図面 (/)

技術 鋼管矢板の上部カバー取り付け構造

出願人 株式会社ダイトー
発明者 富永宏
出願日 1995年10月23日 (23年9ヶ月経過) 出願番号 1995-309657
公開日 1997年4月28日 (22年2ヶ月経過) 公開番号 1997-111794
状態 特許登録済
技術分野 杭・地中アンカー 地下構造物、基礎の保護・試験・修復 護岸 基礎工事に適用される隔壁 護岸
主要キーワード 隙間形状 バカ穴 補助カバー スライド調節 防食テープ 鋼管部分 モルタル注入口 鋼管継手
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年4月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

目的

支保工支持ブラケットがじゃまにならず、既設鋼管笠コンクリート下面とカバーパネル上部の隙間間隔にばらつきがあっても、隙間を完全に被覆できる上部カバー取り付け構造を提供する。

構成

鋼管1aを防食するカバーパネル5の上方に複数の延長部5aを形成し、上部カバー14にも延長部と対応する位置に長孔14aを設け、各長孔14aにボルト15を挿入し、上部カバー14を上下にスライド調節することにより笠コンクリート3との隙間をなくしてからボルト15を締め付ける

概要

背景

鋼管矢板は、多数の鋼管海底打ち込み各々を金属製の継手で連結し、各鋼管の上部に笠コンクリートを形成して構築される。この種の鋼管矢板の干満域及び飛沫域は、マクロ電池の作用によって集中的に腐食するため、その海側耐食性カバーパネルで個々に被覆し、カバーパネル内にモルタル等を充填する防食工事が行なわれている。

また、最近では笠コンクリートとカバーパネルの間に鋼管が見えると見栄えも悪く、この部分から腐食も進行するおそれがあるので、笠コンクリートの直下から鋼管をカバーで覆うよう要求されてきている。しかし、防食工事の際には、コンクリート下面1〜2mの鋼管部分支保工を架け渡すための支持ブラケット溶接する必要があり、このため最初からカバーパネルで鋼管の全部を被覆するのは困難である。また、工事終了後に別のカバーで前記隙間を覆うことも考えられるが、実際にはこの隙間寸法か一定していないので、ボルト止めする際の孔を予めあけておくわけにいかず、その都度現場合わせする必要がある。

この対策として実開平2−120541号の防食構造では、笠コンクリートと鋼管の境界部分に予め防食テープを巻いておき、工事終了後にカバーとコンクリート下面に隙間ができても鋼管が腐食しないように配慮している。

一方、実開平7−43461号の防食構造では、カバー取り付け後にコンクリート及び鋼管の境界部分とコンクリートの下面にワックス塗装を施して防食と美観維持を図っている。

概要

支保工の支持ブラケットがじゃまにならず、既設鋼管の笠コンクリート下面とカバーパネル上部の隙間間隔にばらつきがあっても、隙間を完全に被覆できる上部カバー取り付け構造を提供する。

鋼管1aを防食するカバーパネル5の上方に複数の延長部5aを形成し、上部カバー14にも延長部と対応する位置に長孔14aを設け、各長孔14aにボルト15を挿入し、上部カバー14を上下にスライド調節することにより笠コンクリート3との隙間をなくしてからボルト15を締め付ける

目的

本発明は、かかる事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、従来通り鋼管に支保工を溶接でき、笠コンクリートとカバーパネルを覆う上部カバーを簡単に調節しながら固着できる鋼管矢板の上部カバー取り付け構造を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

鋼管1aの上部に笠コンクリート3が構築され、鋼管1aの干満域及び飛沫域が耐食性カバーパネル5で被覆される鋼管矢板において、前記カバーパネル5の上方に複数の延長部5aを形成し、笠コンクリート3とカバーパネル5の隙間を覆う上部カバー14の前記延長部5aと対応する位置に長孔14aを各々設け、これらの長孔14aに締結部材15を挿入して上部カバー14をカバーパネル5に取り付けたこと、を特徴とする鋼管矢板の上部カバー取り付け構造

技術分野

0001

本発明は、港湾護岸工事に用いられる鋼管矢板笠コンクリートカバーパネルの隙間を覆う上部カバー取り付け構造に関する。

背景技術

0002

鋼管矢板は、多数の鋼管海底打ち込み各々を金属製の継手で連結し、各鋼管の上部に笠コンクリートを形成して構築される。この種の鋼管矢板の干満域及び飛沫域は、マクロ電池の作用によって集中的に腐食するため、その海側耐食性のカバーパネルで個々に被覆し、カバーパネル内にモルタル等を充填する防食工事が行なわれている。

0003

また、最近では笠コンクリートとカバーパネルの間に鋼管が見えると見栄えも悪く、この部分から腐食も進行するおそれがあるので、笠コンクリートの直下から鋼管をカバーで覆うよう要求されてきている。しかし、防食工事の際には、コンクリート下面1〜2mの鋼管部分支保工を架け渡すための支持ブラケット溶接する必要があり、このため最初からカバーパネルで鋼管の全部を被覆するのは困難である。また、工事終了後に別のカバーで前記隙間を覆うことも考えられるが、実際にはこの隙間寸法か一定していないので、ボルト止めする際の孔を予めあけておくわけにいかず、その都度現場合わせする必要がある。

0004

この対策として実開平2−120541号の防食構造では、笠コンクリートと鋼管の境界部分に予め防食テープを巻いておき、工事終了後にカバーとコンクリート下面に隙間ができても鋼管が腐食しないように配慮している。

0005

一方、実開平7−43461号の防食構造では、カバー取り付け後にコンクリート及び鋼管の境界部分とコンクリートの下面にワックス塗装を施して防食と美観維持を図っている。

発明が解決しようとする課題

0006

しかし、前者の防食テープは笠コンクリートを形成する前に巻く必要があるので、新設の鋼管矢板のみ可能であり、既設鋼管の防食工事や補修工事には適用できない難点がある。また、後者のワックスや塗装による防食の場合は耐用期間が短かく、定期的に塗りさねばならない。

0007

本発明は、かかる事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、従来通り鋼管に支保工を溶接でき、笠コンクリートとカバーパネルを覆う上部カバーを簡単に調節しながら固着できる鋼管矢板の上部カバー取り付け構造を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

上記目的を達成するため、本発明では、各鋼管の上部に笠コンクリートが構築され、鋼管の干満域及び飛沫域が耐食性のカバーパネル5で被覆される鋼管矢板において、前記カバーパネルの上方に複数の延長部を形成し、笠コンクリートとカバーパネルの隙間を覆う上部カバーの前記延長部と対応する位置に長孔を各々設け、これらの長孔に締結部材を挿入して上部カバーをカバーパネルに取り付けている。

0009

上部カバーに複数の長孔が設けられているので、上部カバーは上下にスライド可能となり、笠コンクリート下面とカバーパネル上部の間隔にばらつきがあっても完全に被覆でき、パネル延長部と上部カバーを重ね合わせた状態でボルト等の締結部材を無理なく締め付けることができる。

0010

図1及び図2には、各々本発明が適用された鋼管矢板の平面図と継手付近の拡大平面図が示されている。

0011

鋼管矢板1は、海中に打ち込まれた複数の鋼管1aを継手2により連結して構築され、図4から分かるようにその上方に笠コンクリート3が形成されている。各鋼管1aの海側には2箇所ずつブラケット4が固着され、ブラケット4,4間に円弧状のカバーパネル5が取り付けられている。

0012

カバーパネル5は、FRP等の耐食性材料で作られ、鋼管2の干満域と飛沫域を被覆している。カバーパネル5の下端は、図示してないが内側に湾曲して先端のシールが鋼管1aに当接して中に海水入り込まないようになっており、またパネル5の下方にはモルタル注入口逆止弁が設けられている。カバーパネル5と鋼管1aとの間には、スペーサ6が介装されて両者を一定間隔に維持しており、各スペーサ6は工事しやすいように予めパネル5の内面に固着されている。

0013

継手2の下方には、図3に示すように底板7a,7bが溶接されている。この底板7a,7bは、継手2及び鋼管1aの外面に適合した形状で、カバーの載置台と底部シール役割を果たしている。また、底板7a,7bは2つに分割されて各鋼管1a,1aの隙間形状にばらつきがあっても対応できるようになっており、中央の重ね合わせ部分は溶接またはボルト止めされる。さらに底板7bと継手2との間のシールが問題となる場合は、図1に示すようにこの部分に詰物8を充填する。底板7a,7bの取り付けに当たって前端が水平より下がるときは、図3のようにロッド9で仮に支持し、工事終了後にロッド9を除去する。

0014

一方、ブラケット4には、カバーパネル5と共に補助カバー10が取り付けられて継手2の前面を覆っている。補助カバー10は、図2に拡大して示すようにFRP等の可撓性材料断面略字形となるように形成され、その屈曲部分を内側にして両側がカバーパネル5の端部と共にボルト11によりブラケット4に固着されている。補助カバー10のボルト孔10aはバカ穴にして位置調整ができるようになっており、その表裏面にシール板12,13を挟んで隙間を密封するのが望ましい。また、ブラケット4側のボルト孔4aに雌ねじを切っておけば、カバーパネル5や補助カバー10を固定する際にもナットを必要としない。

0015

カバーパネル5及び補助カバー10と笠コンクリート3の間は、図4から分かるように支保工の支持ブラケット16を溶接するため1〜2mの隙間があり、最終的にFRP製の上部カバー14で被覆される。この上部カバー14は、縦寸法が前述の隙間寸法Sよりも若干長く形成され、この実施例では1枚のカバーパネル5に1枚の上部カバー14が対応している。また、上部カバー14には複数の長孔14aが設けられ、一方パネル5には長孔14aと重なるように延長部5aが形成されると共に各延長部5aにボルト15の雌ねじが穿設されている。従って、上部カバー14は長孔14aの距離だけ上下にスライド調節してから、隙間が生じないようにボルト止めすることができる。

0016

以上のように構成された防食工事の手順を説明すると、まず鋼管1aの上方の何箇所かに支持ブラケット16(図4参照)を溶接して支保工(図示せず)を架け渡し、作業員足場や必要な型枠等を確保する。続いて図3に示すように鋼管1aの下方にシール用底板7a,7bを溶接し、底板中央の重ね合わせ部分をしっかりと固着する。次に予めブラケット4、スペーサ6及び補助カバー10の一端が取り付けられたカバーパネル5を底板7a,7b上に載置し、ブラケット4の内側を鋼管1aの所定位置に溶接する。この際カバーパネル5の右端に補助カバー10があるので、次の鋼管1aを覆うカバーパネル5の左端にはブラケット4のみを固定し、こうして各鋼管1aに順次カバーパネル5を取り付けていく。カバーパネル5が大きい場合は、適宜ブラケット4または金具の数を増加する。尚、前記支保工の支持ブラケット16は予めカバー延長部5a,5aにぶつからない位置に溶接されているので、カバー取り付けに当たってしゃまになることはない。

0017

次に片側支持状態の補助カバー10の自由端を対向側のブラケット4にシール板12,13を挟んでボルト11で固定する。この場合鋼管1aが不ぞろいでブラケット4,4の間隔Lがバラバラでも、補助カバー10がV字形で可撓性があるからその角度θを変えるだけで簡単に対応でき、また補助カバーの孔10aがバカ穴であるからボルト11の挿入も容易である。

0018

カバーパネル5及び補助カバー10が取り付けられたら、一旦支保工及び支持ブラケット16を除去する。次いで図4のように上部カバー14を笠コンクリート3とカバーパネル5の間に当てがって各長孔14aにボルト15を挿入し、カバー14を上下に調節して隙間をなくしてからボルト15を締め付ける。この際必要ならばカバー延長部5aと上部カバー14の間にシールを挟んで両者を密封する。最後にカバーパネル5下方のモルタル注入口(図示せず)にホースを接続してモルタルを注入すると、モルタルはカバーパネル5内だけでなくブラケット4の隙間を通って補助カバー10の内側にも流入する。

発明の効果

0019

以上詳述したように、本発明では上部カバーに複数の長孔を設けると共にカバーパネルの上方に延長部を形成し、上部カバーと延長部を重ね合わせてボルトで固定したから、笠コンクリートとカバーパネルの隙間寸法にばらつきがあっても上部カバーをスライドして調節できると共に、2枚重ねによって強度も十分に確保することかできる。

図面の簡単な説明

0020

図1本発明が適用された鋼管矢板を示す平面図である。
図2鋼管継手付近の拡大平面図である。
図3継手下方部分の斜視図である。
図4上部カバーの取り付け状態を示す正面図である。

--

0021

1鋼管矢板
1a鋼管
3笠コンクリート
5カバーパネル
5aパネル延長部
14 上部カバー
14a長孔
15 ボルト

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ