図面 (/)

技術 抗菌剤

出願人 ミヨシ油脂株式会社
発明者 高田満信北村勝充仁上修一栗原正己神尾克久川島正毅松本晁暎守屋雅文
出願日 1995年8月8日 (25年3ヶ月経過) 出願番号 1995-222508
公開日 1997年2月25日 (23年8ヶ月経過) 公開番号 1997-052806
状態 特許登録済
技術分野 化粧料 農薬・動植物の保存
主要キーワード クーラント水 黒色酵母 ハロー法 円形プレート 多孔質プラスチック 壁装材料 長時間効果 アルキルカルボン酸基
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年2月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

目的

水、香粧品樹脂塗料等に添加して、これらに抗菌性を付与し、あるいは砂、セラミックス粉末等に担持せしめて種々の抗菌性製品を得ることのできる抗菌剤を提供する。

構成

化1

概要

背景

近年、清潔志向が高まるにつれて抗菌性を付与した製品、例えば抗菌性繊維を用いた下、肌着カーテン抗菌性樹脂を用いた歯ブラシ電話機食器乾燥機洗濯機便座ペン等の様々な製品が現れてきている。これらの抗菌性を有する製品は、抗菌剤をそのままあるいは塗料に抗菌剤を配合したものを被処理物に塗布し、または合成樹脂に抗菌剤を配合し種々の製品に加工して得られる。

古くから銀、銅などの金属あるいはその化合物殺菌性を有することが知られており、近年抗菌剤にこれらの金属を用いた例が報告されている。これらの抗菌剤としては、例えば銀、銅などの金属又はその化合物を活性炭セラミックスガラスゼオライト等の担体担持せしめた無機系抗菌剤金属粉末を分散した多孔質プラスチックを用いるもの(特開昭55−89336)、金属を吸着したキレート樹脂を用いるもの(特公昭63−11076)、N−長鎖アシルアミノ酸金属塩を用いるもの(特開平3−181403)等の有機系抗菌剤を用いるものが知られている。

概要

水、香粧品樹脂、塗料等に添加して、これらに抗菌性を付与し、あるいは砂、セラミックス粉末等に担持せしめて種々の抗菌性製品を得ることのできる抗菌剤を提供する。

下記化1で表されるN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸の金属塩又はそのエチレンオキサイド付加体を用いる。

目的

本発明は、上記の点に着目し行ったもので、溶剤等の特別な助剤を要すること無く水等の液体に分散又は可溶化し、合成樹脂、塗料との相溶性も良く、これらに良好な抗菌性を付与することのできる抗菌剤、およびこれを含有する抗菌性樹脂、抗菌性塗料を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

下記化1で表されるN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸金属塩又はそのエチレンオキサイド付加体を用いることを特徴とする抗菌剤

請求項

ID=000003HE=030 WI=100 LX=0550 LY=0450

技術分野

0001

本発明は抗菌剤に関するものである。さらに詳しくは、水、香粧品樹脂塗料等に添加してこれらに抗菌性を付与し、あるいは砂、セラミックス粉末等に担持せしめて種々の抗菌性製品を得ることのできる抗菌剤に関するものである。

背景技術

0002

近年、清潔志向が高まるにつれて抗菌性を付与した製品、例えば抗菌性繊維を用いた下、肌着カーテン抗菌性樹脂を用いた歯ブラシ電話機食器乾燥機洗濯機便座ペン等の様々な製品が現れてきている。これらの抗菌性を有する製品は、抗菌剤をそのままあるいは塗料に抗菌剤を配合したものを被処理物に塗布し、または合成樹脂に抗菌剤を配合し種々の製品に加工して得られる。

0003

古くから銀、銅などの金属あるいはその化合物殺菌性を有することが知られており、近年抗菌剤にこれらの金属を用いた例が報告されている。これらの抗菌剤としては、例えば銀、銅などの金属又はその化合物を活性炭セラミックスガラスゼオライト等の担体に担持せしめた無機系抗菌剤金属粉末を分散した多孔質プラスチックを用いるもの(特開昭55−89336)、金属を吸着したキレート樹脂を用いるもの(特公昭63−11076)、N−長鎖アシルアミノ酸金属塩を用いるもの(特開平3−181403)等の有機系抗菌剤を用いるものが知られている。

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら従来知られているこれらの抗菌剤は、種々の欠点があった。例えば無機系の抗菌剤は、液状で用いる場合、液体に添加してもすぐに分離して効果を発揮し難い。さらに合成樹脂や塗料等に用いる場合には効果が発現し難いので多量に添加しなければならず、そのため合成樹脂や塗料等の物性を低下させるという問題点があった。また金属を分散した多孔質プラスチックや金属を吸着したキレート樹脂は、カラム充填して水と接触し殺菌する用途には効果を発揮するが、基材多孔質にして金属と水との接触率を高めているため、これを合成樹脂や塗料等に配合して用いようとしても、孔が塞がれてしまい効果を発揮し難く、また水系以外の用途には適していなかった。一方N−長鎖アシルアミノ酸の金属塩を用いるものは、液体に用いる場合に溶解性を高めるためにアンモニア水等の溶媒を必要とし、この液体あるいはこれを含有せしめた塗料は作業環境を低下する問題点があった。

0005

本発明は、上記の点に着目し行ったもので、溶剤等の特別な助剤を要すること無く水等の液体に分散又は可溶化し、合成樹脂、塗料との相溶性も良く、これらに良好な抗菌性を付与することのできる抗菌剤、およびこれを含有する抗菌性樹脂、抗菌性塗料を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明者は上記課題を解決するため鋭意研究を行った結果、N−(β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸の特定な塩又はそのエチレンオキサイド付加体が、溶剤等の特別な助剤を要すること無く水等の液体に分散又は可溶化し、合成樹脂、塗料との相溶性も良く、これらに良好な抗菌性を付与することができることを見出し、本発明を完成するに到った。

0007

即ち、本発明は、下記化2で表されるN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸の金属塩又はそのエチレンオキサイド付加体を用いる抗菌剤である。

0008

0009

本発明に用いる化2で表されるN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸の金属塩又はそのエチレンオキサイド付加体は、モノエタノールアミン炭素数が6〜28の1,2−エポキシアルカンを付加してN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンとし、これにアルキルカルボン酸塩基を導入したもの、及びさらにこれに必要量エチレンオキサイドを付加して得られたものを用いることができる。

0010

上記N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンとしては、常法に従い、モノエタノールアミンと炭素数6〜28の1,2−エポキシアルカン(以下これを「エポキシアルカン」と称することもある)を反応して得られたものを用いることができる。モノエタノールアミンとエポキシアルカンとの反応は、常法に従って行うことができ、例えばモノエタノールアミンに、30〜150℃でエポキシアルカンを滴下し、ついで50〜150℃で1〜30時間反応して行うことができる。この反応においては副反応物の生成を防ぐため、モノエタノールアミンを過剰に用いることが好ましく、過剰のモノエタノールアミンは反応後容易に留去することができる。

0011

前記エポキシアルカンとしては、1,2−エポキシヘキサン、1,2−エポキシオクタン、1,2−エポキシデカン、1,2−エポキシドデカン、1,2−エポキシテトラデカン、1,2−エポキシペンタデカン、1,2−エポキシヘキサデカン、1,2−エポキシエイコサン、1,2−エポキシドコサン、1,2−エポキシテトラコサン、1,2−エポキシヘキサコサン、1,2−エポキシオクタコサン等が挙げられ、その炭素数は6〜28のものが、合成樹脂、塗料等との相溶性に優れるN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸の金属塩又はそのエチレンオキサイド付加体が得られて好ましい。N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸の金属塩又はそのエチレンオキサイド付加体が炭素数が6未満のエポキシアルカンから得られたものであると、親水性が高く、抗菌剤が水等と接触した時に溶出され易く、長時間効果持続することができ難くなり、また炭素数が28を越えるエポキシアルカンから得られたものであると水等への溶解性が低下し水系の液体とし難く、効果も現れ難くなり好ましくない。

0012

次にN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンに、アルキルカルボン酸基を導入すると、化2式中、nが1でoが0のN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸が得られ、これにさらに必要量のエチレンオキサイドを付加して、n+oが2以上のN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸のエチレンオキサイド付加体を得ることができる。

0013

アルキルカルボン酸基としては、酢酸基(化2式中、m=1)及び又はプロピオン酸基(化2式中、m=2)が挙げられ、酢酸基を導入する方法としては、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンにモノクロル酢酸ナトリウムを反応する方法が挙げられ、プロピオン酸基を導入する方法としては、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンに、エステル基又はニトリル基を有する不飽和性単量体を付加した後、エステル基又はニトリル基を加水分解する方法が挙げられる。

0014

N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンにモノクロル酢酸ナトリウムを反応する方法としては、例えば、水酸化ナトリウム水酸化カリウム等のアルカリの存在下、水又は溶媒中、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンに、モノクロル酢酸ナトリウムを添加し、50〜100℃で1〜20時間反応する方法が挙げられる。この反応において、アルカリの添加は、必要な量の全てを一度に添加しても良いが、必要な量を約2回に分け、反応を始める時と、反応後のPHが9以下になった時の、二度に渡って添加することが好ましく、こうすることにより、アミノ基へのモノクロル酢酸ソーダ付加反応を順調に行うことができる。

0015

また、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンにエステル基又はニトリル基を有する不飽和性単量体を付加する方法としては、溶媒の存在下、又は不存在下に、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンに、該不飽和性単量体を添加し、50〜150℃で1〜10時間反応して単量体を付加した後、これにアルカリ、もしくは酸の水溶液を加え、50〜150℃で1〜10時間反応して、単量体により導入されたエステル基またはニトリル基の加水分解を行う方法が挙げられる。加水分解に用いるアルカリとしては、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム等が挙げられ、酸としては塩酸硫酸等が挙げられる。

0016

上記単量体のうち、エステル結合を有するものとしては、アクリル酸アルキルエステルメタクリル酸アルキルエステルクロトン酸アルキルエステルイタコン酸アルキルエステル、マレイン酸アルキルエステル、フマール酸アルキルエステル等が挙げられ、エステル基を構成するアルキル基は炭素数1〜6が好ましい。またニトリル基を有するものとしては、アクリロニトリルメタクリロニトリル等が挙げられる。

0017

このようにしてN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸またはそのアルカリ金属塩が得られるが、さらにエチレンオキサイドを付加する場合には、カルボン酸基がアルカリ金属塩であることが好ましい。N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸をアルカリ金属塩にするには、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム等を用いて中和することで、カルボン酸基が容易にアルカリ金属塩とすることができる。

0018

N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸アルカリ金属塩にエチレンオキサイドを付加する反応は、常法に従って行うことができ、例えば水酸化ナトリウム、ナトリウムアルコラート等の触媒の存在下、又は不存在下、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸アルカリ金属塩に50〜200℃でエチレンオキサイドを付加して行うことができる。N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸アルカリ金属塩に付加せしめるエチレンオキサイドの量は、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸アルカリ金属塩1モルに対して50モル以下のものが水等の液体に分散又は可溶化し、合成樹脂、塗料等との相溶性に優れ、良好な抗菌性を付与することができて好ましい。50モルを越えてエチレンオサイドを付加したものは効果が現れ難くなり好ましくない。

0019

N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸又はそのエチレンオキサイド付加体は、その有するカルボン酸基を鉄、ニッケル、銅、亜鉛、銀又は金塩とすると、良好な抗菌性を発揮することができ好ましい。カルボン酸基をこれらの金属塩基にする方法としては、鉄、ニッケル、銅、亜鉛、銀又は金を含む水溶性無機化合物等を用い、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸又はそのエチレンオキサイド付加体が酸型の場合中和反応を行い、またアルカリ塩型の場合複分解反応を行い、次いで必要により脱塩を行って、それぞれ用いた水溶性無機金属化合物の塩とすることができる。鉄、ニッケル、銅、亜鉛、銀又は金を含む水溶性無機化合物としては、鉄、ニッケル、銅、亜鉛、銀又は金それぞれの硝酸塩、硫酸塩、塩化物等が挙げられる。

0020

本発明はこのようにして得られるN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸の金属塩又はそのエチレンオキサイド付加体を抗菌剤として用いるものであり、本発明の抗菌剤は、大腸菌黄色ブドウ球菌緑膿菌枯草菌等の菌類カンジダ菌黒色酵母菌等の酵母菌類、ツチアカビアカカビ、アオカビクロコウジカビクモノスカビ等の真菌類等に対する抗菌性を有する。

0021

本発明の抗菌剤は、優れた抗菌性を有し、かつ水溶性及び塗料、合成樹脂との相溶性に優れ、水に溶解して水系に用いる方法、香粧品、塗料等に添加して用いる方法、担体に担持せしめて用いる方法、合成樹脂に含有せしめて用いる方法等の方法により種々の製品に抗菌性を付与することができる。

0022

例えば水系に用いる場合には、プール水槽、池、風呂クーラント水等の水に、本発明の抗菌剤を直接加えて溶解もしくは分散するか、抗菌剤を水または必要により水に溶剤を加えた水溶液を調製したものを前記の水に加え、これらの水を殺菌し、又は水中での藻の発生を防ぐことができる。水系に用いる場合の抗菌剤の添加量は、0.0001〜0.1重量%程度が好ましい。

0023

また香粧品等に添加して用いる場合、シャンプーリンス化粧料ローションクリーム等の香粧品等を構成する界面活性剤起泡安定剤、増粘剤コンディショニング剤パール化剤等の基剤に本発明の抗菌剤を1〜50重量部配合すると、これら香粧品に抗菌性を付与することができ、特にシャンプーやリンスに用いると抗菌性とともにフケの発生を防止することができ好ましい。

0024

塗料に添加して用いる場合には、脂肪酸エポキシ樹脂ビニルエステルポリウレタン樹脂シリコーン樹脂フッ素樹脂等の基剤に本発明の抗菌剤を0.1〜10重量%添加して抗菌性を有する塗料とし、建築物水中構造物船舶、住宅などの壁装材料に用いて、これらの塗装面に抗菌性を付与することができる。

0025

担体に担持せしめて用いる場合には、本発明の抗菌剤を砂、セラミック粒子ガラス粒子等の表面に塗布し、必要により乾燥してこれらの被処理物に抗菌性を付与せしめ、また抗菌剤の水溶液を紙、布、皮革、壁装材料、魚網等に含浸せしめ、必要により乾燥してこれらの被処理物に抗菌性を付与することができる。担体に担持せしめて用いる場合の抗菌剤の添加量は、被処理物に対し0.1〜10重量%が好ましい。

0026

合成樹脂に含有せしめて用いる場合には、本発明の抗菌剤を合成樹脂に練り込んで、抗菌性を有する樹脂とし、これをフィルムシートプレート、繊維、あるいは種々の形状に成形して衣料文房具玩具プラスチック製品包装材料等の抗菌性を有する生活用品衛生材料を得ることができる。抗菌剤を合成樹脂に練り込む方法としては、押出成形射出成形圧縮成形ロール成形等の通常の成形方法が挙げられ、合成樹脂に練り込む抗菌剤の量は、合成樹脂に対し0.1〜10重量%が好ましい。

0028

以下、実施例により本発明を更に詳細に説明するが、本発明はその要旨を越えない限り、これらに限定されない。以下「%」は「重量%」を表す。

0030

0031

・N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンの調製。
10モルのモノエタノールアミンに、撹拌下および窒素気流下、液温を80℃に保ちながら、表1に示す1,2−エポキシアルカン1モルを2時間かけて滴下して加え、同温度で3時間反応し、反応後過剰のモノエタノールアミンを留去してN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンを得た。

0032

・酢酸基の導入反応条件
モノクロル酢酸ナトリウムの20%水溶液に、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンと所定量の半分の量の水酸化ナトリウム40%水溶液を加えて、80℃で2時間反応後、さらに残りの量の苛性ソーダ40%水溶液を加えて5時間反応して、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンに酢酸ナトリウム基を導入し、導入後減圧下に脱水した。

0033

・プロピオン酸基の導入条件
N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンに80℃に保ちながらアクリル酸メチル1.5モルを1〜4時間で滴下し、同温度で5時間反応を行った後、過剰のアクリル酸メチルを減圧下に除去した。次に反応混合物を90〜100℃に加熱し、付加したアクリル酸メチルの1倍モル量の苛性ソーダを40%水溶液にて2時間かけて滴下し、滴下後、同温度で2時間熟成して、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンにプロピオン酸ナトリウム基を導入し、導入後減圧下に脱水した。

0034

・エチレンオキサイドの付加条件
酢酸ナトリウム基又はプロピオン酸ナトリウム基を導入したN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンに、水酸化ナトリウムの存在下、120〜130℃で所定量のエチレンオキサイドを徐々に加えて付加反応を行った。

0035

複分解反応:酢酸ナトリウム基又はプロピオン酸ナトリウム基およびエチレンオキサイドを導入したN−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミンを、その20%水溶液とし、この水溶液に塩化亜鉛硫酸銅又は硝酸銀の20%水溶液を加え、50〜100℃で1〜4時間反応後、生成した沈殿濾過し、乾燥して、当該金属塩を得た。

0036

実施例1
表1に示す抗菌剤の1%水溶液を調製し、この水溶液300ccに10gの布(カナキン3号)を浸漬して含浸させ、75〜85℃で乾燥して、約1%の抗菌剤を塗布した処理布を得、この処理布を用いて抗菌性試験を行った。抗菌剤で処理した布の抗菌性試験方法を以下に、その試験結果を表2に示した。

0037

0038

・抗菌性試験方法
ATCCTest Method 90(ハロー法)に準拠し、細菌類については約10万個の菌体を含む肉エキス寒天培地20cc(直径9cm)を用い、その中央表面に試料を載せ、37℃で24時間培養した後、菌に対する阻止帯形成の有無を観察し、以下の基準に従って抗菌性を評価した。
○:明瞭な阻止帯の形成が認められる。
△:阻止帯の形成が僅かに認められる。
×:阻止帯の形成が認められない。
なお、真菌類については約10万個の胞子を含むポテト蔗糖寒天培地を用い、培養は25℃で一週間行った。

0039

実施例2
表1に示す抗菌剤の溶液MIBK−トルエン2:1混合溶剤の3%溶液)20ccを、砂100gに添加し、混合後90〜120℃で6時間乾燥して、抗菌剤を0.5%を塗布した砂を得た。得られた抗菌剤で処理した砂を用いて表3に示す細菌に対する抗菌性試験を行った。抗菌剤で処理した砂の抗菌性試験方法を以下に、その試験結果を表3に示した。

0040

0041

・抗菌剤処理砂の抗菌性試験方法。
滅菌した容量30ccのポリエチレン製ビン(径25mm)に抗菌剤で処理した砂6ccを入れ、これに菌液(大腸菌約10万個/1cc)1ccを添加し、常温で24時間静置後、リン酸緩衝液で砂を洗浄し、菌数測定用培地(栄研化学株式会社製、標準寒天培地)を用いる寒天平板混釈法(36℃、24時間)により、洗浄液中生菌数を測定した。アカカビについては菌数約10万個/1ccの菌液1ccを用い、同様に抗菌試験を行い、培地にポテト−蔗糖寒天培地を用い、25℃で一週間培養して洗浄液中の生菌数を測定した。

0042

実施例3
表1に示す抗菌剤をABS樹脂トヨラック500、東レ株式会社製)に対し1.5%加え、均一に混合後、サーモプラスチック工業株式会社製30mm単軸押出成形機にて抗菌剤を配合したペレットを作製し、次いでこれを東洋機械金属株式会社製30t射出成形機にて220〜240℃で、厚さ2.5mm×30mmφの円形プレートに成形して抗菌剤を含有する樹脂を調製し、これを用いて実施例1と同様に抗菌性試験を行いその結果を表4に示した。

0043

0044

実施例4
ポリ塩化ビニル共重合体塩化ビニル酢酸ビニル85:15共重合体)13部に、タルク5部、ステアリン酸アルミニウム5部及び表1に示す抗菌剤(MIBK−キシレン2:1混合溶剤の30%溶液)100部を配合して抗菌剤を含有する塗料を製造し、この塗料を用いて円形鉄板(厚さ5mm×30mmφ)の表面に1回当り膜厚が30μとなるように2回塗ったものを試料とし、これを用いて実施例1と同様に抗菌性試験を行い、その結果を表5に示す。

0045

0046

実施例5
表1に示す抗菌剤を用いて次に示す組成に配合してシャンプーを調整し、洗髪試験を行い洗髪性能を試験した。その結果を表6に示す。前記複分解反応を行う前のアルカリ金属塩を用いて同様に調製したシャンプー、ピリチオン亜鉛を配合した市販シャンプーについても、同様に洗髪試験を行い洗髪性能を評価し、その結果を表6に示す。

0047

0049

・シャンプーの洗髪試験方法
上記の組成に配合したシャンプーを用い、パネラー10人、試料5ミリリットルを用いた洗髪を3回行い、フケの発生状況及び濯ぎ時の濯ぎ性、ぬめり感、洗い上がり時のさっぱり感、脱脂感、かさつき感を以下の評価基準に従って評価した。

0050

・フケの発生状況の評価基準
○:フケの発生がない。
△:フケの発生がほとんどない。
×:フケの発生が著しい。

0051

・濯ぎ性及び脱脂感の評価基準。
○:(濯ぎ性、脱脂感)が良好。
△:(濯ぎ性、脱脂感)が普通。
×:(濯ぎ性、脱脂感)が不良。

0052

・ぬめり感の評価基準。
○:ぬめり感なし。
△:ややぬめり感あり。
×:ぬめり感強くあり。

0053

・さっぱり感の評価基準。
○:ぬめり感がなくさっぱりしている。
△:ぬめり感が少しあり、ややさっぱり感が少ない。
×:さっぱり感がない。

0054

・かさつき感の評価基準。
○:かさつき感がない。
△:ややかさつく感じがする。
×:かさつく感じが強くする。

0055

以上説明したように、本発明の抗菌剤は、N−[β−ヒドロキシアルキル]N−オキシエチルアミノアルキルカルボン酸の金属塩又はそのエチレンオキサイド付加体を用いるもので、従来知られている抗菌剤と比べて、抗菌性に優れると共に、親水性に優れ水溶液として水系の抗菌剤として用いることができ、また塗料、合成樹脂等とも相溶解性が良く、これらに添加して抗菌性塗料、抗菌性樹脂等として用いることができ、セラミックス等の担体に担持せしめて種々の製品に抗菌性を付与することができる等の効果を発揮する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ