図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(1997年5月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

L−乳酸生産を工業的に行い、その副産物としての菌体TNF産生誘導物質として利用できるものを提供する。

解決手段

ラクトコッカス属に属し、受託番号 FERM P−15764として寄託され、L−乳酸生産能及びTNF産生誘導活性を有する。

概要

背景

概要

L−乳酸生産を工業的に行い、その副産物としての菌体TNF産生誘導物質として利用できるものを提供する。

ラクトコッカス属に属し、受託番号 FERM P−15764として寄託され、L−乳酸生産能及びTNF産生誘導活性を有する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
4件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

高光学純度L−乳酸生産能TNF産生誘導活性を有する事より、L−乳酸の工業的生産制癌効果を有する物質を同時に生産する事を特徴とする、L−乳酸生産能及びTNF産生誘導活性を有する乳酸菌

請求項2

ラクトコッカス属に属し、受託番号 FERM P−15764として寄託されている、請求項1に記載のL−乳酸生産能及びTNF産生誘導活性を有する乳酸菌。

0001

本発明は、L−乳酸生産能及びTNF産生誘導活性を有する乳酸菌に関し、詳細には、L−乳酸を工業的に生産し、その菌体制癌効果を有する物質として利用できる乳酸菌に関する。

0003

L−乳酸は、食品添加物の一つであり酸味剤として使用される他、生分解性プラスティックであるポリ乳酸原料として利用される。

0005

従来、L−乳酸の生産菌については、ストレプトコッカス(Streptococcus)属,ラクトバチルスシロサス(Lactobacillus xylosus),ラクトバチルスカゼイ(Lactobacillus casei),ラクトバチルスパラカゼイ(Lactobacillus paracasei),エンテロコッカスフェシウム(Enterococcus faecium),バチルスコアギュランス(Bacillus coagulans),リゾプスオリーゼ(Rhizopus oryzae)等が知られている。

0006

また、TNFとは、腫瘍壊死因子(Tumor Necrosis Factor)の略称であり、体内に於て乳酸菌等の微生物進入したとき、それを抗原として免疫を担う細胞マクロファージより誘導分泌されるタンパク質サイトカインの一つであり、癌の壊死を引き起こす因子が含まれている。

0007

このTNF産生誘導活性を有する菌については、ストレプトコッカスパイオジェネス(Streptococcus pyogenes),エンテロコッカスフェカリス(Enterococcus faecalis),ラクトバチルスカゼイ(Lactobacillus casei)等が知られている。

0008

しかし、工業的なL−乳酸の生産を行い、その副産物としての菌体をTNF(腫瘍壊死因子:Tumor Necrosis Factor)産生誘導物質として利用できるものは未だ見いだされていない。

0010

乳酸及び抗腫瘍活性物質を個々に生産する従来の方法に於ては、乳酸製造で分離除去される菌体は産業廃棄物であり、また、抗腫瘍活性物質製造に於て副生する乳酸を含んだ発酵液も利用することが出来ず廃水処理負荷量増加となる。TNF産生誘導活性を有する乳酸菌にはL−乳酸生産能を持つ菌も多数存在するが、現状では何れもL−乳酸の生産量が低く、工業的生産として利用出来る段階に達していない。

0011

本発明者らは、乳酸及び抗腫瘍活性物質を同時に利用することができれば、廃棄物とならずコストの削減になると考え、また、採算性等を考えたとき大規模生産必須条件となることより、両条件を満足する菌の探索を行い、乳酸菌ラクトコッカスラクティスサブスピーシズラクティス 332(Lactococcus lactis subsp. lactis 332)が、L−乳酸生産能力、菌体のTNF産生誘導活性、共に満足出来るものであることを見出し、本発明を完成するに至った。

0013

即ち、本発明の課題を解決するための手段は、下記のとおりである。

0014

第1に、高光学純度のL−乳酸生産能とTNF産生誘導活性を有する事より、L−乳酸の工業的生産と制癌効果を有する物質を同時に生産する事を特徴とする、L−乳酸生産能及びTNF産生誘導活性を有する乳酸菌。

0015

第2に、ラクトコッカス属に属し、受託番号 FERM P−15764として寄託されている、上記第1に記載のL−乳酸生産能及びTNF産生誘導活性を有する乳酸菌。

0016

上記のラクトコッカス(Lactococcus)属に属し、受託番号 FERM P−15764として寄託されている、L−乳酸生産能及びTNF産生誘導活性を有する乳酸菌は、ラクトコッカスラクティスサブスピーシズラクティス 332(Lactococcus lactis subsp. lactis 332)(以下、ラクティス332という)を、日本国県にある工業技術院生命工学研究所に、平成8年8月5日付で寄託したものであり、次の菌学的性質を有する。

0017

なお、下記で「+」は活性ありを示し、「−」は活性なしを示している。

0018

(1)性質

0019

細胞の形態:短〜球
細胞の配列:2連
グラム染色:+
運動性:−
胞子形成:−
カタラーゼ反応:−
NO3 → NO2:−
ブドウ糖からのガス発生:−
発酵形式:Homo
乳酸の光学型体:L型

0020

(2)生育の範囲

0021

温度15℃:−
温度20℃:+
温度30℃:+
温度40℃:+
温度45℃:+
温度50℃:−

0022

pH4.0:−
pH4.5:±
pH5.0:+
pH9.0:+

0023

リトマスミルク酸性化:+
リトマスミルク還元:+
リトマスミルク凝固:−
リトマスミルク液化:−
ゼラチン液化:−
食塩要求:−
二酸化炭素要求:−

0024

(3)糖発酵性

0026

蔗糖よりデキストラン:−
分離源:サイレージ

0027

L−乳酸製造を主目的としたラクティス332は、次の条件で培養した。

0029

培地としては、培地用CSLを固形分濃度25%に希釈してNH4OHを加え、pH8.5に調整後、沈澱を除去したものを固形分濃度2.0%に調整し、これにグルコース10.0%添加したものを用いた。

0030

また、中和剤として、25%NH4OHを用い、温度37℃、pH5.5で64時間培養した。

0031

培養後、集菌し、菌体を洗浄した後に殺菌を行い、凍結乾燥した。

0032

得られた菌体は、乾燥量培養液リットルあたり2.98g、TNF活性が6.89U/ml±1.76(n=5)、L−乳酸濃度が10.0%、光学純度が96.2%であり、L−乳酸の製造に適したものであった。

0033

TNF活性を主目的としたラクティス332は、次の条件で培養した。

0035

培地としては、培地用CSLを固形分濃度25%に希釈してNH4OHを加え、pH8.5に調整後、沈澱を除去したものを固形分濃度2.0%に調整し、これにグルコース4.0%添加したものを用いた。

0036

また、中和剤として、25%NH4OHを用い、温度37℃、pH5.5で24時間培養した。

0037

培養後、集菌し、菌体を洗浄した後に殺菌を行い、凍結乾燥した。

0038

得られた菌体は、乾燥量が培養液1リットルあたり2.66g、TNF活性が7.84U/ml±1.38(n=5)、L−乳酸濃度が3.98%、光学純度が96.2%であり、TNF活性に優れたものであった。

0039

本発明に係るラクティス332と各種乳酸菌との乳酸生成量及びL−乳酸光学純度を比較して、L−乳酸光学純度が高く、乳酸生成量の多く、糖耐性の高い菌を選択するために、CaCO3法を用いてグルコース10%添加のCSL培地での培養液中の乳酸生成量を測定した(CSL固形分濃度3%、グルコース10%、CaCO3 5%、37℃で2日間)。

0041

なお、本試験は培養時間が短く、乳酸発酵は完結していないが、各乳酸菌の比較が容易であるため敢えてこの条件で試験した。

0042

その結果を表1に示す。

0043

0044

表1に示すように、本発明に係るラクティス332は、他の菌株より乳酸生成量が多かった。

0045

本発明に係るラクティス332によって誘導されたTNF(腫瘍壊死因子)誘導活性測定値を、市販品であるピシバニール中外製薬製)と比較した。

0047

なお、測定法はCarswell等の方法による。

0048

その結果を表2に示す。

0049

0050

本発明に係るラクティス332は、工業的なL−乳酸の生産を行い、その副産物としての菌体をTNF産生誘導物質として利用できる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ