図面 (/)

技術 仲間探し方法および仲間探し装置

出願人 竹内工業株式会社
発明者 天野明
出願日 1995年12月13日 (25年0ヶ月経過) 出願番号 1995-346641
公開日 1997年6月20日 (23年6ヶ月経過) 公開番号 1997-160986
状態 拒絶査定
技術分野 特定用途計算機 伝送の細部、特殊媒体伝送方式 移動無線通信システム
主要キーワード パーソナルキー 発信コード 通報器 パーティ会場 発信スイッチ 表示具 受信チップ 入力キーボード
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年6月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

本発明はパーティ会場市街地等で、正確に自分を求めている人や自分が求めている人をゲーム感覚探すことができる仲間探し方法および仲間探し装置を得るにある。

解決手段

自分自身パーソナルを仲間探し装置に入力する自分のパーソナル入力工程と、この自分のパーソナル入力工程で入力された自分自身のパーソナルを仲間探し装置でコード化した信号として発信する自分のパーソナル発信工程と、自分が求めるパーソナルを仲間探し装置に入力する求めるパーソナル入力工程と、この求めるパーソナル入力工程で入力された求めるパーソナルを仲間探し装置でコード化した信号とし、該信号を受信すると表示あるいは通報することができる受信工程とで仲間探し方法を構成している。

概要

背景

従来、自分を求めている人や自分が求めている人を探すには知人からの紹介、紹介所での紹介やパーティ会場等で自力で探さなければならなかった。

概要

本発明はパーティ会場や市街地等で、正確に自分を求めている人や自分が求めている人をゲーム感覚で探すことができる仲間探し方法および仲間探し装置を得るにある。

自分自身パーソナルを仲間探し装置に入力する自分のパーソナル入力工程と、この自分のパーソナル入力工程で入力された自分自身のパーソナルを仲間探し装置でコード化した信号として発信する自分のパーソナル発信工程と、自分が求めるパーソナルを仲間探し装置に入力する求めるパーソナル入力工程と、この求めるパーソナル入力工程で入力された求めるパーソナルを仲間探し装置でコード化した信号とし、該信号を受信すると表示あるいは通報することができる受信工程とで仲間探し方法を構成している。

目的

本発明は以上のような従来の欠点に鑑み、パーティ会場や市街地等で、正確に自分を求めている人や自分が求めている人をゲーム感覚で探すことができる仲間探し方法および仲間探し装置を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
7件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

自分自身パーソナルを仲間探し装置に入力する自分のパーソナル入力工程と、この自分のパーソナル入力工程で入力された自分自身のパーソナルを仲間探し装置でコード化した信号として発信する自分のパーソナル発信工程と、自分が求めるパーソナルを仲間探し装置に入力する求めるパーソナル入力工程と、この求めるパーソナル入力工程で入力された求めるパーソナルを仲間探し装置でコード化した信号とし、該信号を受信すると表示あるいは通報することができる受信工程とを含むことを特徴とする仲間探し方法。

請求項2

自分自身のパーソナルおよび自分が求めるパーソナルを入力することができる入力装置と、この入力装置で入力された自分自身のパーソナルをコード化して信号を発信する発信装置と、前記入力装置で入力された自分が求めるパーソナルをコード化した信号とし、該信号を受信すると表示器あるいは通報器で表示あるいは通報することができる受信装置とを備えることを特徴とする仲間探し装置。

請求項3

自分自身および自分が求める戸籍履歴体格や健康、性格、特技や能力、信仰や信条嗜好趣味、人間性価値観、生きる目的、資産等の複数個のパーソナルを入力することができる入力装置と、この入力装置で入力された自分自身のパーソナルをコード化して信号を発信する発信装置と、前記入力装置で入力された自分が求めるパーソナルをコード化した信号とし、該信号を受信すると表示器あるいは通報器で表示あるいは通報することができる受信装置とを備えることを特徴とする仲間探し装置。

技術分野

0001

本発明はパーティ会場市街地等で自分を求めている人や、自分が求めている人を探す仲間探し方法および仲間探し装置に関する。

背景技術

0002

従来、自分を求めている人や自分が求めている人を探すには知人からの紹介、紹介所での紹介やパーティ会場等で自力で探さなければならなかった。

発明が解決しようとする課題

0003

従来の方法では知人や紹介所、パーティ会場という限られた範囲で、自分を求めている人や自分が求めている人を探すため、探す範囲が狭いという欠点があるとともに、自分が求めている人や自分を求めている人の条件が正確に伝わらなかったり、伝わりづらいという欠点があった。

0004

本発明は以上のような従来の欠点に鑑み、パーティ会場や市街地等で、正確に自分を求めている人や自分が求めている人をゲーム感覚で探すことができる仲間探し方法および仲間探し装置を提供することを目的としている。

0005

本発明の前記ならびにそのほかの目的と新規な特徴は次の説明を添付図面と照し合せて読むと、より完全に明らかになるであろう。ただし、図面はもっぱら解説のためのものであって、本発明の技術的範囲を限定するものではない。

0006

上記目的を達成するために、本発明は自分自身パーソナルを仲間探し装置に入力する自分のパーソナル入力工程と、この自分のパーソナル入力工程で入力された自分自身のパーソナルを仲間探し装置でコード化した信号として発信する自分のパーソナル発信工程と、自分が求めるパーソナルを仲間探し装置に入力する求めるパーソナル入力工程と、この求めるパーソナル入力工程で入力された求めるパーソナルを仲間探し装置でコード化した信号とし、該信号を受信すると表示あるいは通報することができる受信工程とで仲間探し方法を構成している。

0007

また、本発明は自分自身のパーソナルおよび自分が求めるパーソナルを入力することができる入力装置と、この入力装置で入力された自分自身のパーソナルをコード化して信号を発信する発信装置と、前記入力装置で入力された自分が求めるパーソナルをコード化した信号とし、該信号を受信すると表示器あるいは通報器で表示あるいは通報することができる受信装置とで仲間探し装置を構成している。

発明を実施するための最良の形態

0008

以下、図面に示す実施の形態により、本発明を詳細に説明する。

0009

図1ないし図4の本発明の第1の実施の形態において、1は本発明の仲間探し装置で、この仲間探し装置1は自分自身や自分が求める戸籍履歴体格や健康、性格、特技や能力、信仰や信条嗜好趣味、人間性価値観、生きる目的、資産等のパーソナルを入力することができる入力装置2と、この入力装置2で入力された自分自身のパーソナルをコード化してパルス周波数等の信号を発信する発信装置3と、前記入力装置2で入力された自分が求めるパーソナルをコード化したパルスや周波数等の信号とし、該信号を受信すると表示器4で表示することができる受信装置5とで構成されている。

0010

前記入力装置2はハンディワープロ電子手帳等で使用されているものと同様のものが使用され、ケース体6にパーソナルを入力する複数個入力キーボード7と、ON、OFFスイッチ8と、自分自身のパーソナルを入力できるように切替える自分自身のパーソナルキー9と、自分が求めるパーソナルを入力できるように切替える求めるパーソナルキー10とで構成されている。

0011

前記発信装置3は前記入力装置2で入力された自分自身のパーソナルをコード化してパルスや周波数等の信号に変換する発信コード変換回路11と、この発信コード化変換回路11からの信号を前記ケース体6に設けられた発信スイッチ12のONによって発信するアンテナ13とで構成されている。

0012

前記発信装置5は前記入力装置2で入力された自分が求めるパーソナルをコード化してパルスや周波数等の信号に変換する受信コード化変換回路14と、この受信コード化変換回路14からの信号と前記ケース体6に設けられたアンテナ13からの受信信号とを前記ケース体6に設けられた受信スイッチ15のONによって比較する比較器16と、この比較器16で両方の信号が一致した場合に出す信号によって点灯するランプ17および氏名を表示する表示具18とからなる表示器4とで構成されている。

0013

上記構成の仲間探し装置1は仲間を探す場合、入力装置2の自分自身のパーソナルキー9を操作し、入力キーボード7で自分自身のパーソナルを入力する自分のパーソナル入力工程19を行なうとともに、入力装置2の求めるパーソナルキー10を操作し、入力キーボード7で自分が求めるパーソナルを入力する求めるパーソナル入力工程20を行なう。

0014

次に、発信スイッチ12をON状態にすることにより、入力装置2で入力された自分自身のパーソナルを、発信コード化変換回路11でパルスや周波数等の信号に変換してアンテナ13より発信する自分自身のパーソナル発信工程21を行なう。

0015

受信スイッチ15をON状態にすることにより、入力装置2で入力された求めるパーソナルを受信コード化変換回路14でパルスや周波数等の信号に変換するとともに、アンテナ13からの信号を受信する受信工程22を行なう。

0016

このようにセットされた仲間探し装置1を各人が持って、パーティ会場や市街地で発信スイッチ12や受信スイッチ15をON状態にすることにより、自分が求めている人や自分を求めている人を表示器4のランプ17の点灯や氏名を表示する表示具18の表示によって探すことができる。

0017

次に、図5ないし図10に示す本発明の異なる実施の形態につき説明する。なお、これらの本発明の異なる実施の形態の説明に当って、前記本発明の第1の実施の形態と同一構成部分には同一符号を付して重複する説明を省略する。

0018

図5ないし図7の本発明の第2の実施の形態において、前記本発明の第1の実施の形態と主に異なる点は、パーソナルの入力をカードフロッピーパソコンやワープロ等の既存の入力装置23を用いて入力する自分のパーソナル入力工程19Aと、求めるパーソナル入力工程20Aを行ない、これらの入力工程19A、20Aでパーソナルが入力されたカードやフロッピー24を仲間探し装置1Aのカードやフロッピー挿入孔25に挿入して接続できるようにした点で、このように構成された仲間探し装置1Aを用いても、前記本発明の第1の実施の形態と同様な作用効果が得られるとともに、入力装置が不用となり、小型コンパクト化を図ることができ、安価に製造することができる。

0019

図8ないし図10の本発明の第3の実施の形態において、前記本発明の第2の実施の形態と主に異なる点は、自分自身のパーソナル入力工程19Bと自分が求めるパーソナル入力工程20Bとを発信チップ26や受信チップ27に刷り込みにより入力するとともに、これらの発信チップ26と受信チップ27とをケース体6に取付けられるようにした点で、このように形成された発信チップ26や受信チップ27を用いた仲間探し装置1Bにしても、前記本発明の第2の実施の形態と同様な作用効果が得られる。

0020

なお、前記本発明の各実施の形態では独立した仲間探し装置について説明したが、本発明はこれに限らず、携帯録音再生装置携帯ラジオラジカセ等に仲間探し装置を組み込んでもよい。

発明の効果

0021

以上の説明から明らかなように、本発明にあっては次に列挙する効果が得られる。

0022

(1)自分自身のパーソナルを仲間探し装置に入力する自分のパーソナル入力工程と、この自分のパーソナル入力工程で入力された自分自身のパーソナルを仲間探し装置でコード化した信号として発信する自分のパーソナル発信工程と、自分が求めるパーソナルを仲間探し装置に入力する求めるパーソナル入力工程と、この求めるパーソナル入力工程で入力された求めるパーソナルを仲間探し装置でコード化した信号とし、該信号を受信すると表示あるいは通報することができる受信工程とからなるので、友達や紹介所に頼ることなく、広く仲間を探すことができる。したがって、仲間探しを気軽に行なうことができる。

0023

(2)前記(1)によって、正確に自分が求める人や自分を求める人を探すことができる。

0024

(3)前記(1)によって、パーティ会場等での自己紹介等も不用、あるいは簡単に行なうことができ、効率よく自分が求めている人や自分を求めている人を探すことができる。

0025

(4)前記(1)によって、各人が仲間探し装置を持って、求めている人や求められている人を信号によって探すので、室内から室外まで、どんな場所ででも使用することができる。

0026

(5)請求項2、3も前記(1)〜(4)と同様な効果が得られる。

図面の簡単な説明

0027

図1本発明の第1の実施の形態の使用状態の説明図。
図2本発明の第1の実施の形態の正面図。
図3本発明の第1の実施の形態の概略ブロック図。
図4本発明の第1の実施の形態の工程図。
図5本発明の第2の実施の形態の工程図。
図6パーソナル入力工程の説明図。
図7本発明の第2の実施の形態の正面図。
図8本発明の第3の実施の形態の工程図。
図9本発明の第3の実施の形態の正面図。
図10本発明の第3の実施の形態の概略ブロック図。

--

0028

1、1A、1B:仲間探し装置、
2:入力装置、
3:発信装置、
4:表示器、
5:受信装置、
6:ケース体、
7:入力キーボード、
8:ON、OFFスイッチ、
9:自分自身のパーソナルキー、
10:求めるパーソナルキー、
11:発信コード化変換回路、
12:発信スイッチ、
13:アンテナ、
14:受信コード化変換回路、
15:受信スイッチ、
16:比較器、
17:ランプ、
18:表示具、
19、19A、19B:自分のパーソナル入力工程、
20、20A、20B:求めるパーソナル入力工程、
21:自分自身のパーソナル発信工程、
22:受信工程、
23:入力装置、
24:カードやフロッピー、
25:カードやフロッピー挿入孔、
26:発信チップ、
27:受信チップ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ビーム回復手順の実施が想定される場合に、RLMを適切に制御すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、仮想の下り制御チャネルに関する情報を受信する受信部と、前記情報に基づいて、下り制... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】同期信号ブロックを利用する無線通信システムにおいて制御チャネルの設定領域の情報を適切に通知するために、本発明のユーザ端末の一態様は、制御リソースセットの構成を示す所定ビット情報を含む... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法及び基地局」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】マルチキャリア波形を有するUL信号を適切に送信するために、ユーザ端末は、連続する周波数リソースにわたるマルチキャリア波形を有する上り信号を、上り共有チャネルを用いて送信する送信部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ