図面 (/)

技術 電子内視鏡先端部構造

出願人 フジノン株式会社
発明者 小見修二
出願日 1995年11月17日 (25年9ヶ月経過) 出願番号 1995-323644
公開日 1997年5月27日 (24年3ヶ月経過) 公開番号 1997-135809
状態 特許登録済
技術分野 孔内観察装置 内視鏡 内視鏡
主要キーワード 円弧状板 外周開口 先端部構造 組付け体 起立台 外周側開口 連結路 保護強度
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年5月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

撮像素子組付け体収納部の気密状態を確認しながら確実に確保し、また外力が加わった場合でも収納部の気密状態を良好に維持できるようにする。

解決手段

先端部17では、本体18に収納部25が形成され、この収納部25内にCCD27、回路基板28等が配置される。このような収納部25の外周側開口を完全に覆い、かつ収納部25内を気密状態にするための円弧状の保護板35を設ける。この保護板35は接着剤で取り付けられ、この保護板35の外側に先端キャップ41が被せられる。また、上記収納部25には、注入口から充填剤充填される。上記の保護板35によれば、注入口を手等で塞ぎながら、収納部25内の気密状態の確認ができ、また外力に対する保護強度を高めることが可能となる。

概要

背景

図7には、電子内視鏡(側視型)の先端部の下面側が示されており、図8には図7のI−I線断面が示されている。まず、図7に示されるように、先端部1の側面に、照射窓レンズ)2及び観察窓3、そしてこの観察窓3を洗浄するためのノズル(Air/Waterノズル)4が設けられ、一方各種処置具導出口である鉗子口5の近傍には、起立台6が配置される。

また、図8に示されるように、上記照射窓2に光伝送路であるライトガイド7が接続され、上記観察窓3に対物光学系レンズ群8が接続される。このレンズ群8には、プリズム9を介して撮像素子であるCCD(Charge Coupled Device)10が配置され、このCCD10はビデオ信号を抽出するための回路基板11に接続される。

ここで、上記のライトガイド7、プリズム9、CCD10及び回路基板11は、先端部本体12に形成された収納部13内に配置されることになり、この収納部13内に充填剤(又は接着剤)14を充填しながら、先端キャップ15が本体12に取り付けられる。従って、上記の収納部13内は充填剤14によって気密状態とされ、これにより上記のCCD10や回路基板11(撮像素子組付け体)等が保護される。

概要

撮像素子組付け体の収納部の気密状態を確認しながら確実に確保し、また外力が加わった場合でも収納部の気密状態を良好に維持できるようにする。

先端部17では、本体18に収納部25が形成され、この収納部25内にCCD27、回路基板28等が配置される。このような収納部25の外周側開口を完全に覆い、かつ収納部25内を気密状態にするための円弧状の保護板35を設ける。この保護板35は接着剤で取り付けられ、この保護板35の外側に先端キャップ41が被せられる。また、上記収納部25には、注入口から充填剤が充填される。上記の保護板35によれば、注入口を手等で塞ぎながら、収納部25内の気密状態の確認ができ、また外力に対する保護強度を高めることが可能となる。

目的

本発明は上記問題点に鑑みてなされたものであり、その目的は、撮像素子組付け体を収納する収納部の気密状態を確実に維持し、かつこの気密状態を確認することができ、しかも外力が加わった場合でも収納部の気密状態を良好に維持可能となる電子内視鏡先端部構造を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも撮像素子組付け体収納する収納部が形成された電子内視鏡の先端部において、上記収納部の外周側開口を完全に覆い、この収納部を気密状態に保護するための保護板を設け、この保護板の外側に先端キャップを被せるようにしたことを特徴とする電子内視鏡先端部構造

請求項2

上記収納部には、内部に充填する充填剤注入口を設けたことを特徴とする上記第1請求項記載の電子内視鏡先端部構造。

技術分野

0001

本発明は電子内視鏡先端部構造、特に撮像素子を組み付けた部分の良好な気密状態を図るための先端部構造に関する。

背景技術

0002

図7には、電子内視鏡(側視型)の先端部の下面側が示されており、図8には図7のI−I線断面が示されている。まず、図7に示されるように、先端部1の側面に、照射窓レンズ)2及び観察窓3、そしてこの観察窓3を洗浄するためのノズル(Air/Waterノズル)4が設けられ、一方各種処置具導出口である鉗子口5の近傍には、起立台6が配置される。

0003

また、図8に示されるように、上記照射窓2に光伝送路であるライトガイド7が接続され、上記観察窓3に対物光学系レンズ群8が接続される。このレンズ群8には、プリズム9を介して撮像素子であるCCD(Charge Coupled Device)10が配置され、このCCD10はビデオ信号を抽出するための回路基板11に接続される。

0004

ここで、上記のライトガイド7、プリズム9、CCD10及び回路基板11は、先端部本体12に形成された収納部13内に配置されることになり、この収納部13内に充填剤(又は接着剤)14を充填しながら、先端キャップ15が本体12に取り付けられる。従って、上記の収納部13内は充填剤14によって気密状態とされ、これにより上記のCCD10や回路基板11(撮像素子組付け体)等が保護される。

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上記従来の電子内視鏡先端部の構造では、上記収納部13に充填した充填剤14によりCCD10等の撮像素子組付け体を保護することから、この充填剤14の充填状態によっては気密状態が維持できないことがあった。しかも、上記の先端キャップ15が各部材を組み付けた後に先端部1に取り付けられることから、上記収納部13内の気密状態を確認することはできず、気密が不十分であった場合は、水等が内部に侵入して撮像部の故障の原因となるという問題があった。

0006

また、上記先端キャップ15に外力が加わったとき、充填剤14と先端キャップ15とが剥離したり、充填剤14に亀裂が生じたりする可能性があり、このような原因によっても、気密状態が維持できない場合が生じる。

0007

本発明は上記問題点に鑑みてなされたものであり、その目的は、撮像素子組付け体を収納する収納部の気密状態を確実に維持し、かつこの気密状態を確認することができ、しかも外力が加わった場合でも収納部の気密状態を良好に維持可能となる電子内視鏡先端部構造を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

上記目的を達成するために、第1請求項に係る電子内視鏡先端部構造は、少なくとも撮像素子組付け体を収納する収納部が形成された電子内視鏡の先端部において、上記収納部の外周側開口を完全に覆い、この収納部を気密状態に保護するための保護板を設け、この保護板の外側に先端キャップを被せるようにしたことを特徴とする。第2請求項の発明は、上記収納部には、内部に充填する充填剤の注入口を設けたことを特徴とする。

0009

上記の構成によれば、例えば円弧状に曲げ形成された保護板が収納部の開口を覆うように配置され、接着剤で収納部へ接着されることになり、この保護板は収納部の蓋として機能する。従って、この状態で、即ち先端キャップを装着する前に、収納部内の気密状態が保たれているか否かの確認が可能となる。しかも、この保護板の存在により外力に対する保護強度を高めることができるという利点がある。また、収納部に設けられた注入口から充填剤を注入することができ、この充填剤によっても気密状態が維持される。

発明を実施するための最良の形態

0010

図1図6には、実施形態の1例である側視型電子内視鏡の先端部の構造が示され、図1図2のII−II線断面図、図2は保護板取付け前の先端部の側面図、図3は保護板取付け後の先端部正面図、図4図3の側面図、図5は先端キャップを取り付けたときの側断面図、図6は収納部の拡大断面図である。まず、図1及び図2において、先端部17での各部材の構成は従来と同様であり、本体(支持体)18には、鉗子口20、この鉗子口20の近傍に取り付けられた起立台21、対物光学系としての観察窓22及びレンズ群23、そして観察窓22に空気又は水を供給するノズル24等が配置される。

0011

そして、図示されるように、本体18の側面側に収納部(空間)25が形成されており、この収納部25に、上記のレンズ群23に接続してプリズム26、CCD27及び回路基板28が配置される。また、照射窓に連結されるライトガイド29も上記収納部25内に配置される。

0012

図2に示されるように、上記本体18には収納部25に連通して連結路31が形成されており(ライトガイド29の連結路等も形成される)、この連結路31に、上記回路基板28の信号ケーブル32が配設される。また、図3にも示されるように、収納部25の前側に充填剤の注入口34が形成される。

0013

このような先端部17において、上記収納部25の外周開口を塞ぐように、円弧状の保護板35が設けられる。この保護板35は、ステンレス等の金属からなり、収納部25の外周面の径と同一の径の円弧状板としてもよいし、上記外周面の径よりもやや小さい径の円弧状板とし、かつ両端部に形成した係合片を本体18の係合溝引掛ける構成として、保護板35を本体18の外周に締付け固定するようにしてもよい。なお、上記本体18の収納部25の上側に設けられた溝部38は、余分な接着剤を溜めるため及び分解時に上記保護板35を取り易くするために設けられる。

0014

当該例は以上の構成からなり、先端部の組立て及び気密の確認は次のように行われる。上記先端部の本体18には、まず上述した各部材が取り付けられ、収納部25にもCCD27、回路基板28、ライトガイド29等が配置される。同時に、本体18はその後側に配置されるアングル部36と接続されることになる。そして、収納部25の外周開口に、上記保護板35が図3及び図4に示される状態で被せられ、この保護板35はその外縁部が接着剤により本体18の外周面に接着される。即ち、図4に示されるように、接着剤37は本体18の外周面だけでなく、溝部38に流し込まれ、また気密を取るために信号ケーブル32を配置した連結路31等にも充填される。

0015

次に、図4の状態或いはアングル部36を接続した状態で、収納部25の気密状態を確認することになるが、この気密検査は、図3に示した注入口34を手等で塞いだ状態とし、アングル部36から上記連結路31(及び他の連結路)を介して所定の空気圧を本体18側へ供給することにより行われる。この気密状態が確認されると、上記の注入口34からシリコン等の充填剤40が収納部25内部に充填される。そして最後に、先端キャップ41が図5及び図6に示されるように、本体18の外周に被せられ、この場合も接着剤によって両者は接着されることになり、上記保護板35と先端キャップ41との間にも接着剤が挿入される。

0016

上記の構成によれば、CCD27及び回路基板28が配置された収納部25内は、保護板35の取付けにより気密が良好に維持され、しかも気密状態の確認が行えることから、気密の確保が確実となる。また、当該例では、充填剤40の充填によって気密が二重に確保されることになる。更に、上記の保護板35は、外力が加わった場合にその外力を収納部25内まで及ぼすことがなく、従って先端部17を形成した後の気密の維持も良好に行えるという利点がある。

発明の効果

0017

以上説明したように、第1請求項の発明によれば、撮像素子組付け体を収納する収納部の外周側開口を完全に覆い、この収納部を気密状態に保護するための保護板を設け、この保護板の外側に先端キャップを被せる構成としたので、上記の収納部の気密状態を良好に維持することができ、しかもこの気密状態を確認することが可能となる。また、内視鏡の側面から加えられた外力を収納部内へ及ぼすことがなく、気密の確保が確実となる。従って、撮像部の故障の発生をなくすことができる。

0018

第2請求項の発明は、上記収納部には、内部に充填する充填剤の注入口を設けたので、充填剤を収納部内に充填することができ、二重の気密確保が行えるという利点がある。

図面の簡単な説明

0019

図1実施形態の1例に係る電子内視鏡先端部を示す断面(図2のII−II線断面)図である。
図2図1の先端部の側面図である。
図3実施形態例の先端部に保護板を取付けた状態の正面図である。
図4実施形態例の先端部に保護板を取付けた状態の側面図である。
図5実施形態例の先端部に先端キャップを取付けた状態の側断面図(充填剤は省略)である。
図6図5のIII−III線で切断した拡大断面図である。
図7従来の電子内視鏡の構成を示す側面図である。
図8図7のI−I線で切断した断面図である。

--

0020

1,17 … 先端部、
12,18 … 本体、
13,25 …収納部、
14,40 …充填剤、
27 … CCD、
28 …回路基板、
35 …保護板、
41 …先端キャップ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • オリンパス株式会社の「 光走査装置及び撮像装置」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題・解決手段】本発明の光走査装置は、光を出射する光源(21)と、シングルモード又はフューモードの伝播モードを有するコアを複数含み複数の前記コアの一端面により構成される第1端面(11a)と複数の前記... 詳細

  • オリンパス株式会社の「 内視鏡装置、内視鏡装置の作動方法及びプログラム」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題・解決手段】内視鏡装置1は、第1の光、第2の光及び第3の光を含む複数の照明光を照射する照明部3と、被検体からの戻り光を撮像する撮像部10)と、第1〜第3の光の照射によって撮像された第1〜第3の画... 詳細

  • オリンパス株式会社の「 照明装置および内視鏡システム」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題・解決手段】照明装置(1)は、光源(11)と、導光素子(12)と、光源(11)からの照明光(L)を導光素子(12)の入射端(12a)に向かって偏向する偏向面(13b)を有し、照明光(L)を偏向角... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ