図面 (/)

技術 ステレオマイクロフォン装置

出願人 ソニー株式会社
発明者 宮井功浜田一郎
出願日 1996年1月16日 (24年11ヶ月経過) 出願番号 1996-005183
公開日 1997年7月31日 (23年4ヶ月経過) 公開番号 1997-200890
状態 特許登録済
技術分野 ステレオ配置 可聴帯域変換器の細部(特性を得るもの) 可聴帯域変換器用回路 可聴帯域変換器の回路等
主要キーワード 機械的ノイズ 中央マイク マイクカプセル 増幅音声信号 後方マイク 吹かれ ブロック線 相殺効果
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年7月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

全体として小型になし得、風吹かれノイズ及び振動ノイズの影響が少なく、ステレオ感の安定し、収音ズームを可能にしたステレオマイクロフォン装置を得る。

解決手段

同じ特性で、共に無指向性の、左チャンネルの第1及び2のマイクロフォンMCa、MCc並びに右チャンネルの第3及び第4のマイクカプセルCb、MCdを具備し、疑似中央マイクフォン出力音声信号を得る第1の演算回路と、疑似側面マイクロフォン出力音声信号を得る第2の演算回路と、疑似側面マイクロフォン出力音声信号のレベルをβ倍(但し、βは0≦β≦1の範囲で可変できる)する利得可変回路8と、疑似中央マイクロフォン出力音声信号からβ倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を減算して、左音声信号を得る減算器10と、疑似中央マイクロフォン出力音声信号及びβ倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を加算して、右音声信号を得る加算器9を設ける。

概要

背景

従来のステレオマイクロフォン装置としては、単一指向性マイクフォンと、双指向性マイクロフォンとを組み合わせ、単一指向性マイクロフォンよりの音声信号に対し、双指向性マイクロフォンよりの音声信号を加算及び減算することにより、ステレオ音声信号を得るようにしたものがある。

次に、無指向性マイクカプセルマイクロフォンカプセル)を用いた従来のステレオマイクロフォン装置について、図7及び図8を参照して説明する。MCl、MCrはそれぞれ左及び右マイクカプセルで、各受音面はそれぞれ外側面を向いており、風防WDに埋め込まれている両マイクカプセルMCl、MCrの両外側面間の距離をm′とする。

左及び右チャンネルマイクカプセルMCl、MCrよりの音声信号を、それぞれバッファ増幅器25L、25Rを通じて、合成器28L、28Rに供給すると共に、それぞれ遅延器25L、25R及び減衰器27L、27Rの縦続回路を通じて、合成器28R、28Lにそれぞれ供給する。合成器28Lにおいて、バッファ増幅器25Lよりの音声信号から、減衰器27Rよりの音声信号を減算し、その減算出力等化器29Lに供給して、出力端子30Lから左音声信号を得る。合成器28Rにおいて、バッファ増幅器25Rよりの音声信号から、減衰器27Rよりの音声信号を減算し、その減算出力を等化器29Rに供給して、出力端子30Rから右音声信号を得る。

このステレオマイクロフォン装置では、左及び右チャンネルのマイクカプセルMCl、MCrよりの左及び右チャンネルの音声信号から、それぞれ電気的に遅延及び減衰した音声信号を作り、それぞれを右及び左チャンネルの音声信号から減算して、左及び右音声信号を作り、これによって3kHz程度以下の低域でステレオ感のあるステレオ音声信号を得るようにしている。尚、3kHz程度以上の高域では、左及び右チャンネルのマイクカプセルMCl、MCrを正面に対し、少し外側に向けて収音するようにすれば、高域でのステレオ感のあるステレオ音声信号を得ることができる。

概要

全体として小型になし得、風吹かれノイズ及び振動ノイズの影響が少なく、ステレオ感の安定し、収音ズームを可能にしたステレオマイクロフォン装置を得る。

同じ特性で、共に無指向性の、左チャンネルの第1及び2のマイクロフォンMCa、MCc並びに右チャンネルの第3及び第4のマイクカプセルMCb、MCdを具備し、疑似中央マイクロフォン出力音声信号を得る第1の演算回路と、疑似側面マイクロフォン出力音声信号を得る第2の演算回路と、疑似側面マイクロフォン出力音声信号のレベルをβ倍(但し、βは0≦β≦1の範囲で可変できる)する利得可変回路8と、疑似中央マイクロフォン出力音声信号からβ倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を減算して、左音声信号を得る減算器10と、疑似中央マイクロフォン出力音声信号及びβ倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を加算して、右音声信号を得る加算器9を設ける。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

同じ特性で、共に無指向性の、左チャンネルの第1及び2のマイクロフォン並びに右チャンネルの第3及び第4のマイクカプセル具備し、前記第1及び第3のマイクカプセルをその各受音面所定間隔を置いて互いに対向するように配すると共に、前記第1及び第3のマイクカプセルより所定距離だけ後方に、前記第2及び第4のマイクカプセルをその各受音面の反対側の面が所定間隔を置いて互いに対向するように配し、前記第1及び第3のマイクカプセルよりの音声信号A、Bを加算して得た第1の加算音声信号から、前記第2及び第4のマイクカプセルよりの音声信号C、Dを加算して得た第2の加算音声信号を所定時間遅延させ且つ所定量減衰させた後に減算して、疑似中央マイクフォン出力音声信号を得る第1の演算回路と、前記第4のマイクカプセルよりの音声信号Dから、前記第2のマイクカプセルよりの音声信号Cを減算して得た減算音声信号を含む疑似側面マイクロフォン出力音声信号を得る第2の演算回路と、前記疑似側面マイクロフォン出力音声信号のレベルをβ倍(但し、βは0≦β≦1の範囲で可変できる)する利得可変回路と、前記疑似中央マイクロフォン出力音声信号から前記β倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を減算して、左音声信号を得る減算器と、前記疑似中央マイクロフォン出力音声信号及び前記β倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を加算して、右音声信号を得る加算器とを有することを特徴とするステレオマイクロフォン装置

請求項2

請求項1に記載のステレオマイクロフォン装置において、前記疑似側面マイクロフォン出力音声信号は、前記第3のマイクカプセルよりの音声信号Bから、第1のマイクカプセルよりの音声信号Aを減算して得た減算音声信号をも含むことを特徴とするステレオマイクロフォン装置。

請求項3

同じ特性で、共に無指向性の、中央部マイクカプセル並びに左及び右チャンネルのマイクカプセルを具備し、前記中央部マイクカプセルをその受光面が前方を向くように配すると共に、前記中央部マイクカプセルより所定距離だけ後方に、前記左及び右チャンネルのマイクカプセルをその各受音面の反対側の面が所定間隔を置いて互いに対向するように配し、前記中央部マイクカプセルよりの音声信号A′の2倍のレベルの音声信号から、前記左及び右チャンネルのマイクカプセルよりの音声信号C、Dを加算して得た加算音声信号を所定時間遅延させ且つ所定量減衰させた後に減算して、疑似中央マイクロフォン出力音声信号を得る第1の演算回路と、前記右チャンネルのマイクカプセルよりの音声信号Dから、前記左チャンネルのマイクカプセルよりの音声信号Cを減算して得た減算音声信号からなる疑似側面マイクロフォン出力音声信号を得る第2の演算回路と、前記疑似側面マイクロフォン出力音声信号のレベルをβ倍(但し、βは0≦β≦1の範囲で可変できる)する利得可変回路と、前記疑似中央マイクロフォン出力音声信号から前記β倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を減算して、左音声信号を得る減算器と、前記疑似中央マイクロフォン出力音声信号及び前記β倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を加算して、右音声信号を得る加算器とを有することを特徴とするステレオマイクロフォン装置。

技術分野

0001

本発明はステレオマイクロフォン装置に関する。

背景技術

0002

従来のステレオマイクロフォン装置としては、単一指向性マイクフォンと、双指向性マイクロフォンとを組み合わせ、単一指向性マイクロフォンよりの音声信号に対し、双指向性マイクロフォンよりの音声信号を加算及び減算することにより、ステレオ音声信号を得るようにしたものがある。

0003

次に、無指向性マイクカプセルマイクロフォンカプセル)を用いた従来のステレオマイクロフォン装置について、図7及び図8を参照して説明する。MCl、MCrはそれぞれ左及び右マイクカプセルで、各受音面はそれぞれ外側面を向いており、風防WDに埋め込まれている両マイクカプセルMCl、MCrの両外側面間の距離をm′とする。

0004

左及び右チャンネルマイクカプセルMCl、MCrよりの音声信号を、それぞれバッファ増幅器25L、25Rを通じて、合成器28L、28Rに供給すると共に、それぞれ遅延器25L、25R及び減衰器27L、27Rの縦続回路を通じて、合成器28R、28Lにそれぞれ供給する。合成器28Lにおいて、バッファ増幅器25Lよりの音声信号から、減衰器27Rよりの音声信号を減算し、その減算出力等化器29Lに供給して、出力端子30Lから左音声信号を得る。合成器28Rにおいて、バッファ増幅器25Rよりの音声信号から、減衰器27Rよりの音声信号を減算し、その減算出力を等化器29Rに供給して、出力端子30Rから右音声信号を得る。

0005

このステレオマイクロフォン装置では、左及び右チャンネルのマイクカプセルMCl、MCrよりの左及び右チャンネルの音声信号から、それぞれ電気的に遅延及び減衰した音声信号を作り、それぞれを右及び左チャンネルの音声信号から減算して、左及び右音声信号を作り、これによって3kHz程度以下の低域でステレオ感のあるステレオ音声信号を得るようにしている。尚、3kHz程度以上の高域では、左及び右チャンネルのマイクカプセルMCl、MCrを正面に対し、少し外側に向けて収音するようにすれば、高域でのステレオ感のあるステレオ音声信号を得ることができる。

発明が解決しようとする課題

0006

上述の従来の単一指向性マイクロフォン及び双指向性マイクロフォンを組み合わせたステレオマイクロフォン装置は、単一指向性マイクロフォンがマイクロフォンの構造によって単一指向性を実現しているので、機械的ノイズや風吹かれノイズの影響が大きいので、電子機器にステレオマイクロフォン装置を取り付けて使用するビルトイン方式のマイクロフォン装置には不向きである。又、双指向性マイクロフォンは高価であるし、単一指向性マイクカプセル及び双指向性マイクカプセルを組み合わせて構成したステレオマイクロフォン装置は、2種類のマイクカプセルを用いているので、量産性が良くないという欠点がある。

0007

又、上述の従来の無指向性マイクカプセルを用いたステレオマイクロフォン装置は、両無指向性マイクカプセル間の間隔が比較的広い(3cm以上)と言う欠点がある。

0008

かかる点に鑑み、本発明は、全体として小型になし得、風吹かれノイズ及び振動ノイズの影響が少なく、ステレオ感の安定し、収音ズームを可能にしたステレオマイクロフォン装置を提案しようとするものである。

課題を解決するための手段

0009

第1の本発明のステレオマイクロフォン装置では、同じ特性で、共に無指向性の、左チャンネルの第1及び2のマイクロフォン並びに右チャンネルの第3及び第4のマイクカプセルを具備し、第1及び第3のマイクカプセルをその各受音面が所定間隔を置いて互いに対向するように配すると共に、第1及び第3のマイクカプセルより所定距離だけ後方に、第2及び第4のマイクカプセルをその各受音面の反対側の面が所定間隔を置いて互いに対向するように配する。

0010

そして、第1及び第3のマイクカプセルよりの音声信号A、Bを加算して得た第1の加算音声信号から、第2及び第4のマイクカプセルよりの音声信号C、Dを加算して得た第2の加算音声信号を所定時間遅延させ且つ所定量減衰させた後に減算して、疑似中央マイクロフォン出力音声信号を得る第1の演算回路と、第4のマイクカプセルよりの音声信号Dから、第2のマイクカプセルよりの音声信号Cを減算して得た減算音声信号を含む疑似側面マイクロフォン出力音声信号を得る第2の演算回路と、疑似側面マイクロフォン出力音声信号のレベルをβ倍(但し、βは0≦β≦1の範囲で可変できる)する利得可変回路と、疑似中央マイクロフォン出力音声信号からβ倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を減算して、左音声信号を得る減算器と、疑似中央マイクロフォン出力音声信号及びβ倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を加算して、右音声信号を得る加算器とを設ける。

0011

かかる第1の本発明によれば、ステレオ音声信号を得ることができると共に、βを可変することによって、収音し得る音源に対する距離を可変することができる。

発明を実施するための最良の形態

0012

以下に、図面を参照して、本発明の実施の形態を説明する。先ず、図1の実施の形態を説明する。同じ特性(音声電気信号変換特性)で、共に無指向性のマイクカプセル(マイクロフォンカプセル)MCa、MCb、MCc、MCdを用意する。左チャンネルのマイクカプセルMCa及び右チャンネルのマイクカプセルMCbを、その各受音面(コの字形破線を付した側)が所定間隔を置いて対向するように配する。マイクカプセルMCa、MCbより距離mだけ後方に、左チャンネルのマイクカプセルMCc及び右チャンネルのマイクカプセルMCdを、その各受音面の反対側の面、即ち各平面がが所定間隔を置いて対向するように配する。この場合、マイクロフォンMCc、MCdの各背面間の距離が0になっても良い。

0013

マイクカプセルMCc、MCdよりの音声信号a3(=C)、a4(=D)を合成器3に供給して加算し、その加算信号a5を遅延量がφの遅延器4及び減衰量がα(0<α<1)の減衰器5の縦続回路を通じて得た音声信号a6を合成器6に供給すると共に、マイクカプセルMCa、MCbよりの音声信号a1(=A)、a2(=B)を合成器6に供給して、a3+a4−a6の演算を行って、音声信号a7を得る。即ち、次式に示す疑似中央マイクロフォン出力音声信号M(=a7)が得られる。尚、〔φ〕は時間φの遅延を意味するものとする。前方マイクカプセルMCa、MCbと、後方マイクカプセルMCc、MCdとの間の距離mを考慮して、距離mが長いときは、遅延器4の遅延時間φを短く、距離mが短いときは、遅延時間φを長くする。

0014

M=A+B−α・(C+D)〔φ〕

0015

マイクカプセルMb、MCdよりの音声信号をa2、a4を合成器2に供給して加算して、加算音声信号a8を得る。マイクカプセルMa、MCcよりの音声信号をa1、a3を合成器2に供給して加算して、加算音声信号a9を得る。両加算音声信号a8、a9を合成器7に供給して、a8−a9の演算を行って、減算音声信号a10を得る。即ち、次式に示す双指向性を有する疑似側面マイクロフォン出力音声信号Sを得る。

0016

S=B+D−(A+C)

0017

合成器a10よりの減算音声信号a10を、増幅率がβ(βを0≦β≦1の範囲で可変し得る)の可変利得増幅器8に供給して、音声信号β・a10(=β・S)を得る。加算音声信号a7(=M)を合成器9、10に供給すると共に、増幅器8よりの音声信号β・a10を合成器9、10に供給して、それぞれ、a7+β・a10及びa7−β・a10の演算を行わせる。合成器9よりの加算音声信号a11を、等化器11に供給して周波数特性補正を行って、出力端子13より右音声信号a13(=R)を得る。合成器10よりの減算音声信号a12を、等化器12に供給して周波数特性の補正を行って、出力端子14より左音声信号a14(=L)を得る。即ち、出力端子13、14から、次式の右及び左音声信号R、Lを得る。

0018

R=(A+B)−α・(C+D)〔φ〕+β・{(B+D)−(A+C)}
=M+β・S

0019

L=(A+B)−α・(C+D)〔φ〕−β・{(B+D)−(A+C)}
=M−β・S

0020

図4に、音声信号M、S、M+S、M−S、R、Lの指向性パターンを示す。疑似中央マイクロフォン出力音声信号Mは、一次音圧傾斜のポーラーパターンを有する。この音声信号Mを得る過程での、受音面が互いに反対方向を向いている対のマイクカプセルMCa、MCbよりの音声信号A、Bの合成器6による加算及び受音面が互いに反対方向を向いている対のマイクカプセルMCc、MCdよりの音声信号C、Dの合成器3による加算によって、振動ノイズを十分に相殺することができる。

0021

疑似側面マイクロフォン出力音声信号Sは、双指向性のポーラーパターンを有する。音声信号Sを得る過程での、受音面が互いに反対方向を向いている対のマイクカプセルMCa、MCcよりの音声信号A、Cの合成器2による加算及び受音面が互いに反対方向を向いている対のマイクカプセルMb、MCdよりの音声信号B、Dの合成器1による加算によって、振動ノイズを十分に相殺することができる。

0022

左及び右音声信号L、Rの音声信号Sの係数βを1〜0の範囲で可変することにより、収音可能音源距離を可変、即ち、ズーミングを行うことができる。そして、この実施の形態のステレオマイクカプセル装置のβをカメラ一体型VTRズームレンズのズーミングと連動して変化させ、即ち、ズームレンズがそれぞれ広角乃至望遠に変化するとき、βをそれぞれ1乃至0に変化させる。

0023

マイクカプセルMCa、MCb、MCc、MCdの配置は、図1に図示のように、マイクカプセルMCa、MCbの受音面を含むそれぞれの平面内に、マイクカプセルMCc、MCdの背面をそれぞれ位置させる他に、図2に示すような配置も可能である。

0024

即ち、図2Aは、マイクカプセルMCa、MCcの各背面を同一平面内に位置させると共に、マイクカプセルMCb、MCdの各背面を同一平面内に位置させるように、各マイクカプセルを風防WDに取り付けるようにした場合である。又、図2Bは、マイクカプセルMCa、MCcの各受音面を同一平面内に位置させると共に、マイクカプセルMCb、MCdの各受音面を同一平面内に位置させるように、各マイクカプセルを風防WDに取り付けるようにした場合である。

0025

図3もマイクカプセルの配置を示した図である。図3A、B、Cにおいて、m1は、前方のマイクカプセルMCa、MCbと、後方のマイクカプセルMCc、MCdとの間の距離を、m2は後方のマイクカプセルMCc、MCdの各受音面間の距離を示す。図3A及び図3Bは、後方のマイクカプセルMCc、MCdの各背面を密着させ、それぞれ前方のマイクカプセルMCa、MCbの各受音面間の距離を短くした場合(図3A)及び長くし、マイクカプセルMCa、MCcの各受音面が共通の平面内に位置し、マイクカプセルMCb、MCd各受音面が共通の平面内に位置するようにした場合(図3B)である。図3Cのように、距離m1、m2を等しくしたとき、音像定位感が最も顕著になる。又、振動ノイズの相殺効果が最大となるのは、受音面が互いに反対方向を向くマイクカプセルの受音面が互いに平行で、振動方向が互いに平行な受音面に垂直になるときである。

0026

次に、図5の実施の形態を説明するも、図1の実施の形態と対応する部分には同一符号を付して、重複説明を省略する。図5の実施の形態は、図1の実施の形態における合成器1、2を省略し、マイクカプセルMCc、MCdよりの音声信号a3(=C)、a4(=D)を直接合成器7に供給して、a4−a3の減算を行って、減算音声信号b10を得、その減算音声信号b10を増幅率がβの増幅器8に供給して、音声信号β・b10を得るようにした場合である。合成器9に、音声信号a7及びβ・b10を供給して加算して、加算音声信号b11を得、これを等化器11に供給して周波数特性を補正して、出力端子13に右音声信号b13(=R)を得る。合成器10に、音声信号a7及びβ・b10を供給して、a7−β・b10の演算を行って、減算音声信号b12を得、これを等化器12に供給して周波数特性を補正して、出力端子14に左音声信号b14(=L)を得る。

0027

疑似中央マイク出力信号Mは数1の式と同じになるが、双指向性を有する疑似側面マイク信号Sは、次式に示すようになる。

0028

S=D−C

0029

従って、出力端子13、14から得られる右及び左音声信号R、Lは次式のようになる。

0030

R=(A+B)−α・(C+D)〔φ〕+β・(D−C)
=M+β・S

0031

L=(A+B)−α・(C+D)〔φ〕−β・(D−C)
=M−β・S

0032

図5の実施の形態の場合は、音声信号Mを得る過程での、受音面が互いに反対方向を向いている対のマイクカプセルMCa、MCbよりの音声信号A、Bの合成器6による加算及び受音面が互いに反対方向を向いている対のマイクカプセルMCc、MCdよりの音声信号C、Dの合成器3による加算によって、振動ノイズを十分相殺することができる。しかし、音声信号Sを得る過程での、受音面が互いに反対方向を向いている対のマイクカプセルよりの音声信号の加算による振動ノイズの相殺はおこなわれない。従って、この図5の実施の形態は、図1の実施の形態に比べて、振動ノイズの相殺効果は小さくなる。しかし、この実施の形態は、図1の実施の形態に比べて、合成器が2個減少するので、構成が簡単になる。

0033

次に、図6の実施の形態を説明するも、図5の実施の形態と対応する部分には同一符号を付して、重複説明を省略する。この実施の形態は、図5の実施の形態におけるマイクカプセルMCa、MCbの代わりに、受音面が正面を向くマイクカプセルMCabを設けた場合である。この場合は、マイクカプセルMCabの受音面よりm1だけ後方に、マイクカプセルMCc、Mcdを設けている。尚、マイクカプセルMCc、Mcdの両受音面間の距離をm2としている。この場合、m1=m2にすれば、音像の定位感が最も安定となる。

0034

マイクカプセルMCc、MCdよりの音声信号a3(=C)、a4(=D)を合成器3に供給して加算し、その加算信号a5を遅延量がφの遅延器4及び減衰量がα(0<α<1)の減衰器5の縦続回路に供給して得た音声信号a6を合成器6に供給する。音声信号a6と、マイクカプセルMCabよりの音声信号c1(=A′)を係数乗算器16に供給して得た音声信号2・c1とを、合成器6に供給して、2・c1−a6の演算を行って、減算音声信号c7を得る。即ち、次式に示す疑似中央マイク出力信号M(=c7)が得られる。尚、〔φ〕は時間φの遅延を意味するものとする。前方マイクカプセルMCabと、後方マイクカプセルMCc、MCdとの間の距離m1を考慮して、距離m1が長いときは、遅延器4の遅延時間φを短く、距離mが短いときは、遅延時間φを長くする。

0035

M=2・A′−α・(C+D)〔φ〕

0036

マイクカプセルMCc、MCdよりの音声信号a3(=C)、a4(=D)を合成器7に供給して、a3−a4の演算を行って、減算音声信号b10を得る。即ち、次の式に示す、双指向性を有する疑似側面マイクロフォン出力音声信号S(=b10)を得る。

0037

S=D−C

0038

合成器7よりの減算音声信号b10を、増幅率がβ(0≦β≦1)の増幅器8に供給して、音声信号β・b10(=β・S)を得る。加算音声信号c7(=M)を合成器9、10に供給すると共に、減算音声信号b10(=S)を増幅率がβの増幅器8に供給し、その増幅音声信号β・b10(=β・S)を合成器9、10に供給して、それぞれ、c7+β・b10及びc7−β・b10の加減算を行わせる。合成器9よりの加算音声信号c11を、等化器11に供給して、周波数特性の補正を行って、出力端子13に右音声信号c13(=R)を得る。合成器10よりの減算音声信号c12を、等化器12に供給して、周波数特性の補正を行って、出力端子14より左音声信号c14(=L)を得る。即ち、出力端子13、14から、次式の右及び左音声信号R、Lを得る。

0039

R=2A′−α・(C+D)〔φ〕+β・(D−C)
=M+β・S

0040

L=2A′−α・(C+D)〔φ〕−β・(D−C)
=M−β・S

0041

図1の実施の形態で説明した数3、数4の式において、β=1とすると、次式が得られる。

0042

R=2B−α・(C+D)〔φ〕+(D−C)

0043

L=2A−α・(C+D)〔φ〕−(D−C)

0044

数10、11において、β=1、2A′=2A=2Bとすると、数10、11の式はそれぞれ数12、13の式と同じになる。即ち、図1及び図6の実施の形態は、β=1とし、図1のマイクカプセルMCa、MCbの代わりに、図6のようにマイクカプセルMCabを設ければ、これらの2つの実施の形態は同じになる。従って、β=1の場合には、図1の実施の形態に比べて、図6の実施の形態の方が、マイクカプセルの個数は1個少なくて済む。

0045

図6の実施の形態の場合は、音声信号Mを得る過程での、受音面が互いに反対方向を向いている対のマイクカプセルMCc、MCdよりの音声信号C、Dの合成器3による加算によって、振動ノイズを相殺することができる。しかし、音声信号Sを得る過程での、受音面が互いに反対方向を向いている対のマイクカプセルよりの音声信号の加算による振動ノイズの相殺はおこなわれない。従って、この図6の実施の形態は、図5の実施の形態に比べて、振動ノイズの相殺効果は小さくなる。但し、この実施の形態は、図1及び図5の実施の形態に比べて、マイクカプセルの個数を1個減らすことができるので、構成が簡単になる。

発明の効果

0046

第1の本発明によれば、同じ特性で、共に無指向性の、左チャンネルの第1及び2のマイクロフォン並びに右チャンネルの第3及び第4のマイクカプセルを具備し、第1及び第3のマイクカプセルをその各受音面が所定間隔を置いて互いに対向するように配すると共に、第1及び第3のマイクカプセルより所定距離だけ後方に、第2及び第4のマイクカプセルをその各受音面の反対側の面が所定間隔を置いて互いに対向するように配し、第1及び第3のマイクカプセルよりの音声信号A、Bを加算して得た第1の加算音声信号から、第2及び第4のマイクカプセルよりの音声信号C、Dを加算して得た第2の加算音声信号を所定時間遅延させ且つ所定量減衰させた後に減算して、疑似中央マイクロフォン出力音声信号を得る第1の演算回路と、 第4のマイクカプセルよりの音声信号Dから、第2のマイクカプセルよりの音声信号Cを減算して得た減算音声信号を含む疑似側面マイクロフォン出力音声信号を得る第2の演算回路と、疑似側面マイクロフォン出力音声信号のレベルをβ倍(但し、βは0≦β≦1の範囲で可変できる)する利得可変回路と、疑似中央マイクロフォン出力音声信号からβ倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を減算して、左音声信号を得る減算器と、疑似中央マイクロフォン出力音声信号及びβ倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を加算して、右音声信号を得る加算器とを有するので、全体として小型になし得、風吹かれノイズ及び振動ノイズの影響が少なく、ステレオ感の安定し、収音ズームを可能にしたステレオマイクロフォン装置を得ることができる。

0047

第2の本発明によれば、第1の本発明のステレオマイクロフォン装置において、疑似側面マイクロフォン出力音声信号は、第3のマイクカプセルよりの音声信号Bから、第1のマイクカプセルよりの音声信号Aを減算して得た減算音声信号をも含むので、第1の本発明と同様の効果を得ることができると共に、振動ノイズの影響を一層少なくすることができる。

0048

第3の本発明によれば、同じ特性で、共に無指向性の、中央部マイクカプセル並びに左及び右チャンネルのマイクカプセルを具備し、中央部マイクカプセルをその受光面が前方を向くように配すると共に、中央部マイクカプセルより所定距離だけ後方に、左及び右チャンネルのマイクカプセルをその各受音面の反対側の面が所定間隔を置いて互いに対向するように配し、中央部マイクカプセルよりの音声信号A′の2倍のレベルの音声信号から、左及び右チャンネルのマイクカプセルよりの音声信号C、Dを加算して得た加算音声信号を所定時間遅延させ且つ所定量減衰させた後に減算して、疑似中央マイクロフォン出力音声信号を得る第1の演算回路と、右チャンネルのマイクカプセルよりの音声信号Dから、左チャンネルのマイクカプセルよりの音声信号Cを減算して得た減算音声信号からなる疑似側面マイクロフォン出力音声信号を得る第2の演算回路と、疑似側面マイクロフォン出力音声信号のレベルをβ倍(但し、βは0≦β≦1の範囲で可変できる)する利得可変回路と、疑似中央マイクロフォン出力音声信号からβ倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を減算して、左音声信号を得る減算器と、疑似中央マイクロフォン出力音声信号及びβ倍の疑似側面マイクロフォン出力音声信号を加算して、右音声信号を得る加算器とを有するので、全体として小型になし得、構成が簡単となり、風吹かれノイズ及び振動ノイズの影響が少なく、ステレオ感の安定し、収音ズームを可能にしたステレオマイクロフォン装置を得ることができる。

図面の簡単な説明

0049

図1本発明の実施の形態を示すブロック線図である。
図2A その実施の形態のマイクカプセルの配置を示す平面図である。
B その実施の形態のマイクカプセルの配置を示す平面図である。
図3A その実施の形態のマイクカプセルの配置を示す平面図である。
B その実施の形態のマイクカプセルの配置を示す平面図である。C その実施の形態のマイクカプセルの配置を示す平面図である。
図4実施の形態の説明に供する指向性パターンを示す特性図である。
図5本発明の他の実施の形態を示すブロック線図である。
図6本発明の更に他の実施の形態を示すブロック線図である。
図7従来例を示すブロック線図である。
図8従来例のマイクカプセルの配置を示す平面図である。

--

0050

MCaマイクカプセル
MCbマイクカプセル
MCc マイクカプセル
MCd マイクカプセル
1合成器
2 合成器
3 合成器
4遅延器
5減衰器
6 合成器
7 合成器
8利得可変回路(増幅器)
9 合成器
10 合成器
11等化器
12 等化器
13出力端子
14 出力端子

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アルパイン株式会社の「 オーディオ装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】 ミュート回路による暗電流を抑制しつつミュート回路を迅速に起動することができるオーディオ装置を提供する。【解決手段】 本発明のオーディオ装置は、オーディオ信号を生成するオーディオソースと、... 詳細

  • オンキヨー株式会社の「 天井埋込型スピーカー」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】キャビネットを天井に埋め込んで設置する場合にも指向性が広くなり、埋め込まれたスピーカーの直下と、スピーカーから離れた位置とで音圧レベル差が少なくなる天井埋込型スピーカーを提供する。【解決手段】... 詳細

  • オンキヨー株式会社の「 天井埋込型スピーカー」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】キャビネットを天井に埋め込んで設置する場合にも指向性が広くなり、埋め込まれたスピーカーの直下と、スピーカーから離れた位置とで音圧レベル差が少なくなる天井埋込型スピーカーを提供する。【解決手段】... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ