図面 (/)

技術 ピストン・シリンダ機構

出願人 マックス株式会社
発明者 福島祥夫
出願日 1995年2月15日 (26年0ヶ月経過) 出願番号 1995-050398
公開日 1996年8月27日 (24年5ヶ月経過) 公開番号 1996-216040
状態 拒絶査定
技術分野 可搬形動力工具
主要キーワード 給排気孔 駆動用エア 給排孔 バンパ部材 トリガ機構 ネジ供給装置 エアシリンダ装置 ネジ打ち機
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年8月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

目的

中空状のピストンロッドを使用しても圧縮エア消費量を増大させることがない。

構成

両端にエアの給排気孔34a、34bを形成したシリンダ35と、該シリンダ35内に摺動自在に収容されたピストン36と、該ピストン36に一体に結合されて上記シリンダ35から突出するピストンロッド37とを備えたピストン36・シリンダ35機構17において、ピストンロッド37を中空にするとともに、ピストン36の開口端側にはピストン36の開口端を閉鎖し、かつピストン36のシリンダ35の側壁に対する衝撃を緩和するバンパ部材38を被着した。

概要

背景

概要

中空状のピストンロッドを使用しても圧縮エア消費量を増大させることがない。

両端にエアの給排気孔34a、34bを形成したシリンダ35と、該シリンダ35内に摺動自在に収容されたピストン36と、該ピストン36に一体に結合されて上記シリンダ35から突出するピストンロッド37とを備えたピストン36・シリンダ35機構17において、ピストンロッド37を中空にするとともに、ピストン36の開口端側にはピストン36の開口端を閉鎖し、かつピストン36のシリンダ35の側壁に対する衝撃を緩和するバンパ部材38を被着した。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

両端にエアの給排気孔を形成したシリンダと、該シリンダ内摺動自在に収容されたピストンと、該ピストンに一体に結合されて上記シリンダから突出するピストンロッドとを備えたピストン・シリンダ機構において、上記ピストンロッドを中空にするとともに、上記ピストンの開口端側には上記ピストンの開口端を閉鎖し、かつ上記ピストンの上記シリンダの側壁に対する衝撃を緩和するバンパ部材被着したことを特徴とするピストン・シリンダ機構。

請求項2

前記ピストンロッドにネジ打ち機におけるネジ回転駆動用ラックが形成された請求項1記載のピストン・シリンダ機構。

技術分野

0001

本発明は中空に形成されたピストンロッド駆動用エアが供給されないようにしたピストンシリンダ機構に関する。

0002

一般に、ネジ打ち機は実開平6ー36774号公報に示されるように、軸心方向打撃作動するとともに軸心を中心に回転作動するドライバを備え、このドライバを圧縮エアで駆動してネジを材料に打ち込んだ後にねじ込むものであり、ドライバをねじ込み作動させるのにピニオンラック機構が採用されている。ラックはピストンロッドに一体に形成されている。

0003

ところで、ラック付きのピストンロッドは重量が大きく、駆動力の負担も大きくなるので、ピストンロッドを中空に形成することにより作動部の軽量化を図ることが知られている。

0004

しかしながら、ピストンロッドを中空にすると、シリンダ内に導入されたピストンロッド駆動用の圧縮エアがピストンロッドの中空部の内部にまで入り込んでしまい、圧縮エアが無駄に消費されてしまうという問題があった。これに対応して、ピストンロッドの開口端に栓を嵌込むことで圧縮エアがピストンロッド内に入り込むことを防止することはできるが、部品部品加工点数が増加し、コストが上昇するという問題がある。

0005

本発明は前記欠点を解消し、中空状のピストンロッドを使用しても圧縮エアの消費量を増大させることのないピストン・シリンダ機構を提供することをその目的とする。

0006

前記目的を達成するため、本発明に係るピストン・シリンダ機構は、両端にエアの給排気孔を形成したシリンダと、該シリンダ内に摺動自在に収容されたピストンと、該ピストンに一体に結合されて上記シリンダから突出するピストンロッドとを備えたピストン・シリンダ機構において、上記ピストンロッドを中空にするとともに、上記ピストンの開口端側には上記ピストンの開口端を閉鎖し、かつ上記ピストンの上記シリンダの側壁に対する衝撃を緩和するバンパ部材被着したことを特徴とする。

0007

なお、ネジ打ち機におけるネジの回転駆動用ラックは前記ピストンロッドに形成するのが好ましい。

0008

請求項1の発明によれば、シリンダの両端の給排気孔から交互に導入された圧縮エアによりピストンが前後方向に駆動されてラックも往復動する。そして、上記ピストンのバンパ部材によりピストンロッドの開口端は閉鎖されているから、上記一方の給排気孔から導入されたエアはピストンロッド内に進入することができない。したがって、ピストンロッドを中空にしたことによって、ラックの駆動力を増大させる必要がなく、また圧縮エアを無駄に消費させることもない。

0009

また、ピストンが移動してその後端ばシリンダの後側壁衝突したときの衝撃はバンパ部材によって緩和されるので、耐久性も向上する。

0010

請求項2の発明によれば、ネジ打ち機におけるネジの回転駆動用ラックをピストンロッドに形成することにより、打ち込みネジのねじ込みに要する駆動力を増大させる必要がなく、また圧縮エアを無駄に消費させることもない。

0011

図1はネジ打ち機を示すもので、ボディ1とネジ2の射出口3を有するノーズ部4とグリップ部5とを備えている。ボディ1にはエア供給源6から供給された圧縮エアによって駆動されて打ち込みネジ2を打込む打撃機構7と、打ち込まれた打ち込みネジ2をねじ込むピニオン・ラック機構8と、上記両機構の作動を制御するトリガ機構9とが設けられている。なお、圧縮エアはエア供給源6からグリップ部5とボディ1に互いに連通するように形成されたエア貯留室10に供給される。

0012

打撃機構7は通常の釘打機に採用されているものと同様のエアシリンダ装置によって構成され、ボディ1のエア貯留室10bからの圧縮エアを打撃シリンダ11内に供給して打撃ピストン12に一体結合したドライバ13を駆動し、マガジン14のネジ供給通路からネジ供給装置(図示せず)によりノーズ部4の射出口3内に供給された打ち込みネジ2を被打込み材内にある程度の深さまで打ち込むものである。

0013

次に、トリガ機構9はトリガレバー25の手動操作により打撃機構の駆動用エアの供給を制御する弁機構、トリガレバー25を引き操作することによりトリガ機構9が作動して打撃機構7が作動し、駆動用エアが打撃機構の打撃ピストン12の上面に供給されて打撃ピストン12とともにドライバ13が駆動され、射出口3に供給された打ち込みネジ2が被打込み材26に対して打ち込まれる。そして、打撃ピストン12の駆動によりその下面側に圧縮された圧縮エアが連結パイプ39を介してピニオン・ラック機構8に送られ、打ち込みに続いてねじ込みが行なわれる。

0014

ピニオン・ラック機構8はラック15の直線運動ピニオンギア16の回転運動に変換するもので、図2に示されるように、ラック15とこれに噛合するピニオンギア16と中間ギア22とドライバガイド23とから成り、ピストン・シリンダ機構17に連係している。

0015

なお、ドライバガイド23はノーズ部4に上記ドライバ13の軸線のまわりに回転自在に支持され、その中央には長方形ガイド孔24が形成されている。ガイド孔24にはドライバ13が挿入されている。これにより、ドライバ13はその軸方向にはドライバガイド23と独立に摺動できるが、ドライバガイド23の回転に追従して回転する。

0016

ピストン・シリンダ機構17は、両端にエアの給排気孔34a、34bを形成したシリンダ35と、該シリンダ35内に摺動自在に収容されたピストン36と、該ピストン36に一体に結合されて上記シリンダ35から突出するピストンロッド37とから構成され、ピストンロッド37の前側には上記ラック15が一体に形成されている。

0017

したがって、上述のように、打撃機構の作動に続いて圧縮エアが連結パイプ39を介してピニオン・ラック機構8に送られ、ピストン・シリンダ機構17のシリンダ35の給排孔34a、34bの給排を切り替え、グリップ部5の内部に形成されたエア貯留室10aから駆動用エアが矢印Aのようにシリンダ35の給排孔34bに供給され、ピニオン・ラック機構8のラック15を前方に移動し、これに連動してピニオンギア16と中間ギア22とドライバガイド23とを回転させ、さらにドライバ13を回転駆動するので、ネジ2は被打込み材内にねじ込まれる。

0018

ところで、上記ピストン・シリンダ機構17において、ピストンロッド37は図3に示されるように中空に形成されている。また、ピストン36の開口端側にはこの開口端を閉鎖するバンパ部材38が被着されている。バンパ部材38はゴム等の弾性材から構成されている。なお、ピストンロッド37に形成されたラック15もえぐり加工により肉抜きされ、溝状に形成されている。

0019

上記構成のピストン・シリンダ機構17によれば、シリンダの後端の給排気孔34bから導入された圧縮エアによりピストン36とピストンロッド37が前方に駆動されてラック15が往動し、シリンダ35の前端の給排気孔34aから導入された圧縮エアによりピストン36とピストンロッド37が後方に駆動されてラック15が復動する。そして、上記ピストン36のバンパ部材38によりピストンロッド37の開口端はシールされているから、上記後端の給排気孔34bから導入されたエアはピストンロッド37内に進入することができない。したがって、ピストンロッド37を中空にしたことによって、ラック15の駆動力を増大させる必要がなく、また圧縮エアを無駄に消費させることもない。

0020

また、ピストンが移動してその後端ばシリンダの後側壁に衝突したときの衝撃はバンパ部材38によって緩和されるので、耐久性も向上する。

図面の簡単な説明

0021

図1本発明に係るピストン・シリンダ機構を備えたネジ打ち機の縦断面図
図2上記ネジ打ち機におけるピニオン・ラック機構とピストン・シリンダ機構を示す断面図
図3上記ピストン・シリンダ機構の拡大断面図

--

0022

17ピストン・シリンダ機構
34a給排気孔
34b 給排気孔
35シリンダ
36 ピストン
38 バンパ部材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ