図面 (/)

技術 局交換機の登録内容変更装置

出願人 チェスコムインターナショナル株式会社
発明者 高森亨
出願日 1996年7月31日 (23年7ヶ月経過) 出願番号 1996-218040
公開日 1998年2月20日 (22年0ヶ月経過) 公開番号 1998-051543
状態 特許登録済
技術分野 交換機の特殊サービス (2) 中央制御交換方式 電話機の回路等 電話交換機一般 他装置と結合した電話通信 電話機の機能 電話通信サービス
主要キーワード データ変更用 変更用データ 所定手順 設定変更用 特定回線 特定電話機 受信電話機 電話転送サービス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1998年2月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

局交換機登録した所定事項外出先から変更する。

解決手段

受信電話回線cからの呼出信号を検出する着信検出部8と、該着信検出部8が呼出信号を検出すると前記受信電話回線cを閉結するリレー接点7と、閉結された前記受信電話回線cから入力されたPB信号識別する信号識別部9と、該信号識別部9で識別したPB信号をデータとして記憶する設定変更用メモリー12と、局交換機2に所定事項を登録できる着信電話回線bを閉結するリレー接点4と、該リレー接点4で閉結した前記着信電話回線bに前記設定変更用メモリー12に記憶させたデータをPB信号として発信するPB発信部5とからなる局交換機の登録内容変更装置

概要

背景

概要

局交換機登録した所定事項外出先から変更する。

受信電話回線cからの呼出信号を検出する着信検出部8と、該着信検出部8が呼出信号を検出すると前記受信電話回線cを閉結するリレー接点7と、閉結された前記受信電話回線cから入力されたPB信号識別する信号識別部9と、該信号識別部9で識別したPB信号をデータとして記憶する設定変更用メモリー12と、局交換機2に所定事項を登録できる着信電話回線bを閉結するリレー接点4と、該リレー接点4で閉結した前記着信電話回線bに前記設定変更用メモリー12に記憶させたデータをPB信号として発信するPB発信部5とからなる局交換機の登録内容変更装置

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

受信電話回線cからの呼出信号を検出する着信検出部8と、該着信検出部8が呼出信号を検出すると前記受信電話回線cを閉結するリレー接点7と、閉結された前記受信電話回線cから入力されたPB信号識別する信号識別部9と、該信号識別部9で識別したPB信号をデータとして記憶する設定変更用メモリー12と、局交換機2に所定事項登録できる着信電話回線bを閉結するリレー接点4と、該リレー接点4で閉結した前記着信電話回線bに前記設定変更用メモリー12に記憶させたデータをPB信号として発信するPB発信部5とからなる局交換機の登録内容変更装置

請求項2

請求項1において、前記局交換機に登録した所定事項を変更するためのガイダンスを記憶させた設定変更用ガイダンスメモリー14を備えた局交換機の登録内容変更装置。

技術分野

0001

本発明は、局交換機登録内容変更装置に関するものである。

0002

従来、電話の局交換機には、短縮ダイヤルサービスや、電話転送サービス等の付加的利用を目的としたデータを登録することができる。このデータの登録および変更は、サービス契約をしている電話回線を介して、局交換機にPB信号を送信することにより、随時可能となっている。局交換機に登録したデータは、外出先において、契約電話回線を使わずに変更できるものもあるが、変更できるデータは限られている。このような不便を解消する局交換機の登録内容変更装置も市販され公知である。この公知装置は、サービス契約をした電話回線に接続されるもので、外出先から不特定の電話機回線)を使用して契約電話回線に電話をかけると、これに自動応答して登録データ変更用PB信号の受信待ち状態となり、データ変更用PB信号が入力されるとこれをメモリーに記憶し、その後不特定回線が切断されると自動的に契約電話回線を切断した後再度これを閉結し、ついでメモリーに記憶したデータをPB信号として局交換機に送信して、登録データの変更を行うものである。

発明が解決しようとする課題

0003

前記公知の登録内容変更装置は、電話転送サービスの登録データの変更に使用できないことがある。現在行われている日本電信電話株式会社による電話転送サービスでは、外部の呼電話機から契約した着信電話機に電話が掛かると、所定回数だけ着信電話機が呼び出された後、所定の転送メッセージが局交換機から前記呼電話機に流れ、その後、予め指定した転送先電話機に電話が転送され、呼電話機と転送先電話機が接続されるようになっている。このような転送サービスを契約した電話回線では、電話が掛かると所定回数だけ着信電話機が呼び出された後、自動的に転送が行われるから、前記公知装置を契約電話回線に接続するときは、公知装置は、着信電話機への呼出が所定回数に達する前に自動応答するようにしなければならない。しかし、このようにすると、全ての電話に自動応答するから、本来の転送が行われなくなってしまう。そこで、公知装置では、契約電話回線に最初の呼出信号到来すると、所定時間だけ待機状態となり、この待機状態のときに、再度契約電話回線に呼出信号が到来したときだけ、自動応答するようにしてある。つまり、最初の呼出では、待機状態になるだけで、2回目の呼出があったときのみ自動応答するのである。このように構成される公知装置においては、2回目の呼出のときは、所定回数の呼出信号が到来する前に契約電話回線に自動応答するが、着信電話機の呼出回数がゼロに設定されている場合や、無条件で全ての電話を転送する設定になっているときは、自動応答ができないから、登録内容の変更が行えなかった。

課題を解決するための手段

0004

よって、本発明は、受信電話回線cからの呼出信号を検出する着信検出部8と、該着信検出部8が呼出信号を検出すると前記受信電話回線cを閉結するリレー接点7と、閉結された前記受信電話回線cから入力されたPB信号を識別する信号識別部9と、該信号識別部9で識別したPB信号をデータとして記憶する設定変更用メモリー12と、局交換機2に所定事項を登録できる着信電話回線bを閉結するリレー接点4と、該リレー接点4で閉結した前記着信電話回線bに前記設定変更用メモリー12に記憶させたデータをPB信号として発信するPB発信部5とからなる局交換機の登録内容変更装置としたものである。

0005

本発明の一実施例を図面により説明すると、Aは呼電話機、Bは事務所1内に設けた着信電話機、Cは同受信電話機、D、D’、D”は転送先電話機、Eは不特定電話機、2は局交換機、aは呼電話機Aの電話回線、bは着信電話機Bの電話回線、cは受信電話機Cの電話回線、d、d’、d”は転送先電話機D、D’、D”の電話回線、eは不特定電話機Eの電話回線であり、前記電話回線bは電話転送サービス等の契約をしたものであって、局交換機2に電話転送サービスを利用するために必要なデータを登録できる回線である。3は電話回線bと電話回線cとに接続した本発明による局交換機2の登録内容変更装置である。

0006

図2は、登録内容変更装置3のブロック図を示しており、4は電話回線bの閉結用リレー接点、5は電話回線bにPB信号を送出するPB発信機、6は電話回線bの保持回路、7は電話回線cを閉結するリレー接点、8は着信検出部、9は電話回線cに流れるPB信号を識別する信号識別部、10は電話回線cの保持回路、11は制御部、12は前記信号識別部9で識別されたPB信号を記憶する設定変更用メモリー、13はタイマー回路、14は設定変更用ガイダンスメモリーであり、ガイダンスメモリー14には、登録データを変更する際に局交換機2から電話回線bに流れるガイダンスと同一のガイダンスを記憶させる。15、16は回線監視回路である。

0007

次に作用を述べる。着信電話機Bの受話器オフフックして、所定手順でPB信号を送出すると、局交換機2に必要なデータを登録でき、以後、転送電話サービス等を受けられる。

0008

しかして、外出先において、局交換機2に登録した電話回線bに関する登録データを変更するときは、外出先の不特定電話機Eを用いて、受信電話機Cに電話をかける。すると、受信電話機Cの電話回線cには本発明による登録内容変更装置3が接続されているから、不特定電話機Eからの電話を着信検出部8が検出し、これにより、リレー接点7が閉じ、不特定電話機Eが登録内容変更装置3に接続される。

0009

不特定電話機Eが登録内容変更装置3に接続されると、制御部11は、設定変更用ガイダンスメモリー14に記憶させたガイダンスを不特定電話機Eに送出する。このガイダンスは、好適には、局交換機2から流れるガイダンスと同一のものであり、このガイダンスに従って、不特定電話機Eを操作して、所定のPB信号を登録内容変更装置3に送出する。送出されたPB信号は、信号識別部10で解析され、変更用データとして設定変更用メモリー12に記憶される。

0010

ガイダンスに従って、全ての操作が終了したら、不特定電話機Eを切り回線を解放する。すると、回線監視回路15がこれを検出して、リレー接点7を解放し、その後、リレー接点4を閉じて、電話回線bを閉結する。ついで、所定のPB信号を局交換機2に送出すると、局交換機2は、登録データの変更受付状態になる(例えば、短縮ダイヤルの登録変更のとき)か、若しくは、登録データを変更するためのガイダンスを電話回線bに送出する(例えば、転送電話サービスの登録データ変更のとき)。

0011

この状態になると、制御部11は、設定変更用メモリー12記憶したデータをPB発信機5により電話回線bに順次送出し、局交換機2は、登録データの変更を行う。

発明の効果

0012

以上のように、本発明は、受信電話回線cからの呼出信号を検出する着信検出部8と、該着信検出部8が呼出信号を検出すると前記受信電話回線cを閉結するリレー接点7と、閉結された前記受信電話回線cから入力されたPB信号を識別する信号識別部9と、該信号識別部9で識別したPB信号をデータとして記憶する設定変更用メモリー12と、局交換機2に所定事項を登録できる着信電話回線bを閉結するリレー接点4と、該リレー接点4で閉結した前記着信電話回線bに前記設定変更用メモリー12に記憶させたデータをPB信号として発信するPB発信部5とからなる局交換機の登録内容変更装置としたため、外部の不特定電話機Eを用いて本装置呼び出すことにより、局交換機2に登録されているデータを自由に変更することができ、装置も安価に製造できる。また、本発明は、前記装置において、前記局交換機に登録した所定事項を変更するためのガイダンスを記憶させた設定変更用ガイダンスメモリー14を備えた局交換機の登録内容変更装置としたため、ガイダンスに従って操作するだけであるから、操作も簡単である。

図面の簡単な説明

0013

図1全体の略図。
図2登録内容変更装置のブロック図。

--

0014

A…呼電話機、B…着信電話機、C…同受信電話機、D、D’、D”…転送先電話機、E…不特定電話機、a…呼電話回線、b…着信電話回線、c…受信電話回線、d、d’、d”…転送先電話回線、e…不特定電話回線、1…事務所、2…局交換機、3…登録内容変更装置、4…リレー接点、5…PB発信機、6…保持回路、7…リレー接点、8…着信検出部、9…信号識別部、10…保持回路、11…制御部、12…設定変更用メモリー、13…タイマー回路、14…設定変更用ガイダンスメモリー、15、16…回線監視回路。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 沖電気工業株式会社の「 音声自動応答装置および方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】発信者が期待する接続先への接続時間および回線保留時間を短縮することを可能とする音声自動応答装置および方法を提供する。【解決手段】発信者に対して、次に行う操作の指示を行うためのガイダンスを所定の... 詳細

  • 株式会社東芝の「 無線システムおよび無線通信方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】無線端末を通じた情報漏洩防止することができる無線システムおよび無線通信方法を提供する。【解決手段】実施形態の無線システムは、(1)複数の中継器と、(2)信号放射器と、(3)無線端末とを備えてい... 詳細

  • 沖電気工業株式会社の「 交換機およびトレース情報取得方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】交換機のトレース情報を、個人情報を秘匿化して外部の記憶媒体に記憶する。【解決手段】交換機10は、自身の交換機10の内部動作情報であるトレース情報を取得するトレース情報出力制御部(トレース情報取... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ