図面 (/)

技術 機械式駐車装置

出願人 株式会社IHIIHI運搬機械株式会社
発明者 神林隆
出願日 1995年12月5日 (25年2ヶ月経過) 出願番号 1995-316278
公開日 1997年6月17日 (23年8ヶ月経過) 公開番号 1997-158517
状態 未査定
技術分野 乗り物を格納するための建築物
主要キーワード チェーンアタッチメント 昇降リフト 無端状チェーン ベイパー パレット台車 水平循環式 横行用 パレット移
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年6月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

自動車入庫の際、自動車が昇降路昇降リフト上に間違って転落するのを防止する。

解決手段

自動車を載せるパレット待機していて自動車が直接乗り入れ退出可能な自動車入出庫用バースと、地下に設けられた円形循環式駐車装置と、前記自動車入出庫用バースの側面と円形循環式駐車装置の端面とを連通するように設けられた昇降路を昇降するとともに自動車入出庫用バースと円形循環式駐車装置との間でパレツトの受け渡しをしてパレットの搬送を行う昇降リフトとを有している。

概要

背景

建物の下や地下に設けられ、多数の自動車を格納する円形循環式駐車装置コンベイパーキング),箱型循環式駐車装置または水平循環式駐車装置と、これらの駐車装置と自動車の入出庫を行う自動車入出庫用バースとの間を昇降して自動車を搬送する昇降リフトとを組み合わせて立体的に自動車を格納する機械式駐車装置がある。

図3は従来の建物の下に設けられた機械式駐車装置の側面図、図4は円形循環式駐車装置の一部拡大図、図5は箱型循環式駐車装置の側面図、図6は平面循環式駐車装置の平面図である。

図3ないし図6において、1は建物2の地下に設けられた機械式駐車装置である。3はこの機械式駐車装置1の一部を構成する円形循環式駐車装置であり、3aは箱型循環式駐車装置、3bは平面循環式駐車装置である。4は建物2の壁面に沿って立設された支柱10に副って、図示しない昇降駆動装置により昇降する昇降リフトである。25は自動車入出庫用バース(以下「入出庫用バース」という。)5と円形循環式駐車装置3、箱型循環式駐車装置3aまたは平面循環式駐車装置3bの端面とを縦方向に連通するように設けられた昇降路である。

前記円形循環式駐車装置3は、図1、図3および図4に示すように、幅方向と左右方向にそれぞれ一定の間隔をもって2対のスプロケット6,6aが回転軸22によって回転可能に配設されている。このスプロケット6と6aとの間には無端状の駆動チェーン(以下「チェーン」という。)7が掛け渡されている(図3)。また、このチェーン7には一定の間隔をもって相対峙するように外方に延びるチェーンアタッチメント7aが設けられている(図4)。このチェーンアタッチメント7aの上端には他端をガイドレール17の上を転動する台車ローラ19で支持するようにしたパレット台車18の一端がピン24により枢着されている。左右のスプロケット6,6aの近傍には先端に突起21を有するアーム車9が回転軸23によって回転可能に設けられている。そして、パレット台車18がチェーン7とともに循環して円形循環式駐車装置3の端部に到達した際、先端に設けられた突起21によりパレット台車18の前端部に設けられた突起20を支持してパレット8を水平に保持する。さらにチェーンスプロケット6が回転すると台車ローラ19はガイドレール17から離れてパレット台車18の前端部をアーム車9に預け、一端は引き続きチェーンアタッチメント7aで支持し、パレット台車18は水平状態のまま半周するように構成されている。なお、パレット台車18の上にはパレット台車18を跨ぐように多数のパレット8を載置するようになっている。

前記箱型循環式駐車装置3aは、図5に示すように、パレット8を左右方向に移動するパレット横送装置26が上下2段に設けられており、図示しない駆動装置により駆動される。このパレット横送装置26の一端には、前記円形循環式駐車装置3と同様の昇降リフト4が入出庫バース5との間を昇降するようになっている。また、この昇降リフト4の反対側のパレット横送装置26の端面には、上下のパレット横送装置26の間で昇降する昇降リフト4aが設けられている。そして、昇降リフト4が昇降路25を昇降して入出庫用バース5とパレット横送装置26との間でパレット8の受け渡しを行っている間に、昇降リフト4aが上下のパレット横送装置26との間でパレット8の受け渡しを行う。

前記水平循環式駐車装置3bは、図6に示すように、パレット8を左右方向に移動するパレット横送装置26aが平面に2列に設けられており、図示しない駆動装置により駆動される。この2列のパレット横送装置26aの両端面にはパレット横送装置26aの間を縦走するトラバーサ27が設けられている。また、このトラバーサ27のいずれかの一端面には、前記円形循環式駐車装置3および箱型循環式駐車装置3aと同様の昇降リフト4が入出庫用バース5との間を昇降するようになっている。そして、昇降リフト4が昇降路25を昇降して入出庫用バース5とパレット横送装置26aとの間でパレット8の受け渡しを行っている間に、左右のトラバーサ27を介してパレット横送装置26の間でパレット8をロの字状に水平に循環させる。

上記構成の機械式駐車装置1の円形循環式駐車装置3に自動車を駐車格納する例について説明する。円形循環式駐車装置3に自動車を駐車格納するときは、図3に示すように、昇降路25上方に設けられた入出庫用バース5においてあらかじめ待機している昇降リフト4上のパレット8に自動車16を直接乗り入れる。次に、運転者が自動車16から離れたのを確認して、図示しない昇降駆動装置を操作して昇降リフト4を降下し、あらかじめ昇降路25の下方で待機している円形循環式駐車装置3のパレット台車18に実車パレット8を引き渡す。引き続き、昇降リフト4は他のチェーン台車18から空パレット8を受け取り、入出庫用バース5まで昇降路25を上昇して停止し、そのまま入出庫用バース5で次に入庫してくる自動車のために待機する。そして、このような動作の繰り返しにより自動車の入出庫作業が行われる。

概要

自動車入庫の際、自動車が昇降路の昇降リフト上に間違って転落するのを防止する。

自動車を載せるパレットが待機していて自動車が直接乗り入れ退出可能な自動車入出庫用バースと、地下に設けられた円形循環式駐車装置と、前記自動車入出庫用バースの側面と円形循環式駐車装置の端面とを連通するように設けられた昇降路を昇降するとともに自動車入出庫用バースと円形循環式駐車装置との間でパレツトの受け渡しをしてパレットの搬送を行う昇降リフトとを有している。

目的

本発明は、上記のような問題点を解決しようとするものである。すなわち、本発明は、入出庫時の危険性が全くなく、また、昇降リフトの運転中にも入出庫ができる機械式駐車装置を提供することを目的とするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

自動車を載せるパレット待機していて自動車が直接乗り入れ退出可能な自動車入出庫用バースと、地下に設けられた円形循環式駐車装置と、前記自動車入出庫用バースの側面と円形循環式駐車装置の端面とを連通するように設けられた昇降路昇降するとともに自動車入出庫用バースと円形循環式駐車装置との間でパレットの受け渡しをしてパレットの搬送を行う昇降リフトとを有することを特徴とする機械式駐車装置

請求項2

地下に設けられた駐車装置は、円形循環式駐車装置に替え箱型循環式駐車装置または水平循環式駐車装置である請求項1記載の機械式駐車装置。

技術分野

0001

本発明は、機械式駐車装置に係わるもので、特に地下に設けられた円形循環式箱型循環式または水平循環式の機械式駐車装置に関するものである。

背景技術

0002

建物の下や地下に設けられ、多数の自動車を格納する円形循環式駐車装置コンベイパーキング),箱型循環式駐車装置または水平循環式駐車装置と、これらの駐車装置と自動車の入出庫を行う自動車入出庫用バースとの間を昇降して自動車を搬送する昇降リフトとを組み合わせて立体的に自動車を格納する機械式駐車装置がある。

0003

図3は従来の建物の下に設けられた機械式駐車装置の側面図、図4は円形循環式駐車装置の一部拡大図図5は箱型循環式駐車装置の側面図、図6は平面循環式駐車装置の平面図である。

0004

図3ないし図6において、1は建物2の地下に設けられた機械式駐車装置である。3はこの機械式駐車装置1の一部を構成する円形循環式駐車装置であり、3aは箱型循環式駐車装置、3bは平面循環式駐車装置である。4は建物2の壁面に沿って立設された支柱10に副って、図示しない昇降駆動装置により昇降する昇降リフトである。25は自動車入出庫用バース(以下「入出庫用バース」という。)5と円形循環式駐車装置3、箱型循環式駐車装置3aまたは平面循環式駐車装置3bの端面とを縦方向に連通するように設けられた昇降路である。

0005

前記円形循環式駐車装置3は、図1図3および図4に示すように、幅方向と左右方向にそれぞれ一定の間隔をもって2対のスプロケット6,6aが回転軸22によって回転可能に配設されている。このスプロケット6と6aとの間には無端状の駆動チェーン(以下「チェーン」という。)7が掛け渡されている(図3)。また、このチェーン7には一定の間隔をもって相対峙するように外方に延びるチェーンアタッチメント7aが設けられている(図4)。このチェーンアタッチメント7aの上端には他端をガイドレール17の上を転動する台車ローラ19で支持するようにしたパレット台車18の一端がピン24により枢着されている。左右のスプロケット6,6aの近傍には先端に突起21を有するアーム車9が回転軸23によって回転可能に設けられている。そして、パレット台車18がチェーン7とともに循環して円形循環式駐車装置3の端部に到達した際、先端に設けられた突起21によりパレット台車18の前端部に設けられた突起20を支持してパレット8を水平に保持する。さらにチェーンスプロケット6が回転すると台車ローラ19はガイドレール17から離れてパレット台車18の前端部をアーム車9に預け、一端は引き続きチェーンアタッチメント7aで支持し、パレット台車18は水平状態のまま半周するように構成されている。なお、パレット台車18の上にはパレット台車18を跨ぐように多数のパレット8を載置するようになっている。

0006

前記箱型循環式駐車装置3aは、図5に示すように、パレット8を左右方向に移動するパレット横送装置26が上下2段に設けられており、図示しない駆動装置により駆動される。このパレット横送装置26の一端には、前記円形循環式駐車装置3と同様の昇降リフト4が入出庫バース5との間を昇降するようになっている。また、この昇降リフト4の反対側のパレット横送装置26の端面には、上下のパレット横送装置26の間で昇降する昇降リフト4aが設けられている。そして、昇降リフト4が昇降路25を昇降して入出庫用バース5とパレット横送装置26との間でパレット8の受け渡しを行っている間に、昇降リフト4aが上下のパレット横送装置26との間でパレット8の受け渡しを行う。

0007

前記水平循環式駐車装置3bは、図6に示すように、パレット8を左右方向に移動するパレット横送装置26aが平面に2列に設けられており、図示しない駆動装置により駆動される。この2列のパレット横送装置26aの両端面にはパレット横送装置26aの間を縦走するトラバーサ27が設けられている。また、このトラバーサ27のいずれかの一端面には、前記円形循環式駐車装置3および箱型循環式駐車装置3aと同様の昇降リフト4が入出庫用バース5との間を昇降するようになっている。そして、昇降リフト4が昇降路25を昇降して入出庫用バース5とパレット横送装置26aとの間でパレット8の受け渡しを行っている間に、左右のトラバーサ27を介してパレット横送装置26の間でパレット8をロの字状に水平に循環させる。

0008

上記構成の機械式駐車装置1の円形循環式駐車装置3に自動車を駐車格納する例について説明する。円形循環式駐車装置3に自動車を駐車格納するときは、図3に示すように、昇降路25上方に設けられた入出庫用バース5においてあらかじめ待機している昇降リフト4上のパレット8に自動車16を直接乗り入れる。次に、運転者が自動車16から離れたのを確認して、図示しない昇降駆動装置を操作して昇降リフト4を降下し、あらかじめ昇降路25の下方で待機している円形循環式駐車装置3のパレット台車18に実車パレット8を引き渡す。引き続き、昇降リフト4は他のチェーン台車18から空パレット8を受け取り、入出庫用バース5まで昇降路25を上昇して停止し、そのまま入出庫用バース5で次に入庫してくる自動車のために待機する。そして、このような動作の繰り返しにより自動車の入出庫作業が行われる。

発明が解決しようとする課題

0009

しかしながら、上述した機械式駐車装置においては、入出庫用バース5が昇降路25上方に昇降路25と連通して設けられいて、自動車を昇降リフト4のパレット8に直接乗り入れるものであるため、安全装置故障している場合などで、未だ入出庫用バース5にパレット8が待機していない状況のまま間違って自動車を入庫してしまうと、昇降路25の昇降リフト4上に自動車を落下させてしまう恐れがあった。

0010

本発明は、上記のような問題点を解決しようとするものである。すなわち、本発明は、入出庫時の危険性が全くなく、また、昇降リフトの運転中にも入出庫ができる機械式駐車装置を提供することを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0011

上記目的を達成するため、請求項1の発明では、自動車を載せるパレットが待機していて自動車が直接乗り入れ退出可能な自動車入出庫用バースと、地下に設けられた円形循環式駐車装置と、前記自動車入出庫用バースの側面と円形循環式駐車装置の端面とを連通するように設けられた昇降路を昇降するとともに自動車入出庫用バースと円形循環式駐車装置との間でパレットの受け渡しをしてパレットの搬送を行う昇降リフトとを有する。

0012

また、地下に設けられた駐車装置は、円形循環式駐車装置に替えて箱型循環式駐車装置であっても水平循環式駐車装置であってもよい。

0013

本発明によれば、自動車の入出庫は、昇降路に隣接した別置きの入出庫用バースで行うので昇降路の昇降リフト上に間違って落下させてしまうことがない。したがって、自動車の入庫を安心して行うことができる。

発明を実施するための最良の形態

0014

以下、本発明の好ましい実施の形態を図面に基づいて説明する。なお、従来のものと共通の部材については同じ符号を用いており説明を省略する。図1および図2は本発明の一実施形態を示すもので、図1は側面図、図2図1の一部拡大図である。

0015

図1および図2において、15はこの昇降リフト4の昇降路25上方に昇降路25に隣接して別置きに設けられた入出庫用バースである。11,12はローラを有するパレット横行用ガイドで、いずれも図示しない回転駆動装置によりローラが回転駆動される。14は昇降可能に設けられた扉である。

0016

なお、これらの構成は、従来の入出庫用バース5が、昇降路25上方に設けられているのに対し、本発明の入出庫用バース15は昇降路25に隣接して昇降路25とは別置きに設けられているとともにパレット横行用ガイド12が設けられている点と、従来の昇降リフト4にはパレット横行用ガイドが設けられていないのに対し、本発明の昇降リフト4にはパレット横行用ガイド11が設けられている点で相違するが、他の点は従来のものと実質的に同じである。

0017

次に実施の形態に基づく作用について説明する。上述した機械式駐車装置1に自動車を入庫格納するときは、入出庫用バース15のパレット横行用ガイド12上のパレツト8に自動車16を乗せる。運転者が自動車16から離れるのを確認すると、扉14を開きパレット横行用ガイド12を回転させると同時に昇降リフト4のパレット横行用ガイド11を回転させて昇降リフト4にパレット8を移載する。引き続き、図示しない昇降駆動装置を作動して昇降リフト4は昇降路25を降下し、あらかじめ昇降路25の下部で待機している円形循環式駐車装置3のパレット台車18上にパレット8を引き渡す。

0018

次に、円形循環式駐車装置3はチェーン7を回動してパレット台車18上の空パレット8を昇降リフト3に引き渡す。昇降リフト4は、空パレット8を受け取ると再び昇降路25を上昇して停止し、扉14を開き前記自動車入庫時とは反対にパレット横行用ガイド11を回転させると同時に入出庫用バース15のパレット横行用ガイド12を回転させ、入出庫用バース15に空パレット8を移載する。 そして、入出庫用バース15において次に入庫してくる自動車のために待機する。

0019

次に、出庫指令があって円形循環式駐車装置3から自動車16を出庫させるときは、前記自動車入庫時と同様に、空パレット8を入出庫用バース15からパレット横行用ガイド12,11を回転させることにより昇降リフト4に移し、昇降リフト4を作動して昇降路25を降下し、空パレット8を円形循環式駐車装置3のパレット台車18に引き渡し、引き続き、円形循環式駐車装置3のチェーン7を回動して自動車16の載置されている目的の実車パレット8を受け取り、昇降路25を上昇し、パレット横行用ガイド11,12を回転させて入出庫用バース15に移載し、自動車16の出庫を行う。

0020

なお、図5および図6に示す箱型循環式駐車装置および水平循環式駐車装置における実施の形態に基づく作用も、前記円形式駐車装置とは駐車装置の循環方法に相違はあるが、昇降リフトとの間でのパレットの受け渡しについては、いずれも上記円形式駐車装置の実施の形態に基づく作用と略同じであり、説明を省略する。

0021

本発明は、上記実施の形態に限定されるものではなく、昇降リフト4のパレット横行用ガイド11に替えて他のパレット移載装置であってもよいなど本発明の要旨を逸脱しない範囲で種々の変更が可能である。

発明の効果

0022

以上述べたように、本発明によれば、自動車の入出庫を昇降路と連通していない別置きの入出庫用バースで行うので自動車を昇降路の昇降リフト上に間違って落下させてしまうことがなく、自動車の入出庫を安心して行うことができる。

図面の簡単な説明

0023

図1本発明の一実施形態を示した側面図である。
図2図1の入出庫用バースと昇降リフトの拡大図である。
図3従来のものの側面図である。
図4円形循環式駐車装置の一部拡大図である。
図5箱形循環式駐車装置の側面図である。
図6水平循環式駐車装置の平面図である。

--

0024

1駐車装置
2建物
3円形循環式駐車装置
3a箱形循環式駐車装置
3b水平循環式駐車装置
4昇降リフト
5自動車入出庫用バース
6,6aスプロケット
無端状チェーン
7aチェーンアタッチメント
8パレット
9,9aアーム車
10支柱
11 パレット横行用ガイド
12 パレット横行用ガイド
14 扉
15 自動車入出庫用バース
16 自動車
17ガイドレール
18パレット用台車
19台車ローラ
20突起
21 突起
22スプロケット回転軸
23 アーム車回転軸
24ピン
25昇降路
26 パレット横送装置
26a パレット横送装置
27 トラバーサ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 駐車支援装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】駐車場に配置されたランドマークの未検出による、車両の駐車場への入庫不可または駐車場からの出庫不可に陥る事態の発生を減らす駐車支援装置を得る。【解決手段】駐車中に動作するランドマーク更新モードで... 詳細

  • IHI運搬機械株式会社の「 駐車場構造」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】 簡易に道路の周辺に駐車空間を確保できる駐車構造を提供する。【解決手段】 従来の駐車場構造に変わって、車両を所定の高さまで案内できる第一構造に繋がり車両を所定の高さで走行させることができる... 詳細

  • 新明和パークテック株式会社の「 開閉ゲートの収納構造及び開閉ゲートの収納方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】地下空間の構造物に干渉することなく開閉ゲートを設置する。【解決手段】開閉ゲートの収納構造10は、地下空間で開閉ゲートの側方向両側を支えて昇降移動をガイドするように、開閉ゲートの側方向端部毎に別... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ