図面 (/)

技術 テキスト入力装置

出願人 合田光廣
発明者 合田光廣
出願日 1995年5月18日 (24年2ヶ月経過) 出願番号 1995-156633
公開日 1996年7月23日 (22年11ヶ月経過) 公開番号 1996-190550
状態 特許登録済
技術分野 文書処理装置 文書処理装置
主要キーワード プログラムカウンター 末尾データ テキスト入力装置 戻りデータ 先頭一致 下限設定 照合済 入力負荷
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年7月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

目的

テキスト入力の効率を、操作者個人能力にあまり依存しない自然な方法で向上させる。

構成

テキスト入力装置に於いて、1文字(又は、字画部首かその他基本構成要素)単位で入力して(F002)、入力文字列(又は入力字画・部首・その他基本構成要素データ、以下これに準ずる)を形成(F006B)。文字列を用いて辞書索引を行い(F008)、入力データと先頭データが等しく唯一の語、或いは、入力データと先頭末尾データが等しく唯一の語が辞書内にあれば、それを入力文字列に置き換えて表示(F009C)。

概要

背景

従来の入力負荷軽減の為のテキスト入力方法の一つとして、略語や短縮語を用いるものがあり、例えば略語辞書を持ち、あらかじめ設定された略語を入力すればその略語に対応する語が辞書から取り込まれ、入力文字列に置き換える事により負荷を軽減する。

概要

テキスト入力の効率を、操作者個人能力にあまり依存しない自然な方法で向上させる。

テキスト入力装置に於いて、1文字(又は、字画部首かその他基本構成要素)単位で入力して(F002)、入力文字列(又は入力字画・部首・その他基本構成要素データ、以下これに準ずる)を形成(F006B)。文字列を用いて辞書索引を行い(F008)、入力データと先頭データが等しく唯一の語、或いは、入力データと先頭末尾データが等しく唯一の語が辞書内にあれば、それを入力文字列に置き換えて表示(F009C)。

目的

本発明では、通常のキーボード入力に於いては、唯一語句判定文字列から成る語を複数個記憶する辞書を用い、文字データ入力時に、辞書を索引し、入力データを含むか、入力データと先頭データが等しく、且つ、唯一の語を検出した場合、或いは、入力データを含むか、入力データと先頭・後尾データが等しく、唯一の語を検出した場合、辞書から残りの部分を補正する処理を行うことによって、操作者の記憶能力等にあまり依存せず、自然な入力操作を妨げず、テキスト入力効率を高める装置を提供する。手書き入力に於いても、文字字画・部首・その他基本構成要素データが入力される毎に、それまでの入力データの後に加えて辞書と照合し、入力データを含むか、入力データと先頭データが等しく、唯一のデータがあるか、或いは、入力データを含むか、入力データと先頭・後尾データが等しく、唯一の語を検出した場合、それを取り出して、入力データに置き換える。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

文字データを認識して入力する入力手段と、唯一語句文字列データ若しくは文字字画部首・その他基本構成要素データからなる語を複数個格納する辞書手段と、前記入力手段からの文字データ入力毎に、それを後に加えた入力データを前記辞書手段の各語と照合し、前記入力データを含むか、前記入力データと先頭データが等しく、唯一か特定数特定範囲数の語が、前記辞書手段内に存在するか否かを判定し、前記入力データを含むか、前記入力データと先頭データが等しい唯一語句文字列データ若しくは文字字画・部首・その他基本構成要素データが,複数存在する場合は、前記辞書手段の各語のデータと、前記入力データを先頭から突き合せて連続的に一致するデータの有無を判定し、同時に、同じデータを用いて、後尾から突き合せて連続的に一致するデータの有無を判定し、その結果、前記入力データが先頭若しくは後尾から連続的に一致すると判定され、且つ唯一の、突き合せ対象の前記辞書手段内の語、即ち、前記唯一語句文字列データ若しくは文字字画・部首・その他基本構成要素データが、前記辞書手段内に存在するか否かを判定する判定手段と、前記判定手段により判定された語を出力するか、若しくは、その判定された語の文字データによって出力文字を合成し出力する出力手段、及び、前記各手段を制御する制御手段を含むテキスト入力装置

技術分野

0001

本発明は、情報処理装置通信制御装置等に於けるテキスト入力負荷を軽減するテキスト入力装置に関する。

背景技術

0002

従来の入力負荷軽減の為のテキスト入力方法の一つとして、略語や短縮語を用いるものがあり、例えば略語辞書を持ち、あらかじめ設定された略語を入力すればその略語に対応する語が辞書から取り込まれ、入力文字列に置き換える事により負荷を軽減する。

発明が解決しようとする課題

0003

しかし前記の場合、略語を記憶し、且つ略語の変換を指示する事により所望の語を探索する事となり、その効率は利用者個人能力に依存する要素が多い。テキスト入力では、略語変換キーをその都度押す、或いは、変換キーを押さずに、例えば、入力文字列に一致する候補を表示し、その中から選択する等の方法は、実務上、連続テキストの入力には適していない.又、手書き入力では、筆順、形状、画数等を基準に認識が行われ、筆順通りに全ての字画を入力するか、或いは、その一部を入力して、部分一致候補語を表示し、選択するものがあるが,現実には、選択を主とする入力方法には、多くを望めない。

0004

本発明では、通常のキーボード入力に於いては、唯一語句判定文字列から成る語を複数個記憶する辞書を用い、文字データ入力時に、辞書を索引し、入力データを含むか、入力データと先頭データが等しく、且つ、唯一の語を検出した場合、或いは、入力データを含むか、入力データと先頭後尾データが等しく、唯一の語を検出した場合、辞書から残りの部分を補正する処理を行うことによって、操作者記憶能力等にあまり依存せず、自然な入力操作を妨げず、テキスト入力効率を高める装置を提供する。手書き入力に於いても、文字字画・部首・その他基本構成要素データが入力される毎に、それまでの入力データの後に加えて辞書と照合し、入力データを含むか、入力データと先頭データが等しく、唯一のデータがあるか、或いは、入力データを含むか、入力データと先頭・後尾データが等しく、唯一の語を検出した場合、それを取り出して、入力データに置き換える。

0005

入力手段を通して入力された入力途中のデータを、唯一語句文字列若しくは文字字画・部首・その他基本構成要素データから成る辞書構成語を複数個格納する辞書手段と照合し、入力データを含むか、入力データと先頭データが等しく、唯一の語が存在するか否か、或いは、入力データと先頭・後尾データが等しく、唯一の語が存在するか否かを判定する判定手段と、前記判定手段により判定された語を出力する手段、及びそれらを制御する制御手段から成る。

0006

本テキスト入力装置に於いては、入力手段から文字(又は文字字画・部首・その他基本構成要素、以下これに準ずる)が入力される度に入力途中の文字データの後に付け加え、その入力データと辞書を照合し、入力データを含むか、入力データと先頭データが等しく、唯一の語が辞書手段中に存在するか否か、或いは、入力データと先頭・後尾データが等しく、唯一の語が辞書手段中に存在するか否かを判定し、もし存在する場合、それを入力途中の文字データと置き換え、以後のデータ入力を省略することが出来る。

0007

図1に本発明のテキスト入力装置の一例のブロック図を示す。図1に於いて、テキスト入力装置は、入力内容編集結果等を表示する液晶等からなる表示部1と、文字情報を入力するキーボードや、その他手書き入力・認識を含む読み取り部等からなる入力部2と、Read Only Memoryや、Random Access Memory等からなる辞書部3と、表示部1、入力部2、辞書部3等を制御するプログラムを実行する制御部4と、制御プログラム入力テキスト等を格納するRAM等からなるメモリー部5を含む。

0008

図2図3図4図5図6図7図8図9図10は、本実施例の動作を説明するフローチャートであり、これに基づいて本装置入力処理例を説明する。特定数特定範囲数の語句の判定処理は、以下の唯一語句判定処理に準ずる。

0009

F001は、処理の開始にあたり、プログラムカウンターフラッグ、作業領域等の内容を初期化する。次に、F002で、1桁単位の文字入力を行う。

0010

F003では,F002の入力内容が終了指定コードか否かを判定し、もし終りならば、F003Aで終了処理をして停止する。終りで無ければ、F004以降の処理に進む。

0011

F004に於いて、入力内容が語句の区切りを示すもの、即ち、入力語句セパレータか否かを調べ、もしそうであれば、F004Aに進み、入力語句の終了処理を行い、Tフラッグをオフにした後、F004Bで、それまでの入力センテンス格納領域の後部に、入力語句を加え、F002の入力処理に戻る。F004の判定内容が、入力語句のセパレーター以外であれば、処理はF005に進む。

0012

F005では、入力内容がピリオドか否かにより、処理が分かれる。ピリオドの場合はF005Aに進み、(センテンス終了の為)入力語句以前の入力センテンス格納領域を初期化(クリア)した後、F002の入力処理に戻る。ピリオド以外であれば、処理はF006に進む。

0013

F006では、入力内容が、通常の文字であるか否かを判定し、文字であれば処理はF006Aに進む。文字以外であれば、F006Cの判定に進み、判定結果がESCコードでなければ、その他の機能コードの処理となり、本方法の説明内容とは、直接的関係が無いので、説明を省略する。

0014

F006Cの判定結果がESCコードならば、F006Dに進み、直前に、入力文字列の残りを辞書から補う補正処理が成されたか否かを判定し、YesであればF006Eで、補正の直前の入力/表示状態に戻す処理を行い、F002の入力に戻る。Noであればこの場合は何もせず、次の文字入力のため、F002に戻る。

0015

前記F006の判定結果が通常の文字なら、処理はF006からF006Aに進み、入力された文字を表示し、次にF006Bにて、それ以前の入力文字列の後に、入力文字を加え、新しい文字列を形成する。その後、F007のTフラッグの判定に進む。

0016

F007では、索引すべき語が未だあるか否かを示すTフラッグが、オンか否かを判定する。オンの場合は、それ以前に入力された文字列値を含み、辞書内で唯一の語句か否かを索引する対象となる語句が、辞書内にそれ以上存在しないと言うことなので、処理はF002の入力処理に戻る。Tフラッグがオフ即ち索引すべき対象語句が、未だ辞書内に存在する場合は、F008の辞書索引処理に進む。

0017

F008では、入力文字列を用いて、辞書内を探索する。同時に、索引すべき語句が未だあることを示す為、Tフラッグもオフにしておく。探索処理の内容は、後述のS001以降で説明する。その後処理はF008Aに進み、F008に於ける辞書索引の結果、入力文字列を含むか、入力文字列と先頭データが等しく、辞書内で唯一の語句となり得る候補語句があるか否かを判定する。もし候補語句があれば、処理はF008Bに進む。候補語句が無い場合は、処理はF010A進む。次にF008Bでは、唯一の語句か否かを判定し、もし唯一であれば、F009Bに進む。唯一で無ければ、処理はF009に進む。F009では、入力データと、前記複数の候補語句データを、先頭及び後尾から突き合せて、入力データの全てが、候補語句データの先頭若しくは後尾部分と連続的に一致するか否かを判定する。その結果判定を次のF009Aで行う。F009Aの判定で、唯一と判定されれば、F009Bに進む。複数ありと判定されれば、処理はF011に進む。

0018

F009Bでは、ブザーを鳴らして索引成功報知し、次のF009Cに於いて、現在表示内容を退避して、唯一語で、補正・表示を行う。F009Dでは次の語の入力の為に、入力語句の終了処理を行い、F009Eに進み、入力センテンス領域に補正・表示の入力語句を加えた後、F002に戻る。F010Aでは、語幹・略語判定処理をする。(唯一語句文字列の”語幹”は、文字字画・部首・その他基本構成要素データの”複数の候補データの中の、入力データを含み且つ相等しい部分”に相当する)。F008Aからここに分岐した場合は、処理はS021以降となる。この処理の内容は、S020以降に於いて説明する。

0019

次にF010Bの判定で、特定処理不成功であった場合は、F002の入力に戻る。特定に成功した場合、次にF010Cに進み、唯一か否かを判定し、もし特定に成功した語句が唯一であれば、F009B以降の補正処理に進む。F010Cの判定が唯一でなければ、F011以降の処理に進む。

0020

前記F009Aの判定結果、及び、F010Cの判定結果、唯一で無ければ、処理はF011に進み、索引対象となる語句がまだ残っているか否かを判定する。残っていればF002の入力処理に戻り、それ以上索引対象となる語句が残っていなければ、F012で、Tフラッグをオンにして、索引不成功である事をプログラム内で明示の後、F012Aで索引不成功をブザーで報知し、F002の入力処理に戻る。

0021

S001は辞書索引プログラムの入口である。S002では、辞書にこれ以上索引語が無いか否かを判定し、無ければS002Aに進み、索引語句無しフラッグをオンにセットして、本サブプログラムを出る(S002B).

0022

S002の判定でまだ索引語句があれば、S003に進み、索引対象領域の上限、下限の中間位置にある語句を取り出し、S004の処理に進む。この場合、上限とは文字列の大きい方向の限界を指し、下限とは文字列の小さい方向の限界を言う。

0023

S004は辞書から取りだした語句の先頭文字列と入力文字列の値を同じ桁数で比較し、辞書側の語句の先頭文字列が入力文字列よりも大きいか否かを判定する。もし大きければS005に進み、辞書語句の方が大きいので、下限方向、即ち索引対象領域の下半分の領域で唯一語句が存在する可能性があり、その為に、索引対象領域を下半分に狭める。その後処理はS002に戻る。

0024

S004の判定で、辞書語句の方が大きく無ければ、処理はS006に進み、S006では、辞書から取りだした語句の先頭文字列と入力文字列の値を同じ桁数で比較し、辞書側の語句の先頭文字列と入力文字列が等しいか否かを判定する。もし等しければ処理はS007に進み、唯一の語句が存在するか否かを判定する。唯一の語句が存在しなければ、S012以降の処理に進む。唯一の語句が存在すれば、S008に進み、辞書に唯一の語句が存在する事を示す唯一語句フラッグをオンにして辞書索引プログラムを出る。S006の判定で等しく無ければ処理は、S009に進む。

0025

S009では、辞書から取りだした語句の先頭文字列と入力文字列の値を同じ桁数で比較し、辞書側の語句の先頭文字列が入力文字列よりも小さいか否かを判定する。小さければ処理はS010に進み、辞書語句の方が小さいので、上限方向、即ち索引対象領域の上半分の領域で唯一語句が存在する可能性があり、その為に、索引対象領域を上半分に狭める。その後処理はS002に戻る。S009の判定で小さくない場合は、何か異常が発生したものとしてS011に進み、エラー処理を行う。(ここでは本発明と直接関係しないので説明を省略する)。

0026

S007の判定で唯一語句が存在しない場合に、処理はここに移り、S012では、入力文字列と等しい辞書語句の範囲を特定するため、辞書内の現・索引対象領域の上半分に於いて、入力文字列より大きい先頭文字列の語句を探す処理をする。

0027

次に、S013の判定で、上半分の領域に入力文字列より大きい先頭文字列の語句が無かった場合、処理はS014に進み、この場合、上半分の領域は入力文字列と等しい先頭文字列の辞書語句で占められているので、S012の実行時の上限をそのまま新しい上限としてセットして、下限の設定の為にS016に進む。S013の判定で、上半分の領域に入力文字列より大きい先頭文字列の語句があった場合、処理はS015に進む。

0028

S015では、入力文字列より大きい先頭文字列の辞書語句の位置を用いて、辞書索引の新しい上限とする。その後処理は次のS016に進む。

0029

S016では、辞書の下半分の領域に入力文字列よりも小さい先頭文字列の語句を探す処理をする。その後処理はS017に進む。

0030

S017では、入力文字列よりも小さい先頭文字列の語句の有無を判定し、無い場合、処理はS018に進み、この場合、下半分の領域は入力文字列と等しい語句で占められているので、S016の実行時と同じ下限値を適用し、新しい下限とする。その後処理は辞書索引プログラムを出る。

0031

S017の判定の結果、入力文字列よりも小さい先頭文字列の語句が有った場合、処理はS019に移り、S019では、入力文字列よりも小さい先頭文字列の語句の位置を適用し、それを新しい下限として設定して、辞書索引プログラムを出る。

0032

S020以降は前記のF009Bで参照される語幹・略語判定処理の手順である。S020では、複数候補語句の語幹が一致するか否かを判定する。(文字字画・部首・その他基本構成要素データの場合は、”語幹”に相当するものとして、”複数候補データの中で、入力データを含み且つ相等しい部分”の判定)。もし一致すれば処理はS020Aに進み、S020Aに於いて、入力文字列の最後の文字と等しい最後の文字を持つ唯一の語句の文字列が存在するか否かを調べ、無ければ処理はS021に移り、存在すれば、S020Bで特定成功フラッグ及び唯一語句フラッグをオンにセットし、この判定処理サブプログラムを出る。S020の判定で不一致の時は、処理はS021に進む。

0033

S021では、候補語句の文字列の中、入力文字列と照合済みの部分以降に、最後に入力の文字が含まれているか否かを判定する。含まれていれば処理はS021Aに進み、該当語句は単一かを調べ、そうでなければS021Bで非該当語句を以後の照合対象から除外して、このサブプログラムを出る。単一であればS021Cで特定成功フラッグ及び唯一語句フラッグをオンにセットした後、このサブプログラムを出る。

0034

前記S021の判定で、最後に入力の文字が含まれていない場合、S022で特定不成功フラッグをオンにセットして、このサブプログラムを出る。

0035

図11索引辞書の例1は、本実施例にかかわるテキスト入力に用いられる索引辞書の内容と、辞書索引処理の例を示す。図11(例1)を参照して、多数の語が文字列順に格納されている辞書に対して、例えば、adまでを入力した時点ではまだ特定できないが、adhまで入力すると、先頭一致の候補は3語となり、次にtを入力すると、adherentが唯一となる。tの代りにceを入力すれば、adherenceとなる。

0036

同様に、図11(例2)を参照して、例えば、adeまで入力が進むと、この時点で、辞書内にadeを含み唯一語句として、Adequateが、判定される。図12は、索引辞書の例2である。図13図14は、その1、その2、手書き用辞書の例である。

0037

次に、図14により、手書き文字字画・部首・その他基本構成要素データ入力について説明する。図14その2手書き用辞書の例を参照して、まず最初の手順、ステップ1で、文字字画等を入力する。例えば、/−\|...の様に、字画を入力する。 次に、ステップ2で、入力されたデータを入力データの後に加え、その入力データと辞書を照合する。もし、辞書に入力データを含むか、入力データと先頭データが等しく、唯一のデータがあるか、或いは、入力データと先頭・後尾データが等しく、唯一のデータがあれば、それを取り出して表示する(表示の入力内容を置き換える補正処理を行う)。もし、辞書に該当データが無ければ、無登録の表示をした後、ステップ1に戻りデータ入力をやり直す。

0038

図14の辞書の例では、例えば、゛正゛を入力すると仮定して、その最初の字画゛−゛を入力した時点では、辞書語句#3,#4が存在する。次の゛|゛を入力すると、#3のみが該当するので、辞書からその原語文字列゛正゛を取り出し、表示内容と置き換える事が出来る。

発明の効果

0039

本発明のテキスト入力方法によれば、テキスト入力途中で、入力途中のデータを含むか、入力データと先頭データが等しく、唯一の語句、或いは、入力データと先頭・後尾データが等しく、唯一の語句が、辞書手段中に存在すると判定された場合、その語句により、入力途中のデータが置き換えられ、以降の入力を必要としない。従って、個人の記憶能力に左右されず、且つその事をあまり意識しないで使える自然な方法で、テキスト入力効率を向上させる事が出来る。

0040

図面の簡単な説明

0041

図1本発明の一実施例のテキスト入力装置を実現する処理装置のブロック図である。
図2本発明の一実施例のテキスト入力装置の一部である入力、編集、表示、辞書索引部分の処理に関わるフローチャートである。
図3本発明の一実施例のテキスト入力装置の一部である補正処理に関わるフローチャートである。
図4本発明の一実施例のテキスト入力装置の一部である、語幹・略語判定処理、索引語句有無等に関わるフローチャートである。
図5本発明の一実施例のテキスト入力装置の一部である辞書索引サブプログラムの索引語句の有無判定と辞書語句の取り出しに関わるフローチャートである。
図6本発明の一実施例のテキスト入力装置の一部である辞書索引サブプログラムの辞書語句と入力文字列の比較結果(大きい場合、等価の場合)とその対応処理に関わるフローチャートである。
図7本発明の一実施例のテキスト入力装置の一部である辞書索引サブプログラムの辞書語句と入力文字列の比較結果(小さい場合)とその対応処理、及び上半分の領域での語句探索処理に関わるフローチャートである。
図8本発明の一実施例のテキスト入力装置の一部である辞書索引サブプログラムの中、新しい上限設定に関わるフローチャートである。
図9本発明の一実施例のテキスト入力装置の一部である辞書索引サブプログラムの中、新しい下限設定に関わるフローチャートである。
図10本発明の一実施例のテキスト入力装置の一部である語幹・略語判定処理に関わるフローチャートである。
図11索引辞書の例1である。
図12索引辞書の例2である。
図13その1手書き用辞書の例である。
図14その2手書き用辞書の例である。

--

0042

1 表示部
2 入力部
3辞書部
4 制御部
5メモリー部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社エスピックの「 表認識処理装置」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】非定型の帳票等を認識する場合において、データ文字列と項目名文字列との位置関係のみによらず、データ文字列の属性を特定することの可能な表認識処理装置を実現すること。【解決手段】本発明は、項目名文字... 詳細

  • キヤノンファインテックニスカ株式会社の「 印刷データ編集装置」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】 印刷レイアウトの編集の作業性を向上させる。【解決手段】 印刷装置が印刷する印刷データを出力する出力手段と、前記出力手段により出力される印刷データにおいて編集が規制されている第1のオブジェ... 詳細

  • 富士ゼロックス株式会社の「 情報処理装置及びプログラム」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】文書に追加された追加物に対するユーザの操作に応じて、追加物に紐付く時間情報の表示を制御する。【解決手段】文書に追加された追加物に対して第1操作が行われた場合、当該第1操作が行われた時間を示す情... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ