図面 (/)

技術 遠隔制御システムおよび遠隔制御方法

出願人 キヤノン株式会社
発明者 浜田徹也
出願日 1996年1月30日 (24年9ヶ月経過) 出願番号 1996-034190
公開日 1996年10月18日 (24年1ヶ月経過) 公開番号 1996-275266
状態 拒絶査定
技術分野 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用)
主要キーワード 制御コマ 無線電波信号 モードセレクタ 各被制御装置 遠隔操作処理 送信ルーチン 文字情報表示 優先順位決定
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年10月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

遠隔操作装置からの信号が混信することを防止し、複数の遠隔操作装置を含めて統括的に被制御装置を操作できる遠隔制御システムおよび遠隔制御方法を提供する。

解決手段

複数の遠隔操作装置101、102、103、画像入力装置104、モニタ部105、記録装置106などの被制御装置、およびコンピュータ107から構成される遠隔制御システムが開示される。かかるシステムにおいてコンピュータ107はIDコードを有する遠隔操作装置の送信を許可する送信許可信号を被制御装置を介して送信する。IDコードが一致した遠隔操作装置は送信許可を受けて制御信号を被制御装置に送信する。コンピュータ107は被制御装置を介して受信した制御信号から制御コマンドを解釈して被制御装置に制御コマンドを送信する。被制御装置は制御コマンドに応じた動作を行なう。したがって、複数の遠隔操作装置が同時に制御信号を送信することは回避され、混信を回避できる。

概要

背景

従来より、この種の遠隔制御システムとしてテレビ会議システムが知られている。図9は従来のテレビ会議システムの構成を示すブロック図である。図において、601、602、603、604は専用の遠隔操作装置である。また、605は画像入力装置、606はモニタ部、607は記録装置VTR)、608は通信ステムであり、これらはパーソナルコンピュータ609によって制御される被制御装置である。ここで、図中実線の矢印はコンピュータ609から各被制御装置に接続された信号線を示し、破線の矢印は遠隔操作装置601、602、603、604から各被制御装置に送信される信号の流れを示す。

このような従来の遠隔制御システムでは、操作者はパーソナルコンピュータ609を使用して画像入力装置605、モニタ部606、VTR607、通信システム608等の被制御装置の電源ON/OFFデータ通信などを統括的に操作できる。また、操作者は専用の遠隔操作装置601、602、603、604を使用することによりパーソナルコンピュータ609の前から離れても遠隔操作有効範囲内であれば被制御装置を制御できる。

概要

遠隔操作装置からの信号が混信することを防止し、複数の遠隔操作装置を含めて統括的に被制御装置を操作できる遠隔制御システムおよび遠隔制御方法を提供する。

複数の遠隔操作装置101、102、103、画像入力装置104、モニタ部105、記録装置106などの被制御装置、およびコンピュータ107から構成される遠隔制御システムが開示される。かかるシステムにおいてコンピュータ107はIDコードを有する遠隔操作装置の送信を許可する送信許可信号を被制御装置を介して送信する。IDコードが一致した遠隔操作装置は送信許可を受けて制御信号を被制御装置に送信する。コンピュータ107は被制御装置を介して受信した制御信号から制御コマンドを解釈して被制御装置に制御コマンドを送信する。被制御装置は制御コマンドに応じた動作を行なう。したがって、複数の遠隔操作装置が同時に制御信号を送信することは回避され、混信を回避できる。

目的

そこで、本発明は上述の問題を全てあるいは個々に解決することを目的とする。

また、本発明は遠隔操作装置からの信号が混信することを防止し、複数の遠隔操作装置を含めて統括的に被制御装置を操作できる遠隔制御システムおよび遠隔制御方法を提供することを他の目的とする。

さらに、本発明は使い勝手を向上させた遠隔制御システムを提供することを他の目的とする。

また、本発明はテレビ会議システムに好適な遠隔制御システムを提供することを更に他の目的とする。

さらに、本発明は複数の参加者によって共通のテレビ会議端末を制御することを更に他の目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
7件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

制御コマンドを送信する複数の遠隔操作装置と、該遠隔操作装置から送信された制御コマンドを受信し、該受信した制御コマンドに従って動作する受信装置とを備えた遠隔制御システムにおいて、前記受信装置は、前記複数の遠隔操作装置から送信される複数の制御コマンドを調停する調停手段を備えたことを特徴とする遠隔制御システム。

請求項2

前記受信装置は、前記制御コマンドに従って物理的に動作する動作手段を備えたことを特徴とする請求項1記載の遠隔制御システム。

請求項3

前記調停手段は、前記制御コマンドを受信してから前記動作手段が物理的に動作するまでの応答遅れ時間を調停することを特徴とする請求項2記載の遠隔制御システム。

請求項4

前記調停手段は、前記応答遅れ時間中、前記制御コマンドを保持することを特徴とする請求項3記載の遠隔制御システム。

請求項5

前記受信装置は、対象画像電気信号に変換する変換手段と、該変換された電気信号を通信する通信手段とを備えたことを特徴とする請求項1記載の遠隔制御システム。

請求項6

前記変換手段は、動画像を表す電気信号に変換することを特徴とする請求項5記載の遠隔制御システム。

請求項7

前記調停手段は、前記複数の制御コマンドの優先順位に従った順序で該制御コマンドに応じた動作を前記受信装置に行わせることを特徴とする請求項1記載の遠隔制御システム。

請求項8

前記調停手段は、前記複数の遠隔操作装置から複数の制御コマンドが同時に送信されないように前記複数の遠隔操作装置を制御する制御手段を備えたことを特徴とする請求項1記載の遠隔制御システム。

請求項9

前記制御手段は、前記複数の遠隔操作装置のそれぞれに前記制御コマンドの送信を許可する信号を出力することを特徴とする請求項8記載の遠隔制御システム。

請求項10

制御コマンドを送信する遠隔操作装置と共に用いられる受信装置において、前記制御コマンドを受信する受信手段と、該受信手段により受信された制御コマンドに従って動作する動作手段と、前記複数の遠隔操作装置から送信される複数のコマンドを調停する調停手段とを備えたことを特徴とする受信装置。

請求項11

前記動作手段は、前記制御コマンドに従って物理的に動作することを特徴とする請求項10記載の受信装置。

請求項12

前記調停手段は、前記制御コマンドを受信してから前記動作手段が物理的に動作するまでの応答遅れ時間を調停することを特徴とする請求項11記載の受信装置。

請求項13

前記調停手段は、前記応答遅れ時間中、前記制御コマンドを保持することを特徴とする請求項12記載の受信装置。

請求項14

対象画像を電気信号に変換する変換手段と、該変換された電気信号を通信する通信手段とを備えたことを特徴とする請求項10記載の受信装置。

請求項15

前記変換手段は、動画像を表す電気信号に変換することを特徴とする請求項14記載の受信装置。

請求項16

前記調停手段は、前記複数の制御コマンドの優先順位に従った順序で該制御コマンドに応じた動作を前記動作手段に行わせることを特徴とする請求項10記載の受信装置。

請求項17

前記調停手段は、前記複数の遠隔操作装置から複数の制御コマンドが同時に送信されないように前記複数の遠隔操作装置を制御する制御手段を備えたことを特徴とする請求項10記載の受信装置。

請求項18

前記制御手段は、前記複数の遠隔操作装置のそれぞれに前記制御コマンドの送信を許可する信号を出力することを特徴とする請求項17記載の受信装置。

請求項19

主制御装置に接続された被制御装置を遠隔操作装置により制御する遠隔制御システムにおいて、前記遠隔操作装置は、前記主制御装置からの送信許可信号を受信する送信許可信号受信手段と、該受信した送信許可信号に応じて制御信号を送信する制御信号送信手段とを備え、前記主制御装置は、前記遠隔操作装置に前記送信許可信号を送信する送信許可信号送信手段と、前記被制御装置の動作状況を管理する動作状況管理手段と、該管理された動作状況および前記制御信号に基づいて、前記被制御装置を制御する制御手段とを備えたことを特徴とする遠隔制御システム。

請求項20

前記被制御装置は、前記遠隔操作装置からの制御信号を受信する制御信号受信手段を備え、前記主制御装置は前記被制御装置を介して前記制御信号を読み取る制御信号読取手段を備えたことを特徴とする請求項19記載の遠隔制御システム。

請求項21

前記遠隔操作装置は、前記送信許可信号を判別する判別手段と、前記制御信号を記憶する制御信号記憶手段と、識別符号を設定する識別符号設定手段と、該設定された識別符号を記憶する識別符号記憶手段と、該記憶された識別符号を前記制御信号に付加する付加手段とを備えたことを特徴とする請求項19記載の遠隔制御システム。

請求項22

前記主制御装置は前記被制御装置の動作状況を表示する表示手段を備えたことを特徴とする請求項19記載の遠隔制御システム。

請求項23

前記主制御装置は、前記制御信号に受信エラーが発生したか否かを判別する判別手段と、該受信エラーの発生を前記遠隔操作装置に報知する報知手段とを備えたことを特徴とする請求項19記載の遠隔制御システム。

請求項24

前記主制御装置は前記被制御装置の動作状況を含む各種の情報を前記遠隔操作装置に送信する情報送信手段を備え、前記遠隔操作装置は、受信した前記情報を可視情報に変換する変換手段と、該変換された可視情報を表示する表示手段とを備えたことを請求項19記載の遠隔制御システム。

請求項25

前記主制御装置は、前記識別符号に基づいて前記遠隔操作装置からの制御信号を受け付けるか否かを判別する識別符号判別手段と、該受け付けた制御信号に応じて前記被制御装置を制御するか否かを、前記識別符号に基づく優先順位にしたがって決定する優先順位決定手段とを備えたことを特徴とする請求項21記載の遠隔制御システム。

請求項26

主制御装置に接続された被制御装置を遠隔操作装置により操作する遠隔制御方法において、前記遠隔操作装置は、前記主制御装置からの送信許可信号を受信し、該受信した送信許可信号に応じて制御信号を送信し、前記主制御装置は、前記遠隔操作装置に前記送信許可信号を送信し、前記被制御装置の動作状況を管理し、該管理された動作状況および前記制御信号に基づいて前記被制御装置を制御することを特徴とする遠隔制御方法。

技術分野

0001

本発明は、遠隔制御システムおよび遠隔制御方法に関する。

背景技術

0002

従来より、この種の遠隔制御システムとしてテレビ会議システムが知られている。図9は従来のテレビ会議システムの構成を示すブロック図である。図において、601、602、603、604は専用の遠隔操作装置である。また、605は画像入力装置、606はモニタ部、607は記録装置VTR)、608は通信ステムであり、これらはパーソナルコンピュータ609によって制御される被制御装置である。ここで、図中実線の矢印はコンピュータ609から各被制御装置に接続された信号線を示し、破線の矢印は遠隔操作装置601、602、603、604から各被制御装置に送信される信号の流れを示す。

0003

このような従来の遠隔制御システムでは、操作者はパーソナルコンピュータ609を使用して画像入力装置605、モニタ部606、VTR607、通信システム608等の被制御装置の電源ON/OFFデータ通信などを統括的に操作できる。また、操作者は専用の遠隔操作装置601、602、603、604を使用することによりパーソナルコンピュータ609の前から離れても遠隔操作有効範囲内であれば被制御装置を制御できる。

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、パーソナルコンピュータ609と遠隔操作装置601、602、603、604を併用した従来のテレビ会議システムでは以下に掲げる問題があり、尚一層の改善が要望されていた。すなわち、遠隔操作装置601、602、603、604がその有効範囲内で複数使用されると、遠隔操作装置601、602、603、604から同時に送信された制御信号混信してしまい操作者の思惑通りの制御ができなくなったり、操作中に別の操作者によって操作が妨害されてしまうといったおそれがあった。

0005

また、遠隔操作装置601、602、603、604を使用して被制御装置を操作すると、パーソナルコンピュータ609で管理していた被制御装置の動作状況が勝手に変化してしまい、パーソナルコンピュータ609から行なう操作と矛盾が生じてしまうおそれがあった。

0006

さらに、遠隔操作装置601、602、603、604を用いて被制御装置を操作する場合、既に操作中などの理由で操作が受け付けられないときには操作者がそのことを認識できなかったため、操作ミスが起こるおそれがあった。

0007

そこで、本発明は上述の問題を全てあるいは個々に解決することを目的とする。

0008

また、本発明は遠隔操作装置からの信号が混信することを防止し、複数の遠隔操作装置を含めて統括的に被制御装置を操作できる遠隔制御システムおよび遠隔制御方法を提供することを他の目的とする。

0009

さらに、本発明は使い勝手を向上させた遠隔制御システムを提供することを他の目的とする。

0010

また、本発明はテレビ会議システムに好適な遠隔制御システムを提供することを更に他の目的とする。

0011

さらに、本発明は複数の参加者によって共通のテレビ会議端末を制御することを更に他の目的とする。

0012

また、本発明の更に他の目的および特徴とする処は以下に続く実施の形態および図面から明らかになるであろう。

課題を解決するための手段

0013

上記目的を達成するために、請求項1に係る遠隔制御システムは、制御コマンドを送信する複数の遠隔操作装置と、該遠隔操作装置から送信された制御コマンドを受信し、該受信した制御コマンドに従って動作する受信装置とを備えた遠隔制御システムにおいて、前記受信装置は、前記複数の遠隔操作装置から送信される複数の制御コマンドを調停する調停手段を備えたことを特徴とする。

0014

請求項2に係る遠隔制御システムでは、請求項1に係る遠隔制御システムにおいて前記受信装置は、前記制御コマンドに従って物理的に動作する動作手段を備えたことを特徴とする。

0015

請求項3に係る遠隔制御システムでは、請求項2に係る遠隔制御システムにおいて前記調停手段は、前記制御コマンドを受信してから前記動作手段が物理的に動作するまでの応答遅れ時間を調停することを特徴とする。

0016

請求項4に係る遠隔制御システムでは、請求項3に係る遠隔制御システムにおいて前記調停手段は、前記応答遅れ時間中、前記制御コマンドを保持することを特徴とする。

0017

請求項5に係る遠隔制御システムでは、請求項1に係る遠隔制御システムにおいて前記受信装置は、対象画像電気信号に変換する変換手段と、該変換された電気信号を通信する通信手段とを備えたことを特徴とする。

0018

請求項6に係る遠隔制御システムでは、請求項5に係る遠隔制御システムにおいて前記変換手段は、動画像を表す電気信号に変換することを特徴とする。

0019

請求項7に係る遠隔制御システムでは、請求項1に係る遠隔制御システムにおいて前記調停手段は、前記複数の制御コマンドの優先順位に従った順序で該制御コマンドに応じた動作を前記受信装置に行わせることを特徴とする。

0020

請求項8に係る遠隔制御システムでは、請求項1に係る遠隔制御システムにおいて前記調停手段は、前記複数の遠隔操作装置から複数の制御コマンドが同時に送信されないように前記複数の遠隔操作装置を制御する制御手段を備えたことを特徴とする。

0021

請求項9に係る遠隔制御システムでは、請求項8に係る遠隔制御システムにおいて前記制御手段は、前記複数の遠隔操作装置のそれぞれに前記制御コマンドの送信を許可する信号を出力することを特徴とする。

0022

請求項10に係る受信装置は、制御コマンドを送信する遠隔操作装置と共に用いられる受信装置において、前記制御コマンドを受信する受信手段と、該受信手段により受信された制御コマンドに従って動作する動作手段と、前記複数の遠隔操作装置から送信される複数のコマンドを調停する調停手段とを備えたことを特徴とする。

0023

請求項11に係る受信装置では、請求項10に係る受信装置において前記動作手段は、前記制御コマンドに従って物理的に動作することを特徴とする。

0024

請求項12に係る受信装置では、請求項11に係る受信装置において前記調停手段は、前記制御コマンドを受信してから前記動作手段が物理的に動作するまでの応答遅れ時間を調停することを特徴とする。

0025

請求項13に係る受信装置では、請求項12に係る受信装置において前記調停手段は、前記応答遅れ時間中、前記制御コマンドを保持することを特徴とする。

0026

請求項14に係る受信装置は、請求項10に係る受信装置において対象画像を電気信号に変換する変換手段と、該変換された電気信号を通信する通信手段とを備えたことを特徴とする。

0027

請求項15に係る受信装置では、請求項14に係る受信装置において前記変換手段は、動画像を表す電気信号に変換することを特徴とする。

0028

請求項16に係る受信装置では、請求項10に係る受信装置において前記調停手段は、前記複数の制御コマンドの優先順位に従った順序で該制御コマンドに応じた動作を前記動作手段に行わせることを特徴とする。

0029

請求項17に係る受信装置では、請求項10に係る受信装置において前記調停手段は、前記複数の遠隔操作装置から複数の制御コマンドが同時に送信されないように前記複数の遠隔操作装置を制御する制御手段を備えたことを特徴とする。

0030

請求項18に係る受信装置では、請求項17に係る受信装置において前記制御手段は、前記複数の遠隔操作装置のそれぞれに前記制御コマンドの送信を許可する信号を出力することを特徴とする。

0031

請求項19に係る遠隔制御システムでは、主制御装置に接続された被制御装置を遠隔操作装置により制御する遠隔制御システムにおいて、前記遠隔操作装置は前記主制御装置からの送信許可信号を受信する送信許可信号受信手段と、該受信した送信許可信号に応じて制御信号を送信する制御信号送信手段とを備え、前記主制御装置は前記遠隔操作装置に前記送信許可信号を送信する送信許可信号送信手段と、前記被制御装置の動作状況を管理する動作状況管理手段と、該管理された動作状況および前記制御信号に基づいて、前記被制御装置を制御する制御手段とを備えたことを特徴とする。

0032

請求項20に係る遠隔制御システムでは、請求項19に係る遠隔制御システムにおいて、前記被制御装置は前記遠隔操作装置からの制御信号を受信する制御信号受信手段を備え、前記主制御装置は前記被制御装置を介して前記制御信号を読み取る制御信号読取手段を備える。

0033

請求項21に係る遠隔制御システムでは、請求項19に係る遠隔制御システムにおいて、前記遠隔操作装置は前記送信許可信号を判別する判別手段と、前記制御信号を記憶する制御信号記憶手段と、識別符号を設定する識別符号設定手段と、該設定された識別符号を記憶する識別符号記憶手段と、該記憶された識別符号を前記制御信号に付加する付加手段とを備える。

0034

請求項22に係る遠隔制御システムでは、請求項19に係る遠隔制御システムにおいて、前記主制御装置は前記被制御装置の動作状況を表示する表示手段を備える。

0035

請求項23に係る遠隔制御システムでは、請求項19に係る遠隔制御システムにおいて、前記主制御装置は前記制御信号に受信エラーが発生したか否かを判別する判別手段と、該受信エラーの発生を前記遠隔操作装置に報知する報知手段とを備える。

0036

請求項24に係る遠隔制御システムでは、請求項19に係る遠隔制御システムにおいて、前記主制御装置は前記被制御装置の動作状況を含む各種の情報を前記遠隔操作装置に送信する情報送信手段を備え、前記遠隔操作装置は受信した前記情報を可視情報に変換する変換手段と、該変換された可視情報を表示する表示手段とを備える。

0037

請求項25に係る遠隔制御システムでは、請求項21に係る遠隔制御システムにおいて、前記主制御装置は前記識別符号に基づいて前記遠隔操作装置からの制御信号を受け付けるか否かを判別する識別符号判別手段と、該受け付けた制御信号に応じて前記被制御装置を制御するか否かを、前記識別符号に基づく優先順位にしたがって決定する優先順位決定手段とを備える。

0038

請求項26に係る遠隔制御方法では、主制御装置に接続された被制御装置を遠隔操作装置により操作する遠隔制御方法において、前記遠隔操作装置は前記主制御装置からの送信許可信号を受信し、該受信した送信許可信号に応じて制御信号を送信し、前記主制御装置は前記遠隔操作装置に前記送信許可信号を送信し、前記被制御装置の動作状況を管理し、該管理された動作状況および前記制御信号に基づいて前記被制御装置を制御する。

発明を実施するための最良の形態

0039

つぎに、本発明の遠隔制御システムおよび遠隔制御方法の実施の形態を図面に基づいて説明する。

0040

[第1の実施の形態]図1は遠隔制御システムの全体構成を概略的に示すブロック図である。図1において、101、102および103は遠隔操作装置である。遠隔操作装置101は操作者などの被写体を撮像する画像入力装置104を操作する。遠隔操作装置102は画像入力装置104で得られた映像を表示するモニタ部105を操作する。遠隔操作装置103は映像情報を記録、再生する記録装置106を操作する。上記画像入力装置104、モニタ部105および記録装置106は遠隔操作装置101、102、103あるいはコンピュータ107によって制御される被制御装置である。コンピュータ107は画像入力装置104、モニタ部105、記録装置106などを管理し、制御の他にデータ処理や通信を行なう。

0041

図2は被制御装置の構成を概略的に示すブロック図である。図2において、202は遠隔操作装置101、102、103からの制御信号を受信する信号受信部、203は制御用マイクロコンピュータ207に内蔵されているメモリ部、204は遠隔制御システム全体を制御しているコンピュータ107と通信を行なうデータ送受信部、205はコンピュータ107から送られてきたコマンドを解釈するコマンド解釈部、206はコマンド解釈部205で解釈されたコマンドを実行する動作部である。207はメモリ部203やコマンド解釈部205を内蔵し、信号受信部202、データ送受信部204、動作部206、信号送信部208などの各部を制御する制御用マイクロコンピュータである。208はコンピュータ107から送られた遠隔操作装置の送信許可信号などを遠隔操作装置101、102、103に送信する信号送信部である。

0042

図3は遠隔操作装置101、102、103の夫々の構成を概略的に示すブロック図である。尚、かかる装置101、102、103は全て同様の構成である。図3において401は遠隔操作装置101、102、103に内蔵されたキーインターフェース、402は遠隔操作装置101、102、103を制御するCPU、403は情報を記憶するメモリ、404は遠隔操作装置101、102、103から制御信号を発信するための信号発信部、405は後述するIDコードの入力時にモードを切り替えモードセレクタであり、使用者によって切り換えられる。あるいは外部からの指示によって切り換えられる。

0043

406は被制御装置から発信されたコンピュータ107による送信許可信号などを受信する信号受信部である。遠隔操作装置101、102、103はIDコードを制御信号に付加して信号発信部404から制御信号を送信する。信号発信部404から送信される制御信号は赤外線信号である。

0044

上記構成を有する遠隔制御システムにおいて、操作者はコンピュータ107を使用して図1に示すモニタ部105を見ながら希望の画像になるように、画像入力装置104(例えば、カメラ)の方向やズーム位置を制御する。モニタ部105の画像表示と同時に画像情報を記録しておきたい場合には記録装置106を操作して記録する。このとき、コンピュータ107から送信された制御コマンドは被制御装置のデータ送受信部204を経てコマンド解釈部205に入力される。マイクロコンピュータ207内蔵のコマンド解釈部205によって制御コマンドが解釈され、動作部206において解釈された制御コマンドを実行する。動作部206の動作後、マイクロコンピュータ207はデータ送受信部204を介してコンピュータ107に返り値を返す。

0045

また、操作者は遠隔操作装置を複数台使用する場合にそれぞれの遠隔操作装置101、102、103に夫々互いに異なるIDコードを設定する。IDコードを設定するためには、手動でモードセレクタ405をIDコード入力モードに切り換えた後に手動でキーインターフェース401を介してIDコードを入力する。入力されたIDコードがメモリ403に記憶されると、IDコード入力モードは解除される。CPU402が制御信号を送信するときにメモリ403に記憶されたIDコードは読み出される。CPU402は読み出したIDコードを制御信号に付加して信号発信部404から被制御装置に向けて送信する。

0046

以上示した構成を有する遠隔操作システムの動作について説明する。

0047

図4はコンピュータ107が実行する送信許可信号の発信ルーチンを示すフローチャートである。コンピュータ107は遠隔操作装置101、102、103が同時に制御信号を送信することを防止するために、設定可能な任意の間隔で特定のIDコードを有する遠隔操作装置にのみ送信を許可する送信許可信号を信号送信部208から送信し続ける(ステップS301)。この間に該当するIDコードを有する遠隔操作装置から制御信号が送信されたか否かを判別する(ステップS302)。

0048

遠隔操作装置が制御信号を送信していないときは、遠隔操作装置からの制御信号の受信を所定時間待機し(ステップS303)、所定時間待機しても制御信号を受信しないときは本ルーチンを終了する。この場合、別のIDコードを有する遠隔操作装置に制御信号の送信を許可するために同様の処理の流れを実行するため図4のフローチャートに示される処理を繰り返す。尚、操作者は待機する所定時間を任意に設定できる。また、遠隔操作装置からの制御信号の送信を確認すると、制御信号の受信が完了するまで(ステップS304)次のステップは実行しない。従って、次の送信許可信号の発信を停止する(ステップS304)。

0049

次に、遠隔操作装置101、102、103について説明する。かかる装置101、102、103においては制御信号を送信しようとする場合にはまずコンピュータ107から送信されてくる送信許可信号を信号受信部406により受信する。遠隔操作装置101、102、103内のCPU402は制御信号の送信が許可されているか否かを判別する。判別の結果、メモリ403に記憶された自らのIDコードと送信許可信号に含まれるIDコードとが一致して送信が許可されているときは、即座に信号発信部404を介して制御信号の送信を開始する。反対に、送信が許可されていないときは、CPU402は制御信号を一旦メモリ403に記憶し、送信が許可された時点で信号発信部404を介して制御信号を送信する。

0050

このように、コンピュータ107がIDコードに基づいて遠隔操作装置の送信タイミングコントロールすることにより複数の遠隔操作装置が同時に制御信号を送信することを防止でき、混信による受信エラーの発生を低減できる。

0051

また、遠隔操作装置から送信された制御信号は被制御装置の信号受信部202に受信される。受信された制御信号はマイクロコンピュータ207に内蔵されたメモリ部203に記憶され、データ送受信部204を介してコンピュータ107に送られる。

0052

図5はコンピュータ107が実行する遠隔操作に応答する処理ルーチンを示すフローチャートである。まず、コンピュータ107は遠隔操作装置101、102、103からの制御信号に含まれるIDコードを判別し、そのIDコードを有する遠隔操作装置からの制御信号を受け付けるか否かを判別する(ステップS501)。

0053

受け付けないと判別されたときは制御信号が受け付けられなかったことをコンピュータ107のディスプレイに表示する。制御信号が受け付けられたときはかかる制御信号を送信した装置のIDコードの優先順位を判別する(ステップS502)。即ち、コンピュータ107が既に他の装置からの制御信号に基づいて既に動作していた場合、かかる他の装置からと新たに制御信号を受け付けた装置との優先順位を判定する。そして、優先順位の高い遠隔操作装置からの制御信号を受け付け、優先順位の低い遠隔操作装置からの制御信号を受け付けることなく本ルーチンを終了する。

0054

受け付けられた遠隔操作装置から送信される制御信号を受信し、受信した制御信号から制御コマンドを解釈する(ステップS503)。制御コマンドによっては被制御装置が現在動作中で新たなコマンドを受けられない状態であったり、遠隔操作装置による制御が禁止されている場合があるため、被制御装置が実行可能であるか否かを判断する必要があり、コンピュータ107は現在の被制御装置の動作状況を判別する(ステップS504)。

0055

被制御装置が動作していないと判別されたときはその被制御装置に制御コマンドを送信する(ステップS505)。被制御装置は受信した制御コマンドに応じた動作を行なう。このとき、コンピュータ107のディスプレイには実行された制御コマンドの内容などの情報が表示され、操作者は被制御装置の動作内容を確認できる。

0056

一方、ステップS504で被制御装置が既に動作中であるときには、新規の制御コマンドの実行を待機するか否かを判別する(ステップS506)。かかる判別は既に動作中のコマンドの優先順位と新規の制御コマンドの優先順位との比較に応じて判別する。待機するときは、現在実行中の制御コマンドの終了を待つ(ステップS507)。現在実行中の制御コマンドが終了するまでかあるいは新規の制御コマンドの送信を一定時間見合わせるかして送信可能になった時点で制御コマンドを被制御装置に送信し(ステップS505)、その結果をディスプレイに表示する(ステップS509)。即ち、送信可能になったこと及び受信した制御コマンドの内容の両方を表示あるいはそのうちのいずれか一方を表示する。または、新規の制御コマンドが入力されたことのみを表示するようにしてもよい。

0057

ステップ506で待機しないで実行するときは、新規の制御コマンドを即座に実行するかあるいは新規の制御コマンドを破棄するかを判別する(ステップS508)。新規の制御コマンドを破棄した場合、どのような制御コマンドが実行されたのか、また破棄されたのかなどの理由をコンピュータ107のディスプレイに表示して(ステップS509)本ルーチンを終了する。操作者はディスプレイを見て現在の動作状況がどのような状態であるかを知ることができる。

0058

また、ステップS508で新規の制御コマンドが破棄されない場合で、新規の制御コマンドを実行しようとしたときに被制御装置が既に別の制御コマンドにしたがって動作しているときにはその動作を停止する(ステップS510)。即ち、この場合には実行中の動作を停止して新規の制御コマンドを実行することを(ステップS505)ディスプレイに表示して(ステップS509)本ルーチンを終了する。

0059

尚、優先順位をコンピュータ107に予め設定しておくことで、優先順位の高い制御信号を優先的に動作させることが可能である。また、ステップS509では動作中の制御コマンドがキャンセルされたり、または制御信号が受け付けられなかった場合には制御信号が受け付けられなかったことを表示する。

0060

このように、本実施の形態の遠隔制御システムでは、コンピュータ107が遠隔操作装置のIDコードを用意しておくことにより、遠隔操作装置の有効範囲内で複数の同じ遠隔操作装置が同時に使用されても許可を受けていない遠隔操作装置の制御信号は無視されるので、複数の遠隔操作装置の使用における混乱を回避できる。

0061

また、遠隔操作装置の制御信号はコンピュータ107の送信許可信号に同期して送信されるので、制御信号が混信して送信エラーが発生するのを低減できる。さらに、制御信号はコンピュータ107に送信されると、コンピュータ107はその内部で制御信号に応じた制御コマンドを実行するか否かを判断するので、遠隔操作装置を独立して使用した場合と比較して制御上の矛盾が生じにくく、操作者の操作ミスを防止できる。

0062

尚、本実施の形態では遠隔操作装置は赤外線を使用したが、その他の通信手段、例えば無線電波信号でも差し支えない。また、コンピュータ107にはワークステーションや専用のターミナルを用いてもよい。

0063

[第2の実施の形態]つぎに、第2の実施の形態の遠隔制御システムおよびその方法について説明する。本実施の形態の遠隔制御システムの全体構成は前記第1の実施の形態と同じである。前記第1の実施の形態の遠隔制御システムでは、遠隔操作装置が制御信号を送信するときにキーインターフェース401を介して入力された新たな制御信号はCPU402によって一旦メモリ403に記憶される。したがって、新たな制御信号は後に送信可能状態となるが、コンピュータ107の送信許可信号を受けて、遠隔操作装置が送信する制御信号は障害物などの存在により信号が変化してしまうことがある。そこで、第2の実施の形態の遠隔制御システムでは、受信エラーを検出してそのような場合に対処することとする。

0064

図6は第2の実施の形態における送信許可信号の送信ルーチンを示すフローチャートである。ステップS301〜ステップS304は前記第1の実施の形態と同一のステップなので、その説明を省略する。ステップS304で、コンピュータ107は遠隔操作装置からの制御信号の受信が完了したか否かを判別し、受信が完了していないときには受信エラーが発生したか否かを判別する(ステップS801)。受信エラーが発生していないときは受信を継続し、受信エラーが発生していたときにはエラーコードエラー信号を遠隔操作装置に送信し(ステップS803)、ステップS301に戻って再度、同一のIDコードを有する遠隔操作装置からの制御信号の受信処理移行する。

0065

尚、受信エラーの判定のためには前記制御信号に予め誤り訂正またはパリティビットと呼ばれる符号を挿入するようにしてもよい。また、受信した制御信号が実行不能な場合にはエラーと判定するようにしてもよい。要はエラーが判別できる方法であればよい。

0066

エラー信号は信号受信部406を介して受信され、CPU402によって解釈される。CPU402は送信エラーが起こったので、メモリ403に記憶してある制御信号を再び読み出し、改めて信号発信部404を介して制御信号を送信する。

0067

ステップS304で受信が完了しているときには受信した制御信号にエラーが発生したか否かを判別する(ステップS802)。エラーが発生したときにはエラー信号を遠隔操作装置に送信し(ステップS803)、エラーが発生していないときは本ルーチンを終了する。

0068

このように、本実施の形態の遠隔制御システムでは、送受信中にエラーが発生しても再度同じ制御信号を送信することにより遠隔操作装置の操作性を一層高めることができる。

0069

[第3の実施の形態]つぎに、第3の実施の形態の遠隔制御システムおよびその方法について説明する。図7は第3の実施の形態における遠隔操作装置の構成を概略的に示すブロック図である。図7において、901は遠隔操作装置の操作者に情報を表示する表示部であり、902は表示部901に文字を表示するためのキャラクタジェネレータである。その他、前記第1の実施の形態と同一の構成要素は同一の符号で付されている。

0070

遠隔操作装置は制御信号を発信する前にコンピュータ107から常時送信されてくる送信許可信号を信号受信部406で受信し、CPU402は制御信号の送信許可を判別する。判別の結果、メモリ403に記憶された自らのIDコードと送信されたIDコードが一致して送信が許可されるときは、信号発信部404を介して制御信号の送信を開始する。反対に、送信が許可されていないときは、CPU402は一旦メモリ403に制御信号を記憶し、次に送信されるIDコードに一致して送信が許可されるまで待機し、送信が許可された時点で信号発信部404を介して制御信号を送信する。

0071

送信された制御信号は被制御装置を中継してコンピュータ107に送信される。コンピュータ107は制御信号を受信すると、遠隔操作装置の操作者に被制御装置の動作状況や画像入力装置のズーム位置情報雲台部の位置情報などを送信する。被制御装置は更に送信された制御信号に基づいた動作を行う。送信された情報は信号受信部406からCPU402に送られる。CPU402は受信した情報を解釈し、キャラクタジェネレータ902を介して表示部901に表示して遠隔操作装置の操作者に現在の状況を知らせる。表示部901には例えば液晶ディスプレイを使用することができる。

0072

このように、従来では遠隔操作装置から制御信号が送信されるだけで、実際に信号が受け付けられたか否かの判別や現在の状況の認識が困難であったが、本実施の形態ではコンピュータ107からの情報を遠隔操作装置に表示することが可能になったので、遠隔操作装置の操作者は状況を把握でき、より適切な制御が可能になる。

0073

[第4の実施の形態]つぎに、第4の実施の形態の遠隔制御システムおよびその方法について説明する。図8は第4の実施の形態における遠隔制御システムの全体構成を概略的に示す説明図である。図8において、701〜704は複数の被制御装置A〜Dであり、705は遠隔操作装置706およびコンピュータ107と信号のやり取りを行なう送受信ユニットである。

0074

前記第1、第2および第3の実施の形態では、被制御装置に専用の遠隔操作装置を使用した遠隔制御システムについて説明したが、第4の実施の形態における被制御装置A〜Dはデータ送受信部204を介してコンピュータ107と送受信するだけであり、遠隔操作装置706は送受信ユニット705を介してコンピュータ107と送受信する。したがって、遠隔操作装置706から送信される制御信号は総てコンピュータ107において解析される。

0075

このように、本実施の形態では被制御装置専用の遠隔操作装置を使用する必要はなく、予め遠隔操作装置からの制御信号と制御コマンドとの関係を割り振っておくことによって任意の遠隔操作装置を使用したり、被制御装置付属の遠隔操作装置のいずれを使用しても、すべての被制御装置を制御することができる。

0076

また、遠隔操作装置と送受信する信号送信部208、信号受信部202を総ての被制御装置に設けなくてもよくなり、信号送信部208、信号受信部202の機能を1つにまとめた送受信ユニット705を使用することにより、遠隔制御システムの構成を簡単にできる。

0077

したがって、遠隔操作装置706と制御信号や情報のやり取りは一括して送受信ユニット705が行ない、送受信ユニット705からの制御信号はコンピュータ107によって制御コマンドとして解釈され、コンピュータ107は制御コマンドを用いて被制御装置A〜Dを操作する。

0078

このように、コンピュータ107で制御できるものは、被制御装置としてすべて本遠隔制御システムに組み込むことができるので、システムの拡張性を高めることができる。また、被制御装置が多くなっても、少なくとも1つの遠隔操作装置があれば総ての被制御装置を制御できるので、省空間を図ることができる。

0079

尚、本実施の形態では4台の被制御装置を設けたが、その数によらないで構成できることは勿論である。

0080

また、本実施の形態における図5のステップS502における優先順位の判別は、IDコードにしたがって予め決められた優先順位テーブルに従って行うものでもよいし、あるいは、制御コマンドにしたがって予め決められた優先順位テーブルに従って行うものでもよい。

0081

さらに、テレビ会議システムにおいては制御コマンドとしてカメラ制御に関連するコマンド、例えばカメラの撮影方向を変えるためのコマンドと、それ以外の通信制御に関するコマンドとがある場合、通信制御に関するコマンド、例えば通信を終了するコマンドがカメラ制御に関連するコマンドよりも優先するように設定してもよい。これは、通信制御に関するコマンドはカメラ制御に関連するコマンドよりも迅速に処理しなければならないからである。

0082

本実施の形態における遠隔制御システムによれば、主制御装置に接続された被制御装置を遠隔操作装置により制御する際に、前記遠隔操作装置は送信許可信号受信手段により前記主制御装置からの送信許可信号を受信し、該受信した送信許可信号に応じて制御信号を制御信号送信手段により送信し、前記主制御装置は送信許可信号送信手段により前記遠隔操作装置に前記送信許可信号を送信し、動作状況管理手段により前記被制御装置の動作状況を管理し、該管理された動作状況および前記制御信号に基づいて、制御手段により前記被制御装置を制御するので、遠隔操作装置と主制御装置とで双方向通信を行なうことにより、遠隔操作装置を使用した場合に関する問題を解決できる。すなわち、遠隔操作装置がその有効範囲内で複数使用され、遠隔操作装置から制御信号が混信してしまって操作者の思惑通りの制御ができなくなったり、操作中に別の操作者によって操作が妨害されてしまうといったおそれを解消できる。

0083

また、遠隔操作装置を使用して被制御装置を操作しても主制御装置が被制御装置の動作状況を管理しているので、主制御装置から行なう操作に矛盾が生じることを抑えることができる。

0084

このように、遠隔操作装置と主制御装置という2つの独立した制御系統を1つにまとめることにより、システム全体を主制御装置によって管理でき、複数の遠隔操作装置を使用した場合の問題も解決でき、より効率的な遠隔制御システムを実現できる。

0085

また、他の実施の形態における遠隔制御システムによれば、前記被制御装置は制御信号受信手段により前記遠隔操作装置からの制御信号を受信し、前記主制御装置は制御信号読取手段により前記被制御装置を介して前記制御信号を読み取るので、従来の遠隔制御システムの構成をそのまま使用して機能を向上させることができる。

0086

さらに、他の実施の形態における遠隔制御システムによれば、前記遠隔操作装置は判別手段により前記送信許可信号を判別し、制御信号記憶手段により前記制御信号を記憶し、識別符号設定手段により識別符号を設定し、識別符号記憶手段により該設定された識別符号を記憶し、付加手段により該記憶された識別符号を前記制御信号に付加するので、識別符号を使用することにより遠隔操作装置による遠隔制御確実性を高めることができる。

0087

また、他の実施の形態における遠隔制御システムによれば、前記主制御装置は表示手段により前記被制御装置の動作状況を表示するので、操作者は動作状況を容易に把握できる。

0088

さらに、他の実施の形態における遠隔制御システムによれば、前記主制御装置は判別手段より前記制御信号に受信エラーが発生したか否かを判別し、報知手段により該受信エラーの発生を前記遠隔操作装置に報知するので、操作者は遠隔操作装置からの制御信号の送信エラーを知ることができ、再送信により制御信号の送信を確実なものにできる。

0089

また、他の実施の形態における遠隔制御システムによれば、前記主制御装置は情報送信手段により前記被制御装置の動作状況を含む各種の情報を前記遠隔操作装置に送信し、前記遠隔操作装置は文字化手段により受信した前記情報を文字情報に変換し、文字情報表示手段により該変換された文字情報を表示するので、操作者は被制御装置の動作状況を含む各種の情報を遠隔操作装置に表示された文字情報から容易に把握できる。

0090

さらに、他の実施の形態における遠隔制御システムによれば、前記主制御装置は識別符号判別手段により前記識別符号に基づいて前記遠隔操作装置からの制御信号を受け付けるか否かを判別し、優先順位決定手段により該受け付けた制御信号に応じて前記被制御装置を制御するか否かを前記識別符号に基づく優先順位にしたがって決定するので、識別符号を用いることにより確実に遠隔操作装置を複数の中から選択でき、しかも優先順位を付けることにより一層効果的な遠隔制御を実現できる。

0091

また、他の実施の形態における遠隔制御方法によれば、前記遠隔操作装置は、前記主制御装置からの送信許可信号を受信し、該受信した送信許可信号に応じて制御信号を送信し、前記主制御装置は前記遠隔操作装置に前記送信許可信号を送信し、前記被制御装置の動作状況を管理し、該管理された動作状況および前記制御信号に基づいて前記被制御装置を制御するので、遠隔操作装置がその有効範囲内で複数使用され、操作者の思惑通りの制御ができなくなったり、操作中に別の操作者によって操作が妨害されてしまうといったおそれを解消できる。

発明の効果

0092

本発明の請求項1に係る遠隔制御システムによれば、複数の遠隔操作装置により制御コマンドを送信し、受信装置により該遠隔操作装置から送信された制御コマンドを受信し、該受信した制御コマンドに従って動作する際、調停手段により前記複数の遠隔操作装置から送信される複数の制御コマンドを調停するので、複数の遠隔操作装置からの制御コマンドが混信することを防止できる。また、複数の遠隔操作装置を含めて統括的に受信装置を操作でき、使い勝手を向上できる。

0093

請求項2に係る遠隔制御システムによれば、前記受信装置は、前記制御コマンドに従って物理的に動作する動作手段を備えたので、制御コマンドの混信による誤動作を回避できる。

0094

請求項3に係る遠隔制御システムによれば、前記調停手段は、前記制御コマンドを受信してから前記動作手段が物理的に動作するまでの応答遅れ時間を調停するので、動作中により操作が受け付けられないことを回避できる。

0095

請求項4に係る遠隔制御システムによれば、前記調停手段は、前記応答遅れ時間中、前記制御コマンドを保持するので、再度、制御コマンドを送信しなくて済む。

0096

請求項5に係る遠隔制御システムによれば、前記受信装置は、対象画像を電気信号に変換する変換手段と、該変換された電気信号を通信する通信手段とを備えるので、テレビ会議システムに適用できる。

0097

請求項6に係る遠隔制御システムによれば、前記変換手段は、動画像を表す電気信号に変換するので、テレビ会議システムに適用できる。

0098

請求項7に係る遠隔制御システムによれば、前記調停手段は、前記複数の制御コマンドの優先順位に従った順序で該制御コマンドに応じた動作を前記受信装置に行わせるので、例えば、テレビ会議システムなどでカメラ制御に関連する制御コマンドよりも迅速に処理しなければならない通信制御に関する制御コマンドに応じた動作を優先させることができる。

0099

請求項8に係る遠隔制御システムによれば、前記調停手段は、前記複数の遠隔操作装置から複数の制御コマンドが同時に送信されないように前記複数の遠隔操作装置を制御する制御手段を備えるので、複数の遠隔操作装置からの制御コマンドが混信することを防止できる。したがって、例えば、複数の参加者によって共通のテレビ会議端末を好適に制御できる。

0100

請求項9に係る遠隔制御システムによれば、前記制御手段は、前記複数の遠隔操作装置のそれぞれに前記制御コマンドの送信を許可する信号を出力するので、複数の遠隔操作装置のいずれを使用しても制御コマンドを送信できる。

0101

請求項10に係る受信装置によれば、受信手段により前記制御コマンドを受信し、動作手段により該受信手段により受信された制御コマンドに従って動作し、調停手段により前記複数の遠隔操作装置から送信される複数のコマンドを調停するので、複数の遠隔操作装置からの制御コマンドが混信することを防止できる。また、複数の遠隔操作装置を含めて統括的に受信装置を操作でき、使い勝手を向上できる。

0102

請求項11に係る受信装置によれば、前記動作手段は、前記制御コマンドに従って物理的に動作するので、制御コマンドの混信による誤動作を回避できる。

0103

請求項12に係る受信装置によれば、前記調停手段は、前記制御コマンドを受信してから前記動作手段が物理的に動作するまでの応答遅れ時間を調停するので、動作中により操作が受け付けられないことを回避できる。

0104

請求項13に係る受信装置によれば、前記調停手段は、前記応答遅れ時間中、前記制御コマンドを保持するので、再度、制御コマンドを送信しなくて済む。

0105

請求項14に係る受信装置によれば、対象画像を電気信号に変換する変換手段と、該変換された電気信号を通信する通信手段とを備えたので、テレビ会議システムに適用できる。

0106

請求項15に係る受信装置によれば、前記変換手段は、動画像を表す電気信号に変換するので、テレビ会議システムに適用できる。

0107

請求項16に係る受信装置によれば、前記調停手段は、前記複数の制御コマンドの優先順位に従った順序で該制御コマンドに応じた動作を前記動作手段に行わせるので、例えば、テレビ会議システムなどでカメラ制御に関するコマンドよりも迅速に処理しなければならない通信制御に関する制御コマンドに応じた動作を優先させることができる。

0108

請求項17に係る受信装置によれば、前記調停手段は、前記複数の遠隔操作装置から複数の制御コマンドが同時に送信されないように前記複数の遠隔操作装置を制御する制御手段を備えるので、複数の遠隔操作装置からの制御コマンドが混信することを防止できる。したがって、例えば、複数の参加者によって共通のテレビ会議端末を好適に制御できる。

0109

請求項18に係る受信装置によれば、前記制御手段は、前記複数の遠隔操作装置のそれぞれに前記制御コマンドの送信を許可する信号を出力するので、複数の遠隔操作装置のいずれを使用しても制御コマンドを送信できる。

0110

請求項19に係る遠隔制御システムによれば、主制御装置に接続された被制御装置を遠隔操作装置により制御する際に、前記遠隔操作装置は送信許可信号受信手段により前記主制御装置からの送信許可信号を受信し、該受信した送信許可信号に応じて制御信号を制御信号送信手段により送信し、前記主制御装置は送信許可信号送信手段により前記遠隔操作装置に前記送信許可信号を送信し、動作状況管理手段により前記被制御装置の動作状況を管理し、該管理された動作状況および前記制御信号に基づいて、制御手段により前記被制御装置を制御するので、遠隔操作装置と主制御装置とで双方向通信を行なうことにより、遠隔操作装置を使用した場合に関する問題を解決できる。すなわち、遠隔操作装置がその有効範囲内で複数使用され、遠隔操作装置から制御信号が混信してしまって操作者の思惑通りの制御ができなくなったり、操作中に別の操作者によって操作が妨害されてしまうといったおそれを解消できる。

0111

また、遠隔操作装置を使用して被制御装置を操作しても主制御装置が被制御装置の動作状況を管理しているので、主制御装置から行なう操作に矛盾が生じることを抑えることができる。

0112

このように、遠隔操作装置と主制御装置という2つの独立した制御系統を1つにまとめることにより、システム全体を主制御装置によって管理でき、複数の遠隔操作装置を使用した場合の問題も解決でき、より効率的な遠隔制御システムを実現できる。

0113

請求項20に係る遠隔制御システムによれば、前記被制御装置は制御信号受信手段により前記遠隔操作装置からの制御信号を受信し、前記主制御装置は制御信号読取手段により前記被制御装置を介して前記制御信号を読み取るので、従来の遠隔制御システムの構成をそのまま使用して機能を向上させることができる。

0114

請求項21に係る遠隔制御システムによれば、前記遠隔操作装置は判別手段により前記送信許可信号を判別し、制御信号記憶手段により前記制御信号を記憶し、識別符号設定手段により識別符号を設定し、識別符号記憶手段により該設定された識別符号を記憶し、付加手段により該記憶された識別符号を前記制御信号に付加するので、識別符号を使用することにより遠隔操作装置による遠隔制御の確実性を高めることができる。

0115

請求項22に係る遠隔制御システムによれば、前記主制御装置は表示手段により前記被制御装置の動作状況を表示するので、操作者は動作状況を容易に把握できる。

0116

請求項23に係る遠隔制御システムによれば、前記主制御装置は判別手段より前記制御信号に受信エラーが発生したか否かを判別し、報知手段により該受信エラーの発生を前記遠隔操作装置に報知するので、操作者は遠隔操作装置からの制御信号の送信エラーを知ることができ、再送信により制御信号の送信を確実なものにできる。

0117

請求項24に係る遠隔制御システムによれば、前記主制御装置は情報送信手段により前記被制御装置の動作状況を含む各種の情報を前記遠隔操作装置に送信し、前記遠隔操作装置は変換手段により受信した前記情報を可視情報に変換し、表示手段により該変換された可視情報を表示するので、操作者は被制御装置の動作状況を含む各種の情報を遠隔操作装置に表示された可視情報から容易に把握できる。

0118

請求項25に係る遠隔制御システムによれば、前記主制御装置は識別符号判別手段により前記識別符号に基づいて前記遠隔操作装置からの制御信号を受け付けるか否かを判別し、優先順位決定手段により該受け付けた制御信号に応じて前記被制御装置を制御するか否かを前記識別符号に基づく優先順位にしたがって決定するので、識別符号を用いることにより確実に遠隔操作装置を複数の中から選択でき、しかも優先順位を付けることにより一層効果的な遠隔制御を実現できる。

0119

請求項26に係る遠隔制御方法によれば、前記遠隔操作装置は、前記主制御装置からの送信許可信号を受信し、該受信した送信許可信号に応じて制御信号を送信し、前記主制御装置は前記遠隔操作装置に前記送信許可信号を送信し、前記被制御装置の動作状況を管理し、該管理された動作状況および前記制御信号に基づいて前記被制御装置を制御するので、遠隔操作装置がその有効範囲内で複数使用され、操作者の思惑通りの制御ができなくなったり、操作中に別の操作者によって操作が妨害されてしまうといったおそれを解消できる。

図面の簡単な説明

0120

図1遠隔制御システムの全体構成を概略的に示すブロック図である。
図2被制御装置の構成を概略的に示すブロック図である。
図3遠隔操作装置の構成を概略的に示すブロック図である。
図4コンピュータが実行する送信許可信号の発信ルーチンを示すフローチャートである。
図5コンピュータが実行する遠隔操作処理ルーチンを示すフローチャートである。
図6第2の実施の形態における送信許可信号の発信ルーチンを示すフローチャートである。
図7第3の実施の形態における遠隔操作装置の構成を概略的に示すブロック図である。
図8第4の実施の形態における遠隔制御システムの全体構成を概略的に示す説明図である。
図9従来のテレビ会議システムの構成を示すブロック図である。

--

0121

101、102、103 …遠隔操作装置
104 …画像入力装置
105 …モニタ部
106 …記録装置
107 …コンピュータ
202 …信号受信部
204 …データ送受信部
207 …マイクロコンピュータ
208 …信号送信部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ