図面 (/)

技術 電気機器収納用箱体

出願人 河村電器産業株式会社
発明者 服部学
出願日 1996年6月19日 (24年5ヶ月経過) 出願番号 1996-180033
公開日 1998年1月16日 (22年10ヶ月経過) 公開番号 1998-013042
状態 拒絶査定
技術分野 その他の目的のキャビネット、ラック 電気装置のための箱体
主要キーワード 汎用タイプ 電気機器収納用箱体 見栄え
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1998年1月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

箱体本体と間柱の間に間隙を生じさせることなく、そのため間隙を埋めるための金具も必要なく、枠体を取り付けても隣接する枠体間に間隙を生じさせることなく、見栄えを悪くすることもなく、間隙の仕上げに手間要することもなく、また、間柱の位置を移動する必要がないため、移動のための手間も費用も削減できる電気機器収納用箱体を提供する。

解決手段

間柱1,2,3は夫々一定の間隔で垂設されており、この間柱1,2,3に隣接して電気機器収納用箱体4,5が固定される。電気機器収納用箱体4は箱体本体6と、枠体8と、扉体10とで構成され、また、電気機器収納用箱体5は、箱体本体7と、枠体9と、扉体11とで構成される。箱体本体6,7の横幅寸法は、間柱1,2間、及び間柱2,3間の寸法に略等しく形成されており、また、枠体8,9の横幅寸法は間柱1,2間、及び間柱2,3間の寸法に間柱1本分の横幅寸法を加えた寸法に略等しく形成されている。

概要

背景

従来、一定の間隔で垂設された間柱の間に固定される電気機器収納用箱体において、電気機器収納用箱体を隣接して配置する構造は、図3及び図4に示すようなものであった。即ち、間柱21,22,23は夫々一定の間隔で垂設されており、この間柱21,22,23に隣接して電気機器収納用箱体24,25が固定される。

電気機器収納用箱体24は、間柱21,22間の寸法よりやや小さめの汎用タイプ横幅寸法を有する箱体本体26と、枠体28と、扉体30とで構成される。また、電気機器収納用箱体25は、間柱22,23間の寸法よりやや小さめの汎用タイプの横幅寸法を有する箱体本体27と、枠体29と、扉体31とで構成される。

間柱21,22間、及び間柱22,23間の寸法よりやや小さめの汎用タイプの横幅寸法を有する箱体本体26,27を間柱21,22間、及び間柱22,23間に夫々固定し、この箱体本体26,27に枠体28,29を取り付け、この枠体28,29に扉体30,31を取り付けることにより、電気機器収納用箱体24,25は間柱21,22,23に固定される。

概要

箱体本体と間柱の間に間隙を生じさせることなく、そのため間隙を埋めるための金具も必要なく、枠体を取り付けても隣接する枠体間に間隙を生じさせることなく、見栄えを悪くすることもなく、間隙の仕上げに手間要することもなく、また、間柱の位置を移動する必要がないため、移動のための手間も費用も削減できる電気機器収納用箱体を提供する。

間柱1,2,3は夫々一定の間隔で垂設されており、この間柱1,2,3に隣接して電気機器収納用箱体4,5が固定される。電気機器収納用箱体4は箱体本体6と、枠体8と、扉体10とで構成され、また、電気機器収納用箱体5は、箱体本体7と、枠体9と、扉体11とで構成される。箱体本体6,7の横幅寸法は、間柱1,2間、及び間柱2,3間の寸法に略等しく形成されており、また、枠体8,9の横幅寸法は間柱1,2間、及び間柱2,3間の寸法に間柱1本分の横幅寸法を加えた寸法に略等しく形成されている。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一定の間隔で垂設された間柱の間に固定される電気機器収納用箱体において、該電気機器収納用箱体を隣接して設置する際に、電気機器収納用箱体の枠体間を互いに密着させて配置することを特徴とする電気機器収納用箱体。

--

0001

本発明は、一定の間隔で垂設された間柱の間に固定される電気機器収納用箱体において、電気機器収納用箱体を隣接して配置する構造に関する。

背景技術

0002

従来、一定の間隔で垂設された間柱の間に固定される電気機器収納用箱体において、電気機器収納用箱体を隣接して配置する構造は、図3及び図4に示すようなものであった。即ち、間柱21,22,23は夫々一定の間隔で垂設されており、この間柱21,22,23に隣接して電気機器収納用箱体24,25が固定される。

0003

電気機器収納用箱体24は、間柱21,22間の寸法よりやや小さめの汎用タイプ横幅寸法を有する箱体本体26と、枠体28と、扉体30とで構成される。また、電気機器収納用箱体25は、間柱22,23間の寸法よりやや小さめの汎用タイプの横幅寸法を有する箱体本体27と、枠体29と、扉体31とで構成される。

0004

間柱21,22間、及び間柱22,23間の寸法よりやや小さめの汎用タイプの横幅寸法を有する箱体本体26,27を間柱21,22間、及び間柱22,23間に夫々固定し、この箱体本体26,27に枠体28,29を取り付け、この枠体28,29に扉体30,31を取り付けることにより、電気機器収納用箱体24,25は間柱21,22,23に固定される。

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら上記電気機器収納用箱体24,25は、箱体本体26,27が間柱21,22間、及び間柱22,23間の寸法よりやや小さめの汎用タイプの横幅寸法を有する箱体本体26,27を間柱21,22間、及び間柱22,23間に夫々固定するため、箱体本体26,27の側板と間柱21,22,23との間に間隙a,b,c,dが生じ、そのため箱体本体26,27の側板と間柱21,22,23との間の間隙a,b,c,dに、間隙を埋めるための金具(図示せず)を設ける必要があり、この箱体本体26,27に枠体28,29を取り付けると、隣接する枠体28,29の間に間隙Aが生じ、見栄えが悪いと共に、間隙Aの仕上げに手間が掛かるとい欠点があった。

0006

また、汎用タイプの横幅寸法を有する箱体本体26,27に合うように間柱21,22,23の位置を移動させる必要があり、その作業には非常に手間と費用が掛かるという欠点があった。

課題を解決するための手段

0007

上記従来の電気機器収納用箱体の問題点に鑑み、本発明の目的は、箱体本体と間柱の間に間隙を生じさせることなく、そのため間隙を埋めるための金具も必要なく、枠体を取り付けても隣接する枠体間に間隙を生じさせることなく、見栄えを悪くすることもなく、間隙の仕上げに手間要することもなく、また、間柱の位置を移動する必要がないため、移動のための手間も費用も削減できる電気機器収納用箱体を提供するもので、一定の間隔で垂設された間柱の間に固定される電気機器収納用箱体において、該電気機器収納用箱体を隣接して設置する際に、電気機器収納用箱体の枠体間を互いに密着させて配置することである。

発明を実施するための最良の形態

0008

間柱の前方から電気機器収納用箱体の箱体本体を嵌め込み、箱体本体の側板が当接する間柱に固定する。次に箱体本体に枠体を取り付けると、隣接する枠体と枠体は密着し、両者間に間隙は生じない。枠体に扉体を取り付けると、電気機器収納用箱体は間柱に固定される。

0009

図1及び図2は本発明に係る電気機器収納用箱体の一実施例である。以下これらの図面に基づき本発明を説明する。

0010

間柱1,2,3は夫々一定の間隔で垂設されており、この間柱1,2,3に隣接して電気機器収納用箱体4,5が固定される。電気機器収納用箱体4は箱体本体6と、枠体8と、扉体10とで構成され、また、電気機器収納用箱体5は、箱体本体7と、枠体9と、扉体11とで構成される。

0011

箱体本体6,7の横幅寸法は、間柱1,2間、及び間柱2,3間の寸法に略等しく形成されており、また、枠体8,9の横幅寸法は間柱1,2間、及び間柱2,3間の寸法に間柱1本分の横幅寸法を加えた寸法に略等しく形成されている。

0012

間柱1,2、及び間柱2,3の前方から電気機器収納用箱体4,5の箱体本体6,7を嵌め込み、箱体本体6,7の側板が当接する間柱に固定する。次に箱体本体6,7に枠体8,9を取り付けると、隣接する枠体8と枠体9は密着し、両者間に間隙は生じない。枠体8,9に扉体10,11を取り付けると、電気機器収納用箱体4,5は間柱1,2,3に固定される。

発明の効果

0013

以上のように本発明の電気機器収納用箱体は、一定の間隔で垂設された間柱の間に固定される電気機器収納用箱体において、該電気機器収納用箱体を隣接して設置する際に、電気機器収納用箱体の枠体間を互いに密着させて配置することによって、箱体本体の側板と間柱との間に間隙が生じることがなく、そのため間隙を埋めるための金具を設ける必要がなく、この箱体本体に枠体を取り付けた時に隣接する枠体の間に間隙が生じることがなく、見栄えを悪くすことがないと共に、間隙の仕上げに手間が掛かることもないという効果がある。

0014

また、間柱間の寸法にあった専用の横幅寸法を有する箱体本体を用いるため、間柱の位置を移動させる必要がなく、その作業のための手間と費用が削減できるという効果がある。

図面の簡単な説明

0015

図1本発明に係る電気機器収納用箱体の一実施例の説明図である。
図2図1の要部断面図である。
図3従来の電気機器収納用箱体の一実施例の説明図である。
図4図3の要部断面図である。

--

0016

1,2,3・・・間柱、4,5・・・電気機器収納用箱体、6,7・・・箱体本体、8,9・・・枠体、10,11・・・扉体。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ