図面 (/)

技術 国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法及びシステム装置

出願人 日本電信電話株式会社エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
発明者 伊藤宏加瀬一朗関根俊彦安西貴史
出願日 1995年3月9日 (25年9ヶ月経過) 出願番号 1995-049856
公開日 1996年9月27日 (24年2ヶ月経過) 公開番号 1996-251289
状態 特許登録済
技術分野 交換機の特殊サービス (2) 構内交換機、ボタン電話装置 電話交換機一般 電話通信サービス
主要キーワード 通信サービス方式 対照テーブル 公衆電気通信網 プレフィックス番号 利用契約者 MG間 網サービス制御局 相互接続点
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年9月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

目的

オンネットにするか、オフネットにするか意識せずに国際VPN内線番号又は固有VPN内線番号で国際通信することができる国内仮想専用網から国際仮想専用網への内線接続方法及びシステム装置を提供する。

構成

国内網サービス制御局4は、国内VPN・契約加入者Aからの国際VPN内線番号を受信すると、国内網サービス制御局4は、国際内線接続用データテーブル14にて国際VPN内線番号に対応するプレフィックス検索し、国内加入者交換機1に対して国際VPN内線番号に当該プレフィックスを付加した国際ルーティング番号で国際通信網βに国内仮想専用網εから接続するように指示する。

概要

背景

公衆電気通信網を利用した仮想専用網(VPN)の通信サービス方式では、VPN内線番号(同じVPNの加入者集団内で通用するVPN加入者ID)で同一メンバーズネットグループ内の通話接続を可能にしている。これは、ユーザが指定して登録したVPN内線番号を、網サービス制御局にて一般電話番号(一般加入者ID)に翻訳した後、当該一般電話番号にて着信加入者に公衆電気通信網を接続処理することにより実現させている。

この種の通信サービス方式では、具体的に以下の手順により、公衆電気通信網にて発信加入者と着信加入者とを接続処理する。先ず、VPNの契約加入者がVPN内線番号、例えば「233」をダイヤルすると、その一般加入者ID(電話番号)とVPN内線番号「233」とが共通線信号網を介して網サービス制御局へ送信される。網サービス制御局は一般加入者IDから仮想専用網のグル−プ(加入者集団)を特定するとともに、VPN内線番号「233」を着信一般加入者ID(電話番号)に翻訳する。そして、着信加入者の一般加入者IDをルーティング番号とするとともに、公衆電気通信網を利用して発信側加入者交換機着信側の加入者交換機とを接続し、さらに発信加入者と着信加入者との接続を処理する。

したがって、前記通信サービス方式は、全国に分散した同一企業内の各事業所間において、公衆電気通信網を利用することにより、専用線を利用したときと同様に内線番号による通話サービスが可能になる(発明の名称「広域加入者集団サービス実現方式」;特開平4−319844号公報参照)。よって、この種の通信サービス方式では、拠点移転等があっても登録した内線番号を、そのまま利用できるというメリットがある。

次に、図面を参照して、一般的な国内仮想専用網における国際仮想専用網への内線接続方法及びシステム装置を、具体的に説明する。図8は国内VPN契約加入者(発信者)Aから国際VPN契約加入者(着信者)Eに国内仮想専用網の内線接続機能を利用して通話(通信)するときのシーケンス例を又、図9はそのシステム装置をそれぞれ示している。

まず、発呼者である国内VPN契約加入者Aが端末オフフックすると、国内VPN契約加入者A側の国内加入者交換機1はそのオフフックを検出する。次に、国内加入者交換機1では、VPN加入者チェックテーブル検索して国内VPN契約加入者Aが国内公衆電気通信網αに接続する国内仮想専用網の利用契約者か否かを判定する。判定の結果、国内VPN契約者である旨を確認すると、国内加入者交換機1は、識別用ダイヤルトーン(第2ダイヤルトーン)を国内契約加入者Aに送出する。

国内VPN契約加入者Aは、識別用ダイヤルトーンを受信した後、国際通信網βへの通信識別信号である「0」をダイヤルする。国内VPN契約加入者Aの国内加入者交換機1は、番号「0」のダイヤル信号を受信すると、国内仮想専用網外への発信と判断して、国内VPN契約加入者Aに通常のダイヤルトーンを送出する。

国内VPN契約加入者Aは、国際VPN契約加入者Eが国際VPN契約している国際通信事業者の国際通信網βへの通信識別信号であるプレフィックス、例えば「00ABC」とその国際内線番号、例えば「JKNM」をダイヤルする。

国内VPN契約加入者Aの国内加入者交換機1は、プレフィックスと国際内線番号「00ABC+JKNM」のダイヤル信号を受信すると、国際VPNへの接続要求と判断する。そして、発信者の国内一般加入者ID(電話番号)「03−3×××−○○○○」とプレフィックスが付加された国際内線番号「00ABC+JKNM」を、共通線信号網3を介して国内網サービス制御局SCP)4に送信する。

国内網サービス制御局4では、国内加入者交換機1から国内VPN契約加入者Aの一般加入者ID、及びプレフィックスが付加された国際内線番号を受信すると、先ず、一般加入者IDにより、国内VPN契約加入者Aが属する国内仮想専用網のメンバーズグループを判定し、さらに国内VPN契約加入者であることを確認する。

次に、プレフィックスが付加された国際内線番号「00ABC+JKNM」から、例えば「JKNM」を国際VPNの識別データとすると、当該番号が国際VPNへの接続要求であると識別し、この番号を接続用物理的な番号として国内VPN契約加入者Aの国内加入者交換機1に共通線信号網3を介して送出する。

国内VPN契約加入者Aの国内加入者交換機1は、共通線信号網3を介して国内網サービス制御局4より接続先の国際VPN契約加入者Dへの国際ルーティング番号「00ABC+JKNM」を受信すると、アドレス信号(IAM)を送信して国内公衆電気通信網αを通じて途中国内中継交換機5,国内関交換機6に国際VPN契約加入者Eの属する国際通信網βへの国境相互接続点7を介して接続を指示する。そして、国際通信網βの国際関門交換機8,国際中継交換機9を経て国際加入者交換機2に接続され、所定のルーティング処理がなされ、国内VPN・契約加入者Aは国際VPN・契約加入者Eと接続処理される。

概要

オンネットにするか、オフネットにするか意識せずに国際VPN内線番号又は固有VPN内線番号で国際通信することができる国内仮想専用網から国際仮想専用網への内線接続方法及びシステム装置を提供する。

国内網サービス制御局4は、国内VPN・契約加入者Aからの国際VPN内線番号を受信すると、国内網サービス制御局4は、国際内線接続用データテーブル14にて国際VPN内線番号に対応するプレフィックスを検索し、国内加入者交換機1に対して国際VPN内線番号に当該プレフィックスを付加した国際ルーティング番号で国際通信網βに国内仮想専用網εから接続するように指示する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

国内加入者交換機を含む国内公衆通信網に接続された特定の国際加入者集団に対して、国内の仮想専用網(VPN)から共通線信号網を通じ当該国内加入者交換機を制御して国際VPNへ内線接続処理するに当り、VPN別の国際VPN内線番号と当該国際VPN内線番号が属する国際通信網の接続用識別番号(プレフィックス)とを対応させたVPN別の国際内線接続データベースを予め用意して置き、国内VPNの加入者からの国際VPN内線番号を前記共通線信号網を通じて受信すると、前記国際内線接続用データベースにて当該国際VPN内線番号に対応するプレフィックスを検索し、前記国内加入者交換機に対して当該国際VPN内線番号に当該プレフィックスを付加した国際ルーティング番号で国際通信網における国際仮想専用網に接続するように前記共通線信号網を通じて指示し、国内公衆通信網と前記国際通信網に亙り途中国境相互接続点を通過する通信路一連形成して国際VPN加入者に接続処理をする、ことを特徴とする国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法。

請求項2

国内加入者交換機を含む国内公衆通信網に接続された特定の国際加入者集団に対して、国内の仮想専用網(VPN)から共通線信号網を通じ当該国内加入者交換機を制御して国際VPNへ内線接続処理するに当たり、国内VPNの国内加入者集団固有の固有内線番号とVPN別の国際VPN内線番号にプレフィックスを付加した国際ルーティング番号とを対応させた固有内線番号付き国際内線接続用データベースを予め用意して置き、国内VPNの加入者からの固有内線番号を前記共通線信号網を通じて受信すると、前記固有内線番号付き国際内線接続用データベースにて当該固有内線番号に対応する国際ルーティング番号を検索して、当該ルーティング番号により国際通信網における国際仮想専用網に接続しうるように前記共通線信号網を通じて指示し、前記国内公衆通信網と当該国際通信網に亙り途中国境相互接続点を通過する通信路を一連形成して国際VPN加入者に接続処理する、ことを特徴とする国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法。

請求項3

前記固有内線番号は、通常の通話ダイヤル番号よりも短い桁数のダイヤル番号とした、ことを特徴とする請求項2記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法。

請求項4

前記通信路は、国内通信路と国境相互接続点と国際通信路を順次一貫経由してなる、ことを特徴とする請求項1,2又は3記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法。

請求項5

前記国内公衆通信網及び国際通信網は、電気電波又は光を通信媒体とする、ことを特徴とする請求項1,2,3又は4記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法。

請求項6

前記共通線信号網は、電気,電波又は光を信号媒体とする、ことを特徴とする請求項1,2,3,4又は5に記載の仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法。

請求項7

国内加入者交換機を含む国内公衆通信網に接続された特定の国際加入者集団に対して、国内の仮想専用網(VPN)から国際VPNへの内線接続を共通線信号網を通じて制御する国内網サービス制御局を設け、前記国内加入者交換機には、発信加入者が国内VPNの加入者集団の加入者であるかどうかをチェックする加入者チェックテーブルと、前記国内網サービス制御局との間で制御信号送受信をするサップ部とを備え、前記国内網サービス制御局には、発信加入者がいずれの国内VPNの加入者集団に属するかを検索する検索テーブルと、VPN別の国際VPN内線番号と当該国際VPN内線番号が属する国際通信網の接続用識別番号(プレフィックス)とを対応させたVPN別の国際内線接続用データテーブルと、前記サップ部との間で制御信号の送受信をする制御部とを備えて、前記国内公衆通信網と前記国際通信網に亙り途中国境相互接続点を通過する通信路を一連形成自在に構成する、ことを特徴とする国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置

請求項8

国内加入者交換機を含む国内公衆通信網に接続された特定の国際加入者集団に対して、国内の仮想専用網(VPN)から国際VPNへの内線接続を共通線信号網を通じて制御する国内網サービス制御局を設け、前記国内加入者交換機には、発信加入者が国内VPNの加入者集団の加入者であるかどうかをチェックする加入者チェックテーブルと、前記網サービス制御局との間で制御信号の送受信をするサップ部とを備え、前記網サービス制御局には、発信加入者がいずれのVPNの加入者集団に属するかを検索する検索テーブルと、VPNの国内加入者集団固有の固有内線番号とVPN別の国際VPN内線番号にプレフィックスを付加した国際ルーティング番号とを対応させた固有内線番号付き国際内線接続用データテーブルと、前記サップ部との間で制御信号の送受信をする制御部とを備えて、前記国内公衆通信網と前記国際通信網に亙り途中国境相互接続点を通過する国際通信路を一連形成自在に構成する、ことを特徴とする国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

請求項9

前記固有内線番号は、通常の通話ダイヤル番号よりも短い桁数のダイヤル番号からなる、ことを特徴とする請求項8に記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

請求項10

前記加入者チェックテーブルは、国内一般加入者ID/国内VPN契約者対照テーブルである、ことを特徴とする請求項7,8又は9に記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

請求項11

前記検索テーブルは、国内一般加入者ID/国内グループ番号対照テーブルである、ことを特徴とする請求項7,8,9又は10に記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

請求項12

前記VPN別国際内線接続用データテーブルは、国際内線番号/プレフィックス対照変換テーブルである、ことを特徴とする請求項7,10又は11に記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

請求項13

前記固有内線番号付き国際内線接続様データテーブルは、固有内線番号/プレフィックス+国際内線番号対照変換テーブルである、ことを特徴とする請求項8,9,10,11又は12に記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

請求項14

前記通信路は、国境相互接続点を仲介した国内通信路と国際通信路とからなる、ことを特徴とする請求項7,8,9,10,11,12又は13に記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

請求項15

前記国内通信路は、国内加入者交換機と必要に応じ国内中継交換機と国内関交換機とからなる、ことを特徴とする請求項14に記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

請求項16

前記国際通信路は、国際加入者交換機と必要に応じ国際中継交換機と国際関門交換機とからなる、ことを特徴とする請求項14又は15に記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

請求項17

前記公衆通信網及び国際通信網は、電気、電波又は光を通信媒体とした、ことを特徴とする請求項7,8,9,10,11,12,13,14,15,16又は17に記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

請求項18

前記共通線信号網は、電気、電波又は光を信号媒体とした、ことを特徴とする請求項7,8,9,10,11,12,13,14,15,16又は17に記載の国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置。

技術分野

0001

本発明は、国内外公衆電気通信網電波通信網又は光通信網を利用した仮想専用網バーチャルプライベートネットワーク、VPNとも称する)のサービス便性の向上に供する国内仮想専用網から国際仮想専用網への内線接続方法及びその実施に直接使用するシステム装置に関する。

背景技術

0002

公衆電気通信網を利用した仮想専用網(VPN)の通信サービス方式では、VPN内線番号(同じVPNの加入者集団内で通用するVPN加入者ID)で同一メンバーズネットグループ内の通話接続を可能にしている。これは、ユーザが指定して登録したVPN内線番号を、網サービス制御局にて一般電話番号(一般加入者ID)に翻訳した後、当該一般電話番号にて着信加入者に公衆電気通信網を接続処理することにより実現させている。

0003

この種の通信サービス方式では、具体的に以下の手順により、公衆電気通信網にて発信加入者と着信加入者とを接続処理する。先ず、VPNの契約加入者がVPN内線番号、例えば「233」をダイヤルすると、その一般加入者ID(電話番号)とVPN内線番号「233」とが共通線信号網を介して網サービス制御局へ送信される。網サービス制御局は一般加入者IDから仮想専用網のグル−プ(加入者集団)を特定するとともに、VPN内線番号「233」を着信一般加入者ID(電話番号)に翻訳する。そして、着信加入者の一般加入者IDをルーティング番号とするとともに、公衆電気通信網を利用して発信側加入者交換機着信側の加入者交換機とを接続し、さらに発信加入者と着信加入者との接続を処理する。

0004

したがって、前記通信サービス方式は、全国に分散した同一企業内の各事業所間において、公衆電気通信網を利用することにより、専用線を利用したときと同様に内線番号による通話サービスが可能になる(発明の名称「広域加入者集団サービス実現方式」;特開平4−319844号公報参照)。よって、この種の通信サービス方式では、拠点移転等があっても登録した内線番号を、そのまま利用できるというメリットがある。

0005

次に、図面を参照して、一般的な国内仮想専用網における国際仮想専用網への内線接続方法及びシステム装置を、具体的に説明する。図8は国内VPN契約加入者(発信者)Aから国際VPN契約加入者(着信者)Eに国内仮想専用網の内線接続機能を利用して通話(通信)するときのシーケンス例を又、図9はそのシステム装置をそれぞれ示している。

0006

まず、発呼者である国内VPN契約加入者Aが端末オフフックすると、国内VPN契約加入者A側の国内加入者交換機1はそのオフフックを検出する。次に、国内加入者交換機1では、VPN加入者チェックテーブル検索して国内VPN契約加入者Aが国内公衆電気通信網αに接続する国内仮想専用網の利用契約者か否かを判定する。判定の結果、国内VPN契約者である旨を確認すると、国内加入者交換機1は、識別用ダイヤルトーン(第2ダイヤルトーン)を国内契約加入者Aに送出する。

0007

国内VPN契約加入者Aは、識別用ダイヤルトーンを受信した後、国際通信網βへの通信識別信号である「0」をダイヤルする。国内VPN契約加入者Aの国内加入者交換機1は、番号「0」のダイヤル信号を受信すると、国内仮想専用網外への発信と判断して、国内VPN契約加入者Aに通常のダイヤルトーンを送出する。

0008

国内VPN契約加入者Aは、国際VPN契約加入者Eが国際VPN契約している国際通信事業者の国際通信網βへの通信識別信号であるプレフィックス、例えば「00ABC」とその国際内線番号、例えば「JKNM」をダイヤルする。

0009

国内VPN契約加入者Aの国内加入者交換機1は、プレフィックスと国際内線番号「00ABC+JKNM」のダイヤル信号を受信すると、国際VPNへの接続要求と判断する。そして、発信者の国内一般加入者ID(電話番号)「03−3×××−○○○○」とプレフィックスが付加された国際内線番号「00ABC+JKNM」を、共通線信号網3を介して国内網サービス制御局SCP)4に送信する。

0010

国内網サービス制御局4では、国内加入者交換機1から国内VPN契約加入者Aの一般加入者ID、及びプレフィックスが付加された国際内線番号を受信すると、先ず、一般加入者IDにより、国内VPN契約加入者Aが属する国内仮想専用網のメンバーズグループを判定し、さらに国内VPN契約加入者であることを確認する。

0011

次に、プレフィックスが付加された国際内線番号「00ABC+JKNM」から、例えば「JKNM」を国際VPNの識別データとすると、当該番号が国際VPNへの接続要求であると識別し、この番号を接続用物理的な番号として国内VPN契約加入者Aの国内加入者交換機1に共通線信号網3を介して送出する。

0012

国内VPN契約加入者Aの国内加入者交換機1は、共通線信号網3を介して国内網サービス制御局4より接続先の国際VPN契約加入者Dへの国際ルーティング番号「00ABC+JKNM」を受信すると、アドレス信号(IAM)を送信して国内公衆電気通信網αを通じて途中国内中継交換機5,国内関交換機6に国際VPN契約加入者Eの属する国際通信網βへの国境相互接続点7を介して接続を指示する。そして、国際通信網βの国際関門交換機8,国際中継交換機9を経て国際加入者交換機2に接続され、所定のルーティング処理がなされ、国内VPN・契約加入者Aは国際VPN・契約加入者Eと接続処理される。

発明が解決しようとする課題

0013

ところで、仮想専用網の通信サービスを受けている契約加入者には、国内公衆電気通信網α及び国際通信網βを意識せずに所定の内線番号で通信したいという要望があがる。しかし、従来の仮想専用網の通信サービス方式には、このような要望を満足させる接続機能がなかった。

0014

したがって、前記従来の技術で説明したように、国際通話するに当たっては、オフネット発信手順によりプレフィックス番号と国際VPN内線番号をダイヤルする必要があるので、発信手順が複雑になるという問題がある。また、このような発信手順の複雑さが私設番号計画を進める上で弊害になるという問題がある。

0015

ここにおいて本発明の解決すべき主要な目的は、次の通りである。本発明の第1の目的は、オンネットにするか、オフネットにするか意識せずに国際内線番号又は固有内線番号で国際通信することができる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法及びシステム装置を提供せんとするものである。

0016

本発明の第2の目的は、プレフィックス番号をダイヤルせずに、国際通話することができる国内仮想専用網における国際仮想専用網への内線接続方法及びシステム装置を提供せんとするものである。

0017

本発明の第3の目的は、私設番号計画を十分に進めることができる国内仮想専用網における国際仮想専用網への内線接続方法及びシステム装置を提供せんとするものである。

0018

本発明のその他の目的は、明細書、図面、特に特許請求の範囲の記載から自ずと明らかとなろう。

課題を解決するための手段

0019

前記した課題の解決は、本発明が次に列挙する新規特徴的構成手法及び手段を採用することにより前記目的を達成する。

0020

すなわち、本発明方法の第1の特徴は、国内加入者交換機を含む国内公衆通信網に接続された特定の国際加入者集団に対して、国内の仮想専用網(VPN)から共通線信号網を通じ当該国内加入者交換機を制御して国際VPNへ内線接続処理するに当り、VPN別の国際VPN内線番号と当該国際VPN内線番号が属する国際通信網の接続用識別番号(プレフィックス)とを対応させたVPN別の国際内線接続用データベースを予め用意して置き、国内VPNの加入者からの国際VPN内線番号を前記共通線信号網を通じて受信すると、前記国際内線接続用データベースにて当該国際VPN内線番号に対応するプレフィックスを検索し、前記国内加入者交換機に対して当該国際VPN内線番号に当該プレフィックスを付加した国際ルーティング番号で国際通信網における国際仮想専用網に接続するように前記共通線信号網を通じて指示し、国内公衆通信網と前記国際通信網に亙り途中国境相互接続点を通過する通信路一連形成して国際VPN加入者に接続処理をしてなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法にある。

0021

本発明方法の第2の特徴は、国内加入者交換機を含む国内公衆通信網に接続された特定の国際加入者集団に対して、国内の仮想専用網(VPN)から共通線信号網を通じ当該国内加入者交換機を制御して国際VPNへ内線接続処理するに当たり、国内VPNの国内加入者集団固有の固有内線番号とVPN別の国際VPN内線番号にプレフィックスを付加した国際ルーティング番号とを対応させた固有内線番号付き国際内線接続用データベースを予め用意して置き、国内VPNの加入者からの固有内線番号を前記共通線信号網を通じて受信すると、前記固有内線番号付き国際内線接続用データベースにて当該固有内線番号に対応する国際ルーティング番号を検索して、当該ルーティング番号により国際通信網における国際仮想専用網に接続しうるように前記共通線信号網を通じて指示し、前記国内公衆通信網と当該国際通信網に亙り途中国境相互接続点を通過する通信路を一連形成して国際VPN加入者に接続処理してなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法にある。

0022

本発明方法の第3の特徴は、前記本発明方法の第2の特徴における前記固有内線番号が、通常の通話ダイヤル番号よりも短い桁数のダイヤル番号としてなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法にある。

0023

本発明方法の第4の特徴は、前記本発明の第1,第2又は第3の特徴における前記通信路が、国内通信路と国境相互接続点と国際通信路を順次一貫経由してなる、国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法にある。

0024

本発明方法の第5の特徴は、前記本発明の第1,第2,第3又は第4の特徴における前記国内公衆通信網及び国際通信網が、電気電波又は光を通信媒体としてなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法にある。

0025

本発明方法の第6の特徴は、前記本発明方法の第1,第2,第3,第4又は第5の特徴における前記共通線信号網が、電気,電波又は光を信号媒体としてなる仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続方法にある。

0026

本発明装置の第1の特徴は、国内加入者交換機を含む国内公衆通信網に接続された特定の国際加入者集団に対して、国内の仮想専用網(VPN)から国際VPNへの内線接続を共通線信号網を通じて制御する国内網サービス制御局を設け、前記国内加入者交換機には、発信加入者が国内VPNの加入者集団の加入者であるかどうかをチェックする加入者チェックテーブルと、前記国内網サービス制御局との間で制御信号送受信をするサップ部とを備え、前記国内網サービス制御局には、発信加入者がいずれの国内VPNの加入者集団に属するかを検索する検索テーブルと、VPN別の国際VPN内線番号と当該国際VPN内線番号が属する国際通信網の接続用識別番号(プレフィックス)とを対応させたVPN別の国際内線接続用データテーブルと、前記サップ部との間で制御信号の送受信をする制御部とを備えて、前記国内公衆通信網と前記国際通信網に亙り途中国境相互接続点を通過する通信路を一連形成自在に構成してなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0027

本発明装置の第2の特徴は、国内加入者交換機を含む国内公衆通信網に接続された特定の国際加入者集団に対して、国内の仮想専用網(VPN)から国際VPNへの内線接続を共通線信号網を通じて制御する国内網サービス制御局を設け、前記国内加入者交換機には、発信加入者が国内VPNの加入者集団の加入者であるかどうかをチェックする加入者チェックテーブルと、前記網サービス制御局との間で制御信号の送受信をするサップ部とを備え、前記網サービス制御局には、発信加入者がいずれのVPNの加入者集団に属するかを検索する検索テーブルと、VPNの国内加入者集団固有の固有内線番号とVPN別の国際VPN内線番号にプレフィックスを付加した国際ルーティング番号とを対応させた固有内線番号付き国際内線接続用データテーブルと、前記サップ部との間で制御信号の送受信をする制御部とを備えて、前記国内公衆通信網と前記国際通信網に亙り途中国境相互接続点を通過する国際通信路を一連形成自在に構成してなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0028

本発明装置の第3の特徴は、前記本発明装置の第2の特徴における前記固有内線番号が、通常の通話ダイヤル番号よりも短い桁数のダイヤル番号からなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0029

本発明装置の第4の特徴は、前記本発明装置の第1,第2又は第3の特徴における前記加入者チェックテーブルが、国内一般加入者ID/国内VPN契約者対照テーブルである国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0030

本発明装置の第5の特徴は、前記本発明装置の第1,第2,第3又は第4の特徴における前記検索テーブルが、国内一般加入者ID/国内グループ番号対照テーブルである国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0031

本発明装置の第6の特徴は、前記本発明装置の第1,第4又は第5の特徴における前記VPN別国際内線接続用データテーブルが、国際内線番号/プレフィックス対照変換テーブルである国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0032

本発明装置の第7の特徴は、前記本発明装置の第2,第3,第4,第5又は第6の特徴における前記固有内線番号付き国際内線接続様データテーブルが、固有内線番号/プレフィックス+国際内線番号対照変換テーブルである国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0033

本発明装置の第8の特徴は、前記本発明装置の第1,第2,第3,第4,第5,第6又は第7の特徴における前記通信路が、国境相互接続点を仲介した国内通信路と国際通信路とからなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0034

本発明装置の第9の特徴は、前記本発明装置の第8の特徴における前記国内通信路が、国内加入者交換機と必要に応じ国内中継交換機と国内関門交換機とからなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0035

本発明装置の第10の特徴は、前記本発明装置の第8又は第9の特徴における前記国際通信路が、国際加入者交換機と必要に応じ国際中継交換機と国際関門交換機とからなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0036

本発明装置の第11の特徴は、前記本発明装置の第1,第2,第3,第4,第5,第6,第7,第8,第9,第10又は第11の特徴における前記公衆通信網及び国際通信網が、電気、電波又は光を通信媒体としてなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0037

本発明装置の第12の特徴は、前記本発明装置の第1,第2,第3,第4,第5,第6,第7,第8,第9,第10,第11又は第12の特徴における前記共通線信号網が、電気、電波又は光を信号媒体としてなる国内仮想専用網からの国際仮想専用網への内線接続システム装置にある。

0038

本発明は、前記のような新規な手法及び手段を講じているので、以下のような作用をなす。

0039

本発明では、国内仮想専用網の国内網サービス制御局4(ネット制御系)がオンネット状態で国際仮想専用網に接続処理をするので、オンネットにするか、オフネットにするか意識せずに国際内線番号又は固有内線番号で国際通信することができる。したがって、国際VPNを国内VPN内の内線として取り扱うことができるので、私設番号計画を十分に進めることができる。

0040

本発明では、プレフィックス番号をダイヤルしなくても、国際VPN内線番号又は固有内線番号をダイヤルすれば、国内網サービス制御局4(ネット制御系)において、プレフィックス番号+国際VPN内線番号を国際ルーティング番号として国際通信網βへの接続指示がなされる。

0041

なお、本発明装置における国内網サービス制御局4では、発信処理の際にVPN契約加入者から国際VPN契約加入者への通信である旨の情報を網側管理情報として取得することができる。かかる管理情報は、例えば、回線閉塞トラフィック状況の管理、さらに課金処理などに利用可能となる。

0042

以下、添付図面1を参照し、本発明をその装置例及び方法例に基づいて、より詳細に説明する。

0043

本装置例及び方法例では、端末を一般の電話機にて構成したが、これに限定するものではなく、例えば、有線電話機無線電話機ファクシミリ装置又はパーソナルコンピュータのうち1種又は2種以上の機器からなる一般端末、或は構内交換機PBX内線端末にて構成しても良い。また、本装置例及び方法例では専ら電気を通信媒体及び信号媒体とする国内公衆電気通信網及び共通線信号網並びに国際通信網を利用した。しかし、電波又は光を通信媒体及び信号媒体とする国内外電波通信網,光通信網及び共通線信号網を利用しても本発明を実現することが可能である。

0044

(装置例)図1は国内仮想専用網の概略構成を示し、図2は本装置例の要部構成を示している。なお、図9に示す従来のシステム装置と同一部分は、同一符号を付して説明の重複を避けた。

0045

国内公衆電気通信網αの国内加入者A〜Dの端末には、それぞれ国内一般加入者ID(全国番号)が設定され、そのうちの国内仮想専用網(VPN)εの国内VPN加入者A〜Cには、さらに同じ国内VPNのメンバグループMG間で通用する国内VPN加入者ID(内線番号)が設定される。そして、国内VPN契約加入者A〜Cには、国内VPNの各種の通信サービスが提供される。

0046

したがって、国内公衆電気通信網αの国内加入者A〜D間では、国内一般加入者ID(全国番号)にて相互に接続することができ、国内VPNεの国内VPN加入者A〜C間では、さらに国内VPN加入者ID(内線番号)にて相互に接続することができる。

0047

国内VPN加入者A〜Cは、国内網サービス制御局4におけるVPN別・国際内線接続用データテーブルにVPN別の国際VPN内線番号と、当該国際VPN内線番号が属する国際通信網βの国境相互接続点7を通過する接続用識別番号(プレフィックス)とを登録することにより、プレフィックス番号をダイヤルせずに国際内線番号だけで、国際通話が可能となる。

0048

本装置例は、図2及び図9に示すように、国内VPNεの契約加入者A等の加入者端末A′と接続する国内加入者交換機1、国内VPNεの各契約加入者A,B,Cに共通線信号網3及び国内加入者交換機1を介して国内仮想専用網εのサービスを提供する国内網サービス制御局4、国内加入者交換機1を国内公衆電気通信網αの国内中継交換機5、国内関門交換機6を介して国際通信網βの国際関門交換機8、国際中継交換機9、国際加入者交換機2に順次一貫経由接続するよう構成されている。

0049

その際、国内公衆電気通信網αと国際通信網βに亙って国境相互接続点7を通過する国内通信路10aと国際通信路10bからなる通信路10を一連形成する。国内加入者交換機1には、図2に示すように、サップ部(Service Access Pointの略)11、及び国内一般加入者ID/国内VPN利用契約者対照テーブル13が備えられている。

0050

サップ部11は、国内網サービス制御局4と接続先に関する問合せの制御信号S1、S2のやり取りを行う装置として機能する。国内一般加入者ID/国内VPN契約者対照テーブル12は発信者が国内VPNの利用契約者であるかどうかをチェックする加入者チェックテーブルとしての機能、及び必要に応じてデータの新規登録や登録抹消を行う機能が備えられている。

0051

国内網サービス制御局4は、インテリジェントネットワークにおける網制御ノード(SCP或いはNSPと呼ばれている)として機能する(例えば、電子情報通信学会編「情報ネットワークハンドブック」平成4年10月発行の「3章 情報ネットワーク基本技術 3.3インテリジェントネットワーク」参照)。

0052

本装置例の国内網サービス制御局4には、さらに国内一般加入者ID/国内グループ番号対照テーブル12と、VPN別の国際VPN内線番号と当該国際VPN内線番号が属する国際通信網βの接続用識別番号(プレフィックス)とを対応させたVPN別の国際内線接続用データテーブル14と、サップ部11と制御信号S1、S2のやり取りを行う制御部15と、が備えられている。

0053

ここで、図4は一般加入者ID/グループ番号対照テーブル8に記憶された内容例を示し、図5はVPN別・国際内線接続用データテーブル9に記憶された内容例を示している。

0054

図3の国内一般加入者ID/国内グループ番号対照テーブル13は、国内加入者がいずれのメンバーネットMGの加入者集団に属するかを検索するデータベースの検索テーブルとして機能し、図4のVPN別・国際内線接続用データテーブル14は、VPN別の国際VPN内線番号から、当該国際VPN内線番号が属する国際通信網βの接続用識別番号(プレフィックス)を対照するデータベースの変換テーブルとして機能する。図5の固有内線番号付き国際内線接続用データテーブル16はVPN固有内線番号から、プレフィックス+国際内線番号を対照するデータベースの変換テーブルとして機能し、VPN別・国際内線接続用データテーブル14に代わるものである。

0055

国内網サービス制御局13の制御部15は、国内加入者交換機1から国際VPN契約加入者への接続に関する問合せがあったとき、VPN別・国際内線接続用データテーブル14にて当該国際VPN内線番号に対応するプレフィックスを検索する。そして、国際VPN内線番号に当該プレフィックスを付加した国際ルーティング番号を作成して、国内公衆電気通信網αにおいては、当該ルーティング番号で国内加入者交換機1が国内中継交換機5を介して国内関門交換機6へ接続処理するように指示する。

0056

(方法例)次に、図面を参照して、上述した装置例を用いた国内仮想専用網における国際仮想専用網への内線接続方法の2つの方法例を、具体的に説明する。

0057

[方法例1]図6は国内VPN・契約加入者Aから国際VPN・契約加入者Eに国内仮想専用網εの内線接続機能を利用して通信するときのシーケンス例を示している。

0058

先ず、発信者である加入者Aの端末A′がオフフックすると、国内VPN加入者Aの国内加入者交換機1のサップ部11は直流ループ検出方式等にて国内VPN加入者Aのオフフックを検出し、国内一般加入者ID/国内VPN契約者対照テーブル12を検索及び参照して国内VPN加入者Aが国内仮想専用網εの利用契約者か否かを識別する。

0059

国内加入者交換機1は、国内VPN加入者Aの国内一般加入者IDから契約者である旨を確認すると、識別用ダイヤルトーン(第2ダイヤルトーン)を国内VPN加入者Aの端末A′に送出する。続いて、国内VPN加入者Aが端末A′にて国際VPN・契約加入者Eの国際VPN内線番号「AB11」をダイヤルすると、これを国内VPN加入者Aの国内加入者交換機1のサップ部6が受信する。

0060

国内加入者交換機1のサップ部11は、「AB11」のダイヤル信号を受信すると、桁数の識別等により国際VPN内線番号と判別し、国内VPN加入者Aの国内一般加入者ID(全国番号)「03−3×××−○○○○」と国際VPN内線番号「AB11」とを共通線信号網3を介して問合せ用制御信号S1により国内網サービス制御局4の制御部15に送信する。

0061

国内網サービス制御局4の制御部15は、先ず、国内加入者交換機1のサップ部11から国内VPN加入者Aの国内一般加入者IDと国際VPN内線番号とを受信すると、国内一般加入者ID「03−3×××−○○○○」により特定された同じVPNの国内一般加入者ID/国内グループ番号対照テーブル13(図3)を検索して、国内VPN加入者Aが国内仮想専用網εの何れのグループに属しているかを確認する。本例では、図3のテーブル13にて国内VPN加入者Aは国内グループ2のメンバであることがわかる。

0062

国内網サービス制御局4の制御部15は、次に、VPN別・国際内線接続用データテーブル14(図4参照)にて当該国際VPN内線番号「AB11」に対応するプレフィックス「00ABC」を検索する。続いて、問合せ応答するために国際VPN内線番号に当該プレフィックスを付加した国際ルーティング番号「00ABC+AB11」を作成する。そして、作成した国際ルーティング番号を国内VPN加入者Aの国内加入者交換機1のサップ部11に共通線信号網3を介して送出する。

0063

国内VPN加入者Aの国内加入者交換機1のサップ部11は、国内網サービス制御局4の制御部15から「00ABC+AB11」の制御信号S2を受信すると、国際ルーティング番号「00ABC+AB11」の国際アドレス信号(IAM)を送出し、必要に応じ国内中継交換機5を介して国内関門交換機6に対して国際通信網βの国際関門交換機8,必要に応じ国際中継交換機9,国際加入者交換機2を一貫経由して国際VPN・契約加入者Eに接続処理するように指示する。当該指示に従って、国内公衆電気通信網αと国際通信網βに亙り国境相互接続点7を通過する国内通信路10aと国際通信路11bからなる通信路10が一連結成される。

0064

その後は、国際通信網β側の処理により、国際加入者交換機2が国際VPN・契約加入者Eを呼び出すための呼出音を送出し、国際VPN・契約加入者Eの端末E′がオフフックして応答すると、国内加入者交換機1には応答信号(ANM)が送出される。これにより、国内VPN・契約加入者Aの端末A′と国際VPN・契約加入者Eの端末E′とが接続され、通話可能状態となる。

0065

[方法例2]図7は国内VPN・契約加入者Aから国際VPN・契約加入者Eに国内仮想専用網εの内線接続機能を利用して通信するときのシーケンス例を示している。

0066

なお、本方法例では、VPN別・国際内線接続用データテーブル14の代わりに、図5に示すVPNの国内加入者集団固有の固有VPN内線番号とVPN別の国際VPN内線番号にプレフィックスを付加した国際ルーティング番号とを対応させた固有内線番号付き国際内線接続用データテーブル(以下「 固有内線番号付き国際内線接続用データテーブルという」)16を設けている。

0067

先ず、発信者である国内VPN加入者Aの端末A′がオフフックすると、国内VPN加入者Aの国内加入者交換機1のサップ部11は直流ループ検出方式等にて国内VPN加入者Aのオフフックを検出し、国内一般加入者ID/国内VPN利用契約者対照テーブル12を検索及び参照して国内VPN加入者Aが仮想専用網εの利用契約者か否かを識別する。

0068

国内加入者交換機1は、国内VPN加入者Aの国内一般加入者IDから契約者である旨を確認すると、識別用ダイヤルトーン(第2ダイヤルトーン)を国内VPN加入者Aの端末A′に送出する。続いて、国内VPN加入者Aが端末A′にて固有VPN内線番号(国内VPN加入者Aにより変更設定が可能)「2011」をダイヤルすると、これを国内VPN加入者Aの国内加入者交換機1のサップ部11が受信する。

0069

国内加入者交換機1のサップ部11は、「2011」のダイヤル信号を受信すると、桁数の識別等により国内VPNの固有内線番号と判別し、国内VPN加入者Aの国内一般加入者ID(全国番号)「03−3×××−○○○○」と固有VPN内線番号「2011」とを共通線信号網3を介して問合せ用制御信号S1により国内網サービス制御局4の制御部15に送信する。

0070

国内網サービス制御局4の制御部15は、先ず、国内加入者交換機1のサップ部11から国内VPN加入者Aの国内一般加入者IDと固有VPN内線番号とを受信すると、国内一般加入者ID「03−3×××−○○○○」により特定された同じVPNの国内一般加入者ID/国内グループ番号対照テーブル13(図3)を検索して、国内VPN加入者Aが仮想専用網εの何れのグループに属しているかを確認する。本例では、図3のテーブル13にて国内VPN加入者Aは国内グループ2のメンバであることがわかる。

0071

国内網サービス制御局4の制御部15は、次に、固有内線番号付き国際内線接続用データテーブル16にて当該固有VPN内線番号「2011」に対応するプレフィックスが付加された国際VPN内線番号「00ABC+AB11」を検索する。そして、この番号を国際ルーティング番号として国内VPN加入者Aの国内加入者交換機1のサップ部11に共通線信号網3を介して送出する。

0072

国内VPN加入者Aの国内加入者交換機1のサップ部11は、国内網サービス制御局4の制御部15から「00ABC+AB11」の制御信号S2を受信すると、国際ルーティング番号「00ABC+AB11」の国際アドレス信号(IAM)を送出し、必要に応じ国内中継交換機5を介して国内関門交換機6に対して国際通信網βの国際関門交換機8,必要に応じ国際中継交換機9,国際加入者交換機2を一貫経由して国際VPN・契約加入者Eに接続処理するように指示する。当該指示に従って、国内公衆電気通信網αと国際通信網βに亙り国境相互接続点7を通過する国内通信路10aと国際通信路10bからなる通信路10が一連形成される。

0073

その後は、国際通信網側の処理により、国際加入者交換機2が国際VPN・契約加入者Eを呼び出すための呼出音を送出し、国際VPN・契約加入者Eの端末E′がオフフックして応答すると、国内加入者交換機1には応答信号(ANM)が送出される。これにより、国内VPN・契約加入者Aの端末A′と国際VPN・契約加入者Eの端末E′とが接続され、通話可能状態となる。

0074

以上本発明の代表的な装置例及び方法例について説明したが、本発明は必ずしもこれらの装置例の手段及び方法例の手法だけに限定されるものではなく、本発明にいう目的を達成し、後述する効果を有する範囲内において適宜変更して実施することができるものである。

発明の効果

0075

以上説明したように本発明によれば、国内仮想専用網から国際仮想専用網に接続するに当たり、オンネット状態で処理できるので、国内VPN契約加入者はオンネットにするか、オフネットにするか意識せずに国際VPN内線番号又は固有VPN内線番号で国際通信することができるという効果を奏する。特に、国際VPNを国内VPN内の内線として取り扱うことができるので、私設番号計画を十分に進めることが可能となる。

図面の簡単な説明

0076

図1通常の仮想専用網の構成を示した概念図である。
図2本装置例のシステム装置の構成を示した一部省略する概略図である。
図3国内網サービス制御局に備わる国内一般加入者ID/国内グループ番号対照テーブルの一例である。
図4国内網サービス制御局に備わるVPN別・国際内線接続用データテーブルの一例である。
図5国内網サービス制御局に備わる固有内線番号付き国際内線接続用データテーブルの一例である。
図6本発明の方法例にて国内VPN・契約加入者から国際VPN・契約加入者に国内仮想専用網の内線接続機能を利用して通信するときのシーケンス例を示している。
図7本発明の別の方法例にて国内VPN・契約加入者から国際VPN・契約加入者に国内仮想専用網の内線接続機能を利用して通信するときのシーケンス例を示している。
図8従来の方法にて国内VPN・契約加入者から国際VPN・契約加入者に国内仮想専用網の内線接続機能を利用して通信するときのシーケンス例を示している。
図9同上を実施する従来システム装置の構成を示した詳細説明図である。

--

0077

1…国内加入者交換機
2…国際加入者交換機
3…共通線信号網
4…国内網サービス制御局
5…国内中継交換機
6…国内関門交換機
7…国境相互接続点
8…国際関門交換機
9…国際中継交換機
10…通信路
10a…国内通信路
10b…国際通信路
11…サップ部
12…国内一般加入者ID/国内VPN契約者対照テーブル
13…国内一般加入者ID/国内グループ番号対照テーブル
14…VPN別・国際内線接続用データテーブル
15…制御部
16…固有内線番号付き国際内線接続用データテーブル
S1,S2…制御信号
α…国内公衆電気通信網
β…国際通信網
ε…国内仮想専用網(VPN)
MG…メンバグループ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ