図面 (/)

技術 苗箱の自動整列方法およびその自動整列装置

出願人 有限会社関口アグリシステム石狩造機株式会社
発明者 関口忠利
出願日 1995年3月31日 (26年7ヶ月経過) 出願番号 1995-100589
公開日 1996年10月15日 (25年1ヶ月経過) 公開番号 1996-266159
状態 特許登録済
技術分野 栽培用器(植木鉢),播種用鉢 機関車 鉄道車両の種類 温室 高架鉄道・ロープ鉄道 他の鉄道方式 栽培用器(植木鉢),播種用鉢
主要キーワード 上円盤 ストツパー 歯車板 自動整列装置 上下位置決め バツテリー 自動制御機構 基部片
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年10月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

目的

ハウス内で苗箱を自動的に整列させる。

構成

ハウスA内に前後方向の縦レール1を敷設して縦レール1上に縦移動車aを載置し、縦移動車a上に左右方向の横レール2を取付けてその横レール2上に横移動車bを載置し、横移動車bには、開閉作動する両側の抱え爪を下端部に取付けた収納枠4を昇降可能に設けると共に、制御箱5を取付け、その縦移動車aおよび横移動車bの作動部と制御箱5に適宜の電気制御回路を形成し、横移動車bの収納枠4の両側抱え爪上に所要数の苗箱cを重積して機械運転を開始すると、横移動車bが間欠的に苗箱cの幅の長さづつ進行すると共に、その横移動車bの停止中に両側抱え爪が開閉し下端の苗箱cが地上に置かれて所要数の苗箱cを横方向に整列させる。

概要

背景

従来、この種のハウス内の苗箱整列作業は、苗箱を作業者人手によつて順次整然と並べていた。

概要

ハウス内で苗箱を自動的に整列させる。

ハウスA内に前後方向の縦レール1を敷設して縦レール1上に縦移動車aを載置し、縦移動車a上に左右方向の横レール2を取付けてその横レール2上に横移動車bを載置し、横移動車bには、開閉作動する両側の抱え爪を下端部に取付けた収納枠4を昇降可能に設けると共に、制御箱5を取付け、その縦移動車aおよび横移動車bの作動部と制御箱5に適宜の電気制御回路を形成し、横移動車bの収納枠4の両側抱え爪上に所要数の苗箱cを重積して機械運転を開始すると、横移動車bが間欠的に苗箱cの幅の長さづつ進行すると共に、その横移動車bの停止中に両側抱え爪が開閉し下端の苗箱cが地上に置かれて所要数の苗箱cを横方向に整列させる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
8件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ハウス内に前後方向の縦レールを敷設して該縦レール上に縦移動車を載置し、その縦移動車上に左右方向の横レール取付けて該横レール上に横移動車を載置し、その横移動車には、開閉作動する両側の抱え爪を下端部に取付けた収納枠昇降可能に設けると共に、制御箱を取付け、上記縦移動車および上記横移動車の作動部と上記制御箱に適宜の電気制御回路を形成し、上記横移動車の収納枠の両側抱え爪上に所要数苗箱重積して機械運転を開始すると、上記横移動車が間欠的に上記苗箱の幅の長さづつ進行すると共に、その横移動車の停止中に上記両側抱え爪が開閉し下端の上記苗箱が地上に置かれて上記所要数の苗箱を横方向に整列し、その後、上記横移動車が原点位置に復帰して上記縦移動車が上記苗箱の縦の長さ前進し、順次、上記作用を繰返してハウス内に苗箱を自動的に整列することを特徴とする苗箱の自動整列方法。

請求項2

縦移動車上に横レールの中央部を取付け、横移動車を上記横レールの一側部上に進行させて縦レールの一側地上に所要数の苗箱を横方向に整列した後、上記横移動車を上記横レールの他側部上に進行させて上記縦レールの他側地上に所要数の苗箱を横方向に整列し、その後、上記横移動車が原点位置に復帰して上記縦移動車が上記苗箱の縦の長さ前進し、順次、上記作用を繰返してハウス内に苗箱を自動的に整列することを特徴とする請求項1記載の苗箱の自動整列方法。

請求項3

ハウス内に前後方向の縦レールを敷設して該縦レール上に前後進減速モータ付き縦移動車を載置し、その縦移動車上に左右方向の横レールを取付けて該横レール上に横移動用減速モータ付き横移動車を載置し、その横移動車には、収納枠昇降用減速モータに連結する両側のチエンに取付けた苗箱収納枠を吊持ちして該収納枠の両側下端部にはシリンダ付き駆動モータにより開閉作動する苗箱両側抱え爪を設け、上記横レールに所要数の横進位置決めドツグを苗箱の幅の間隔で並設して上記横移動車に制御箱,収納枠上限位置決め近接スイツチ,収納枠下限位置決めリミツトスイツチおよび上記横進位置決めドツグに対向する横進位置決め近接スイツチを設け、上記の前後進用減速モータ,横移動用減速モータ,収納枠昇降用減速モータ,シリンダ付き駆動モータ,制御箱,収納枠上限位置決め近接スイツチ,収納枠下限位置決めリミツトスイツチ,横進位置決め近接スイツチおよび電源に適宜の電気回路を形成したことを特徴とする苗箱の自動整列装置

請求項4

縦移動車上に横レールの中央部を取付け、その横レールの両側部に所要数の横進位置決めドツグを苗箱の幅の間隔でそれぞれ並設したことを特徴とする請求項3記載の苗箱の自動整列装置。

請求項5

縦移動車の車輪凹所を設けてその縦移動車に上記凹所に対応する前進位置決め近接スイツチを取付け、横移動車の収納枠を吊持ちするチエンに収納枠上下位置決めドツグを、横レールに横移動車原点位置決めドツグをそれぞれ設け、上記横移動車には、上記収納枠上下位置決めドツグに対応する収納枠中段位置決め近接スイツチおよび収納枠上限位置決め近接スイツチ、上記横移動車原点位置決めドツグに対応する横移動車原点位置決め近接スイツチをそれぞれ取付けたことを特徴とする請求項3および4記載の苗箱の自動整列装置。

請求項6

縦移動車上に横レールを回動可能に取付けたことを特徴とする請求項3乃至5記載の苗箱の自動整列装置。

請求項7

横レールの前方にネツト引込ロールおよびネツトを巻付けたネツトロールを着脱可能に取付けたことを特徴とする請求項3乃至6記載の苗箱の自動整列装置。

請求項8

横レールの後部に左右方向の作動軸を回動可能に架設してその作動軸に操作レバーおよび数個腕杆を取付け、上記操作レバーの持上げおよび押下げを保持する係止金を上記横レールに設け、上記数個の腕杆に踏み板をチエンにより吊持ちしたことを特徴とする請求項3乃至7記載の苗箱の自動整列装置。

技術分野

0001

本発明は、種蒔き後の多数の苗箱ハウス内に自動的に整然と並べてゆく苗箱の自動整列方法およびその自動整列装置に関するものである。

背景技術

0002

従来、この種のハウス内の苗箱の整列作業は、苗箱を作業者人手によつて順次整然と並べていた。

発明が解決しようとする課題

0003

上記従来のこの種のハウス内の苗箱の整列手段においては、

0004

(1) 現在では、この種の作業をする人が不足している。

0005

(2) 重い苗箱を持つて中で作業するため、作業が重労働である。

0006

(3)人手によつて行うから、作業能率が悪い。

0007

(4) 暑いハウス内での作業であるため、健康上良くない点である。

課題を解決するための手段

0008

本発明は、前後方向の縦レール上に縦移動車を載置し、その縦移動車上に左右方向の横レール取付けて該横レール上に横移動車を載置し、順次、上記横移動車に所要数の苗箱を重積し、その横移動車および上記縦移動車を電気制御により自動的に所要に移動させて苗箱を機械的に整列し、人手を節減し、ハウス内の苗箱の整列作業を容易安楽に行つて作業者の疲労が少なく、且つ、整然となして作業能率を向上する苗箱の自動整列方法およびその自動整列装置を提供することを目的とする。

0009

すなわち、ハウス(A)内に前後方向の縦レール(1)を敷設して該縦レール(1)上に縦移動車(a)を載置し、該縦移動車(a)上に左右方向の横レール(2)を取付けてその横レール(2)上に横移動車(b)を載置し、該横移動車(b)には、開閉作動する両側の抱え爪(3)を下端部に取付けた収納枠(4)を昇降可能に設けると共に、制御箱(5)を取付け、その縦移動車(a)および横移動車(b)の作動部と制御箱(5)に適宜の電気制御回路を形成し、横移動車(b)の収納枠(4)の両側抱え爪(3)上に所要数の苗箱(c)を重積して機械の運転を開始すると、横移動車(b)が間欠的に苗箱(c)の幅の長さづつ進行すると共に、その横移動車(b)の停止中に両側抱え爪(3)が開閉し下端の苗箱(c)が地上に置かれて所要数の苗箱(c)を横方向に整列し、その後、横移動車(b)が原点位置に復帰して縦移動車(a)が苗箱(c)の縦の長さ前進し、順次、上記作用を繰返してハウス(A)内に苗箱(c)を自動的に整列する苗箱の自動整列方法およびその自動整列装置の構成で、人手を節減し、ハウス内の苗箱の整列作業を容易安楽に行つて作業者の疲労が少なく、且つ、整然となして作業能率を向上する目的を、縦レール上に縦移動車を載置し、その縦移動車上に横レールを取付けて該横レール上に横移動車を載置し、順次、上記横移動車に所要数の苗箱を重積し、その横移動車および上記縦移動車を電気制御により自動的に所要に作動させて苗箱を機械的に整列することにより実現した。

0010

図面は、本発明の一実施態様を示し、その構成を図面について説明すれば、(A)はハウスを示し、(6)はハウス(A)の後壁中央部に設けた出入口、(1)はハウス(A)の出入口(6)よりハウス(A)内の中央部にわたつて敷設した前後方向の縦レールである。

0011

(a)は縦レール(1)上に載置する縦移動車を示し、(7)は縦移動車(a)の主枠で、該主枠(7)の中央部上に下円盤(8)を固定し、その下円盤(8)の中央部上に支軸(9)を立設して下円盤(8)の前端中央部に下ストツパ(10)を突設する。(11),(12)は主枠(7)の前後端部に基部をボルト(13),(14)によりそれぞれ枢着する前後の車輪枠で、その前車輪枠(11)の先端部にわたして架設した前車軸(15)の両側突出部に前車輪(16)を、後車輪枠(12)の先端部にわたして架設した後車軸(17)の両側突出部に後車輪(18)をそれぞれ固定し、その他側後車輪(18)の内側面外方部には凹所(19)を設けて前後の車輪(16),(18)を縦レール(1)上に係合載置する。なお、車輪(16),(18)は2回転すると苗箱(c)の長さ前進する大きさに形成する。

0012

(20),(21)は前後の車輪枠(11),(12)の基部片にそれぞれ固着した前後の腕杆で、その前腕(20)には右ねじの前雌ねじ片(22)を、後ろ腕杆(21)には左ねじの後ろ雌ねじ片(23)をそれぞれ枢着して後端に円環(24)を設けた起伏ねじ杆(25)の前部の右ねじ(イ)を前雌ねじ片(22)に、後部の左ねじ(ロ)を後ろ雌ねじ片(23)にそれぞれ螺合する。(26)は起伏ねじ杆(25)の円環(24)に着脱する操作ハンドル、(27)は前車輪枠(11)上に搭載した正逆回転の前後進減速モータで、該減速モータ(27)の回転軸と前車軸(15)をチエン伝動機構(28)により連結する。

0013

(d)は主枠(7)上に回動可能に取付ける横レール体を示し、(29)は横レール体(d)の台枠で、該台枠(29)の下面中央部に固定した上円盤(30)の中央孔を支軸(9)に嵌合して上円盤(30)を主枠(7)の下円盤(8)上に重合し、図示してないが、支軸(9)の上方突出部には座金を嵌合して支軸(9)のピン孔割ピンを着脱可能に挿着し、上円盤(30)の前端中央部には上ストツパ(31)を突設する。(2)は台枠(29)上に両側へ突出させて固定した横レールで、該横レール(2)の前後片の両側端部は連結杆(32)によりそれぞれ連結する。なお、上円盤(30)の上ストツパ(31)が下円盤(8)の下ストツパ(10)に接合したとき、横レール(2)が縦レール(1)と直交状態になるようになす。(33)は台枠(29)の一側片下面の前部および後部にそれぞれ突設した台枠ストツパ、(34)は横レール(2)の中央両側部および両側端部に前方へ突出させて設けた受片である。

0014

(35)は横レール(2)の後方に回動可能に架設した作動軸で、該作動軸(35)には数個の腕杆(36)を適当に固定すると共に、中央部に操作レバー(37)およびスイツチ作動杆(38)を取付ける。(39)は操作レバー(37)の持上げおよび押下げを保持する係止金で、横レール(2)に固定する。(40)は左右方向に数個並設する踏み板で、隣接する両腕杆(36)にチエン(41)によりそれぞれ吊持ちする。

0015

(42)は横レール(2)の両側後部上の軸受で、該軸受(42)に油圧主シリンダ(43)の基部をピン(44)により枢着して作動軸(35)に固定したL形腕杆(45)の先端部と油圧主シリンダ(43)のプランジヤ(46)をピン(47)により枢着する。(48)は連結杆(32)の中間部に取付けた上下方向の油圧副シリンダで、油圧主シリンダ(43)とホース(49)により連結して油圧副シリンダ(48)のプランジヤ(50)の下端にはスタンド板(51)を取付ける。

0016

(b)は横レール(2)上に載せる横移動車を示し、(52)は横移動車(b)の車体で、該車体(52)の中間下部の一側に架設した車軸(53)の前後突出部に車輪(54)を固定し、他側前後の車軸受(55)に取付けた車軸(56)に車輪(57)をそれぞれ嵌着し、その前後の車輪(54),(57)を横レール(2)上に係合載置する。(58)は車体(52)の一側部上に搭載した正逆回転の横移動用減速モータで、該減速モータ(58)の回転軸と一側車軸(53)をチエン伝動機構(59)により連結する。

0017

(60),(61)は車体(52)の両側の上下に並架した受動軸および授動軸で、その受動軸(60)と授動軸(61)の前後端部に鎖車(62),(63)を取付けて該鎖車(62),(63)にチエン(64)をそれぞれ掛けわたす。(65)は車体(52)の下部後方に回転自在に架設した主軸で、該主軸(65)の両端部と両側の授動軸(61)の前方突出部を傘歯車機構(66)によりそれぞれ連結する。(67)は車体(52)の後方中間部上に搭載した正逆回転の収納枠昇降用減速モータで、該減速モータ(67)の回転軸と主軸(65)をチエン伝動機構(68)により連結する。(69)は車体(52)の下部前方に突設した受台である。

0018

(4)は車体(52)内に昇降可能に配置する収納枠で、後方が開放したコ形に形成して両側端部を両側前後のチエン(64)に取付ける。(70),(71)は収納枠(4)の両側下部に回動可能に並架した上方爪軸および下方爪軸で、収納枠(4)内において上方爪軸(70)に上方抱え爪(3a)を、下方爪軸(71)に下方抱え爪(3b)をそれぞれ取付ける。(72)は収納枠(4)の前面中央部に取付けたシリンダ付き駆動モータで、電気指令が入ると駆動モータ(72)の作動腕(73)付き回転軸(74)が約160°往復回動して停止する。(75)は中間下部を軸杆(76)により支持したカム、(77)は一側の上方爪軸(70)の前方突出部に取付けた形腕杆で、該鉤形腕杆(77)の一腕の先端部にローラ(78)を軸支すると共に、図示してないが、鉤形腕杆(77)をスプリングにより弾圧してそのローラ(78)をカム(75)に圧接する。(79),(80),(81)は一側の下方爪軸(71)および他側の上方爪軸(70),下方爪軸(71)の前方突出部にそれぞれ取付けた腕杆で、カム(75)の上部と作動腕(73)を連杆(82)により、カム(75)の中間部と他側下方腕杆(81)を連杆(83)により、カム(75)の下部と一側下方腕杆(79)を連杆(84)により、鉤形腕杆(77)の他腕と他側上方腕杆(80)を連杆(85)によりそれぞれ連結すると共に、平時は上方抱え爪(3a),が開き状態で、下方抱え爪(3b)が閉じ状態になつている。

0019

(c)は合成樹脂により作製した苗箱を示し、多数の播種凹部を下方へ突出させ並設して両側部に鉤形掛け片(86)を形成する。

0020

(e)は横レール(2)の前方に着脱可能に取付けるネツト供給装置を示し、(87)はネツト供給装置(e)の支軸で、両側部に上下の腕杆(88),(89)の基部を枢着して該支軸(87)の両側端部を両側および中央部の受片(34)の凹部内に着脱可能に載置する。(90)はネツト引込ロールで、両側端部に駆動用歯輪(91)を固着して該ネツト引込みロール(90)のロール軸(92)の両側端部を両側の下方腕杆(89)の先端部に枢着する。(93)はネツト引込みロール(90)上に載置するネツトロールで、粗目のネツト(94)を巻付けて該ネツトロール(93)のロール軸(95)の両側端部を両側の上方腕杆(88)の先端の凹部内に着脱可能に載置する。

0021

電気制御装置の(96)はバツテリで、受台(69)上に搭載する。(5)は車体(52)の他側に取付けた制御箱で、これにメインスイツチ(97),起動スイツチ(98),横移動用減速モータ(58)の正逆切替えスイツチ(99),手動スイツチ(100),前後進用減速モータ(27)の前後進切替えスイツチ(101)を設ける。(102)は他側後車輪(18)の凹所(19)に対向して後車輪枠(12)の他側面に取付けた前進位置決近接スイツチである。

0022

(103)は車体(52)の後部に取付けた横移動車原点位置決め近接スイツチ、(104)は横レール(2)の後片上面の中央部に埋設した鉄製の横移動車原点位置決めドツグ、(105)は車体(52)の後部に取付けた前後進用減速モータ(27)起動のリミツトスイツチ、(106)は車体(52)の前面に取付けてバツテリー(96)に連結した端子、(107)は横レール(2)の前片の後面中央部に取付けて前後進用減速モータ(27)に連結した端子である。

0023

而して、横移動車(b)が横レール(2)の中央で縦レール(1)の上方に対向する原点位置に復帰したときに、横移動車原点位置決め近接スイツチ(103)が横移動車原点位置決めドツグ(104)に、前後進用減速モータ(27)起動のリミツトスイツチ(105)がスイツチ作動杆(38)にそれぞれ対向すると共に、端子(106),(107)が接触するようになす。

0024

(108)は車体(52)の前部に取付けた横進位置決め近接スイツチで、該近接スイツチ(108)に対向して横レール(2)の前片上面の両側部に所要数、例えば8個づつの横進位置決めドツグ(109)を苗箱(c)の幅の間隔になしてそれぞれ埋設する。(110)は一側後方のチエン(64)に取付けた収納枠上下位置決めドツグで、該ドツグ(110)に対向して車体(52)の後方の上部に収納枠中段位置決め近接スイツチ(111)を、下部に収納枠上限位置決め近接スイツチ(112)をそれぞれ取付ける。(113)は収納枠(4)の後方下端に取付けた収納枠下限位置決めリミツトスイツチ、(114)は収納枠下限位置決めリミツトスイツチ(113)の作用片である。

0025

そして、バツテリ(96)と制御箱(5)内のカウンタを有する自動制御機構,前後進用減速モータ(27),横移動用減速モータ(58),収納枠昇降用減速モータ(67),シリンダ付き駆動モータ(72)および前進位置決め近接スイツチ(102),横移動車原点位置決め近接スイツチ(103),リミツトスイツチ(105),端子(106),横進位置決め近接スイツチ(108),収納枠中段位置決め近接スイツチ(111),収納枠上限位置決め近接スイツチ(112),収納枠下限位置決めリミツトスイツチ(113)に適宜の電気回路を形成する。

0026

その作用を説明する。両側のネツトロール(93)のネツト(94)を繰出し、ネツト引込みロール(90)の下方に通して縦レール(1)の両側地上に敷設する。

0027

次いで、操作レバー(37)を後方へ操作すれば、該操作レバー(37),スイツチ作動杆(38),L形腕杆(45)を取付けた作動軸(35)が図9時計方向へ回動し、踏み板(40)が下降して最初は地上に載り、後記する2列目からは、順次、その直前にネツト(94)上に横方向に整列して置かれた苗箱(c)列上に載つてチエン(41)は垂れる。

0028

それと同時に、作動軸(35)のL形腕杆(45)によりピン(47)を経て主シリンダ(43)のプランジヤ(46)を押込むから、該主シリンダ(43)内の油がホース(49)を通つて副シリンダ(48)内に送り込まれる。

0029

従つて、その油圧により副シリンダ(48)のプランジヤ(50)が下降し、該プランジヤ(50)の下端のスタンド板(51)が接地してそのスタンド板(51)付き副シリンダ(48)により横レール(2)の両側端部を支持するから、その後、操作レバー(37)を係止金(39)の後方係合部に係止して横レール(2)を水平状態固定保持する。

0030

一方、横移動車(b)が、図1鎖線で示すように縦レール(1)の上方に対向する原点位置に静止するときに、種蒔き後の所要数、例えば8個の苗箱(c)を、図11に示すように収納枠(4)内に入れ、その下端苗箱(c)の両側掛け片(86)を両側下方抱え爪(3b)に引掛けて収納枠(4)内に重積する。

0031

そこで、メインスイツチ(97)を入れて起動スイツチ(98)を押せば、横移動用減速モータ(58)に通電してその回転軸が正回転し、該回転軸から伝動機構(59),一側車軸(53)を介し車輪(54)が正回転して横移動車(b)は一側へ進行する。

0032

その後、横移動車(b)の横進位置決め近接スイツチ(108)が横レール(2)の一側第1の横進位置決めドツグ(109)に対向すると、その近接スイツチ(108)の指令により、減速モータ(58)への通電が止まつて横移動車(b)は停止すると共に、収納枠昇降用減速モータ(67)に通電してその回転軸が正回転し、該回転軸から伝動機構(68),主軸(65)および両側の傘歯車機構(66),授動軸(61),鎖車(63)を介し両側前後のチエン(64)が正回転して収納枠(4)は下降する。

0033

図11に示すように、収納枠(4)が下降して該収納枠(4)内の下端苗箱(c)の垂下した中央部が接地すると同時に、作用片(114)が接地して該作用片(114)により収納枠下限位置決めリミツトスイツチ(113)が作動し、そのリミツトスイツチ(113)の指令により、シリンダ付き駆動モータ(72)に通電して該駆動モータ(72)の作動腕(73)付き回転軸(74)が約160°の間を往復回動する。

0034

従つて、図12に示すように、作動腕(73)付き回転軸(74)が往回動したとき、その作動腕(73)より連杆(82)を経てカム(75)が軸杆(76)を軸として反時計方向へ回動し、該カム(75)よりローラ(78),鉤形腕杆(77)を経て一側の上方抱え爪(3a)付き上方爪軸(70)が反時計方向へ回動し、その鉤形腕杆(77)より連杆(85),腕杆(80)を介し他側の上方抱え爪(3a)付き上方爪軸(70)が時計方向へ回動して両側上方抱え爪(3a)が閉じ、該両側上方抱え爪(3a)が下方より2番目の苗箱(c)の両側の掛け片(86)に引掛つてその両側上方抱え爪(3a)により上記苗箱(c)を吊持ちする。

0035

それと同時に、カム(75)より、連杆(84),腕杆(79)を経て一側の下方抱え爪(3b)付き下方爪軸(71)が時計方向へ、連杆(83),腕杆(81)を経て他側の下方抱え爪(3b)付き下方爪軸(71)が反時計方向へそれぞれ回動し、その両側下方抱え爪(3b)が開いて下端苗箱(c)の両側掛け片(86)より外れるから、下端苗箱(c)は離放されて地上の一側ネツト(94)上に置かれる。

0036

その後、作動腕(73)付き回転軸(74)が復回動して図11に示す元の状態に復帰すれば、上記と反対に作動して両側上方抱え爪(3a)が開くと同時に、両側下方抱え爪(3b)が閉じるから、下から2番目に位置する苗箱(c)の両側掛け片(86)が両側上方抱え爪(3a)より離放されて該苗箱(c)の両側部は下降する。

0037

上記シリンダ付き駆動モータ(72)が復帰すれば、その指令により、収納枠昇降用減速モータ(67)に通電してその回転軸が逆回転し、該回転軸から伝動機構(68),主軸(65)および両側の傘歯車機構(66),授動軸(61),鎖車(63)を介し両側前後のチエン(64)が逆回転して収納枠(4)は上昇する。

0038

従つて、図13に示すように両側の下方抱え爪(3b)が上記下から2番目の苗箱(c)の両側掛け片(86)に引掛り、その苗箱(c)を抱え持つて収納枠(4)は上昇する。

0039

図13に示すように、収納枠(4)が適宜上昇して一側後方チエン(64)の収納枠上昇位置決めドツグ(110)が収納枠中段位置決め近接スイツチ(111)に対向すると、その近接スイツチ(111)の指令により、収納枠昇降用減速モータ(67)への通電が止まつて収納枠(4)は上記の上昇位置に静止すると共に、横移動用減速モータ(58)に通電してその回転軸が正回転し、上記と同様に横移動車(b)は一側へ進行する。

0040

その後、横移動車(b)が苗箱(c)の幅の長さ一側へ進行してその横移動車(b)の横進位置決め近接スイツチ(108)が横レール(2)の一側第2の横進位置決めドツグ(109)に対向すると、その近接スイツチ(108)の指令により、上記と同様に作用して下端の苗箱(c)が一側ネツト(94)上の上記苗箱(c)の一側に隣接して置かれた後、下から2番目の苗箱(c)を両側抱え爪(3b)により抱え持つて収納枠(4)は上昇し、以下、自動的に順次、上記作用が繰返されて一側ネツト(94)上に8個の苗箱(c)が互いに接近して中央側より一側へ整列されてゆく。

0041

横移動車(b)が横レール(2)の一側端部まで進行して8個の苗箱(c)を置き終ると、制御箱(5)内のカウンタの指令により、収納枠昇降用減速モータ(67)および横移動用減速モータ(58)に通電してそれらのモータ(67),(58)の回転軸が逆回転し、その収納枠昇降用減速モータ(67)の回転軸から伝動機構(68),主軸(65)および両側の傘歯車機構(66),授動軸(61),鎖車(63)を介し両側前後のチエン(64)が逆回転すると同時に、横移動用減速モータ(58)の回転軸から伝動機構(59),一側車軸(53)を介し車輪(54)が逆回転して、横移動車(b)はその収納枠(4)が上昇しながら他側へ進行する。

0042

横移動車(b)が縦レール(1)の上方に対向する原点位置に復帰してその横移動車原点位置決め近接スイツチ(103)が横レール(2)の横移動車原点位置決めドツグ(104)に対向すると、その近接スイツチ(103)の指令により、横移動用減速モータ(58)への通電が止まつて横移動車(b)は停止すると共に、横移動車(b)のリミツトスイツチ(105)がスイツチ作動杆(38)に対向し、端子(106)が横レール(2)の端子(107)に接触する。

0043

そこで、上記と同様に、収納枠(4)内に8個の苗箱(c)を入れて該収納枠(4)の両側下方抱え爪(3b)により抱え持たせ、制御箱(5)の正逆切替えスイツチ(99)を押して起動スイツチ(98)を押せば、横移動車(b)は他側へ向かつて自動的に順次上記と同様に、苗箱(c)の幅の長さづつ間欠的に進行すると共に、その停止時に上記と同様に作用して地上の他側ネツト(94)上に8個の苗箱(c)が互いに接近して中央側より他側へ整列され、その後、横移動車(b)は一側へ進行し原点位置に復帰して静止し、両側にわたる1列の苗箱(c)の整列作業は終了する。

0044

次に、操作レバー(37)を係止金(39)の後方係合部より外し、前方へ操作して係止金(39)の前方係合部に係止すれば、該操作レバー(37),腕杆(36),スイツチ作動杆(38),L形腕杆(45)を取付けた作動軸(35)が図9の反時計方向へ回動し、その腕杆(36)よりチエン(41)を介しすべての踏み板(40)が吊上げられて地上に離隔すると共に、両側のL形腕杆(45)よりピン(47)を経て主シリンダ(43)のプランジヤ(46)が進出し、副シリンダ(48)内の油がホース(49)を通つて主シリンダ(43)内に移行し、副シリンダ(48)のスタンド板(51)付きプランジヤ(50)が上昇してそのスタンド板(51)も地上に離隔し、横レール(2)の両側端部の固定支持は解かれてその状態に保持される。

0045

それと同時に、スイツチ作動杆(38)によつてリミツトスイツチ(105)が作動し、そのリミツトスイツチ(105)の指令により、前後進用減速モータ(27)に通電してその回転軸が正回転し、該回転軸から伝動機構(28),前車軸(15)を経て前車輪(16)が正回転するから、両側のネツト引込みロール(90)の両側駆動用歯輪(91)が土中に喰込んでその駆動用歯輪(91)付き引込みロール(90)が回転すると共に、ネツトロール(93)のネツト(94)が順次繰出されて地上に敷設されながら、横レール体(d)付き縦移動車(a)は前進する。

0046

縦移動車(a)の前後の車輪(16),(18)が2回転し、縦移動車(a)が苗箱(c)の長さ前進して後方他側車輪(18)の凹所(19)が前進位置決め近接スイツチ(102)に対向すると、その近接スイツチ(102)の指令により、前後進用減速モータ(27)への通電が止まつて縦移動車(a)は停止する。

0047

従つて、その後、順次上記操作を繰返すと、上記と同様に作用し、横移動車(b)が間欠的に苗箱(c)の幅の長さ進行して苗箱(c)を縦レール(1)の一側および他側のネツト(94)上に横方向に8個づつ整列した後、縦移動車(a)が苗箱(c)の長さ前進し、ハウス(A)内一面にネツト(94)を敷きながら、そのネツト(94)上に多数の苗箱(c)を整列して置いてハウス(A)内の苗箱(c)の整列作業を終了する。

0048

一方、上記苗箱(c)の2列目以後の整列作業時には、踏み板(40)は、順次、その直前にネツト(94)上に横方向に整列して置かれた苗箱(c)列上に載つてチエン(41)は垂れるから、その苗箱(c)の整列作業中に、作業者が順次、踏み板(40)を踏んでゆき、該踏み板(40)を介し苗箱(c)を床土中に踏込んで苗箱(c)と床土との間の空隙を無くする。

0049

縦移動車(a)が縦レール(1)の前端部まで前進して苗箱(c)の整列作業が終了した後は、制御箱(5)の前後進切替えスイツチ(101)を押して起動スイツチ(98)を押すと、前後進用減速モータ(27)に通電してその回転軸が逆回転し、該回転軸から伝動機構(28),前車軸(15)を介し前車輪(16)が逆回転して縦移動車(a)は後進する。

0050

縦移動車(a)が適当位置まで後進したとき、制御箱(5)の手動スイツチ(100)を押すと、前後進用減速モータ(27)への通電が止まつて縦移動車(a)は停止する。

0051

機械をハウス(A)内に出し入れするときには、機械の上記状態から、ネツトロール軸(95)を持上げてネツトロール(93)を上方腕杆(88)より取外し、次いで、支軸(87)を持上げて駆動用歯輪(91)付きネツト引込みロール(90)を受片(34)より取外す

0052

そして、図8に示すように操作ハンドル(26)のフツクを起伏ねじ杆(25)の円環(24)内に引掛けた後、その操作ハンドル(26)によつて起伏ねじ杆(25)を正回転させると、該起伏ねじ杆(25)の左右反対のねじ(イ),(ロ)にそれぞれ螺合した前後の雌ねじ片(22),(23)が互いに接近側へ移動するから、図5および図7に鎖線で示すように前車輪枠(11)は前ボルト(13)を軸として反時計方向へ、後車輪枠(12)は後ろボルト(14)を軸として時計方向へそれぞれ回動し、その前後の車輪枠(11),(12)が起立して縦移動車(a)の主枠(7)が上昇すると共に、前後の車輪枠(11),(12)が前後の台枠ストツパ(33)から下方に脱離して台枠(29)はフリー状態になる。その後、操作ハンドル(26)を起伏ねじ杆(25)の円環(24)より取外す。

0053

そこで、横レール(2)の一側端部を前方へ押せば、横レール体(d)が支軸(9)を軸として図2の反時計方向へ回動するから、その横レール体(d)を90°回動させると、横レール体(d)の横レール(2)が主枠(7)の上方で該主枠(7)、すなわち縦レール(1)に沿つて前後方向になり、機械は狭幅で前後方向に長い状態となる。

0054

従つて、その後、縦移動車(a)を縦レール(1)上に移動させてハウス(A)の出入口(6)から出し入れする。

0055

なお、上記前進位置決め近接スイツチ(102),横移動車原点位置決め近接スイツチ(103),リミツトスイツチ(105),横進位置決め近接スイツチ(108),収納枠中段位置決め近接スイツチ(111),収納枠上限位置決め近接スイツチ(112)および収納枠下限位置決めリミツトスイツチ(113)に代えて、他の適宜のスイツチを使用してもよい。

0056

上記シリンダ付き駆動モータ(72)に代えて、電動シリンダ等、他の両側抱え爪開閉作動装置を使用しても、上記と同様に作用する。

0057

上記横レール(2)は、横移動車(b)の原点位置の中央部分と両側部分とを別個に形成し、その横レールの中央部分の両側端部に横レールの両側部分をそれぞれ着脱可能に固定して横レールを構成するようになしてもよい。

0058

上記踏み板(40)を吊持ちするチエン(41)に代えて、ワイヤロープ等を用いてもよい。

0059

上記縦移動車(a)の他側後車輪(18)の凹所(19)と前進位置決め近接スイツチ(102)によるセンサに代え、上記前進位置決め近接スイツチ(102)と、後車軸(17)に取付けて外周が上記前進位置決め近接スイツチ(102)に対向する歯車板とより成るセンサを設け、そのセンサのパルス数によつて縦移動車(a)の前進長さを設定するようになしてもよい。

0060

上記バツテリ(96)に代えて、他の電源を用いてもよい。

発明の効果

0061

本発明の苗箱の自動整列方法およびその自動整列装置は、下記のような利点がある。

0062

(1)ハウス内の縦レール上に縦移動車を載置し、該縦移動車上に横レールを取付けてその横レール上に横移動車を載置し、該横移動車の収納枠内に所要数の苗箱を重積して電気自動制御により上記横移動車および上記縦移動車をそれぞれ所定に進行させて苗箱を並べてゆく。従つて、

0063

(イ)苗箱の並べ作業の手作業による労力を解消し、その作業が楽で作業能率を向上する。

0064

(ロ)腰を曲げなく、立つたままで操作できるから、作業者が足,腰等を痛めることが無い。

0065

(ハ)苗箱への播種と苗箱並べとを1人づつで作業し、夫婦2人で苗箱への播種と苗箱並べの両作業を同時進行することができて作業上有益である。

0066

(ニ)縦移動車および横移動車がそれぞれレール上を進行して並べを機械的に行うから、苗箱を整然と並べて置くことができる。

0067

(2)横レールに所要数の横進位置決めドツグを苗箱の幅の間隔で並設して横移動車に上記横進位置決めドツグに対応する横進位置決め近接スイツチを取付けたから、その横移動車は適切に苗箱の幅づつ進行し、苗箱を接近して横方向に整列し、苗箱整列の精度が正確に出てハウス内を有効に利用することができる。

0068

(3)収納枠を下降して該収納枠内の苗箱を接地させ離放して地上に置くから、苗箱の整列が良好になされる。

0069

(4)縦レール上の縦移動車上に取付けて地上に離隔する横レール上に横移動車を進行させて苗箱を整列するから、床土を傷めることが無くて苗の成育が良好である。

0070

(5)横レールを所要長さのレールと交換することにより、種々の大きさのハウスにおける苗箱整列作業を一台の機械で行うことができ、汎用性が大で、実用上有益である。

0071

(6)ハウスの幅が変つた場合の横レールの交換操作は、非常に簡単で取扱い上至便である。

0072

(7)縦移動車上に横レールの中央部を取付けると、機械の左右バランスが良好で、機械が円滑に前後進する。特に、大幅のハウスで長い横レールを取付けた場合には有効である。

0073

(8)縦移動車上に横レールを回動可能に取付けると、機械をハウス内に出し入れするときには、横レールを回動して縦移動車の進行方向、すなわち、縦レールに沿わせることにより、ハウスの狭い出入口から機械を簡易にハウス内に出し入れすることができて操作し易い。

0074

(9)横レールの前方にネツト引込みロールおよびネツトを巻付けたネツトロールを取付けると、機械の前進と同時にネツトを正確に引込み敷設してそのネツト上に苗箱を整列できるから、苗の移植に当つて苗箱を持上げるとき、苗箱に床土が付着しなくて苗箱の管理が楽である。

0075

(10)横レールの後部に踏み板を昇降可能に吊持ちすると、苗箱の整列作業中に踏み板を下降させてその直前に置かれた苗箱列上に載せ、作業者が順次、上記踏み板を踏んで、該踏み板を介し苗箱を床土中に踏込んで苗箱と床土との間の空隙を無くすることができるから、時間を有効に使用して作業能率を向上する。

0076

(11) 簡単に構成して容易安価に製作でき、その作動は円滑適切である。

図面の簡単な説明

0077

図1本発明の一実施態様を示す苗箱の自動整列機の作業途中における状態の後面図で、一部を切欠して示す。
図2同上平面図である。
図3その要部の拡大後面図で、中間部を切欠して示す。
図4同上要部の正面図である。
図5同上側断面図である。
図6同上平面図である。
図7その縦移動車の拡大側面図である。
図8同上平面図である。
図9同上横レールの両側端支持部の拡大側面図である。
図10同上他側部の平面図で、中間部を切欠して示す。
図11収納枠内の下端苗箱を接地させた状態の要部の作用説明正面図である。
図12同上収納枠内の下端苗箱を離放して地上に置いた状態の要部の作用説明正面図である。
図13同上収納枠を若干上昇させた状態の要部の作用説明正面図である。

--

0078

Aハウス
a縦移動車
b横移動車
c苗箱
d横レール体
eネツト供給装置
イ右ねじ
ロ左ねじ
1縦レール
2 横レール
3a 上方抱え爪
3b 下方抱え爪
4収納枠
5制御箱
6出入口
7主枠
8 下円盤
9支軸
10 下ストツパ
11前車輪枠
12後車輪枠
13 前ボルト
14後ろボルト
15前車軸
16 前車輪
17後車軸
18 後車輪
19凹所
20前腕杆
21 後ろ腕杆
22 前雌ねじ片
23 後ろ雌ねじ片
24 円環
25起伏ねじ杆
26操作ハンドル
27 前後進用減速モータ
28チエン伝動機構
29台枠
30上円盤
31 上ストツパー
32連結杆
33 台枠ストツパ
34受片
35作動軸
36 腕杆
37操作レバー
38スイツチ作動杆
39係止金
40踏み板
41 チエン
42軸受
43油圧主シリンダ
44ピン
45L形腕杆
46プランジヤ
47 ピン
48 油圧副シリンダ
49ホース
50 プランジヤ
51スタンド板
52 車体
53 一側車軸
54車輪
55車軸受
56 他側車軸
57 車輪
58横移動用減速モータ
59 チエン伝動機構
60受動軸
61授動軸
62鎖車
63 鎖車
64 チエン
65主軸
66傘歯車機構
67 収納枠昇降用減速モータ
68 チエン伝動機構
69受台
70 上方爪軸
71 下方爪軸
72シリンダ付き駆動モータ
73作動腕
74回転軸
75カム
76軸杆
77鉤形腕杆
78ローラ
79 腕杆
80 腕杆
81 腕杆
82連杆
83 連杆
84 連杆
85 連杆
86 鉤形掛け片
87 支軸
88 上方腕杆
89 下方腕杆
90 ネツト引込みロール
91駆動用歯輪
92ロール軸
93 ネツトロール
94 ネツト
95 ネツトロール軸
96バツテリ
97メインスイツチ
98起動スイツチ
99 正逆切替えスイツチ
100手動スイツチ
101 前後進切替えスイツチ
102前進位置決め近接スイツチ
103 横移動車原点位置決め近接スイツチ
104 横移動車原点位置決めドツグ
105 リミツトスイツチ
106端子
107 端子
108 横進位置決め近接スイツチ
109 横進位置決めドツグ
110 収納枠上下位置決めドツグ
111 収納枠中段位置決め近接スイツチ
112 収納枠上限位置決め近接スイツチ
113 収納枠下限位置決めリミツトスイツチ
114 作用片

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ