところは上記のような従来の問題点を解決して、ディスプレー載置台板とキーボード載置台板とが上下に配置されているパソコン用デスクにおいて、ディスプレー載置台板を水平状態と後下がり傾斜状態の2態様に保持できるようにしてディスプレー画面を見やすいようにでき、しかも、キーボード載置台板は不使用時にディスプレー載置台板の下方に押し込み収納しておくことができる引出し式として狭い室内空間を有効に利用可能としたパソコン用デスクを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

縦型フレーム本体(1) の両側枠(2) 、(2) 間に後下がり傾斜状態とするディスプレー置台板(5) を設けるとともにこのディスプレー載置台板(5) の下方にキーボード載置台板(9) を前向き張出させたパソコン用デスクにおいて、各側枠(2) の中間位置にそれぞれ後下がりの傾斜ガイド部材(8) を取付けてこの傾斜ガイド部材(8) にキーボード載置台板(9) の両端縁摺動自在に保持させるとともに、フレーム本体(1) の前部には前記キーボード載置台板(9) を前方に引き出したとき、これを下方より支持して水平状態に保持する水平保持部材(14)を設けたことを特徴とするパソコン用デスク。

請求項2

ディスプレー載置台板(5) を、後下がり傾斜状態のほか、水平状態を保持するように切換自在としてある請求項1に記載のパソコン用デスク。

技術分野

0001

本発明はディスプレー置台板キーボード載置台板とが上下に配置されているパソコン用デスクに関するものである。

背景技術

0002

パソコン用デスクはディスプレー載置台板とキーボード載置台板とが上下に配置されたものを普通とするが、このようなパソコン用デスクでは、ディスプレー画面を見やすいように、ディスプレー載置台板を水平状態と、若干後下がり傾斜させた状態の2態様に保持できるようにしたものが提案されている。ところが、ディスプレー載置台板を後下がり傾斜状態に保持させると、このディスプレー載置台板の後部位置下降するため、キーボード載置台板を引出し式として不使用時にディスプレー載置台板の下方に押し込み収納しておくことができず、キーボード載置台板は前方に張出した固定式となり、狭い室内空間を有効に利用することができないという問題があるものであった。

発明が解決しようとする課題

0003

本発明が解決しようとするところは上記のような従来の問題点を解決して、ディスプレー載置台板とキーボード載置台板とが上下に配置されているパソコン用デスクにおいて、ディスプレー載置台板を水平状態と後下がり傾斜状態の2態様に保持できるようにしてディスプレー画面を見やすいようにでき、しかも、キーボード載置台板は不使用時にディスプレー載置台板の下方に押し込み収納しておくことができる引出し式として狭い室内空間を有効に利用可能としたパソコン用デスクを提供することにある。

課題を解決するための手段

0004

上記の課題を解決するためになされた本発明のパソコン用デスクは、縦型フレーム本体の両側枠間に後下がり傾斜状態を保持するディスプレー載置台板を設けるとともにこのディスプレー載置台板の下方にキーボード載置台板を前向きに張出させたパソコン用デスクにおいて、両側枠の中間位置にそれぞれ後下がりの傾斜ガイド部材取付けてこの傾斜ガイド部材にキーボード載置台板の両端縁摺動自在に保持させるとともに、フレーム本体の前部には前記キーボード載置台板を前方に引き出したときにこれを下方より支持して水平状態に保持する水平保持部材を設けたことを特徴とするものである。

発明を実施するための最良の形態

0005

以下、本発明の好ましい実施の形態を図面を参考にしながら詳細に説明する。図中1は脚端キャスタが取付けられているフレーム本体であって、このフレーム本体1は角パイプよりなる側枠2、2を天板3や桁材などによって相互間に所要の間隔が形成されるように連結するとともに、必要数の棚板4を張設したもので、このフレーム本体の中間部には側枠2、2間に張設されて水平状態と後下がり傾斜状態の2態様に保持できるディスプレー載置台板5が設けられている。なお、このディスプレー載置台板5を側枠2、2間において水平状態と後下がり傾斜状態の2態様に保持できるようにする機構は任意であるが、図示のものは、ディスプレー載置台板5の前端両側を側枠2、2の前支柱ピンをもって回動自在に連結するとともに、後端両側は側枠2、2の後支柱に設けた上下のピン孔6のいずれかに挿込んだねじ7をもって締付けるようにしてあり、以上の構成には格別の特徴はない。

0006

8は各側枠2の前支柱と後支柱の中間位置にそれぞれ前後端が取付けられている後下がりの傾斜ガイド部材であって、図示の傾斜ガイド部材8は平行する上8aと下杆8b間にガイド摺動空間8cを形成したものとしている。9はキーボード載置台板であって、このキーボード載置台板9の両側縁後端付近にはガイド取付用インサートナット10が埋め込まれている。11は傾斜ガイド部材8のガイド摺動空間8cに摺動自在に嵌合される硬質プラスチックス材よりなる細長いガイドであって、このガイド11はガイド部11aの裏側に抜け止め用の鍔部11bを設けるとともに表裏に連通するボルト挿通孔11cを中間よりやや後方に設けたもので、対向する両傾斜ガイド部材8の裏側よりガイド部11aをガイド摺動空間8cに嵌合させた状態としたうえ、キーボード載置台板9を対向するガイド11、11間に介在させてその両側縁を対向するガイド11、11の鍔部11b、11bの裏面に添わせ、この状態で各ガイド11のボルト挿通孔11cにカラー12を介してボルト13を挿通して先端の雄ねじ部を前記インサートナット10にねじ込むことによりガイド11はキーボード載置台板9の側縁に前記ボルト13を中心として揺動可能で且つ収納状態にあるキーボード載置台板9を引き出すとき、ガイド11が側枠2 の前支柱にあたってこれがストッパとして働くように取付け、このようにして傾斜ガイド部材8のガイド摺動空間8cにキーボード載置台板9の両端縁がガイド11を介して摺動自在に保持させてある。

0007

14はフレーム本体1の前部に設けられて前記キーボード載置台板9が前方に引き出されたときこれを下方より支持して水平状態に保持する水平保持部材であって、図示する水平保持部材14は側枠2、2の前端間に張架した横パイプ14aの両端に偏心輪14bをねじ止めしたもので、横パイプ14aを回動することにより偏心輪14bは回動して各部品組立誤差によって生じるキーボード載置台板9の傾きを修正し、キーボード載置台板9の水平度を調整できるものとしてあるが、キーボード載置台板9が前方に引き出されたときこれを下方より支持して水平状態に保持できるものであれば、このようなものに限定されることはない。

0008

なお、図中15はキーボード載置台板9の後部上面に植設されたキーボード滑落防止用のストッパ、16はキーボード載置台板9の後部下面垂設されて側枠2、2の前端間に張架した前記横パイプ14aとの組合せでキーボード載置台板9が水平のまま後方に押し込まれることを防ぐストッパ、17は横パイプ14aを回り止め固定するねじである。

0009

このように構成されたものは、使用時には側枠2、2の後支柱にそれぞれ設けられている上下のピン孔6のいずれかを選択してねじ7を挿込むことによって、縦型のフレーム本体1の両側枠2、2間の上側にあるディスプレー載置台板5を水平状態に保持させたままこれにディスプレーを載置するか、より見やすいようにこのディスプレー載置台板5を図1に示すように、後下がり傾斜状態に保持させてこれにディスプレーを載置する一方、フレーム本体1の前部よりキーボード載置台板9を前方に引き出し、傾斜ガイド部材8のガイド摺動空間8cにガイド11を介して後方が係合支持されるとともに水平保持部材14で中間下方が支持されて水平状態を保持するキーボード載置台板9にキーボードを載置して使用すればよい。

0010

しかして、不使用時にはキーボード載置台板9の前端を把持して持ち上げながらこれを後方に押し込めば、ディスプレー載置台板5が後下がり傾斜状態に保持されていても、キーボード載置台板9はこのディスプレー載置台板5の下方において各側枠2の中間位置に取付けられている後下がりの傾斜ガイド部材8のガイド摺動空間8cに両端縁をガイド11を介して摺動自在に保持されているため、この傾斜ガイド部材8とガイド11による案内下にキーボード載置台板9が後下がり傾斜状態にあるディスプレー載置台板5の直下にこれと平行するように押し込まれるので、キーボード載置台板9はフレーム本体1内に収納されることとなり、従って、狭い室内空間を有効に利用することができることとなる。

発明の効果

0011

本発明は以上の説明からも明らかなように、ディスプレー載置台板とキーボード載置台板とが上下に配置されているパソコン用デスクにおいて、ディスプレー載置台板を水平状態と後下がり傾斜状態の2態様に保持できるようにしてディスプレー画面を見やすいようにできるうえに、キーボード載置台板を不使用時にディスプレー載置台板の下方に押し込み収納しておくことができるので、狭い室内空間を有効に利用できる利点がある。従って、本発明は従来のこの種のパソコン用デスクの問題点を一掃したものとして、産業発展に寄与するところは極めて大である。

図面の簡単な説明

0012

図1本発明の好ましい実施の形態を示す斜視図である。
図2本発明の好ましい実施の形態の要部を示す一部切欠側面図である。
図3本発明の好ましい実施の形態の要部を拡大して示す一部切欠正面図である。

--

0013

1縦型のフレーム本体
2側枠
5ディスプレー載置台板
8後下がりの傾斜ガイド部材
9キーボード載置台板
14 水平保持部材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電気株式会社の「 筐体支持装置及び電子機器」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】筐体を着脱可能に支持するに際し、最小限の力での着脱操作を可能にする。【解決手段】支持装置1は、多面体状の筐体2の底面の一部に重なる底板部3aと、前記筐体2の一側面に重なる側板部3bとを有する第... 詳細

  • シャープ株式会社の「 トレイおよび電子機器」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】カードを把持可能であり、かつ小型のトレイを実現する。【解決手段】トレイ(10)は、カードを収容する収容空間の一部を規定する第1の内壁(11)と、第1の内壁と対向する第2の内壁(12)と、第2の... 詳細

  • シャープ株式会社の「 板状部材の固定構造および電子機器」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】電子機器の薄型化・軽量化、および板状部材を選定する際の自由度の向上を実現しつつ、板状部材と部品との近接または接触による部品の動作不良を防ぐ。【解決手段】少なくとも第1先端部(2a)とネジ台座部... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ