図面 (/)

技術 監視カメラ装置及びカメラ接続用アダプター

出願人 三菱電機株式会社
発明者 上田昌治
出願日 1994年11月9日 (26年0ヶ月経過) 出願番号 1994-275229
公開日 1996年5月31日 (24年5ヶ月経過) 公開番号 1996-139974
状態 特許登録済
技術分野 スタジオ装置 閉回路テレビジョンシステム 異常警報装置 スタジオ装置
主要キーワード 接続用アダプター 直流遮断コンデンサ DC電圧出力 カメラ端子 カメラコントロール装置 PF5 専用テレビ チャンネル選択信号
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年5月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

目的

既存の監視カメラシステムに、専用のテレビカメラ装置以外のテレビカメラ装置でも接続することができ、かつ同期のとれた映像信号を得ることを目的とする。

構成

カメラコントロール装置1と、このカメラコントロール装置1に接続され、カメラコントロール装置1からDC電源同期信号とが一本の同軸ケーブル32で供給され、かつ送出されるDC電源や同期信号のインターフェイスなどが合致した専用テレビカメラ装置37〜39と、汎用テレビカメラ装置48と、上記カメラコントロール装置1と上記汎用テレビカメラ装置48とを接続するカメラ接続用アダプター51とを有し、専用テレビカメラ装置37〜39と汎用テレビカメラ装置48の映像信号を同期させたものである。

概要

背景

従来の監視カメラシステムについて図3を参照しながら説明する。図3は、従来の監視カメラシステムの構成を示す図である。

従来の監視カメラシステムは、例えば、1台のカメラコントロール装置と、このカメラコントロール装置から約500m以内の範囲内に取り付けられ、カメラコントロール装置側からDC電源同期信号とが一本の同軸ケーブルで供給されるタイプで、かつ送出されるDC電源や同期信号のインターフェイスなどが合致した4台の専用テレビカメラ装置と、カメラコントロール装置からケーブルを介して接続されているモニター(図示せず)等から構成されている。

図3において、1は4台の後述する専用テレビカメラ装置が接続可能なカメラコントロール装置、2はカメラコントロール装置内部と専用テレビカメラ装置に電力を供給する電源、3〜6はそれぞれ電源供給回路であり、例えば電源2からの電力を定電流などでそれぞれの専用テレビカメラ装置に電力を供給する。

また、同図において、7〜10はそれぞれ直流成分をカットする直流遮断コンデンサ、11〜14はそれぞれ不要な信号成分を除去するローパスフィルタLPF)、15〜18はそれぞれローパスフィルタ11〜14にて減衰した信号を増幅するアンプ、19は後述するチャンネル選択信号入力端子から入力した切り換え信号に基づいて映像信号を切り換え、後述する映像信号出力端子から映像信号を出力する映像信号切り換え回路、20は外部からモニターに映す映像を切り換える切り換え信号を入力するためのチャンネル選択信号入力端子、21は映像信号切り換え回路19からの映像信号を外部のモニターに出力する映像信号出力端子である。

また、同図において、22は各専用テレビカメラ装置を同期させる同期信号を発生させる同期信号発生回路、23はバースト信号発生回路、24〜27はバースト信号を重畳させる直流遮断コンデンサ、28〜31はカメラ端子、32〜35はそれぞれカメラ端子28〜31と専用テレビカメラ装置とを接続する同軸ケーブルである。

さらに、同図において、36〜39は専用テレビカメラ装置である。ここで、専用テレビカメラ装置36〜39の内部について、専用テレビカメラ装置36を例にして説明すると、40は専用テレビカメラ装置36に必要な直流電圧を発生させるDC/DCコンバータ、41および42はそれぞれ直流成分をカットする直流遮断コンデンサ、43は必要な帯域周波数成分を通過させるバンドパスフィルタ(BPF)、44は同期信号を分離する同期分離回路、45は外部同期回路、46は映像信号処理回路、47はCCDである。なお、専用テレビカメラ装置37〜39は同様の回路で構成されている。

つぎに、従来の監視カメラシステムの動作について説明する。カメラコントロール装置1の内部に内蔵された電源2により、カメラコントロール装置1の内部回路を動作させる電力および専用テレビカメラ36〜39に供給するための電力を発生する。これらの電力は電源供給回路3〜6により、例えば定電流などでそれぞれ専用テレビカメラ装置36〜39を動作させるための直流電圧として出力される。

一方、同期信号発生回路22により出力された同期信号はバースト信号発生回路23に入力され、バースト信号発生回路23は入力された上記同期信号を映像信号周波数帯域よりも十分高く、かつ映像信号に影響を与えない周波数のバースト信号に変換して出力する。出力されたバースト信号はそれぞれ直流遮断コンデンサ24〜27を通って、直流電圧と一緒にカメラ端子28〜31から出力され、同軸ケーブル32〜35により専用テレビカメラ装置36〜39に供給される。

専用テレビカメラ装置の動作を専用テレビカメラ装置36を例にして説明すると、専用テレビカメラ装置36は、伝送されてきた直流電圧をDC/DCコンバータ40により専用テレビカメラ装置36の内部回路に必要な電圧に変換し、専用テレビカメラ装置36の各回路に供給する。また、同時に専用テレビカメラ装置36に入力されたバースト信号は直流遮断コンデンサ41により直流成分が遮断され、バンドパスフィルタ43に入力される。バンドパスフィルタ43ではバースト信号以外の信号を遮断する。

こうして得られたバースト信号は、同期分離回路44により同期信号となり、外部同期回路45に入力される。この外部同期回路45は、入力された上記同期信号と内部同期信号との位相を比較してPLLを構成し、上記同期信号と同期の取れたタイミングパルスを生成し出力する。このタイミングパルスに基づいてCCD47を駆動して映像信号処理回路46により上記同期信号と同期のとれた映像信号を得る。こうして得られた映像信号は直流遮断コンデンサ42を通って、同軸ケーブル32を介して、カメラコントロール装置1へ伝送される。

同軸ケーブル32を介してカメラコントロール装置1のカメラ端子28に入力された映像信号は直流遮断コンデンサ7を通り、ローパスフィルタ11により不必要な周波数帯域がカットされる。ローパスフィルタ11を通る過程で減衰した映像信号はアンプ15にて増幅され映像信号切り換え回路19に入力される。映像信号切り換え回路19は、チャンネル選択信号入力端子20からの切り換え信号に基づいて映像信号を切り換え、映像信号出力端子21に出力する。図示していないが、映像信号出力端子21から伝送手段を介して映像信号が伝送されモニターに画像として表示されるものである。なお、専用テレビカメラ装置37〜39でも同様の動作が行われる。

概要

既存の監視カメラシステムに、専用のテレビカメラ装置以外のテレビカメラ装置でも接続することができ、かつ同期のとれた映像信号を得ることを目的とする。

カメラコントロール装置1と、このカメラコントロール装置1に接続され、カメラコントロール装置1からDC電源と同期信号とが一本の同軸ケーブル32で供給され、かつ送出されるDC電源や同期信号のインターフェイスなどが合致した専用テレビカメラ装置37〜39と、汎用テレビカメラ装置48と、上記カメラコントロール装置1と上記汎用テレビカメラ装置48とを接続するカメラ接続用アダプター51とを有し、専用テレビカメラ装置37〜39と汎用テレビカメラ装置48の映像信号を同期させたものである。

目的

この発明は、以上のような問題点を解決するためになされたもので、従来の監視カメラシステムに、専用のテレビカメラ装置以外でも接続することができ、かつ同期のとれた映像信号を出力できる監視カメラ装置及びカメラ接続用アダプターを得ることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

映像信号を出力する専用テレビカメラ装置、及び同期信号を含むバースト信号電源を前記専用テレビカメラ装置へ供給するとともに、複数の映像信号を切り換えモニターへ出力するカメラコントロール装置を備えた監視カメラ装置において、外部同期信号と別系統電源で動作する汎用テレビカメラ装置、及び前記カメラコントロール装置と前記汎用テレビカメラ装置とを接続し、前記バースト信号から前記同期信号を分離して前記汎用テレビカメラ装置へ供給するとともに、前記汎用テレビカメラ装置から出力された映像信号を前記カメラコントロール装置へ供給するカメラ接続用アダプターをさらに備えたことを特徴とする監視カメラ装置。

請求項2

カメラコントロール装置と汎用テレビカメラ装置とを接続するとともに、前記カメラコントロール装置から供給されたバースト信号から同期信号を分離して前記汎用テレビカメラ装置へ出力する同期分離回路、及び前記汎用テレビカメラ装置から出力された映像信号を前記カメラコントロール装置へ供給する信号線を備えたことを特徴とするカメラ接続用アダプター。

請求項3

余剰電力を出力するDC電圧出力端子をさらに備えたことを特徴とする請求項2記載のカメラ接続用アダプター。

技術分野

0001

この発明は、監視カメラ装置(システム)及びそれに使用されるカメラ接続用アダプターに関するもので、特に、各種カメラを接続できる監視カメラ装置及びカメラ接続用アダプターに関するものである。

背景技術

0002

従来の監視カメラシステムについて図3を参照しながら説明する。図3は、従来の監視カメラシステムの構成を示す図である。

0003

従来の監視カメラシステムは、例えば、1台のカメラコントロール装置と、このカメラコントロール装置から約500m以内の範囲内に取り付けられ、カメラコントロール装置側からDC電源同期信号とが一本の同軸ケーブルで供給されるタイプで、かつ送出されるDC電源や同期信号のインターフェイスなどが合致した4台の専用テレビカメラ装置と、カメラコントロール装置からケーブルを介して接続されているモニター(図示せず)等から構成されている。

0004

図3において、1は4台の後述する専用テレビカメラ装置が接続可能なカメラコントロール装置、2はカメラコントロール装置内部と専用テレビカメラ装置に電力を供給する電源、3〜6はそれぞれ電源供給回路であり、例えば電源2からの電力を定電流などでそれぞれの専用テレビカメラ装置に電力を供給する。

0005

また、同図において、7〜10はそれぞれ直流成分をカットする直流遮断コンデンサ、11〜14はそれぞれ不要な信号成分を除去するローパスフィルタLPF)、15〜18はそれぞれローパスフィルタ11〜14にて減衰した信号を増幅するアンプ、19は後述するチャンネル選択信号入力端子から入力した切り換え信号に基づいて映像信号を切り換え、後述する映像信号出力端子から映像信号を出力する映像信号切り換え回路、20は外部からモニターに映す映像を切り換える切り換え信号を入力するためのチャンネル選択信号入力端子、21は映像信号切り換え回路19からの映像信号を外部のモニターに出力する映像信号出力端子である。

0006

また、同図において、22は各専用テレビカメラ装置を同期させる同期信号を発生させる同期信号発生回路、23はバースト信号発生回路、24〜27はバースト信号を重畳させる直流遮断コンデンサ、28〜31はカメラ端子、32〜35はそれぞれカメラ端子28〜31と専用テレビカメラ装置とを接続する同軸ケーブルである。

0007

さらに、同図において、36〜39は専用テレビカメラ装置である。ここで、専用テレビカメラ装置36〜39の内部について、専用テレビカメラ装置36を例にして説明すると、40は専用テレビカメラ装置36に必要な直流電圧を発生させるDC/DCコンバータ、41および42はそれぞれ直流成分をカットする直流遮断コンデンサ、43は必要な帯域周波数成分を通過させるバンドパスフィルタ(BPF)、44は同期信号を分離する同期分離回路、45は外部同期回路、46は映像信号処理回路、47はCCDである。なお、専用テレビカメラ装置37〜39は同様の回路で構成されている。

0008

つぎに、従来の監視カメラシステムの動作について説明する。カメラコントロール装置1の内部に内蔵された電源2により、カメラコントロール装置1の内部回路を動作させる電力および専用テレビカメラ36〜39に供給するための電力を発生する。これらの電力は電源供給回路3〜6により、例えば定電流などでそれぞれ専用テレビカメラ装置36〜39を動作させるための直流電圧として出力される。

0009

一方、同期信号発生回路22により出力された同期信号はバースト信号発生回路23に入力され、バースト信号発生回路23は入力された上記同期信号を映像信号周波数帯域よりも十分高く、かつ映像信号に影響を与えない周波数のバースト信号に変換して出力する。出力されたバースト信号はそれぞれ直流遮断コンデンサ24〜27を通って、直流電圧と一緒にカメラ端子28〜31から出力され、同軸ケーブル32〜35により専用テレビカメラ装置36〜39に供給される。

0010

専用テレビカメラ装置の動作を専用テレビカメラ装置36を例にして説明すると、専用テレビカメラ装置36は、伝送されてきた直流電圧をDC/DCコンバータ40により専用テレビカメラ装置36の内部回路に必要な電圧に変換し、専用テレビカメラ装置36の各回路に供給する。また、同時に専用テレビカメラ装置36に入力されたバースト信号は直流遮断コンデンサ41により直流成分が遮断され、バンドパスフィルタ43に入力される。バンドパスフィルタ43ではバースト信号以外の信号を遮断する。

0011

こうして得られたバースト信号は、同期分離回路44により同期信号となり、外部同期回路45に入力される。この外部同期回路45は、入力された上記同期信号と内部同期信号との位相を比較してPLLを構成し、上記同期信号と同期の取れたタイミングパルスを生成し出力する。このタイミングパルスに基づいてCCD47を駆動して映像信号処理回路46により上記同期信号と同期のとれた映像信号を得る。こうして得られた映像信号は直流遮断コンデンサ42を通って、同軸ケーブル32を介して、カメラコントロール装置1へ伝送される。

0012

同軸ケーブル32を介してカメラコントロール装置1のカメラ端子28に入力された映像信号は直流遮断コンデンサ7を通り、ローパスフィルタ11により不必要な周波数帯域がカットされる。ローパスフィルタ11を通る過程で減衰した映像信号はアンプ15にて増幅され映像信号切り換え回路19に入力される。映像信号切り換え回路19は、チャンネル選択信号入力端子20からの切り換え信号に基づいて映像信号を切り換え、映像信号出力端子21に出力する。図示していないが、映像信号出力端子21から伝送手段を介して映像信号が伝送されモニターに画像として表示されるものである。なお、専用テレビカメラ装置37〜39でも同様の動作が行われる。

発明が解決しようとする課題

0013

上述したような従来の監視カメラシステムでは、カメラコントロール装置側からDC電源と同期信号とを一本の同軸ケーブルで供給するもので、かつ送出されるDC電源や同期信号のインターフェイスなどが合致した専用テレビカメラ装置でないと接続することができず、テレビカメラ装置増設しようとした場合、テレビカメラ装置が限定されてしまうという問題点があった。

0014

すなわち、特殊な用途に使用したいとしても、専用テレビカメラ装置にその機能がなければ使用することができず、特注品製作する必要があり、多大なコストがかかる等ユーザー側にとって不利益をきたすという問題点があった。

0015

また、カメラコントロール装置から数Km離れた場所等に専用テレビカメラ装置を設置することは、高価な同軸ケーブルが数Km必要となるとともに、距離が離れているために、DC電源の電圧低下等により正常な動作を期待できなくなるという問題点があった。

0016

これらの問題点を解決する方策として、電源を別系統で供給すると共に同期信号を外部から入力する外部同期入力端子を有する汎用のテレビカメラ装置を接続する方法がある。

0017

図4に汎用のテレビカメラ装置を示す。図4において、48は後述する外部同期入力端子を有する汎用テレビカメラ装置であって、カメラコントロール装置1から電源を供給されず、別系統電源(例えばAC100V)で駆動する。また、48aは映像信号出力端子、48bは外部同期入力端子である。

0018

上記方法に関して、遠距離ではないが例えば、実開平1−103987号公報や特開昭64−36284号公報にある程度開示されている。しかし、これらの従来例によれば、汎用テレビカメラ装置を併用することはできるものの、電源を同系統で供給する専用テレビカメラ装置と、電源を別系統で供給する汎用テレビカメラ装置との同期をとることができず、切り換えの際に映像が乱れてしまうという問題点を有している。

0019

この発明は、以上のような問題点を解決するためになされたもので、従来の監視カメラシステムに、専用のテレビカメラ装置以外でも接続することができ、かつ同期のとれた映像信号を出力できる監視カメラ装置及びカメラ接続用アダプターを得ることを目的とする。

課題を解決するための手段

0020

この発明に係る監視カメラ装置は、映像信号を出力する専用テレビカメラ装置と、同期信号を含むバースト信号と電源を前記専用テレビカメラ装置へ供給するとともに、複数の映像信号を切り換えてモニターへ出力するカメラコントロール装置とを備えた監視カメラ装置において、外部同期信号と別系統電源で動作する汎用テレビカメラ装置と、前記カメラコントロール装置と前記汎用テレビカメラ装置とを接続し、前記バースト信号から前記同期信号を分離して前記汎用テレビカメラ装置へ供給するとともに、前記汎用テレビカメラ装置から出力された映像信号を前記カメラコントロール装置へ供給するカメラ接続用アダプターとをさらに備えたものである。

0021

また、この発明に係るカメラ接続用アダプターは、カメラコントロール装置と汎用テレビカメラ装置とを接続するとともに、前記カメラコントロール装置から供給されたバースト信号から同期信号を分離して前記汎用テレビカメラ装置へ出力する同期分離回路と、前記汎用テレビカメラ装置から出力された映像信号を前記カメラコントロール装置へ供給する信号線とを備えたものである。

0022

さらに、この発明に係るカメラ接続用アダプターは、余剰な電力を出力するDC電圧出力端子をさらに備えたものである。

0023

この発明に係る監視カメラ装置においては、映像信号を出力する専用テレビカメラ装置と、同期信号を含むバースト信号と電源を前記専用テレビカメラ装置へ供給するとともに、複数の映像信号を切り換えてモニターへ出力するカメラコントロール装置とを備えた監視カメラ装置において、外部同期信号と別系統電源で動作する汎用テレビカメラ装置と、前記カメラコントロール装置と前記汎用テレビカメラ装置とを接続し、前記バースト信号から前記同期信号を分離して前記汎用テレビカメラ装置へ供給するとともに、前記汎用テレビカメラ装置から出力された映像信号を前記カメラコントロール装置へ供給するカメラ接続用アダプターとをさらに備えたので、専用テレビカメラ装置と後付けの汎用テレビカメラ装置との映像信号の同期をとることができ、テレビカメラ装置切り換え時の映像の乱れを防止することができる。

0024

また、この発明に係るカメラ接続用アダプターにおいては、カメラコントロール装置と汎用テレビカメラ装置とを接続するとともに、前記カメラコントロール装置から供給されたバースト信号から同期信号を分離して前記汎用テレビカメラ装置へ出力する同期分離回路と、前記汎用テレビカメラ装置から出力された映像信号を前記カメラコントロール装置へ供給する信号線とを備えたので、様々な機能を有する多種の汎用テレビカメラ装置を映像の乱れなしで接続できる。

0025

さらに、この発明に係るカメラ接続用アダプターにおいては、余剰な電力を出力するDC電圧出力端子をさらに備えたので、余剰電力を有効に使用することができる。

0026

実施例1.この発明の一実施例について図1を参照しながら説明する。図1は、この発明の実施例1の構成を示す図である。同図において従来例と同符号のものは説明を省略する。なお、各図中、同一符号は同一又は相当部分を示す。

0027

図1において、50は監視カメラシステムである。但し、モニターは図示せず。51はカメラコントロール装置1に接続されている同軸ケーブル32に接続され、汎用テレビカメラ装置48に同期信号を出力するとともに、汎用テレビカメラ装置48からの映像信号を入力し、同軸ケーブル32を介してカメラコントロール装置1に映像信号を出力するカメラ接続用アダプターである。なお、カメラコントロール装置1の内部は省略している。

0028

また、同図において、51aおよび51bはそれぞれ直流遮断コンデンサ、51cはDC/DCコンバータ、51dはバンドパスフィルタ(BPF)、51eは同期分離回路、51fは映像信号入力端子、51gは外部同期信号出力端子、52は同期信号を伝送するケーブル、53は映像信号を伝送するケーブルである。

0029

つぎに、この実施例1の動作について説明する。カメラコントロール装置1および専用テレビカメラ装置37〜39の動作は従来と同等であるので重複する説明は省略する。この監視カメラシステム50には、汎用テレビカメラ装置48がカメラ接続用アダプター51を介して接続されており、特にこの汎用テレビカメラ装置48およびカメラ接続用アダプター51について説明する。

0030

カメラコントロール装置1のカメラ端子28から出力されたバースト信号およびDC電圧は、同軸ケーブル32を通って、カメラ接続用アダプター51に入力される。入力されたDC電圧は、DC/DCコンバータ51cによりカメラ接続用アダプター51内部に必要な電圧に変換され、カメラ接続用アダプター51内部の各回路に供給される。

0031

また、同時に入力されたバースト信号は、直流遮断コンデンサ51aにより直流成分が遮断され、バンドパスフィルタ51dに入力される。このバンドパスフィルタ51dでは、バースト信号以外の信号を遮断する。こうして得られたバースト信号は同期分離回路51eにより同期信号となり、外部同期信号出力端子51gから出力され、汎用テレビカメラ装置48の外部同期入力端子48bに入力される。

0032

汎用テレビカメラ装置48では、入力された同期信号に同期した映像信号を映像信号出力端子48aからケーブル53を介してカメラ接続用アダプター51に出力する。

0033

上記映像信号は映像信号入力端子51fからカメラ接続用アダプター51に入力され、直流遮断コンデンサ51bを通って、同軸ケーブル32によりカメラコントロール装置1に出力される。その後の動作については従来のものと同様の動作を行う。

0034

また、この実施例1では、1チャンネルのカメラコントロール装置について説明したが、これは任意の複数チャンネルでも1チャンネルでもかまわない。さらに、汎用テレビカメラ装置48が1台で残りは専用テレビカメラ装置37〜39が接続されている例を示したが、汎用テレビカメラ装置48の必要な数だけカメラ接続用アダプター51を複数台使用してもかまわない。

0035

この実施例1は、以上のように、専用テレビカメラ装置37〜39と後付けの汎用テレビカメラ装置48との映像信号の同期をとることができ、テレビカメラ装置切り換え時の映像の乱れを防止することができる。また、様々な機能を有する多種の汎用テレビカメラ装置を映像の乱れなしで接続できるので、別に専用テレビカメラ装置を製作する必要がなくコストを低く抑えることができる。さらに、駆動電源を別系統で供給される汎用テレビカメラ装置が接続できることにより監視範囲を大幅に拡大できる。

0036

実施例2.この発明の他の実施例について図2を参照しながら説明する。図2は、この発明の実施例2の構成を示す図である。同図において従来例および上記実施例1に示したものと同等のものは説明を省略する。

0037

図2において、54はカメラ接続用アダプター、54aおよび54bはそれぞれコンデンサ51aおよび51bに対応し、54d〜54gはそれぞれBPF51d〜外部同期信号出力端子51gに対応する。54cはDC/DCコンバータ、54hはDC電圧出力端子であり、55はDC電圧出力端子54hに接続されたライトなどの照明器具である。

0038

つぎに、この実施例2の動作について説明する。カメラコントロール装置1、専用テレビカメラ装置37〜39、汎用テレビカメラ装置48およびカメラ接続用アダプター54は前述の実施例1と同様の動作を行う。

0039

ここで、上記実施例1に示した監視カメラシステムと異なる点は、カメラ接続用アダプター54のDC/DCコンバータ54cにより、カメラ接続用アダプター54内部の回路を駆動するために必要なDC電圧が出力される他に、使用しない余剰な電力をDC電圧出力端子54hから出力する。この電力により照明器具55を点灯させる。

0040

なお、上記実施例2で、照明器具55を接続した場合について述べたが、接続する機器などはスピーカーでも時計でも、使用する電圧と消費する電流値に問題がなければ可能である。

0041

この実施例2のカメラ接続用アダプター54によれば、余剰電力を有効に使用することができる。

発明の効果

0042

この発明に係る監視カメラ装置は、以上説明したとおり、映像信号を出力する専用テレビカメラ装置と、同期信号を含むバースト信号と電源を前記専用テレビカメラ装置へ供給するとともに、複数の映像信号を切り換えてモニターへ出力するカメラコントロール装置とを備えた監視カメラ装置において、外部同期信号と別系統電源で動作する汎用テレビカメラ装置と、前記カメラコントロール装置と前記汎用テレビカメラ装置とを接続し、前記バースト信号から前記同期信号を分離して前記汎用テレビカメラ装置へ供給するとともに、前記汎用テレビカメラ装置から出力された映像信号を前記カメラコントロール装置へ供給するカメラ接続用アダプターとをさらに備えたので、専用テレビカメラ装置と後付けの汎用テレビカメラ装置との映像信号の同期をとることができ、テレビカメラ装置切り換え時の映像の乱れを防止することができるという効果を奏する。

0043

また、この発明に係るカメラ接続用アダプターは、以上説明したとおり、カメラコントロール装置と汎用テレビカメラ装置とを接続するとともに、前記カメラコントロール装置から供給されたバースト信号から同期信号を分離して前記汎用テレビカメラ装置へ出力する同期分離回路と、前記汎用テレビカメラ装置から出力された映像信号を前記カメラコントロール装置へ供給する信号線とを備えたので、様々な機能を有する多種の汎用テレビカメラ装置を映像の乱れなしで接続できるという効果を奏する。

0044

さらに、この発明に係るカメラ接続用アダプターは、以上説明したとおり、余剰な電力を出力するDC電圧出力端子をさらに備えたので、余剰電力を有効に使用することができるという効果を奏する。

図面の簡単な説明

0045

図1この発明の実施例1の構成を示す図である。
図2この発明の実施例2の構成を示す図である。
図3従来の監視カメラシステムの構成を示す図である。
図4この発明お呼び従来の監視カメラシステムに使用される汎用テレビカメラ装置を示す図である。

--

0046

1カメラコントロール装置、2電源、19映像信号切り換え回路、22同期信号発生回路、23バースト信号発生回路、28カメラ端子、32同軸ケーブル、37、38、39専用テレビカメラ装置、48汎用テレビカメラ装置、50監視カメラシステム、51カメラ接続用アダプター、54カメラ接続用アダプター、55照明器具。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 積水ハウス株式会社の「 安否確認システム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】居住者の異常を的確に判定し、異常が生じた場合に、より安全に、より確実に、かつ速やかに対応する。【解決手段】住居(10)に設置され、居住者(15)少なくとも心拍数および呼吸数を非接触で検知する第... 詳細

  • 日産自動車株式会社の「 情報処理装置及び情報処理方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】車内の個人情報またはプライバシーに係る情報の保護することができる情報処理装置及び情報処理方法を提供する。【解決手段】情報処理装置1は、車内に備えられた撮像装置によって撮像された車内の画像を車外... 詳細

  • 株式会社JVCケンウッドの「 車内環境警告装置及び車内環境警告方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】車内環境をより正確に把握して適切に改善する。【解決手段】車内環境情報取得部14は、車両室内の環境に関する少なくとも一つの指標を含む車内環境情報を取得する。生体情報取得部10は、車両の乗員の生体... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ