図面 (/)

技術 プレキャスト床板

出願人 前田建設工業株式会社
発明者 細川洋治志村正幸辻田耕一津田聡史
出願日 1995年7月25日 (23年11ヶ月経過) 出願番号 1995-189602
公開日 1997年2月4日 (22年5ヶ月経過) 公開番号 1997-032172
状態 未査定
技術分野 床構造
主要キーワード 配置予定位置 付加的構成要素 工事用資材 プレキャスト床板 円筒形型枠 挿入用穴 高張力ボルト 形成用型枠
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年2月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

予め工場等で形成するプレキャスト床板であって、これを用いて鉄骨造建物スラブ構築する際、鉄骨梁上に配列されたプレキャスト床板の端部を簡単に且つ所定の強度で鉄骨梁及び相互に接合し、資材等を置くことができるようにするプレキャスト床板を提供すること。

解決手段

4辺に形成され且つ凸部11a及び凹部11bからなるコッター部11が4辺に形成され、この各凸部11aには少なくとも一つのジベル筋挿入用の穴12が形成され、配筋部がこの穴12の周囲に配置された補強筋13とこの穴12の周囲をめぐるようにU型鉄筋部14aを有するスラブ筋14とから少なくとも構成され、スラブ筋14のU型鉄筋部14aが補強筋13に配筋されていることを特徴とする。

概要

背景

従来、鉄骨造建物におけるスラブ即ち床の構築方法は、鉄骨建て方終了後にデッキプレートを敷き、その上にワイヤーメッシュ鉄筋配筋してコンクリート打設することで構築するのが一般的であった。

概要

予め工場等で形成するプレキャスト床板であって、これを用いて鉄骨造建物のスラブを構築する際、鉄骨梁上に配列されたプレキャスト床板の端部を簡単に且つ所定の強度で鉄骨梁及び相互に接合し、資材等を置くことができるようにするプレキャスト床板を提供すること。

4辺に形成され且つ凸部11a及び凹部11bからなるコッター部11が4辺に形成され、この各凸部11aには少なくとも一つのジベル筋挿入用の穴12が形成され、配筋部がこの穴12の周囲に配置された補強筋13とこの穴12の周囲をめぐるようにU型鉄筋部14aを有するスラブ筋14とから少なくとも構成され、スラブ筋14のU型鉄筋部14aが補強筋13に配筋されていることを特徴とする。

目的

本発明の目的は、かかる従来の問題点を解決するためになされたもので、予め工場等で形成したプレキャスト床板であって、これを用いて鉄骨造建物のスラブを構築する際、鉄骨梁上に配列されたプレキャスト床板の端部を簡単に且つ所定の強度で接合し、資材等を置くことができるようにするプレキャスト床板を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

4辺に形成され且つ凸部及び凹部からなるコッター部と、前記各コッター部における各凸部に形成された少なくとも一つのジベル筋挿入用の穴と、前記穴の周囲に配置された補強筋と前記穴の周囲をめぐるように配置されたU型鉄筋部を有するスラブ筋とを少なくとも備える配筋部とを含み、前記スラブ筋の前記U型鉄筋部が前記補強筋に配筋されていることを特徴とするプレキャスト床板

請求項2

4辺に形成され且つ凸部及び凹部からなるコッター部を備えるプレキャスト床板であって、前記各コッター部における各凸部に形成された少なくとも一つのジベル筋挿入用の穴と、前記穴の周囲に配置された補強筋と前記穴の周囲をめぐるように配置されたU型鉄筋部を有するスラブ筋とを少なくとも備える配筋部と、対向する一組のコッター部が相対的に乗るように前記プレキャスト床板に予め取り付けられた小梁とを含み、前記スラブ筋の前記U型鉄筋部が前記補強筋に配筋され、更に前記小梁と前記プレキャスト床板とが前記小梁に固着されたジベル筋を前記コッター部の前記穴内に位置決めし、その穴内に無収縮モルタル打設することで一体化させることを特徴とするプレキャスト床板。

請求項3

前記コッター部の前記凸部に設けられるジベル筋挿入用の前記穴が、薄鉄板円筒状に形成して型枠補強板とし、その外周囲に補強筋を巻き付けて固定し、これをプレキャスト床板用表面型枠間の所定位置に配置してこれらの表面型枠及び他の側面型枠で囲まれる空間部に充填されたコンクリート硬化したところで前記表面型枠及び前記側面型枠を脱型させるが、前記穴を形成するために使用した前記型枠兼補強板はそのまま埋め殺しにすることで形成されることを特徴とする請求項1又は2に記載のプレキャスト床板。

技術分野

0001

本発明はプレキャスト床板に関し、更に詳細には鉄骨造建物において鉄骨梁上に対向して並べてスラブ構築するためのプレキャスト床板に関する。

背景技術

0002

従来、鉄骨造建物におけるスラブ即ち床の構築方法は、鉄骨建て方終了後にデッキプレートを敷き、その上にワイヤーメッシュ鉄筋配筋してコンクリート打設することで構築するのが一般的であった。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、前述したような従来のスラブの構築方法では、デッキプレート上に配筋してコンクリートを打設するまでは実質的に資材等を置くことはできず、別途作業用資材を置くための仮設構台等を設ける必要があった。また、床構築後仕上げ工事設備工事の際には資材の揚重が錯綜し、これを解決するために揚重設備増設する必要があり、工期遅れ工事費増の要因となっていた。

0004

本発明の目的は、かかる従来の問題点を解決するためになされたもので、予め工場等で形成したプレキャスト床板であって、これを用いて鉄骨造建物のスラブを構築する際、鉄骨梁上に配列されたプレキャスト床板の端部を簡単に且つ所定の強度で接合し、資材等を置くことができるようにするプレキャスト床板を提供することにある。

課題を解決するための手段

0005

本発明はプレキャスト床板であり、前述した技術的課題を解決するために以下のように構成されている。すなわち、本発明のプレキャスト床板は、4辺に形成され且つ凸部及び凹部からなるコッター部と、前記各コッター部における各凸部に形成された少なくとも一つのジベル筋挿入用の穴と、前記穴の周囲に配置された補強筋と前記穴の周囲をめぐるように配置されたU型鉄筋部を有するスラブ筋とを少なくとも備える配筋部とを含み、前記スラブ筋の前記U型鉄筋部が前記補強筋に配筋されていることを特徴とする(請求項1に対応)。

0006

また、本発明のプレキャスト床板は、4辺に形成され且つ凸部及び凹部からなるコッター部と、前記各コッター部における各凸部に形成された少なくとも一つのジベル筋挿入用の穴と、前記穴の周囲に配置された補強筋と前記穴の周囲をめぐるように配置されたU型鉄筋部を有するスラブ筋とを少なくとも備える配筋部と、対向する一組のコッター部が相対的に乗るように予め取り付けられた小梁とを含み、前記スラブ筋の前記U型鉄筋部が前記補強筋に配筋され、更に前記小梁と前記プレキャスト床板とが前記小梁に固着されたジベル筋を前記コッター部の前記穴内に位置決めし、その穴内に無収縮モルタルを打設することで一体化したことを特徴とする(請求項2に対応)。

0007

<本発明における付加的構成>本発明のプレキャスト床板は、前述した必須の構成要素からなるが、その構成要素が具体的に以下のような場合であっても成立する。その付加的構成要素とは、前記コッター部の前記凸部に設けられるジベル筋挿入用の前記穴が、薄鉄板円筒状に形成して型枠補強板とし、その外周囲に補強筋を巻き付けて固定し、これをプレキャスト床板用表面型枠間の所定位置に配置してこれらの表面型枠及び他の側面型枠で囲まれる空間部に充填されたコンクリートが硬化したところで前記表面型枠及び前記側面型枠を脱型させるが、前記穴を形成するために使用した前記型枠兼補強板はそのまま埋め殺しにすることで形成されることを特徴とする(請求項3に対応)。

発明を実施するための最良の形態

0008

以下、本発明のプレキャスト床板を図に示される実施形態について更に詳細に説明する。この実施形態に係るプレキャスト床板(以下、単に床板と称する)10は工場などで大量生産されるパネルであり、一般的には鉄筋コンクリートパネルである。これを建造物の床として用いるような仕様で形成する時プレキャスト床板と称する。

0009

この床板10は4辺に形成されたコッター部11を備えている。このコッター部11とは、図1図2及び図3に示されるように凸部11aと凹部11bを交互に形成した部分を言う。このコッター部11における各凸部11aには、床板10の表裏を貫通する穴12が少なくとも1つ以上形成されている。

0010

この穴12は、スタッドボルト等を用いたジベル筋を挿入するためのもので、従ってこのジベル筋より大きな直径で形成されている。この床板10内部の配筋構造としてはこの穴12を取り巻くようにその周囲に螺旋状に配置された補強筋13と、穴12の周囲をめぐるように配置されたU型鉄筋部14aを備えるスラブ筋14とを少なくとも備えている。そして、このスラブ筋14のU型鉄筋部14aに前述の補強筋13が配筋されている。

0011

このようなプレキャスト床板10は、従来から行われているように型枠を用いて形成される。その時、コッター部11の凸部11aに設けられるジベル筋挿入用の穴12は円筒形の型枠を対向する表面型枠間に配置することで形成され、また補強筋13はその円筒形型枠の周囲に配置することで配筋される。勿論、この場合、穴12形成用の円筒形型枠は他の型枠と共に完成されたプレキャスト床板10から取り外される。

0012

しかし、このジベル筋挿入用の穴12とその周囲の補強筋13は次のような方法でも形成することもできる。すなわち、図4に示されるように薄い鉄板を円筒状に形成してジベル筋挿入用穴の型枠兼補強板19とし、その外周囲にスパイラル状の補強筋13を巻き付けて離脱しない程度に各部を固着する。

0013

このような補強筋13の付いた型枠兼補強板19をプレキャスト床板用表面型枠間の所定位置に配置する。そして、これらの表面型枠及び他の側面型枠で囲まれる空間部に例えばコンクリートを充填する。この時、当然その空間部にはスラブ筋等必要な配筋がなされていることは言うまでもない。

0014

その後、コンクリートが硬化したところで表面型枠及び側面型枠を脱型する。しかし、ジベル筋挿入用の穴12を形成するために使用した型枠兼補強板19はそのまま埋め殺しにする。このようにしてプレキャスト床板10を形成すると、補強筋13の配筋やジベル筋挿入穴形成用型枠の設置並びにその後の処理が非常に簡単になり、プレキャスト床板の製造の能率が向上する。

0015

このようなプレキャスト床板10を用いて建造物のスラブを構築する方法を参考のために紹介する。最初に、図5に示されるように複数のプレキャスト床板10をコッター部11の凸部11aと凹部11bとが噛み合うように鉄骨梁15上に設置する。その後、各プレキャスト床板10のコッター部10の凸部11aに設けられた穴12からジベル筋16を入れ、鉄骨梁15に固着して立設する。

0016

そして、隣接するプレキャスト床板10のコッター部11の間隙部17及びジベル筋16が入れられたコッター部11の穴12内に無収縮モルタル18が打設される。これにより鉄骨梁15上に対向して載置されたプレキャスト床板10端部同士が接合されると共に同時に鉄骨梁15とも一体化され、これによりスラブが形成される。

0017

なお、前述した構築例では、プレキャスト床板10を鉄骨梁上15上に配列してからジベル筋16をコッター部11に形成した穴12に入れて鉄骨梁15に固着したが、予め鉄骨梁15上にジベル筋16を所定の位置に固定しておいてもよい。この場合における「所定の位置」とはプレキャスト床板10を鉄骨梁15上に配列した時コッター部11の穴12が設計上位置することになる鉄骨梁15上の箇所である。

0018

また、このようなスラブの構築は、次のような方法で行うこともできる。この別なスラブ構築方法では、本発明の他の実施形態に係るプレキャスト床板20を利用する。すなわち、最初に、前述したプレキャスト床板10と、図6に示されるようにこのプレキャスト床板に小梁15bを予め取り付けた小梁付きプレキャスト床板20とを工場で予め製造して準備しておく。

0019

この小梁付きプレキャスト床板20は、次のように構成されている。すなわち、小梁15bはプレキャスト床板10の相対向する2辺のコッター部11に沿って配置されている。その際、プレキャスト床板10に設けられた穴12の位置に対応して小梁15b上に予め固着されたジベル筋16が各穴12に相対的に挿入するようにするか、或いはジベル筋16をコッターの各穴12から挿入して小梁15bに固着するかしてジベル筋16をコッター部11の各穴12に位置させる。

0020

その後、小梁に固着されたジベル筋16が配置されたコッター部11の各穴12内に無収縮モルタルが打設され、これによりプレキャスト床板10と小梁15bとの一体化が図られる。このような構成の小梁付きプレキャスト床板20と先に説明したプレキャスト床板10とを工場から建築現場に搬送し、図7に示されるように、最初に、小梁付きプレキャスト床板20を小梁の取り付けられていない両端側のコッター部を大梁15aに乗せ且つ連続するプレキャスト床板配置予定位置に1つ置きに設置する。

0021

そして、小梁15bと大梁15aとを溶接或いは高張力ボルト等を周知の手段を用いて連結し、次いで小梁付きプレキャスト床板20間に小梁の付かないプレキャスト床板10を位置決めして各コッター部11を隣接するプレキャスト床板のコッター部11とが噛み合うように大梁15aと小梁付きプレキャスト20の小梁15b上に設置する。

0022

その際、プレキャスト床板10及び小梁付きプレキャスト床板20のコッター部11に設けられた穴12の位置に対応して大梁15a上にジベル筋16を予め固着しておき、コッター部11の各穴12に相対的に挿入するようにするか、又は各プレキャスト床板10、20を大梁15a上に設置した後にコッター部11の各穴12からそれぞれジベル筋16を入れて大梁15aに固着するかのいずれかの方法で、大梁15aに固定されたジベル筋16をコッター部11の各穴12内に配置する。

0023

その後、隣接するプレキャスト床板のコッター部の間隙部及び大梁15aに乗っているコッター部11の各穴12内に無収縮モルタルを打設する。このようにしてプレキャスト床板を鉄骨梁に配置して一体化させる。

0024

なお、図1に示される実施形態では、各プレキャスト床板10におけるコーナー部の形状が隣接する他のプレキャスト床板10のコーナー部と相互に完全に密着するように形成されていたが、図8に示されるようなプレキャスト床板30を用いて4つのプレキャスト床板のコーナー部が集合する鉄骨梁上の部分に空間部31(便宜的に影線を付して示す)を形成するようにしてもよい。

0025

この場合、この空間部31においてもスタッドボルト等からなるジベル筋16を鉄骨梁15に溶接等で固着し、その後この空間部31内に無収縮モルタルを充填する。このようにすることによって、各プレキャスト床板30のそれぞれのコーナー部についても鉄骨梁との一体性が向上し、スラブ全体としての強度が一層高めることができる。

0026

本発明に係るプレキャスト床板の具体例として、4辺にコッター部11を形成したプレキャスト床板10は、鉄筋コンクリートで作ることができる。その際、コッター部11に設けられるジベル挿入用の穴12は各凸部11aにそれぞれ2つ形成されている。

0027

通常使用される厚みが150mmのプレキャスト床板10のコッター部11における凸部11aの突出長さは約200mmである。そして、コッター部11に形成される穴12は上部開口径が下部開口径よりも若干大きい断面台形状を呈している。また、この穴12の周囲を取り巻くように配置されている補強筋13の上端部及び下端部からプレキャスト床板表面までのコンクリート被り寸法は約10mm程度になる。

0028

この補強筋13は正にスパイラルで形成されたものであれば入手の容易さや安価であることか非常に好ましいが、多数のリングを間隔をあけて積み重ねこれを細い棒筋で連結したようなものであってもよい。

0029

また、ジベル筋16として最も利用可能性のあるスタッドボルトは大梁15a或いは小梁15bに対して溶接等の手段で固着される。そして、プレキャスト床板のコッター部凸部にジベル筋挿入用穴を形成する一方法として先に紹介した薄い鉄板からなる円筒形の型枠兼補強板19とその外周囲に配置するスパイラル状の補強筋との固着も溶接でなされる。

発明の効果

0030

以上説明したように、本発明のプレキャスト床板によれば、鉄骨造建物において非常に強度の高いスラブ即ち床を極めて短期間に且つ能率的に構築することができ、その結果、いつでも工事用資材等を仮置きすることができ、換言すれば早期に資材ストックヤードとして使用できる床を形成することができることから、仕上げ材等の先行揚重により揚重量を削減して揚重設備を最小限に抑えることができ、しかも従来のように別途作業用資材を置く仮設構台を設置する必要もないため、この仮設構台の費用などが掛からず非常に経済的となる。

0031

また、本発明のプレキャスト床板によれば、鉄骨造建物において早期に床の構築が完了できるため、これが屋根となって以後の作業が天候に左右されなくなると共に、早期に通路及び作業スペースが確保されるため、作業環境が向上し、鉄骨建て方後の仕上げ工事などへスムース移行することができるなど多大な効果を奏する。

図面の簡単な説明

0032

図1本発明の一実施形態に係るプレキャスト床板を鉄骨梁上に配置して構成されたスラブを部分的に示す平面図である。
図2鉄骨梁上に配置された前記プレキャスト床板のコッター部を部分的に拡大して示す構成説明図である。
図3図2の3−3線に沿って切断して示すプレキャスト床板におけるコッター部の断面図である。
図4プレキャスト床板のコッター部凸部にジベル筋挿入用穴を形成する一方法に使用する薄い鉄板からなる円筒形の型枠兼補強板とその外周に取り付けた補強筋を示す斜視図である。
図5図1に示されるスラブにおけるプレキャスト床板接合部を部分的に拡大して示す平面図である。
図6本発明の他の実施形態に係るプレキャスト床板接合部構造に用いられる小梁付きプレキャスト床板を概略的に示す構成説明図である。
図7本発明の他の実施形態に係るプレキャスト床板接合部構造の構築方法を示す説明図である。
図8本発明の他の実施形態に係るプレキャスト床板を鉄骨梁上に配置して構成されたスラブを部分的に示す平面図である。

--

0033

10プレキャスト床板
11コッター部
11a 凸部
11b 凹部
12ジベル筋挿入用の穴
13補強筋
14スラブ筋
14a U型鉄筋部
15鉄骨梁
15a大梁
15b小梁
16 ジベル筋
17間隙部
18無収縮モルタル
19 ジベル筋挿入用穴を形成するための型枠兼補強板
20 小梁付きプレキャスト床板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ