図面 (/)

技術 畜舎又は搾乳舎の建設方法と該方法に用いる畜舎又は搾乳舎の建設材

出願人 オリオン機械株式会社
発明者 鈴木泰彦越之郎久保順一
出願日 1995年11月14日 (25年0ヶ月経過) 出願番号 1995-321040
公開日 1997年5月27日 (23年5ヶ月経過) 公開番号 1997-135644
状態 未査定
技術分野 家畜,動物の飼育(1)(畜舎,鳥舎) 床構造 工業または農業用建築物 塔;農工業用築物;大型貯蓄容器の建設
主要キーワード 建設済み 建設材 支柱固定用 方形枠体 床形成用 床プレート 建設場所 搾乳機器
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年5月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

畜舎又は搾乳舎の建設工事工期の大幅な短縮化と容易化とが図れる畜舎又は搾乳舎の建設方法を得る。

解決手段

搬送容易な大きさと重量とを有する複数枚床プレート10を平面状に並べて、それらの床プレート10を継合具20を用いて互いに継合する。そして、畜舎又は搾乳舎の床を形成する。床プレート10には、支柱40を固定具50を用いて立設する。そして、支柱40を用いて、覆い30を畜舎又は搾乳舎の床の上方に張設する。そして、複数枚の床プレート10を平面状に並べて形成した畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆い30で覆ってなる畜舎又は搾乳舎を形成する。

概要

背景

牛舎等の畜舎又は搾乳舎を建設する場合には、従来一般に、次のようにしている。

まず、畜舎又は搾乳舎の構造、即ち、家畜放し飼い方式で飼育するか、家畜を繋ぎ飼い方式で飼育するか、又は家畜の搾乳を放し飼い方式で行うか、家畜の搾乳を繋ぎ飼い方式で行うかを決定している。

次いで、畜舎又は搾乳舎の建設設計方針を定めている。この畜舎又は搾乳舎の設計方針を定める際には、それに先立って、経営の基本方針と、設計条件を予め定めている。経営の基本方針は、畜舎又は搾乳舎の建設地域の環境、労働力の確保、飼育家畜の頭数ミルカー搾乳機器)の種類、家畜の飼育管理方法、家畜の糞尿処理方法等を考慮して、定めている。畜舎又は搾乳舎の設計条件は、畜舎又は搾乳舎の建設場所気象条件、畜舎又は搾乳舎内の環境条件関連施設における家畜の収容頭数等を考慮して定めている。

次いで、畜舎又は搾乳舎の建設工事進め方を決定している。そして、該決定に基づいて、まず、畜舎又は搾乳舎の建設現場基礎コンクリートを打つようにしている。その際には、支柱固定用の埋め込みボルトや、ストール固定用固定具を基礎コンクリートに埋め込むようにしている。次いで、畜舎又は搾乳舎の上方を覆う覆いを、基礎コンクリート上に立設した支柱を用いて、畜舎又は搾乳舎の上方に張設している。支柱は、基礎コンクリートに埋め込んだ埋め込みボルトを用いて、基礎コンクリート上に立設した状態に固定している。また、畜舎又は搾乳舎の間仕切り用のストール又は家畜を繋ぐためのストールを、基礎コンクリート上に立設している。ストールは、基礎コンクリートに埋め込んだ固定具を用いて、基礎コンクリート上に立設した状態に固定している。次いで、基礎コンクリート上に床面仕上げ用の土間コンクリートを打つようにしている。次いで、ミルカーやその他の設備機器を前記ストールや支柱に取り付けている。そして、畜舎又は搾乳舎を建設している。

概要

畜舎又は搾乳舎の建設工事の工期の大幅な短縮化と容易化とが図れる畜舎又は搾乳舎の建設方法を得る。

搬送容易な大きさと重量とを有する複数枚床プレート10を平面状に並べて、それらの床プレート10を継合具20を用いて互いに継合する。そして、畜舎又は搾乳舎の床を形成する。床プレート10には、支柱40を固定具50を用いて立設する。そして、支柱40を用いて、覆い30を畜舎又は搾乳舎の床の上方に張設する。そして、複数枚の床プレート10を平面状に並べて形成した畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆い30で覆ってなる畜舎又は搾乳舎を形成する。

目的

本発明は、このような課題を解消可能な、畜舎又は搾乳舎の建設方法と、該方法に用いる畜舎又は搾乳舎の建設材を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

次の工程を含むことを特徴とする畜舎又は搾乳舎の建設方法。a.搬送容易な大きさと重量とを有する複数枚床プレートを平面状に並べる工程。b.前記平面状に並べた複数枚の床プレートを、継合具を用いて、互いに継合して、畜舎又は搾乳舎の床を形成する工程。c.支柱を、固定具を用いて、前記床プレートに立設した状態に固定する工程。d.覆いを、前記支柱を用いて、前記畜舎又は搾乳舎の床の上方に張設する工程。

請求項2

次の工程を含むことを特徴とする畜舎又は搾乳舎の建設方法。a.搬送容易な大きさと重量とを有する複数枚の床プレートを平面状に並べる工程。b.前記平面状に並べた複数枚の床プレートを、継合具を用いて、互いに継合して、畜舎又は搾乳舎の床を形成する工程。c.搬送容易な大きさと重量とを有する複数枚の被覆部材を、連結具を用いて、互いに連結して、ほぼ逆U字状をした覆いを形成する工程。d.前記覆いを前記畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とに亙って被せて、その覆いで前記畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆う工程。e.前記覆いを、固定具を用いて、前記床プレートに固定する工程。

請求項3

床プレートに、脚を有する床プレートを用いて、畜舎又は搾乳舎の床を高床式に形成する請求項1又は2記載の畜舎又は搾乳舎の建設方法。

請求項4

畜舎又は搾乳舎の床を形成する複数枚の床プレートであって、搬送容易な大きさと重量とを有する床プレートと、平面状に並べた複数枚の前記床プレートを互いに継合する継合具と、複数枚の前記床プレートを平面状に並べて継合して形成する畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆う覆いと、前記床プレートに立設する支柱であって、前記覆いを前記畜舎又は搾乳舎の床の上方に張設した状態に支持する支柱と、該支柱を前記床プレートに立設した状態に固定する固定具とからなる畜舎又は搾乳舎の建設材

請求項5

畜舎又は搾乳舎の床を形成する複数枚の床プレートであって、搬送容易な大きさと重量とを有する床プレートと、平面状に並べた複数枚の前記床プレートを互いに継合する継合具と、前記畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とに亙って被せるほぼ逆U字状をした覆いを形成する複数枚の被覆部材であって、搬送容易な大きさと重量とを有する被覆部材と、ほぼ逆U字状に配列した複数枚の前記被覆部材を互いに連結する連結具と、前記覆いを前記床プレートに固定する固定具とからなる畜舎又は搾乳舎の建設材。

請求項6

床プレートが、脚を有する床プレートである請求項4又は5記載の畜舎又は搾乳舎の建設材。

技術分野

0001

本発明は、等の家畜飼育したり、それらの家畜の搾乳を行ったりするための畜舎又は搾乳舎の建設方法と、該方法に用いる畜舎又は搾乳舎の建設材に関する。

背景技術

0002

牛舎等の畜舎又は搾乳舎を建設する場合には、従来一般に、次のようにしている。

0003

まず、畜舎又は搾乳舎の構造、即ち、家畜を放し飼い方式で飼育するか、家畜を繋ぎ飼い方式で飼育するか、又は家畜の搾乳を放し飼い方式で行うか、家畜の搾乳を繋ぎ飼い方式で行うかを決定している。

0004

次いで、畜舎又は搾乳舎の建設設計方針を定めている。この畜舎又は搾乳舎の設計方針を定める際には、それに先立って、経営の基本方針と、設計条件を予め定めている。経営の基本方針は、畜舎又は搾乳舎の建設地域の環境、労働力の確保、飼育家畜の頭数ミルカー搾乳機器)の種類、家畜の飼育管理方法、家畜の糞尿処理方法等を考慮して、定めている。畜舎又は搾乳舎の設計条件は、畜舎又は搾乳舎の建設場所気象条件、畜舎又は搾乳舎内の環境条件関連施設における家畜の収容頭数等を考慮して定めている。

0005

次いで、畜舎又は搾乳舎の建設工事進め方を決定している。そして、該決定に基づいて、まず、畜舎又は搾乳舎の建設現場基礎コンクリートを打つようにしている。その際には、支柱固定用の埋め込みボルトや、ストール固定用固定具を基礎コンクリートに埋め込むようにしている。次いで、畜舎又は搾乳舎の上方を覆う覆いを、基礎コンクリート上に立設した支柱を用いて、畜舎又は搾乳舎の上方に張設している。支柱は、基礎コンクリートに埋め込んだ埋め込みボルトを用いて、基礎コンクリート上に立設した状態に固定している。また、畜舎又は搾乳舎の間仕切り用のストール又は家畜を繋ぐためのストールを、基礎コンクリート上に立設している。ストールは、基礎コンクリートに埋め込んだ固定具を用いて、基礎コンクリート上に立設した状態に固定している。次いで、基礎コンクリート上に床面仕上げ用の土間コンクリートを打つようにしている。次いで、ミルカーやその他の設備機器を前記ストールや支柱に取り付けている。そして、畜舎又は搾乳舎を建設している。

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、上記のようにして、畜舎又は搾乳舎を建設した場合には、畜舎又は搾乳舎建設用の各種工事を順を追って進めなければならず、それらの各種工事を平行して同時に行うことができなかった。

0007

具体的には、支柱を畜舎又は搾乳舎の建設場所の床面上に立設しようとする際には、その前に、畜舎又は搾乳舎の建設現場の基礎コンクリート打ちが終わって、基礎コンクリートに支柱固定用の埋め込みボルトが埋め込まれていなければならなかった。そのため、畜舎又は搾乳舎の建設工事の工期が大幅に延びてしまった。

0008

また、上記のようにして建設した、既存の畜舎又は搾乳舎の構造やその畜舎又は搾乳舎を用いて飼育する家畜の管理方式やその畜舎又は搾乳舎に備えるミルカー等の設備機器やその畜舎又は搾乳舎の規模を変更する場合には、畜舎又は搾乳舎をその基礎から大幅に変更しなければならず、多大な手数と時間を要した。

0009

本発明は、このような課題を解消可能な、畜舎又は搾乳舎の建設方法と、該方法に用いる畜舎又は搾乳舎の建設材を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0010

上記目的を達成するために、本発明の第1の畜舎又は搾乳舎の建設方法は、次の工程を含むことを特徴としている。
a.搬送容易な大きさと重量とを有する複数枚床プレートを平面状に並べる工程。
b.前記平面状に並べた複数枚の床プレートを、継合具を用いて、互いに継合して、畜舎又は搾乳舎の床を形成する工程。
c.支柱を、固定具を用いて、前記床プレートに立設した状態に固定する工程。
d.覆いを、前記支柱を用いて、前記畜舎又は搾乳舎の床の上方に張設する工程。

0011

この第1の畜舎又は搾乳舎の建設方法においては、畜舎又は搾乳舎の床形成用の複数枚の床プレートと、畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆う覆いと、畜舎又は搾乳舎の床に立設する支柱等とを、工場等において、平行して同時に形成できる。

0012

次いで、それらの床プレートと覆いと支柱等とを、畜舎又は搾乳舎の建設現場等に運んで、それらを組み合わせて、畜舎又は搾乳舎を工期を掛けずに迅速に建設できる。

0013

本発明の第2の畜舎又は搾乳舎の建設方法は、次の工程を含むことを特徴としている。
a.搬送容易な大きさと重量とを有する複数枚の床プレートを平面状に並べる工程。
b.前記平面状に並べた複数枚の床プレートを、継合具を用いて、互いに継合して、畜舎又は搾乳舎の床を形成する工程。
c.搬送容易な大きさと重量とを有する複数枚の被覆部材を、連結具を用いて、互いに連結して、ほぼ逆U字状をした覆いを形成する工程。
d.前記覆いを前記畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とに亙って被せて、その覆いで前記畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆う工程。
e.前記覆いを、固定具を用いて、前記床プレートに固定する工程。

0014

この第2の畜舎又は搾乳舎の建設方法においては、畜舎又は搾乳舎の床形成用の複数枚の床プレートと、畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆う覆い形成用の複数枚の被覆部材等とを、工場等において、平行して同時に形成できる。

0015

次いで、それらの床プレートと被覆部材等とを、畜舎又は搾乳舎の建設現場等に運んで、それらを組み合わせて、畜舎又は搾乳舎を工期を掛けずに迅速に建設できる。

0016

本発明の第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設方法においては、床プレートに、脚を有する床プレートを用いても良い。

0017

この脚を有する床プレートを用いて、本発明の第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設方法により、畜舎又は搾乳舎を建設した場合には、複数枚の床プレートを平面状に並べて継合して形成する畜舎又は搾乳舎の床を、前記脚を用いて、畜舎又は搾乳舎の建設現場の床面の上方に浮かせることができる。そして、畜舎又は搾乳舎の床を、高床式に形成できる。そして、畜舎又は搾乳舎の建設現場の床面を歩行する飼育作業者搾乳作業者が、を折り曲げずに、高床式に形成された畜舎又は搾乳舎の床上にいる家畜の飼育作業や搾乳作業を容易に行える。

0018

本発明の第1の畜舎又は搾乳舎の建設材は、畜舎又は搾乳舎の床を形成する複数枚の床プレートであって、搬送容易な大きさと重量とを有する床プレートと、平面状に並べた複数枚の前記床プレートを互いに継合する継合具と、複数枚の前記床プレートを平面状に並べて継合して形成する畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆う覆いと、前記床プレートに立設する支柱であって、前記覆いを前記畜舎又は搾乳舎の床の上方に張設した状態に支持する支柱と、該支柱を前記床プレートに立設した状態に固定する固定具とからなることを特徴としている。

0019

この第1の畜舎又は搾乳舎の建設材においては、複数枚の床プレートを平面状に並べて、それらの床プレートを、継合具を用いて、互いに継合できる。そして、家畜の飼育用の畜舎の床、又は家畜の搾乳用の搾乳舎の床を形成できる。

0020

また、支柱を、固定具を用いて、床プレートに立設した状態に固定できる。

0021

次いで、床プレートに立設した支柱を用いて、覆いを畜舎又は搾乳舎の床の上方に張設した状態に支持できる。そして、牛、豚、馬、羊等の家畜を飼育するための畜舎、又は牛、豚、馬、羊等の家畜の搾乳を行うための搾乳舎を形成できる。

0022

本発明の第2の畜舎又は搾乳舎の建設材は、畜舎又は搾乳舎の床を形成する複数枚の床プレートであって、搬送容易な大きさと重量とを有する床プレートと、平面状に並べた複数枚の前記床プレートを互いに継合する継合具と、前記畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とに亙って被せるほぼ逆U字状をした覆いを形成する複数枚の被覆部材であって、搬送容易な大きさと重量とを有する被覆部材と、ほぼ逆U字状に配列した複数枚の前記被覆部材を互いに連結する連結具と、前記覆いを前記床プレートに固定する固定具とからなることを特徴としている。

0023

この第2の畜舎又は搾乳舎の建設材においては、複数枚の床プレートを平面状に並べて、それらの床プレートを、継合具を用いて、互いに継合できる。そして、家畜の飼育用の畜舎の床、又は家畜の搾乳用の搾乳舎の床を形成できる。

0024

また、複数枚の被覆部材をほぼ逆U字状に配列して、それらの被覆部材を、連結具を用いて、互いに連結できる。そして、ほぼ逆U字状をした覆いを形成できる。

0025

次いで、そのほぼ逆U字状をした覆いを、複数枚の床プレートを平面状に並べて継合して形成した畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とに亙って被せることができる。そして、その覆いで畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆うことができる。それと共に、覆いを、固定具を用いて、畜舎又は搾乳舎の床を構成する床プレートに動かぬように固定できる。そして、牛、豚、馬、羊等の家畜を飼育するための畜舎、又は牛、豚、馬、羊等の家畜の搾乳を行うための搾乳舎を形成できる。

0026

本発明の第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設材においては、床プレートが、脚を有する床プレートであっても良い。

0027

この脚を有する床プレートにあっては、複数枚の床プレートを平面状に並べて継合して形成する畜舎又は搾乳舎の床を、前記脚を用いて、畜舎又は搾乳舎の建設現場の床面の上方に浮かせることができる。そして、畜舎又は搾乳舎の床を、高床式に形成できる。そして、畜舎又は搾乳舎の建設現場の床面を歩行する飼育作業者や搾乳作業者が、腰を折り曲げずに、高床式に形成された畜舎又は搾乳舎の床上にいる家畜の飼育作業や搾乳作業を容易に行える。

発明を実施するための最良の形態

0028

次に、本発明の実施の形態を図面に従い説明する。図1ないし図3は本発明の第1の畜舎又は搾乳舎の建設材の好適な実施の形態を示し、図1はその使用状態を示す説明図、図2はその床プレートの一部拡大斜視図、図3はその継合具の構造を示す拡大正面断面図である。以下に、この第1の畜舎又は搾乳舎の建設材を説明する。

0029

図において、10は、床プレートである。床プレート10は、図1又は図2に示したように、方形枠体状の鋼材からなる側枠16と、側枠16内に備えたデッキプレート14であって、側枠16内の底部を封ずるデッキプレート14と、側枠16とデッキプレート14とで囲まれた内側部分に流し込んで固化させたコンクリートアスファルトプラスチック等の固化体18とから形成している。デッキプレート14は、鋼板で形成していて、その表面に状をした複数本リブ12を縦に並べて形成している。

0030

床プレート10は、搬送容易なように、その大きさと重量とを一定値以下に抑えている。具体的には、床プレート10の縦横の長さを、例えば、3〜5m以下等に抑えている。また、その重量を、例えば、100kg以下等に抑えている。

0031

20は、平面状に並べた複数枚の床プレート10を互いに継合する継合具である。継合具20は、例えば、図3に示したように、一方の床プレート10の側枠16とそれに対向する他方の床プレートの側枠16とに開口した孔22と、それらの孔22に亙って挿通するボルト24と、該ボルト24の先端に螺嵌するナット26とから形成している。そして、ボルト24を一方の床プレートの側枠16に開口された孔22と他方の床プレートの側枠16に開口された孔22とに亙って挿通して、ボルト24の先端にナット26を螺嵌し、該ナット26を締め付けることができるようにしている。そして、一方の床プレート10の外側壁を他方の床プレート10の外側壁に押接させた状態に動かぬように固定できるようにしている。

0032

30は、畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆う覆いである。覆い30には、薄手プラスチック板又は金属板等をほぼ逆L字状に折曲させてなる複数枚の被覆部材32、34を用いている。そして、それらの被覆部材32、34の先端を互いに重ね合わせて、図1に示したような、ほぼ逆U字状をした覆い30を形成できるようにしている。そして、その覆い30を用いて、畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とを連続して覆うことができるようにしている。

0033

40は、覆い30を、畜舎又は搾乳舎の床の上方に張設した状態に支持するための支柱である。支柱40は、図1に示したように、覆い30を構成する被覆部材32、34の内側面の形状に倣って、棒状の鋼材をほぼ逆L字状に折曲させて形成している。そして、支柱40の外側に沿って被覆部材32、34を搭載して、被覆部材32、34を支柱40に張設した状態に支持できるようにしている。

0034

50は、支柱40を畜舎又は搾乳舎の床上に立設した状態に固定するための固定具である。固定具50は、図1に示したように、畜舎又は搾乳舎の床の左右の側部を構成する床プレート10部分に備えた固定筒52であって、支柱40の下端を挿入して、支柱40を床プレート10に立設した状態に支持する固定筒52と、畜舎又は搾乳舎の床の中途部を構成する床プレート10部分に立設したストール54であって、支柱40の中途部を支持するストール54とから形成している。固定筒52は、床プレート10を構成する固化体18に、その上端を固化体18の上方に突出させて、起立させて埋め込んでいる。ストール54は、その下端を床プレート10を構成する固化体18に起立させて埋め込んだ筒体56に挿入して、床プレート10に立設した状態に固定している。

0035

図1ないし図3に示した第1の畜舎又は搾乳舎の建設材は、以上の複数枚の床プレート10と、継合具20と、覆い30と、支柱40と、固定具50とで構成している。

0036

次に、この第1の畜舎又は搾乳舎の建設材を用いて、本発明の第1の畜舎又は搾乳舎の建設方法により、畜舎又は搾乳舎を建設する方法を説明する。

0037

図1に示したように、複数枚の床プレート10を、平面状に並べる。

0038

次いで、その平面状に並べた複数枚の床プレート10を、継合具20を用いて、互いに継合する。そして、所定面積を持つ畜舎又は搾乳舎の床を形成する。

0039

また、支柱40を、固定具50を用いて、床プレート10に立設した状態に固定する。具体的には、図1に示したように、畜舎又は搾乳舎の床を構成する左右の側部の床プレート10部分に埋め込まれた固定筒52に、支柱40の下端を挿入する。そして、支柱40を床プレート10に立設した状態に固定する。それと共に、畜舎又は搾乳舎の床の中途部を構成する床プレート10部分に埋め込まれた筒体56に、ストール54の下端を挿入する。そして、ストール54を畜舎又は搾乳舎の床の中途部に立設する。そして、そのストール54の上端に、支柱40の中途部を支持する。

0040

次いで、複数枚の床プレート10を平面状に並べて継合して形成した畜舎又は搾乳舎の床の上方に覆い30を、支柱40を用いて、張設した状態に支持する。具体的には、覆い30を構成する複数枚の被覆部材32、34を、ほぼ逆L字状に折曲した支柱40の外側に沿って搭載して、それらの被覆部材32、34を支柱40にボルト(図示せず)等を用いて動かぬように固定する。そして、それらの被覆部材32、34の先端を、畜舎又は搾乳舎の床面の中央部の上方で互いに重ね合わせて、ほぼ逆U字状をした覆い30を形成する。そして、その覆い30で畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右側部とを連続して覆う。

0041

すると、図1に示したような、所定面積を持つ畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とを覆い30で覆ってなる畜舎又は搾乳舎を形成できる。

0042

図4図5は本発明の第2の畜舎又は搾乳舎の建設材の好適な実施の形態を示し、図4はその使用状態を示す説明図、図5はその被覆部材の一部拡大斜視図である。以下に、この第2の畜舎又は搾乳舎の建設材を説明する。

0043

図の第2の畜舎又は搾乳舎の建設材では、複数枚の前述床プレート10を平面状に並べて継合して形成する畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とに亙って被せるほぼ逆U字状をした覆い30を形成する複数枚の被覆部材32、34を設けている。

0044

被覆部材32、34は、図5に示したように、変形し難い厚手合成樹脂板、金属板等の板材38をほぼ逆L字状に折曲させて形成していて、その周囲に強靱な鋼材等からなる補強枠36を備えている。そして、その補強枠36で、板材38の形状がほぼ逆L字状に保持されるようにしている。また、その補強枠36を、被覆部材32、34を畜舎又は搾乳舎の床の上方に支持する支柱に用いている。

0045

被覆部材32、34は、搬送容易なように、その大きさと重量とを一定値以下に抑えている。具体的には、被覆部材32、34の縦横の長さを、例えば、3〜5m以下等に抑えている。また、その重量を、例えば、100kg以下等に抑えている。

0046

90は、ほぼ逆U字状に配列した複数枚の被覆部材32、34を互いに連結する連結具である。連結具90は、例えば、図5に示したように、被覆部材32、34の対向する補強枠36に亙って開口した連通孔92と、該孔92に挿通するボルト(図示せず)と、該ボルト先端に螺嵌するナット(図示せず)とから形成している。そして、被覆部材32、34の対向する補強枠36に亙って開口された連通孔92にボルトを挿通して、該ボルト先端にナットを螺嵌して締め付けることができるようにしている。そして、被覆部材32、34の対向する側縁間を連結できるようにしている。

0047

100は、覆い30を床プレート10に固定する固定具である。固定具100は、畜舎又は搾乳舎の床の左右の側部を構成する床プレート10部分に設けている。固定具100は、筒状をしていて、前述固定具50と同様にして、床プレート10を構成する固化体18に、その上端を固化体18の上方に突出させて、起立させて埋め込んでいる。そして、覆い30の左右の側部下端縁の下方に突出した被覆部材32、34の柱状の補強枠36部分を筒状の固定具100に挿入して、覆い30を床プレート10に動かぬように固定できるようにしている。

0048

図4図5に示した第2の畜舎又は搾乳舎の建設材は、以上の覆い30形成用の複数枚の被覆部材32、34と、被覆部材32、34連結用の連結具90と、覆い30固定用の固定具100と、畜舎又は搾乳舎の床形成用の複数枚の前述床プレート10と、床プレート継合用の前述継合具20とで構成している。

0049

次に、この第2の畜舎又は搾乳舎の建設材を用いて、本発明の第2の畜舎又は搾乳舎の建設方法により、畜舎又は搾乳舎を建設する方法を説明する。

0050

図4に示したように、複数枚の床プレート10を、平面状に並べて、それらの床プレート10を、継合具20を用いて、互いに継合する。そして、所定面積を持つ畜舎又は搾乳舎の床を形成する。

0051

また、複数枚の被覆部材32、34をほぼ逆U字状に配列して、それらの被覆部材32、34を、連結具90を用いて、互いに連結する。そして、ほぼ逆U字状をした覆い30を形成する。

0052

次いで、その逆U字状をした覆い30を、複数枚の床プレート10を平面状に並べて継合して形成した畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とに亙って被せる。そして、畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とを覆い30で覆う。それと共に、覆い30の左右の側部の下端縁の下方に突出した被覆部材32、34の柱状の補強枠36部分を、筒状の固定具100に挿入して、畜舎又は搾乳舎の床の左右の側部を構成する床プレート10部分に動かぬように固定する。

0053

すると、図4に示したように、所定面積を持つ畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右の側部とを覆い30で覆ってなる畜舎又は搾乳舎を形成できる。

0054

なお、上述第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設材を用いて、上述第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設方法により、畜舎又は搾乳舎を建設する場合に、畜舎又は搾乳舎の床を形成する作業や、畜舎又は搾乳舎の床に立設した支柱に覆いを張設する作業、又は複数枚の被覆部材を連結して形成する覆いの形成作業は、畜舎又は搾乳舎の建設現場において行うのが良い。そして、大きさと重量のある大型の畜舎又は搾乳舎の床や覆い等を工場から畜舎又は搾乳舎の建設現場に、クレーン車等を用いて、多大な手数と労力をかけて搬入する作業を省くのが良い。

0055

また、上述第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設材、上述第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設方法においては、床プレートに、図6に示したような、脚70を有する床プレート10を用いても良い。そして、複数枚の床プレート10を平面状に並べて継合して形成する畜舎又は搾乳舎の床を、脚70を用いて、畜舎又は搾乳舎の建設現場の床面80の上方に浮かせることができるようにしても良い。そして、畜舎又は搾乳舎の床を、高床式に形成できるようにしても良い。そして、畜舎又は搾乳舎の建設現場の床面80を歩行する飼育作業者や搾乳作業者が、腰を折り曲げずに、高床式に形成された畜舎又は搾乳舎の床上にいる家畜の飼育作業や搾乳作業を容易に行えるようにしても良い。

0056

また、上述第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設材を用いて、上述第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設方法により、畜舎又は搾乳舎を建設する際には、図1図4又は図6に示したように、被覆部材32、34の互いに重ね合わせた先端の上方を、切妻状等をした屋根60で覆うのが良い。そして、被覆部材32、34の互いに重ね合わせた先端の間の隙間を通して、雨水等が覆い30の内側に侵入するのを防ぐようにすると良い。

0057

また、覆い30を構成する被覆部材32、34の一方又はその両方を短尺に形成して、畜舎又は搾乳舎の床の上方とその左右のいずれか一方の側部とを被覆部材32、34で覆ったり、畜舎又は搾乳舎の床の上方のみを被覆部材32、34で覆ったりしても良い。

0058

また、上述第1の畜舎又は搾乳舎の建設材を用いて、上述第1の畜舎又は搾乳舎の建設方法により、畜舎又は搾乳舎を建設する場合に、支柱40の中途部をストール54で支持せずに、床プレート10を構成する固化体18に埋め込んだ固定筒52のみを用いて、支柱40を床プレート10に立設した状態に固定しても良い。

0059

また、覆い30には、柔軟な合成樹脂フィルム(図示せず)を用いても良い。そして、その合成樹脂フィルムを、支柱40を用いて、畜舎又は搾乳舎の床の上方に張設した状態に支持しても良い。

発明の効果

0060

以上説明したように、本発明の第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設材を用いて、本発明の第1又は第2の畜舎又は搾乳舎の建設方法により、畜舎又は搾乳舎を建設すれば、畜舎又は搾乳舎の床を構成する複数枚の床プレートや、畜舎又は搾乳舎の床の上方を覆う覆い等の形成作業を、工場等において、平行して同時に迅速に行うことができる。そして、畜舎又は搾乳舎の建設作業の工期を大幅に短縮できる。

0061

また、畜舎又は搾乳舎の建設材を工場等で大量生産でき、畜舎又は搾乳舎建設用の建設材の品質の安定化、低廉化が図れる。

0062

また、建設中の畜舎又は搾乳舎の床を形成する床プレートの枚数増減させて、建設しようとする畜舎又は搾乳舎の規模を容易に変更できる。

0063

また、建設済みの畜舎又は搾乳舎の床を形成している床プレートの枚数を増減させて、建設済みの畜舎又は搾乳舎の大幅な設計変更施設の改良を行うことなく、建設済みの畜舎又は搾乳舎の規模を容易に変更できる。

0064

また、建設済みの畜舎又は搾乳舎を形成している建設材を分解して、その建設材を用いて、畜舎又は搾乳舎を他の場所に再度容易に建設できる。そして、建設済みの畜舎又は搾乳舎の移転を容易に行える。

0065

また、畜舎又は搾乳舎の建設現場等において、多大な手数と労力を要する畜舎又は搾乳舎の床形成用の基礎コンクリート打ち作業等を省くことができる。そして、畜舎又は搾乳舎の建設作業の大幅な簡易化、容易化が図れる。

図面の簡単な説明

0066

図1本発明の第1の畜舎又は搾乳舎の建設材の使用状態を示す説明図である。
図2本発明の第1の畜舎又は搾乳舎の建設材の床プレートの一部拡大斜視図である。
図3本発明の第1の畜舎又は搾乳舎の建設材の継合具の構造を示す拡大正面断面図である。
図4本発明の第2の畜舎又は搾乳舎の建設材の使用状態を示す説明図である。
図5本発明の第2の畜舎又は搾乳舎の建設材の被覆部材の一部拡大斜視図である。
図6本発明の第1の畜舎又は搾乳舎の建設材の使用状態を示す説明図である。

--

0067

10床プレート
14デッキプレート
16側枠
18固化体
20継合具
30 覆い
32、34被覆部材
36補強枠
38板材
40支柱
50、100固定具
52固定筒
54ストール
56筒体
60屋根
70 脚
90 連結具

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ボンビの「 ペットサークル」が 公開されました。( 2020/09/10)

    【課題】粒状の排泄物処理材の飛び散りによって周囲が汚れることを防止して、室内での使い勝手を良くするペットサークルの提供。【解決手段】ペット収容空間を取り囲む複数の包囲部材13と、包囲部材13同士を着脱... 詳細

  • ゼルプ リミテッドの「 ガスを処理する装置と方法」が 公開されました。( 2020/09/10)

    【課題・解決手段】メタン転換装置は反応チャンバと、メタンの存在を検出するためのセンサーと、センサーが所定のしきい値を超えるメタンの存在を検出したときに外部ガスを反応チャンバ内へ指向するための送風手段と... 詳細

  • ジェックス株式会社の「 小動物飼育用ケージ」が 公開されました。( 2020/09/10)

    【課題】トイレ容器収容凹部小動物飼育用ケージを提供する。【解決手段】開口部10と、この開口部10の周囲の少なくとも一部に配置される立壁部16,17とを有する下部ケージ本体1と、下部ケージ本体1に上方か... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ