図面 (/)

技術 ヘッドレスト

出願人 岩片オート株式会社
発明者 岩片啓佐男
出願日 1994年12月28日 (26年1ヶ月経過) 出願番号 1994-327881
公開日 1996年7月16日 (24年7ヶ月経過) 公開番号 1996-182570
状態 特許登録済
技術分野 椅子の脚、座部、背もたれ及び付属物 車両用座席
主要キーワード 鞭打ち症 支持杆 前倒し 後方確認 速度域 速度設定 ブレーキ機構 市街地走行
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年7月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

目的

本発明は鞭打ち症になることを防止し得るヘッドレストを提供することを目的とする。

構成

車輌に設けられるシート2の背もたれ部に付設され該シート2への着座者の頭部3を支持するヘッドレスト1であって、車輌の停止時及び低速走行時にのみ頭部3に強制的に当接すべく前倒するように構成したものである。

概要

背景

概要

本発明は鞭打ち症になることを防止し得るヘッドレストを提供することを目的とする。

車輌に設けられるシート2の背もたれ部に付設され該シート2への着座者の頭部3を支持するヘッドレスト1であって、車輌の停止時及び低速走行時にのみ頭部3に強制的に当接すべく前倒するように構成したものである。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車輌に設けられるシート背もたれ部に付設され該シートへの着座者の頭部を支持するヘッドレストであって、車輌の停止時及び低速走行時にのみ頭部に強制的に当接すべく前倒するように構成したことを特徴とするヘッドレスト。

技術分野

0001

本発明は、ヘッドレストに関するものである。

0002

従来から、車輌搭乗者に快適なドライブを提供するため、シート背もたれ部の上部には該シートへの着座者の頭部を支持するヘッドレストが設けられている。

0003

ところが、種々調査をしてみると、常時頭部に当接しているべきであるヘッドレストが、ほとんどの場合頭部に当接していないということが確認された。これは、ヘッドレストが頭部に当接していると後方確認がやりにくく、結局、運転者高速道路での走行等、ある程度の高速度を所定時間保持し得るような場合には頭部をヘッドレストに当接させて運転するが、頻繁に停止をせまられる市街地走行では、頭部をヘッドレストに当接させて運転することはないのではないかと推測する。

0004

ヘッドレストと頭部とに僅か数センチであっても隙間があると、停止時及び低速走行時に後から追突された場合、鞭打ち症になってしまうということが確認されている。即ち、調査の結果、ヘッドレストと頭部とが当接していれば、後から追突された場合、鞭打ち症にならないか、仮になっても軽度であることが確認されているのである。

0005

本発明は、鞭打ち症になることを防止するヘッドレストを提供するものである。

課題を解決するための手段

0006

添付図面を参照して本発明の要旨を説明する。

0007

車輌に設けられるシート2の背もたれ部に付設され該シート2への着座者の頭部3を支持するヘッドレスト1であって、車輌の停止時及び低速走行時にのみ頭部3に強制的に当接すべく前倒するように構成したことを特徴とするヘッドレストに係るものである。

0008

停止時及び低速走行時にヘッドレスト1が前倒し、着座者の頭部3に該ヘッドレスト1が強制的に当接する。

0009

図面は本発明の一実施例を図示したもので、以下に説明する。

0010

本実施例のヘッドレスト1は、車輌の走行速度、この場合、時速10km/hを境に適宜な手段により所定角度まで前倒し、該ヘッドレスト1の鉛直状態の前面が傾斜状態となるように構成されている。

0011

例えば、適宜なセンサーにより車速が時速10km以下であることを感知すると、電気的若しくは機械的にヘッドレスト1は前倒し、時速10km/h以上であるとヘッドレスト1は復帰動する。例えばヘッドレスト1をエンジン回転連動させたり、また、ブレーキ機構と連動させたりして前倒するように構成する。

0012

尚、ヘッドレスト1の前倒はヘッドレスト1の頭部当接部1aが前倒する構成の他、支持杆1bが前倒する構成、更に、双方が前倒する構成等、どのような構成を採用しても良い。

0013

本実施例のヘッドレスト1は、追突による鞭打ち症は停止時及び低速走行時に最も重度となるということを考慮し、且つ時速10km/h以上での追突はまれにしかないということを考慮して車速が10km/h以下の場合に前倒するように構成したが、時速10km/hに限られるものではなく、時速20km/h以下で前倒するように構成しても良い。

0014

尚、本実施例は、速度設定を任意に調節できるようにすることが望ましい。

0015

本実施例は上述のように構成したから、停止時から時速10km/hになるまで、ヘッドレスト1は前倒の位置にあり運転者の頭部3に当接している。そして、車輌が時速10km/h以上の速度になるとヘッドレスト1は復帰する。逆に、時速10km/h以上の速度で走行中の車輌がブレーキ掛け減速し、時速10km/h以下に達した時点で、立設状態にあるヘッドレスト1は前倒し運転者の頭部3に当接することになる。

0016

よって、本実施例によれば、停止時及び低速走行時という重度の鞭打ち症になり易い危険な速度域の場合、運転者の頭部3には常時ヘッドレスト1が確実に当接していることになるため、万一追突されても、鞭打ち症になることのない安全なシート2となる。

0017

尚、助手席後部座席等にも本実施例のヘッドレスト1を設けると、一層安全な車輌を提供し得ることになる。

発明の効果

0018

本発明は上述のように構成したから、停止時及び低速走行時にヘッドレストは着座者の頭部に確実に当接している為、万一追突が生じても鞭打ち症になることのない極めて安全なヘッドレストとなる。

図面の簡単な説明

0019

図1本実施例の斜視図である。
図2本実施例の側面図である。

--

0020

1ヘッドレスト
2シート
3 頭部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ