図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(1996年10月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

取引端末付きのビジネスシステムを提供する。

解決手段

本発明は取引端末、例えば、現金自動預払機ATM)とインターフェース装置を有するビジネスシステムを開示する。オペレータはこれを用いてATMの保守または操作に伴って減った消耗品の補充を行う。インターフェース装置はATMから分離されており、インターフェース装置とATMとの間に双方向通信は無接触の方式で行われる。好ましくは、通信ラジオ周波数の方法を用いて実現される。インターフェース装置はオペレータにシーケンス指令を提供し、ATMからの確認信号が受信するまで次のシーケンス上の指令を指示しないように構築される。ATMは、前の指令がオペレータにより実行されたATM内センサーから確認信号を提供する。

概要

背景

日常では、顧客は取引端末から提供された機能を利用するが、オペレータ絶えず機械修理または保守を行い、またキャッシュまたはロール用紙インクリボンなどの他の消耗品の補充を行わなければならない。周知のように、取引端末にはオペレータインターフェース装置が必要であり、これにより、オペレータが端末の「健康状態」をチェックでき、端末に必要な処理を決める。

ATMによく使われているオペレータインターフェース装置は英数字ディスプレイキーパッド装備したオペレータパネルである。このオペレータパネルはATMの一部であり、ATMの框体内に配置される。それ故に、このようなオペレータパネルを使用するときには、例えば、ATMの診断ステム起動するようなわずかな操作でも、オペレータがATMの内部にアクセスする必要があり、ATMのサービスを停止しなければならない。さらにこのようのオペレータパネルの欠点として、ATMの寿命の間の大半は使用されず、かつATMの製造コストを顕著に増加させることが挙げられる。

概要

取引端末付きのビジネスシステムを提供する。

本発明は取引端末、例えば、現金自動預払機(ATM)とインターフェース装置を有するビジネスシステムを開示する。オペレータはこれを用いてATMの保守または操作に伴って減った消耗品の補充を行う。インターフェース装置はATMから分離されており、インターフェース装置とATMとの間に双方向通信は無接触の方式で行われる。好ましくは、通信ラジオ周波数の方法を用いて実現される。インターフェース装置はオペレータにシーケンス指令を提供し、ATMからの確認信号が受信するまで次のシーケンス上の指令を指示しないように構築される。ATMは、前の指令がオペレータにより実行されたATM内センサーから確認信号を提供する。

目的

従って、本発明の目的は、前述した欠点の幾つかを解決する方法を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

取引端末(10)と、オペレータインターフェース装置(12)とを有し、前記インターフェース装置(12)は取引端末(10)と分離しており、インターフェース装置(12)と端末(10)との間に双方向通信が無接触の方式で行われることを特徴とするビジネスシステム

技術分野

0001

本発明は取引端末付きのビジネスシステムに関する。特に、複数の現金自動預払機ATM:Automated teller machine)を含むビジネスシステムの応用に関する。

背景技術

0002

日常では、顧客は取引端末から提供された機能を利用するが、オペレータ絶えず機械修理または保守を行い、またキャッシュまたはロール用紙インクリボンなどの他の消耗品の補充を行わなければならない。周知のように、取引端末にはオペレータインターフェース装置が必要であり、これにより、オペレータが端末の「健康状態」をチェックでき、端末に必要な処理を決める。

0003

ATMによく使われているオペレータインターフェース装置は英数字ディスプレイキーパッド装備したオペレータパネルである。このオペレータパネルはATMの一部であり、ATMの框体内に配置される。それ故に、このようなオペレータパネルを使用するときには、例えば、ATMの診断ステム起動するようなわずかな操作でも、オペレータがATMの内部にアクセスする必要があり、ATMのサービスを停止しなければならない。さらにこのようのオペレータパネルの欠点として、ATMの寿命の間の大半は使用されず、かつATMの製造コストを顕著に増加させることが挙げられる。

発明が解決しようとする課題

0004

従って、本発明の目的は、前述した欠点の幾つかを解決する方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0005

前記課題を解決するために、本発明は取引端末とオペレータ用インターフェース装置を有するビジネスシステムを提供する。前記インターフェース装置はこの取引端末から分離されており、このインターフェースと端末間の双方向通信により、無接触の方法で取引端末を管理する。

0006

好ましくは、このインターフェース装置はグラフィックディスプレイを有し、端末操作指令シーケンスによって指令をオペレータに提供し、この指令はインターフェース装置の異なるオペレータに対して異なってもよい。これにより、情報及び指令はオペレータにとってわかりやすい方法で提供される。インターフェース装置がATMに対する必要な操作及び保守の情報をオペレータに提供することができるため、オペレータ操作マニュアルが不必要となる。また、例えば、ATMの補充などのシーケンス情報は、補充作業の間にインターフェース装置により表示される。このため、オペレータにはインターフェース装置を使用する前の訓練が最小かまたは不要となる。

発明を実施するための最良の形態

0007

図1はATM10の形で示した複数の端末と、ノート型パソコンの形をとるオペレータインターフェース装置12とを含むビジネスシステムを示す。図2、3、4に示すように、オペレータインターフェース装置12は386SLの中央処理装置13と、フル640x480のVGAビデオグラフィックスアレイ:Video Graphics Array)スクリーン16と、ペン入力装置14とを含む。オペレータインターフェース装置12の操作については以下で詳述する。

0008

インターフェース装置12は各ATM10から分離されており、インターフェース装置12とATM10との間に双方向通信が無接触方式で実現される。特に、ラジオ周波数(RF)通信方法はインターフェース装置12とATM10間の通信に使用される。この通信を実現するために、図2に示すように、インターフェース装置にはトランシーバー21を有し、各ATM10にはトランシーバー19を有する。インターフェース装置12は工業用、科学用及び医療用RF通信規定の1つまたは複数の周波数バンドを利用して伝送を行う。そのため、インターフェース装置12とATM10の双方向通信を行うために、インターフェース装置12をATM10の直線の視線に置く必要はない。

0009

インターフェース装置12と各ATM10はそれぞれモデム23と17を具備し、ATM10とインターフェース装置12間のRF伝送のデータ信号変調し、受信したデータ信号を復調する。インターフェース装置12では、モデムとして組み込まれるPCMCIA(Personal Comuter Memory Card International Association)集積回路カードを使用することができる。インターフェース装置12はインターフェース装置12の使用前にPCMCIA取り付け用スロット(図示せず)を有する。このPCMCIAカードがスロットに挿入されると、トランシーバー21と中央処理装置13との間の接続が実現される。別法として、PCMCIAカードは同一のパッケージ内にモデムとトランシーバーとの両方を有することも可能である。

0010

本発明の実施形態においては、ATM10に処理要求を必要とする時に、ATM10がインターフェース装置12に信号を伝送する。すなわち、ATM10に処理要求がない時に、ATM10の状態は「健康状態」にあることを示す。それ故に、インターフェース装置12はATM10の遠隔地で、システム内の各ATM10から健康状態の情報を得ることができる。オペレータは健康状態の情報を得るための健康状態のATM10に対して信号を送って問い合わせる必要がなく、またATM10の内部を操作する必要がなくなるため、ATM10の平均停止時間を減少させる。

0011

ATM10により生成された健康状態の信号には、問題が発生するかまたは危険な状態になる前の注意(warning)信号を含む。例えば、ATM10の使用により消耗されたレシート印刷用紙が少なくなるときに、健康状態信号が生成される。ATM10内のレシート用紙の量はレシート用紙センサー34により監視される(図2)。このようにして、各ATM10に対する補充は、ATM10を利用する顧客とオペレータの双方の不便を最小限とするためにオペレータにより計画される。

0012

オペレータによるインターフェース装置12への操作は周知の方法により行われる。テキストはペン入力装置14の使用できるスクリーン16にユーザが直接書き込みすることによる特別の承認技術を用いて、インターフェース装置12に入力される(図3と4を参照)。インターフェース装置12のスクリーン16はグラフィックディスプレイ16を具備し、これはオペレータに端末情報または操作指令のシーケンスを提供して、例えば、図5に示すプロセスによってATMを補充するような保守作業を行う。

0013

ATM10のオペレータが変わることがあるため、インターフェース装置12は異なるオペレータに対して異なるレベルの操作指令を提供する。例えば、ATM10の補充に携わる銀行またはビル保安従業員に対しては、ただ補充の作業のみに関する指示を提供すればよいが、サービス技師に対しては診断の起動や問題の解決プロセスなどを含む異なるレベルの指示を提供するべきである。この指示レベルの変更は、前述した特別の承認技術を用いることにより、オペレータにより入力したコードにより行われる。また、認証カードが操作の前に装置に挿入されるか、または他の適切なセキュリティ手段が利用される。

0014

インターフェース装置は多くの異なる目的にオペレータにより使用される。この利用には、ATM10の動作中に消耗品の補充や、ATM10の不調の調整や、端末の健康状態データの取得などを含む。各ATM10は取引の明細を示す印刷されたレシートを、ATM10からキャッシュを引き出しする顧客に提供することができる。このレシートはATM10内のプリンタによりレシート用紙に印刷される。このレシート用紙はATM10内にロール状に蓄えられる。そのため、ATM10の正常動作の間には、キャッシュ、レシート用紙及びインクなどはATM10により消耗され、周期的にそれを補充する必要がある。また、同時にキャッシュはATM10のキャッシュ輸送パス詰まることもある。明らかに、このつまりが除去されないと、ATM10が正常に動作しない。

0015

各ATM10の動作及び状態または健康状態はATM10内にある複数のセンサー22−44(図2)により観察される。これらのセンサー22−44はATM10の健康状態の情報を提供し、ATM10の保守を簡便化する。例えば、ATM10内の消耗品の補充が適宜に行われ、ATMの不調の調整が迅速に行われる。センサー22−44はATM10の中央処理装置45に情報信号を提供する。この中央処理装置45により適切な情報信号をモデム17とトランシーバー19を介してインターフェース装置12に伝送する。

0016

インターフェース装置12は、オペレータに対する現在の指令を出した後、次の指令をオペレータに出す前に、現在の指令がオペレータによって処理されたかをATM10からの信号により確認する。ATM10は、インターフェース装置12に確認信号を伝送する前に、オペレータが指示通りに処理を終了させたかをテストする。

0017

図5はインターフェース装置12の機能を示す。シーケンスの補充指令をオペレータに出して、ATM10からの確認を待ち続ける。次の指令を出す前に、この指令の処理を終了しなければならない。もちろん、このチェックは、次の指令が表示される前に、補充プロセスが完全に完了したかに対して、インターフェース装置12によって行われる。オペレータは、ATM10により、補充プロセス及び不調の調整プロセスに従ってインターフェース装置12から出された要求指令に指示される。ATM10はインターフェース装置12に信号を伝送して、インターフェース装置12はオーディオ信号活用して、装置ディスプレイ16にメッセージを表示して、ATMに注意が必要であることを指示する。赤と緑の発光ダイオードLED)の形をとる指示器18(図3、4)も同様にATMの状態がよいかどうかを指示する。

0018

図5に示すように、特別の補充プロセスはレシート用紙の補充について示している。補充プロセスは開始ブロック46からスタートして、第1ステップはどのATM10が補充を必要とするかを判別する(ブロック48)。これは、図4に示すように、オペレータがビジネスシステムのグラフィック表示を装置ディスプレイに呼び出し、補充を必要とするATM10が陰影表示ハイライトされるよう実現される。次のステップ(ブロック50)では、オペレータがどの消耗品が補充されるべきかという情報に加えて、いかにその消耗品を補充するのかという指示を要求する。そして、インターフェース装置12は第1指令(ブロック52)を表示し、ここでの指令は、ATM10の内部に対する操作を可能とするためにドアを開くことである。オペレータはこの指令を実行し(ブロック54)、ATM10内のドア位置センサー22(図2)はこの指令が実行されたか否かを検知する(ブロック56)。もし、センサー22がドアの開かれたことを検知しなければ、確認信号はインターフェース装置12に送られず、シーケンス上の次の指令の代わりに、第1指令がインターフェース装置12により再び指示される。

0019

第1指令が正しく実行されたら、インターフェース装置12は補充プロセスを完了したかをチェックする(ブロック58)。この段階でプロセスが完了したため、ユーザが次の指令を要求する(ブロック60)。ブロック60は、なくなったレシートロールを新しいレシートロールと交換するためにハウジング内のレシートプリンタを引き出すことである。この指令は装置ディスプレイ16に表示される(ブロック52)。同様に、インターフェース装置12はATM10からの確認を待ち続ける。この指令はオペレータによって実行され(ブロック56)、ユーザが次の指令を要求する(ブロック60)前に、補充プロセスが完了したかをチェックする(ブロック58)。オペレータがレシートプリンタをハウジングから引き出したとのATM10からの確認はレシートプリンタ位置センサー32(図2)により適切な信号で提供される。そして、インターフェース装置12は残りの指令をオペレータに伝える。残りの指令は、ATM10内のレシートプリンタの使用位置にプリンタを戻して(センサー32からの適切な信号により確認される)、ATM10のドアを閉じる(センサー22からの適切な信号により確認される)ことである。これらのステップが実行されて、且つATM10により確認されると、補充プロセスは完了し(ブロック58)、インターフェース装置12はオペレータにシーケンス指令の完了を知らせる(ブロック62)。そして、ATM10は動作する。

0020

図6は類似のプロセスを示し、ATM10の不調が判明、調整されることに関する。例えば、本発明によるATM10は、キャッシュ札のつまりにより不調となる。ここで、図6を参照しながら、キャッシュ札つまりによる不調を調整するプロセスについて述べる。この場合には、開始ブロック66からスタートする。オペレータはビジネスシステムのグラフィック表示を装置スクリーン16に呼び出して不調のATM10を判明する(ブロック68)。このグラフィック表示は図4に示したものと同様で、注意を必要とするATM10は陰影表示でハイライトされる。そして、オペレータはブロック70を実行し、不調調整に関する指令を要求する。インターフェース装置12はシーケンスプロセスの第1指令を表示し(ブロック72)、ATM10のドア(内部へ)を開くよう指示する。オペレータはこの指令を実行して(ブロック74)、ATM10内のセンサー22(図2)はドアの開いたことを検知する。そして、ATM10は装置に第1指令の実行が完了された確認信号を送り(ブロック76)、インターフェース装置12は不調が解決されたかをチェックする(ブロック78)。この段階では、不調が解決されないので、次の指令はオペレータにより要求される(ブロック80)。ATM10にはキャッシュ札位置センサー28(図2)があるため、スクリーン16に表示される次の指令は、キャッシュ札の詰まり位置の情報とともに、詰まったキャッシュ札を除去する指令をオペレータに指示する。オペレータがこの指令を完了し、ATM10がセンサー28からの適切な信号により確認したとすると、ATM10のドアを閉じるとの次の指令がオペレータに伝えられる。そして、この指令はオペレータにより実行され、ATM10はドアの閉じたことを確認し、不調が調整され(ブロック78)、不調のシーケンスは終了する(ブロック82)。そしてATM10が再び正常に動作する。なお、図5について述べたプロセスの場合と同様に、関連のATM10は、オペレータに指示した指令が実行されたことを確認できない(ブロック76、図6)場合、同様の指令は、オペレータにより正しく実行されるまで、繰り返して表示される(ブロック72、図6)。

0021

図7に示すように、インターフェース装置12は、ビジネスシステムの各ATM10の健康状態の情報を得るために用いられる。図2に示したように、ビジネスシステムの各ATM10には複数の異なるセンサー22−44を含み、それらはATM10の動作状態を監視する。これらのセンサー22−44はドア位置センサー22と、収納箱センサー24と、モニタセンサー26と、キャッシュ位置センサー28と、レシートプリンタ位置センサー32と、レシート用紙補充センサー34と、温度センサー36と、カード読み取りセンサー40と、カセット存在センサー42と、カセット補充センサー44とを含む。ドア位置センサー22については前述したが、収納箱センサー24は、問題となるキャッシュ札が収納箱(図示せず)に入れたATM10の番号及び、不正に取り出し操作が行われたATM10の番号を検知する。また、モニタセンサー26はATM10内をキャッシュ札を伝送する輸送手段を駆動するモータの速度を監視する。キャッシュ位置センサー28と、レシートプリンタ位置センサー32と、レシート用紙補充センサー34については前に述べた。温度センサー36はATM10内の環境温度を監視する。カード読み取りセンサー40はカード読み取り器使用回数カウントして、所定の使用回数になったらカード読み取り器が交換される。カセット存在センサー42はキャッシュ札の供給を保持するキャッシュカセットの存在を検知するが、カセット補充センサー44は各カセット内のキャッシュの量が少なくなることを検知し、カセットの交換が必要となることを指示する。ATM10内のこれらのセンサー22−44と他のセンサーからのすべてのデータはATM10上のトランシーバー19を介してインターフェース装置12に提供される。

0022

図7に示すように、ATMの健康状態情報はオペレータにより要求される。オペレータは健康状態の要求されるATM10をまず指定する(ブロック88)。オペレータは、ATM10に問題がなく、すなわち、インターフェース装置12に対して特定のATM10が注意を要求していなくても、随時に健康状態の情報を得ることができる。データを必要とすると(ブロック90)と、オペレータはATM10によりインターフェース装置12に伝送されるデータを要求して(ブロック92)、それをオペレータに指示する(ブロック94)。このプロセスは引き続きのデータが要求される限り続けられる(ブロック90)。オペレータはATM10からの情報を要求しなければ、対話が終了され(ブロック96)、オペレータはデータ抽出プロセスを終了する(ブロック98)。

発明の効果

0023

以上述べたように、本発明の対話式指示プロセスは補充または不調の調整プロセスにおいて、処理が安全に行われ、経験のないスタッフでも予知できないミスを起こさないことを保証するのに特に重要である。それ故に、インターフェース装置12により提供されるグラフィックスクリーン16と対話式指示プロセスは直観的な装置により提供され、従来のインターフェース装置よりもオペレータにとって操作しやすい。

図面の簡単な説明

0024

図1本発明によるビジネスシステムを表す図。
図2図1のビジネスシステムの一部とするATMのインターフェース装置とセンサーとRF通信システムとのブロック図。
図3図2のインターフェースを表す図。
図4装置のディスプレイに図1のビジネスシステムを示している図3のインターフェース装置を表す図。
図5図1のビジネスシステムにある端末に補充するために、オペレータの操作プロセスフローチャートを表す図。
図6図1のビジネスシステムにある端末の不調を調整するために、オペレータの操作プロセスのフローチャートを表す図。
図7端末の健康状態情報を得るのに必要な操作プロセスのフローチャートを表す図。

--

0025

10ATM
12オペレータインターフェース装置
13中央処理装置(CPU)
14ペン入力装置
16スクリーン
17、23モデム
18指示器
19、21トランシーバー
22−24センサー
22 ATMドア位置センサー
24収納箱センサー
26モニタセンサー
28キャッシュ位置センサー
32レシートプリンタ位置センサー
34レシート用紙補充センサー
36温度センサー
40カード読み取りセンサー
42カセット存在センサー
44 カセット補充センサー
45 中央処理装置(CPU)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ