図面 (/)

技術 映像表示装置

出願人 住友電装株式会社
発明者 稲森信也
出願日 1995年8月17日 (25年6ヶ月経過) 出願番号 1995-209491
公開日 1997年2月25日 (23年11ヶ月経過) 公開番号 1997-055902
状態 未査定
技術分野 TV送受信機回路 TV受信機回路 TV方式の細部 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用)
主要キーワード 選択用キー リモートコントロール送信機 音量調節用 主スピーカ 多重音声 音声多重化 モノラルモード 設定音量
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年2月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

二か国語放送の聴きたい音声を選択的に明瞭に聴くことができるようにする。

解決手段

アンテナ12を介して音声多重化されたテレビジョン信号テレビチューナ部13により受信してビデオ信号音声信号とに分離し、分離されたビデオ信号によるテレビジョン画面CRTディスプレイ14に表示する一方、分離された音声信号の音声モードステレオモードモノラルモードか二か国語モードかをデコーダ16により識別し、多重音声選択用キー等の複数の操作キーから成る操作キー部10及び副スピーカ8を備えたリモートコントロール送信機9を設けておき、識別された音声モードが二か国語モードであり、操作キー部10のキー操作により再生出力すべき音声として主音声或いは副音声が選択されたときに、主スピーカ6から副音声或いは主音声を,副スピーカ8から主音声或いは副音声をそれぞれ出力するようにしている。

概要

背景

映像表示装置であるスピーカを1個備えたテレビジョン受像機は、例えば図4に示すように構成され、アンテナ1を介してテレビジョン信号テレビチューナ部2により受信されてビデオ信号音声信号とに分離され、テレビチューナ部2により分離されたビデオ信号によるテレビジョン画面CRTディスプレイ3に表示されると共に、テレビチューナ部2により分離された音声信号がアンプ4により増幅した後スピーカ5から再生出力されるようになっている。

ところで、最近では音声多重放送が広く実施され、それまでのモノラル放送だけでなく、ステレオ放送や二か国語放送等も楽しめるようになったが、上記したようなスピーカが1個の場合には、ステレオ放送を聴くことはできないが、二か国語放送を主音声,副音声,主音声+副音声,モノラル音声(主音声)の4通りのパターンを選択して聴くことは可能である。

一方図5に示すように、2個のスピーカ5L,5Rを備えている場合には、二か国語放送を主音声,副音声,主音声+副音声,モノラル音声(主音声)の4通りのパターンを選択して聴くことができるのは勿論のこと、ステレオ放送を聴くこともできる。

概要

二か国語放送の聴きたい音声を選択的に明瞭に聴くことができるようにする。

アンテナ12を介して音声多重化されたテレビジョン信号をテレビチューナ部13により受信してビデオ信号と音声信号とに分離し、分離されたビデオ信号によるテレビジョン画面をCRTディスプレイ14に表示する一方、分離された音声信号の音声モードステレオモードモノラルモードか二か国語モードかをデコーダ16により識別し、多重音声選択用キー等の複数の操作キーから成る操作キー部10及び副スピーカ8を備えたリモートコントロール送信機9を設けておき、識別された音声モードが二か国語モードであり、操作キー部10のキー操作により再生出力すべき音声として主音声或いは副音声が選択されたときに、主スピーカ6から副音声或いは主音声を,副スピーカ8から主音声或いは副音声をそれぞれ出力するようにしている。

目的

この発明が解決しようとする課題は、二か国語放送の聴きたい音声を選択的に明瞭に聴くことができるようにすることにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

音声多重化されたテレビジョン信号アンテナを介してテレビチューナ部により受信してビデオ信号音声信号とに分離し、前記テレビチューナ部により分離されたビデオ信号によるテレビジョン画面ディスプレイに表示する一方、前記テレビチューナ部により分離された音声信号の音声モードステレオモードモノラルモードか二か国語モードかを音声モード識別部により識別し、多重音声選択用キー等の複数の操作キーから成る操作キー部及び前記音声信号が入力される副スピーカを備えたリモートコントロール送信機を設けておき、識別された音声モードが二か国語モードであり、前記多重音声選択用キーの操作により再生出力すべき音声として主音声或いは副音声が選択されたときに、前記主スピーカから副音声或いは主音声を,前記副スピーカから主音声或いは副音声をそれぞれ出力するようにしたことを特徴とする映像表示装置

請求項2

音声多重化されたテレビジョン信号をアンテナを介してテレビチューナ部により受信してビデオ信号と音声信号とに分離し、前記テレビチューナ部により分離されたビデオ信号によるテレビジョン画面をディスプレイに表示すると共に、前記テレビチューナ部により分離された音声信号を主スピーカにより再生出力する映像表示装置において、前記テレビチューナ部により分離された音声信号の音声モードがステレオモードかモノラルモードか二か国語モードかを識別する音声モード識別部と、多重音声選択用キー及びその他複数の操作キーから成る操作キー部、前記操作キー部のキー操作に応じたキー信号を出力する副制御部、前記音声モード識別部を介して前記音声信号が入力される副スピーカから成るリモートコントロール送信機と、前記多重音声選択用キーの操作による前記副制御部からのキー信号が入力され選択された音声を前記主,副スピーカから出力すべく前記音声モード識別部を制御する主制御部とを備え、前記音声モード識別部により識別された音声モードが二か国語モードであり、前記多重音声選択用キーの操作により再生出力すべき音声として主音声或いは副音声が選択されたときに、前記主制御部により前記音声モード識別部を制御して前記主スピーカから副音声或いは主音声を,前記副スピーカから主音声或いは副音声をそれぞれ出力するようにしたことを特徴とする映像表示装置。

請求項3

前記リモートコントロール送信機の操作キー部が音量調節用キーを更に有し、前記副制御部により前記副スピーカの出力音量を前記音量調節用キーの操作による設定音量に制御するようにしたことを特徴とする請求項1または2記載の映像表示装置。

請求項4

前記主スピーカが複数であることを特徴とする請求項1,2または3記載の映像表示装置。

技術分野

0001

この発明は、テレビジョン信号テレビチューナ部により受信し、分離されたビデオ信号によるテレビジョン画面ディスプレイに表示すると共に、分離された音声信号スピーカにより再生出力する映像表示装置に関する。

背景技術

0002

映像表示装置であるスピーカを1個備えたテレビジョン受像機は、例えば図4に示すように構成され、アンテナ1を介してテレビジョン信号がテレビチューナ部2により受信されてビデオ信号と音声信号とに分離され、テレビチューナ部2により分離されたビデオ信号によるテレビジョン画面がCRTディスプレイ3に表示されると共に、テレビチューナ部2により分離された音声信号がアンプ4により増幅した後スピーカ5から再生出力されるようになっている。

0003

ところで、最近では音声多重放送が広く実施され、それまでのモノラル放送だけでなく、ステレオ放送や二か国語放送等も楽しめるようになったが、上記したようなスピーカが1個の場合には、ステレオ放送を聴くことはできないが、二か国語放送を主音声,副音声,主音声+副音声,モノラル音声(主音声)の4通りのパターンを選択して聴くことは可能である。

0004

一方図5に示すように、2個のスピーカ5L,5Rを備えている場合には、二か国語放送を主音声,副音声,主音声+副音声,モノラル音声(主音声)の4通りのパターンを選択して聴くことができるのは勿論のこと、ステレオ放送を聴くこともできる。

発明が解決しようとする課題

0005

しかし、上記した図4図5のいずれの場合であっても、視聴者が複数いる時には常に全員が同じ音声を聴くことになり、例えばある者が副音声である英語音声を聴いているときに他の者が主音声である日本語音声を聴こうとするには、音声モードを主音声+副音声のパターンで聴くしかなく、このように主音声+副音声のパターンで聴くようにすると、主音声のみを聴きたい者には副音声が、逆に副音声のみを聴きたい者には主音声がそれぞれ邪魔になり、それぞれ聴きたい音声を明瞭に聴き取ることができない。

0006

この発明が解決しようとする課題は、二か国語放送の聴きたい音声を選択的に明瞭に聴くことができるようにすることにある。

課題を解決するための手段

0007

請求項1記載の発明は、音声多重化されたテレビジョン信号をアンテナを介してテレビチューナ部により受信してビデオ信号と音声信号とに分離し、前記テレビチューナ部により分離されたビデオ信号によるテレビジョン画面をディスプレイに表示する一方、前記テレビチューナ部により分離された音声信号の音声モードがステレオモードモノラルモードか二か国語モードかを音声モード識別部により識別し、多重音声選択用キー等の複数の操作キーから成る操作キー部及び前記音声信号が入力される副スピーカを備えたリモートコントロール送信機を設けておき、識別された音声モードが二か国語モードであり、前記多重音声選択用キーの操作により再生出力すべき音声として主音声或いは副音声が選択されたときに、前記主スピーカから副音声或いは主音声を,前記副スピーカから主音声或いは副音声をそれぞれ出力するようにしたことを特徴としている。

0008

また、請求項2記載の発明は、音声多重化されたテレビジョン信号をアンテナを介してテレビチューナ部により受信してビデオ信号と音声信号とに分離し、前記テレビチューナ部により分離されたビデオ信号によるテレビジョン画面をディスプレイに表示すると共に、前記テレビチューナ部により分離された音声信号を主スピーカにより再生出力する映像表示装置において、前記テレビチューナ部により分離された音声信号の音声モードがステレオモードかモノラルモードか二か国語モードかを識別する音声モード識別部と、多重音声選択用キー及びその他複数の操作キーから成る操作キー部、前記操作キー部のキー操作に応じたキー信号を出力する副制御部、前記音声モード識別部を介して前記音声信号が入力される副スピーカから成るリモートコントロール送信機と、前記多重音声選択用キーの操作による前記副制御部からのキー信号が入力され選択された音声を前記主,副スピーカから出力すべく前記音声モード識別部を制御する主制御部とを備え、前記音声モード識別部により識別された音声モードが二か国語モードであり、前記多重音声選択用キーの操作により再生出力すべき音声として主音声或いは副音声が選択されたときに、前記主制御部により前記音声モード識別部を制御して前記主スピーカから副音声或いは主音声を,前記副スピーカから主音声或いは副音声をそれぞれ出力するようにしたことを特徴としている。

0009

従って、音声モード識別部により識別された音声モードが二か国語モードであるときに、リモートコントロール送信機の多重音声選択用キーを操作して再生出力すべき音声として主音声或いは副音声を選択すると、主スピーカから副音声或いは主音声が,副スピーカから主音声或いは副音声がそれぞれ出力されるため、主音声のみを聴きたい者は主音声を、副音声のみを聴きたい者は副音声を明瞭に聴くことができる。

0010

このとき、請求項3記載のように、リモートコントロール送信機の操作キー部が音量調節用キーを更に有し、副制御部により副スピーカの出力音量を音量調節用キーの操作による設定音量に制御することにより、副スピーカを介して他人に迷惑をかけることなく聴きたい音声のみをより明瞭に聴くことが可能になる。

0011

また、請求項4記載にように、主スピーカは複数であってもよい。

発明を実施するための最良の形態

0012

図1はこの発明の一実施形態のブロック図、図2外観構成を示す図、図3は一部の概略図である。

0013

まず外観構成について説明すると、図2に示すように、後に詳述する1個の主スピーカ6を備えた装置本体7に副スピーカ8を有するリモートコントロール送信機9が接続されており、このリモートコントロール送信機9にはその他にステレオモード,モノラルモード,二か国語モードの各音声モードの選択用キー及びその他複数の操作キーから成る操作キー部10が設けられ、そのキー配列は例えば図3に示すようになっており、ここで“SUB”キーは二か国語モードの副音声の選択用、“MAIN”キーは二か国語モードの主音声の選択用、“BOTH”キーは二か国語モードの主音声及び副音声の両方の選択用、“MONO”キーはモノラル音声の選択用、“MUTE”キーは消音ミュート)の選択用であり、その他に主,副スピーカ6,8の音量調節用の操作キーも設けられている。

0014

つぎに、装置本体7及びリモートコントロール送信機9の回路構成について、図1を参照して説明する。

0015

装置本体7は、アンテナ12を介して音声多重化されたテレビジョン信号を受信してビデオ信号と音声信号とに分離するテレビチューナ部13と、テレビチューナ部13により分離されたビデオ信号によるテレビジョン画面を表示するCRTディスプレイ14と、テレビチューナ部13より分離された音声信号を増幅して主スピーカ6に出力するアンプ15と、テレビチューナ部13により分離された音声信号の音声モードを表すコードのデコードによってステレオモードかモノラルモードか二か国語モードかを識別する音声モード識別部としてのデコーダ16と、リモートコントロール9の操作キー部10の多重音声選択用キーの操作によるキー信号が入力され選択された音声を主,副スピーカ6,8から出力すべくデコーダ16を制御すると共に識別された音声モードを表示すべくディスプレイ14にR,G,Bの表示制御信号を出力する主制御部としてのCPU17と、このCPU17を後述するリモートコントロール送信機9側のCPUに接続するためのインターフェイス(以下I/Fという)18とを備える他、電源スイッチSを介して直流電源+Bに接続され装置本体7内の各部及びリモートコントロール送信機9内の各部にVCCとして給電するレギュレータ19を備えている。

0016

一方、リモートコントロール送信機9は、上記した操作キー部10及び副スピーカ8の他に、操作キー部10のキー操作に応じたキー信号を出力する副制御部としてのCPU22と、このCPU22を装置本体7側のCPU17に接続するためのI/F23と、デコーダ16からの音声信号をCPU22により制御されたゲインで増幅するアンプ24とを備えている。

0017

そして、このような構成において、デコーダ16により識別された音声モードが二か国語モードであり、操作キー部10の“MAIN”キーの操作により再生出力すべき音声として主音声が選択されたときに、CPU17によりデコーダ16が制御されて主,副スピーカ6,8からそれぞれ副音声,主音声が出力され、またデコーダ16により識別された音声モードが二か国語モードであり、操作キー部10の“SUB”キーの操作により再生出力すべき音声として副音声が選択されたときには、CPU17によりデコーダ16が制御されて主,副スピーカ6,8それぞれから主音声,副音声が出力される。

0018

一方、デコーダ16により識別された音声モードが二か国語モードであり、操作キー部10の多重音声選択用キーのうちのその他のキーが選択操作された場合には、操作されたキーに応じ表1に示すような音声が主,副スピーカ6,8からそれぞれ出力される。

0019

0020

尚、受信中のテレビジョン番組がステレオ放送の場合には、主,副スピーカ6,8からステレオ音声が出力される。

0021

従って、デコーダ16により識別された音声モードが二か国語モードであるときに、リモートコントロール送信機9の多重音声選択用キーを操作して再生出力すべき音声として主音声或いは副音声を選択すると、主スピーカ6から副音声或いは主音声が,副スピーカ8から主音声或いは副音声がそれぞれ出力されるため、主音声のみを聴きたい者は主音声を、副音声のみを聴きたい者は副音声を明瞭に聴くことができ、二か国語放送の聴きたい音声を他人に迷惑をかけることなく明瞭に聴くことが可能になる。

0022

また、リモートコントロール送信機9の操作キー部10に音量調節用キーを設け、CPU22により副スピーカ8の出力音量を音量調節用キーの操作による設定音量に制御することにより、例えば自動車車室内のように非常に狭い空間であっても、副スピーカ8を介して他の乗員に迷惑をかけることなく聴きたい音声のみをより明瞭に聴くことが可能になる。

0023

なお、上記した構成の映像表示装置は、通常の家庭用のテレビジョン受像機であっても、或いは車載用のテレビジョン受像機であっても同じ効果を得ることができる。

0024

また、主スピーカ6が複数(例えば2個,4個等)であっても、上記した実施形態の場合と同等の効果を得ることができる。

発明の効果

0025

以上のように、請求項1及び2記載の発明によれば、識別された音声モードが二か国語モードであって、多重音声選択用キーの操作により出力音声として主音声或いは副音声が選択されたときに、主スピーカから副音声或いは主音声が,副スピーカから主音声或いは副音声がそれぞれ出力されるため、特に自動車のような狭いスペースで複数の視聴者がいる場合に、二か国語放送の聴きたい音声を他人に迷惑をかけることなく明瞭に聴くことが可能になり、非常に有効である。

0026

また、請求項3記載のように、リモートコントロール送信機の操作キー部が音量調節用キーを更に設け、副制御部により副スピーカの出力音量を音量調節用キーの操作による設定音量に制御することによって、副スピーカを介して他人に迷惑をかけることなく聴きたい音声のみをより明瞭に聴くことが可能になる。

図面の簡単な説明

0027

図1この発明の一実施形態のブロック図である。
図2この発明の一実施形態の外観構成図である。
図3この発明の一実施形態の一部の概略図である。
図4従来例のブロック図である。
図5従来例の外観構成図である。

--

0028

6主スピーカ
8副スピーカ
9リモートコントロール送信機
10操作キー部
12アンテナ
13テレビジョンチューナ
14CRTディスプレイ
16デコーダ(音声モード識別部)
17 CPU(主制御部)
22 CPU(副制御部)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 京セラ株式会社の「 燃料電池システム及び設備管理方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】燃料電池システムは、前記燃料電池システムに対するユーザ操作を受け付けるインタフェースと、少なくとも前記燃料電池システムの停止動作の開始から終了までの間において、前記ユーザ操作の受け付... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 統合制御装置および統合制御システム」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】個人の好みに応じて設備の設定を容易に変更することができる統合制御装置を提供する。統合制御装置は、管理領域の出入口に設けられた入退室管理用アンテナと、前記管理領域の内部に設けられた設備... 詳細

  • アビアクル カイ,エロディの「 車両を停止する方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】車両(1)は、その識別子を、車両を運転していないユーザのポータブル電子デバイス(5)に提供し、ポータブル電子デバイスは、車両の可視的特徴を表示し、ユーザは、ディスプレイ上で車両を選択... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ