図面 (/)

技術 記念写真集の制作方法

出願人 株式会社ファーストページ
発明者 小池中務臺曠海
出願日 1996年4月10日 (22年8ヶ月経過) 出願番号 1996-112106
公開日 1997年10月31日 (21年1ヶ月経過) 公開番号 1997-284537
状態 拒絶査定
技術分野 FAX原画の編集 表示装置の制御、回路
主要キーワード イメージ写真 モノクロ写真 模様部分 専門業者 写真館 少量多品種 招待状 写真部分
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年10月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

短期間で、かつ、安価にできる記念写真集制作方法を提供する。

解決手段

コンピュータによりデジタル化した文字及び/又は模様を形成する工程と、デジタルカメラを利用するか通常の写真画像読取手段で読みとってデジタルデータに変換する工程と、コンピュータのディスプレイ画面内で上記文字及び/又は模様と写真とをレイアウトする工程と、レイアウトが終わった画面を印刷する工程とからなる。

概要

背景

結婚式出産等の記念写真は、撮った写真枚数にもよるが、通常は市販のアルバム貼付して記念写真集として保存している。しかしながら、結婚式の招待状やお祝いカード等も同時に整理して保存する場合には、個々に工夫を凝らしていたのが実情である。また、結婚式場または写真館等の専門業者注文に応じて結婚記念や出産記念のアルバムを別個に作成していた。結婚式等の記念写真と、祝辞等をカード等の一枚の用紙に印刷する方法としては、従来は、次のように行っていた。まず、当日の祝辞等の文字部分を活字に組み、記念写真は、通常の写真製版を形成する。そして、これらを組み合わせた版を制作した後、カード若しくはアルバムの台紙等の所定の用紙にそれぞれ印刷していた。

概要

短期間で、かつ、安価にできる記念写真集の制作方法を提供する。

コンピュータによりデジタル化した文字及び/又は模様を形成する工程と、デジタルカメラを利用するか通常の写真を画像読取手段で読みとってデジタルデータに変換する工程と、コンピュータのディスプレイ画面内で上記文字及び/又は模様と写真とをレイアウトする工程と、レイアウトが終わった画面を印刷する工程とからなる。

目的

しかし、上記の制作方法によれば、活字を組む作業や、写真製版を作るための手作業が多く、そのため、納期が長く、しかも高価なものとなっていた。本発明は、上記の事実から考えられたもので、短期間に、しかも、安価にできる記念写真集の制作方法を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
3件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コンピュータによりデジタル化した文字及び/又は模様を形成する工程と、写真画像読取手段で読みとってデジタルデータに変換する工程と、コンピュータのディスプレイ画面内で上記文字及び/又は模様と写真とをレイアウトする工程と、レイアウトが終わった画面を印刷する工程とからなることを特徴とする記念写集の制作方法

請求項2

コンピュータによりデジタル化した文字及び/又は模様を形成する工程と、デジタルカメラによって画像のデジタルデータを撮影する工程と、コンピュータのディスプレイ画面内で上記文字及び/又は模様と写真とをレイアウトする工程と、レイアウトが終わった画面を印刷する工程とからなることを特徴とする記念写集の制作方法。

請求項3

上記写真がカラー写真又はモノクロ写真であることを特徴とする請求項1記載の記念写真集の制作方法。

請求項4

写真と文字及び/又は模様等を印刷した後、上記用紙に透明樹脂フィルムラミネート加工することを特徴とする請求項1又は2記載の記念写真の制作方法。

技術分野

0001

本発明は、結婚出産等の記念写真または記念写真集に関し、特に、写真文字等を一枚の用紙内に納めることができる記念写真集の制作方法に関する。

背景技術

0002

結婚式や出産等の記念写真は、撮った写真の枚数にもよるが、通常は市販のアルバム貼付して記念写真集として保存している。しかしながら、結婚式の招待状やお祝いカード等も同時に整理して保存する場合には、個々に工夫を凝らしていたのが実情である。また、結婚式場または写真館等の専門業者注文に応じて結婚記念や出産記念のアルバムを別個に作成していた。結婚式等の記念写真と、祝辞等をカード等の一枚の用紙に印刷する方法としては、従来は、次のように行っていた。まず、当日の祝辞等の文字部分を活字に組み、記念写真は、通常の写真製版を形成する。そして、これらを組み合わせた版を制作した後、カード若しくはアルバムの台紙等の所定の用紙にそれぞれ印刷していた。

発明が解決しようとする課題

0003

しかし、上記の制作方法によれば、活字を組む作業や、写真製版を作るための手作業が多く、そのため、納期が長く、しかも高価なものとなっていた。本発明は、上記の事実から考えられたもので、短期間に、しかも、安価にできる記念写真集の制作方法を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0004

上記の目的を達成するために本発明は、コンピュータによりデジタル化した文字及び/又は模様を形成する工程と、写真を画像読取手段で読みとってデジタルデータに変換する工程と、コンピュータのディスプレイ画面内で上記文字及び/又は模様と写真とをレイアウトする工程と、レイアウトが終わった画面を印刷する工程とからなることを特徴としている。

0005

本件発明の別の実施例としては、コンピュータによりデジタル化した文字及び/又は模様を形成する工程と、デジタルカメラによって画像のデジタルデータを撮影する工程と、コンピュータのディスプレイ画面内で上記文字及び/又は模様と写真とをレイアウトする工程と、レイアウトが終わった画面を印刷する工程とからなることを特徴とする記念写集の制作方法。

0006

上記写真をカラー写真またはモノクロ写真としたり、写真と文字及び/又は模様等を印刷した後、上記用紙に透明樹脂フィルムラミネート加工することとしてもよい。

発明を実施するための最良の形態

0007

以下に図面を用いて本発明の実施例を詳細に説明する。図1は、本発明の方法により形成された記念写真集である。同図に示す符号1が記念写真集で、写真部分1aと祝辞等の文字部分1bとを有する。

0008

図2は、本発明の記念写真集を製造する工程を示す図である。先ず、パソコン又はワープロ等3により祝辞の部分をデジタルデータとして形成する。この場合、文字の代わりに、あるいは文字と合わせて種々の模様を付加してもよい。こうして制作された文字及び/又は模様部分は、フロッピーディスク等の記録媒体に記録される。

0009

次に、画像読取手段4により、記念写真を読み取り、接続されたパソコン5で写真データをデジタル化する。画像読取手段4としては、通常のイメージスキャナでもよいが、ネガ又はポジフィルムから読み込めるフィルムスキャナを使用することが望ましい。この写真データもフロッピーディスク等の適当な記録媒体に記録しておく。なお、パソコン5は、文字データの制作に使用したパソコン3を使用することもできる。

0010

次に、通常のカメラで記念写真を撮影するのに代えて、デジタルカメラを利用することも可能である。この場合は、デジタルカメラを利用して写真を画像のデジタルデータとして撮影し、この画像データをコンピュータのディスプレイ画面内に取り込んで上記文字及び/又は模様と画像とをレイアウトして構成する。この方法によれば、写真をイメージスキャナまたはフィルムスキャナに掛ける手間が省けると同時に、鮮明な写真の画像がそのままデジタルデータとして利用できるので、写真の解像度スキャナの精度に左右されることがなく鮮明な写真を利用することができる。

0011

これらの文字データと写真データとを、1つのコンピュータ6に入力し、1頁分の文字と写真とをディスプレイの同一画面上に呼び出し、頁単位でレイアウト等のデザインを行う。このコンピュータ6も、パソコン3、5と同じものを使用することが可能である。したがって、コンピュータは1台あればよい。また、総てのデータがデジタル化されているので、このレイアウトを行うとき、文字や模様を追加・削除したり、写真の中や周辺に模様や文字等を描き込むことも可能である。

0012

レイアウトが終了したら、画像プリンタ7で所定の用紙にプリントアウトし、記念写真集1が完成する。画像プリンタ7としては、鮮明な写真を得るためには、超高品質カラー画像プリンタたとえばピクトログラフィ(登録商標)等を使用することが望ましい。

0013

プリントが終了したら、必要に応じて、ラミネータ8に透明な樹脂フィルム9と本発明の記念写真集1とを送り込み、ラミネート加工を行う。これによって、ラミネートされた記念写真集10が出来上がる。こうしてラミネートされた記念写真集は、汚れ、変色等を防止し、長期間高品質を保つことができる。以上の制作において、パソコンやコンピュータは、たとえばデスクトップパブリッシングソフトウェアを使用することが望ましい。

発明の効果

0014

以上に説明したように本発明によれば、写真と文字をデジタル化して一体化できるので、デザインが容易にできる。また、面倒な版下の制作が不用になり、簡単にできる。さらに、適当なプリンタを使用することにより、グラビア集と同等のイメージ写真集を制作することも可能である。また、コンピュータにより編集するので、少量多品種の制作が安価にできるようになる。

図面の簡単な説明

0015

図1本発明の記念写真集を示す図である。
図2本発明の記念写真集を制作する工程を示す図である。

--

0016

1記念写真集
1a写真部分
1b文字及び/又は模様部分
3パソコン
4画像読取装置
5,6コンピュータ
7プリンタ
8ラミネータ
9 透明なフィルム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ