図面 (/)

技術 遊技機コンピュータ管理システム

出願人 猿谷進
発明者 猿谷進
出願日 1995年12月18日 (23年0ヶ月経過) 出願番号 1995-348385
公開日 1997年6月30日 (21年6ヶ月経過) 公開番号 1997-168656
状態 特許登録済
技術分野 クレジットカード等 弾球遊技機(パチンコ等) カ-ドリ-ダライタ及び複合周辺装置 記録担体の読み取り
主要キーワード 青ランプ コンピュータ管理システム 放出回数 専用ボックス 赤ランプ 本体基板 所轄警察署 放出数
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年6月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

パチンコなどの遊技機の客が特別支払うことで、通常の大当りよりも放出数の大きなビック大放出大当りゲームを楽しむことができるようにする。

解決手段

客用ICカード42をパチンコなどの遊技機の各台に設けられたICカード書き込み読み取り機14に挿入すると、ビック大当りゲームがスタートする。コンピュータは、フィーバー又はボーナスなどの大当りがあると、通常払い出される出力又はメダルの数パーセント記憶装置に記憶し貯蓄する。大当りが所定の回数に達すると貯蓄分を大放出する。このとき大放出した台はゲーム中止状態となる。店側は、所轄署などから発行してもらった店用ICカード44をICカード書き込み読み取り機14に挿入することでゲーム機の中止状態を解除することができる。この店用ICカード44には有効期限があり、各台ごとの大放出回数などが記録されている。

概要

背景

現在のパチンコパチスロ遊技機大当り時に出る出玉又はコイン払い出し数に規定があり、確率方式となっている。

概要

パチンコなどの遊技機の客が特別支払うことで、通常の大当りよりも放出数の大きなビック大放出大当りゲームを楽しむことができるようにする。

客用ICカード42をパチンコなどの遊技機の各台に設けられたICカード書き込み読み取り機14に挿入すると、ビック大当りゲームがスタートする。コンピュータは、フィーバー又はボーナスなどの大当りがあると、通常払い出される出力又はメダルの数パーセント記憶装置に記憶し貯蓄する。大当りが所定の回数に達すると貯蓄分を大放出する。このとき大放出した台はゲーム中止状態となる。店側は、所轄署などから発行してもらった店用ICカード44をICカード書き込み読み取り機14に挿入することでゲーム機の中止状態を解除することができる。この店用ICカード44には有効期限があり、各台ごとの大放出回数などが記録されている。

目的

従来の確率方式の遊技機では、大当り時の、出玉又はコインの払い出し数は規定されたものであって、ゲーム中に大当りがあっても、予測の範囲内でありこれによって特別の感動を味わうこともない。即ち、競馬馬券で例えれば、本命が当った程度のことである。しかるに、馬券が大穴に当ったときは、特別の感動を味わうことができることは競馬ファンの誰しもが認めるところである。遊技機によるゲームにおいて、競馬の大穴的中に相当するビックな大当りの感動を味わえれば、此種のゲームの面白さが倍加することは間違いない。本発明の第1の目的は、お客が、店側で準備したICカードを購入し、これを遊技機の各台に設置したICカード専用ボックスに差し込むと、特別にプログラムされたビック大当り大放出ゲームを楽しむことができるようにすることである。このゲームは通常と変わらないが、フィーバー、又はボーナスゲームなどの大当たりがスタートしたときに通常払い出される出玉又はメダルの数パーセントをコンピュータに記憶させ貯蓄しておき、大当り回数が所定の回数に達すると、貯蓄分を大放出するものである。お客は、例えば、この大放出の一部を福祉税などの名目で特別税として店側に即納し、店側は、特別税を代理受領する。本発明の第2の目的は、大放出した台は、中止状態とし、この中止状態は店用ICカードをICカード専用ボックスに差し込まないと、解除し得ないようにすることである。この店用ICカードには有効期限を設けておく。このように構成することで、店側は、お客より徴収した特別税を所轄署に納入しなければ所轄署から新しい店用ICカードを発行してもらえないことになる。従って、特別税の納入が確実に保証されるパチンコ・パチスロ遊技機特別税徴収管理システムを採用することが可能となる。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
5件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

パチンコパチスロなどの遊技機の各台にICカード書き込み読み取り機装備し、各台をコンピュータで制御するようにした遊技機コンピュータ管理システムにおいて、客用ICカードと店用ICカードを設け、客用ICカードがゲーム可能状態にある台のICカード書き込み読み取り機に挿入されると該台の駆動部の駆動をスタートさせ、フィーバー又はボーナスゲームなどの大当りがあったときに通常払い出される出玉又はメダルの数パーセント記憶装置に記憶し貯蓄する手段と、前記大当りが所定の回数に達すると前記貯蓄分を大放出し且つ大放出した台をゲーム中止状態とする手段と、前記ゲーム中止状態にある台のICカード書き込み読み取り機に店用ICカードが挿入されると該店用ICカードに台番号ごとに大放出回数と出玉又はメダルの放出数及びその日付を記録する手段と、大放出後のゲーム中止状態にある台のICカード書き込み読み取り機に店用ICカードが挿入されると該店用ICカードに記録された最初の大放出日からの経過日数を算出し該経過日数が所定の日数以内であれば台のゲーム中止状態を解除して該台をゲーム再開可能状態とし前記経過日数が所定の日数を経過していると前記台のゲーム中止状態を解除し得ないようにした手段とを備えたことを特徴とする遊技機コンピュータ管理システム。

技術分野

背景技術

0002

現在のパチンコ・パチスロ遊技機は大当り時に出る出玉又はコイン払い出し数に規定があり、確率方式となっている。

発明が解決しようとする課題

0003

従来の確率方式の遊技機では、大当り時の、出玉又はコインの払い出し数は規定されたものであって、ゲーム中に大当りがあっても、予測の範囲内でありこれによって特別の感動を味わうこともない。即ち、競馬馬券で例えれば、本命が当った程度のことである。しかるに、馬券が大穴に当ったときは、特別の感動を味わうことができることは競馬ファンの誰しもが認めるところである。遊技機によるゲームにおいて、競馬の大穴的中に相当するビックな大当りの感動を味わえれば、此種のゲームの面白さが倍加することは間違いない。本発明の第1の目的は、お客が、店側で準備したICカード購入し、これを遊技機の各台に設置したICカード専用ボックスに差し込むと、特別にプログラムされたビック大当り大放出ゲームを楽しむことができるようにすることである。このゲームは通常と変わらないが、フィーバー、又はボーナスゲームなどの大当たりスタートしたときに通常払い出される出玉又はメダルの数パーセントコンピュータに記憶させ貯蓄しておき、大当り回数が所定の回数に達すると、貯蓄分を大放出するものである。お客は、例えば、この大放出の一部を福祉などの名目で特別税として店側に即納し、店側は、特別税を代理受領する。本発明の第2の目的は、大放出した台は、中止状態とし、この中止状態は店用ICカードをICカード専用ボックスに差し込まないと、解除し得ないようにすることである。この店用ICカードには有効期限を設けておく。このように構成することで、店側は、お客より徴収した特別税を所轄署に納入しなければ所轄署から新しい店用ICカードを発行してもらえないことになる。従って、特別税の納入が確実に保証されるパチンコ・パチスロ遊技機特別税徴収管理システムを採用することが可能となる。

課題を解決するための手段

0004

上記目的を達成するため、本発明は、パチンコ・パチスロなどの遊技機の各台にICカード書き込み読み取り機装備し、各台をコンピュータで制御するようにした遊技機コンピュータ管理システムにおいて、客用ICカードと店用ICカードを設け、客用ICカードがゲーム可能状態にある台のICカード書き込み読み取り機に挿入されると該台の駆動部の駆動をスタートさせ、フィーバー又はボーナスゲームなどの大当りがあったときに通常払い出される出玉又はメダルの数パーセントを記憶装置に記憶し貯蓄する手段と、前記大当りが所定の回数に達すると前記貯蓄分を大放出し且つ大放出した台をゲーム中止状態とする手段と、前記ゲーム中止状態にある台のICカード書き込み読み取り機に店用ICカードが挿入されると該店用ICカードに台番号ごとに大放出回数と出玉又はメダルの放出数及びその日付を記録する手段と、大放出後のゲーム中止状態にある台のICカード書き込み読み取り機に店用ICカードが挿入されると該店用ICカードに記録された最初の大放出日からの経過日数を算出し該経過日数が所定の日数以内であれば台のゲーム中止状態を解除して該台をゲーム再開可能状態とし前記経過日数が所定の日数を経過していると前記台のゲーム中止状態を解除し得ないようにした手段とを備えたものである。

発明を実施するための最良の形態

0005

以下に本発明の実施の形態を添付図面を参照して詳細に説明する。図1において、2はコンピュータの中央処理装置であり、ROM4、RAM6、1/0ボード8、音源10、タイマー12が接続している。1/0ボード8には、ICカード書き込み読み取り機14、パチスロ機あるいはパチンコ機などの遊技機のマザーボード本体基板)16及びランプ18が接続している。

0006

前記ROM4には、ビッグ大当りゲームプログラム及び遊技機管理プログラムが格納されている。前記マザーボード16には、パチンコ機を例にとると、図2に示すように、モータ20、スタートスイッチ22、スピーカー24、入賞表示ランプ基板26、入賞表示回数基板28、液晶テレビ又は回転リール30、ランプ32、電源ボックス34、払い出しセンサー36、ラインランプ基板38、入賞センサー40などが接続し、マザーボード16は、これら各機器を制御しパチンコ機を駆動するように構成されている。

0007

前記ICカード書き込み読み取り機14は各遊技機の台ごとに配設されている。前記ICカード書き込み読み取り機14の挿入口に挿入されるICカードは、客用ICカード42と店用ICカード44の2種類のICカードが用意される。これらICカードの発行は例えば所轄の警察署担当するようにする。この場合店側は、ICカード購入申込書に基づいて、所望数の客用ICカード42と、2枚の店用ICカード44を所轄警察署から購入できるようにする。

0008

客用ICカード42は店内でお客に販売される。店用ICカード44には予め暗証番号、ビッグ大当りに必要な大当り回数、ビッグ大当りの出玉コイン払い出し数量、営業時間、最初のビッグ大当り日からの使用可能日数などの情報が記録され、この情報に基づいて、ゲーム機側のコンピュータのプログラムを変更することができるように構成されている。客用ICカード42をICカード書き込み読み取り機14に挿入すると、ゲーム機側のコンピュータのROM4に格納された特別のビッグ大当り大放出ゲームのプログラムをスタートさせることができるように構成されている。

0009

尚、ICカード書き込み読み取り機14に客用ICカード42を差し込まない場合は、ROM4に格納されたビッグ大当り大放出ゲームのプログラムは作動せず、通常の遊技機として使用することができる。ビッグ大当り大放出ゲームのプログラムはゲーム機に大当りがあったとき、通常払い出される出玉あるいはコインの数パーセントをゲーム機側のコンピュータに記憶、貯蓄し、大当りがある所定回数に達すると、貯蓄分をビッグ大当りとして大放出する。お客が台を選択し、客用ICカード42をICカード書き込み読み取り機14に挿入すると、CPU2は、プログラムをスタートさせ、図3フローチャートに示すようにカードが挿入されたことを確認する(ステップ1)。次に、CPU2は、カードの暗証番号をチェックし、カードが正規のものであるかどうかチェックする(ステップ2)。

0010

また、CPU2は、ゲーム機の基板本体が偽造改造され、異常電圧電流が流れていないか等をチェックする(ステップ4)。上記ステップ2,4で異常が認められると、CPU2は、ゲーム機をストップさせる(ステップ3)。次に、CPU2は、挿入されたICカードが何のカードか判別し、(ステップ5)客用のICカードを確認すると、客用ICカード用処理プログラム移行する(ステップ6)。CPU2は、客用のICカード42が挿入されたことを確認すると、図4に示すようにゲーム機側の貯蓄大当り回数と客用ICカード42に記入されている貯蓄大当り回数を加算し、これを合算大当り貯蓄回数として、RAM6に記憶し、(ステップ8)、ゲームをスタートさせる(ステップ9)。

0011

図5に示すように、ゲームがスタートすると、大当りを検出するごとに(ステップ10)、客用ICカード42の[大当り貯蓄回数]の項に1を加算し(ステップ11)、且つゲーム機側の、RAM6に記憶されている[大当り貯蓄回数]の項に1を加算する(ステップ12)。更にゲーム機側のRAM6に記憶されている[コイン、メダル貯蓄数]の項に大当りのときに放出されるコイン、メダル数の例えば10%を加算する(ステップ13)。ゲームスタート時のゲーム機側の大当り貯蓄回数と客用ICカード42の大当り貯蓄回数を合算した合算大当り貯蓄回数が例えば300回を越えたか、否か判断し(ステップ14)、肯定を判定するとビック大当り大放出となる(ステップ15)。このとき、図6に示すように、ランプ18が点灯し、スピーカー24から、ビッグ大放出大当りを知らせる音が出る(ステップ16)。そして、300回分の大当りのコイン、出玉数の10%の貯蓄されたコイン、又は玉が全部大放出される(ステップ17)。次にCPU2は、RAM6に設定されたゲーム機のデータ格納欄に大放出のときのコイン、或は玉の出力数を記録する(ステップ18)。

0012

次にCPU2は、客用ICカード42の大当り貯蓄回数の欄をゼロにリセットする(ステップ19)とともにゲーム機側のコインあるいは玉の貯蓄数をゼロにリセットする(ステップ20)。次にCPU2はゲーム機をストップさせる(ステップ21)。ゲーム機がストップされると、CPU2は、それがビック大当り大放出のストップであるか判断し、肯定を判断すると、ランプ32のうち青ランプを点灯する。

0013

ゲーム機のストップがビック大当りによるストップでない場合は、CPU2は赤ランプを点灯し、スピーカー24からエラー音を出す。ビック大当りによってゲームがストップされたゲーム機は、店用ICカード44をICカード書き込み読み取り機14に挿入することで再開可能状態とすることができる。店用のICカード44がICカード書き込み読み取り機14に挿入されると、CPU2は、図7に示すように、ゲーム機のストップがビック大当り大放出か否か判断し、(ステップ22)、肯定を判断すると、店用ICカード44の情報を読み取る。

0014

店用ICカード44には、ビック大当り大放出となる大当り回数、ビッグ大当り大放出となる払い出し数量、最初のビック大当り大放出からの使用可能日数等が、所轄の警察署側などで書き込まれている。CPU2は、これらの情報に変更があったときは、RAMに記録されている、上記情報を変更する(ステップ25)。ステップ22で否定を判断すると、CPU2は、ゲーム機の基板本体が偽造改造され異常電圧、電流が流れていないかどうかをチェックし、チェックした事項を店用ICカード44に記録するとともに、ゲーム機のストップ状態を保持する(ステップ23,24)。

0015

図7のステップ25で情報の確認が行われた後、CPU2は、店用ICカード44の使用が最初のビッグ大当りか否か判断し、肯定を判断すると、店用ICカード44に最初のビッグ大当り日時を記録する(ステップ27)。否定を判断すると、CPU2は、店用ICカード44に記録されている最初のビッグ大当りの日を読み取り、この日から例えば10日以内であるか否か判断する。店用ICカード44の所定の有効期限である10日を経過している場合には、CPU2は、ゲーム機のストップ状態を継続する。ステップ28で肯定を判断すると、店用ICカード44にゲーム機の台番号、店用ICカード44を挿入した日付、大当り回数、コイン又は玉出力数を記録する。

0016

次に、CPU2は、ゲーム機のストップ状態を解除し、ゲーム再開可能状態とする。上記ビッグ大放出大当りで出たコイン又はパチンコ玉の一部を例えば福祉税などの特別税として店側が客から代理受領する。ビッグ大当りで大放出したゲーム機は上記した如く、中止となり、再スタートするには店用ICカードが必要であるが、この店用ICカードの有効期限は、最初の大放出の日から10日なので、10日以内に店用ICカード44を所轄署で再交付してもらう必要がある。

0017

この店用ICカードには、ゲーム機ごとのビッグ大当り回数と出力コイン又は玉数が記録されているため、所轄署は、これらのデータから特別税を微収する。このとき、旧店用ICカードと引き換えに新しい店用ICカードを店側に交付する。所轄署は旧店用ICカードの情報を書き替えて、旧店用ICカードを使用可能としたものを再交付するようにしても良い。

発明の効果

0018

本発明は上述の如く構成したので、パチンコ、パチスロ等の遊技機の面白さを倍加させることができるとともに、特別税などの微収管理システムを採用することが可能となる効果が存する。

図面の簡単な説明

0019

図1本発明の全体ブロック説明図である。
図2パチンコ機のブロック説明図である。
図3コンピュータの動作を示すフローチャートである。
図4同上フローチャートである。
図5同上フローチャートである。
図6同上フローチャートである。
図7同上フローチャートである。

--

0020

2中央処理装置
4 ROM
6 RAM
8 1/0ボード
10音源
12タイマ
14ICカード書き込み読み取り機
16マザーボード
18ランプ
20モータ
22スタートスイッチ
24スピーカー
26入賞表示ランプ基板
28 入賞表示回数基板
30液晶テレビ又は回転リール
32 ランプ
34電源ボックス
36払い出しセンサー
38ラインランプ基板
40入賞センサー
42客用ICカード
44 店用ICカード

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ