図面 (/)

技術 情報TVの時間変更ディスプレイ方法

出願人 三星電子株式会社
発明者 徐文煥
出願日 1996年8月28日 (24年3ヶ月経過) 出願番号 1996-227037
公開日 1997年5月2日 (23年7ヶ月経過) 公開番号 1997-116824
状態 特許登録済
技術分野 TV送受信機回路
主要キーワード 電源印加 ディスプレイ要求 現在時間情報 時間要求 通信命令 TVマイコン 情報処理ユニット 付加価値通信網
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年5月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

正確な現在の時間情報が設定された状態で通信サ−ビスを受けることができる情報TVの時間変更ディスプレイ方法を提供する。

解決手段

情報TVの時間変更ディスプレイ方法は、停電等により現在の時間情報が変更された場合、電源印加時に現在の時間設定メニュ−をディスプレイさせて現在時間を再設定して、通信モ−ド時に付加価値通信網から通信情報を受信してデコ−ディングする情報処理ユニット伝送する。かつ、現在の時間情報が変更された場合、電源印加時に現在の時間が変更されたという変更メッセ−ジをディスプレイさせて使用者の必要により現在の時間を再設定してから情報処理ユニットに伝送する。

概要

背景

情報TVは付加価値通信網にTVを連結させることにより通信サ−ビスを受けることができる。この情報TVは、情報TVが付加価値通信網に連結されると、情報通信デ−タ(以下、情報デ−タという)を受信し、これを画面ディスプレイするための情報R,G,B信号とスイッチング制御信号を出力する情報処理ユニットとを含む。この情報TVは情報処理ユニットで処理された情報R,G,B信号とTV信号処理部で処理されたTV R,G,B信号とを情報処理ユニットから出力されるスイッチング制御信号に応じて選択して画面にディスプレイする。

かかる情報TVは付加価値通信網を通して伝送される各種の通信サ−ビス、例えば証券ニュ−ス、天気、TV情報などをTV画面にディスプレイさせ得るので、コンピュ−タ−の素人も容易に通信サ−ビスを受けられる利点がある。情報TVはTVマイコンからの時間情報を連続的に受けてその時間情報を更新させ、使用者の現在時間ディスプレイ要求によるキ−が押されると、画面に現在の時間をディスプレイする。情報TVの現在時間ディスプレイは通信サ−ビスを受けるにおいて重要な因子となるため、常に正確な現在の時間がディスプレイされなければならない。

しかしながら、停電等による時間デ−タの損失が発生すると、停電復帰時は現在の時間を正しくディスプレイすることができない。そして、停電復帰時に使用者がTVマイコンに貯蔵された現在の時間をディスプレイさせなければ、現在の時間はディスプレイされず、現在の時間が正しいかも分からなくなる。

概要

正確な現在の時間情報が設定された状態で通信サ−ビスを受けることができる情報TVの時間変更ディスプレイ方法を提供する。

情報TVの時間変更ディスプレイ方法は、停電等により現在の時間情報が変更された場合、電源印加時に現在の時間設定メニュ−をディスプレイさせて現在時間を再設定して、通信モ−ド時に付加価値通信網から通信情報を受信してデコ−ディングする情報処理ユニットに伝送する。かつ、現在の時間情報が変更された場合、電源印加時に現在の時間が変更されたという変更メッセ−ジをディスプレイさせて使用者の必要により現在の時間を再設定してから情報処理ユニットに伝送する。

目的

前記の問題点を克服するために本発明の目的は、情報TVの停電復帰時に時間設定メニュ−画面をディスプレイさせて使用者として正確に時間設定せしめる時間変更ディスプレイ方法を提供するにある。本発明の他の目的は、情報TVの停電復帰時に時間変更を表すメッセ−ジをディスプレイして使用者として選択的に現在の時間を再設定せしめる時間変更ディスプレ方法を提供するにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

通信モ−ドキ−を認識してTVを付加価値通信網ラインで連結してそれから通信情報を受信してデコ−ディングする情報処理ユニットと、現在の時間情報を前記情報処理ユニットに伝送するTVマイコンとを含み通信サ−ビスを受ける情報TVの時間変更ディスプレイ方法において、(a)電源印加されると、時間情報をチェックして時間情報が変更されたか否かを確かめる段階と、(b)時間情報が変更されたならば、時間設定メニュ画面ディスプレイして現在の時間を再設定する段階と、(c)再設定された現在の時間情報を前記情報処理ユニットに伝送する段階とを含むことを特徴とする情報TVの時間変更ディスプレイ方法。

請求項2

前記(c)段階では前記情報処理ニユットに伝送された現在の時間情報をディスプレイする(c1)段階をさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の情報TVの時間変更ディスプレイ方法。

請求項3

前記(c1)段階では時間情報ディスプレイ要求キ−の入力に応じて現在の時間情報をディスプレイすることを特徴とする請求項2に記載の情報TVの時間変更ディスプレイ方法。

請求項4

通信モ−ドキ−を認識してTVを付加価値通信網にラインで連結してそれから通信情報を受信してデコ−ディングする情報処理ユニットと、現在の時間情報を前記情報処理ユニットに伝送するTVマイコンとを含み通信サ−ビスを受ける情報TVの時間変更ディスプレイ方法において、(a)電源が印加されると、時間情報をチェックして時間情報が変更されたか否かを確かめる段階と、(b)時間情報が変更されたならば、現在の時間を変更すべきという変更メッセ−ジをディスプレイする段階と、(c)キ−入力に応じて時間設定メニュ−画面をディスプレイさせて現在の時間を再設定する段階と、(d)再設定された現在の時間情報を前記情報処理ユニットに伝送する段階とを含むことを特徴とする情報TVの時間変更ディスプレイ方法。

請求項5

前記(c)段階は、(c1)所定の時間内に時間設定キ−を入力する段階と、(c2)時間設定キ−が入力されると、時間設定メニュ−画面をディスプレイさせて現在の時間を再設定する段階とを含むことを特徴とする請求項4に記載の情報TVの時間変更ディスプレイ方法。

請求項6

前記(d)段階では前記情報処理ユニットに伝送された現在の時間情報をディスプレイする(d1)段階をさらに含むことを特徴とする請求項4に記載の情報TVの時間変更ディスプレイ方法。

請求項7

前記(d1)段階では時間情報ディスプレイ要求キ−の入力に応じて現在の時間情報をディスプレイすることを特徴とする請求項6に記載の情報TVの時間変更ディスプレイ方法。

技術分野

0001

本発明は情報TVの時間変更ディスプレイ方法係り、特に通信サ−ビスを受けることができる情報TVにおいて停電等により現在の時間が変更された場合、時間設定メニュ画面ディスプレイさせて現在の時間を再設定する方法に関する。

背景技術

0002

情報TVは付加価値通信網にTVを連結させることにより通信サ−ビスを受けることができる。この情報TVは、情報TVが付加価値通信網に連結されると、情報通信デ−タ(以下、情報デ−タという)を受信し、これを画面にディスプレイするための情報R,G,B信号とスイッチング制御信号を出力する情報処理ユニットとを含む。この情報TVは情報処理ユニットで処理された情報R,G,B信号とTV信号処理部で処理されたTV R,G,B信号とを情報処理ユニットから出力されるスイッチング制御信号に応じて選択して画面にディスプレイする。

0003

かかる情報TVは付加価値通信網を通して伝送される各種の通信サ−ビス、例えば証券ニュ−ス、天気、TV情報などをTV画面にディスプレイさせ得るので、コンピュ−タ−の素人も容易に通信サ−ビスを受けられる利点がある。情報TVはTVマイコンからの時間情報を連続的に受けてその時間情報を更新させ、使用者の現在時間ディスプレイ要求によるキ−が押されると、画面に現在の時間をディスプレイする。情報TVの現在時間ディスプレイは通信サ−ビスを受けるにおいて重要な因子となるため、常に正確な現在の時間がディスプレイされなければならない。

0004

しかしながら、停電等による時間デ−タの損失が発生すると、停電復帰時は現在の時間を正しくディスプレイすることができない。そして、停電復帰時に使用者がTVマイコンに貯蔵された現在の時間をディスプレイさせなければ、現在の時間はディスプレイされず、現在の時間が正しいかも分からなくなる。

発明が解決しようとする課題

0005

前記の問題点を克服するために本発明の目的は、情報TVの停電復帰時に時間設定メニュ−画面をディスプレイさせて使用者として正確に時間設定せしめる時間変更ディスプレイ方法を提供するにある。本発明の他の目的は、情報TVの停電復帰時に時間変更を表すメッセ−ジをディスプレイして使用者として選択的に現在の時間を再設定せしめる時間変更ディスプレ方法を提供するにある。

課題を解決するための手段

0006

前記目的を達成するために本発明の時間変更方法は、通信モ−ドキ−を認識してTVを付加価値通信網にラインで連結してそれから通信情報を受信してデコ−ディングする情報処理ユニットと、現在の時間情報を前記情報処理ユニットに伝送するTVマイコンとを含めて通信サ−ビスを受けることができる情報TVの時間変更ディスプレイ方法において、(a)電源印加されると、時間情報をチェックして時間情報が変更されたか否かを確かめる段階と、(b)時間情報が変更されたならば、時間設定メニュ−画面をディスプレイして現在の時間を再設定する段階と、(c)再設定された現在の時間情報を前記情報処理ユニットに伝送する段階とを含むことを特徴とする。

0007

前記他の目的を達成するために本発明の時間変更ディスプレイ方法は、通信モ−ドキ−を認識してTVを付加価値通信網にラインで連結してそれから通信情報を受信してデコ−ディングする情報処理ユニットと、現在の時間情報を前記情報処理ユニットに伝送するTVマイコンとを含めて通信サ−ビスを受ける情報TVの時間変更ディスプレイ方法において、(a)電源が印加されると、時間情報をチェックして時間情報が変更されたか否かを確かめる段階と、(b)時間情報が変更されたならば、現在の時間を変更すべきという変更メッセ−ジをディスプレイする段階と、(c)キ−入力に応じて時間設定メニュ−画面をディスプレイさせて現在の時間を再設定する段階と、(d)再設定された現在の時間情報を前記情報処理ユニットに伝送する段階とを含むことを特徴とする。

発明を実施するための最良の形態

0008

以下、添付した図面に基づき本発明の実施の形態を詳しく説明する。図1は本発明の方法を行うための情報TVの概略ブロック図である。図1の情報TVは、TV信号処理部100と、TVマイコン110と、情報処理ユニット200と、スイッチング素子120と、陰極線管130(CRT)とを含む。

0009

図1において、TV信号処理部100は、チュ−ナ−(図示せず)を通して選ばれた放送信号を処理してTV R,G,B信号(TV RGB)と水平/垂直同期信号(H/V)とを出力する。情報処理ユニット200は、通信モ−ドキ−の入力を認識して情報TVを付加価値通信網(VAN)にラインで連結して通信情報を受信し、これをデコ−ディングしてTV信号処理部100から出力される水平/垂直同期信号H/Vに同期されるように情報R,G,B信号(I RGB)に出力し、スイッチング制御信号SWを発生する。

0010

スイッチング素子120は、TV信号処理部100で処理されたTV R,G,B信号(TV RGB)と情報処理ユニット200で処理された情報R,G,B信号(I RGB)を情報処理ユニット200で発生されるスイッチング制御信号SWに応じて選択してCRT130にディスプレイする。TVマイコン110は、TVモ−ドに対するキ−入力を認識してTV信号処理部100を制御し、情報処理ユニット200と直列形態にデ−タを送信及び受信する。

0011

上述した構成を有する情報TVは、通信モ−ドでは情報信号を、TVモ−ドではTV放送信号を画面にディスプレイし得る。このように、通信情報サ−ビスを受けることができる情報TVにおけるTVマイコン110は、情報処理ユニット200の要求により現在の時間情報(例えば、年、月、日、時、分、秒)を情報処理ユニット200に伝送する。かつ、TVマイコン110は一定の時間ごとに(約100ms)現在の時間情報を情報処理ユニット200に伝送して現在の時間情報を周期的に更新して正確な現在時間のディスプレイを可能にする。

0012

ここで、TVマイコン110から情報処理ユニット200に伝送する時間情報や情報処理ユニット200からTVマイコン110に伝送する現在時間要求情報は直列デ−タの形態に伝送される。情報処理ユニット200はキ−デ−タの入力をデコ−ディングして現在時間ディスプレイ要求のある場合、TVマイコン110に現在の時間を要求し、TVマイコン110に伝送された現在時間をCRT130にディスプレイする。そして、情報処理ユニット200は周期的にTVマイコン110から印加される現在の時間情報を受けて現在の時間を更新させる。

0013

前記動作は正常的に電源が印加し続けられる場合に限る。停電の場合にはTVマイコン110に時間情報の損失が生ずるため、時間を再設定しなければ、正確な現在の時間をディスプレイすることが不可能になる。したがって、本発明においては、停電等により時間情報が変更された後、電源印加時に現在の時間設定メニュ−をディスプレイさせて現在の時間を再設定したり、電源印加時に時間情報の変更を知らせるメッセ−ジを一定の時間だけディスプレイして使用者にして必要により選択的に現在の時間を再設定せしめる。

0014

一方、図2に示された情報処理ユニット200は、CPU201と、プログラムROM202と、メインコトロ−ラ203と、RAM/DAC204と、揮発性メモリ205と、ストレ−ジメモリ206と、モデム207とから構成されている。図2において、CPU201は全体システムに対する制御、デ−タ伝送及びデ−タ演算などをプログラムROM202に貯蔵されたプログラムとメインコトンロ−ラ203から発生する制御信号とにより行う。

0015

CPU201におけるデ−タの処理と周辺機能ユニットに対する制御とは割込み信号に基づいて行われるが、この割込み信号はモデム207とメインコントロ−ラ203の内部の各種のタスクとにより発生する。ここで、メインコントロ−ラ203から発生するタスクの種類としては、送信機(図示せず)に装着されたキ−入力による赤外デ−タが入力される場合、垂直ブランキングの場合、内部タイマ−が所定の機能のために動作する場合またはTVマイコン110から直列デ−タが受信される場合などがある。CPU201はこのような割込み信号が発生される度に該当タスクを処理する。

0016

プログラムROM202はシステムの運営に必要なプログラムとフォトデ−タ、各種のデコ−ディングプログラム及びデコ−ディングデ−タ等を貯蔵しており、CPU201はプログラムROM202からデ−タを読み出し一連の動作を行う。情報処理ユニット200は次のような通信モ−ドで動作する。例えば、通信モ−ドキ−が入力されると、メインコントロ−ラ203はこれを認識してCPU201に割込み信号を伝送し、CPU201はプログラムROM202のプログラムにより通信モ−ドを行う。

0017

メインコントロ−ラ203はキ−入力による電話番号に対するデ−タを認識してCPU201に伝送し、CPU201はモデム207に電話番号を送出すると、モデム207は電話をかけて情報処理ユニット200を付加価値通信網に電話ラインで連結させる。ここで、電話ラインはケ−ブル供給業体に連結されるケ−ブルラインに取り替えられる。

0018

ラインが連結されれば、再び通信命令を入力させると、この通信命令によるデ−タはモデム207を通してホストコンピュ−タ−に伝えられ、ホストコンピュ−タ−は通信命令による情報デ−タを伝送する。モデム207を通して伝送される情報デ−タを復調してメインコントロ−ラ203に印加し、メインコントロ−ラ203はこれを揮発性メモリ205の所定の領域に貯蔵する。

0019

この際、情報デ−タをTV信号にス−パ−インポ−ズする場合、情報デ−タはTV信号処理部100から出力される水平/垂直同期信号H/Vに同期されて、揮発性メモリ205から読み出されてRAM/DAC204に印加させる。RAM/DAC204ではこれをアナログ信号R,G,Bに変換させて図1に示されたスイッチング素子120の第2選択端子bに出力する。

0020

そして、情報デ−タを全体画面にディスプレイする場合、情報デ−タはメインコントロ−ラ203の内部の同期信号発生器から発生する水平/垂直同期信号H/Vに同期されて、メインコントロ−ラ203の制御下にRAM/DAC204を通して図1に示されたスイッチング素子120の第2選択端子bに出力される。メインコントロ−ラ203は使用者の入力するモ−ド選択キ−を認識して通信モ−ドとTVモ−ドに応じてスイッチング制御信号SWを図1に示されたスイッチング素子120に出力する。

0021

一方、メインコントロ−ラ203は現在の時間ディスプレイ要求キ−の入力のある場合には、TVマイコン110に現在の時間を要求する制御信号を送信し、TVマイコン110から一定の時間の周期に現在時間情報を直列デ−タの形態に受信する。この際、メインコントロ−ラ203は、TVマイコン110から受信される現在時間情報の有無に応じて停電による時間変更を使用者に表す時間変更メッセ−ジのディスプレイと、時間再設定のための時間設定メニュ−のディスプレイとを制御する。

0022

図3は、停電復帰時の時間設定メニュ−を強制的にディスプレイさせて現在の時間を再生設定し得る、本発明による情報TVの時間変更ディスプレイ方法の一実施例によるフロチャ−トである。図3において、電源が印加されれば(S101)、TVマイコン110では時間情報をチェックする(S102)。時間情報をチェックした後、停電か否かを判断する(S103)。時間情報をチェックすることにより停電か否かを判断し得る。すなわち、電源印加時に時間情報がチェックされると、現在の時間が変更されないことをいい、時間情報がチェックされなければ、停電による時間情報の損失を意味する。

0023

停電でない場合には現在の時間が変更されないので、ル−チンを終了する。一方、停電の場合にはTVマイコン110は現在の時間が正しくないということを情報処理ユニット200に直列デ−タの形態で知らせる(S104)。情報処理ユニット200は、時間が正しくないという情報を認識すると、時間設定メニュ−画面を画面にディスプレイさせる(S105)。すなわち、停電により設定された時間情報が変更された場合に電源を印加させると強制的に現在の時間設定メニュ−をディスプレイさせて使用者として現在時間の変更を認識せしめて現在の時間を再設定せしめる。

0024

送信機に装着されたキ−を用いて現在の時間設定が完了すると(S106)、TVマイコン110は情報処理ユニット200に時間設定の完了を知らせる(S107)。この際、現在時間の再設定が完了すると、情報処理ユニット200は現在の時間設定メニュ−を消す。時間情報伝送の要求がある場合(S108)、変更された時間情報デ−タを情報処理ユニット200に伝送した後(S109)、ル−チンは終了する。

0025

ここで、再設定された現在の時間情報をTVマイコン110から受信すると、伝送要求に問わず情報処理ユニット200は使用者に再設定された現在の時間情報を知らせるようにディスプレイした後、ル−チンを終了することもある。すなわち、TVマイコン110に対する時間情報伝送は使用者のキ−入力により、または、S107で時間調整完了の情報が情報処理ユニット200で受信されたときにプログラムにより求められる。

0026

図4は本発明による時間変更ディスプレイ方法の他の実施例によるフロ−チャ−トであって、停電復帰時に現在時間変更メッセ−ジを一定の時間だけディスプレイさせて使用者として選択的に現在の時間を再設定せしめる。図4において、電源が印加されると(S201)、TVマイコン110では時間情報をチェックする(S202)。時間情報をチェックした後、停電か否かを判断する(S203)。

0027

停電でない場合には現在の時間が変更されないので、ル−チンを終了する。一方、停電の場合にはTVマイコン110は現在の時間が正しくないということを情報処理ユニット200に直列デ−タの形態で知らせる(S204)。情報処理ユニット200は時間が正しくないということを認識すると、現在の時間が変更されたというメッセ−ジを画面にディスプレイする(S205)。すなわち、停電により設定された時間情報が変更された場合に電源を印加させると、強制的に現在の時間が変更されたというメッセ−ジをディスプレイして使用者として現在時間の変更を認識せしめる。

0028

現在時間変更のメッセ−ジをディスプレイした後、一定の時間が経過したかを確かめて(S206)、一定の時間の経過前に送信機に装着されたキ−の入力があるかを確かめる(S207)。一定の時間が経過するまでキ−の入力がなければ現在の時間が変更されたという変更メッセ−ジを取り消した後(S208)、ル−チンを終了する。

0029

しかしながら、一定の時間の経過前にキ−の入力があれば、入力されたキ−の種類が時間設定キ−かを確かめる(S209)。キ−の入力が時間設定キ−の入力でない場合は、現在の時間変更メッセ−ジをオフさせた後(S210)、ル−チンを終了する。しかしながら、前記入力キ−が現在の時間設定入力キ−である場合は、時間設定メニュ−をディスプレイさせて現在の時間を再設定する(S211)。

0030

そして、現在時間の設定済みかを判断する(S212)。現在時間の設定が済むと、TVマイコン110は情報処理ユニット200に時間設定の完了を知らせ、現在時間の設定メニュ−を取り消す(S213)。このように現在時間の再設定が済むと、情報処理ユニット200からの時間情報伝送の要求があるかを確かめて(S214段階)、時間情報伝送の要求がある場合には変更された時間情報デ−タを情報処理ユニット200に伝送した後(S215)、ル−チンを終了する。

0031

ここで、再設定された現在の時間情報をTVマイコン110から受信すると、伝送要求に問わず情報処理ユニット200は使用者に再設定された現在の時間情報を知らせるようにディスプレイした後、ル−チンを終了することもできる。すなわち、TVマイコンに対する時間情報伝送の要求は使用者のキ−入力により、または、S213で時間調整の完了を知らせる情報が情報処理ユニット200で受信されたときにプログラムにより求められる。

発明の効果

0032

上述したように、本発明は情報TVにおいて停電等により現在の時間情報が変更された場合、電源印加時に現在の時間設定メニュ−をディスプレイさせて現在時間を再設定して、情報TVの使用時に正確な現在の時間情報が設定された状態で通信サ−ビスを受けることができる。

0033

かつ、本発明は情報TVにおいて停電等により現在の時間情報が変更された場合、電源印加時に現在の時間が変更されたという変更メッセ−ジをディスプレイさせて使用者の必要により現在の時間を再設定することができる。

図面の簡単な説明

0034

図1本発明の方法を行うための情報TVの概略ブロック図である。
図2図1に示された情報処理ユニットの詳細ブロック図である。
図3本発明による時間変更ディスプレイ方法の一実施例によるフロ−チャ−トである。
図4本発明による時間変更ディスプレイ方法の他の実施例によるフロ−チャ−トである。

--

0035

100TV信号処理部
110TVマイコン
120スイッチング素子
130陰極線管(CRT)
200情報処理ユニット
201 CPU
202プログラムROM
203メインコントローラ
204 RAM/DAC
205揮発性メモリ
206ストレージメモリ
207 モデム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ