図面 (/)

技術 眼鏡枠

出願人 福井めがね工業株式会社
発明者 野路洋美
出願日 1995年9月27日 (24年9ヶ月経過) 出願番号 1995-273430
公開日 1997年4月4日 (23年2ヶ月経過) 公開番号 1997-090284
状態 特許登録済
技術分野 メガネ
主要キーワード 中空パイプ部材 金属枠材 中空部品 レンズ止め レンズ当て 複合枠 掛け心地 パイプ構造
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年4月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

強度に優れた中空パイプ形状の構造を有する眼鏡枠部品を得て、貴金属を材料とする安価で軽量な眼鏡を提供する。

解決手段

眼鏡枠部品のテンプルブリッジヨロイ等を複数のパイプ形状の部材が連帯した複数連パイプの構造とする。貴金属材料で作製される眼鏡枠部品を複数のパイプ形状の部材が連帯した複数連パイプの構造とする。

概要

背景

現在の眼鏡は、視力の保護矯正を目的とする医療器具、および装飾的な要素を含む装身具として使用されているため、掛け心地の良さを追求し、装飾的な要求を満たす多様な形状や材質眼鏡枠が設計されている。

一方、掛け心地の良さは、眼鏡枠の設計を行う上で最も重要な問題である。眼鏡の使用感は眼鏡の重量に大きく左右される。眼鏡の使用に伴う不快感を軽減するために、眼鏡フレームはなるべく軽量であることが望まれている。

従来、軽量化を図るため、枠材そのものの軽量化、あるいは枠材の強度を高めて部品細線化と小型化を図るなど、種々の工夫が案出されてきた。金属材料としては、枠材への適用に必要な耐食性弾性、強度、重量などの特性から、洋白ニッケルクロム材、アルミ合金などが用いられている。近年では、従来の金属材料に比べて強度、耐食性等に優れ、軽量なチタン合金も多用されている。

種金属枠材は、成形方法等の向上により、強度特性が向上しているため、小型で細身の部品が利用可能となり、設計自由度が広がっている。小型、細線化だけでなく、さらに、中空パイプ形状に加工され、軽量化が図られている。その結果、いわゆるツーポイント等のリムのない眼鏡枠や、極細テンプルなどが実用化され、軽量で装飾性の高い眼鏡が得られている。

装飾性の観点からいえば、以前から金等の貴金属を材料とする眼鏡枠が求められている。貴金属は比重が大きく、眼鏡の枠材には適当でないとされていたが、薄肉で良質な中空部品を容易に作製できる金属加工技術が開発され、他の金属枠材と同様にパイプ状の構造が得られるようになり、材料の使用量を減らして軽量化と低価格化が可能となっている。

概要

強度に優れた中空のパイプ形状の構造を有する眼鏡枠部品を得て、貴金属を材料とする安価で軽量な眼鏡を提供する。

眼鏡枠部品のテンプル、ブリッジヨロイ等を複数のパイプ形状の部材が連帯した複数連パイプの構造とする。貴金属材料で作製される眼鏡枠部品を複数のパイプ形状の部材が連帯した複数連パイプの構造とする。

目的

枠材を中空のパイプ形状とした場合、最低限の太さと肉厚を維持することで眼鏡枠に必要な強度を保つことができる。しかし、金などの比重の大きい貴金属で中空のパイプ形状の眼鏡枠を構成した場合、他の金属材料で作製した眼鏡枠と同等の使用感や価格は実現されず、枠材としての全体利用は小規模に留まっている。一般的には、他の金属材料で作製した眼鏡枠に対して、メッキ等による表面加工により貴金属の質感を与えたり、装飾部品構成材料に用いるなどの部分利用が行われている。本発明は、軽量で強度に優れた構造を有する眼鏡を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数のパイプ形状の部材が連帯した複数連パイプ構造の形状の眼鏡部品を備えたことを特徴とする眼鏡枠

請求項2

複数のパイプ形状の部材が連帯した複数連パイプ構造の形状であることを特徴とする眼鏡枠部品

請求項3

複数のパイプ形状の貴金属製部材が連帯した複数連パイプ構造の形状の眼鏡部品を備えたことを特徴とする眼鏡枠。

請求項4

複数のパイプ形状の貴金属製部材が連帯した複数連パイプ構造の形状であることを特徴とする眼鏡枠部品。

技術分野

0001

本発明は眼鏡枠の形状に関する。詳しくは、貴金属等の重質材料を用いることも可能な形状の部品で構成された眼鏡枠に関する。

背景技術

0002

現在の眼鏡は、視力の保護矯正を目的とする医療器具、および装飾的な要素を含む装身具として使用されているため、掛け心地の良さを追求し、装飾的な要求を満たす多様な形状や材質の眼鏡枠が設計されている。

0003

一方、掛け心地の良さは、眼鏡枠の設計を行う上で最も重要な問題である。眼鏡の使用感は眼鏡の重量に大きく左右される。眼鏡の使用に伴う不快感を軽減するために、眼鏡フレームはなるべく軽量であることが望まれている。

0004

従来、軽量化を図るため、枠材そのものの軽量化、あるいは枠材の強度を高めて部品の細線化と小型化を図るなど、種々の工夫が案出されてきた。金属材料としては、枠材への適用に必要な耐食性弾性、強度、重量などの特性から、洋白ニッケルクロム材、アルミ合金などが用いられている。近年では、従来の金属材料に比べて強度、耐食性等に優れ、軽量なチタン合金も多用されている。

0005

種金属枠材は、成形方法等の向上により、強度特性が向上しているため、小型で細身の部品が利用可能となり、設計自由度が広がっている。小型、細線化だけでなく、さらに、中空パイプ形状に加工され、軽量化が図られている。その結果、いわゆるツーポイント等のリムのない眼鏡枠や、極細テンプルなどが実用化され、軽量で装飾性の高い眼鏡が得られている。

0006

装飾性の観点からいえば、以前から金等の貴金属を材料とする眼鏡枠が求められている。貴金属は比重が大きく、眼鏡の枠材には適当でないとされていたが、薄肉で良質な中空部品を容易に作製できる金属加工技術が開発され、他の金属枠材と同様にパイプ状の構造が得られるようになり、材料の使用量を減らして軽量化と低価格化が可能となっている。

発明が解決しようとする課題

0007

枠材の開発や部品を加工する技術が進み、貴金属を含む各種金属材の細線化が容易となったが、曲げに対する強度が低下し、多方向に撓みやすくなるため、眼鏡装着時の安定性に問題があり、装用感に悪影響を及ぼす。

0008

枠材を中空のパイプ形状とした場合、最低限の太さと肉厚を維持することで眼鏡枠に必要な強度を保つことができる。しかし、金などの比重の大きい貴金属で中空のパイプ形状の眼鏡枠を構成した場合、他の金属材料で作製した眼鏡枠と同等の使用感や価格は実現されず、枠材としての全体利用は小規模に留まっている。一般的には、他の金属材料で作製した眼鏡枠に対して、メッキ等による表面加工により貴金属の質感を与えたり、装飾部品構成材料に用いるなどの部分利用が行われている。本発明は、軽量で強度に優れた構造を有する眼鏡を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

上記の課題を解決するために、本発明の眼鏡枠は、少なくとも眼鏡部品の一部に複数のパイプ形状の部材を連帯した複数連パイプの構造の形状の部品を採用するものである。複数連パイプ構造の形状の部材は、軽量で独特デザインの太縁眼鏡枠とすることができる。

0010

本発明の眼鏡部品は、各種金属材料を用いて作製された複数のパイプ形状の部材を並べ、ロウ付け等により接続する。パイプ形状の部材は、複数連パイプに構成された状態で、充分な強度が得られれば足りるため、個々のパイプは細線化することもできる。また、一つの中空パイプ部材を加工して複数連パイプ構造の形状とする事も可能である。

発明を実施するための最良の形態

0011

図1は本発明の一実施例の眼鏡枠の斜視図である。この実施例に示す眼鏡は、レンズ1にブリッジ2、ヨロイ3が直接ネジで取り付けられたツーポイント枠である。ブリッジ2はレンズ当て4に接続され、レンズ当て4はレンズ止め5を介してレンズ1にネジ止めされている。レンズ当て4にはパッド足6が取り付けられ、鼻当てパッド7を支持する。

0012

ヨロイ3はレンズ当て4に接続され、レンズ当て4はレンズ止め5を介してレンズにネジ止めされている。丁番8を介してヨロイ3とテンプル9は回動可能に結合している。テンプル9には口金10を設け、そこにとり付けたモダン芯にモダン11を被せてある。

0013

図2はブリッジ部の斜視図である。レンズ止め5、鼻当てパッド7およびパッド足6を備えたレンズ当て4にブリッジ2が接続されている。ブリッジ2は2本のパイプ形状の部材を連帯した2連パイプの構造を有している。

0014

図3はヨロイ部の斜視図である。レンズ止め5を備えたレンズ当て4にヨロイ3が接続されている。ヨロイ3はテンプル9と丁番8により、回動可能に結合している。この例では、ヨロイ3は2本のパイプ形状の部材を連帯した2連パイプの構造を有する。

0015

図4はモダンをモダン芯に被せる前のテンプル部の斜視図である。テンプル9はヨロイ同様に2本のパイプ形状の部材を連帯した2連パイプの構造を有する。テンプル9の端に口金10を設け、モダン芯12をロー付け等により取り付ける。

0016

以上に説明した眼鏡枠のブリッジ、ヨロイ、テンプルは複数連パイプの構造であるため、強度に優れ、変形しにくい。このような構造のため、貴金属で構成しても軽量な眼鏡枠が形成できる。

0017

この実施例では、眼鏡を構成する眼鏡部品のうち、ブリッジ、ヨロイ、テンプルを複数連パイプの構造としているが、一部の部品のみ複数連パイプの構造としてもよい。複数連パイプの断面構造図5に示す。また図6に示すようにパイプの内部の空間が連結している複数連パイプの断面構造も可能である。

0018

本発明の眼鏡枠は上記の実施例に限定されず、ツーポイント枠の他にも、金属枠や、金属とプラスチック複合枠溝掘り枠等を構成する眼鏡部品に適用することができる。

発明の効果

0019

本発明の眼鏡枠は、その構造上の特徴から、大変軽量で、独特なデザインの太縁眼鏡を提供できる。複数連パイプ構造は金属製の眼鏡部品全般に適用が可能であるが、特にテンプル、ブリッジ、ヨロイ等に適している。複数連パイプの構造を有するテンプルは、変形につよく、装着安定性が良好である。複数連パイプの構造を有するテンプルとブリッジ、ヨロイなどは、変形に強いだけでなく、開閉時や装着時に、一定方向にのみ適度なバネ性を発揮し、眼鏡装着時のフィット感に優れる。

0020

また、本発明の構造の眼鏡枠であれば比重の大きい貴金属を用いても、比較的軽量で強度が保たれた太縁の枠を作ることができ、必要な貴金属材料が少なくてすみ、ボリュームのあるデザインが可能である。貴金属材料を用いる眼鏡の軽量化、低コスト化することにより、普及を図ることができる等の効果がある。

図面の簡単な説明

0021

図1本発明の一実施例の眼鏡枠の斜視図である。
図2本発明の一実施例の眼鏡枠のブリッジ部の斜視図である。
図3本発明の一実施例の眼鏡枠のヨロイ部の斜視図である。
図4本発明の一実施例の眼鏡枠のモダンをモダン芯に被せる前のテンプル部の斜視図である。
図5本発明の眼鏡枠の複数連パイプ構造の一例の断面図である。
図6本発明の眼鏡枠の複数連パイプ構造の一例の断面図である。

--

0022

1レンズ
2ブリッジ
3ヨロイ
4レンズ当て
5レンズ止め
6パッド足
7鼻当てパッド
8丁番
9テンプル
10口金
11モダン
12 モダン芯

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ホヤ レンズ タイランド リミテッドの「 光学部材用樹脂の製造方法」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】本開示の一実施形態は、泡発生率を抑制し、更に、引張強度を高める光学部材用樹脂の製造方法等に関する。【解決手段】ポリイソシアナート成分及びポリチオール成分を含む混合物を減圧下に配する第一減圧工程... 詳細

  • ホヤレンズタイランドリミテッドの「 光学部材用重合性組成物」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】本開示の一実施形態は、脈理及び白濁の発生が抑制される光学部材用重合性組成物、これを用いた光学部材用樹脂、眼鏡レンズ及び眼鏡等に関する。【解決手段】〔1〕ポリイソシアナート成分、ポリチオール成分... 詳細

  • HOYA株式会社の「 コート膜付き眼鏡レンズの作製方法」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】眼鏡レンズを作製するとき、コート膜が剥がれにくいコート膜付き眼鏡レンズを作製する。【解決手段】コート膜付き眼鏡レンズを作製するとき、プラスチックレンズ基材の上層に、前記プラスチックレンズ基材と... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ