図面 (/)

技術 コンバインのミッションケース上部側冷却装置

出願人 ヤンマー農機株式会社
発明者 北山浩三
出願日 1995年9月14日 (25年2ヶ月経過) 出願番号 1995-262382
公開日 1997年3月25日 (23年8ヶ月経過) 公開番号 1997-074863
状態 未査定
技術分野 収穫機本体(4)(コンバイン) 収穫機本体(6)(機枠、駆動) 推進装置の冷却,吸排気,燃料タンクの配置
主要キーワード フィルタ取付板 円形ダクト 横カバー 両係合片 パンチメタル 両ボルト 内側周縁 静油圧
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年3月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

冷却効率一段アップできる。

解決手段

ミッションケース5の上部に装備した静油圧駆動機構HSTから前記吸気口3側へ突出する入力軸6には、シュラウド7に被覆されて静油圧駆動機構HSTを冷却する冷却ファン8および入力プーリ9を架着し、ステップ2の後方に装備したエンジンEの内側方出力軸10には、入力プーリ9にベルト11伝動するエンジンプーリ12およびシュラウド7の外周側に対面するフライホイル13を取付けて構成するコンバインにおいて、フライホイル13と冷却ファン8との間には、フライホイル13からの熱風がシュラウド7の内方に流れ込むのを阻止することができる仕切り板14を配設するとともに、該仕切り板14をステップ横カバー4の内側面に一体的に設ける。

概要

背景

従来は、運転席前方のステップ内側方には吸気口3有したステップ横カバーを立設するとともに、ミッションケースの上部に装備した静油圧駆動機構から前記吸気口側へ突出する入力軸には、シュラウド被覆されて前記静油圧駆動機構を冷却する冷却ファンおよび入力プーリを架着し、前記ステップの後方に装備したエンジンの内側方の出力軸には、前記入プーリベルト伝動するエンジンプーリおよび前記シュラウドの外周側に対面するフライホイル取付けて構成するコンバインにおいて、運転時に、エンジンに発生する熱がフライホイルのリングギヤから起生される風によって、ステップ横カバーの吸気口に接近するシュラウドの前方側熱風として送り出されてしまうようになっていた。

概要

冷却効率一段アップできる。

ミッションケース5の上部に装備した静油圧駆動機構HSTから前記吸気口3側へ突出する入力軸6には、シュラウド7に被覆されて静油圧駆動機構HSTを冷却する冷却ファン8および入力プーリ9を架着し、ステップ2の後方に装備したエンジンEの内側方の出力軸10には、入力プーリ9にベルト11伝動するエンジンプーリ12およびシュラウド7の外周側に対面するフライホイル13を取付けて構成するコンバインにおいて、フライホイル13と冷却ファン8との間には、フライホイル13からの熱風がシュラウド7の内方に流れ込むのを阻止することができる仕切り板14を配設するとともに、該仕切り板14をステップ横カバー4の内側面に一体的に設ける。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
5件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

運転席1前方のステップ2の内側方には吸気口3を有したステップ横カバー4を立設するとともに、ミッションケース5の上部に装備した静油圧駆動機構HSTから前記吸気口3側へ突出する入力軸6には、シュラウド7に被覆されて前記静油圧駆動機構HSTを冷却する冷却ファン8および入力プーリ9を架着し、前記ステップ2の後方に装備したエンジンEの内側方の出力軸10には、前記入プーリ9にベルト11伝動するエンジンプーリ12および前記シュラウド7の外周側に対面するフライホイル13を取付けて構成するコンバインにおいて、前記フライホイル13と前記冷却ファン8との間には、フライホイル13からの熱風が前記シュラウド7の内方に流れ込むのを阻止することができる仕切り板14を配設するとともに、該仕切り板14を前記ステップ横カバー4の内側面に一体的に設けて構成したことを特徴とするミッションケース上部側冷却装置

技術分野

0001

本発明は、ミッションケース上部の静油圧駆動機構外気を取り込みながら冷却ファンにより冷却することができるコンバインのミッションケース上部側冷却装置に関する。

背景技術

0002

従来は、運転席前方のステップ内側方には吸気口3有したステップ横カバーを立設するとともに、ミッションケースの上部に装備した静油圧駆動機構から前記吸気口側へ突出する入力軸には、シュラウド被覆されて前記静油圧駆動機構を冷却する冷却ファンおよび入力プーリを架着し、前記ステップの後方に装備したエンジンの内側方の出力軸には、前記入プーリベルト伝動するエンジンプーリおよび前記シュラウドの外周側に対面するフライホイル取付けて構成するコンバインにおいて、運転時に、エンジンに発生する熱がフライホイルのリングギヤから起生される風によって、ステップ横カバーの吸気口に接近するシュラウドの前方側熱風として送り出されてしまうようになっていた。

0003

したがって、冷却ファンにより吸気口からシュラウド内に取り込まれる外気に、エンジン側からの熱風が強制的に混入させられることになって、静油圧駆動機構を冷却させる冷却風が熱風になってしまい、冷却効率が悪くなっている、といった不具合を呈していた。

課題を解決するための手段

0004

本発明は、そのような不具合を解決し、簡単な構造にして静油圧駆動機構を有効に冷却可能とするものであり、そのため、運転席前方のステップの内側方には吸気口を有したステップ横カバーを立設するとともに、ミッションケースの上部に装備した静油圧駆動機構から前記吸気口側へ突出する入力軸には、シュラウドに被覆されて前記静油圧駆動機構を冷却する冷却ファンおよび入力プーリを架着し、前記ステップの後方に装備したエンジンの内側方の出力軸には、前記入力プーリにベルト伝動するエンジンプーリおよび前記シュラウドの外周側に対面するフライホイルを取付けて構成するコンバインにおいて、前記フライホイルと前記冷却ファンとの間には、フライホイルからの熱風が前記シュラウドの内方に流れ込むのを阻止することができる仕切り板を配設するとともに、該仕切り板を前記ステップ横カバーの内側面に一体的に設けて構成したものである。

0005

したがって、運転時には、エンジンに発生する熱がフライホイルのリングギヤから起生される風によって熱風となり、その熱風の一部が冷却ファンのシュラウドの前方側に送り出されるが、仕切板により阻止されることになり、しかも、その仕切板はステップ横カバーの内側面に一体的に設けられているので、熱風かシュラウドの前方側に送り込まれることを有効に阻止できることになり、冷却ファンは外気を良好に取り込んで静油圧駆動機構を冷却効率良く冷却することができる。

発明を実施するための最良の形態

0006

図1は、コンバインを概略示した側面図であり、両クローラ15により支持すす機体の前部には刈取部Aを装備し、該刈取部Aの後方左側には脱穀部Bを搭載し、刈取部Aの右側方には搭乗運転部Cを配備し、該搭乗運転部Cの後方に設けた籾受台16の上方には穀粒ホッパー17を架設し、また、前記搭乗運転部Cの横内側方には静油圧駆動機構HSTを上部に装備したミッションケース5を配設するとともに、該ミッションケース5の下部より左右両側方に延出する車軸ケース18a,18bより両クローラ15の駆動スプロケット19にそれぞれ伝動できるようにして従来形構造同様に構成する。

0007

前記搭乗運転部Cは、前部に操縦コラム20を立設したステップ2の内側方上部にはサイドコラム天板21を架設し、該天板21の側部下方で前記ステップ2の内側方に立設するステップ横カバー4は複数のビス22により着脱自在に取付け、前記ステップ2の後方に配備したエンジンEおよびラジエータ23に被着するエンジンカバー24の外側下部をヒンジ26に枢着してエンジンカバー24を開閉自在に設け、該エンジンカバー24の上部に運転席1を載設するとともにその上面にエア取入口25a,25bを設けて構成する。

0008

前記静油圧駆動機構HSTから突出する入力軸6には、ミッションケース5側より支持されるシュラウド7に被覆されて前記静油圧駆動機構HSTを冷却する冷却ファン8および入力プーリ9を架着し、前記シュラウド7の前方に接近する前記ステップ横カバー4の部位に設けた吸気口3には網3aを張設し、前記エンジンEの内側方の出力軸10には、前記シュラウド7の外周面に対面しているフライホイル13および両エンジンプーリ12,12aを架着し、該エンジンプーリ12と前記入力プーリ9にはベルト11を掛装するとともに、前記エンジンプーリ12aと前記脱穀部Bの入力プーリにはベルト27を掛装して構成する。

0009

前記吸気口3の外周側となる前記横ステップ横カバー4の内側面の部位には、前記シュラウド7より大径となって該シュラウド7にオーバーラップさせることができる円形ダクト28を固設し、前記フライホイル13と前記シュラウド7との間には、フライホイル13から送り出される熱風が前記シュラウド7の内方に流れ込むのを阻止して下方側に案内することができる仕切り板14を配設するが、該仕切り板14は、前記実施例のとおり、前記ステップ横カバー4の一端側を内方側に屈折して一体的に設けるか、あるいは、ステップ横カバーの一端側の内側面に溶接により一体的に固着して構成する。

0010

したがって、運転時には、エンジンEに発生する熱がフライホイル13のリングギヤから起生される風によって熱風となり、その熱風の一部が冷却ファン8のシュラウド7の前方側に図4に矢印イで示すように送り出されるが、仕切板14により阻止されて下方側に案内されながら流出することになり、しかも、その仕切板14はステップ横カバー4の内側面に一体的に設けられているので、熱風がシュラウド7の前方側に送り込まれることを防止できることになり、冷却ファン8は外気を吸気口3からシュラウド7内に良好に取り込んで静油圧駆動機構HSTに送風しながら有効に冷却することができる。

0011

なお、仕切板14はステップ横カバー4の内側面に一体的に設けたので、ベルト11の交換など、その周辺メンテナンスを行なう場合には、その邪魔にならないよう、ステップ横カバー4とともに着脱させることができることになり、また、吸気口3の内方側外周部に円形ダクト28を設けると、外気を吸気口3よりシュラウド7内に有効に取り込むことができるとともに、ステップ横カバー4を着脱させる場合、円形ダクト28をシュラウド7に嵌合させるようにして迅速容易に取り付けることができる。

0012

図7および図8は他の例を示し、前記実施例のエンジンカバー24の内部に設けられた吸気路29の終端側吸気口30の内方には、前記実施例同様にラジエータファン31を備えたラジエータ23を配設したものであり、フィルタ取付板Fは、箱形にした正面には格子状にした4個の大きい開口部32を設け、背面の上方および両側方には屈折した取付面33および34,34を設けるとともに、下方には前記吸気口30の下方に設けた係合孔35に係合させることができる両係合片36,36を設けて構成したものであり、図7に示すように、前記吸気口30の外方側パンチメタル37および防塵フィルタ38を取り付け、該防塵フィルタ38の外面に前記フィルタ取付板Fの各開口部32の内側周縁32aが当接するようにして、両係合片36,36を係合孔35に係合させるとともに取付面33につまみ付きの両ボルト39を挿着して吸気口30の外方側にフィルタ取付板Fを取り付け、該フィルタ取付板Fの正面側外周には、前記ラジエータ23の前面に取り付けられたラジエータダクト40の前端部をパッキン41を介装して連設し構成したものである。

0013

したがって、大きい塵をパンチメタル37により、小さい塵を防塵フィルタ38によりそれぞれ阻止できるとことになり、また、防塵フィルタ38をフィルタ取付板Fの各開口部32の内側周縁32aで押さえて、防塵フィルタ38がラジエータダクト40側に吸い込まれるのを防止できることになる。

発明の効果

0014

このように本発明は、コンバインの運転時に、エンジンEに発生する熱がフライホイル13のリングギヤから起生される風によって熱風となり、その熱風の一部が冷却ファン8のシュラウド7の前方側に送り出されるが、仕切板14により阻止して他方側へ案内できることになり、しかも、その仕切板14はステップ横カバー4の内側面に一体的に設けられているので、熱風がシュラウド7の前方側に送りこまれることを有効に阻止できることになり、冷却ファン8は外気を吸気口3からシュラウド7内に良好に取り込んで静油圧駆動機構HSTを冷却効率良く冷却することができることになり、簡単な構造にして好適に実施できる特長を有する。

図面の簡単な説明

0015

図1コンバインを概略示した側面図である。
図2図1の一部を拡大して示した側面図である。
図3図2の一部を示した平面図である。
図4本発明実施例の要部を示した平断面図である。
図5図4の一部を示した側面図である。
図6図4の一部を分解して示した平断面図である。
図7他の例を示した平断面図である。
図8図7の一部を示した斜視図である。

--

0016

1運転席
2 ステップ
3吸気口
4 ステップ横カバー
5ミッションケース
HST静油圧駆動機構
6入力軸
7シュラウド
8冷却ファン
9入力プーリ
10出力軸
11ベルト
12エンジンプーリ
13フライホイル
14 仕切り板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ