図面 (/)

技術 電力、ガス又は水道消費量の総合計測システム

出願人 三菱電機株式会社
発明者 伊藤弘基
出願日 1996年7月2日 (22年3ヶ月経過) 出願番号 1996-172560
公開日 1998年1月23日 (20年9ヶ月経過) 公開番号 1998-021485
状態 未査定
技術分野 流量計の細部 測定値信号、等のための伝送方式 特定目的付指示記録装置と料金計量装置 電力または電流の時間積分測定装置 電力量計器;電力、力率の測定;試験、較正 暗号化・復号化装置 暗号化・復号化装置及び秘密通信 電力、力率、電力量の測定;試験、較正 特定用途計算機
主要キーワード 気候状態 電気エネルギー消費量 大規模集合住宅 電力供給ネットワーク 単位消費量 水道機器 消費料金 オフィスビルディング
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1998年1月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

大規模集合住宅もしくはオフィスビルディング各消費者に供給している電力ガス、水道消費量の自動測定を行い、この電力、ガス、水道の消費量から電力、ガス、水道料金を自動的に計算して、各消費者に効率的に請求する。

解決手段

総合計測システムは、各消費者に電力、ガス、水道を供給するために各消費者に接続されている電力、ガス、水道配線配管)に設けられた電力、ガス、水道の消費量を測定する電力、ガス、水道センサと、測定された電力、ガス、水道の消費量に対応する信号を発生、送信させる手段と、この信号を処理し電力、ガス、水道の消費量を演算し記憶する手段と、この消費量から電力、ガス、水道料金を計算し、各消費者に請求する手段を備える。電力、ガス、水道消費量の計測電気料金の計算及び請求が、自動的に効率よく実施でき、また、消費量の読み取り時及びデータ記入時におけるミスの発生を避けることができる。

概要

背景

従来から、電気ガス又は水道の事業者は、各消費者メータから読み取った電力、ガス又は水道の消費量を各消費者に請求書発送することで、電気料金ガス料金あるいは水道料金徴収してきた。

図4は、従来の電気エネルギー消費量計測方法を示したものである。

図4において、符号(61)は事業者からの電力供給ネットワーク、(41)〜(44)は接続ケーブル、(51)はある居住地区、大規模集合住宅もしくはオフィスビル、(11)〜(14)は各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所、(31)〜(34)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)への接続ケーブル(41)〜(44)の電力の消費量を計測するための電力計測装置、(31a)と(32b)はこれらの電力計測装置(31)〜(34)に設けられた電流センサ電圧センサ、(1)〜(4)はこれらの電力計測装置(31)〜(34)より各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)の電力の消費量を計測する事業者から派遣された係員である。

次に、図4を参照してこの電力の消費量の計測方法について説明する。

事業者からの電力供給ネットワーク(61)から接続ケーブル(21)〜(24)を経て、各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)へ供給される電気エネルギーは、接続ケーブル(41)〜(44)に設けられた電力計測装置(31)〜(34)内の電流センサ(31a)と電圧センサ(32b)により、その消費積算量メーターに表示される。

この電力の消費量を計測するために事業者から派遣された係員(1)〜(4)は、各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)の電力計測装置(31)〜(34)のメーターに表示されている消費積算量を目測して記録する。

事業者は、このようにして記録された各消費者の電力の消費量から電気料金を計算して、郵送等の手段により、各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所に電気料金の請求書を送付する。

請求書を受け取った各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所は、銀行小売店等でこの電気料金を支払う。

図5は、特許出願公表番号平7−509309に掲載されたネットワークを利用した電気エネルギー消費量の計測方法を示したものである。

図5において、符号(60)は事業者からの電力供給ネットワーク、(51)はある居住地区、大規模な集合住宅もしくはオフィスビル、(11)〜(14)は各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所、(21)〜(24)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)への接続ケーブル、(31)〜(34)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)への接続ケーブルの電力の消費量を計測すると共に、測定された電力の消費量に対応する信号を発生させるための電気エネルギー変換機器、(41)と(42)はこれらの電気エネルギー変換機器(31)〜(34)に設けられた電流センサと電圧センサ、(21a)〜(24a)は測定された電力の消費量に対応する信号を送信させる送信手段、(61)は送信された電力の消費量に対応する信号を記録し電気料金を演算する演算手段(集中計算機)である。

次に、図5を参照してこの電気エネルギー消費量の計測方法について説明する。

事業者からの電力供給ネットワーク(60)より接続ケーブル(11)〜(14)を介して各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)へ供給される。

この電気エネルギーは、接続ケーブル(11)〜(14)に設けられた電気エネルギー変換機器(31)〜(34)内の電流センサ(41)と電圧センサ(42)により、その消費量が計測され、電力の消費量に対応する信号が発生される。

この電力の消費量に対応する信号は、電力の消費量に対応する信号を送信する送信手段(21a)〜(24a)から、電力の消費量に対応する信号を記録して電気料金を演算する演算手段(集中計算機)(61)に送られて記録されると共に、電気料金が計算される。

計算された電気料金は、郵送等の手段により、各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)に電気料金の請求書を送付することで、各消費者に請求される。請求書を受け取った各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所(11)〜(14)は、銀行、小売店等でこの電気料金を支払う。

概要

大規模集合住宅もしくはオフィスビルディングの各消費者に供給している電力、ガス、水道消費量の自動測定を行い、この電力、ガス、水道の消費量から電力、ガス、水道料金を自動的に計算して、各消費者に効率的に請求する。

総合計測システムは、各消費者に電力、ガス、水道を供給するために各消費者に接続されている電力、ガス、水道配線配管)に設けられた電力、ガス、水道の消費量を測定する電力、ガス、水道センサと、測定された電力、ガス、水道の消費量に対応する信号を発生、送信させる手段と、この信号を処理し電力、ガス、水道の消費量を演算し記憶する手段と、この消費量から電力、ガス、水道料金を計算し、各消費者に請求する手段を備える。電力、ガス、水道消費量の計測、電気料金の計算及び請求が、自動的に効率よく実施でき、また、消費量の読み取り時及びデータ記入時におけるミスの発生を避けることができる。

目的

この発明は以上のような問題点を解決するためになされたもので、複数の消費者の電力、ガス又は水道の消費量を計測し、且つ請求する集中管理システム、特に、大規模な集合住宅もしくはオフィスビルディングの各消費者の電力、ガス又は水道の消費量を自動計測し、このデータを正確に送信、処理して電力、ガス又は水道の消費量を演算し記憶すると共に、この電力、ガス又は水道の消費量から電力、ガス又は水道料金を計算し、各消費者に正確に請求する電力、ガス又は水道の消費量の総合計測システムを提供することを目的とする。

また、この発明の他の目的は、緊急時に各消費者の電力供給スイッチガス供給バルブあるいは水道供給バルブ遠隔操作することを可能にすると共に、電力、ガス、水道の消費量を総合的に分析して通知する等のよりきめ細かなサービス事故通知サービスに対応できる電力、ガス又は水道の消費量の総合計測システムを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
11件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の消費者電力消費量を計測し、電力料金請求書を作成する集中管理システムに接続される、各地域に設けられた地域通信ネットワークと、前記各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機と、前記各地域集中計算機が接続された広域通信ネットワークと、前記各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機と、前記地域通信ネットワークに接続されると共に、各消費者電気エネルギーを供給するために各消費者に接続されている電気配線に設けられて電力消費量を測定する電流電圧センサを有する電力計測装置と、前記計測装置に設けられた電流・電圧センサにより測定された電流・電圧信号から電力の消費量を演算する電力消費量演算手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを含む単位消費者データ形式出力信号発信して地域通信ネットワーク内に送信する送信手段とを備え、前記地域集中計算機は、前記地域通信ネットワーク内を伝送されている前記単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能を有すると共に、集計された単位消費者データ形式から各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の電力消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する伝送手段を備え、前記広域集中計算機は、各消費者の過去の電力消費量データと電力料金の支払いデータを記憶する機能と、前記広域通信ネットワーク内を伝送されている各消費者の加工消費者データ形式を該広域通信ネットワークからサンプリングし、前記広域集中計算機に記憶すると共に、各消費者の前記加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能とを有すると共に、記憶した各消費者の加工消費者データ形式から、ある期間単位電気料金を計算し、各消費者に請求する料金演算請求手段を備えることを特徴とする電力消費量の総合計測システム

請求項2

前記各地域通信ネットワークに接続された前記各電力計測装置は、同じく前記各地域通信ネットワークに接続された前記地域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを含む単位消費者データ形式を作成し発信して前記地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機は、前記地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングして、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合に、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が、誤りと判断される場合には、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記消費者の電力計測装置に指令を与えて、単位消費者データ形式を発信させ、前記地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングして、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、単位消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信して前記広域通信ネットワークに伝送する機能と、を有することを特徴とする請求項1記載の電力消費量の総合計測システム。

請求項3

前記各地域通信ネットワークに接続された前記各電力計測装置は、予め定められた時間間隔で、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機は、前記地域通信ネットワーク内を伝送された前記時間毎の単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記時間毎の単位消費者データ形式から所定の判断基準により、ある時間における単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、前記単位消費者データ形式を修正する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信して広域通信ネットワークに伝送する機能と、を有することを特徴とする請求項1記載の電力消費量の総合計測システム。

請求項4

前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機は、同じく前記各広域通信ネットワークに接続された前記広域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の電力消費量データを含む加工消費者データ形式を暗号化した後に前記広域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記広域集中計算機は、前記広域通信ネットワークに伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に前記広域集中計算機に仮記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記地域集中計算機に指令を与えて、前記消費者の加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ、前記広域通信ネットワークに伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に、ある消費者の加工消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記広域集中計算機に記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記加工消費者データ形式が誤りと判断される場合には、加工消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力消費量データを含む加工消費者データ形式を入手できる機能と、を有することを特徴とする請求項1記載の電力消費量の総合計測システム。

請求項5

前記広域集中計算機は、各消費者の時間毎の電力消費量と使用時間毎に設定された電力単価から電力料金を計算して、各消費者の電力料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者を認識できるデータとある期間における総電力料金データを含む単純請求データ形式を作成する機能と、前記単純請求データ形式の信号を発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機は、各地域の消費者の単純請求データ形式をサンプリングして、前記各消費者データを、前記各地域通信ネットワークに接続され事業者営業所に設置された前記地域集中計算機、もしくは前記地域通信ネットワークに接続されて集合住宅管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者の請求書もしくは金融機関からの引き落とし通知書発行する機能を有することを特徴とする請求項1記載の電力消費量の総合計測システム。

請求項6

前記広域集中計算機は、各消費者の時間毎の電力消費量と使用時間毎に設定された電力単価から電力料金を計算して、各消費者の電力料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者を認識できるデータと時間毎の電力消費量データと時間毎の電力料金データと過去の電力消費量データとある期間における総電力料金データを含む拡張請求データ形式を作成する機能と、前記拡張請求データ形式の信号を発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機は、各地域の消費者の拡張請求データ形式をサンプリングして、これらの各消費者データを、前記各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された前記地域集中計算機、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者に請求書を発行すると共に、時間毎の電力消費量と時間毎の電力料金と過去の電力消費量との比較情報を提供する機能を有することを特徴とする請求項1記載の電力消費量の総合計測システム。

請求項7

前記地域集中計算機は、前記広域集中計算機から前記広域通信ネットワークに伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記広域集中計算機に指令を与えて、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を作成して発信させ、前記広域通信ネットワークに伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、ある消費者の単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が誤りと判断される場合には、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力料金請求データを含む単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を得る機能と、を有することを特徴とする請求項1記載の電力消費量の総合計測システム。

請求項8

複数の消費者のガス消費量を計測し、ガス料金の請求書を作成するガス集中管理システムにおいて、各地域に設けられた地域通信ネットワークと、前記各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機と、前記各地域集中計算機が接続された広域通信ネットワークと、前記各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機と、前記地域通信ネットワークに接続されると共に、各消費者にガスを供給するために各消費者に接続されているガス配管に設けられたガスの消費量を測定するガス供給量センサを有するガス計測装置と、前記ガス計測装置に設けられた前記ガス供給量センサにより測定されたガス供給量信号からガスの消費量を演算する演算手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを含む単位消費者データ形式を作成し発信させて前記地域通信ネットワーク内に送信する送信手段とを備え、前記地域集中計算機は、前記地域通信ネットワーク内を伝送されている前記単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能を有すると共に、集計された単位消費者データ形式から各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者のガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する伝送手段を備え、前記広域集中計算機は、各消費者の過去のガス消費量データとガス料金の支払いデータを記憶する機能と、前記広域通信ネットワークに伝送されている各消費者の加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークからサンプリングし、前記広域集中計算機に記憶すると共に、前記各消費者の加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能とを有すると共に、記憶した各消費者の加工消費者データ形式から、ある期間単位のガス料金を計算し、各消費者に請求する手段を備えることを特徴とするガス消費量の総合計測システム。

請求項9

前記各地域通信ネットワークに接続された前記各ガス計測装置は、同じく各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて前記地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機は、前記地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記消費者のガス計測装置に指令を与えて、単位消費者データ形式を作成し発信させ、地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、単位消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する機能と、を有することを特徴とする請求項8記載のガス消費量の総合計測システム。

請求項10

前記各地域通信ネットワークに接続された前記各ガス計測装置は、予め定められた時間間隔で、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを含む単位消費者データ形式を作成して前記地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機は、地域通信ネットワークを伝送された前記時間毎の単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、前記時間毎の単位消費者データ形式から所定の判断基準により、ある時間における単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、前記単位消費者データ形式を修正する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて広域通信ネットワークに伝送する機能と、を有することを特徴とする請求項8記載のガス消費量の総合計測システム。

請求項11

前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機は、同じく前記各広域通信ネットワークに接続された前記広域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者のガス消費量データを含む加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ前記広域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記広域集中計算機は、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に前記広域集中計算機に仮記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記地域集中計算機に指令を与えて、前記消費者の加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に、ある消費者の加工消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記広域集中計算機に記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記加工消費者データ形式が誤りと判断される場合には、加工消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス消費量データを含む加工消費者データ形式を入手できる機能と、を有することを特徴とする請求項8記載のガス消費量の総合計測システム。

請求項12

前記広域集中計算機は、各消費者の時間毎のガス消費量と使用時間毎に設定されたガス単価からガス料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者のガス料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間における総ガス料金データを含む単純請求データ形式を作成する機能と、前記単純請求データ形式を発信させ広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機は、各地域の消費者の単純請求データ形式をサンプリングして、前記各消費者データを、各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された地域集中計算機、地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは地域通信ネットワークに接続されて各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者の請求書もしくは金融機関からの引き落とし通知書を発行する機能を有することを特徴とする請求項8記載のガス消費量の総合計測システム。

請求項13

前記広域集中計算機は、各消費者の時間毎のガス消費量と使用時間毎に設定されたガス単価からガス料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者のガス料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータと時間毎のガス消費量データと時間毎のガス料金データと過去のガス消費量データとある期間における総ガス料金データを含む拡張請求データ形式を作成する機能と、前記拡張請求データ形式を発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機は、各地域の消費者の拡張請求データ形式をサンプリングして、これらの各消費者データを、前記各地域通信ネットワークに接続されて事業者の営業所に設置された地域集中計算機、前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者に請求書を発行すると共に、時間毎のガス消費量と時間毎のガス料金と過去のガス消費量との比較情報を提供する機能を有することを特徴とする請求項8記載のガス消費量の総合計測システム。

請求項14

前記地域集中計算機は、前記広域集中計算機から発信されて前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記広域集中計算機に指令を与えて、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を発信させ、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、ある消費者の単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が誤りと判断される場合には、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス料金請求データを含む単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を得る機能と、を有することを特徴とする請求項8記載のガス消費量の総合計測システム。

請求項15

複数の消費者の水道消費量を計測し、水道料金の請求書を作成する水道集中管理システムにおいて、各地域に設けられた地域通信ネットワークと、前記各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機と、前記各地域集中計算機が接続された広域通信ネットワークと、前記各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機と、前記地域通信ネットワークに接続されると共に各消費者に水道を供給するために、各消費者に接続されている水道配管に設けられた水道の消費量を測定する水道供給量センサを有する水道計測装置と、前記水道計測装置に設けられた水道供給量センサにより測定された水道供給量信号から水道の消費量を演算する手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させ地域通信ネットワーク内に送信する送信手段とを備え、前記地域集中計算機は、地域通信ネットワークを伝送されている前記単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、前記単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能を有すると共に、集計された単位消費者データ形式から各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者のガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する手段を有し、前記広域集中計算機は、各消費者の過去の水道消費量データと水道料金の支払いデータを記憶する機能と、前記広域通信ネットワーク内を伝送されている各消費者の加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークからサンプリングし、前記広域集中計算機に記憶すると共に、各消費者の加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能とを有すると共に、記憶した各消費者の加工消費者データ形式から、ある期間単位の水道料金を計算し、各消費者に請求する手段を備えることを特徴とする水道消費量の総合計測システム。

請求項16

前記各地域通信ネットワークに接続された前記各水道計測装置は、同じく各地域通信ネットワークに接続された前記地域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて前記地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機は、前記地域通信ネットワーク内を伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記消費者の水道計測装置に指令を与えて、単位消費者データ形式を発信させ、前記地域通信ネットワーク内を伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、単位消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する機能と、を有することを特徴とする請求項15記載の水道消費量の総合計測システム。

請求項17

前記各地域通信ネットワークに接続された前記各水道計測装置は、予め定められた時間間隔で、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて前記地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機は、前記地域通信ネットワークを伝送された前記時間毎の単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記時間毎の単位消費者データ形式から所定の判断基準により、ある時間における単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、前記単位消費者データ形式を修正する機能とを有すると共に、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する手段を備えることを特徴とする請求項15記載の水道消費量の総合計測システム。

請求項18

前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機は、同じく前記各広域通信ネットワークに接続された前記広域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の水道消費量データを含む加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記広域集中計算機は、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に前記広域集中計算機に仮記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記地域集中計算機に指令を与えて、前記消費者の加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に、ある消費者の加工消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記広域集中計算機に記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記加工消費者データ形式が誤りと判断される場合には、加工消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道消費量データを含む加工消費者データ形式を入手できる機能と、を有することを特徴とする請求項15記載の水道消費量の総合計測システム。

請求項19

前記広域集中計算機は、各消費者の時間毎の水道消費量と使用時間毎に設定された水道単価から水道料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者の水道料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間における総水道料金データを含む単純請求データ形式を作成する機能と、前記単純請求データ形式を発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機は、各地域の消費者の単純請求データ形式をサンプリングして、前記各消費者データを、前記各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された地域集中計算機、前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者の請求書もしくは金融機関からの引き落とし通知書を発行する機能を有することを特徴とする請求項15記載の水道消費量の総合計測システム。

請求項20

前記広域集中計算機は、各消費者の時間毎の水道消費量と使用時間毎に設定された水道単価から水道料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者の水道料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータと時間毎の水道消費量データと時間毎の水道料金データと過去の水道消費量データとある期間における総水道料金データを含む拡張請求データ形式を作成する機能と、前記拡張請求データ形式を発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機は、各地域の消費者の拡張請求データ形式をサンプリングして、これらの各消費者データを、前記各地域通信ネットワークに接続されて事業者の営業所に設置された地域集中計算機、前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者に請求書を発行すると共に、時間毎の水道消費量と時間毎の水道料金と過去の水道消費量との比較情報を提供する機能を有することを特徴とする請求項15記載の水道消費量の総合計測システム。

請求項21

前記地域集中計算機は、前記広域集中計算機から発信され前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記広域集中計算機に指令を与えて、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を発信させ、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、ある消費者の単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が誤りと判断される場合には、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道料金請求データを含む単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を得る機能と、を有することを特徴とする請求項15記載の水道消費量の総合計測システム。

請求項22

請求項1乃至7の何れかに記載の電力消費量の総合計測システム、請求項8乃至14の何れかに記載のガス消費量の総合計測システム及び請求項15内21の何れかに記載の水道消費量の総合計測システムにおいて、各地域に設けられた前記地域通信ネットワークと、前記各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各地域集中計算機が接続された前記広域通信ネットワークと、前記各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置とを、電気、ガス、水道のうちの少なくとも2種類以上の計測を行い得るように、互いに接続することを特徴とする電力、ガス、水道消費量の総合計測システム。

請求項23

請求項1乃至7の何れかに記載の電力消費量の総合計測システム、請求項8乃至14の何れかに記載のガス消費量の総合計測システム及び請求項15内21の何れかに記載の水道消費量の総合計測システムにおいて、消費者データ及び請求書を出力する前記各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された集中端末装置、前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続された各消費者の個別端末装置を、電気、ガス、水道のうちの少なくとも2種類以上の計測を行い得るように、互いに接続することを特徴とする電力、ガス、水道消費量の総合計測システム。

請求項24

請求項1乃至7の何れかに記載の電力消費量の総合計測システム、請求項8乃至14の何れかに記載のガス消費量の総合計測システム及び請求項15内21の何れかに記載の水道消費量の総合計測システムにおいて、各地域に設けられた前記地域通信ネットワーク及び前記広域通信ネットワークに、各消費者が口座を有する各金融機関計算機データ伝送手段及び通信ネットワークで接続することで、各消費者の電力、ガス、水道料金を各消費者の口座から自動引き落としすることを特徴とする電力、ガス、水道消費量の総合計測システム。

請求項25

請求項1乃至7の何れかに記載の電力消費量の総合計測システム、請求項8乃至14の何れかに記載のガス消費量の総合計測システム及び請求項15内21の何れかに記載の水道消費量の総合計測システムにおいて、消費者の管理番号、電力、ガス、水道の消費量、請求料金等の情報が、請求書にバーコード化もしくは磁気記録され、前記請求書のバーコード記録もしくは磁気記録された情報を読み取る手段を設けることにより、電気、ガス、水道料金を事業者から委託を受けた場所において、自動徴収できるようにする共に、前記各消費者の支払いに関する情報も、前記端末からの情報送信手段により、事業者の集中計算機に記録されるようにしたことを特徴とする電力、ガス、水道消費量の総合計測システム。

請求項26

請求項1乃至7の何れかに記載の電力消費量の総合計測システム、請求項8乃至14の何れかに記載のガス消費量の総合計測システム及び請求項15内21の何れかに記載の水道消費量の総合計測システムにおいて、事業者が、前記広域集中計算機において、予めプログラムされた判断基準に従い、老人家庭の過去と現在の電力、ガス、水道の消費量等の情報を分析して、老人家庭の異常を、各消費者の知人自治体等公共の救急機関通知できるようにしたことを特徴とする電力、ガス、水道消費量の総合計測システム。

請求項27

請求項1乃至7の何れかに記載の電力消費量の総合計測システム、請求項8乃至14の何れかに記載のガス消費量の総合計測システム及び請求項15内21の何れかに記載の水道消費量の総合計測システムにおいて、事業者からの停電、ガス供給停止、断水及び、節電、節ガス、節水等のメッセージを各消費者に通知できるようにしたことを特徴とする電力、ガス、水道消費量の総合計測システム。

請求項28

請求項1乃至7の何れかに記載の電力消費量の総合計測システム、請求項8乃至14の何れかに記載のガス消費量の総合計測システム及び請求項15内21の何れかに記載の水道消費量の総合計測システムにおいて、事業者が、地震等の緊急時に電気エネルギー、ガス、水道供給を緊急停止する手段を備えることを特徴とする電力、ガス、水道消費量の総合計測システム。

技術分野

0001

この発明は、複数の消費者電力ガス又は水道の消費量を計測し、電力、ガス又は水道料金請求書を作成する集中管理システムに関し、特に、大規模集合住宅もしくはオフィスビルディング各消費者電気エネルギー、ガス又は水道を供給するために各消費者に接続されている電気配線ガス配管あるいは水道配管に設けられた電力、ガス又は水道の消費量を測定する電流電圧センサガス供給センサあるいは水道供給センサを有する電力計測装置ガス計測装置あるいは水道計測装置と、これら計測装置に設けられた電流・電圧センサ、ガス供給センサあるいは水道供給センサにより測定された電流・電圧ガス流量あるいは水道流量信号から電力、ガス又は水道の消費量を演算する手段と、各消費者を認識できるデータとその消費者の電力、ガス又は水道消費量データを作成して通信ネットワーク内に送信する手段と、計算機において、電気、ガス又は水道料金を計算し、各消費者に請求する手段と、電力、ガス又は水道消費量を総合的に分析し各消費者のスイッチ、供給バルブ等を遠隔操作する手段とを有する電力、ガス又は水道消費量の総合計測システムに関するものである。

背景技術

0002

従来から、電気、ガス又は水道の事業者は、各消費者のメータから読み取った電力、ガス又は水道の消費量を各消費者に請求書を発送することで、電気料金ガス料金あるいは水道料金を徴収してきた。

0003

図4は、従来の電気エネルギー消費量計測方法を示したものである。

0004

図4において、符号(61)は事業者からの電力供給ネットワーク、(41)〜(44)は接続ケーブル、(51)はある居住地区、大規模な集合住宅もしくはオフィスビル、(11)〜(14)は各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所、(31)〜(34)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)への接続ケーブル(41)〜(44)の電力の消費量を計測するための電力計測装置、(31a)と(32b)はこれらの電力計測装置(31)〜(34)に設けられた電流センサと電圧センサ、(1)〜(4)はこれらの電力計測装置(31)〜(34)より各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)の電力の消費量を計測する事業者から派遣された係員である。

0005

次に、図4を参照してこの電力の消費量の計測方法について説明する。

0006

事業者からの電力供給ネットワーク(61)から接続ケーブル(21)〜(24)を経て、各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)へ供給される電気エネルギーは、接続ケーブル(41)〜(44)に設けられた電力計測装置(31)〜(34)内の電流センサ(31a)と電圧センサ(32b)により、その消費積算量メーターに表示される。

0007

この電力の消費量を計測するために事業者から派遣された係員(1)〜(4)は、各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)の電力計測装置(31)〜(34)のメーターに表示されている消費積算量を目測して記録する。

0008

事業者は、このようにして記録された各消費者の電力の消費量から電気料金を計算して、郵送等の手段により、各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所に電気料金の請求書を送付する。

0009

請求書を受け取った各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所は、銀行小売店等でこの電気料金を支払う。

0010

図5は、特許出願公表番号平7−509309に掲載されたネットワークを利用した電気エネルギー消費量の計測方法を示したものである。

0011

図5において、符号(60)は事業者からの電力供給ネットワーク、(51)はある居住地区、大規模な集合住宅もしくはオフィスビル、(11)〜(14)は各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所、(21)〜(24)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)への接続ケーブル、(31)〜(34)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)への接続ケーブルの電力の消費量を計測すると共に、測定された電力の消費量に対応する信号を発生させるための電気エネルギー変換機器、(41)と(42)はこれらの電気エネルギー変換機器(31)〜(34)に設けられた電流センサと電圧センサ、(21a)〜(24a)は測定された電力の消費量に対応する信号を送信させる送信手段、(61)は送信された電力の消費量に対応する信号を記録し電気料金を演算する演算手段(集中計算機)である。

0012

次に、図5を参照してこの電気エネルギー消費量の計測方法について説明する。

0013

事業者からの電力供給ネットワーク(60)より接続ケーブル(11)〜(14)を介して各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)へ供給される。

0014

この電気エネルギーは、接続ケーブル(11)〜(14)に設けられた電気エネルギー変換機器(31)〜(34)内の電流センサ(41)と電圧センサ(42)により、その消費量が計測され、電力の消費量に対応する信号が発生される。

0015

この電力の消費量に対応する信号は、電力の消費量に対応する信号を送信する送信手段(21a)〜(24a)から、電力の消費量に対応する信号を記録して電気料金を演算する演算手段(集中計算機)(61)に送られて記録されると共に、電気料金が計算される。

0016

計算された電気料金は、郵送等の手段により、各消費者もしくは各事務所(11)〜(14)に電気料金の請求書を送付することで、各消費者に請求される。請求書を受け取った各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所(11)〜(14)は、銀行、小売店等でこの電気料金を支払う。

発明が解決しようとする課題

0017

図4に示した上記電力の消費量の計測方法では、例えば、各住区毎の所定の係員が、1〜2カ月毎に1度等の所定の周期で、目測により電気エネルギー消費量を計測するわけであるが、読み取り時及びデータ記入時におけるミスの発生が避けられず、そのミスの発生する確率に基づいて、事業者は、消費量の再計測と、料金計算修正と、消費者への再請求の追加事務の必要に迫られる。

0018

また、1〜2カ月毎に1度の消費量の計測では、1日の消費量の変動、各消費者の長期不在もしくは転出入による変動に伴うきめ細かな配電サービスや、事故通知サービスに対応できないばかりではなく、計測不能時において行われる前年及び前月消費量からの推定による料金計算の誤差を大きくする問題点がある。

0019

係員による計測には、特に、超高層集合住宅の階段登り降り等の物理的な移動を伴うため、時間がかかることが避けられず、気候状態と綿密に連動して変動する各住区毎の総ての消費量データを同じ期間で集計することを不可能にしている。

0020

ガス及び水道の消費量の計測方法と請求書の発行も、これと同様の手段において行われていて、同様の問題点が存在する。

0021

また、図5に示した従来の方法では、各住区毎の所定の係員の読み取り時及びデータ記入時におけるミスの発生が回避できるが、信号を発生もしくは送信させる手段に発生するノイズにより、測定された電力の消費量に対応する信号が変更される場合がある。

0022

また、大量データ送受信ができないため、個別の電気機器の電気配線に設けられた電力の消費量の測定や、個別の電気機器の遠隔操作や、電力消費量を総合的に分析する等に対応したよりきめ細かな配電サービスや、事故通知サービスに対応できないという問題点がある。

0023

この発明は以上のような問題点を解決するためになされたもので、複数の消費者の電力、ガス又は水道の消費量を計測し、且つ請求する集中管理システム、特に、大規模な集合住宅もしくはオフィスビルディングの各消費者の電力、ガス又は水道の消費量を自動計測し、このデータを正確に送信、処理して電力、ガス又は水道の消費量を演算し記憶すると共に、この電力、ガス又は水道の消費量から電力、ガス又は水道料金を計算し、各消費者に正確に請求する電力、ガス又は水道の消費量の総合計測システムを提供することを目的とする。

0024

また、この発明の他の目的は、緊急時に各消費者の電力供給スイッチガス供給バルブあるいは水道供給バルブを遠隔操作することを可能にすると共に、電力、ガス、水道の消費量を総合的に分析して通知する等のよりきめ細かなサービスや事故通知サービスに対応できる電力、ガス又は水道の消費量の総合計測システムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0025

請求項1の発明に係る電力消費量の総合計測システムは、複数の消費者の電力消費量を計測し、電力料金の請求書を作成する集中管理システムに接続される、各地域に設けられた地域通信ネットワークと、前記各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機と、前記各地域集中計算機が接続された広域通信ネットワークと、前記各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機と、前記地域通信ネットワークに接続されると共に、各消費者に電気エネルギーを供給するために各消費者に接続されている電気配線に設けられて電力の消費量を測定する電流・電圧センサを有する電力計測装置と、前記計測装置に設けられた電流・電圧センサにより測定された電流・電圧信号から電力の消費量を演算する電力消費量演算手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを含む単位消費者データ形式出力信号発信して地域通信ネットワーク内に送信する送信手段とを備え、前記地域集中計算機が、前記地域通信ネットワーク内を伝送されている前記単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能を有すると共に、集計された単位消費者データ形式から各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の電力消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する伝送手段を備え、前記広域集中計算機が、各消費者の過去の電力消費量データと電力料金の支払いデータを記憶する機能と、前記広域通信ネットワーク内を伝送されている各消費者の加工消費者データ形式を該広域通信ネットワークからサンプリングし、前記広域集中計算機に記憶すると共に、各消費者の前記加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能とを有すると共に、記憶した各消費者の加工消費者データ形式から、ある期間単位の電気料金を計算し、各消費者に請求する料金演算請求手段を備えるものである。

0026

請求項2の発明に係る電力消費量の総合計測システムは、前記各地域通信ネットワークに接続された前記各電力計測装置が、同じく前記各地域通信ネットワークに接続された前記地域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを含む単位消費者データ形式を作成し発信して前記地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機が、前記地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングして、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合に、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が、誤りと判断される場合には、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記消費者の電力計測装置に指令を与えて、単位消費者データ形式を発信させ、前記地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングして、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、単位消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信して前記広域通信ネットワークに伝送する機能と、を有するものである。

0027

請求項3の発明に係る電力消費量の総合計測システムは、前記各地域通信ネットワークに接続された前記各電力計測装置が、予め定められた時間間隔で、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機が、前記地域通信ネットワーク内を伝送された前記時間毎の単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記時間毎の単位消費者データ形式から所定の判断基準により、ある時間における単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、前記単位消費者データ形式を修正する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信して広域通信ネットワークに伝送する機能と、を有するものである。

0028

請求項4の発明に係る電力消費量の総合計測システムは、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機が、同じく前記各広域通信ネットワークに接続された前記広域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の電力消費量データを含む加工消費者データ形式を暗号化した後に前記広域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記広域集中計算機が、前記広域通信ネットワークに伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に前記広域集中計算機に仮記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記地域集中計算機に指令を与えて、前記消費者の加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ、前記広域通信ネットワークに伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に、ある消費者の加工消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記広域集中計算機に記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記加工消費者データ形式が誤りと判断される場合には、加工消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力消費量データを含む加工消費者データ形式を入手できる機能と、を有するものである。

0029

請求項5の発明に係る電力消費量の総合計測システムは、前記広域集中計算機が、各消費者の時間毎の電力消費量と使用時間毎に設定された電力単価から電力料金を計算して、各消費者の電力料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者を認識できるデータとある期間における総電力料金データを含む単純請求データ形式を作成する機能と、前記単純請求データ形式の信号を発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機が、各地域の消費者の単純請求データ形式をサンプリングして、前記各消費者データを、前記各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された前記地域集中計算機、もしくは前記地域通信ネットワークに接続されて集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者の請求書もしくは金融機関からの引き落とし通知書を発行する機能を有するものである。

0030

請求項6の発明に係る電力消費量の総合計測システムは、前記広域集中計算機が、各消費者の時間毎の電力消費量と使用時間毎に設定された電力単価から電力料金を計算して、各消費者の電力料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者を認識できるデータと時間毎の電力消費量データと時間毎の電力料金データと過去の電力消費量データとある期間における総電力料金データを含む拡張請求データ形式を作成する機能と、前記拡張請求データ形式の信号を発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機が、各地域の消費者の拡張請求データ形式をサンプリングして、これらの各消費者データを、前記各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された前記地域集中計算機、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者に請求書を発行すると共に、時間毎の電力消費量と時間毎の電力料金と過去の電力消費量との比較情報を提供する機能を有するものせある。請求項7の発明に係る電力消費量の総合計測システムは、前記地域集中計算機が、前記広域集中計算機から前記広域通信ネットワークに伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記広域集中計算機に指令を与えて、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を作成して発信させ、前記広域通信ネットワークに伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、ある消費者の単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が誤りと判断される場合には、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力料金請求データを含む単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を得る機能と、を有するものである。

0031

請求項8の発明に係るガス消費量の総合計測システムは、複数の消費者のガス消費量を計測し、ガス料金の請求書を作成するガス集中管理システムにおいて、各地域に設けられた地域通信ネットワークと、前記各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機と、前記各地域集中計算機が接続された広域通信ネットワークと、前記各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機と、前記地域通信ネットワークに接続されると共に、各消費者にガスを供給するために各消費者に接続されているガス配管に設けられたガスの消費量を測定するガス供給量センサを有するガス計測装置と、前記ガス計測装置に設けられた前記ガス供給量センサにより測定されたガス供給量信号からガスの消費量を演算する演算手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを含む単位消費者データ形式を作成し発信させて前記地域通信ネットワーク内に送信する送信手段とを備え、前記地域集中計算機が、前記地域通信ネットワーク内を伝送されている前記単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能を有すると共に、集計された単位消費者データ形式から各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者のガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する伝送手段を備え、前記広域集中計算機が、各消費者の過去のガス消費量データとガス料金の支払いデータを記憶する機能と、前記広域通信ネットワークに伝送されている各消費者の加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークからサンプリングし、前記広域集中計算機に記憶すると共に、前記各消費者の加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能とを有すると共に、記憶した各消費者の加工消費者データ形式から、ある期間単位のガス料金を計算し、各消費者に請求する手段を備えるものである。

0032

請求項9の発明に係るガス消費量の総合計測システムは、前記各地域通信ネットワークに接続された前記各ガス計測装置が、同じく各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて前記地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機が、前記地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記消費者のガス計測装置に指令を与えて、単位消費者データ形式を作成し発信させ、地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、単位消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する機能と、を有するものである。

0033

請求項10の発明に係るガス消費量の総合計測システムは、前記各地域通信ネットワークに接続された前記各ガス計測装置が、予め定められた時間間隔で、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを含む単位消費者データ形式を作成して前記地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機が、地域通信ネットワークを伝送された前記時間毎の単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、前記時間毎の単位消費者データ形式から所定の判断基準により、ある時間における単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、前記単位消費者データ形式を修正する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて広域通信ネットワークに伝送する機能と、を有するものである。

0034

請求項11の発明に係るガス消費量の総合計測システムは、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機が、同じく前記各広域通信ネットワークに接続された前記広域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者のガス消費量データを含む加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ前記広域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記広域集中計算機が、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に前記広域集中計算機に仮記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記地域集中計算機に指令を与えて、前記消費者の加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に、ある消費者の加工消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記広域集中計算機に記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記加工消費者データ形式が誤りと判断される場合には、加工消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス消費量データを含む加工消費者データ形式を入手できる機能と、を有するものである。

0035

請求項12の発明に係るガス消費量の総合計測システムは、前記広域集中計算機が、各消費者の時間毎のガス消費量と使用時間毎に設定されたガス単価からガス料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者のガス料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間における総ガス料金データを含む単純請求データ形式を作成する機能と、前記単純請求データ形式を発信させ広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機が、各地域の消費者の単純請求データ形式をサンプリングして、前記各消費者データを、各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された地域集中計算機、地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは地域通信ネットワークに接続されて各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者の請求書もしくは金融機関からの引き落とし通知書を発行する機能を有するものである。請求項13の発明に係るガス消費量の総合計測システムは、前記広域集中計算機が、各消費者の時間毎のガス消費量と使用時間毎に設定されたガス単価からガス料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者のガス料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータと時間毎のガス消費量データと時間毎のガス料金データと過去のガス消費量データとある期間における総ガス料金データを含む拡張請求データ形式を作成する機能と、前記拡張請求データ形式を発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機が、各地域の消費者の拡張請求データ形式をサンプリングして、これらの各消費者データを、前記各地域通信ネットワークに接続されて事業者の営業所に設置された地域集中計算機、前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者に請求書を発行すると共に、時間毎のガス消費量と時間毎のガス料金と過去のガス消費量との比較情報を提供する機能を有するものである。

0036

請求項14の発明に係るガス消費量の総合計測システムは、前記地域集中計算機が、前記広域集中計算機から発信されて前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記広域集中計算機に指令を与えて、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を発信させ、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、ある消費者の単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が誤りと判断される場合には、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス料金請求データを含む単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を得る機能と、を有するものである。

0037

請求項15の発明に係る水道消費量の総合計測システムは、複数の消費者の水道消費量を計測し、水道料金の請求書を作成する水道集中管理システムにおいて、各地域に設けられた地域通信ネットワークと、前記各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機と、前記各地域集中計算機が接続された広域通信ネットワークと、前記各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機と、前記地域通信ネットワークに接続されると共に各消費者に水道を供給するために、各消費者に接続されている水道配管に設けられた水道の消費量を測定する水道供給量センサを有する水道計測装置と、前記水道計測装置に設けられた水道供給量センサにより測定された水道供給量信号から水道の消費量を演算する手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させ地域通信ネットワーク内に送信する送信手段とを備え、前記地域集中計算機が、地域通信ネットワークを伝送されている前記単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、前記単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能を有すると共に、集計された単位消費者データ形式から各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者のガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する手段を有し、前記広域集中計算機が、各消費者の過去の水道消費量データと水道料金の支払いデータを記憶する機能と、前記広域通信ネットワーク内を伝送されている各消費者の加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークからサンプリングし、前記広域集中計算機に記憶すると共に、各消費者の加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能とを有すると共に、記憶した各消費者の加工消費者データ形式から、ある期間単位の水道料金を計算し、各消費者に請求する手段を備えるものである。

0038

請求項16の発明に係る水道消費量の総合計測システムは、前記各地域通信ネットワークに接続された前記各水道計測装置が、同じく各地域通信ネットワークに接続された前記地域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて前記地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機が、前記地域通信ネットワーク内を伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記消費者の水道計測装置に指令を与えて、単位消費者データ形式を発信させ、前記地域通信ネットワーク内を伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、単位消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する機能と、を有するものである。

0039

請求項17の発明に係る水道消費量の総合計測システムは、前記各地域通信ネットワークに接続された前記各水道計測装置が、予め定められた時間間隔で、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて前記地域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記地域集中計算機が、前記地域通信ネットワークを伝送された前記時間毎の単位消費者データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を前記地域通信ネットワークから削除する機能と、前記時間毎の単位消費者データ形式から所定の判断基準により、ある時間における単位消費者データ形式が誤りと判断される場合には、前記単位消費者データ形式を修正する機能とを有すると共に、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて前記広域通信ネットワークに伝送する手段を備えるものである。

0040

請求項18の発明に係る水道消費量の総合計測システムは、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機が、同じく前記各広域通信ネットワークに接続された前記広域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の水道消費量データを含む加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能を有し、前記広域集中計算機が、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に前記広域集中計算機に仮記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記地域集中計算機に指令を与えて、前記消費者の加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に、ある消費者の加工消費者データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記広域集中計算機に記憶すると共に、該加工消費者データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記加工消費者データ形式が誤りと判断される場合には、加工消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道消費量データを含む加工消費者データ形式を入手できる機能と、を有するものである。

0041

請求項19の発明に係る水道消費量の総合計測システムは、前記広域集中計算機が、各消費者の時間毎の水道消費量と使用時間毎に設定された水道単価から水道料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者の水道料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間における総水道料金データを含む単純請求データ形式を作成する機能と、前記単純請求データ形式を発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機が、各地域の消費者の単純請求データ形式をサンプリングして、前記各消費者データを、前記各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された地域集中計算機、前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者の請求書もしくは金融機関からの引き落とし通知書を発行する機能を有するものである。

0042

請求項20の発明に係る水道消費量の総合計測システムは、前記広域集中計算機が、各消費者の時間毎の水道消費量と使用時間毎に設定された水道単価から水道料金を計算するプログラムを有すると共に、各消費者の水道料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータと時間毎の水道消費量データと時間毎の水道料金データと過去の水道消費量データとある期間における総水道料金データを含む拡張請求データ形式を作成する機能と、前記拡張請求データ形式を発信させて前記広域通信ネットワーク内に送信する機能とを有し、前記各広域通信ネットワークに接続された前記各地域集中計算機が、各地域の消費者の拡張請求データ形式をサンプリングして、これらの各消費者データを、前記各地域通信ネットワークに接続されて事業者の営業所に設置された地域集中計算機、前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者に請求書を発行すると共に、時間毎の水道消費量と時間毎の水道料金と過去の水道消費量との比較情報を提供する機能を有するものである。

0043

請求項21の発明に係る水道消費量の総合計測システムは、前記地域集中計算機が、前記広域集中計算機から発信され前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、前記地域集中計算機に仮記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、前記広域集中計算機に指令を与えて、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を発信させ、前記広域通信ネットワーク内を伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、ある消費者の単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が所定の判断基準により正しいと判断される場合には、前記地域集中計算機に記憶すると共に、該単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を前記広域通信ネットワークから削除する機能と、前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が誤りと判断される場合には、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道料金請求データを含む単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を得る機能と、を有するものである。

0044

請求項22の発明に係る電力、ガス又は水道消費量の総合計測システムは、各地域に設けられた前記地域通信ネットワークと、前記各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各地域集中計算機が接続された前記広域通信ネットワークと、前記各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置とを、電気、ガス、水道のうちの少なくとも2種類以上の計測を行い得るように、互いに接続するようにしたものである。

0045

請求項23の発明に係る電力、ガス又は水道消費量の総合計測システムは、消費者データ及び請求書を出力する前記各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された集中端末装置、前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続された各消費者の個別端末装置を、電気、ガス、水道のうちの少なくとも2種類以上の計測を行い得るように、互いに接続するようにしたものである。

0046

請求項24の発明に係る電力、ガス又は水道消費量の総合計測システムは、各地域に設けられた前記地域通信ネットワーク及び前記広域通信ネットワークに、各消費者が口座を有する各金融機関の計算機をデータ伝送手段及び通信ネットワークで接続することで、各消費者の電力、ガス、水道料金を各消費者の口座から自動引き落としするようにしたものである。

0047

請求項25の発明に係る電力、ガス又は水道消費量の総合計測システムは、消費者の管理番号、電力、ガス、水道の消費量、請求料金等の情報が、請求書にバーコード化もしくは磁気記録され、前記請求書のバーコード記録もしくは磁気記録された情報を読み取る手段を設けることにより、電気、ガス、水道料金を事業者から委託を受けた場所において、自動徴収できるようにする共に、前記各消費者の支払いに関する情報も、前記端末からの情報送信手段により、事業者の集中計算機に記録されるようにしたものである。

0048

請求項26の発明に係る電力、ガス又は水道消費量の総合計測システムは、事業者が、前記広域集中計算機において、予めプログラムされた判断基準に従い、老人家庭の過去と現在の電力、ガス、水道の消費量等の情報を分析して、老人家庭の異常を、各消費者の知人自治体等公共の救急機関に通知できるようにしたものである。

0049

請求項27の発明に係る電力、ガス又は水道消費量の総合計測システムは、事業者からの停電、ガス供給停止、断水及び、節電、節ガス、節水等のメッセージを各消費者に通知できるようにしたものである。

0050

請求項28の発明に係る電力、ガス又は水道消費量の総合計測システムは、事業者が、地震等の緊急時に電気エネルギー、ガス、水道供給を緊急停止する手段を備えるものである。

発明を実施するための最良の形態

0051

以下、この発明の実施の形態を添付図面により説明する。

0052

実施の形態1.図1は、この発明の実施の形態1による電力の消費量の総合計測システムを示す概略ブロック図である。

0053

図1において、符号(60)は事業者からの広域電力供給ネットワーク、(61)は広域電力供給ネットワーク(60)から分岐した地域電力供給ネットワーク、(51)〜(55)はある居住地区、大規模な集合住宅もしくはオフィスビル、(11)〜(18)はある居住地区、大規模な集合住宅内の各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所、(71e)〜(75e)は各地域(51)〜(55)に設けられた地域通信ネットワーク、(71a)〜(75a)はこの各地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)に設けられたデータ伝送装置、(91)〜(95)はこの各地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)に接続された地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)に伝送されている消費者データをサンプリングして記憶する機能と、消費者データを地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)から削除する機能と、集計された消費者データから各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の電力消費量データとを作成して広域通信ネットワークに伝送する伝送手段を有する地域集中計算機、(70e)はこの各地域集中計算機(91)〜(95)が接続された広域通信ネットワーク、(70a)はこの各広域通信ネットワーク(70e)に設けられたデータ伝送装置と、(90)はこの各広域通信ネットワーク(70e)に接続された各消費者の過去の電力消費量データと電力料金の支払いデータとを記憶する機能と、広域通信ネットワーク(70e)に伝送されている各消費者の消費者データを広域通信ネットワーク(70e)からサンプリングして記憶する機能と、各消費者の消費者データを広域通信ネットワーク(70e)から削除する機能と、記憶した各消費者の消費者データから、ある期間単位の電気料金を計算し、各消費者に請求する料金演算請求手段を有する広域集中計算機、(41)〜(48)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(18)への接続ケーブル、(31e)〜(38e)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(18)へ電気エネルギーを供給するための接続ケーブル(41)〜(48)の電力消費量を計測する電流センサ(31a)〜(38a)及び電圧センサ(31b)〜(38b)を有すると共に、測定された電流・電圧信号から電力の消費量を演算する電力消費量演算手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを作成して地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)内に送信するデータ作成送信手段(31c)〜(38c)とを有する電力計測装置、(21)〜(28)は各居住区に位置する事業者の営業所、大規模な集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置され、事業者から供給を受けた所定の用紙に各消費者の電気料金の請求書を出力すると共に電力消費量の情報を提供する手段(個別の端末装置)である。

0054

次に、この電力消費量の計測システムの動作について説明する。

0055

電気エネルギーは、事業者からの広域電力供給ネットワーク(60)より、その広域電力供給ネットワーク(60)から分岐した地域電力供給ネットワーク(61)及びその接続ケーブル(41)〜(48)を介して、ある地域の居住地区、大規模な集合住宅(51)〜(55)内の各消費者もしくはオフィスビル(51)〜(55)内の各事務所(11)〜(18)へ供給される。

0056

また、ピラミッド型データ通信ネットワークは、事業者からの広域通信ネットワーク(70e)及び広域通信ネットワーク(70e)から分岐した各地域(51)〜(55)に設けられた地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)で構成され、それぞれの通信ネットワーク内のデータは、各地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)に設けられたデータ伝送装置(71a)〜(75a)と広域通信ネットワーク(70e)に設けられたデータ伝送装置(70a)とにより伝送される。

0057

この電気エネルギーは、各消費者もしくは各事務所(11)〜(18)へ電気エネルギーを供給するための接続ケーブル(41)〜(48)の電力消費量を計測する電流センサ(31a)〜(38a)及び電圧センサ(31b)〜(38b)を有する電力計測装置(31e)〜(38e)により計測され、それぞれの地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)に接続された各電力計測装置(31e)〜(38e)において、測定された電流・電圧信号から電力の消費量を演算する手段と各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを発信して地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)内に送信する手段(31c)〜(38c)により、電力の消費量の演算と電力消費量データの発信が行われる。

0058

各消費者(11)〜(18)の電力消費量データは、各地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)に接続されて該地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)を伝送されている消費者データをサンプリングして記憶する機能と、消費者データを地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)から削除する機能を有する地域集中計算機(91)〜(95)により記憶され、また、地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)を伝送されている消費者データが削除される。

0059

これらの集計された消費者データは、地域集中計算機(91)〜(95)において、更に各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の電力消費量データとが作成され、この消費量データが広域通信ネットワーク(70e)に伝送される。

0060

広域通信ネットワーク(70e)に伝送された消費量データは、各消費者の過去の電力消費量データと電力料金の支払いデータを記憶する機能と、広域通信ネットワーク(70e)を伝送されている各消費者の消費者データを該広域通信ネットワーク(70e)からサンプリングして記憶する機能と、広域通信ネットワーク(70e)に接続されて各消費者の消費者データを該広域通信ネットワーク(70e)から削除する機能を有する広域集中計算機(90)により記憶され、また、広域通信ネットワーク(70e)を伝送されている消費者データが削除される。

0061

これら集計された消費者データは、広域集中計算機(90)において、記憶した各消費者の消費者データからある期間単位の電気料金を計算し、このデータが広域通信ネットワーク(70e)及び地域通信ネットワーク(71e)〜(75e)を介して各居住区に位置する事業者の営業所、大規模な集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置され、事業者から供給を受けた所定の用紙に各消費者の電気料金の請求書を出力すると共に電力消費量の情報を提供する手段(個別の端末装置)(21)〜(28)に送信されて、電気料金の請求書や金融機関からの引き落とし通知書が発行されたり、電力消費量の情報が提供される。

0062

実施の形態2.図2は、この発明の実施の形態2によるガスの消費量の総合計測システムを示す概略ブロック図である。

0063

図2において、符号(60)は事業者からの広域ガス供給ネットワーク、(61)は広域ガス供給ネットワーク(60)から分岐した地域ガス供給ネットワーク、(51)〜(55)はある居住地区、大規模な集合住宅もしくはオフィスビル、(11)〜(18)はある居住地区、大規模な集合住宅内の各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所、(71g)〜(75g)は各地域(51)〜(55)に設けられた地域通信ネットワーク、(71a)〜(75a)は各地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)に設けられたデータ伝送装置、(91)〜(95)はこの各地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)に接続された地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)を伝送されている消費者データをサンプリングして記憶する機能と、消費者データを地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)から削除する機能と、集計された消費者データから各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者のガス消費量データとを作成して発信させて広域通信ネットワークに伝送する手段を有する地域集中計算機、(70g)は各地域集中計算機(91)〜(95)が接続された広域通信ネットワーク、(70a)は各広域通信ネットワーク(70g)に設けられたデータ伝送装置と、(90)は各広域通信ネットワーク(70g)に接続された各消費者の過去のガス消費量データとガス料金の支払いデータを記憶する機能と、広域通信ネットワーク(70g)中を伝送されている各消費者の消費者データを広域通信ネットワーク(70g)からサンプリングして記憶する機能と、各消費者の消費者データを広域通信ネットワーク(70g)から削除する機能と、記憶した各消費者の消費者データからある期間単位のガス料金を計算して、各消費者に請求する手段を有する広域集中計算機、(41)〜(48)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(18)への接続配管、(31g)〜(38g)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(18)へガスエネルギーを供給するための接続配管(41)〜(48)のガス消費量を計測する電流センサ(31a)〜(38a)及び電圧センサ(31b)〜(38b)を有すると共に、測定された電流・電圧信号からガスの消費量を演算する手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを作成して発信させて地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)内に送信する手段(31c)〜(38c)とを有するガス計測装置、(21)〜(28)は各居住区に位置する事業者の営業所、大規模な集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置され、事業者から供給を受けた所定の用紙に各消費者のガス料金の請求書を出力すると共にガス消費量の情報を提供する手段(個別の端末装置)である。

0064

次に、このガス消費量の計測システムの動作について説明する。

0065

ガスは、事業者からの広域ガス供給ネットワーク(60)より、該広域ガス供給ネットワーク(60)から分岐した地域ガス供給ネットワーク(61)及びその接続配管(41)〜(48)を介して、ある地域の居住地区、大規模な集合住宅(51)〜(55)内の各消費者もしくはオフィスビル(51)〜(55)内の各事務所(11)〜(18)へ供給される。

0066

また、ピラミッド型のデータ通信ネットワークは、事業者からの広域通信ネットワーク(70g)と該広域通信ネットワーク(70g)から分岐して各地域(51)〜(55)に設けられた地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)とで構成され、それぞれの通信ネットワーク内のデータは、各地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)に設けられたデータ伝送装置(71a)〜(75a)と広域通信ネットワーク(70g)に設けられたデータ伝送装置(70a)により伝送される。

0067

ガスは、各消費者もしくは各事務所(11)〜(18)へガスを供給するための接続配管(41)〜(48)のガス消費量を計測する電流センサ(31a)〜(38a)及び電圧センサ(31b)〜(38b)を有するガス計測装置(31g)〜(38g)により計測され、それぞれの地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)に接続された各ガス計測装置(31g)〜(38g)において、測定された電流・電圧信号からガスの消費量を演算する手段と各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを作成して発信させて地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)内に送信する手段(31c)〜(38c)とにより、ガスの消費量の演算とガス消費量データの発信が行われる。

0068

各消費者(11)〜(18)のガス消費量データは、各地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)に接続されて該地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)内を伝送されている消費者データをサンプリングして記憶する機能と、消費者データを地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)から削除する機能を有する地域集中計算機(91)〜(95)により記憶され、また、地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)内を伝送されている消費者データが削除される。

0069

これら集計された消費者データから、地域集中計算機(91)〜(95)において、更に各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者のガス消費量データとが作成され、この消費量データが広域通信ネットワーク(70g)に伝送される。

0070

広域通信ネットワーク(70g)に伝送された消費量データは、各消費者の過去のガス消費量データとガス料金の支払いデータを記憶する機能と、広域通信ネットワーク(70g)内を伝送されている各消費者の消費者データを広域通信ネットワーク(70g)からサンプリングして記憶する機能と、各消費者の消費者データを広域通信ネットワーク(70g)から削除する機能とを有する広域通信ネットワーク(70g)に接続された広域集中計算機(90)より記憶され、また、広域通信ネットワーク(70g)内を伝送されている消費者データが削除される。

0071

これら集計された消費者データから、広域集中計算機(90)において、記憶した各消費者の消費者データを基にしてある期間単位のガス料金を計算し、このデータが、広域通信ネットワーク(70g)及び地域通信ネットワーク(71g)〜(75g)を介して各居住区に位置する事業者の営業所、大規模な集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置され、事業者から供給を受けた所定の用紙に各消費者のガス料金の請求書を出力すると共にガス消費量の情報を提供する手段(個別の端末装置)(21)〜(28)へ送信されて、ガス料金の請求書や金融機関からの引き落とし通知書が発行されたり、ガス消費量の情報が提供される。

0072

実施の形態3.図3は、この発明の実施の形態3による水道の消費量の総合計測システムを示す概略ブロック図である。

0073

図3において、符号(60)は事業者からの広域水道供給ネットワーク、(61)は広域水道供給ネットワーク(60)から分岐した地域水道供給ネットワーク、(51)〜(55)はある居住地区、大規模な集合住宅もしくはオフィスビル、(11)〜(18)はある居住地区、大規模な集合住宅内の各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所、(71w)〜(75w)は各地域(51)〜(55)に設けられた地域通信ネットワーク、(71a)〜(75a)は各地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)に設けられたデータ伝送装置、(91)〜(95)は各地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)に接続された地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)内を伝送されている消費者データをサンプリングして記憶する機能と、消費者データを地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)から削除する機能と、集計された消費者データから各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の水道消費量データとを作成して発信させて広域通信ネットワークに伝送する手段とを有する地域集中計算機、(70w)は各地域集中計算機(91)〜(95)が接続された広域通信ネットワーク、(70a)は各広域通信ネットワーク(70w)に設けられたデータ伝送装置、(90)は各広域通信ネットワーク(70w)に接続された各消費者の過去の水道消費量データと水道料金の支払いデータとを記憶する機能と、広域通信ネットワーク(70w)内を伝送されている各消費者の消費者データを広域通信ネットワーク(70w)からサンプリングして記憶する機能と、各消費者の消費者データを広域通信ネットワーク(70w)から削除する機能と、記憶した各消費者の消費者データからある期間単位の水道料金を計算し、各消費者に請求する手段を有する広域集中計算機、(41)〜(48)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(18)への接続配管、(31w)〜(38w)は各消費者もしくは各事務所(11)〜(18)へ水道エネルギーを供給するための接続配管(41)〜(48)の水道消費量を計測する電流センサ(31a)〜(38a)及び電圧センサ(31b)〜(38b)を有すると共に、測定された電流・電圧信号から水道の消費量を演算する手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを発信させて地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)内に送信する手段(31c)〜(38c)とを有する水道計測装置、(21)〜(28)は各居住区に位置する事業者の営業所、大規模な集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置され、事業者から供給を受けた所定の用紙に各消費者の水道料金の請求書を出力すると共に水道消費量の情報を提供する手段(個別の端末装置)である。

0074

次に、この水道消費量の計測システムの動作について説明する。

0075

水道は、事業者からの広域水道供給ネットワーク(60)より、該広域水道供給ネットワーク(60)から分岐した地域水道供給ネットワーク(61)及びその接続配管(41)〜(48)を介して、ある地域の居住地区、大規模な集合住宅(51)〜(55)内の各消費者もしくはオフィスビル(51)〜(55)内の各事務所(11)〜(18)へ供給される。

0076

また、ピラミッド型のデータ通信ネットワークは、事業者からの広域通信ネットワーク(70w)と該広域通信ネットワーク(70w)から分岐した各地域(51)〜(55)に設けられた地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)とで構成され、それぞれの通信ネットワーク内のデータは、各地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)に設けられたデータ伝送装置(71a)〜(75a)と広域通信ネットワーク(70w)に設けられたデータ伝送装置(70a)により伝送される。

0077

水道は、各消費者もしくは各事務所(11)〜(18)へ水道を供給するための接続配管(41)〜(48)の水道消費量を計測する電流センサ(31a)〜(38a)及び電圧センサ(31b)〜(38b)を有する水道計測装置(31w)〜(38w)により計測され、それぞれの地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)に接続された各水道計測装置(31w)〜(38w)において、測定された電流・電圧信号から水道の消費量を演算する手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを発信させ地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)内に送信する手段(31c)〜(38c)とにより、水道の消費量の演算と水道消費量データの発信が行われる。

0078

各消費者(11)〜(18)の水道消費量データは、各地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)に接続されて該地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)内を伝送されている消費者データをサンプリングして記憶する機能と、消費者データを地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)から削除する機能とを有する地域集中計算機(91)〜(95)により記憶され、また、地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)内を伝送されている消費者データが削除される。

0079

これら集計された消費者データから、地域集中計算機(91)〜(95)において、更に各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の水道消費量データが作成され、この消費量データが広域通信ネットワーク(70w)に伝送される。

0080

広域通信ネットワーク(70w)に伝送された消費量データは、各消費者の過去の水道消費量データと水道料金の支払いデータとを記憶する機能と、広域通信ネットワーク(70w)内を伝送されている各消費者の消費者データを広域通信ネットワーク(70w)からサンプリングして記憶する機能と、各消費者の消費者データを広域通信ネットワーク(70w)から削除する機能とを有して該広域通信ネットワーク(70w)に接続された広域集中計算機(90)より記憶され、また、広域通信ネットワーク(70w)内を伝送されている消費者データが削除される。

0081

これら集計された消費者データから、広域集中計算機(90)において、記憶した各消費者の消費者データに基づいてある期間単位の水道料金を計算し、このデータが広域通信ネットワーク(70w)及び地域通信ネットワーク(71w)〜(75w)を介して各居住区に位置する事業者の営業所、大規模な集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置され、事業者から供給を受けた所定の用紙に各消費者の水道料金の請求書を出力すると共に水道消費量の情報を提供する手段(個別の端末装置)(21)〜(28)へ送信されて、水道料金の請求書や金融機関からの引き落とし通知書が発行されたり、水道消費量の情報が提供される。

0082

このような電力、ガス又は水道の消費量の計測システムは、電力、ガス又は水道の消費量が自動計測され、次に、電力、ガス又は水道料金がプログラムに従って自動的に計算された後に、消費者名もしくは事務所名、電力、ガス又は水道の消費量及び電力、ガス又は水道料金等の情報を送信する手段により各消費者に自動的に送られるので、電力、ガス又は水道料金の計測集計及び計算が、効率よく実施できるだけでなく、各居住区に位置する事業者の営業所、大規模な集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに送信する手段と、各居住区に位置する事業者の営業所、大規模な集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された各消費者もしくは事務所の電力、ガス又は水道料金の請求書を出力する端末装置を利用して、迅速に請求書を発行することを可能にしている。

0083

このようにすることで、請求書の送付費用を削減することも可能となる。

0084

また、電力、ガス又は水道の消費量が逐一計測され、送信させるため、各消費者もしくは事務所の1日の消費量の変動データ等のより詳しい情報を測定することも可能となる。

0085

さらに、電力計測装置内の電流センサと電圧センサとして、光変流器及び光計測変圧器を用いて各消費者の電流及び電圧を計測すると共に、信号を送信する手段として光ケーブルを用いて信号を送信するようにすると、計測手段及び信号を送信する手段に発生する電磁ノイズにより、測定された電力の消費量に対応する信号が変更される事故を減少させることができる。

0086

また、光ファイバーケーブルを使用することで、より大量データの送受信が可能となるため、よりきめ細かな配電サービスが可能となる。

0087

さらに、このシステムを利用することで、事業者もしくは自治体等が、老人家庭の過去と現在の電力、ガス、水道の消費量等の情報を総合的な分析をすることにより、例えば、6〜12時間程度の電力、ガス、水道の消費量がまったく変動しない場合は、老人家庭に異常が発生したとして、この老人家庭の異常の情報を、予め決められた各消費者の知人や公共の救急機関に通知するサービスを行うことが可能となる。

0088

さらに、電気料金の請求書を出力する端末装置を利用して、出力する所定の請求書に、消費者の管理番号、電力、ガス又は水道の消費量、請求料金等の情報が、バーコード化もしくは磁気記録するようにすることが可能となり、この請求書のバーコード化もしくは磁気記録された情報を読み取る手段を、銀行、小売店、営業所等に設けることで、電力、ガス、水道料金を自動支払することが可能となる。

0089

また、事業者、集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターが、電話もしくは計算機を利用して、遠隔操作により、地震等の緊急時にヒーター火災発生漏水等の原因となる電力、ガス、水道機器への電力、ガス、水道供給をスイッチもしくはバルブオフすることで緊急停止することが可能となる。

0090

実施の形態4.図6は、電力、ガス、水道消費量の計測システムの下位の通信ネットワークにおいて、各消費者のデータ集計動作の一例を示したものである。図6において、まず、地域集中計算機は、各消費者の電力、ガス又は水道計測装置に消費者名データと時間tにおける消費量から構成される単位消費者データ形式の信号の発信を指令する。

0091

次に、各消費者の電力、ガス又は水道計測装置は、単位消費者データ形式の信号を地域通信ネットワークに送信する。

0092

その後、地域集中計算機は、単位消費者データ形式を地域通信ネットワークからサンプリングする。

0093

次いで、地域集中計算機は、単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する。

0094

そして、地域集中計算機は、過去の単位消費者データ形式及び使用量動向と比較して今回のデータが正しいと判断した場合には、この単位消費者データ形式を記憶する。

0095

一方、今回のデータが疑わしいと判断した場合には、この単位消費者データ形式を仮記憶して、再度、計測装置に単位消費者データ形式の発信を指令し、このデータをサンプリングして、過去の単位消費者データ形式及び使用量動向や仮記憶した単位消費者データ形式と比較して今回のデータが正しいと判断した場合には、この単位消費者データ形式を記憶する。

0096

次に、地域集中計算機は、各消費者の複数の単位消費者データ形式から、消費者名データと一日単位及び一ケ月単位の消費量変化とから構成される加工消費者データ形式を作成する。

0097

実施の形態5.図7は、電力、ガス又は水道消費量の計測システムの下位の通信ネットワークにおいて、各消費者のデータ集計の動作の別の例を示したものである。

0098

図7において、まず、地域集中計算機は、各消費者の電力、ガス又は水道計測装置に、ある時間間隔で消費者名データと時間tにおける消費量から構成される単位消費者データ形式の連続発信を指令する。

0099

次に、各消費者の電力、ガス又は水道計測装置は、指令された時間間隔で単位消費者データ形式を地域通信ネットワークに送信する。

0100

そして、地域集中計算機は、単位消費者データ形式を地域通信ネットワークからサンプリングする。

0101

次いで、地域集中計算機は、各消費者の複数の単位消費者データ形式から、消費者名データと一日単位及び一ケ月単位消費量変化とから構成される加工消費者データ形式を作成するが、この時、過去の使用量動向と比較して疑わしいデータは、連続したデータの単純平均操作等を行うことで補正する。

0102

実施の形態6.図8は、電力、ガス又は水道消費量の計測システムの上位の通信ネットワークにおいて、各消費者のデータ集計の動作の一例を示したものである。

0103

図8において、まず、広域集中計算機は、各地域集中計算機に加工消費者データ形式の発信を指令する。

0104

次に、各地域集中計算機は、加工消費者データ形式を広域通信ネットワークに送信する。

0105

続いて、広域集中計算機は、加工消費者データ形式を広域通信ネットワークからサンプリングする。

0106

次いで、広域集中計算機は、加工消費者データ形式を広域通信ネットワークから削除する。

0107

そして、広域集中計算機は、過去の加工消費者データ形式及び使用量動向と比較して、今回のデータが正しいと判断した場合には、この加工消費者データ形式を記憶する。

0108

一方、今回のデータが疑わしいと判断した場合には、この加工消費者データ形式を仮記憶して、再度、地域集中計算機に加工消費者データ形式の発信を指令し、このデータをサンプリングして、過去の加工消費者データ形式及び使用量動向や仮記憶した加工消費者データ形式と比較して、今回のデータが正しいと判断した場合には、この加工消費者データ形式を記憶する。

0109

次に、加工集中計算機は、時間毎に設定された料金体系からなる料金計算プログラムにより各消費者の電力、ガス又は水道料金を演算して、複数の消費者名データと一ケ月単位の消費量変化と請求料金とから構成される請求データ形式を作成する。

0110

実施の形態7.図9は、電力、ガス又は水道消費量の計測システムにおいて、各消費者の請求書作成の動作の一例を示したものである。

0111

図9において、まず、地域集中計算機は、広域集中計算機に、消費者名データと請求料金から構成される単純請求データ形式もしくは消費者名データと一ケ月単位の消費量変化と消費料金とから構成される拡張請求データ形式の発信を指令する。

0112

次に、広域集中計算機は、請求データ形式を広域通信ネットワークに送信する。

0113

そして、地域集中計算機は、請求データ形式を広域通信ネットワークからサンプリングする。

0114

次いで、地域集中計算機は、請求データ形式を広域通信ネットワークから削除する。

0115

その後、地域集中計算機は、過去の請求データ形式及び使用量動向と比較して今回のデータが正しいと判断した場合には、この請求データ形式を記憶する。

0116

一方、今回のデータが疑わしいと判断した場合には、この請求データ形式を仮記憶して、再度、地域集中計算機に請求データ形式の発信を指令し、このデータをサンプリングして、過去の請求データ形式及び使用量動向や仮記憶した請求データ形式と比較して、今回のデータが正しいと判断した場合には、この請求データ形式を記憶する。

0117

次に、地域集中計算機は、各消費者の複数の請求データ形式を各端末装置に送信して、請求書や金融機関からの引き落とし通知書を出力させる。

0118

実施の形態8.図10は、電力、ガス又は水道消費量の計測システムにおいて、老人等の登録者健康状態監視する動作の一例を示したものである。

0119

図10において、まず、地域集中計算機は、各登録者の電力、ガス又は水道計測装置に、ある時間間隔で消費者名データと時間tにおける消費量とから構成される単位消費者データ形式の連続発信を指令する。

0120

次に、各登録者の電力、ガス又は水道計測装置は、ある時間間隔で単位消費者データ形式を地域通信ネットワークに送信する。

0121

その後、地域集中計算機は、単位消費者データ形式を地域通信ネットワークからサンプリングする。

0122

次いで、地域集中計算機は、単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する。

0123

そして、地域集中計算機は、各消費者の複数の単位消費者データ形式から、消費者名データとある所定時間単位の消費量変化とから構成される消費者データ形式を作成する。

0124

次に、地域集中計算機は、この消費者データ形式を広域集中計算機に送信する。

0125

次いで、広域集中計算機は、ある所定時間単位の消費者データ形式から、ある所定時間の消費量が変化しないときや過去の消費者データ形式と大きく異なる場合に、老人等の登録者の健康状態が異常と判断して、登録者の知人や地方自治体通報する。

0126

実施の形態9.図11は、電力、ガス又は水道の消費量の計測システムにおいて、各消費者へメッセージを送信する動作の一例を示したものである。

0127

図11において、まず、広域集中計算機は、各消費者へメッセージを作成する指令を出す。次に、各広域集中計算機は、各消費者へメッセージを、広域通信ネットワークを介して地域集中計算機に送信する。それから、地域集中計算機は、各消費者へメッセージを、地域通信ネットワークを介して消費者の端末装置から出力する。

0128

実施の形態10.図12は、電力、ガス又は水道の消費量の計測システムにおいて、各消費者への供給を遠隔操作にて停止する動作の一例を示したものである。

0129

図12において、まず、広域集中計算機は、各消費者への供給を停止するために、各消費者への供給スイッチやバルブをオフする指令を出す。次に、各広域集中計算機は、各消費者への供給スイッチやバルブをオフする指令を広域通信ネットワークを介して地域集中計算機に送信する。それから、地域集中計算機は、各消費者への供給スイッチやバルブをオフする指令を、地域通信ネットワークを介して消費者の端末装置から出力したり、スイッチやバルブをオフして供給を停止する。

0130

上記実施の形態においては、電力、ガス、水道の消費量の総合計測システムについてそれぞれ別個に説明してきたが、電気、ガス、水道のうちの少なくとも2種類以上の消費量の計測を行うため、これらの総合計測システムにおいて、各地域に設けられた前記地域通信ネットワークと、前記各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、前記各地域集中計算機が接続された前記広域通信ネットワークと、前記各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置とを互いに接続するようにしてもよい。

0131

また、消費者データ及び請求書を出力する前記各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された集中端末装置、前記地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは前記地域通信ネットワークに接続された各消費者の個別端末装置を、電気、ガス、水道のうちの少なくとも2種類以上の計測を行い得るように、互いに接続するようにしてもよい。

0132

以上のようにこの発明による電力、ガス又は水道の消費量の総合計測システムによれば、ネットワークを構築して、これを利用することにより、複数の消費者、特に、大規模な集合住宅もしくはオフィスビルディングの各消費者の電力、ガス又は水道消費量を自動計測し、この情報を送信、処理して電力の消費量を演算し記憶すると共に、この電力、ガス又は水道の消費量から使用料金を計算し、各消費者に請求するようにしたので、迅速で正確な料金徴収が可能となる。

発明の効果

0133

請求項1記載の電力の消費量の総合計測システムによれば、各地域に設けられた地域通信ネットワークと、この各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、この各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機と、この各地域集中計算機が接続された広域通信ネットワークと、この各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、この各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機と、この地域通信ネットワークに接続されると共に各消費者に電気エネルギーを供給するために各消費者に接続されている電気配線に設けられた電力の消費量を測定する電流・電圧センサを有する電力計測装置と、この電力計測装置に設けられた電流・電圧センサにより測定された電流・電圧信号から電力の消費量を演算する電力消費量演算手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させ地域通信ネットワーク内に送信する送信手段とを備え、前記地域集中計算機において、地域通信ネットワークを伝送されている前記単位消費者データ形式をサンプリングし、この地域集中計算機に記憶すると共に、該単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、集計された単位消費者データ形式から各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の電力消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させ広域通信ネットワークに伝送する手段と、前記広域集中計算機において、各消費者の過去の電力消費量データと電力料金の支払いデータを記憶する機能と、広域通信ネットワークを伝送されている各消費者の加工消費者データ形式を広域通信ネットワークからサンプリングし、この広域集中計算機に記憶すると共に、各消費者の加工消費者データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、記憶した各消費者の加工消費者データ形式から、ある期間単位の電気料金を計算し、各消費者に請求する手段とを備えたデータ計測を行うピラミッド型通信ネットワークを構築したので、電力消費量の計測、電気料金の計算及び請求が自動的に効率よく実施でき、従来のように1〜2カ月毎に1度の消費量の計測だけでなく、1日の消費量の変動を測定することも可能となる。

0134

請求項2記載の電力の消費量の総合計測システムによれば、各地域通信ネットワークに接続された各電力計測装置が、同じく各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させ地域通信ネットワーク内に送信すると共に、この地域集中計算機において、地域通信ネットワークを伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が、この消費者の過去の電力消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この単位消費者データ形式が、誤りと判断される場合に、この地域集中計算機に仮記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、再度、この消費者の電力計測装置に指令を与えて、単位消費者データ形式を発信させ、地域通信ネットワーク内を伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が、仮記憶させた単位消費者データ形式との比較、もしくは、この消費者の過去の電力消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この単位消費者データ形式が誤りと判断される場合に、単位消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて広域通信ネットワークに伝送する手段を備えるので、データ計測時のミスの発生を避けることができる。

0135

請求項3記載の電力の消費量の総合計測システムによれば、各地域通信ネットワークに接続された各電力計測装置が、予め定められた時間間隔で、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて地域通信ネットワーク内に送信すると共に、この地域集中計算機において、地域通信ネットワークを伝送された前記時間毎の単位消費者データ形式をサンプリングし、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、この時間毎の単位消費者データ形式から所定の判断基準により、ある時間における単位消費者データ形式が誤りと判断される場合に、この単位消費者データ形式を修正する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて広域通信ネットワークに伝送する手段を備えたので、データ計測時のミスの発生を避けることができる。

0136

請求項4記載の電力の消費量の総合計測システムによれば、各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機が、同じく各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の電力消費量データを含む加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させて広域通信ネットワーク内に送信すると共に、この広域集中計算機において、広域通信ネットワークを伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に広域集中計算機に仮記憶すると共に、この加工消費者データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、地域集中計算機に指令を与えて、この消費者の加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ、広域通信ネットワークを伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に、ある消費者の加工消費者データ形式が仮記憶させた加工消費者データ形式との比較、もしくは、この消費者の過去の電力消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この広域集中計算機に記憶すると共に、この加工消費者データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この加工消費者データ形式が誤りと判断される場合に、加工消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力消費量データを含む加工消費者データ形式を入手できる手段を備えたので、データ送信時のミスの発生を避けることができるだけでなく、上位通信ネットワークでの外部からのデータの変更を避けることができる。

0137

請求項5記載の電力の消費量の総合計測システムによれば、広域集中計算機において、各消費者の時間毎の電力消費量と使用時間毎に設定された電力単価から電力料金を計算するプログラムを有し、各消費者の電力料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間における総電力料金データを含む単純請求データ形式を作成する機能と、この単純請求データ形式を発信させ広域通信ネットワーク内に送信すると共に、前記、各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機において、各地域の消費者の単純請求データ形式をサンプリングして、この各消費者データを、各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された地域集中計算機、地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは、地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者の請求書を発行する手段を備えたので、迅速に請求書を送付できるばかりではなく、請求書の送付費用を削減することができる。

0138

請求項6記載の電力の消費量の総合計測システムによれば、広域集中計算機において、各消費者の時間毎の電力消費量と使用時間毎に設定された電力単価から電力料金を計算するプログラムを有し、各消費者の電力料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータと時間毎の電力消費量データと時間毎の電力料金データと過去の電力消費量データとある期間における総電力料金データを含む拡張請求データ形式を作成する機能と、この拡張請求データ形式を発信させ広域通信ネットワーク内に送信すると共に、前記各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機において、各地域の消費者の拡張請求データ形式をサンプリングして、これらの各消費者データを、各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された地域集中計算機、地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者に請求書を発行すると共に、時間毎の電力消費量と時間毎の電力料金と過去の電力消費量との比較情報を提供する手段を備えたので、漏電等の異常を察知することができ、また、季節による消費量の平準化を消費者に依頼する情報を得ることができ、さらに、消費者に節電の心理的効果をもたらすことが可能となる。

0139

請求項7記載の電力の消費量の総合計測システムによれば、地域集中計算機において、広域集中計算機から発信され広域通信ネットワークを伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、この地域集中計算機に仮記憶すると共に、この単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、広域集中計算機に指令を与えて、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を発信させ、広域通信ネットワークを伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、ある消費者の単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が、仮記憶させた単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式との比較、もしくは、この消費者の過去の電力消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が誤りと判断される場合に、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい電力料金請求データを含む単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を得るようにしたので、請求データ送信時のミスの発生を避けることができる。

0140

請求項8記載のガスの消費量の総合計測システムによれば、各地域に設けられた地域通信ネットワークと、この各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、この各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機と、この各地域集中計算機が接続された広域通信ネットワークと、この各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、この各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機と、この地域通信ネットワークに接続されると共に各消費者にガスエネルギーを供給するために各消費者に接続されているガス配管に設けられたガスの消費量を測定する電流・電圧センサを有するガス計測装置と、この計測装置に設けられた電流・電圧センサにより測定された電流・電圧信号からガスの消費量を演算する手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させ地域通信ネットワーク内に送信する手段と、前記地域集中計算機において、地域通信ネットワーク内を伝送されている前記単位消費者データ形式をサンプリングし、この地域集中計算機に記憶すると共に、前記単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、集計された単位消費者データ形式から各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者のガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて広域通信ネットワークに伝送する手段を有すると共に、前記広域集中計算機において、各消費者の過去のガス消費量データとガス料金の支払いデータを記憶する機能と、広域通信ネットワークを伝送されている各消費者の加工消費者データ形式を広域通信ネットワークからサンプリングし、この広域集中計算機に記憶すると共に、各消費者の加工消費者データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、記憶した各消費者の加工消費者データ形式から、ある期間単位のガス料金を計算し、各消費者に請求する手段とを備えたデータ計測を行うピラミッド型通信ネットワークを構築したため、ガス消費量の計測、ガス料金の計算及び請求が、自動的に効率よく実施でき、従来のような1〜2カ月毎に1度の消費量の計測だけでなく、1日の消費量の変動を測定することも可能となる。

0141

請求項9記載のガスの消費量の総合計測システムによれば、各地域通信ネットワークに接続された各ガス計測装置が、同じく各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させ地域通信ネットワーク内に送信すると共に、この地域集中計算機において、地域通信ネットワーク内を伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が、この消費者の過去のガス消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この単位消費者データ形式が誤りと判断される場合に、この地域集中計算機に仮記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、再度、この消費者のガス計測装置に指令を与えて、単位消費者データ形式を発信させ、地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が、仮記憶させた単位消費者データ形式との比較、もしくは、この消費者の過去のガス消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この単位消費者データ形式が誤りと判断される場合に、単位消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて広域通信ネットワークに伝送する手段とを備えたので、データ計測時のミスの発生を避けることができる。

0142

請求項10記載のガスの消費量の総合計測システムによれば、各地域通信ネットワークに接続された各ガス計測装置が、予め定められた時間間隔で、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者のガス消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて地域通信ネットワーク内に送信すると共に、この地域集中計算機において、地域通信ネットワーク内を伝送された前記時間毎の単位消費者データ形式をサンプリングし、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、この時間毎の単位消費者データ形式から所定の判断基準により、ある時間における単位消費者データ形式が誤りと判断される場合に、この単位消費者データ形式を修正する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させ広域通信ネットワークに伝送する手段とを備えたので、データ計測時のミスの発生を避けることができる。

0143

請求項11記載のガスの消費量の総合計測システムによれば、各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機が、同じく各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者のガス消費量データを含む加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させて広域通信ネットワーク内に送信すると共に、この広域集中計算機において、広域通信ネットワークを伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に、この広域集中計算機に仮記憶すると共に、この加工消費者データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、地域集中計算機に指令を与えて、この消費者の加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ、広域通信ネットワークに伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に、ある消費者の加工消費者データ形式が、仮記憶させた加工消費者データ形式との比較、もしくは、この消費者の過去のガス消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この広域集中計算機に記憶すると共に、この加工消費者データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この加工消費者データ形式が誤りと判断される場合に、加工消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス消費量データを含む加工消費者データ形式を入手できる手段とを備えたので、データ送信時のミスの発生を避けることができるだけでなく、上位通信ネットワークでの外部からのデータの変更を避けることができる。

0144

請求項12記載のガスの消費量の総合計測システムによれば、広域集中計算機において、各消費者の時間毎のガス消費量と使用時間毎に設定されたガス単価からガス料金を計算するプログラムを有し、各消費者のガス料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間における総ガス料金データを含む単純請求データ形式を作成する機能と、この単純請求データ形式を発信させて広域通信ネットワーク内に送信すると共に、前記各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機において、各地域の消費者の単純請求データ形式をサンプリングして、この各消費者データを、各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された地域集中計算機、地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者の請求書を発行する手段を備えたので、迅速に請求書を送付できるばかりではなく、請求書の送付費用を削減することができる。

0145

請求項13記載のガスの消費量の総合計測システムによれば、広域集中計算機において、各消費者の時間毎のガス消費量と使用時間毎に設定されたガス単価からガス料金を計算するプログラムを有し、各消費者のガス料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータと時間毎のガス消費量データと時間毎のガス料金データと過去のガス消費量データとある期間における総ガス料金データを含む拡張請求データ形式を作成する機能と、この拡張請求データ形式を発信させて広域通信ネットワーク内に送信すると共に、前記各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機において、各地域の消費者の拡張請求データ形式をサンプリングして、これらの各消費者データを、各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された地域集中計算機、地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者に請求書を発行すると共に、時間毎のガス消費量と時間毎のガス料金と過去のガス消費量との比較情報を提供する手段を備えたので、ガス漏等の異常を察知することができ、また、季節による消費量の平準化を消費者に依頼する情報を得ることができ、さらに、消費者に節ガスの心理的効果をもたらすことが可能となる。

0146

請求項14記載のガスの消費量の総合計測システムによれば、地域集中計算機において、広域集中計算機から発信され広域通信ネットワークを伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、この地域集中計算機に仮記憶すると共に、この単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、広域集中計算機に指令を与えて、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を発信させ、広域通信ネットワークに伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、ある消費者の単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が、仮記憶させた単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式との比較、もしくは、この消費者の過去のガス消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が誤りと判断される場合に、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しいガス料金請求データを含む単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を得るようにしたので、請求データ送信時のミスの発生を避けることができる。

0147

請求項15記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、各地域に設けられた地域通信ネットワークと、この各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、この各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機と、この各地域集中計算機が接続された広域通信ネットワークと、この各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、この各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機と、この地域通信ネットワークに接続されると共に各消費者に水道エネルギーを供給するために各消費者に接続されている水道配管に設けられた水道の消費量を測定する電流・電圧センサを有する水道計測装置と、この計測装置に設けられた電流・電圧センサにより測定された電流・電圧信号から水道の消費量を演算する手段と、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させ地域通信ネットワーク内に送信する手段と、前記地域集中計算機において、地域通信ネットワークを伝送されている前記単位消費者データ形式をサンプリングし、この地域集中計算機に記憶すると共に、前記単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、集計された単位消費者データ形式から各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の水道消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて広域通信ネットワークに伝送する手段を有すると共に、前記広域集中計算機において、各消費者の過去の水道消費量データと水道料金の支払いデータを記憶する機能と、広域通信ネットワーク内を伝送されている各消費者の加工消費者データ形式を広域通信ネットワークからサンプリングし、この広域集中計算機に記憶すると共に、各消費者の加工消費者データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、記憶した各消費者の加工消費者データ形式から、ある期間単位の水道料金を計算し、各消費者に請求する手段とを備えた、データ計測を行うピラミッド型通信ネットワークを構築したので、水道消費量の計測、水道料金の計算及び請求が、自動的に効率よく実施でき、従来のような1〜2カ月毎に1度の消費量の計測だけでなく、1日の消費量の変動を測定することも可能となる。

0148

請求項16記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、各地域通信ネットワークに接続された各水道計測装置が、同じく各地域通信ネットワークに接続された地域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて地域通信ネットワーク内に送信すると共に、この地域集中計算機において、地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が、この消費者の過去の水道消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この単位消費者データ形式が誤りと判断される場合に、この地域集中計算機に仮記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、再度、この消費者の水道計測装置に指令を与えて、単位消費者データ形式を発信させ、地域通信ネットワークに伝送された前記単位消費者データ形式をサンプリングし、ある消費者の単位消費者データ形式が、仮記憶させた単位消費者データ形式との比較、もしくは、この消費者の過去の水道消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この単位消費者データ形式が誤りと判断される場合に、単位消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて広域通信ネットワークに伝送する手段とを備えたので、データ計測時のミスの発生を避けることができる。

0149

請求項17記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、各地域通信ネットワークに接続された各水道計測装置が、予め定められた時間間隔で、各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の水道消費量データを含む単位消費者データ形式を発信させて地域通信ネットワーク内に送信すると共に、この地域集中計算機において、地域通信ネットワーク内を伝送された前記時間毎の単位消費者データ形式をサンプリングし、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単位消費者データ形式を地域通信ネットワークから削除する機能と、この時間毎の単位消費者データ形式から所定の判断基準により、ある時間における単位消費者データ形式が誤りと判断される場合に、この単位消費者データ形式を修正する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道消費量データを含む加工消費者データ形式を作成し発信させて広域通信ネットワークに伝送する手段とを備えたので、データ計測時のミスの発生を避けることができる。

0150

請求項18記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機が、同じく各広域通信ネットワークに接続された広域集中計算機の指令に基づいて、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の水道消費量データを含む加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ広域通信ネットワーク内に送信すると共に、この広域集中計算機において、広域通信ネットワークに伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に広域集中計算機に仮記憶すると共に、この加工消費者データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、地域集中計算機に指令を与えて、この消費者の加工消費者データ形式を暗号化した後に発信させ、広域通信ネットワーク内を伝送された前記加工消費者データ形式をサンプリングし、暗号を解読した後に、ある消費者の加工消費者データ形式が、仮記憶させた加工消費者データ形式との比較、もしくは、この消費者の過去の水道消費量データとの比較等の判断基準により正しいと判断される場合に、この広域集中計算機に記憶すると共に、この加工消費者データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この加工消費者データ形式が誤りと判断される場合に、加工消費者データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道消費量データを含む加工消費者データ形式を入手できる手段とを備えたので、データ送信時のミスの発生を避けることができるだけでなく、上位通信ネットワークでの外部からのデータの変更を避けることができる。

0151

請求項19記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、広域集中計算機において、各消費者の時間毎の水道消費量と使用時間毎に設定された水道単価から水道料金を計算するプログラムを有し、各消費者の水道料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータとある期間における総水道料金データを含む単純請求データ形式を作成する機能と、この単純請求データ形式を発信させて広域通信ネットワーク内に送信すると共に、前記各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機において、各地域の消費者の単純請求データ形式をサンプリングして、この各消費者データを、各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された地域集中計算機、地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者の請求書を発行する手段とを備えたので、迅速に請求書を送付できるばかりではなく、請求書の送付費用を削減することができる。

0152

請求項20記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、広域集中計算機において、各消費者の時間毎の水道消費量と使用時間毎に設定された水道単価から水道料金を計算するプログラムを有し、各消費者の水道料金を計算する機能と、各消費者を認識できるデータと時間毎の水道消費量データと時間毎の水道料金データと過去の水道消費量データとある期間における総水道料金データを含む拡張請求データ形式を作成する機能と、この拡張請求データ形式を発信させて広域通信ネットワーク内に送信すると共に、前記各広域通信ネットワークに接続された各地域集中計算機において、各地域の消費者の拡張請求データ形式をサンプリングして、これらの各消費者データを、各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された地域集中計算機、地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置から直接出力することにより、各消費者に請求書を発行すると共に、時間毎の水道消費量と時間毎の水道料金と過去の水道消費量との比較情報を提供する手段とを備えたので、漏水等の異常を察知することができ、また、季節による消費量の平準化を消費者に依頼する情報を得ることができ、また、消費者に節水の心理的効果をもたらすことが可能となる。

0153

請求項21記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、地域集中計算機において、広域集中計算機から発信され広域通信ネットワークを伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、この地域集中計算機に仮記憶すると共に、この単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能と、再度、広域集中計算機に指令を与えて、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を発信させ、広域通信ネットワークに伝送された前記単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式をサンプリングし、ある消費者の単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が、仮記憶させた単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式との比較、もしくは、この消費者の過去の水道消費量データとの比較等の所定の判断基準により正しいと判断される場合に、この地域集中計算機に記憶すると共に、この単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を広域通信ネットワークから削除する機能を有し、一方、この単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式が誤りと判断される場合に、単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式のサンプリングを繰り返すことにより、各消費者を認識できるデータとある期間におけるその消費者の正しい水道料金請求データを含む単純請求データ形式もしくは拡張請求データ形式を得るようにしたので、請求データ送信時のミスの発生を避けることができる。

0154

請求項22記載の電気、ガス又は水道の消費量の総合計測システムによれば、各地域に設けられた地域通信ネットワークと、この各地域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置と、この各地域集中計算機が接続された広域通信ネットワークと、この各広域通信ネットワークに設けられたデータ伝送装置を、電気、ガス、水道のうちの少なくとも2種類以上の計測を行い得るように、互いに接続したので、事業者の情報インフラへの設備投資の削減及び通信ネットワークの使用料を削減することが可能となる。

0155

請求項23記載の電気、ガス又は水道の消費量の総合計測システムによれば、消費者データ及び請求書を出力する各地域通信ネットワークに接続され事業者の営業所に設置された集中端末装置、地域通信ネットワークに接続され集合住宅の管理センターもしくはオフィスビルの管理センターに設置された集中端末装置、もしくは、地域通信ネットワークに接続され各消費者の個別端末装置を、電気、ガス、水道の少なくとも2種類以上の計測を行い得るように、互いに接続したので、事業者の情報インフラへの設備投資の削減することが可能となる。

0156

請求項24記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、各地域に設けられた地域通信ネットワーク及び広域通信ネットワークと、各消費者が口座を有する各金融機関の計算機をデータ伝送手段及び通信ネットワークで接続することで、各消費者の電力、ガス、水道料金を各消費者の口座から自動引き落としするようにしたので、より迅速な集計作業がより小さなコストで実現する。

0157

請求項25記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、消費者の管理番号、電力、ガス、水道の消費量、請求料金等の情報が、請求書にバーコード化もしくは磁気記録され、この請求書のバーコード記録もしくは磁気記録された情報を読み取る手段を設けることにより、電気、ガス、水道料金を事業者から委託を受けた場所において、自動徴収できるようにしたと共に、この各消費者の支払いに関する情報も、この端末からの情報送信手段により、事業者の集中計算機に記録されるようにしたので、より簡単に料金の支払いが可能となり、また、無人端末からも料金を支払うことが可能となる。

0158

請求項26記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、事業者が、広域集中計算機において、予めプログラムされた判断基準に従い、老人家庭の過去と現在の電力、ガス、水道の消費量等の情報を分析して、老人家庭の異常を、各消費者の知人や自治体等公共の救急機関に通知できるようにしたので、遠隔地から老人を救うことが可能となる。

0159

請求項27記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、事業者からの停電、ガス供給停止、断水及び、節電、節約、節水等のメッセージを各消費者に通知できるようようにしたので、消費者へのきめ細かなサービスが可能となる。

0160

請求項28記載の水道の消費量の総合計測システムによれば、事業者が、地震等の緊急時に電気エネルギー、ガス、水道供給を緊急停止する手段を備えたので、災害時における被害を小さくすることが可能となる。

図面の簡単な説明

0161

図1この発明の実施の形態1による電力の消費量の総合計測システムのブロック図である。
図2この発明の実施の形態2によるガスの消費量の総合計測システムのブロック図である。
図3この発明の実施の形態3による水道の消費量の総合計測システムのブロック図である。
図4従来例による電気エネルギー消費量の計測方法を表すブロック図である。
図5従来例による電気エネルギー消費量の総合計測システムのブロック図である。
図6電力、ガス、水道消費量の計測システムにおけるデータ集計の動作を表すフローチャートである。
図7電力、ガス、水道消費量の計測システムにおけるデータ集計の動作を表すフローチャートである。
図8電力、ガス、水道消費量の計測システムにおけるデータ集計の動作を表すフローチャートである。
図9電力、ガス、水道消費量の計測システムにおける請求書作成の動作を表すフローチャートである。
図10電力、ガス、水道消費量の計測システムにおける登録者を監視する動作を表すフローチャートである。
図11消費量計測システムにおける各消費者へのメッセージを送信する動作を表すフローチャートである。
図12消費量計測システムにおける各消費者への供給を遠隔操作にて停止する動作を表すフローチャートである。

--

0162

(60)事業者からの広域電力供給ネットワーク、(61) 地域電力供給ネットワーク、(51)〜(55) ある居住地区、大規模な集合住宅もしくはオフィスビル、(11)〜(18) ある居住地区、大規模な集合住宅内の各消費者もしくはオフィスビル内の各事務所、(71e)〜(75e) 地域通信ネットワーク、(71a)〜(75a)データ伝送装置、(91)〜(95)地域通信ネットワーク、(71e)〜(75e) 地域集中計算機、(70e)広域通信ネットワーク、(70a) データ伝送装置、(90) 広域集中計算機、(41)〜(48)接続ケーブル(配管)、(31e)〜(38e)電力計測装置、(31g)〜(38g)ガス計測装置、(31w)〜(38w) 水道計測装置、(31a)〜(38a)電流センサ、(31b)〜(38b)電圧センサ、(31c)〜(38c) 測定されたデータから消費量を演算する手段と各消費者を認識できるデータとその時間データとその時間におけるその消費者の電力消費量データを発信させる手段、(21)〜(28) 個別の端末装置。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ