図面 (/)

技術 分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置

出願人 株式会社石田鉄工所
発明者 石田稔
出願日 1994年12月29日 (25年4ヶ月経過) 出願番号 1994-338672
公開日 1996年7月23日 (23年9ヶ月経過) 公開番号 1996-188238
状態 特許登録済
技術分野 コンベヤ間の分岐・合流,特殊移送2
主要キーワード 先端支持部材 後段コンベア 送出し装置 加温室 前段コンベア 後続物品 ベルクランク コンベア装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年7月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

目的

本発明は、物品が搬送される間は山型に閉じて両側の後段コンベアへ物品を分送している山型ガイドを、物品の搬送が止ってガイドの横のみに物品が残る状態となったとき平行するように開かせて残物品を速やかに後段コンベアへ移させる分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置を提供する。

構成

前段コンベアにより搬送される物品を両側に配設した後段コンベアへ山型ガイドによって分送するコンベア装置において、前記山型ガイドを二分割してその基部を枢軸に支持させて前段後段のコンベアの境部まで展開できるようにし、これら山型ガイドに開閉用の操作手段を連結したことを特徴とする分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置。

概要

背景

従来、図4に示すように物品加温室21等に設置した前段コンベア22により搬送される物品を、山型ガイド23により前段コンベア22の両側に配設した後段コンベア24,24へ移載し、後段コンベア24,24により分送させる分送コンベア装置は公知であり、このコンベア装置は、搬送コンベア22へ供給される物品が途絶えて、山型ガイド23の両側に物品が残ったとき、後続物品による押し出しがなくなるため、残存物品の移載に時間がかかる問題点がある。

概要

本発明は、物品が搬送される間は山型に閉じて両側の後段コンベアへ物品を分送している山型ガイドを、物品の搬送が止ってガイドの横のみに物品が残る状態となったとき平行するように開かせて残物品を速やかに後段コンベアへ移させる分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置を提供する。

前段コンベアにより搬送される物品を両側に配設した後段コンベアへ山型ガイドによって分送するコンベア装置において、前記山型ガイドを二分割してその基部を枢軸に支持させて前段後段のコンベアの境部まで展開できるようにし、これら山型ガイドに開閉用の操作手段を連結したことを特徴とする分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置。

目的

本発明は、前記した従来の問題点を解決するためになされたもので、物品が搬送される間は山型に閉じて両側の後段コンベアへ物品を分送している山型ガイドを、物品の搬送が止ってガイドの横のみに物品が残る状態となったとき平行するように開かせて残物品を速やかに後段コンベアへ移させる分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置を提供する。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

前段コンベアにより搬送される物品を両側に配設した後段コンベア山型ガイドによって分送するコンベア装置において、前記山型ガイドを二分割してその基部を枢軸に支持させて前段後段コンベアの境部まで展開できるようにし、これら山型ガイドに開閉用の操作手段を連結したことを特徴とする分送コンベアの移載ガイド送出し装置

技術分野

0001

本発明は、分送コンベアの移載ガイド送出し装置。詳しくは物品搬送状態に応じて、山型に閉じたり、平行に開かせたりして、物品の分送ガイドと残物品排出とに兼用できる装置に関する。

背景技術

0002

従来、図4に示すように物品の加温室21等に設置した前段コンベア22により搬送される物品を、山型ガイド23により前段コンベア22の両側に配設した後段コンベア24,24へ移載し、後段コンベア24,24により分送させる分送コンベア装置は公知であり、このコンベア装置は、搬送コンベア22へ供給される物品が途絶えて、山型ガイド23の両側に物品が残ったとき、後続物品による押し出しがなくなるため、残存物品の移載に時間がかかる問題点がある。

発明が解決しようとする課題

0003

本発明は、前記した従来の問題点を解決するためになされたもので、物品が搬送される間は山型に閉じて両側の後段コンベアへ物品を分送している山型ガイドを、物品の搬送が止ってガイドの横のみに物品が残る状態となったとき平行するように開かせて残物品を速やかに後段コンベアへ移させる分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置を提供する。

課題を解決するための手段

0004

前記課題を解決するため本発明に係る分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置は、前段コンベアにより搬送される物品を両側に配設した後段コンベアへ山型ガイドによって分送するコンベア装置において、前記山型ガイドを二分割してその裾部の軸支により前段後段のコンベアの境部まで展開できるようにし、これらガイドに開閉用の操作手段を連結した構成を採用したものである。

0005

前記した構成の本発明に係る分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置は、山型ガイドを図1に示すように閉じて前段コンベアにより物品を搬送すれば、搬送される物品は山型ガイドの位置に達すると、その頂点により二手に分けられて両側の斜面により除々に後段コンベア側へ寄せられ、ガイドの裾部に達するとき後段コンベアへ移されてこれにより分送される。しかし、物品の供給が停止されるため、物品が山型ガイドの側方だけに存在する状態になると、後続物品による押し出しがなくなるため、物品の後段コンベアへの移載には時間がかかるようになるので、このとき操作手段により山型ガイドを平行するように開かせると、その側方に存在する物品を一挙に後段コンベアへ押し出されて、後段コンベアにより搬送を速やかに完了させるものである。

0006

以下に本発明に係る分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置の実施例を図面に基づいて説明する。

0007

図1は本発明に係る装置の山型ガイドを閉じて前段コンベアから後段コンベアへの物品の移載を案内させる状態の一例を示す平面図、図2は同上山型ガイドを開いて前段コンベア上の残存物品を後段コンベアへ押し出させる一例を示す平面図、図3は同上ガイドを開閉する操作手段の一例を示す一部を破断した側面図である。

0008

図1図2において符号1は前段コンベアを示すもので、例えば飲食品等収容する壜、などの物品を温める加温室2にその中を通過するように懸張されていて、図面には示してない始端において物品を供給すると、これら物品を図1に矢印で示すように加温室2内を搬送し、搬送中に必要温度に温めて加温室2から搬出する。

0009

図1図2において符号3,3は前記した前段コンベア1の終端部の両側に配置した後段コンベアを示すもので、これらコンベア3,3は前段コンベア1上を搬送される物品を後記する移載ガイドにより移載されて図1図2に矢印で示すように搬送するもので、前記前段コンベア1に端縁を接近して、表面が前段コンベア1と揃うように位置付けられている。

0010

図1図2において符号4,4は山型ガイドを示すもので、これらガイド4,4はその基部をフレーム5に固定した枢軸6,6へ嵌合して回動自在とし、後記する操作手段により閉じると図1に示す通り山型となり、その頂部により前段コンベア1で搬送されて来る物品を二手に分けて、分けられた物品を傾斜面により図1に矢印で示すように両側の後段コンベア3,3へ案内し、後段コンベア3,3へ移載してこれらにより分送させる。しかし、物品の供給が停止して前段コンベア1上の物品が山型ガイド4,4の両側にしか存在しなくなると、物品は後続のものによる押し出しがなくなるため、後段コンベア3,3への移載に時間がかかるようになる。そこで後記する操作手段により山型ガイド4,4を図2に示すように開かせれば、山型ガイド4、4は互に平行して前段コンベア1と後段コンベア3,3との境部へ移動し、その両側に残存していた物品を図4の矢印で示すようにコンベア3,3へ一挙に押し出して、後段コンベア3,3により速やかに次工程へ搬送させる。

0011

図1図3において符号Aは前記山型ガイド4,4の開閉操作を行う操作手段を示すもので、図3のようにフレーム5へ揺動可能に取り付けたシリンダ7と、前記山型ガイド4,4の中間に一端を連結し、他端を軸8に支持させた一対のベルクランク9、10及び9,10と、これらベルクランク9,10及び9,10の一方9,9の中間と前記シリンダ7のロッド11の先端とを連結するリンク12,12とにより構成したもので、前記シリンダ7のロッド11を引っ込めると、ベルクランク9,10び9,10は図1に示すようにつぼまって山型ガイド4,4を山型に閉じさせ、シリンダ7のロッド11を押し出すと、ベルクランク9,10及び9,10は図2に示すように広がって山型ガイド4,4を平行するように開かせる作用を行う。

0012

図1図3において符号13、14、15は前記した山型ガイド4,4とベルクラン9,10及び9,10とを前段コンベア1へ触れないように保持させる吊を示すもので、フレーム5に支持させて前段コンベア1の上方に配設し、吊杆13と14の間には両者の接合杆16を取り付けて、吊杆14の下側に前記したベルクランク9,9を支持させた軸8を取り付け、接合杆16の下部に設けたガイド17にシリンダ7のロッド11とレバー12,12とを連結する軸18を支持する19を移動自在に係合させてあり、更に吊杆15の下側には山型ガイド4,4の先端支持部材20を取り付けて、山型ガイド4,4とその操作手段Aが前段コンベア1と離隔した位置で確実に作動するようにしてある。

発明の効果

0013

前述した通り、本発明に係る分送コンベアの移載ガイド兼送出し装置は、前段コンベアにより物品が搬送される間は山型を保持して後段コンベアへ物品の移載を行っていた山型ガイトが、物品の供給の停止によって山型ガイドの側方のみに物品が存在する状態になると、平行するように開いて物品を一挙に後段コンベアへ移載し、後段コンベアによる物品の搬出を速やかに終了させて作業時間の短縮に寄与するものである。

図面の簡単な説明

0014

図1本発明に係る装置の山型ガイドを閉じて前段コンベアから後段コンベアへの物品の移載を案内させる状態を示す平面図である。
図2同上山型ガイドを開いて前段コンベア上の残存物品を後段コンベアへ押し出させる状態を示す平面図である。
図3同上ガイドを開閉する操作手段の一例を一部を破断して示す側面図である。
図4従来の分送コンベアの山型ガイドにより前段コンベアから後段コンベアへの物品

--

0015

1前段コンベア
3,3後段コンベア
4,4山型ガイド
A操作手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 村田機械株式会社の「 物品搬送装置」が 公開されました。( 2020/01/30)

    【課題】モータに対する異物の混入を抑制することができる物品搬送装置を提供する。【解決手段】物品搬送装置100は、所定の走行路Rに沿って走行する台車200と、走行路Rを画定する一対の走行レール310を有... 詳細

  • 村田機械株式会社の「 物品搬送装置」が 公開されました。( 2020/01/30)

    【課題】モータに対する異物の混入を抑制することができる物品搬送装置を提供する。【解決手段】物品搬送装置100は、所定の走行路Rに沿って走行する台車200と、走行路Rを画定する一対の走行レール310を有... 詳細

  • 豊田合成株式会社の「 部品供給装置」が 公開されました。( 2019/12/19)

    【課題】作業者の手元に供給される部品の数が少なくなることを簡単な構造で抑制できる部品供給装置を提供する。【解決手段】部品供給装置には、クリップ2を下方に滑らせるレール4と同方向に延びるエスケープ部材1... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ