図面 (/)

技術 線香の自動結束装置

出願人 株式会社産業機器研究所株式会社孔官堂
発明者 杉原義治増田久弥
出願日 1994年9月7日 (26年3ヶ月経過) 出願番号 1994-240593
公開日 1996年3月19日 (24年9ヶ月経過) 公開番号 1996-072811
状態 特許登録済
技術分野 特定物品の包装II(脆弱物品の包装) 基本的包装技術6(結束)
主要キーワード 供給ベルトコンベア 棒状材料 準備態勢 受け渡しコンベア 前方上下 一定本数 摺動作用 自動結束装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年3月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

目的

人手によらず、折れ易い材料であっても確実に自動的にテープ結束できる装置を提供する。

構成

一対の結束回転ローラ4に近接して、その前方上下位置に押さえガイドローラ5と受け部ガイドローラ6を設け、押さえガイドローラ5から結束回転ローラ4を迂回して受け部ガイドローラ6をめぐり、さらに後方軸支された支持ローラ19とテンションローラ11を経て押さえガイドローラ5に至る回転ベルト8を取り付け、さらに押さえガイドローラ5を上下方向に移動自在に構成するとともに、押さえガイドローラ5と受け部ガイドローラ6のすき間前方にテープガイド部材21を設け、このテープガイド部材21上方にテープカッター23と接着剤塗布ヘッド22を設け、テープガイド部材21にテープ19を供給するテープ供給部17を設けて構成される。

概要

背景

従来は、図6に示すように、乾燥棚1上に横一列に並べて乾燥した線香2を人が適当な本数を手に取り上げ両手束ね、その両端付近紙テープ19で巻いて糊付けして結束していた。

概要

人手によらず、折れ易い材料であっても確実に自動的にテープで結束できる装置を提供する。

一対の結束回転ローラ4に近接して、その前方上下位置に押さえガイドローラ5と受け部ガイドローラ6を設け、押さえガイドローラ5から結束回転ローラ4を迂回して受け部ガイドローラ6をめぐり、さらに後方軸支された支持ローラ19とテンションローラ11を経て押さえガイドローラ5に至る回転ベルト8を取り付け、さらに押さえガイドローラ5を上下方向に移動自在に構成するとともに、押さえガイドローラ5と受け部ガイドローラ6のすき間前方にテープガイド部材21を設け、このテープガイド部材21上方にテープカッター23と接着剤塗布ヘッド22を設け、テープガイド部材21にテープ19を供給するテープ供給部17を設けて構成される。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

左右に適当な間隔をおいて軸支された一対の結束回転ローラ4に近接して、その前方上下位置に互いに平行に適当な間隔をおいてそれぞれ押さえガイドローラ5と受け部ガイドローラ6を設け、該押さえガイドローラ5から結束回転ローラ4を迂回して受け部ガイドローラ6をめぐり、さらに後方に軸支された支持ローラ10とテンションローラ11を経て押さえガイドローラ5に至る回転ベルト8を左右に所要間隔をおいて取り付け、さらに該押さえガイドローラ5を上下方向に移動自在に構成するとともに、該押さえガイドローラ5と受け部ガイドローラ6のすき間前方にテープガイド部材21を設け、このテープガイド部材21上方にテープカッター23と接着剤塗布ヘッド22を設け、該テープガイド部材21にテープ19を供給するテープ供給部17を設けたことを特徴とする線香自動結束装置

技術分野

0001

本発明は、棒状の仏用の線香自動結束装置に関するものである。

背景技術

0002

従来は、図6に示すように、乾燥棚1上に横一列に並べて乾燥した線香2を人が適当な本数を手に取り上げ両手束ね、その両端付近紙テープ19で巻いて糊付けして結束していた。

0003

しかしながら、従来のように手作業によると生産性が悪く、また線香は細くて折れ易いから結束が難しく高度の熟練を必要とした。また、線香はカーボン等の硬い成分のものが含まれているから、束ねる際に手が擦れて痛めるなど問題が多かった。

0004

本発明は、上記のような従来の問題点を取り除くことを目的になされたもので、人手によらず、折れることなく確実に自動的にテープで結束できる装置を提供せんとするものである。

課題を解決するための手段

0005

上記目的を達成するために、本発明の自動結束装置は、左右に適当な間隔をおいて軸支され、その径が拡縮可能にした一対の結束回転ローラ近接して、その前方上下位置に互いに平行に適当な間隔をおいてそれぞれ押さえガイドローラと受け部ガイドローラを設ける。また、該押さえガイドローラから結束回転ローラを迂回して受け部ガイドローラをめぐり、さらに、後方に軸支された支持ローラテンションローラを経て押さえガイドローラに至る回転ベルトを左右に所要間隔をおいて取り付ける。さらに、該押さえガイドローラを上下方向に移動自在に構成するとともに、該押さえガイドローラと受け部ガイドローラのすき間前方にテープガイド部材を設け、このテープガイド部材上方にテープカッター接着剤塗布ヘッドを設け、該テープガイド部材にテープを供給するテープ供給部を設ける。

0006

その作用を説明すると、供給ベルトコンベア上に横一列にして搬送されてくる一定本数の線香群は順次、受け渡しコンベアを経て押さえガイドローラとのすき間を通り、結束回転ローラを包囲する回転ベルトで形成された結束部空間に投入される。結束部空間に投入された線香群は回転ベルトの回転に促されて結束部空間内を転動しながら帯状となる。続いて、テープ供給部から紙テープが供給される。紙テープは紙テープリールからテープガイドローラを介し、テープガイド部材を経て押さえガイドローラと受け部ガイドローラのすき間に投入され、線香束の両端付近に差し込まれると、線香束の回転に従い、その外周をめぐり線香束を巻き上げると回転ベルトは一時停止する。同時にテープカッタが作動して紙テープを切断するとともに、接着剤塗布ヘッドが下降して紙テープに接着剤を塗布する。再び、回転ベルトが回転して紙テープを巻き込むと結束部空間内で線香束を包囲する回転ベルトの作用で結束固定される。

0007

上記例では、結束回転ローラの径が一定である場合について述べたが、その径を拡縮させる場合には、供給ベルトコンベアから線香が転送されてくるとき、結束回転ローラの軸部は左右に離れており、その先端部傾斜の摺動作用でもって相対的にその外輪部を形成する外径は拡大し、線香束の径よりも大きくなっており、次に、結束部空間に線香が投入されると線香が、回転ベルトの回転に促されて転動しながら束を形成すると同時に、挿入された紙テープを巻き込む。

0008

このとき、左右一対の軸部を互いに内側に接近させると、外輪部を形成する外径が縮小し線香束径と同じか、やや小さくなり、線香束を堅く締める。該結束ローラの拡縮径およびその拡縮棒形状に最適な条件にあらかじめ設定しておく。

0009

即ち、上記例のように結束回転ローラの径を線香の導入時には大きくしてその折れを防止し、束が形成されるとその径を小さくして線香束を堅く締め、結束することができる。この結束回転ローラの拡縮及びテープ挿入のタイミング、またその一時停止のタイミングは個々の材料によって異なるので、あらかじめ設定しておく。

0010

線香の結束が完了すると、回転ベルトは再び一時停止すると同時に、押さえガイドローラはアーム回転作用で上昇し、結束部空間を解放する。続いて、その後方から取り出しアーム延伸してきてその受け部で線香束を受け、前方に上昇させて受取アームの円筒容器軸心上にきて停止すると、円筒容器は互いに内側に移動して線香束を横送りコンベア上に落とす。アームが逆に回転して円筒容器を元の位置に戻すとともに、押さえガイドローラも元の位置に戻り、再び結束の準備態勢に入る。上記サイクルを順次繰り返すことによって、連続的に線香を結束する。

0011

該押さえガイドローラは上下に移動するから、その折りには回転ベルトの張りが変化するが、該テンションローラの押さえでもって常に緊張されている。

0012

本発明の実施例を例示図にもとづいて説明すると、図1ないし図5に示すように、線香2の長さよりも少し長い目に左右に間隔をおいて架台3に軸支した一対の結束回転ローラ4を設ける。この結束回転ローラ4の直径は所要本数の線香束の直径に近似するものとする。

0013

さらに、該線香回転ローラ4に近接してその前方上下位置に互いに平行に適当な間隔をおいてそれぞれ押さえガイドローラ5と受け部ガイドローラ6を設ける。受け部ガイドローラ6の上面位置は該結束回転ローラ4の下面位置とほぼ同じレベルとするが必ずしもそれに限るものではない。また、押さえガイドローラ5の下面位置は受け部ガイドローラ6の上面レベル位置に近く、そのすき間の間隔を線香2の太さよりも大きく取る。この押さえガイドローラ5両端はアーム7によって支持され、上方に移動自在に構成されている。

0014

もって、該押さえガイドローラ5から結束回転ローラ4を迂回して受け部ガイドローラ6をめぐる平ベルトからなる回転ベルト8を左右に所要間隔をおいて掛け、該結束回転ローラ4の直径に相当する結束部空間9を形成し、さらに該回転ベルト8は後方に軸支された支持ローラ10を介してエンドレスに掛ける。

0015

また、11はテンションローラで、両端をアーム12で軸支したローラからなり、そのアームに重り13を吊り下げて回転ベルト8に乗せ、それを緊張させるようにしたり、バネやその他の手段で緊張させるようにする。

0016

尚、該回転ベルト8の左右の間隔はその結束部空間9に投入された線香束が落下しない程度の寸法とする。また、その回転方向図2の矢印Aで示す左回転とする。

0017

14は供給ベルトコンベアで、ローラ15に掛けて、さらに、このローラ15と該受け部ガイドローラ6との間にベルトを掛けた受け渡しコンベア16を設ける。

0018

17は結束用のテープ供給部で、リールスタンドに支持された左右一対の紙テープリール18を有し、この紙テープ19はそれぞれテープガイドローラ20を介して該押さえガイドローラ5と受け部ガイドローラ5と受け部ガイドローラ6のすき間前方に設けた左右一対のテープガイド部材21に供給できるように構成される。このテープガイド部材21の後端部は該すき間に近接して設け、他方その前端部側上方に昇降自在な接着材塗布ヘッド22を設け、さらにこの前端部にテープカッター23を隣設する。

0019

24は取り出しアームで、先端を半円状に湾曲させた受け部25を形成する一対の湾状の板状からなり、その受け部25を結束部空間9の後方近く、回転ベルト8の間に配設し、結束部空間9で線香束が紙テープ19で結束されると、押さえガイドローラ5が上昇してその結束部空間9を解放すると同時に、前方に上昇してその受け部25で線香束を受け取ることができるように構成されている。

0020

また、26は受取アームで、アーム27で支持された左右一対の円筒容器28からなり、互いに内向きに対向して配設され、その間隔は線香束の長さ以上とし、互いにその軸心上で相反する方向に移動自在に構成され、該取り出しアーム24で取り出された線香束が上昇して円筒容器28の軸心上にきて停止すると、円筒容器28は互いに内側に移動して線香束の両端を押さえて整列させると、そのまま収容した状態でアーム27が矢印方向に右回転して後方へ移送することができ、さらに横送りコンベア29に乗せるとアーム27は逆回転して初期位置に戻ることができるように構成されている。

0021

尚、上記例では結束回転ローラ4の径を結束すべき線香束の径にほぼ等しいものとして構成したが、特に折れ易い材料のものやなりになった材料などを結束する場合やあるいは結束の締め具合を変えたい場合等には結束回転ローラ4の径を結束するタイミングに応じて拡縮できるようにすると効果的である。

0022

その実施例を図4ないし図5もとずいて説明すると、架台3に軸支された軸心方向に移動自在にした軸部30と、その先端にメタル31を介して外嵌した内輪部32と、さらにこの内輪部32に外嵌した外輪部33とからなり、該内輪部32の外周面と該外輪部33の内周面の一部(矢印aで示す)を円錐形に傾斜させて互いに接するように構成する。内輪部32はスナップリング34によってメタル31外輪に固着され自由回転可能であり、メタル31の内輪は軸部30に固定されていて軸部30と内輪部32は軸心方向に一体的に移動する。また、外輪部33の内周面の一部に環状の溝35を設け、これにメタル36の外輪を遊嵌するとともに、そのメタル36の内輪をブッシュ37に固定し、このブッシュ37の軸穴オイルレスメタル38を内装して軸部30を移動自在に挿通する。該外輪部33は円周方向に複数個に分割されており、それぞれ断面が扇形であり、他方その外周面一部に円周溝39を設け、この溝39にゴムリング40を掛けて外輪部33を内輪部32に外嵌支持できるように構成されている。

0023

もって、軸部30がエアーシリンダ41により、その軸心方向に移動すると、内輪部32の移動によってその傾斜面に摺動されて外輪部33が半径方向に拡縮する。

0024

上記構成によると、供給ベルトコンベア14上に横一列にして搬送されてくる一定本数の線香群は順次、受け渡しコンベア16を経て押さえガイドローラ6とのすき間を通り、結束回転ローラ4を包囲する回転ベルト8で形成された結束部空間9に投入される。結束部空間9に投入された線香群は回転ベルト8の回転に促されて結束部空間9内を転動しながら帯状となる。続いて、テープ供給部17から紙テープ19が供給される。紙テープ19は紙テープリール18からテープガイドローラ20を開始、テープガイド部材21を経て押さえガイドローラ5と受け部ガイドローラ6のすき間に投入され、線香束の両端付近に差し込まれると、線香束の回転に従い、その外周をめぐり線香束を巻き上げると回転ベルト8は一時停止する。同時にテープカッタ23が作動して紙テープ19を切断するとともに、接着剤塗布ヘッド22が下降して紙テープ19に接着剤を塗布する。再び、回転ベルト8が回転して紙テープ19を巻き込むと結束部空間9内で線香束を包囲する回転ベルト8の作用で結束固定される。

0025

上記例では、結束回転ローラ4の径が一定である場合について述べたが、図4及び図5に示すように、その径を拡縮させる場合の実施例について説明すると、供給ベルトコンベア14から先駆2が転送されてくるときには、結束回転ローラ4の軸部30は左右に離れており、その先端部傾斜(矢印aで示す)の摺動作用でもって相対的にその害輪部3を形成する外径は拡大し、線香束の径よりも大きくなっており、次に、結束部空間9に線香2が投入されると線香2が、回転ベルト8の回転に促されて転動しながら束を形成すると同時に、挿入された紙テープ19を巻き込む。このとき、左右一対の軸部30を互いに内側に接近させると、外輪部33を形成する外径が縮小し線香束径と同じか、やや小さくなり、線香束を堅く締める。該結束ローラ4の拡縮径およびその拡縮棒形状に最適な条件にあらかじめ設定しておく。

0026

即ち、上記例のように結束回転ローラ4の径を線香2の導入時には大きくしてその折れを防止し、束が形成されるとその径を小さくして線香束2を堅く締めて結束することができるように構成されている。この結束回転ローラ8の拡縮及びテープ挿入のタイミング、またその一時停止のタイミングは個々の材料によって子となるので、あらかじめ設定しておく。

0027

線香2の結束が完了すると、回転ベルト8は再び一時停止すると同時に、押さえガイドローラ5はアーム7の回転作用で上昇し、結束部空間9を解放する。続いて、その後方から取り出しアーム24が延伸してきてその受け部25で線香束を受け、前方に上昇させて受取アーム26の円筒容器28軸心上にきて停止すると、円筒容器28は互いに内側に移動して線香束を横送りコンベア29上に落とす。アーム27が逆に回転して円筒容器28を元の位置に戻すと、押さえガイドローラ5も元の位置に戻り、再び結束の準備態勢にはいる。上記サイクルを順次繰り返すことによって、連続的に線香を結束する。

0028

該押さえガイドローラ5は上下に移動するから、その折りには回転ベルト8の張りが変化するが、該テンションローラ11の押さえでもって常に緊張されている。

発明の効果

0029

本発明は上記のように構成されているので、以下に記載されるような効果を奏する。

0030

従来、手作業で行われていた作業を人手に頼ることなく、機械で自動的に結束することができるようになったから生産性が向上し、量産が可能となった。

0031

また、熟練者を必要とせず、折れ易い材料や弓なりに曲がった材料であっても確実に結束することができるようになった。

0032

さらにまた、線香に限らず、広い範囲の棒状材料にも適用できるなど、産業上有用な自動結束装置であるといえる。

0033

図面の簡単な説明

0034

図1本発明の全体平面図である。
図2要部正面図である。
図3図1のイ−イ矢視図である。
図4結束回転ローラの断面図である。
図5図4のロ−ロ矢視図である
図6乾燥棚を示す斜視図である。

--

0035

4結束回転ローラ
5ガイドローラ
6 受け部ガイドローラ
8回転ベルト
10支持ローラ
11テンションローラ
21テープガイド部材
22接着剤塗布ヘッド
23 テープカッター

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ナベルの「 アキューム装置制御システム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】処理装置への卵の供給量を安定させるアキューム装置制御システムを提供する。【解決手段】アキューム装置制御システム10は、鶏舎から集められる卵Eを複数列に並べて処理する処理装置Pの上流側に配置され... 詳細

  • マックス株式会社の「 結束機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】ワイヤが収容されるマガジンの配置の制約を少なくした鉄筋結束機を提供する。【解決手段】鉄筋結束機1Aは、ワイヤWが収容されるマガジン2Aと、ワイヤWを鉄筋Sの周囲に巻き回すカールガイド部5Aと、... 詳細

  • レック株式会社の「 紙積層体の結束補助具」が 公開されました。( 2020/10/15)

    【課題】紙積層体を崩れないように紐で結束可能であり、コンパクトに保管することができ、さらに繰り返し使用することができ、安価となる紙積層体の結束補助具を提供する。【解決手段】棒状部材10、20と、棒状部... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ