図面 (/)

技術 入浴剤組成物

出願人 エステー株式会社
発明者 横山光広
出願日 1995年6月29日 (25年0ヶ月経過) 出願番号 1995-186393
公開日 1997年1月14日 (23年5ヶ月経過) 公開番号 1997-012445
状態 未査定
技術分野 化粧料
主要キーワード 入浴剤成分 植物粉砕物 入浴効果 アロエ抽出液 フローライト 入浴剤組成物 ヒノキ油 爽快感
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1997年1月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

構成

シソエキスカンゾウエキスおよびアロエエキスを含有することを特徴とする入浴剤組成物およびこれに更に無機塩類を含有せしめた入浴剤組成物。

効果

本発明の入浴剤によれば、入浴中および入浴後において優れた入浴感を与えることができる。

概要

背景

古来より、日本においては、温泉に含まれる成分の作用を利用して、病気や傷を治療したり、身体の疲労等を除去することが行われている。 また、家庭においても、端午の節には菖蒲湯冬至の日には柚湯の様に生薬をそのまま風呂に入れてその香りを楽しむとともにその生薬の薬理作用を期待することも行われていた。 更に、生薬以外でも、レモンミカンなどをそのままもしくはすりつぶしたりして浴湯中に入れることも行われていた。

近年、温泉や菖蒲湯、柚湯等を手軽に楽しむために広く入浴剤が利用されている。

従来から用いられている入浴剤の一つとしては、温泉由来の成分である硫酸ナトリウム炭酸水素ナトリウム等の無機塩類粉末に、色素香料などを配合したものが知られている。

また、生薬を含有する植物成分や、その他の植物成分を含む入浴剤としては、入浴剤組成物非水溶性天然植物とを、水透過性の袋内に封入し、入浴剤組成物のみを溶出できるようにした入浴剤(特開平3−128315号)や、植物粉砕物と溶解度の異なる2種以上の無機塩類からなる入浴剤(特開平3−215414号)が知られている。

しかし、温泉由来の無機成分を含有する入浴剤においては、 暖まり感やしっとり感は不十分であり、乾燥肌の人にとっては、肌の水分保持機能落ちてしまい、入浴後はだががさつく、かゆみが出てしまう等の問題があり、更に、 入浴剤の使用により、浴槽フロ腐食、変色等悪影響を及ぼす等の問題があった。

また、植物成分を利用する入浴剤については、 単に風呂の中に浸せきしているだけで有効成分の効果が弱く単に香りを楽しむ程度のものである、 効果を出すだけの量を入れると植物成分が大量に必要になってしまうため、実際的でない、浴湯に生薬あるいは植物特有の青臭さが残ってしまう等の問題点があった。

概要

シソエキスカンゾウエキスおよびアロエエキスを含有することを特徴とする入浴剤組成物およびこれに更に無機塩類を含有せしめた入浴剤組成物。

本発明の入浴剤によれば、入浴中および入浴後において優れた入浴感を与えることができる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

シソエキスカンゾウエキスおよびアロエエキスを含有することを特徴とする入浴剤組成物

請求項2

シソエキス、カンゾウエキスおよびアロエエキスと、無機塩類とを含有することを特徴とする入浴剤組成物。

技術分野

以 上

背景技術

0001

本発明は新規入浴剤組成物に関し、詳しくは浴槽ふろがまに悪影響を与えることなく安全で、優れた入浴効果を発揮する入浴剤組成物に関する。

0002

古来より、日本においては、温泉に含まれる成分の作用を利用して、病気や傷を治療したり、身体の疲労等を除去することが行われている。 また、家庭においても、端午の節には菖蒲湯冬至の日には柚湯の様に生薬をそのまま風呂に入れてその香りを楽しむとともにその生薬の薬理作用を期待することも行われていた。 更に、生薬以外でも、レモンミカンなどをそのままもしくはすりつぶしたりして浴湯中に入れることも行われていた。

0003

近年、温泉や菖蒲湯、柚湯等を手軽に楽しむために広く入浴剤が利用されている。

0004

従来から用いられている入浴剤の一つとしては、温泉由来の成分である硫酸ナトリウム炭酸水素ナトリウム等の無機塩類粉末に、色素香料などを配合したものが知られている。

0005

また、生薬を含有する植物成分や、その他の植物成分を含む入浴剤としては、入浴剤組成物と非水溶性天然植物とを、水透過性の袋内に封入し、入浴剤組成物のみを溶出できるようにした入浴剤(特開平3−128315号)や、植物粉砕物と溶解度の異なる2種以上の無機塩類からなる入浴剤(特開平3−215414号)が知られている。

0006

しかし、温泉由来の無機成分を含有する入浴剤においては、 暖まり感やしっとり感は不十分であり、乾燥肌の人にとっては、肌の水分保持機能落ちてしまい、入浴後はだががさつく、かゆみが出てしまう等の問題があり、更に、 入浴剤の使用により、浴槽やフロ腐食、変色等悪影響を及ぼす等の問題があった。

発明が解決しようとする課題

0007

また、植物成分を利用する入浴剤については、 単に風呂の中に浸せきしているだけで有効成分の効果が弱く単に香りを楽しむ程度のものである、 効果を出すだけの量を入れると植物成分が大量に必要になってしまうため、実際的でない、浴湯に生薬あるいは植物特有の青臭さが残ってしまう等の問題点があった。

課題を解決するための手段

0008

従って、上記したような欠点のない、より入浴感の優れた入浴剤の開発が求められていた。

0009

本発明者らは、入浴剤に関し研究を行っていたところ、特定の生薬エキス組合せ用いた入浴剤が極めて優れた入浴感を有することを見出し、本発明を完成した。

0010

すなわち、本発明の第一の目的は、シソエキスカンゾウエキスおよびアロエエキスを含有する入浴剤組成物を提供することである。また、本発明の別の目的は、上記入浴剤に更に無機塩類を含有せしめた入浴剤を提供することである。

0011

本発明の入浴剤に使用されるシソエキスとしては、シソの葉、枝を従来公知の抽出法で抽出したものを使用することができる。より具体的なシソエキスの調製方法としては、シソの葉をそのまま水、エタノール等の溶媒の1種または2種以上の混合物にて抽出する方法が挙げられる。また、このようなシソエキスは、例えばシソ抽出液LA(丸善製薬(株)製)等の商品名で市販されているので、これを利用しても良い。

0012

一方、本発明で使用されるカンゾウエキスは、カンゾウの根を粉砕し、これを従来公知の抽出法で抽出したものを用いることができる。 また、このカンゾウエキスもリコレックスNa(丸善製薬(株)製)等の商品名で市販されているので、これを利用しても良い。

0013

更に、本発明において使用されるアロエエキスとしても、アロエの葉を従来公知の方法で抽出されたものを使用でき、また、例えばアロエ抽出液LA(丸善製薬(株)製)等として市販されているものを利用することもできる。

0014

上記のエキスは、これらを混合して用いることが必要であり、好ましくは、各エキスの混合物を入浴剤中に0.1〜20重量%(以下、単に「%」で示す)程度配合される。

0015

各エキスの好ましい混合割合としては、カンゾウエキス1部に対し、アロエエキスが0.1〜20部程度、シソエキスが0.1〜20部程度であり、特に好ましい混合割合としては、カンゾウエキス1部に対し、アロエエキスが1〜10部、シソエキスが1〜10部である。

0016

本発明の第2発明において使用される無機塩類としては、炭酸水素ナトリウム、硫酸ナトリウム、炭酸ナトリウム硫酸マグネシウム塩化ナトリウム硫化ナトリウムホウ酸硼砂硫化カリウム硫酸アンモニウムリン酸水素カルシウム塩化カリウム塩化アンモニウムリン酸ナトリウムチオ硫酸ナトリウムチオ硫酸カルシウム等を挙げることができる。

0017

この無機塩類は、入浴剤組成中に好ましくは80〜99.9%程度配合される。

0018

本発明の入浴剤は上記したシソエキス、カンゾウエキスおよびアロエエキスの各エキス、あるいはこれと無機塩類を組合せ、更に必要に応じて公知の入浴剤成分を配合し、所望の剤形とすることにより調製される。

0020

なお、本発明の浴用剤の剤形としては、錠剤顆粒剤粉末剤等の固形の剤形や、液剤等の剤形を挙げることができるが、無機塩類を配合した組成の場合は、粉末等の固形剤とすることが好ましい。

0021

次に実施例を挙げ、本発明を更に詳しく説明するが、本発明はこれら実施例に何等制約されるものではない。

0022

実 施 例 1
下記表1に示した組成で入浴剤を調製した。 得られた入浴剤について、10名のパネラーにより入浴時および入浴後の感触官能的に評価した。 なお、入浴の条件は、家庭用の浴槽に入浴剤を50g添加し、湯温40℃で、入浴時間を10分間とした。

0023

また、官能評価は、爽快感がある、 暖まり感がある、 皮膚へなじむ、 湯冷しにくい、および入浴後乾燥しないの五項目とし、それぞれの項目で極めて優れているを5点満点として採点したものの10人の平均点で示した。入浴中の感触の結果を表2に、入浴後の感触の結果を表3にそれぞれ示す。

0024

ID=000002HE=110 WI=111 LX=0495 LY=1300
(表中、単位はgである)

0025

0026

0027

上記の試験結果から明らかなように、本発明の入浴剤は入浴中および入浴後において優れた入浴感を与えることができるものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ミルボンの「 毛髪処理方法、毛髪用第1組成物及び毛髪用第2組成物」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】柔らかさ、滑らかさといった手触りに優れる毛髪処理方法、並びに、この方法で使用される毛髪用第1組成物及び毛髪用第2組成物の提供。【解決手段】毛髪処理方法は、酸及び/又はその塩が配合された酸性の毛... 詳細

  • 三菱ケミカル株式会社の「 ポリビニルアルコール系樹脂粉末」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】不純物の分布が均一であるポリビニルアルコール系樹脂粉末。【解決手段】粒径500〜1000μmのポリビニルアルコール系樹脂の酢酸ナトリウムの含有量(重量%)/粒径100〜300μmのポリビニルア... 詳細

  • サンスター株式会社の「 口腔用組成物」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】炭化水素油を含みながらも経時安定性に優れた口腔用組成物を提供すること。【解決手段】炭化水素油、多価アルコール、及び界面活性剤を含有する口腔用組成物であって、(i)グリセリン、並びにポリグリセリ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ