図面 (/)

技術 ノート型パソコン用キャリングケース

出願人 株式会社ニフコ
発明者 福島啓介
出願日 1995年5月15日 (24年6ヶ月経過) 出願番号 1995-138922
公開日 1996年11月26日 (22年11ヶ月経過) 公開番号 1996-308624
状態 未査定
技術分野 定期入れ、メガネケース、宝石箱 包装体 脆弱物品の包装 財布、旅行用鞄またはバスケット、スーツケース 計算機・構造
主要キーワード 保持ロック ハーフタイプ キャリングバッグ ハーフケース DCコネクタ キャリングケース 略密着 ハードケース
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年11月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

目的

軽量かつコンパクトで、安価に実現できるとともに、パソコンの取り扱いも簡単になるノート型パソコンキャリングケースを提供する。

構成

ノート型パソコン50を上方より受け入れ可能な凹所5と、前側部分に設けられた把手部10と、パソコン本体51の側面に通じる開口7,8とを有して、蓋52を起立位置切り換えると凹所5内に収納したままパソコン本体51側のキーボード操作を可能にする本体部2と、蓋52の開閉許容する領域を逃げて本体部2の後側部分に設けられ、凹所5内に受け入れられたパソコン本体51を凹所5内より抜け出ないように保持しておくための解除可能な後部保持手段3と、本体部2の前側部分に設けられて凹所5内に受け入れられたパソコン本体51を凹所5内より抜け出ないように保持しておくための解除可能な前部保持手段4とを有している。

概要

背景

今日、ラップトップ型のパソコンに代えて、持ち運びに便利なノート型パソコンが普及している。また、このノート型パソコンを持ち運ぶための手段としてキャリングバッグ等も数多く開発されており、ハードケース内に格納させて目的の場所まで持ち運び、その場所でケースより出して使用するタイプのものや、ケースより出さずに蓋を開けたままで使用するタイプのもの等がある。

概要

軽量かつコンパクトで、安価に実現できるとともに、パソコンの取り扱いも簡単になるノート型パソコン用キャリングケースを提供する。

ノート型パソコン50を上方より受け入れ可能な凹所5と、前側部分に設けられた把手部10と、パソコン本体51の側面に通じる開口7,8とを有して、蓋52を起立位置切り換えると凹所5内に収納したままパソコン本体51側のキーボード操作を可能にする本体部2と、蓋52の開閉許容する領域を逃げて本体部2の後側部分に設けられ、凹所5内に受け入れられたパソコン本体51を凹所5内より抜け出ないように保持しておくための解除可能な後部保持手段3と、本体部2の前側部分に設けられて凹所5内に受け入れられたパソコン本体51を凹所5内より抜け出ないように保持しておくための解除可能な前部保持手段4とを有している。

目的

本発明は、上記問題点に鑑みてなされたものであり、その目的は軽量かつコンパクトで、安価に実現できるとともに、パソコンの取り扱いも簡単になるノート型パソコン用キャリングケースを提供することにある。さらに、他の目的は、以下に説明する内容の中で順次明らかにして行く。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

蓋が内面ディスプレイを有し、パソコン本体に対し前記ディスプレを覆った閉位置とディスプレイを露出させる起立位置とにヒンジ部を介して切り換え可能に連結されたノート型パソコンに使用されるものであって、前記ノート型パソコンを上方より受け入れ可能な凹所と、前側部分に設けられた把手部と、前記パソコン本体の側面に通じる開口とを有して、前記蓋を起立位置に切り換えると前記凹所内に収納したまま前記パソコン本体側のキーボード操作を可能にする本体部と、前記蓋の位置切り換えを許容する領域を逃げて前記本体部の後側部分に設けられ、前記凹所内に受け入れられた前記パソコン本体を前記凹所内より抜け出ないように保持しておくための解除可能な後部保持手段と、前記本体部の前側部分に設けられ、前記凹所内に受け入れられた前記パソコン本体を前記凹所内より抜け出ないように保持しておくための解除可能な前部保持手段と、を備えたことを特徴とするノート型パソコン用キャリングケース

請求項2

前記把手部にパームレスト機能を持たせた請求項1に記載のノート型パソコン用キャリングケース。

技術分野

0001

本発明は、ノート型パソコン(「パーソナルコンピュータ」の略)の携帯性等を向上させるためのキャリングケースに関するものである。

背景技術

0002

今日、ラップトップ型のパソコンに代えて、持ち運びに便利なノート型パソコンが普及している。また、このノート型パソコンを持ち運ぶための手段としてキャリングバッグ等も数多く開発されており、ハードケース内に格納させて目的の場所まで持ち運び、その場所でケースより出して使用するタイプのものや、ケースより出さずに蓋を開けたままで使用するタイプのもの等がある。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、ノート型パソコンをハードケース内に格納させて目的の場所まで持ち運び、その場所でケースより出して使用するタイプのものでは、ノート型パソコンをケースにその都度出し入れしなければならないので面倒であり、また構造が複雑化して高価になるとともに大型化すると言う問題点があった。一方、ケースより出さずに蓋を開けたままで使用するタイプのものでは、上記ケースより出し入れするタイプのものと同様に、構造が複雑化して高価になるとともに大型化すると言う問題点があった。

0004

本発明は、上記問題点に鑑みてなされたものであり、その目的は軽量かつコンパクトで、安価に実現できるとともに、パソコンの取り扱いも簡単になるノート型パソコン用キャリングケースを提供することにある。さらに、他の目的は、以下に説明する内容の中で順次明らかにして行く。

課題を解決するための手段

0005

上記目的を達成するため、本発明にあっては、蓋が内面ディスプレイを有し、パソコン本体に対し前記ディスプレを覆った閉位置とディスプレイを露出させる起立位置とにヒンジ部を介して切り換え可能に連結されたノート型パソコンに使用されるものであって、前記ノート型パソコンを上方より受け入れ可能な凹所と、前側部分に設けられた把手部と、前記パソコン本体の側面に通じる開口とを有して、前記蓋を起立位置に切り換えると前記凹所内に収納したまま前記パソコン本体側のキーボード操作を可能にする本体部と、前記蓋の位置切り換えを許容する領域を逃げて前記本体部の後側部分に設けられ、前記凹所内に受け入れられた前記パソコン本体を前記凹所内より抜け出ないように保持しておくための解除可能な後部保持手段と、前記本体部の前側部分に設けられ、前記凹所内に受け入れられた前記パソコン本体を前記凹所内より抜け出ないように保持しておくための解除可能な前部保持手段と、を備えてなる構成としたものである。

0006

この構成によれば、本体部の凹所内にノート型パソコンを収納し、前部と後部における保持手段をそれぞれ保持ロックさせておくことにより、把手部を掴んでキャリングケースと共にノート型パソコンを所定の場所まで持ち運ぶことができる。また、ハーフケースタイプなので、所定の場所まで運んだらキャリングケースにノート型パソコンを取り付けたままの状態で、このノート型パソコンにおけるパソコン本体側のキーボード操作を行うことが可能になる。

0007

以下、本発明の実施例について図面を用いて詳細に説明する。図1乃至図7は本発明に係るノート型パソコン用キャリングケースの一実施例を示すもので、図1はその斜視図、図2はその上面図、図3はその右側面図、図4はその一部を破断して示す左側面図、図5はその底面図、図6はその正面図、図7はその背面図である。

0008

図1乃至図7において、符号50はノート型パソコンを示しており、このノート型パソコン50は図10及び図11単体で示しているように、パソコン本体51と、このパソコン本体51上に図示せぬヒンジ部60を介して回動可能に取り付けられた蓋52等で構成されている。

0009

さらに詳述すると、パソコン本体51は、上面に複数のキー等が配列されたキーホード操作面を有し、側面にはフロッピーディスクを差し込み、プログラムやデータの書き込み、読み取りを行うためのフロッピーディスクドライブ53(以下、「FDD53」と言う)や、電源オフにしないで、電源をオンにした直後の状態(初期状態)に戻すためのリセットスイッチ54等が配設されている。なお、図示はしないが、パソコン本体51の背面側には、DCコネクタや、プリンタコネクタ、リセットスイッチ、パワースイッチPCカード赤外線ポートマウス用コネクタ、テンキーボード用コネクタ、CRTコネクタ、RS−232Cコネクタ、拡張バスヘッドホン端子バックアップメモリスイッチ等が設けられており、また正面側にはサムボール等が設けられている。

0010

一方、蓋52は、内面に液晶ディスプレイが取り付けられているとともに、キーボード操作面を覆った閉位置と露出させる起立位置とに切り換え可能になっている。なお、図10及び図11中に実線で示す蓋52は閉位置に配置されている状態で示し、図10中に一点鎖線で示す蓋52は起立位置に配置されている状態を示している。そして、このノート型パソコン50では、パソコン本体51の途中の部分にヒンジ部60を設け、蓋52の後側には、この蓋52と重なっていない部分56が設けられている。

0011

次に、キャリングケース1に付いて説明すると、このキャリングケース1は、大きくは本体部2と後部保持手段3と前部保持手段4等で、ハーフタイプのケースとして構成されている。このうち、本体部2は、底面2a,左右の側面2b,2c,前面2dとを有し、かつ上面と背面とが開口された略偏平六面体をしたケースとしてアルミダイキャスト樹脂成形等によって形成されており、内側の凹所5内にはノート型パソコン50を落とし込ませて、略密着配置させることができる構造になっている。また、底面2aには、升目状にして形成されているリブ6が設けられ、このリブ6で底面2aとノート型パソコン50の底面とが面密着するのを防止している。右側の側面2bには図示せぬフロッピーディスクをFDD53に出し入れするための開口7が設けられているともに、リセットスイッチ54を外部から操作するための開口8が設けられている。加えて、左右の各側面2b,2cの外側で、かつ本体部2の後部には、上下方向に細長く延びる線状をしたストッパー12(図3図4図8参照)が各々形成されている。さらに、前面2dには、ノート型パソコン50のサムボールを操作するための切欠部9が形成されている。

0012

加えて、前面2dの外面には、切欠部9を挟んだ両側より閉ループ状に延ばされた把手部10が一体に形成されている。なお、この把手部10は、手で握って持ち運ぶ場合の把手としての機能と、ノート型パソコン50を操作するときに、手を乗せておくためのパームレストとしての機能も備えている。また、前面2dにおいて、把手部10を挟んだ左右両側には、左右方向に延びる状態にして長孔13が各々形成されている。この長孔13の内面には、図9に示しているように、小突起14が設けられ、この小突起14で長孔13の幅の一部を小さくした状態になっている。さらに、長孔13の外側で、小突起14と隣接している位置には、小突起14が形成されている部分を外側に弾性変形し易くするための小さい長孔15が形成されている。

0013

後部保持手段3はアルミダイキャストや樹脂成形等によって袋状に形成されていて、本体部2の後部に、この本体部2の背面の全体と上面の一部を覆って被せる状態にして取り付けられる。また、後部保持手段3の、本体部2側における各ストッパー12と対応している内面には、それぞれ上下方向に細長く延びる線状をしたストッパー16が各々形成されているとともに、後面側にはDCコネクタと対応して開口21が形成されている。そして、この後部保持手段3は、この内部に本体部2の後部を差し込む状態にして取り付けられる。この取り付けられるときには、途中でストッパー12とストッパー16とが当接されるが、さらに強く押し込むとストッパー12とストッパー16とが互いに逃げて乗り越へ、その後は後部保持手段3が本体部2の段差部17に当接されるまで前方(図1,3,4中の矢印J方向)へ移動できるとともに、後方にはストッパー12とストッパー16とが互いに当接されるまで移動できる状態になる。ここで、図1乃至図4に実線で示す後部保持手段3はその最も前方に移動された状態、すなわちロック位置に配置された状態で示しており、一点鎖線で示す後部保持手段3は最も後方(図1,3,4の矢印I方向)に移動された状態、すなわちアンロック位置に配置された状態で示している。

0014

前部保持手段4は、本体部2の長孔13に各々対応して、把手部10の左右両側にそれぞれ設けられているブラケット18を有している。このブラケット18は、枢軸19を介して前面2dに回動可能に取り付けられている第1の部分18aと、この第1の部分18aの先端から略直角に折り曲げられた第2の部分18bとを有して略L字状に形成されている。また、第2の部分18bの内側にはゴム等でなるクッション材20が取り付けられている。なお、枢軸19は、長孔13の幅W(図9参照)に略等しい外径を有して形成されており、貫通した他端側にはEリング21(図5参照)が取り付けられて抜け止めされ、この長孔13内で回動並びに長手方向(図1中の矢印E−F方向)にスライド可能になっている。また、枢軸19を長孔13内で把手部10側(図1中の矢印E方向)に移動させると、その端部近傍で小突起部14と当接するが、さらに強く押して移動させると、クリック動作を伴って小突起部14を乗り越え、端部まで移動させることができる。ここで、また第1の部分18aが垂直に立てられた状態で移動された場合では、第2の部分18bが底面2aの上方で水平方向に向き、後述するようにしてキャリングケース1に装着されたノート型パソコン50をロック状態に保持しておくことができる構造になっている。

0015

次に、このキャリングケース1の使用方法について説明する。先ず、キャリングケース1にノート型パソコン50をセットする場合は、後部保持手段3をストッパー12とストッパー16とが当接される状態となるまで後ろ側に移動させる。すなわち、上記アンロック位置に配置させ、凹所5の上部開口を大きく確保する。これと同時に、前部保持手段4のブラケット18を、第2の部分18bが側面2b,2cに沿った状態となるまで回転させ、さらにその位置で図1中の矢印E方向に移動させ、クッション材20を介して第2の部分18bが側面2b,2cに当接された状態にしておく。そして、この状態でノート型パソコン50を後部側より進入させ、さらに全体を凹所5内に落とし込ませる。次いで、後部保持手段3を上記ロック位置に移動させると、蓋52の開閉を許容する領域を逃げたパソコン本体51の後部が、後部保持手段3により覆われて抜け止めされる。よって、この状態では、ノート型パソコン50の蓋52は自由に開閉することができる。したがって、蓋52を開放させると、キーボード操作面が露出され、このキーボード操作面を操作し、このときの操作状況を蓋52の内面に設けられている液晶ディスプレイに表示させることができる。また、このようにして凹所5内にパソコン本体50がセットされた状態では、FDD53が開口7に対応するともに、リセットスイッチ54が開口8に、サムボールが切欠部9に、DCコネクタが後部保持手段3の開口21にそれぞれ対応した状態となり、各開口を使用してフロッピーの出し入れ、リセット操作、電源の供給等を行うことができる。

0016

次に、ノート型パソコン50を持ち運ぶ必要が生じた場合は、ノート型パソコン50の蓋52を閉じた後、各ブラケット18を図1中の矢印F方向に移動させ、図1中の矢印G方向に約90度回転せる。次いで、枢軸19が小突起14を越えるまで、各ブラケット18を図1中の矢印E方向にスライドさせる。すると、第2の部分18bが蓋52の外側から当接された状態になり、これによって前部側も保持ロックされた状態になり、ノート型パソコン50は、後部側が後部保持手段3により保持されるとともに、前部側が前部保持手段4により保持される。そして、この状態で把手部10を掴んで運ぶと、このキャリングケース1からノート型パソコン50を落とさずに安全に持ち運ぶことができる。また、他の物にぶつけたような場合でも、直接はキャリングケース1がぶつかるので衝撃が緩和され、ノート型パソコン50を保護することができる。なお、今回、図示はしていないが、キャリングケース1の後部に開口部を追加することにより、プリンタ出力端子、RS−232C、PCカード等に対応可能になることは言うまでもない。

0017

また、所定の位置まで運んで、再び使用する場合には、キャリングケース1を水平に置き、各ブラケット18を図1中の矢印F方向にスライドさせる。次いで、図1中の矢印H方向に約90度回転させた後、図1中の矢印E方向に枢軸19が小突起14を越えるまで移動させる。すると、第2の部分18bが側面2b,2cの外側に当接された状態になり、この位置に各ブラケット18を保持しておくことができる。そして、この状態では、蓋52を再び自由に開けて簡単に使用することができる。また、キャリングケース1からさらにノート型パソコン50を外す場合には、後部保持手段3をアンロック位置に配置させて凹所5の開口を大きく確保すると簡単に取り外すことができる。

0018

なお、ノート型パソコン50は、上記構造のパソコンに限ることなく、本体部2の凹所5内に収納させて、後部保持手段3と前部保持手段4で保持できる構造のものであれば、これ以外の構造であっても差し支えないものである。

発明の効果

0019

以上説明したとおり、本発明に係るノート型パソコン用キャリングケースによれば、本体部の凹所内にノート型パソコンを収納するハーフタイプのノート型パソコン用キャリングケースなので、構造が簡単、しかも軽量かつコンパクトで安価に提供できる。また、キャリングケースにノート型パソコンを取り付けたままの状態で、パソコン本体側のキーボード操作を行うことができるので、パソコンの取り扱いも簡単になる。

図面の簡単な説明

0020

図1本発明に係るノート型パソコン用キャリングケースの斜視図である。
図2本実施例ケースの上面図である。
図3本実施例ケースの右側面図である。
図4本実施例ケースの一部を破断して示す左側面図である。
図5本実施例ケースの底面図である。
図6本実施例ケースの正面図である。
図7本実施例ケースの背面図である。
図8図3のA−A線拡大断面図である。
図9本実施例ケースの要部拡大図である。
図10ノート型パソコンの一例を示す側面図である。
図11ノート型パソコンの一例を示す上面図である。

--

0021

1キャリングケース
2 本体部
3 後部保持手段
4 前部保持手段
5凹所
7 開口
8 開口
10把手部
50ノート型パソコン
51パソコン本体
52 蓋

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 前野航輝の「 防災頭巾兼用ランドセルカバー」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】ランドセルカバーとして既存のランドセルに対してその機能を阻害することなく取付けでき、また、防災頭巾として頭部の周囲を広範囲で保護できること。【解決手段】防災頭巾兼用ランドセルカバー1は、緩衝性... 詳細

  • 株式会社カミオジャパンの「 筆箱」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】 本発明は、表示画面を横方向又は横方向の成分を含む斜め上方に向けた姿勢で携帯端末を配置することのできる筆箱を提供する。【解決手段】 本発明に係る筆箱は、筆記具を収容可能な収容空間及び該収容... 詳細

  • 株式会社吉野工業所の「 レフィル容器」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 内容器をシンプルな構造とするとともに、内容器が容器本体から脱落しないように固定可能なレフィル容器を提供すること。【解決手段】 内容物を収納する内容器Aと、口筒部kから内容器Aを格納する容... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ