図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(1997年12月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

解決手段

少なくとも30cmの幅を有してプラスチック材紙材とからなる板材であって、該プラスチック材は、板材全体の重量の30〜60%を占め、該紙材は板材全体の重量の15〜30%を占める。

概要

背景

建設業においては、単一木材板合板ハードボード中密度ファイバーボード(MDF)、パーティクルボード、黄板や石膏ボードのように、数多くのパネルやボード等の板材が用いられている。

これら従来技術の各板材は、耐水性ないし防水性耐候性防腐性防湿性防音性耐腐食性耐薬品性耐摩耗性抗菌性または耐紫外線性のいずれかにおいて欠落している。

概要

耐水性ないし防水性、耐候性、防腐性、防湿性、防音性、耐腐食性、耐薬品性、耐摩耗性、抗菌性および耐紫外線性を備えた板材を提供する。

少なくとも30cmの幅を有してプラスチック材紙材とからなる板材であって、該プラスチック材は、板材全体の重量の30〜60%を占め、該紙材は板材全体の重量の15〜30%を占める。

目的

本発明の目的は、上に列挙した各性質の少なくとも一つを克服することのできる板材を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも30cmの幅を有してプラスチック材紙材とからなる板材であって、該プラスチック材は、板材全体の重量の30〜60%を占め、該紙材は板材全体の重量の15〜30%を占めることを特徴とする板材。

請求項2

上記プラスチック材が、板材全体の重量の40〜50%を占め、上記紙材が板材全体の重量の20〜25%を占める請求項1記載の板材。

請求項3

当該板材の材料成分廃棄材料からなる請求項1または2記載の板材。

請求項4

上記材料成分の一つが廃棄されたプラスチック材である請求項3記載の板材。

請求項5

上記材料成分の一つが廃棄された紙材である請求項3または4記載の板材。

請求項6

部分的におがを含んでいる請求項1ないし5のいずれかに記載の板材。

請求項7

上記おが屑は、板材全体の重量の10〜30%を占める請求項6記載の板材。

請求項8

上記おが屑は廃棄された材料である請求項6または7記載の板材。

請求項9

部分的にナイロンを含んでいる請求項1ないし8のいずれかに記載の板材。

請求項10

上記ナイロンは、板材全体の重量の5〜10%を占める請求項9記載の板材。

請求項11

上記ナイロンは廃棄された材料である請求項9または10記載の板材。

請求項12

部分的に灰を含んでいる請求項1ないし11のいずれかに記載の板材。

請求項13

上記灰は、板材全体の重量の5〜10%を占める請求項12記載の板材。

請求項14

上記灰は廃棄された材料である請求項12または13記載の板材。

請求項15

少なくとも60cmの幅を有する請求項1ないし14のいずれかに記載の板材。

請求項16

少なくとも90cmの幅を有する請求項1ないし15のいずれかに記載の板材。

請求項17

少なくとも135cmの幅を有する請求項1ないし16のいずれかに記載の板材。

請求項18

少なくとも120cmの長さを有する請求項1ないし17のいずれかに記載の板材。

請求項19

少なくとも180cmの長さを有する請求項1ないし18のいずれかに記載の板材。

請求項20

長さが12.192mよりも短い請求項1ないし19のいずれかに記載の板材。

技術分野

0001

本発明は、板材係り、特に建設業において用いられるパネルやボード等の板材に関する。

背景技術

0002

建設業においては、単一木材板合板ハードボード中密度ファイバーボード(MDF)、パーティクルボード、黄板や石膏ボードのように、数多くのパネルやボード等の板材が用いられている。

0003

これら従来技術の各板材は、耐水性ないし防水性耐候性防腐性防湿性防音性耐腐食性耐薬品性耐摩耗性抗菌性または耐紫外線性のいずれかにおいて欠落している。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明の目的は、上に列挙した各性質の少なくとも一つを克服することのできる板材を提供することにある。

発明の開示

0005

本発明によれば、少なくとも約30センチメートル(1フィート)の幅を有するパネルまたはボードの板材が、部分的にプラスチック材を用いて、また、部分的に紙材を用いて製造される。プラスチック材は、板材の全重量の30〜60%の重量を占め、紙材は15〜30%を占める。

0006

板材は、部分的におがを用いて製造するのも好ましい。

0007

さらに好ましくは、板材は、ナイロンや灰のような他の材料を部分的に用いて製造される。

0008

また、プラスチック材は、板材の全重量の40〜50%の重量を占め、紙材は20〜25%を占めるのが好ましい。

0009

おが屑は、板材の全重量の10〜30%、ナイロンは5〜10%、灰も5〜10%を占めるのが好ましい。

0010

それらの成分は、廃材からなるのが好ましく、特に、廃棄されたプラスチック材、廃棄された紙材、廃棄されたおが屑、廃棄されたナイロンおよび廃棄された灰が好ましい。

0011

板材は、少なくとも約60センチメートル(2フィート)の幅を有しているのが好ましく、さらに好ましくは約90センチメートル(3フィート)の幅を有し、最も好ましくは約135センチメートル(4.5フィート)の幅を有している。

0012

板材は、少なくとも約120センチメートル(4フィート)の長さを有しているのが好ましく、さらに好ましくは約180センチメートル(6フィート)の長さを有し、最大長では12メートル(40フィート)の長さを有している。

0013

そのような板材は、耐水性ないし防水性、耐候性、防腐性、防湿性、防音性、耐腐食性、耐薬品性、難燃性、耐摩耗性、防蟻性、抗菌性または耐紫外線性において特に優れている。

0014

板材はまた、使用に際して安全であり、有毒やその他の如何なる有害物質も含んでいない。

0015

本発明に係る板材は、扱いも容易であり、で切ることも、ドリルで穴開けすることも、ノミタガネで彫ることも、で打つことも、ヤスリ掛けることも、箔を敷くことも、化粧張りすることも、磨くことも、また、塗装することもできる。さらには、釘の保持能力にも優れており、タールを塗布せずに具体的な形の工作品を作るのに理想的である。

0016

本発明に係る板材は、また、完全に再生利用することが可能であり、メンテナンスフリーで約250年の寿命を有する。

0017

本発明は、その具体例について、添付の図面を参照して以下に述べられる。

0018

図1は、大きさが、約90cm×約180cmまたは約120cm×約240cm(3フィート×6フィートまたは4フィート×8フィート)のいずれかの板材を示しており、好ましくは建設業において用いられる。この板材は、プラスチック材や紙材、おが屑、ナイロン、灰等の工業的商業的廃材の混合物によって製造されている。

0019

用いられるプラスチック材は、例えば、低密度ポリエチレン(LDPE)、高密度ポリエチレン(HDPE)、ポリスチレン(PS)、ポリエチレンテレフタレート(PET)およびポリプロピレン(PP)である。使用できないプラスチック材は、ポリ塩化ビニルPVC)だけである。

0020

好ましくは、プラスチック材は、板材の全重量の40〜60%の重量を占め、紙材は15〜30%、おが屑は10〜30%、ナイロンは5〜10%、灰も5〜10%を占める。

0021

板材は、無臭で毒性がなく、非常に耐久性が高く、約250年の耐久寿命を有するものと見られる。この板材は、使用に際しては材木と同様に安全であり且つ扱いやすい。例えば、材木のように鋸で切断したり、ドリルで穿孔したり、ノミで彫ったり刳り貫いたりして工作することができる。木材よりも強度があって有用であり、しかも、ヒビ割れむしれ剥離吸水性、あるいは砕けやすい等の厄介な欠点がない点で優れている。この板材は、耐水性ないし防水性、耐候性、防腐性、防湿性、防音性、耐腐食性、耐薬品性、難燃性、耐摩耗性、防蟻性、抗菌性または耐紫外線性を有している。板材はまた、完全に再生利用可能であり、したがって環境に対して100%フレンドリーである。

0022

特に、板材は、水によっては決して膨張せず、歪まず、また劣化しないので耐水性を有しており、如何なる気象条件にも影響されないので耐候性を有しており、また、大気中や水中、あるいは地中にあっても決して腐朽しないので防腐性を有している。また、湿った空気の湿度豪雨に対しても抵抗力があって防湿性を有しており、音響的にも電気的にも絶縁性なので防音性を有しており、さらに、塩水やアルカリ、あるいは酸の中でも決して腐食しないので耐腐食性を有している。また、如何なる薬品にも侵されず耐薬品性を有しており、木材よりも燃えにくく難燃性であり、擦ったり引っ掻いたり、あるいは強い衝撃に対しても耐えるので耐摩耗性があり、ネズミリスビーバー等の齧歯動物白蟻が齧るのを防ぐので防蟻性を有しており、また、菌から損傷を受けることがないので抗菌性を有しており、さらに、紫外線に対しても抵抗力を発揮するので耐紫外線性を有する。また、アスベストガラス繊維ユリアホルムアルデヒド(UF)樹脂フェノールホルムアルデヒド(PF)樹脂、あるいは毒性樹脂等を含んでいないので安全である。さらには、鋸で切断したり、ドリルで穿孔したり、ノミで彫ったり刳り貫いたり、ヤスリを掛けたり、箔を敷いたり、化粧張りをしたり、磨いたり、塗装したりできるので、また、釘の保持能力にも優れているので、木材のように取り扱いやすい。しかも、ヒビや割れ、むしれ、剥離、吸水性、あるいは砕けやすい等の厄介な欠点がない点で木材よりも優れている。

0023

この板材は、多目的に使用できて、屋根葺きからサブルーフィングまで、また羽目サイディング、壁、間仕切り天井、窓、扉、幅木や裾板、カウンタートップフローリングのための下地、外部デッキ板囲いフェンス道路標識遮音壁アンダーレイメントから水中での適用まで、無限の用途があるので、木材よりも有用である。また、木材の19倍の衝撃強度を有しており、木材よりも夫である。また、タールの塗布を必要とせずに具体的な形状の工作物作れるので、経済的で且つ融通性富む。また、同じ板材を、何年もの後に経常的に再使用でき、かなりの費用と手間を省くことができる。さらには、曲面壁や複雑な建築様式にも対応でき、メンテナンスフリーで殆ど250年もの寿命が見込まれるので、非常に耐久性が高い。最後に、完全に再生使用可能で廃棄する部分がないので、環境に対して100%フレンドリーである。

0024

以下の表は、本発明の板材と他の板材との比較を示している。

0025

ID=000003HE=150 WI=100 LX=0550 LY=0300
*注:UFはユリアホルムアルデヒド、PFはフェノールホルムアルデヒド、MDIイソシアネートポリウレタン

0026

本発明に係る板材の特性は表2に示している。

0027

ID=000004HE=060 WI=094 LX=0580 LY=2000
*注:燃やさずに炎の前面を板材の表面に近接させ、毎分10.16cm(4インチ)よりも大きな速度で移動させる。

0028

板材は、強い衝撃に耐えられるように、表2に示されるような曲げ強度引張強度および弾性を有しているので、非常に高い強度を有している。

0029

板材の種々の厚さ、重量、寸法、表面性状、フライス加工の施し方を表3に示している。

0030

0031

板材は、種々の廃材成分からなっている。すなわち、廃棄されたプラスチック材、廃棄された紙材、廃棄されたおが屑、廃棄されたナイロン、廃棄された灰である。

0032

本発明に係る板材は、廃棄されたプラスチック材やおが屑、紙材等を基本材料として用いて、幅137.16cm(54")のシート状の板材に、大量連続押出法を基本とする製造方法によって、如何なる所望の長さにも製造できる。標準サイズの板材は、約120cm×約240cm(4フィート×8フィート)または、約90cm×約180cm(3フィート×6フィート)であり、注文に応じて所望のサイズおよび長さに切出すことができる。

0033

この板材は、世界で最初の特別に建設された(注文設計で)プラントおよび設備と、板材を連続押出法で生産するための処理方法とを用いるものである。この処理方法は、異なる融点の種々の成分を均質にすることにより、大きなサイズの完全再生使用可能な板材を、連続押出法で生産するための処理方法である。

0034

他の板材は、ユリアホルムアルデヒド樹脂フェノールホルムアルデヒド樹脂、あるいはイソシアネートポリウレタン(MDI)樹脂等の毒性のある糊で板状に圧縮成形するための、木材ベースまたは藁材ベースの生の材料を用いる圧縮システムによって生産される。

0035

本発明に係る板材は、屋内屋外、地中および水中などの幾つかの用途に適用できる。

0036

この板材は、例えば、以下の各産業において利用可能である。

0037

a)建設業:屋根や壁、羽目、サイディング、間仕切り、フローリング等の通常的な使用のほかに、特に、剥離剤としてタールを塗布する必要がないので、また、同じ板材を、何年もの後に経常的に再使用できるので、どの板材も取り替えの必要がなく、具体的な形状の工作物の製作に理想的である。このことは、環境問題となってきている損壊合板の廃棄をなくすことができる。

0038

b)海運業:この板材は、堅固であるが再生使用可能であり、この性質は、パレットスキッドの製作に特に適している。増大する損壊木製パレットゴミ処理地への投棄は、生分解速度が遅く、処理地スペースがすぐに満杯となるので、禁止されるようになってきている。この板材は、どのような長さにもできるので、約12m(40フィート)の長さにもなって継ぎ目もなく、防水性および耐摩耗性があって、割れや摩耗並びに大きな衝撃に強い高耐久性コンテナー床を提供するには理想的である。この板材は、リーファーサービス(Reefer service)、甲板ドック桟橋舟橋、池周り海岸などの板敷きの遊歩道などの、水中設備や海での使用に、特に適している。

0039

c)/海/空輸業:この板材は、保護用裏打ち材トラック軌道車貨物列車輸送船輸送航空機ブース等の床材に理想的である。

0040

d)農業:この板材は、耐水性ないし防水性、耐候性、防腐性、防蟻性、抗菌性があり、養場、家畜牧場馬小屋養鶏場魚類養殖場熱帯農園等での用途に理想的である。この板材で製作されたフェンスやシェルターは、毎秒約70m(時速150マイル)の風速台風にもよく耐える。

0041

e)鉱業:この板材は、鉱山立て坑坑道の壁の覆いや排水設備汚水設備、ダンプトラックライナー保持壁等に理想的である。

0042

さらに、例えば公園運動場動物園海洋公園テーマパーク展示会博覧会開催地、同様にバードウォッチングの低沼地、長期にわたって浸水している場所等での用途に理想的である。

図面の簡単な説明

0043

図1本発明に係る板材を示す斜視図である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ