図面 (/)

技術 遊技場用ワゴンサービス装置

出願人 サン機工株式会社
発明者 轡田國幸河田敏材
出願日 1996年2月26日 (24年9ヶ月経過) 出願番号 1996-065362
公開日 1997年9月2日 (23年2ヶ月経過) 公開番号 1997-225135
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等) 自動販売機等の制御,補助装置
主要キーワード サービスワゴン 各注文者 収益向上 配達品 受皿内 無線送出 サービス指示 パチンコ玉排出口
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年9月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

移動しながら配達注文内容を把握できる遊技場用ワゴンサービス装置を提供する。

解決手段

ホストコンピュータ17は、操作部11への所定のサービス要求入力操作に基づき、カウンタ側端末機4Aに所定のサービス指示信号を送出する。カウンタ側端末機4Aは、サービス指示信号をワゴン側端末機15Aに無線送出する。ワゴン側端末機15Aはカウンタ側端末機4Aよりサービス指示信号を受信する。

概要

背景

従来、パチンコ店パチンコホール)内に設けられた複数の島部には遊技機としてのパチンコ機が複数並設されている。係るパチンコ店内の一部或いは島部の一部にはパチンコ玉収容器が設置されており、このパチンコ玉収容器と複数のパチンコ機とをパチンコ玉循環している。即ち、これらのパチンコ機はパチンコ玉収容器内のパチンコ玉を複数のパチンコ機に循環する全店式或いは島還元式等で構成されている。

パチンコ店はパチンコ機をできるだけ数多く設置して収益の増大を図っており、これによって島部と島部の間は狭い通路となっている。またパチンコ機を楽しむ遊技客は島部と島部の狭い通路を通って自分の使用するパチンコ機を選び、パチンコ機に並設された台間玉貸機金銭投入部に所定の金銭を投入し、投入した金額分のパチンコ玉をパチンコ機の前面に設けられたパチンコ玉受皿内に排出し、これによりパチンコ機のプレーを楽しんでいる。

一方、一日あたり数百人もの遊技客が出入りしているパチンコ店等においては、何時何処の誰が入店されているのか、また入店した客の職業年齢等を知る由もない。そこで、特開平7−47169号公報(A63F7/02)では、会員カード発行して遊技客である顧客、或いは一元客等を容易に把握している。

この場合、パチンコ店は遊技客が会員カードを利用することによってホストコンピュータ集計登録された出玉の数量、特賞回数特賞スタート回数、特賞後打ち込み玉数等の確認、或いはポイント数加算等のサービス提供を受けている。これによってパチンコ店は入店した客の職業、年齢、住所等を容易に把握している。

係る遊技客がパチンコ店の会員になる場合、パチンコ店内の所定位置に予め備え付けられた会員カード申込書に職業、年齢、住所等の所定事項を記載する。そして、会員カード申込書に記載された内容や会員専用会員番号、パチンコ店番号等がホストコンピュータに登録処理する。登録処理が完了したら会員番号が記録された会員カードをカード作製会社等に依頼して発行され、数日してから遊技客に会員カードが届いていた。

一方、パチンコ機のプレーを楽しんでいる遊技客は、パチンコ機の前面の私物を置く等して使用中のパチンコ機を確保し、パチンコ店内に設置された自動販売機飲み物購入し、或いは、パチンコ店の外で飲み物の購入や軽食等を行なって疲労回復等の一時休息を行なっている。この場合、遊技客が一時休息を行なうと、パチンコ機が一時中断して遊んでしまい、パチンコ店の売り上げが低下していた。

そこで近年では遊技客にコーヒーコーラウーロン茶、おしぼり或いは軽食等を運ぶワゴンサービス配達サービス)が行なわれるようになってきている。このワゴンサービスはサービスカウンタ端末機を設けこの端末機とパチンコ機近傍に設けた入力装置有線で接続している。そして遊技客が入力装置でワゴンサービスを入力すると、サービスカウンタに設けられた端末機の画面に遊技客のパチンコ機の台番号注文内容等が表示される。これによって店員注文を受けた品物台所調理し遊技客まで配達している。

概要

移動しながら配達注文内容を把握できる遊技場用ワゴンサービス装置を提供する。

ホストコンピュータ17は、操作部11への所定のサービス要求入力操作に基づき、カウンタ側端末機4Aに所定のサービス指示信号を送出する。カウンタ側端末機4Aは、サービス指示信号をワゴン側端末機15Aに無線送出する。ワゴン側端末機15Aはカウンタ側端末機4Aよりサービス指示信号を受信する。

目的

本発明は、係る従来技術の課題を解決するために成されたものであり、移動しながら配達注文内容を把握でき、且つ、移動しながら会員を増やせる遊技場用ワゴンサービス装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

パチンコ機等の遊技機に並設された台間玉貸機と、この台間玉貸機に設けられた金銭投入部、会員カードリーダ及び入力手段と、サービスカウンタに設けられたカウンタ側端末機と、移動可能なサービスワゴンと、このサービスワゴンに設けられたワゴン側端末機と、制御手段とを備え、この制御手段は、前記入力手段への所定のサービス要求入力操作に基づき、前記カウンタ側端末機に所定のサービス指示信号を送出すると共に、前記カウンタ側端末機は、受信した前記サービス指示信号を、前記ワゴン側端末機に転送することを特徴とする遊技場用ワゴンサービス装置。

請求項2

カウンタ側端末機は、サービス指示信号をワゴン側端末機に無線送出することを特徴とする請求項1の遊技場用ワゴンサービス装置。

請求項3

パチンコ機等の遊技機に並設された台間玉貸機と、この台間玉貸機に設けられた金銭投入部、会員カードリーダ及び入力手段と、移動可能なサービスワゴンと、このサービスワゴンに設けられたワゴン側端末機と、制御手段とを備え、この制御手段は、前記入力手段への所定のサービス要求入力操作に基づき、前記ワゴン側端末機に所定のサービス指示信号を送出することを特徴とする遊技場用ワゴンサービス装置。

請求項4

制御手段は、サービス指示信号をワゴン側端末機に無線送出することを特徴とする請求項3の遊技場用ワゴンサービス装置。

請求項5

ワゴン側端末機はデータ記録装置を有すると共に、このデータ記録装置に入力された会員カード等に関するデータ信号を、制御手段に送出することを特徴とする請求項1又は請求項3の遊技場用ワゴンサービス装置。

技術分野

0001

本発明は、遊技客への配達サービスを容易にした遊技場用ワゴンサービス装置に関するものである。

背景技術

0002

従来、パチンコ店パチンコホール)内に設けられた複数の島部には遊技機としてのパチンコ機が複数並設されている。係るパチンコ店内の一部或いは島部の一部にはパチンコ玉収容器が設置されており、このパチンコ玉収容器と複数のパチンコ機とをパチンコ玉循環している。即ち、これらのパチンコ機はパチンコ玉収容器内のパチンコ玉を複数のパチンコ機に循環する全店式或いは島還元式等で構成されている。

0003

パチンコ店はパチンコ機をできるだけ数多く設置して収益の増大を図っており、これによって島部と島部の間は狭い通路となっている。またパチンコ機を楽しむ遊技客は島部と島部の狭い通路を通って自分の使用するパチンコ機を選び、パチンコ機に並設された台間玉貸機金銭投入部に所定の金銭を投入し、投入した金額分のパチンコ玉をパチンコ機の前面に設けられたパチンコ玉受皿内に排出し、これによりパチンコ機のプレーを楽しんでいる。

0004

一方、一日あたり数百人もの遊技客が出入りしているパチンコ店等においては、何時何処の誰が入店されているのか、また入店した客の職業年齢等を知る由もない。そこで、特開平7−47169号公報(A63F7/02)では、会員カード発行して遊技客である顧客、或いは一元客等を容易に把握している。

0005

この場合、パチンコ店は遊技客が会員カードを利用することによってホストコンピュータ集計登録された出玉の数量、特賞回数特賞スタート回数、特賞後打ち込み玉数等の確認、或いはポイント数加算等のサービス提供を受けている。これによってパチンコ店は入店した客の職業、年齢、住所等を容易に把握している。

0006

係る遊技客がパチンコ店の会員になる場合、パチンコ店内の所定位置に予め備え付けられた会員カード申込書に職業、年齢、住所等の所定事項を記載する。そして、会員カード申込書に記載された内容や会員専用会員番号、パチンコ店番号等がホストコンピュータに登録処理する。登録処理が完了したら会員番号が記録された会員カードをカード作製会社等に依頼して発行され、数日してから遊技客に会員カードが届いていた。

0007

一方、パチンコ機のプレーを楽しんでいる遊技客は、パチンコ機の前面の私物を置く等して使用中のパチンコ機を確保し、パチンコ店内に設置された自動販売機飲み物購入し、或いは、パチンコ店の外で飲み物の購入や軽食等を行なって疲労回復等の一時休息を行なっている。この場合、遊技客が一時休息を行なうと、パチンコ機が一時中断して遊んでしまい、パチンコ店の売り上げが低下していた。

0008

そこで近年では遊技客にコーヒーコーラウーロン茶、おしぼり或いは軽食等を運ぶワゴンサービス(配達サービス)が行なわれるようになってきている。このワゴンサービスはサービスカウンタ端末機を設けこの端末機とパチンコ機近傍に設けた入力装置有線で接続している。そして遊技客が入力装置でワゴンサービスを入力すると、サービスカウンタに設けられた端末機の画面に遊技客のパチンコ機の台番号注文内容等が表示される。これによって店員注文を受けた品物台所調理し遊技客まで配達している。

発明が解決しようとする課題

0009

しかしながら、ワゴンサービス中にはサービスカウンタの端末機に注文が入る場合もあり、この注文は店員がサービスカウンタに戻るまでわからなかった。このため、ワゴンサービス中に注文が入っても一度サービスカウンタに戻らないと次の注文に対応できず、これを対処するためパチンコ店は多数の店員を確保しなければならない問題があった。

0010

また、遊技客がパチンコ店の会員になる場合、パチンコ店内の所定位置に予め備え付けられた会員カード申込書の所まで行かなけらばならず、そこまでいって会員カード申込書に記載するのが煩わしくパチンコ店の会員数の増加が低迷している問題があった。

0011

また、会員が会員カード申込書をパチンコ店に提出してから数日待たないと会員カードが遊技客に届かないため、会員が会員カード申込書をパチンコ店に提出しても即会員としての特典を利用できない問題があった。

0012

本発明は、係る従来技術の課題を解決するために成されたものであり、移動しながら配達注文内容を把握でき、且つ、移動しながら会員を増やせる遊技場用ワゴンサービス装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0013

即ち、請求項1の遊技場用ワゴンサービス装置は、パチンコ機2等の遊技機に並設された台間玉貸機3と、この台間玉貸機3に設けられた金銭投入部6、会員カードリーダ14及び入力手段(操作部)11と、サービスカウンタ4に設けられたカウンタ側端末機4Aと、移動可能なサービスワゴン15と、このサービスワゴン15に設けられたワゴン側端末機15Aと、制御手段(ホストコンピュータ)17とを備え、この制御手段(ホストコンピュータ)17は、入力手段(操作部)11への所定のサービス要求入力操作に基づき、カウンタ側端末機4Aに所定のサービス指示信号を送出すると共に、カウンタ側端末機4Aは、受信したサービス指示信号を、ワゴン側端末機15Aに転送するものである。

0014

また、請求項2の遊技場用ワゴンサービス装置は請求項1において、カウンタ側端末機4Aは、サービス指示信号をワゴン側端末機15Aに無線送出するものである。

0015

また、請求項3の遊技場用ワゴンサービス装置は、パチンコ機2等の遊技機に並設された台間玉貸機3と、この台間玉貸機3に設けられた金銭投入部6、会員カードリーダ14及び入力手段(操作部)11と、移動可能なサービスワゴン15と、このサービスワゴン15に設けられたワゴン側端末機15Aと、制御手段(ホストコンピュータ)17とを備え、この制御手段(ホストコンピュータ)17は、入力手段(操作部)11への所定のサービス要求入力操作に基づき、ワゴン側端末機15Aに所定のサービス指示信号を送出するものである。

0016

更に、請求項4の遊技場用ワゴンサービス装置は請求項3において、制御手段(ホストコンピュータ)17は、サービス指示信号をワゴン側端末機15Aに無線送出するものである。

0017

更にまた、請求項5の遊技場用ワゴンサービス装置は、請求項1又は請求項3において、ワゴン側端末機15Aはデータ記録装置16を有すると共に、このデータ記録装置16に入力された会員カード等に関するデータ信号を、制御手段(ホストコンピュータ)17に送出するものである。

発明を実施するための最良の形態

0018

次に、図面に基づき本発明の実施の形態を詳述する。図1はパチンコ機2に並設した台間玉貸機3の正面図、図2は台間玉貸機3の正面図、図3は台間玉貸機3の操作部11の拡大正面図、図4は本発明の遊技場用ワゴンサービス装置のブロック図、図5はワゴンサービスのフローチャートをそれぞれ示している。パチンコ店内には島部1が複数設けられると共にパチンコ店内の所定位置にサービスカウンタ4が設置されている。

0019

係る島部1の複数のパチンコ機2・・・の横にはそれぞれ台間玉貸機3・・・が並設されており、この台間玉貸機3は幅約30mm、奥行き約160mm、高さはパチンコ機2と略同等で矩形状を呈している。この台間玉貸機3の本体5前面には化粧パネル5Aが取り付けられており、化粧パネル5Aの上方に金銭投入部6が設けられている。

0020

係る金銭投入部6は、紙幣投入口6Aと硬貨投入口6Bとから構成されており、上側に紙幣投入口6A、下側に硬貨投入口6Bが設けられている。また、金銭投入部6の下方にはパチンコ玉払い出し部8が設けられており、パチンコ玉払い出し部8の下方には会員カード挿入口14Aが設けられている。

0021

パチンコ玉払い出し部8には化粧パネル5Aより突出したカバー8Aが設けられており、カバー8Aの上方に前側を傾斜した傾斜部9が設けられている。そして、カバー8A内には下方にむけてパチンコ玉排出口12が取り付けられており、パチンコ玉排出口12の先が回動自由に取り付けられている。

0022

このパチンコ玉排出口12の先は後述するパチンコ機2のパチンコ玉受皿20の上方に移動可能に構成されており、パチンコ玉排出口12の先をパチンコ玉受皿20上方に移動させた状態で、金銭投入部6より所定の金銭を投入すると、投入した金額に相当するパチンコ玉がパチンコ玉受皿20内に排出されるように構成している。

0023

また傾斜部9と、金銭投入部6の間の上側には7セグメントLED或いは液晶表示装置等による表示部7が設けられており、下側には入力手段としての操作部11が設けられている。この表示部7は後述する操作ボタン11Aに対応した内容を表示するように構成されると共に、表示部7は金銭投入部6から投入された紙幣硬貨に対応した金額(この場合、本体5内部に設けられた図示しない金銭識別装置で紙幣や硬貨の真偽識別された後の金額)を表示するように構成されている。

0024

また、台間玉貸機3下方には会員カードリーダ14が設けられている。会員カードリーダ14は本体5内部に設けられており、会員カードリーダ14の前面(化粧パネル5A側)に会員カード挿入口14Aが設けられている。この、会員カード挿入口14Aに会員カードを挿入することにより会員カードリーダ14で会員カードのデータが読み込まれるように構成している。

0025

また、パチンコ玉排出口12と会員カード挿入口14Aの間には硬貨返却口13が設けられている。この硬貨返却口13は、硬貨投入口6Bから投入された硬貨が金銭識別装置(硬貨識別装置)で識別され、投入された硬貨がと判断された場合硬貨返却口13から返却するように構成されている。

0026

一方、操作部11の操作ボタン11Aは例えば押しボタンスイッチで構成されており図3に示す如き横2列、縦8段の合計16個設けられている。この操作部11は上方に操作ボタン11Aとしての機能切り替えボタンが複数設けられており、機能切り替えボタンを操作することにより全数貯玉端数貯玉、再プレー、表示等を切り替え可能に構成されている。

0027

また、操作部11は下方に操作ボタン11Aとしての会員サービス取消等のボタンが設けられており、それらの操作ボタン11A・・・の間には操作ボタン11Aとしてのテンキー(0から9までの数字)が設けられている。各操作ボタン11A・・・は制御手段としてのホストコンピュータ17に接続されており、ホストコンピュータ17は押された操作ボタン11Aに対応した処理を行なうように構成している。

0028

そして、会員が会員カードを使用して操作ボタン11A・・・を操作(この場合パスワード等の入力を催促する等の機能を設けても良い)することにより、全数貯玉、端数貯玉、再プレー、表示等が行なえるように構成している。また、会員サービスボタンを押してからテン・キーを操作することにより、会員はパチンコ店のホストコンピュータ17に集計登録されたサービス情報やワゴンサービスの提供が受けられるように構成している。

0029

他方、ワゴンサービスは、パチンコ機2のプレーを楽しんでいる遊技客が操作ボタン11Aを操作することにより、パチンコ店の店員が、遊技客(会員)から注文を受けた所定の品物をワゴン15に載せパチンコ機2のプレーを楽しんでいる会員まで配達されるように構成している。このワゴンサービスの注文は会員が会員カードを使用して所定のテン・キーを操作することにより行う。この場合テン・キーに対応して設けられた飲料水(コーヒー、コーラ、ウーロン茶等)や軽食等を選択して注文できる。

0030

また、図示しないパチンコ店のサービスカウンタ4には、カウンタ側端末機4Aが設けられており、このカウンタ側端末機4Aはホストコンピュータ17に接続されホストコンピュータ17とデータの交信を行えるように構成されている。カウンタ側端末機4Aは周知のコンピュータで構成されており図示しない入力装置、ディスプレイプリンタ等で構成されると共に、カウンタ側端末機4Aには図示しない無線機が接続されている。

0031

また、サービスカウンタ4にはパチンコ店内を移動自由なワゴン15が用意されており、このワゴン15にはカウンタ側端末機4Aと略同等な入力装置、ディスプレイ、プリンタ等を備えたワゴン側端末機15Aが設けられると共に、図示しない無線機が設けられておりこの無線機はワゴン側端末機15Aに接続されている。また、ワゴン15には蓄電池(図示せず)が設けられており、この蓄電池はワゴン側端末機15Aを動作可能に構成している。

0032

また、サービスカウンタ4に設けた無線機とワゴン15に設けた無線機は相互にデータ通信可能に構成されており、ワゴン15がパチンコ店内のどこに移動してもサービスカウンタ4に設けた無線機と通信可能に構成されている。また、相互の無線機の通信は携帯電話或いは他のノイズ等に妨害されず通信データはパリティチェック等により誤動作を防止している。

0033

また、ワゴン15にはデータ記録装置16が設けられており、このデータ記録装置16はデータの記録されていない会員カードに所定の会員データを記録するように構成されている。係る、会員カードにデータを記録する場合、従来例で説明した如く遊技客に会員カード申込書に所定事項を記載してもらう。

0034

そして、ワゴン側端末機15Aに設けられた入力装置から会員カード申込書に記載された内容や会員専用の会員番号、パチンコ店番号等を入力し、これが無線で送信されてカウンタ側端末機4Aで受信され、ホストコンピュータ17に登録処理される。登録処理が完了したらデータ記録装置16で会員カードに会員番号を記録し、これが遊技客に発行される。これによりワゴン15による会員カードの発行を可能に構成している。

0035

一方、台間玉貸機3に設けたテン・キーを操作をするとパチンコ店のサービスカウンタ4に設けられたディスプレイにワゴンサービスの注文が表示される。そして、カウンタ側端末機4Aはサービス指示信号をワゴン側端末機15Aに無線送出する。これによりパチンコ店内を移動しているワゴン15がサービス指示信号を受信しその内容をディスプレイに表示する。

0036

また、パチンコ機2はパチンコ玉を操作して発射する操作ダイヤル22と、遊技盤23とから構成されており、遊技盤23の面にはガイドレール24が設けられている。尚、18はアウト穴、20はパチンコ玉受皿、21はパチンコ玉下受皿であり、パチンコ機2はホストコンピュータ17に接続されている。

0037

該、遊技客が金銭投入部6に所定の金銭を投入してパチンコ玉受皿20内にパチンコ玉を排出して、操作ダイヤル22を操作すると、図示しないパチンコ玉発射装置によってパチンコ玉が一個一個ガイドレール24に沿って発射される。発射されたパチンコ玉が図示しない入賞穴に入ると、所定量のパチンコ玉がパチンコ玉受皿20内に排出され、これが自分の持玉数に加算される。これによって遊技客はパチンコ機2のプレーを楽しんでいる。また、入賞穴に入らないパチンコ玉は遊技盤23下方のアウト穴18に入りパチンコ玉収納容器に循環するように構成されている。

0038

以上の構成で次に図5のフローチャートを使用して遊技場用ワゴンサービス装置の使用例を説明する。島部1のパチンコ機2・・・には台間玉貸機3が並設されており、各パチンコ機2・・・、各台間玉貸機3・・・及びカウンタ側端末機4Aはパチンコ店内のホストコンピュータ17に接続されているものとする。

0039

また、会員には予め会員カードが発行されているものとし、テン・キーは図3に示す如き「1」はコーヒー、「2」はコーラ、「3」はウーロン茶、「4」はおに対応しているものとする。また、指示信号のデータ量は少なく送出時間は極めて短時間で終了するものとし、一度に要求できるワゴンサービスは1件のみとする。また、ワゴン15には予め会員カード申込書が用意されていると共に、ワゴン15で会員募集を行っている旨をパチンコ店内やワゴン15等に表示しているものとする。

0040

まず、会員は使用するパチンコ機2が決定したらステップS1でパチンコ機2の左側に設置された台間玉貸機3の会員カード挿入口14Aに会員カードを挿入する。会員カードが挿入されると本体5内部に設けられた会員カードリーダ14で会員カードのデータが読み込まれ、読み込まれたデータがパチンコ店に登録された会員であればステップS2に進む。

0041

また、ステップS1で挿入されたカードが会員カードと異なる場合(この場合他のパチンコ店の会員カードを使用した場合や、他のカードが挿入された場合、或いは会員カードのデータが破損した場合等)場合挿入されたカードを戻し再度会員カードの挿入を待つ。そして、ステップS2で操作ボタン11A(この場合会員サービスボタン)を押すと、表示部7に会員サービスボタンが押されたことを意味する「S. 」を表示してステップS3に進む。

0042

そこでワゴンサービスを受ける品物に相当する金銭を金銭投入部6に投入すると、金銭識別装置で金銭が識別され、投入された金銭が真である場合、表示部7に投入された金銭の金額を表示してステップS4に進む。また、ステップS3で投入された金銭が偽である場合、金銭を戻してステップS2に戻り操作ボタン11Aが押されるのを待つ。

0043

次に、ステップS4でテン・キー「1」を押すと表示部7には「S.1 」が表示される。この場合、ワゴンサービスの1番が選択されステップS5に進む。ここで、ワゴンサービス(テン・キー「1」を押した後)の注文を途中で打ち切り、或いは、テン・キーの番号を誤って入力した場合、操作ボタン(取消ボタン)11Aを押すとステップS2に戻る。

0044

また、ステップS5で再度操作ボタン(会員サービスボタン)11Aを押すとステップS6に進む。ここで台間玉貸機3からワゴンサービスの注文が略瞬時にホストコンピュータ17に送信される。ホストコンピュータ17は注文の品物に相当する金銭が投入されたのを認識すると共に、何処のパチンコ機2の会員からコーヒーの注文があったか否かを認識してステップS7に進む。

0045

ここでホストコンピュータ17はサービスカウンタ4に設けられたカウンタ側端末機4Aのディスプレイにパチンコ機2の台番号とコーヒーのワゴンサービスの注文があったことを表示すると共に、サービス指示信号をワゴン側端末機15Aに無線送出してステップS8に進む。

0046

そして、ワゴン側端末機15Aはカウンタ側端末機4Aよりの無線を受信してディスプレイにパチンコ機2の台番号とコーヒーのワゴンサービスの注文が入ったことを表示する。この場合ディスプレイに複数件の注文を表示してもよい。また、注文が入ったらディスプレイに注文内容を表示すると共に、ブザー音声等でパチンコ店の店員に知らせるようにしても良い。

0047

次にステップS9に進んで、ディスプレイの表示や、ブザー、音声等でワゴンサービスの注文を受けた店員は台所に行き注文の品物をワゴン15に載せて、ディスプレイに表示されたパチンコ機2の台番号の場所に届ける。係る、複数件の注文が入っている場合それらを一所にワゴン15に乗せて注文者の所に運べば極めて効率よくワゴンサービスを行うことができる。この場合ディスプレイに各注文者のパチンコ機2の台番号、注文内容が表示されているので間違うことがない。

0048

このように、遊技客が操作部11を操作してワゴンサービスの品物を入力するだけでホストコンピュータ17からカウンタ側端末機4Aに所定のサービス指示信号が送出されると共に、カウンタ側端末機4Aからサービス指示信号が無線でワゴン側端末機15Aに転送される。

0049

これにより、ワゴン15がパチンコ店内のどこを移動しているときでも容易に遊技客のワゴンサービスの注文を受けることができる。また、店員はワゴンサービス中サービスカウンタ4に戻ることなく次の注文内容を把握して次のワゴンサービスを行うことができる。従って、店員も少なくて済みパチンコ店は収益を増大を図ることができる。

0050

また、店員がワゴンサービスの途中パチンコ店の会員になりたい遊技客は、ワゴンサービスを行って店内を移動している店員を呼び止め、予めワゴン15に用意された会員カード申込書に職業、年齢、住所等の所定事項を記載する。そして、会員カード申込書に記載された内容や会員専用の会員番号、パチンコ店番号等をワゴン側端末機15Aに入力する。

0051

この場合ワゴン側端末機15Aはカウンタ側端末機4Aを介してホストコンピュータ17のデータを受信しており使用されていない会員番号が自動的に入力される。また、ワゴン側端末機15Aで入力したデータはワゴン側端末機15Aより送出されカウンタ側端末機4Aで受信されてホストコンピュータ17に登録される。これにより、パチンコ機2のプレーを楽しんでいる遊技客に即会員カードを発行することができ遊技客はその時点で会員としての特典を利用することができる。

0052

このように、ワゴンサービスの途中でもワゴン側端末機15Aから会員カードを発行でき、従来のように遊技客はパチンコ店内の所定位置に予め備え付けられた会員カード申込書の所まで行って会員カード申込書に記載する煩わしさも解消される。また、遊技客(非会員)がパチンコ店内を巡回しているワゴン15で会員申し込みを行うとその場で会員になることができ会員としての特典を利用することができる。

0053

一方、ステップS2で操作ボタン11A(会員サービスボタン以外のボタン)を押した場合ステップS10に進む。この場合ステップS2でテン・キー(この場合会員サービスボタンは押さない)を押してパスワードを入力してステップS10に進む。ここで、パチンコ店の情報サービスが受けられ貯玉や再プレーを行なうことができる。

0054

即ち、会員は会員カードを使用してパスワードを入力することにより貯玉を引き出してパチンコ機2のプレーを行なうことができる。また、予め表示内容と対応した操作ボタン(テン・キー)11A・・・を操作する事により、ホストコンピュータ17に集計登録された全数貯玉、端数貯玉、ポイント数、特賞回数(図柄が揃い、或いは、数字が揃った場合の大当たりを特賞と云う)、特賞後スタート回数等の表示を行ないパチンコ店から所定のサービス提供を受ける事ができる。

0055

そして、会員はこれらの情報により使用するパチンコ機2を決めてパチンコ機2のプレーを多いに楽しむことができる。係る、会員がパチンコ機2の操作ダイヤル22を操作するとパチンコ玉受皿20内のパチンコ玉が図示しないパチンコ玉発射装置によって一個一個ガイドレール24に沿って発射される。そして、発射されたパチンコ玉が図示しない入賞穴に入ると所定量のパチンコ玉がパチンコ玉受皿20内に排出されこれが自分の持玉数に加算される。

0056

また、入賞穴に入らないパチンコ玉はアウト穴18に入りパチンコ玉収納容器に循環する。これによって会員はパチンコ機2のプレーを楽しんでいる。そして、会員がパチンコ機2のプレーを楽しんでいるとき、渇きや空腹等が発生したときは前述の説明の如き操作部11の操作ボタン11Aを操作することにより巡回中のワゴン15にワゴンサービスの注文が入るので、ワゴン1を移動かしている店員は即次のワゴンサービスを行うことができる。

0057

次に、遊技場用ワゴンサービス装置の他の例を説明する。この場合、ホストコンピュータ17には無線機17Aが設けられている。そして、ホストコンピュータ17の無線機17Aとワゴン側端末機15A(この場合カウンタ側端末機4Aを介してもよい)は相互に通信可能に構成している。即ち、ホストコンピュータ17の無線機17Aとワゴン側端末機15Aの無線機は相互に通信可能に構成している。

0058

これにより、ワゴン15がパチンコ店内のどこを移動していてもホストコンピュータ17の無線機17Aから直接ワゴン側端末機15Aに注文データを送信してワゴンサービスを行なうことができる。従って、大型パチンコ店などはパチンコ店のサービスカウンタの業務とワゴンサービスの業務を分離することができる。また、ワゴンサービスを行う店員はワゴンサービス中でも容易に他のワゴンサービスの注文を受け付けることができる。これにより、ワゴンサービスの効率が極めて向上できる。

0059

またワゴンサービスを行ながら会員カードを発行していので、遊技客は会員カードが発行された時点で会員としての特典を利用することができるようになる。また、従来のように遊技客はパチンコ店内の所定位置に予め備え付けられた会員カード申込書の所まで行って会員カード申込書に記載する煩わしさも解消される。また、遊技客(非会員)がパチンコ店内を巡回しているワゴン15で会員申し込みを行うことによりその場で会員になることができ会員としての特典を即利用できる。

0060

尚、実施の形態では、金銭により所定品物のワゴンサービスを行なったがこれに限らず、遊技客(非会員含む)の持玉数をホストコンピュータ17で管理し、その持玉数の中からワゴンサービスの品物に相当するパチンコ玉を引き落として所定のワゴンサービスを行なうようにしても差し支えない。

0061

また、操作ボタン11Aを操作することによりコーヒー、コーラ、ウーロン茶、お茶等のワゴンサービスを行なうようにしたが、これに限らずステップS2で操作ボタン11A(会員サービスボタン)を押した後、ステップS4(金銭投入を行わない)に進んでパチンコ機2等の不具合や、おしぼり、水等は直接選択できるようにしても差し支えない。この場合必要に応じてステップS3を介しても差し支えない。

0062

また、操作ボタン11Aのテン・キーの「1」〜「4」に所定のワゴンサービスの品物を対応させたがこれに限らず、テン・キーの「1」〜「4」に他のワゴンサービスの品物を対応させても差し支えない。また、「1」〜「4」のテン・キーに限らず、それ以外の数字(例えば5〜9或いは2桁の数字)に所定の配達品物を対応させても差し支えない。

発明の効果

0063

以上詳述した如く請求項1、請求項2の発明によれば、パチンコ機等の遊技機に並設された台間玉貸機と、この台間玉貸機に設けられた金銭投入部、会員カードリーダ及び入力手段と、サービスカウンタに設けられたカウンタ側端末機と、移動可能なサービスワゴンと、このサービスワゴンに設けられたワゴン側端末機と、制御手段とを備え、この制御手段は、入力手段への所定のサービス要求入力操作に基づき、カウンタ側端末機に所定のサービス指示信号を送出すると共に、カウンタ側端末機は、受信したサービス指示信号を、ワゴン側端末機に転送するようにしているので、ワゴンがパチンコ店内のどこを移動していても遊技客からのサービス指示信号をワゴン側の端末機で受信することができる。これにより、ワゴンがパチンコ店内のどこを移動していても容易にワゴンサービスを行うことができる。従って、ワゴンサービスの効率が極めて向上し、パチンコ店の店員も少なくて済み、パチンコ店は大幅な収益の向上を図ることができるようになるものである。

0064

特に、複数件の注文が入っている場合それら複数件の注文の品物を全てワゴンに乗せてそれぞれの注文者の所に運ぶことができるので、極めて効率よくワゴンサービスを行うことができるものである。

0065

また、請求項3、請求項4の発明によれば、パチンコ機等の遊技機に並設された台間玉貸機と、この台間玉貸機に設けられた金銭投入部、会員カードリーダ及び入力手段と、移動可能なサービスワゴンと、このサービスワゴンに設けられたワゴン側端末機と、制御手段とを備え、この制御手段は、入力手段への所定のサービス要求入力操作に基づき、ワゴン側端末機に所定のサービス指示信号を送出するようにしているので、ワゴンがパチンコ店内のどこを移動していても遊技客からのサービス指示信号をワゴン側端末機で受信することができる。これにより、ワゴンがパチンコ店内のどこを移動していても直接ワゴン側端末機に送信してワゴンサービスを行なうことができ、大型パチンコ店などはパチンコ店のサービスカウンタの業務とワゴンサービスの業務を分離が可能となる。従って、ワゴンサービスの効率が極めて向上し、パチンコ店は大幅な収益向上を図ることができるようになるものである。

0066

また、請求項5の発明によれば請求項1又は請求項3において、ワゴン側端末機はデータ記録装置を有すると共に、このデータ記録装置に入力された会員カード等に関するデータ信号を、制御手段に送出するようにしているので、ワゴンサービスを行ながら会員カードを発行することが可能となる。これにより、従来のように遊技客はパチンコ店内の所定位置に予め備え付けられた会員カード申込書置き場まで行って会員カード申込書に記載する煩わしさも解消される。従って遊技客は会員カードが発行されたその場で会員としての特典を利用することができるようになり、遊技客の利便性が極めて向上するようになるものである。

0067

特に、パチンコ店内を巡回中のワゴンにより会員を増すことが員できるので、会員数も極めて増大させることができパチンコ店は大幅に収益向上を図ることができるようになる。

図面の簡単な説明

0068

図1パチンコ機に並設した台間玉貸機の正面図である。
図2本発明の台間玉貸機の正面図である。
図3台間玉貸機の操作部の拡大正面図である。
図4本発明の遊技場用ワゴンサービス装置のブロック図である。
図5ワゴンサービスのフローチャート図である。

--

0069

2パチンコ機
3台間玉貸機
4サービスカウンタ
4A カウンタ側端末機
6金銭投入部
7 表示部
8パチンコ玉払い出し部
11 操作部
12パチンコ玉排出口
14会員カードリーダ
14A会員カード挿入口
15ワゴン
15Aワゴン側端末機
16データ記録装置
17ホストコンピュータ
17A無線機
22 操作ダイヤル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】遊技者にとって有利な状況を示唆する演出を好適に行うことができる遊技機を提供する。【解決手段】特定演出は、共通パートの後、特典が付与されていることが示唆される成功パート、または特典が付与されてい... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】遊技者にとって有利な状況を示唆する演出を好適に行うことができる遊技機を提供する。【解決手段】特定演出は、共通パートの後、特典が付与されていることが示唆される成功パート、または特典が付与されてい... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】遊技者にとって有利な状況を示唆する演出を好適に行うことができる遊技機を提供する。【解決手段】特定演出は、共通パートの後、特典が付与されていることが示唆される成功パート、または特典が付与されてい... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ