図面 (/)

技術 暗記ペン用消去性インキ組成物

出願人 三菱鉛筆株式会社
発明者 岩佐敦小柳津和弘
出願日 1995年1月26日 (26年0ヶ月経過) 出願番号 1995-010554
公開日 1996年8月6日 (24年6ヶ月経過) 公開番号 1996-199104
状態 未査定
技術分野 インキ、鉛筆の芯、クレヨン
主要キーワード 補色対 消去ペン 隠蔽材 色ペン アクリルニトリル系重合体 学習具 特定区域 マスキング性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年8月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

構成

0℃以下の造膜温度もしくは0℃以下のガラス転移温度を有する樹脂微粒子顔料隠蔽材および水を含有することを特徴とする暗記ペン消去性インキ組成物

効果

本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物は、微粒子顔料の粒径および配合量等を規定することにより、チェックシート使用時の下地隠蔽性発現させ、更に、隠蔽材添加によるマスキング性増加効果により、従来の消しゴム消去性インキにはない、暗記ペン用ペンインキへの展開に供するものである。

概要

背景

従来、暗記ペン用として市販されているチェックペンについては、特公昭57−37871号公報(暗記能率増進学習具)の「黒色印刷による一連の表示のうち特定の表示のみを包囲する特定区域aの地を、前記表示の視認が可能に一つの補色対の一方の色に着色した書面Aと、前記した補色対の他方の色の透明な地色をもつチェックシートBとを組にし、チェックシートBの透視下における特定区域aの暗転した地色に前記特定の表示を混同させてなる暗記能率増進学習具」の内容を元にして、書面Aにあたる部分を着色ペンおよび消去ペンの2本を用いて、着色と消色に使用している。しかしながら、この暗記用ペンは、2本のペンを使用するという煩わしさがあること、消色直後の筆記面に着色ペンで筆記しにくいこと、別のペンで筆記した場合に描線が滲みやすいこと、さらには、着色ペン、消色ペンを繰り返し使用することによって筆記面を傷めやすいことなどの欠点を有している。他方、筆記後に消しゴム消去できる消去性インキは、特開平4−56090号公報に「0℃以下の造膜温度もしくは0℃以下のガラス転移温度を有する樹脂、着色球状微粒子および水を含有することを特徴とする消去性インキ」として開示されている。しかしながら、この消去性インキは、一般的な顔料組合せにおいては、暗記ペン用として供するためのチェックシート使用時の下地隠蔽性が得られていない。

概要

0℃以下の造膜温度もしくは0℃以下のガラス転移温度を有する樹脂、微粒子顔料隠蔽材および水を含有することを特徴とする暗記ペン用消去性インキ組成物

本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物は、微粒子顔料の粒径および配合量等を規定することにより、チェックシート使用時の下地隠蔽性を発現させ、更に、隠蔽材添加によるマスキング性増加効果により、従来の消しゴム消去性インキにはない、暗記ペン用ペンインキへの展開に供するものである。

目的

本発明の目的は、上記欠点を改良することであり、暗記ペンとしての使用に供する下地隠蔽性および消しゴムでの消去性に優れた暗記ペン用消去性インキ組成物を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

0℃以下の造膜温度もしくは0℃以下のガラス転移温度を有する樹脂微粒子顔料隠蔽材および水を含有することを特徴とする暗記ペン消去性インキ組成物

請求項2

請求項3

界面活性剤を添加した請求項1もしくは2記載の暗記ペン用消去性インキ組成物。

請求項4

請求項5

微粒子顔料の粒子径0.05〜1μである請求項1ないし4記載の暗記ペン用消去性インキ組成物。

請求項6

微粒子顔料の含有量が0.2〜10%である請求項1ないし5記載の暗記ペン用消去性インキ組成物。

請求項7

隠蔽材が酸化チタン酸化亜鉛である請求項1ないし6記載の暗記ペン用消去性インキ組成物。

請求項8

隠蔽材の含有量が、5〜40%である請求項1ないし7記載の暗記ペン用消去性インキ組成物。

技術分野

0001

本発明は、筆記後に消しゴムによって消去できる暗記ペン消去性インキ組成物に関する。

背景技術

0002

従来、暗記ペン用として市販されているチェックペンについては、特公昭57−37871号公報(暗記能率増進学習具)の「黒色印刷による一連の表示のうち特定の表示のみを包囲する特定区域aの地を、前記表示の視認が可能に一つの補色対の一方の色に着色した書面Aと、前記した補色対の他方の色の透明な地色をもつチェックシートBとを組にし、チェックシートBの透視下における特定区域aの暗転した地色に前記特定の表示を混同させてなる暗記能率増進学習具」の内容を元にして、書面Aにあたる部分を着色ペンおよび消去ペンの2本を用いて、着色と消色に使用している。しかしながら、この暗記用ペンは、2本のペンを使用するという煩わしさがあること、消色直後の筆記面に着色ペンで筆記しにくいこと、別のペンで筆記した場合に描線が滲みやすいこと、さらには、着色ペン、消色ペンを繰り返し使用することによって筆記面を傷めやすいことなどの欠点を有している。他方、筆記後に消しゴムで消去できる消去性インキは、特開平4−56090号公報に「0℃以下の造膜温度もしくは0℃以下のガラス転移温度を有する樹脂、着色球状微粒子および水を含有することを特徴とする消去性インキ」として開示されている。しかしながら、この消去性インキは、一般的な顔料組合せにおいては、暗記ペン用として供するためのチェックシート使用時の下地隠蔽性が得られていない。

発明が解決しようとする課題

0003

本発明の目的は、上記欠点を改良することであり、暗記ペンとしての使用に供する下地隠蔽性および消しゴムでの消去性に優れた暗記ペン用消去性インキ組成物を提供することである。

課題を解決するための手段

0004

本発明者は、前記課題を解決するため鋭意研究を行った結果、特定の造膜温度もしくはガラス転移温度を有する樹脂に微粒子顔料および隠蔽材を配合することにより、暗記ペン用としての下地隠蔽性を具備することを見出し本発明を完成するに至った。

0005

すなわち、本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物は、0℃以下の造膜温度もしくは0℃以下のガラス転移温度を有する樹脂、水、微粒子顔料および隠蔽材を含有することを特徴とする。好ましくは、さらに界面活性剤を添加したものである。

0006

本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物に用いる樹脂は、0℃以下の造膜温度もしくは0℃以下のガラス転移温度を有する。0℃をこえる造膜温度もしくは0℃をこえるガラス転移温度を有する樹脂を使用した場合は、筆記描線樹脂膜が硬く、脆いため消しゴムで擦った場合、筆記描線の樹脂膜を破壊しにくく、更に擦って破壊しても紙の繊維間に顔料を包み込んだ樹脂が残留するため、消去性は満足ではない。組成物中に占める樹脂の割合は、2〜50重量%、好ましくは、20〜30重量%の範囲で使用される。この添加量より少なければ消去性に不満足が生じ、多すぎれば、樹脂膜が硬くなり過ぎたり、インキの粘度が上がり過ぎて実用的ではない。

0007

具体的な樹脂としてはつぎに示すものから選択して、単独もしくは二種以上混合して用いられる。たとえば、天然ゴムスチレンブタジエンゴムクロロプレンゴムアクリルニトリルブタジエンとの共重合物ニトリルゴムイソブチレンイソプレンとの共重合体であるブチルゴム、シス1,4ポリイソプレンアクリル酸の各種のエステルゴム状重合体アクリルゴム)、多硫化ゴムエチレンプロピレンゴムウレタンゴムなどのゴム状物質スチレン・アクリルニトリル共重合体、アクリルニトリル・ブタジエン・スチレン三元共重合体、アクリルニトリル・塩化ビニリデン共重合体などのアクリルニトリル系重合体塩化ビニル系重合体塩化ビニリデン系重合体などビニル塩化物重合体酢酸ビニル重合体酢酸ビニルエチレン重合体、酢酸ビニル‐エチレン‐塩化ビニル重合体、酢酸ビニルマレート重合体などの酢酸ビニル系重合体ポリブテンポリエチレンなどのポリオレフィンなどをあげることができる。

0008

本発明のインキの樹脂をさらに詳しく説明すると、上記した重合体のラテックスエマルジョンの状態で水と共に用いることのできる樹脂が好ましい。たとえば、
スチレンブタジエンラテックス(SBR)、
*アクリルニトリルブタジエンラテックス(NBR)、
ビニルピリジン共重合体ラテックス(VP)、
メチルメタクリレートブタジエンラテックス(MBR、ABR)、
アクリレートラテックス(AR)、
クロロプレンラテックス(CR)、
*イソプレンラテックス(IR)、
ブチルラテックス(IIR)
チオコールラテックス、
ウレタンラテックス
天然ゴムラテックス(NR)、などをあげることができる。

0010

本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物に用いる微粒子顔料は、通常筆記具インキにおいて使用されている一般的な顔料のうち粒子径が0.05〜1μ、好ましくは0.05〜0.5μのものが使用される。粒子径がこの範囲を越えると、暗記ペンに供するためのチェックシート使用時の下地隠蔽性が得られない。また、微粒子顔料の暗記ペン用消去性インキ組成物に占める割合は、0.2〜10%、好ましくは1〜8%、更に好ましくは2〜5%である。この添加量より少なければ、下地隠蔽性が弱まり実用性欠け、多すぎれば、筆記後の消去性が低下する。

0011

微粒子顔料としては、通常筆記具インキにおいて使用されている一般的な顔料が使用される。使用し得る顔料をカラーインデックス(C.I.)番号により例示すれば、無機顔料では、ピグメントレッド101、105、106、107、108、ピグメントブルー27、28、29、35、ピグメントグリーン17、18、19、21、有機顔料では、ピグメントレッド1、2、3、4、5、7、9、12、22、ピグメントブルー1、2、15、16、17、ピグメントグリーン2、7、8、10などが使用される。具体的には黄色酸化鉄赤色酸化鉄キナクリドンレッドモノアゾエロー、フタロシアブルーなどである。白色、黒色を除く顔料が好ましい。

0012

水の含有量は組成物中20〜97.5重量%であり、好ましくはイオン交換水が使用される。いずれにしても、使用するペンの機構や所望する描線濃度を考慮した配合組成にすることが望ましい。本発明のインキには前記必須成分に加え、通常筆記具インキに使用される他の添加剤、たとえば界面活性剤、防菌剤有機溶剤として、エチレングリコールジエチレングリコールグリセリンプロピレングリコールなど必要に応じて添加することができる。

0013

本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物に用いる隠蔽材は、酸化チタン酸化亜鉛などの隠蔽性の高い顔料を用いる。特に、酸化チタンが良好である。酸化チタンとしては、ルチル型アナターゼ型などの各種の酸化チタンが使用できる。市販のものとしては、タイトーンSR−1、同R−650、同R−3L、同A−110、同A−150、同R−5N(以上、堺化学工業(株)製)、タイペークR−580、同R−550、同R−930、同A−100、同A−220、同CR−58(以上、石原産業(株)製)、クロノスKR−310、同KR−380、同KR−480、同KA−10、同KA−20、同KA−30、(以上、チタン工業(株)製)、タイピュアR−900、同R−931(以上、デュポンジャパン・リミテッド社製)などが挙げられる。また、隠蔽材の暗記ペン用消去性インキ組成物に占める割合は、5〜40%、好ましくは10〜35%、更に好ましくは20〜30%である。この添加量より少なければ、隠蔽性の補強効果が弱まり実用性に欠け、多すぎれば、隠蔽性が強すぎるために、下地まで隠蔽してしまい実用性に欠ける。

0014

本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物が良好な消しゴム消去性を有する理由は、0℃以下の造膜温度もしくは0℃以下のガラス転移温度を有する樹脂の持つ柔軟性により、描線膜を容易に破壊できること、また、描線膜が紙面より剥離する際に、紙の繊維間に入り込んだ顔料粒子をも同時に引き剥がすことができるためのと考えられる。更に、暗記ペンとしての使用に供することができる理由は、一般的な顔料の組合せでは得られなかったチェックシート使用時の下地隠蔽性を、使用顔料の粒径制限およびマスキング力向上としての隠蔽材を含有させることにより補ったためである。

0015

以下、実施例および比較例にて本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物についてのべる。
(実施例1)下記の成分を配合して、本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物を得た。
微粒子赤顔料[BASF社製: “EP-200”] 2重量%
平均粒子径…0.22μ
・酸化チタン[デュポン・ジャパン・リミテッド社製:
“タイピュアR−931”] 28重量%
アクリルブタジエン系共重合体樹脂[日本ゼオン(株)製:
商標Nipol 1571”,ガラス転移温度-30℃、固形分 40重量%]
50重量%
・水 20重量%
この暗記ペン用消去性インキ組成物は、まず、水に微粒子赤顔料および酸化チタンを加え、混合撹拌して均一な顔料分散液とし、これにアクリル‐ブタジエン共重合体樹脂を所定量添加して、更に混合撹拌して赤色の暗記ペン用消去性インキ組成物を製造した。

0016

(比較例1)
・赤色球状微粒子[日本触媒(株)製:“エポカラーFP-20”] 30重量%
平均粒子径…4.0μ
・アクリル‐ブタジエン系共重合体樹脂[日本ゼオン(株)製:
“商標Nipol 1571”,ガラス転移温度-30℃、固形分 40重量%]
50重量%
・水 20重量%
上記の配合にて、実施例1と同様にして、赤色インキを製造した。

0017

(実施例2)
・微粒子赤顔料[大日本インキ(株)製:“DISPERSE RED SD-1011”] 4重量%
平均粒子径…0.16μ
・酸化チタン[石原産業(株)製:"タイペークR-930”] 26重量%
アクリロニトリルブタジエン系ラテックス[日本ゼオン(株)製:
“商標Nipol 540”,ガラス転移温度-42℃、固形分 45重量%]
50重量%
ポリオキシエチレンオクチルフェニルエーテル
[日光ケミカルズ(株)製:“OP-10”] 0.5重量%
・水 19.5重量%
上記配合に基づいてまず、水にノニオン系界面活性剤〔ポリオキシエチレンオクチルフェニルエーテル〕、微粒子赤顔料および酸化チタンを加え撹拌した後、ダイノミルにて分散させて均一な顔料分散液とし、これにアクリルニトリルブタジエン樹脂を所定量添加して、更に混合撹拌して赤色の暗記ペン用消去性インキ組成物を製造した。

0018

(比較例2)市販の暗記ペン用チェックペン〔ゼブラ(株)製:“CHECKPEN” 赤および専用消去ペン〕を購入し、比較に使用した。

0019

実施例1〜2および比較例1で得られたインキを、それぞれペンに充填し、比較例2の製品と合わせて、暗記ペンとしての性能比試験を行った。結果を表1に示す。

0020

ID=000002HE=045 WI=086 LX=0620 LY=0550
表1から明らかなように、本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物は、暗記ペンとしての用途に対して、優れた性能を示す。

発明の効果

0021

本発明の暗記ペン用消去性インキ組成物は、微粒子顔料の粒径および配合量等を規定することにより、チェックシート使用時の下地隠蔽性を発現させ、更に、隠蔽材添加によるマスキング性増加効果により、従来の消しゴム消去性インキにはない、暗記ペン用ペンインキへの展開に供するものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • オムヤインターナショナルアクチェンゲゼルシャフトの「 デジタル印刷媒体用塗工剤」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本発明は、ポリマーバインダー及び固体金属錯体を含むデジタル印刷媒体用塗工剤であって、前記固体金属錯体が、(i)2価または3価の金属カチオン及び(ii)多座配位子を含む塗工剤に関するも... 詳細

  • 株式会社クラレの「 エマルション組成物」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】コアシェル構造を有する重合体粒子(A)とポリビニルアルコール系樹脂(B)を含むエマルション組成物であって、 該重合体粒子(A)のシェルを構成する重合体のガラス転移温度が100℃以上... 詳細

  • 富士フイルム株式会社の「 インクセット」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】着色剤、有機溶剤、重合性化合物、及び光重合開始剤を含有するインクジェット用着色インクと、有機溶剤及び塩化ビニル−酢酸ビニル共重合体を含有し、不揮発性成分の総含有質量をMt1とし、塩化... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ