図面 (/)

技術 スロットマシン

出願人 サミー株式会社
発明者 中澤弘人
出願日 1994年7月27日 (26年5ヶ月経過) 出願番号 1994-174646
公開日 1996年2月13日 (24年10ヶ月経過) 公開番号 1996-038683
状態 特許登録済
技術分野 スロットマシン、カードゲーム、盤上ゲーム 弾球遊技機(パチンコ等) 自動賃貸装置
主要キーワード 下端周囲 フード形状 開放形状 斜側壁 上方寄り プラスチック成型品 通路出口 払い出し量
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1996年2月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

目的

遊技者が一々手でメダルを掻き出さずともメダル受け皿に溜まったメダルの移し替えができるようにして、使い勝手を向上させた。

構成

メダル受け皿80を、前扉30の高さ途中に位置させ、ホッパー装置60のホッパーメダル出口と遊技者にメダルを払い出すために前扉30前面に開口したメダル排出口70との間には、ホッパーメダル出口からメダル排出口70に至るまでメダルを上方に移送する揚送リフト63を備えるとともに、メダル受け皿80の底部には、内部に溜まったメダルを下方に落下させるために開閉可能な開閉扉81を設けた。

概要

背景

従来、この種のスロットマシンは、メダル受け皿前扉の下部に設けたものが多いが、これは、スロットマシンの内部のスペース上の制約によりメダル受け皿を上方寄りに配することができないためである。すなわち、スロットマシン内部のスペースは、その中央上方寄りに配されたリールユニットと、リールユニットの下方に配されたホッパー装置とで主に占められているが、そのうちホッパー装置は、内部に多量のメダル貯留する必要があるため大きなホッパータンクを備えている。そして、ホッパータンクに貯留され、その斜底部に臨む回転ディスク表面に設けられたメダル溝にはまり込んだメダルを、ディスクの回転とともに斜底部に隣接したホッパーメダル出口から払い出すようにしている。ホッパー装置から払い出されたメダルは、そのメダル自身の落下を利用して、前扉前面で開口しているメダル排出口からメダル受け皿内に排出される。従って、メダル受け皿をホッパーメダル出口より下方に位置させる必要があるが、そのホッパーメダル出口の位置はホッパータンクの下部付近に限定されることから、メダル受け皿を前扉の下部付近にしか配することができなかった。メダルの払い出し量が少ない場合、このメダル受け皿を前扉の下部に配すること自体が特に問題となることはなかった。

概要

遊技者が一々手でメダルを掻き出さずともメダル受け皿に溜まったメダルの移し替えができるようにして、使い勝手を向上させた。

メダル受け皿80を、前扉30の高さ途中に位置させ、ホッパー装置60のホッパーメダル出口と遊技者にメダルを払い出すために前扉30前面に開口したメダル排出口70との間には、ホッパーメダル出口からメダル排出口70に至るまでメダルを上方に移送する揚送リフト63を備えるとともに、メダル受け皿80の底部には、内部に溜まったメダルを下方に落下させるために開閉可能な開閉扉81を設けた。

目的

そこで、請求項1及び2記載の発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、ホッパー装置から払い出されたメダルを揚送リフトを用いて一旦上方に移送させることにしてメダル受け皿を前扉の高さ途中に位置させ、かつメダル受け皿の底部に開閉可能な開閉扉を設けることで遊技者が一々手でメダルを掻き出さずともメダル受け皿に溜まったメダルの移し替えができるようにして、使い勝手を向上させたスロットマシンを提供しようとするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
5件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

スロットマシン前扉に設けられ、遊技者メダルを払い出すために手前に開口したメダル排出口と、このメダル排出口から排出されたメダルを受けるために、メダル排出口の下端周囲を覆うように前扉前面から手前に突出して設けられた上面開放形状メダル受け皿と、スロットマシンの筐体の内底部に固定され、内部に貯留されたメダルをその出口であるホッパーメダル出口から上記メダル排出口に向けて1枚づつ払い出すホッパー装置とを備えるスロットマシンにおいて、上記スロットマシンは、前記メダル受け皿を、前扉の高さ途中に位置させ、前記ホッパーメダル出口とメダル排出口との間には、ホッパーメダル出口からメダル排出口に至るまでメダルを上方に移送する揚送リフトを備えるとともに、メダル受け皿の底部には、内部に溜まったメダルを下方に落下させるために開閉可能な開閉扉を設けたことを特徴とするスロットマシン。

請求項2

メダル受け皿の下方に位置し、スロットマシンの置き台の上面を手前側延長させた載置部と、この載置部に載せられることで載置部及びメダル受け皿の対向間隔内に配置され、メダル受け皿の底部に設けられた開閉扉の開状態において落下するメダルを受けとめるメダル収納箱と、を備えたことを特徴とする請求項1記載のスロットマシン。

技術分野

0001

この発明は、スロットマシン、特に次々に排出されるメダルメダル受け皿入りきらなくなった場合のメダル受け皿に溜まったメダルの移し替えを容易にして、使い勝手を向上させたスロットマシンを提供しようとするものである。

背景技術

0002

従来、この種のスロットマシンは、メダル受け皿を前扉の下部に設けたものが多いが、これは、スロットマシンの内部のスペース上の制約によりメダル受け皿を上方寄りに配することができないためである。すなわち、スロットマシン内部のスペースは、その中央上方寄りに配されたリールユニットと、リールユニットの下方に配されたホッパー装置とで主に占められているが、そのうちホッパー装置は、内部に多量のメダルを貯留する必要があるため大きなホッパータンクを備えている。そして、ホッパータンクに貯留され、その斜底部に臨む回転ディスク表面に設けられたメダル溝にはまり込んだメダルを、ディスクの回転とともに斜底部に隣接したホッパーメダル出口から払い出すようにしている。ホッパー装置から払い出されたメダルは、そのメダル自身の落下を利用して、前扉前面で開口しているメダル排出口からメダル受け皿内に排出される。従って、メダル受け皿をホッパーメダル出口より下方に位置させる必要があるが、そのホッパーメダル出口の位置はホッパータンクの下部付近に限定されることから、メダル受け皿を前扉の下部付近にしか配することができなかった。メダルの払い出し量が少ない場合、このメダル受け皿を前扉の下部に配すること自体が特に問題となることはなかった。

発明が解決しようとする課題

0003

しかし、上記した従来のスロットマシンでは、大当たりにより払い出されたメダルがメダル受け皿に入りきらなくなった場合には、メダル受け皿に溜まったメダルを遊技者が手で掻き出しメダル収納箱等に移し替えなければならなず、この移し替えの作業がやりにくく不便であるといった問題点があった。

0004

この問題に対処するためには、一般には、メダル受け皿の下方にメダル収納箱を置くとともに、メダル受け皿の底部にシャッタを設けて、このシャッタを開いてメダル受け皿に溜まったメダルを下方のメダル収納箱に落とし込むようにすればよいが、上記したスロットマシンの内部スペース上の制約からメダル受け皿を上方寄りに配することができず、このためメダル収納箱を配置するスペース確保が難しかった。

0005

そこで、請求項1及び2記載の発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、ホッパー装置から払い出されたメダルを揚送リフトを用いて一旦上方に移送させることにしてメダル受け皿を前扉の高さ途中に位置させ、かつメダル受け皿の底部に開閉可能な開閉扉を設けることで遊技者が一々手でメダルを掻き出さずともメダル受け皿に溜まったメダルの移し替えができるようにして、使い勝手を向上させたスロットマシンを提供しようとするものである。

0006

これに加え、請求項2記載の発明は、メダル受け皿の下方にはメダル受け皿から落下するメダルを受けとめるメダル収納箱を備えるとともに、このメダル収納箱を載置する場所も予め用意されているスロットマシンを提供しようとするものである。

課題を解決するための手段

0007

本発明は、上記した目的を達成するためのものであり、以下にその内容を図面に示した実施例を用いて説明する。請求項1記載の発明は、メダル受け皿(80)を、前扉(30)の高さ途中に位置させ、ホッパー装置(60)のホッパーメダル出口と遊技者にメダルを払い出すために前扉(30)前面に開口したメダル排出口(70)との間には、ホッパーメダル出口からメダル排出口(70)に至るまでメダルを上方に移送する揚送リフト(63)を備えるとともに、メダル受け皿(80)の底部には、内部に溜まったメダルを下方に落下させるために開閉可能な開閉扉(81)を設けたことを特徴とする。

0008

請求項2記載の発明は、上記した請求項1記載の特徴点に加え、メダル受け皿(80)の下方に位置し、スロットマシンの置き台(40)の上面を手前側延長させた載置部(41)と、この載置部(41)に載せられることで載置部(41)及びメダル受け皿(80)の対向間隔内に配置され、メダル受け皿(80)の底部に設けられた開閉扉(81)の開状態において落下するメダルを受けとめるメダル収納箱(90)とを備えたことを特徴とする。

0009

したがって、請求項1記載の発明によれば、まずホッパー装置(60)のホッパーメダル出口からメダルが一枚づつ払い出されると、この払い出されたメダルは揚送リフト(63)で上方のメダル排出口(70)まで送られる。そして、送られたメダルは、メダル排出口(70)から遊技者側に排出される。

0010

排出されたメダルは、下方のメダル受け皿(80)に溜まってゆくが、遊技者の操作によりメダル受け皿(80)の底部に設けられた開閉扉(81)が開かれると、開かれた開閉扉(81)の開口から下方に落下する。請求項2記載の発明によれば、これに加え、落下したメダルは、その下方に位置し、スロットマシンの置き台(40)の載置部(41)上に載せられたメダル収納箱(90)で受けとめられ、その内部に収納される。

0011

図1〜4は、本発明の一実施例を示すものであり、図1はスロットマシンの略断面図、図2はスロットマシンの正面図、図3はホッパー装置の正面図、図4はメダル受け皿及びメダル収納箱の斜視図をそれぞれ示す。図2中、10は、スロットマシンを示すものであり、このスロットマシン10は、筐体20と、この筐体20の前面に片側をヒンジ等で開閉可能に取り付けられた前扉30とから構成され、図1,2に示すようにスロットマシンの置き台40の上に据え付けられている。

0012

上記筐体20内部には、図1に示すように、その中央上方よりに配置され、回転しながら外部に図柄を表示するリールユニット50と、このリールユニット50の下方に位置し、筐体20の内底部に固定され、内部に貯留されたメダルを1枚づつ払い出すためのホッパー装置60とを備えている。上記ホッパー装置60は、図1,3に示すように、内部に多量のメダルを溜めるために上面を開放したフード形状を有するホッパータンク61と、このホッパータンク61の斜側壁の外側に、その駆動軸タンク内側に向けて固定されたモータ62とを備えている。また、図示しないが、モータ62の駆動軸には、ホッパータンク61内に臨んで位置し、その表面側にメダル大の複数の溝を有する回転ディスクが取り付けられ、この回転ディスクの周囲には、前扉30側に開口したホッパーメダル出口が設けられている。そして、このホッパー装置60は、スロットマシン10全体の制御を司っているCPU(図示せず)の制御に従ってメダルを遊技者に払い出すために始動し、モータ62により回転ディスクを回しながら、その表面側の溝にメダルをはめ込んだ後、はめ込まれたメダルをモータ62の回転に従ってホッパーメダル出口に導いて、ここからメダルを1枚づつ外部に払い出すものである。

0013

また、上記ホッパー装置60のホッパーメダル出口付近には、図1,3に示すように、上方に延びた長尺状の揚送リフト63が取り付けられている。この揚送リフト63内には、図示しないが、メダル通路が、上記ホッパーメダル出口に臨む通路入口から揚送リフト63の先端部で図3の手前に開口した通路出口64に亘り、当該揚送リフト63の長手方向に沿って形成されている。さらに、揚送リフト63の先端には、図1,3に示すように、メダルの払出し数カウントするためのメダルセンサ65がメダル通路に臨んで設けられている。そして、この揚送リフト63は、ホッパーメダル出口から揚送リフト63のメダル通路内に払い出されたメダルを後から次々に払い出される他のメダルで押し上げることで、メダルを上方に移送させる。そして、上記揚送リフト63で上方に押し上げたメダルを、メダルセンサ65でカウントした後に、通路出口64から押し出すものである。

0014

前記前扉30の高さ途中には、図1,2に示すように、遊技者にメダルを払い出すために手前に開口したメダル排出口70が設けられている。このメダル排出口70は、図1に示すように、上記揚送リフト63の通路出口64と連絡通路71を介してつながっている。上記メダル排出口70の下方には、図1,2に示すように、メダル排出口70から排出されたメダルを受けるためのメダル受け皿80が設けられている。このメダル排出口70は、図4に示すように、上面を開放するとともに、メダル排出口70の下端周囲を覆うように前扉30前面から手前に突出して形成されている。

0015

上記メダル受け皿80の底部には、図3,4に示すように、内部に溜まったメダルを下方に落下させるための開閉可能な開閉扉81が設けられている。本実施例における開閉扉81は、片側にスライドするシャッタであり、レバー(図示せず)等を遊技者が操作することにより、片側にスライドして開かれるものである。この他、開閉扉81としては、例えば2枚のシャッタが両側にスライドして中央で開口するもの、片側をヒンジ等で固定された扉が下方に開くもの、又は片側をヒンジ等で固定された扉2枚が下方に開いて中央で開口するもの等の何れであってもよい。

0016

上記メダル受け皿80の下方には、図1,2に示すように、前記スロットマシンの置き台40の上面を手前側に水平に延長させた載置部41が設けられている。この載置部41上には、図1,2に示すように、上面を開放した形状のメダル収納箱90が置かれている。このメダル収納箱90は、メダル受け皿80の底部に設けられた開閉扉81を開放した場合に、開閉扉81から落下するメダルを受けとめて収納するためのものである。この収納箱90は、図4に示すように、上部を開口した箱状をなし、例えばプラスチック成型品が用いられている。

0017

次に、このように構成されたスロットマシン10の動作について説明する。まず、CPUで入賞が判定され、そのメダルの払出命令によりホッパー装置60のモータ62が始動すると、ホッパータンク61に貯留されているメダルのうち、その斜側壁に臨む回転ディスクの溝にはまり込んだメダルが、ディスクの回転ととともにホッパーメダル出口から揚送リフト63内のメダル通路に払い出される。

0018

メダル通路に払い出されたメダルは、後から次々に払い出される他のメダルで押し上げられることで上方に移送され、メダルセンサ65でカウントされた後、通路出口64から連絡通路71内に押し出される。この押し出されたメダルは、そのメダル自身の落下により連絡通路71を下った後、メダル排出口70からメダル受け皿80上に排出される。この排出されたメダルを揚送リフト63内で押しげていた次のメダルも、排出されたメダルと同様に、後に続く他のメダルに押され、その他のメダルも更に後のメダルで押されており、これらの連続したメダルの後押しにより、メダル排出口70からはメダルセンサ65によりカウントされたメダルが次々と排出される。

0019

メダルセンサ65によるメダルのカウント数所定数に達すると、CPUの制御によりホッパー装置60が停止され、メダルの払い出しが終了する。一方、既に排出されたメダルは下方のメダル受け皿80内に溜まっていくが、遊技者が、レバー(図示せず)等を操作してメダル受け皿80の底部に設けられた開閉扉81を開くと、溜まっていたメダルが開閉扉81の開口から下方に落下する。

0020

落下したメダルは、下方のメダル収納箱90に受けとめられ、その内部に収納される。なお、上記説明では、揚送リフト63はホッパー装置60に取り付けられ、後続のメダルの後押しでメダルを押し上げるとしたが、これに限らず、ホッパー装置60と別体に設けることは勿論、例えば電動式リフトであっても構わない。

発明の効果

0021

本発明は、以上のように構成されているので、以下に記載されるような効果を奏する。請求項1又は2記載の発明によれば、ホッパー装置から払い出されたメダルを、揚送リフトを用いて一旦上方に移送させることにして、メダル受け皿を前扉の高さ途中に位置させ、かつメダル受け皿の底部に開閉可能な開閉扉を設けることで、遊技者が一々手でメダルを掻き出さずともメダル受け皿に溜まったメダルの移し替えができ、使い勝手を向上させたスロットマシンを提供することができる。

0022

これに加え、請求項2記載の発明によれば、メダル受け皿の下方にはメダル受け皿から落下するメダルを受けとめるメダル収納箱を備えるとともに、このメダル収納箱を載置する場所も予め用意されていることから、遊技者にとっては、メダル受け皿が一杯になる度に、開閉扉を開放させるだけで、メダル受け皿内のメダルをメダル収納箱に排出できるので、メダル収納箱が一杯になるまでは遊技が長く中断されるようなことがない。

0023

さらに、多量のメダルが払い出され、メダル収納箱が一杯になった場合でも、この一杯になったメダル収納箱を、空のメダル収納箱に取り替えるだけでよいため、従来のように手で掻き出す場合に比べ遊技者の負担が少ないスロットマシンを提供することができる。

図面の簡単な説明

0024

図1スロットマシンの略断面図である。
図2スロットマシンの正面図である。
図3ホッパー装置の正面図である。
図4メダル受け皿及びメダル収納箱の斜視図である。

--

0025

10スロットマシン20筐体
30前扉40 置き台
41 載置部 50リールユニット
60ホッパー装置61ホッパータンク
62モータ63 揚送リフト
64通路出口65メダルセンサ
70メダル排出口71連絡通路
80メダル受け皿81開閉扉
90 メダル収納箱

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】有利状態の終盤の報知に特徴を有する遊技台を提供する。【解決手段】有利状態であってエンディング演出の実行が開始される前の第一の状態において第一の図柄組み合わせが表示された場合に、第一の特典に関す... 詳細

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】有利状態の終盤の報知に特徴を有する遊技台を提供する。【解決手段】有利状態であってエンディング演出の実行が開始される前の第一の状態において第一の図柄組み合わせが表示された場合に、第一の特典に関す... 詳細

  • 山佐株式会社の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】可能な限り区間状態が有利区間であることを条件として特典付与のための報知が行われるようにして公平性の担保と興趣の低下の防止とを図りつつ、可能な限り設定変更の有無の見破りを防止ことができる遊技機を... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ