図面 (/)

技術 無線選択呼出受信機

出願人 MXモバイリング株式会社
発明者 川村雅一
出願日 1995年7月12日 (24年2ヶ月経過) 出願番号 1995-175978
公開日 1997年1月28日 (22年7ヶ月経過) 公開番号 1997-027977
状態 拒絶査定
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード 自局識別情報 表示データ処理 テレビジョン受像機側 小型携帯 赤外線受光素子 自局情報 メッセージ表示処理 表示文字サイズ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年1月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

目的

無線選択呼出受信機携帯性を失うことなく、呼出しメッセージテレビジョン受像機に表示させることができるようにする。

構成

無線選択呼出受信機本体1の表示データ送信部17は、受信した呼出しメッセージ信号により赤外線発光素子18を駆動し、呼出しメッセージを赤外線信号に変換して送出する。メッセージ表示処理器2の表示データ受信部22は、赤外線受光素子21により赤外線信号から電気信号に変換された呼出しメッセージを出力する。表示データ処理部23は、呼出しメッセージのデータ長に応じて、テレビジョン受像機の画面上に一度に表示できる文字サイズになるように処理する。ビデオ信号生成部24は、表示データ処理部23で処理された呼出しメッセージデータをテレビジョン受像機に表示できるビデオ信号に変換する。TV映像信号変換部25は、指定のTVチャネルテレビジョン映像信号に変換する。

概要

背景

現在の無線選択呼出受信機は、単に鳴音等で通報するだけではなく、呼出しメッセージを表示できるようになっている。しかし、携帯型の無線選択呼出受信機では表示画面が狭いため、長いメッセージの場合は一度に表示することができず、分割して表示するので見にくく不便である。

このような問題点を解決するために、例えば特開昭64−2485号公報により開示されているように、テレビジョン受像機に無線選択呼出受信機能を内蔵させ、テレビジョン受像機の画面上に呼出しメッセージ全体を一度に表示するようにしている。

概要

無線選択呼出受信機の携帯性を失うことなく、呼出しメッセージをテレビジョン受像機に表示させることができるようにする。

無線選択呼出受信機本体1の表示データ送信部17は、受信した呼出しメッセージ信号により赤外線発光素子18を駆動し、呼出しメッセージを赤外線信号に変換して送出する。メッセージ表示処理器2の表示データ受信部22は、赤外線受光素子21により赤外線信号から電気信号に変換された呼出しメッセージを出力する。表示データ処理部23は、呼出しメッセージのデータ長に応じて、テレビジョン受像機の画面上に一度に表示できる文字サイズになるように処理する。ビデオ信号生成部24は、表示データ処理部23で処理された呼出しメッセージデータをテレビジョン受像機に表示できるビデオ信号に変換する。TV映像信号変換部25は、指定のTVチャネルテレビジョン映像信号に変換する。

目的

本発明の目的は、無線選択呼出受信機の携帯性を失うことなく、長い呼出しメッセージでもテレビジョン受像機に一度に表示させて見やすくすることができる無線選択呼出受信機を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

受信した呼出しメッセージテレビジョン受像機に表示させることができる無線選択呼出受信機であって、前記受信した呼出しメッセージを赤外線信号に変換して送出する手段を有する携帯型の無線選択呼出受信機本体と、前記赤外線信号を受けて呼出しメッセージデータを出力する表示データ受信手段と、前記呼出しメッセージデータを前記テレビジョン受像機の画面上に表示できる映像信号に変換する映像信号生成手段とを有するメッセージ表示処理器とからなることを特徴とする無線選択呼出受信機。

請求項2

前記メッセージ表示処理器は、前記テレビジョン受像機の画面上に呼出しメッセージを一度に表示できるように前記呼出しメッセージデータのデータ長に応じて表示文字サイズを調整する表示データ処理手段を具備していることを特徴とする請求項1記載の無線選択呼出受信機。

技術分野

0001

本発明は無線選択呼出受信機に関し、特に呼出しメッセージ表示機能を有する無線選択呼出受信機に関する。

背景技術

0002

現在の無線選択呼出受信機は、単に鳴音等で通報するだけではなく、呼出しメッセージを表示できるようになっている。しかし、携帯型の無線選択呼出受信機では表示画面が狭いため、長いメッセージの場合は一度に表示することができず、分割して表示するので見にくく不便である。

0003

このような問題点を解決するために、例えば特開昭64−2485号公報により開示されているように、テレビジョン受像機に無線選択呼出受信機能を内蔵させ、テレビジョン受像機の画面上に呼出しメッセージ全体を一度に表示するようにしている。

発明が解決しようとする課題

0004

しかし上述したように、無線選択呼出受信機をテレビジョン受像機に内蔵した場合は、無線選択呼出受信機を単独で携帯して使用することができない。また、小型携帯テレビジョン受像機に無線選択呼出受信機を内臓したとしても、携帯型の無線選択呼出受信機に比べて大きく重い小型携帯テレビジョン受像機を持ち歩かなければならず不便であるという問題点がある。

0005

本発明の目的は、無線選択呼出受信機の携帯性を失うことなく、長い呼出しメッセージでもテレビジョン受像機に一度に表示させて見やすくすることができる無線選択呼出受信機を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

本発明の無線選択呼出受信機は、受信した呼出しメッセージを赤外線信号に変換して送出する手段を有する携帯型の無線選択呼出受信機本体と、赤外線信号により伝送されてくる呼出しメッセージをテレビジョン受像機に表示できる信号に変換するメッセージ表示処理器とで構成する。また、長い呼出しメッセージをテレビジョン受像機の画面上に一度に表示できるようにするため、呼出しメッセージデータのデータ長に応じて表示文字サイズを調整する機能をメッセージ表示処理器に設ける。

発明を実施するための最良の形態

0007

次に本発明について図面を参照して説明する。

0008

図1は本発明の一実施形態を示すブロック図である。ここで、本発明の無線選択呼出受信機は、携帯型の無線選択呼出受信機本体1と、テレビジョン受像機3側に設置するメッセージ表示処理器2とで構成される。

0009

無線選択呼出受信機本体1は、従来の携帯型の無線選択呼出受信機と同じ機能の他に、呼出しメッセージを赤外線により送信する機能を有している。すなわち、呼出し無線信号を受信し復調する選択呼出受信部11と、制御部12と、自局識別情報等を格納する自局情報記憶部13と、受信した呼出しメッセージを順次保持するメッセージ保持部14と、自局宛呼出し時に鳴音を発生する鳴音部15と、呼出しメッセージを表示する液晶表示部16と、表示データ送信部17と、赤外線発光素子18とを有している。

0010

ここで、制御部12は、選択呼出受信部11から復調信号を受け、自局情報記憶部13に格納している自局識別情報と照合して自局宛の呼出しであるときに、鳴音部15を制御して通報させると共に、呼出しメッセージをメッセージ保持部14に格納し、同時に液晶表示部16に表示させる。以上は、従来の無線選択呼出受信機としての機能である。

0011

また、表示データ送信部17は、制御部12によって制御されて、呼出しメッセージ信号により赤外線発光素子18を駆動し、呼出しメッセージ信号を赤外線信号に変換して送出する。

0012

さて、テレビジョン受像機側に設置するメッセージ表示処理器2は、赤外線受光素子21と、表示データ受信部22と、表示データ処理部23と、ビデオ信号生成部24と、TV映像信号変換部25とを有している。

0013

赤外線受光素子21は、無線選択呼出受信機本体1から送出された赤外線信号を受けて電気信号に変換して表示データ受信部22へ出力する。表示データ受信部22は呼出しメッセージを出力する。

0014

表示データ処理部23は、呼出しメッセージのデータ長に応じて、テレビジョン受像機の画面上に一度に表示できる文字サイズになるようにデータ処理する。例えば、長いメッセージの場合は、文字サイズを小さくし、また、短いメッセージの場合は、文字サイズを大きくするように処理する。

0015

ビデオ信号生成部24は、表示データ処理部23で処理された呼出しメッセージデータをテレビジョン受像機の画面上に表示できるビデオ信号に変換する。このビデオ信号をテレビジョン受像機のビデオ入力端子に入力することにより、テレビジョン画面上に呼出しメッセージを表示できる。

0016

TV映像信号変換部25は、指定のTVチャネルテレビジョン映像信号に変換する。このテレビジョン映像信号をテレビジョン受像機のテレビ入力端子に入力することにより、テレビジョン画面上に呼出しメッセージを表示できる。

発明の効果

0017

以上説明したように本発明によれば、従来と同様な無線選択呼出機能の他に、呼出しメッセージを赤外線信号に変換して送出する機能を有する無線選択呼出受信機本体と、赤外線信号により伝送されてきた呼出しメッセージをテレビジョン受像機の画面上に表示できる信号に変換するメッセージ表示処理器とで構成することにより、無線選択呼出受信機の携帯性を失うことなく、呼出しメッセージをテレビジョン受像機に表示させることができる。

0018

また、呼出しメッセージの長さに応じて表示文字サイズを調整することにより、長い呼出しメッセージ全体をテレビジョン受像機の画面上に一度に表示できるので、メッセージが見やすくなる。

図面の簡単な説明

0019

図1本発明の一実施形態のブロック図である。

--

0020

1無線選択呼出受信機本体
17 表示データ送信部
18赤外線発光素子
2メッセージ表示処理器
21赤外線受光素子
22 表示データ受信部
23表示データ処理部
24ビデオ信号生成部
25TV映像信号変換部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電気株式会社の「 端末装置、及び基地局」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題】第1の端末装置により用いられる部分帯域に関わらず、第1の端末装置がリチューニングすることなく物理アップリンク制御チャネルを基地局に送信すること。【解決手段】本発明の基地局100は、アップリンク... 詳細

  • ソフトバンク株式会社の「 無線中継システム」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題】簡易な構成で、目標位置に移動した後、複数の通信オペレータの移動通信網について固定基地局とユーザ装置との間の無線通信の中継を速やかに開始することができる無線中継システムを提供する。【解決手段】移... 詳細

  • 京セラ株式会社の「 無線端末及び基地局」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題・解決手段】一の実施形態に係る無線端末は、Pedestrian UE(User Equipment)である。前記無線端末は、他の無線端末との直接的な端末間通信を実行するよう構成されたトランス... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ