図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(1996年1月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

目的

複数の種類の情報の入力を一度に行うことができるデータ入力装置を提供する。

構成

ギアスティック10は、ジョイスティック130、検出スイッチ152〜162、および、検出回路164等から構成される。オペレーターは、ジョイスティック130をガイド開口部124のポジション112〜122のいずれかに移動させ、ジョイスティック130を操作して操作情報の入力を行う。ギアスティック10の検出スイッチ152〜162のいずれかで検出されたジョイスティック130の位置、および、検出回路164で検出されたレバー132の角度は、操作情報生成回路206で処理され、操作情報として映像信号に対する操作に用いられる。

概要

背景

ディジタル形式映像信号画面に表示し、この画面を見ながら映像に対する操作を行って映像の編集を行う映像編集装置が現在盛んに用いられている。このような映像編集装置においては、例えば操作者オペレーター)が対話形式で操作の内容を指定する操作情報を映像編集装置に入力する。映像編集装置は、オペレーターにより入力された操作情報に従って、複数の映像それぞれに移動、拡大、縮小および変形等の操作(処理)を施し、操作を施した後に映像を重ね合わせて編集する。

概要

複数の種類の情報の入力を一度に行うことができるデータ入力装置を提供する。

ギアスティック10は、ジョイスティック130、検出スイッチ152〜162、および、検出回路164等から構成される。オペレーターは、ジョイスティック130をガイド開口部124のポジション112〜122のいずれかに移動させ、ジョイスティック130を操作して操作情報の入力を行う。ギアスティック10の検出スイッチ152〜162のいずれかで検出されたジョイスティック130の位置、および、検出回路164で検出されたレバー132の角度は、操作情報生成回路206で処理され、操作情報として映像信号に対する操作に用いられる。

目的

本発明は、以上述べた従来技術の問題点に鑑みてなされたものであり、例えば、映像編集装置に対して映像信号に対する操作の種類および操作に用いるデータの入力を簡単に、しかも、効率的に行うことができるデータ入力装置を提供することを目的とする。また、本発明は、例えば、映像編集装置に対して映像信号に対する操作の種類および操作に用いるデータといった複数の種類の情報の入力を1つの段階で行うことができるデータ入力装置を提供することを目的とする。また、本発明は、これらのデータ入力装置を用いており、操作を易しく効率的に行うことができる映像編集装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

所定の操作が加えられる入力用部材を有し、前記入力用部材に加えられた操作を数値化して数値データを生成する数値データ生成手段と、前記数値データ生成手段を移動させる経路を有し、該経路の複数の所定の位置に前記数値データ生成手段を導くガイド手段と、前記数値データ生成手段が、前記ガイド手段の経路の所定の位置の内のいずれにあるかを検出して位置データを生成する位置データ生成手段と、前記位置データ生成手段が生成した位置データと、前記数値データ生成手段が生成した数値データとを対応付けて入力データを生成する入力データ生成手段とを有するデータ入力装置

請求項2

前記ガイド手段は、前記経路に沿った拘束範囲に前記数値データ生成手段の動きを制限するように構成されている請求項1に記載のデータ入力装置。

請求項3

前記数値データ生成手段の入力用部材は棒状部材であって、前記数値データ生成手段は、少なくとも該棒状部材への2次元的な操作の結果を検出し、該2次元的な操作の結果を数値化して前記数値データを生成する請求項1または2に記載のデータ入力装置。

請求項4

請求項1〜3のいずれかに記載のデータ入力装置と、映像信号に対する複数の種類の処理を行う映像信号処理手段とを有し、前記映像信号処理手段は、前記データ入力装置に入力された前記位置データに対応する種類の処理を、該データ入力装置に入力された前記数値データに基づいて行うように構成されている映像編集装置

技術分野

0001

本発明は、操作が簡単なデータ入力装置と、このデータ入力装置から入力されたデータに基づいて映像信号編集を行う映像編集装置に関する。

背景技術

0002

ディジタル形式の映像信号を画面に表示し、この画面を見ながら映像に対する操作を行って映像の編集を行う映像編集装置が現在盛んに用いられている。このような映像編集装置においては、例えば操作者オペレーター)が対話形式で操作の内容を指定する操作情報を映像編集装置に入力する。映像編集装置は、オペレーターにより入力された操作情報に従って、複数の映像それぞれに移動、拡大、縮小および変形等の操作(処理)を施し、操作を施した後に映像を重ね合わせて編集する。

発明が解決しようとする課題

0003

最近のテレビジョンコマーシャル(CM)用映像あるいは音楽用映像(MTV)等の制作には高度な映像表現が要求されるようになってきている。これらの映像を編集する場合、オペレーターは映像編集装置を操作して、多数の映像それぞれに移動、拡大、縮小および変形等の操作を施し、さらに、これらの操作を施した後の映像を重ねるといった複雑な編集を行う。

0004

従来の映像編集装置においては、映像信号に対する操作の種類の選択のため、例えば、画面上の図形を移動させる操作を行うか、あるいは、画面上の図形を変形させるかを選択するためにマウス等の入力装置が用いられていた。つまり、オペレーターは、例えば、マウスのボタンを押下(クリック)して操作の種類を指定するためのウィンドウを開き、このウィンドウに表示された操作をさらにクリックすることにより映像信号に対する操作の種類を指定していた。

0005

しかし、映像編集装置の映像信号に対する操作の種類が多くなると、ウィンドウを開いて操作の種類を指定する方法ではウィンドウの階層が多くなり、オペレーターが操作の種類の指定を指定するために要する時間が増えるという問題がある。例えば、頻繁に指定する操作を指定するために要する時間と、滅多に指定しない操作を指定する時間が同じ程度必要となり、映像編集作業が非能率的になってしまうという問題がある。一方、例えば、操作の種類を指定するために、オペレーターがキーボードから操作の名称コマンド)を入力する方法もある。しかし、このような方法によると、オペレーターは数多くのコマンドを覚えなければならず、操作が難しくなってしまうという問題がある。

0006

また、オペレーターが、例えば図形の移動を映像編集装置に行わせる場合には、操作の種類を映像編集装置に指定するとともに、図形の移動先等のデータを入力する必要がある。このような図形の移動先を指定するデータを入力する場合には、オペレーターが画像を見ながら感覚的に移動先を決定できるようにすることが望ましい。例えば、映像編集装置に対して図形の移動先等の入力を行うためには、操作の種類を指定した後に、さらにマウス等を用いて画面上に表示されたカーソルを図形の移動先まで移動させ、マウスのボタンをクリックして移動先を指定する。しかし、このようなデータを入力方法は、オペレーターが操作の種類を指定して、さらに操作に用いるデータを入力するという2段階の操作を行う必要があるので、手間がかかる。そこで、オペレーターが操作の種類と操作に用いるデータとを1段階で映像編集装置に入力することができるデータ入力装置が要望されている。

0007

本発明は、以上述べた従来技術の問題点に鑑みてなされたものであり、例えば、映像編集装置に対して映像信号に対する操作の種類および操作に用いるデータの入力を簡単に、しかも、効率的に行うことができるデータ入力装置を提供することを目的とする。また、本発明は、例えば、映像編集装置に対して映像信号に対する操作の種類および操作に用いるデータといった複数の種類の情報の入力を1つの段階で行うことができるデータ入力装置を提供することを目的とする。また、本発明は、これらのデータ入力装置を用いており、操作を易しく効率的に行うことができる映像編集装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上記目的を達成するために本発明のデータ入力装置は、所定の操作が加えられる入力用部材を有し、前記入力用部材に加えられた操作を数値化して数値データを生成する数値データ生成手段と、前記数値データ生成手段を移動させる経路を有し、該経路の複数の所定の位置に前記数値データ生成手段を導くガイド手段と、前記数値データ生成手段が、前記ガイド手段の経路の所定の位置の内のいずれにあるかを検出して位置データを生成する位置データ生成手段と、前記位置データ生成手段が生成した位置データと、前記数値データ生成手段が生成した数値データとを対応付けて入力データを生成する入力データ生成手段とを有する。好適には、前記ガイド手段は、前記経路に沿った拘束範囲に前記数値データ生成手段の動きを制限するように構成されている。好適には、前記数値データ生成手段の入力用部材は棒状部材であって、前記数値データ生成手段は、少なくとも該棒状部材への2次元的な操作の結果を検出し、該2次元的な操作の結果を数値化して前記数値データを生成する。

0009

本発明の映像編集装置は、上述した本発明のデータ入力装置と、映像信号に対する複数の種類の処理を行う映像信号処理手段とを有し、前記映像信号処理手段は、前記データ入力装置に入力された前記位置データに対応する種類の処理を、該データ入力装置に入力された前記数値データに基づいて行うように構成されている。

0010

数値データ生成手段は、例えば計算機へのデータ入力等に用いられるジョイスティックであり、その入力用部材は、例えばジョイスティックのレバーである。オペレーターにより入力用部材を任意の方向に傾ける等の操作が行われると、数値データ生成手段は、例えば、入力用部材の傾きを、直交する2つの方向の成分に分けて数値化し、例えば映像編集装置において図形の移動方向を示す数値データを生成する。ガイド手段は、例えばマニュアル式自動車シフトレバーが所定の経路でギアポジション間を移動するように、所定の経路上を数値データ生成手段を導く。オペレーターは、この経路に従って数値データ生成手段を移動させることができる。

0011

位置データ生成手段は、数値データ生成手段がガイド手段の複数の所定の位置、例えば上述のマニュアル自動車のシフトレバーのギアポジションに相当する位置のいずれかにある場合に、その位置を検出して位置データを生成する。この位置データは、例えば映像編集装置において、映像信号に対する操作の種類を指定する情報として用いられる。

0012

入力データ生成手段は、数値データ生成手段が生成した数値データと、位置データ生成手段が生成した位置データとを対応付けて入力データを生成する。入力データ生成手段が、数値データ生成と位置データとを対応付けて入力データを生成し、例えばこの入力データを映像編集装置に入力すると、映像編集装置において、入力データの位置データが図形の移動を指定するデータである場合には、対応する数値データは図形の移動先あるいは移動方向を示すデータとして用いられる。また、入力データの位置データが図形の拡大あるいは縮小を指定するデータである場合には、対応する数値データは図形の拡大率等を示すデータとして用いられることになる。つまり、位置データとの関連で数値データは異なった意味の数値として取り扱われる。

0013

本発明のデータ入力装置を、例えば映像編集装置についてのデータ入力に用いると、あたかも自動車のギアチェンジを行う感覚で映像信号に対する操作の種類を指定することができ、しかも、入力装置の変更および複数の段階を経ることなく効率的に操作に用いられるデータを入力を行うことができる。

0014

以下、図1図15を参照して本発明の第1の実施例を説明する。まず、図1を参照して本発明の映像編集装置1の構成を説明する。図1は、第1の実施例における本発明の映像編集装置1の構成を示す図である。図1に示すように、映像編集装置1は、ギアスティック10と入力装置200とが接続された操作入力装置(CP)20、VTR装置VTR)34とメモリ回路MEM)36とが接続された映像編集回路VEF)32、および、モニタ装置40から構成される。

0015

映像編集装置1には、オペレーターのギアスティック10および入力装置200に対する操作により、映像信号に対する操作を指定するデータ、および、これらの操作に用いられるデータ(以下、これらのデータを総称して「操作情報」と記す)が操作入力装置20を介して映像編集回路32に入力される。映像編集装置1の映像編集回路32は、入力された操作情報に従って、VTR装置34あるいはメモリ回路36に格納されたディジタル形式の映像信号に対してディジタル演算処理により操作処理を行い、操作処理を行って得られた映像信号を編集して再びVTR装置34あるいはメモリ回路36に格納する。

0016

映像編集装置1の映像編集回路32が行う映像信号に対する操作には、例えば映像信号に含まれる図形を移動させる操作、図形を拡大または縮小する操作、あるいは、図形を回転させる操作があり、これらの操作それぞれに用いられるデータには、例えば図形の移動先を指定するデータ、図形の拡大率等を指定するデータ、あるいは、図形の回転方向および回転角度を指定するデータがある。

0017

以下、図2を参照してギアスティック10、入力装置200および操作入力装置20の構成等を説明する。図2は、図1に示したギアスティック10、入力装置200および操作入力装置20の構成を示す図である。

0018

図2に示すように、ギアスティック10は、ガイド開口部124をオペレーターの操作により移動させられるジョイスティック130、ジョイスティック130がガイド開口部124の第1ポジション112、第2ポジション114、第3ポジション116、第4ポジション118、第5ポジション120および第6ポジション122いずれかの位置に移動させられた場合に、それぞれジョイスティック130がその位置にあることを検出する検出スイッチ152,154,156,158,160,162、および、ジョイスティック130に内蔵されており、図4等に示すジョイスティック130のレバー132の2次元的な角度を検出する検出回路164から構成される。操作入力装置20は、インターフェース回路GIF)202、インターフェース回路(KIF)204および操作情報生成回路206から構成される。

0019

オペレーターは、ギアスティック10に対してジョイスティック130をガイド開口部124のポジション112,114,116,118,120,122のいずれかに移動させ、ジョイスティック130のレバー132を傾ける操作を行って映像編集装置1に対する操作情報の入力を行う。ギアスティック10の検出スイッチ152,154,156,158,160,162それぞれで検出されたジョイスティック130の位置、および、検出回路164で検出されたレバー132の角度は、操作入力装置20のインターフェース回路202に対して信号GSとして出力される。

0020

入力装置200は、例えばキーボードおよびマウス等から構成されており、オペレーターは入力装置200に対するキー入力あるいはマウス操作により操作情報の入力を行う。入力装置200に入力された操作情報は、信号KSとしてインターフェース回路204に対して出力される。インターフェース回路202,204に入力された信号GS,KSは、インターフェース回路204に対して出力される。操作情報生成回路206は、インターフェース回路202,204を介してギアスティック10および入力装置200から入力された信号GS,KSから映像編集回路32に対する操作情報を生成し、信号CPSとして映像編集回路32に対して出力する。

0021

以下、図3図14を参照してギアスティック10の構成および動作を説明する。まず、図3図5を参照してギアスティック10の外観を説明する。図3は、図1に示したギアスティック10をジョイスティック130側から見た上面図である。図4は、図3に示したギアスティック10をX−X’方向から見た側面図である。図5は、図4に示したジョイスティック130のレバー132の動きを示す図である。

0022

図3および図4に示すように、ギアスティック10は、それぞれガイド開口部124,126,128を有し、3層に重ねられたベースプレート102,104,106、ベースプレート102,104,106が配設された基台100、ガイド開口部124,126,128を移動するジョイスティック130、および、図2を参照して上述した検出スイッチ152,154,156,158,160,162および検出回路164から構成されている。図3に示すように、ガイド開口部124,126,128は、1本のY−Y’方向に延びる縦方向の開口部と、2本のX−X’方向に延びる縦方向の開口部に直交する横方向の開口部とから構成されており、ガイド開口部124には、これらの開口部の端ごとに、図中に示すような切れ込みが入ったポジション112,114,116,118,120,122が設けられている。図3の矢印a〜gに示すように、ジョイスティック130は、ポジション112,114,116,118,120,122の間をガイド開口部124,126,128に沿って移動自在に保持されている。

0023

図4において位置bに示すように、ジョイスティック130は、レバー132、ジョイスティック機構136およびジョイスティック基台138を有する一般的なジョイスティックに、ガイド開口部124を移動させるためにスライド機構140を付加した構成になっており、ジョイスティック130がポジション112,114,116,118,120,122のいずれかにある場合、ベースプレート102からジョイスティック基台138が長さdだけ浮き上がり、スライド機構140に配設された凸部144がポジション112,114,116,118,120,122の切り込みにはまり込んで固定される。

0024

一方、図4において、ジョイスティック130が位置bから矢印c示すように移動された位置aに示すように、ポジション112,114,116,118,120,122に固定されていたジョイスティック130を基台100の方向に押し込んでずらすと、スライド機構140の凸部144がポジション112,114,116,118,120,122の切り込みから外れ、ジョイスティック130はガイド開口部124,126,128に沿って可動となる。また、図5の矢印a,b,c,dに示すように、ジョイスティック130のジョイスティック機構136は、オペレーターの操作により、レバー132がジョイスティック基台138に対していずれの方向にも傾けることができるように固定する。

0025

以下、図6図9を参照してベースプレート102,104,106を説明する。図6は、図3に示した重ね合わされたベースプレート102,104,106のX−X’方向の断面図である。図7は、図6に示したベースプレート102の上面図である。図8は、図6に示したベースプレート104の上面図である。図9は、図6に示したベースプレート106の上面図である。

0026

図6に示すように、ベースプレート102,104,106は、ガイド開口部124,126,128が重なるように3層に重ね合わされている。図7に示すように、ベースプレート102にはガイド開口部124が設けられており、ガイド開口部124の各端部はポジション112,114,116,118,120,122となっており、ポジション112,114,116,118,120,122には、それぞれジョイスティック130のスライド機構140の凸部144がはまり込むように形成された切り込みが設けられ、ジョイスティック130がその部分に固定された場合に指定される操作の名称(MOVE,ZOOM,ANGLE,RESIZE,ROTATE,SPEED)が記されている。

0027

図8に示すように、ベースプレート104にはガイド開口部126が設けられており、ガイド開口部126は、図10等を参照して後述するジョイスティック130のスライド機構140のバネ148が入るように他のベースプレート102,106のガイド開口部124,128に比べて大きく形成されている。また、ベースプレート104のポジション112,114,116,118,120,122に対応する部分それぞれには、検出スイッチ152,154,156,158,160,162が、ポジション112,114,116,118,120,122それぞれにジョイスティック130が固定された場合に、例えばスライド機構140の凸部144がボタンを押して接点が開くように配設されている。

0028

図9に示すように、ベースプレート106には、図10等を参照して後述するスライド機構140のガイド部材150が入るガイド開口部128が設けられている。図6図9に示したベースプレート102,104,106により、ジョイスティック130のスライド機構140が、ガイド開口部124,126,128に沿って移動自在に固定される。また、操作入力装置20の操作情報生成回路206は、ガイド開口部126に設けられた検出スイッチ152,154,156,158,160,162の内の接点が開いたものを信号GSを介して検出することにより、ジョイスティック130がポジション112,114,116,118,120,122のいずれに固定されたかを検出することができる。

0029

以下、図10図14を参照してジョイスティック130が、ベースプレート102,104,106のガイド開口部124,126,128を移動する仕組みを説明する。図10は、図4に示したジョイスティック130のスライド機構140のストッパ146を示す図であって、(A)はストッパ146の上面図を示し、(B)はストッパ146の側面図を示す。図11は、図4に示したジョイスティック130のスライド機構140のロッカー142を示す図であって、(A)はロッカー142の上面図を示し、(B)はロッカー142の側面図を示す。図12は、図4に示したジョイスティック130のスライド機構140のバネ148およびガイド部材150を示す図であって、(A)はバネ148およびガイド部材150の上面図を示し、(B)はバネ148およびガイド部材150の側面図を示す。

0030

図13は、図4に示したスライド機構140がポジション112,114,116,118,120,122に固定されている場合のジョイスティック130のスライド機構140を示す図であって、(A)はスライド機構140の断面図を示し、(B)はスライド機構140をベースプレート102側からみた上面図を示す。図14は、図4に示したスライド機構140がポジション112,114,116,118,120,122に固定されていない場合のジョイスティック130のスライド機構140を示す図であって、(A)はスライド機構140の断面図を示し、(B)はスライド機構140をベースプレート102側からみた上面図を示す。

0031

図10に示すように、ロッカー142は、ベースプレート102のガイド開口部124の幅よりも小さい半径円柱状に形成されている。ロッカー142には、ベースプレート102のガイド開口部124,126,128のポジション112,114,116,118,120,122の切り込みに適合した形状に形成され、ポジション112,114,116,118,120,122にジョイスティック130が固定された場合に検出スイッチ152,154,156,158,160,162のボタンを押下する凸部144a,144b,144c,144dが円柱の側面の円周上に等間隔に配設されている。

0032

図11に示すように、ジョイスティック130のスライド機構140のストッパ146は、ベースプレート102のガイド開口部124の幅より大きい半径であって、ベースプレート104のガイド開口部126の幅より小さい半径の円形に形成されている。図12に示すように、ジョイスティック130のスライド機構140のバネ148にはガイド部材150が配設されている。図13および図14に示すように、バネ148は、ベースプレート104のガイド開口部126において、ベースプレート102,106に挟まれてスライド機構140を固定し、ガイド部材150は、ベースプレート106のガイド開口部128に入ってスライド機構140の動きを安定にする。

0033

図13および図14に示すように、スライド機構140、つまり、ロッカー142、ストッパ146、バネ148およびガイド部材150は、ジョイスティック基台138の下に、例えばネジ止めされて固定される。スライド機構140は、ベースプレート102のガイド開口部124にロッカー142の上部が通され、ベースプレート106のガイド開口部128にガイド部材150が通され、バネ148がベースプレート104のガイド開口部126に収容され、ポジション112,114,116,118,120,122にジョイスティック130を固定し、あるいは、ジョイスティック130をガイド開口部124,126,128に沿って移動自在に保持する。

0034

図13に示すように、ジョイスティック130がポジション112,114,116,118,120,122のいずれかに固定されている場合には、図4を参照して上述したように、凸部144a,144b,144c,144dの内の3つがポジション112,114,116,118,120,122の対応する切り込みにはまり込むとともに、凸部144a,144b,144c,144dのいずれかが検出スイッチ152,154,156,158,160,162のいずれかのボタンを押下してその接点を開く。

0035

図14に示すように、ジョイスティック130がポジション112,114,116,118,120,122のいずれかに固定されていない場合には、図4を参照して上述したように、凸部144a,144b,144c,144dの上部はバネ148によりベースプレート102に押しつけられ、ジョイスティック130の姿勢を保ったままガイド開口部124,126,128に沿った移動自在にジョイスティック130を保持する。

0036

以下、図15を参照して操作入力装置20の操作情報生成回路206および映像編集回路32の動作を説明する。図15は、図2に示した操作情報生成回路206および映像編集回路32の動作を示すフローチャートである。図15に示すように、ステップ01(S01)において、操作情報生成回路206は、ギアスティック10に対する操作があったか否かを判断する。ギアスティック10に対する操作があった場合にはS02の処理に進み、なかった場合にはS08の処理に進む。

0037

ステップ02(S02)において、操作情報生成回路206は、信号GSを介して検出スイッチ152の接点が開いているか否かを判断して、ジョイスティック130がポジション112に固定されているか否かを判断する。ジョイスティック130がポジション112に固定されている場合にはS09の処理に進み、固定されていない場合にはS03の処理に進む。ステップ03(S03)において、操作情報生成回路206は、信号GSを介して検出スイッチ154の接点が開いているか否かを判断して、ジョイスティック130がポジション114に固定されているか否かを判断する。ジョイスティック130がポジション114に固定されている場合にはS10の処理に進み、固定されていない場合にはS04の処理に進む。

0038

ステップ04(S04)において、操作情報生成回路206は、信号GSを介して検出スイッチ156の接点が開いているか否かを判断して、ジョイスティック130がポジション116に固定されているか否かを判断する。ジョイスティック130がポジション116に固定されている場合にはS11の処理に進み、固定されていない場合にはS05の処理に進む。ステップ05(S05)において、操作情報生成回路206は、信号GSを介して検出スイッチ158の接点が開いているか否かを判断して、ジョイスティック130がポジション118に固定されているか否かを判断する。ジョイスティック130がポジション118に固定されている場合にはS12の処理に進み、固定されていない場合にはS06の処理に進む。

0039

ステップ06(S06)において、操作情報生成回路206は、信号GSを介して検出スイッチ160の接点が開いているか否かを判断して、ジョイスティック130がポジション120に固定されているか否かを判断する。ジョイスティック130がポジション120に固定されている場合にはS12の処理に進み、固定されていない場合にはS07の処理に進む。ステップ07(S07)において、操作情報生成回路206は、信号GSを介して検出スイッチ162の接点が開いているか否かを判断して、ジョイスティック130がポジション122に固定されているか否かを判断する。ジョイスティック130がポジション122に固定されている場合にはS13の処理に進み、固定されていない場合にはS15の処理に進む。

0040

ステップ08(S08)において、操作情報生成回路206はギアスティック10以外の入力装置(入力装置200)からの入力があったと判断し、他の入力装置についての処理を行う。ステップ09(S09)において、操作情報生成回路206は、オペレーターが映像編集装置1に対して、映像信号に含まれる図形をモニタ装置40の画面上で移動させる操作(MOVE操作)が指定されていると判断する。操作情報生成回路206は、例えばMOVE操作が指定された旨を示す位置データと、検出回路164が検出したレバー132の傾斜を数値化した数値データを対応付けて、これらのデータ(操作情報)を信号CPSとして、映像編集回路32に対して出力する。映像編集回路32は、操作情報生成回路206から入力された位置データによりMOVE操作が指定されたことを認識し、数値データを、例えば図形を移動する方向、あるいは、図形の移動先を示すデータとして扱って移動させるMOVE操作を行う。

0041

ステップ10(S10)において、操作情報生成回路206は、オペレーターが映像編集装置1に対して、映像信号に含まれる図形をモニタ装置40の画面上で拡大または縮小させる操作(ZOOM操作)が指定されていると判断する。操作情報生成回路206は、例えばZOOM操作が指定された旨を示す位置データと、検出回路164が検出したレバー132の傾斜を数値化した数値データを対応付けて、これらの操作情報を信号CPSとして、映像編集回路32に対して出力する。映像編集回路32は、操作情報生成回路206から入力された位置データによりZOOM操作が指定されたことを認識し、数値データを、例えば図形の拡大率または縮小率に対応させて映像信号に対するZOOM操作を行う。

0042

ステップ11(S11)において、操作情報生成回路206は、オペレーターが映像編集装置1に対して、映像信号に含まれる図形の有する角の角度を変更する操作(ANGLE操作)が指定されていると判断する。操作情報生成回路206は、例えばANGLE操作が指定された旨を示す位置データと、検出回路164が検出したレバー132の傾斜を数値化した数値データを対応付けて、これらの操作情報を信号CPSとして、映像編集回路32に対して出力する。映像編集回路32は、操作情報生成回路206から入力された位置データによりANGLE操作が指定されたことを認識し、数値データを図形の変形後の角度に対応させて映像信号に対するANGLE操作を行う。

0043

ステップ12(S12)において、操作情報生成回路206は、オペレーターが映像編集装置1に対して、映像信号に含まれる図形を最初の大きさに戻す操作(RESIZE)が指定されていると判断する。操作情報生成回路206は、例えばRESIZE操作が指定された旨を示す位置データと、検出回路164が検出したレバー132の傾斜を数値化した数値データを対応付けて、これらの操作情報を信号CPSとして、映像編集回路32に対して出力する。映像編集回路32は、操作情報生成回路206から入力された位置データによりANGLE操作が指定されたことを認識し、操作の対象となる図形の操作開始前の図形を、例えばVTR装置34またはメモリ回路36から読み出して、レバー132の傾斜が所定の値となった場合に図形を元の大きさの図形に戻すRESIZE操作を行う。

0044

ステップ13(S13)において、操作情報生成回路206は、オペレーターが映像編集装置1に対して、映像信号に含まれる図形を回転させる操作(ROTATE)が指定されていると判断する。操作情報生成回路206は、例えばROTATE操作が指定された旨を示す位置データと、検出回路164が検出したレバー132の傾斜を数値化した数値データを対応付けて、これらの操作情報を信号CPSとして、映像編集回路32に対して出力する。映像編集回路32は、操作情報生成回路206から入力された位置データによりROTATE操作が指定されたことを認識し、数値データを図形に対する回転の量に角度に対応させて映像信号に対するROTATE操作を行う。

0045

ステップ14(S14)において、操作情報生成回路206は、オペレーターが映像編集装置1に対して、映像信号に含まれる図形の移動速度を変更する操作(SPEED)が指定されていると判断する。操作情報生成回路206は、例えばSPEED操作が指定された旨を示す位置データと、検出回路164が検出したレバー132の傾斜を数値化した数値データを対応付けて、これらの操作情報を信号CPSとして、映像編集回路32に対して出力する。映像編集回路32は、操作情報生成回路206から入力された位置データによりSPEEDE操作が指定されたことを認識し、数値データを図形の操作後の移動速度に対応させて映像信号に対するSPEED操作を行う。ステップ15(S15)において、操作情報生成回路206は例外処理を行ってS01の処理に戻る。

0046

以下、各図を参照して映像編集装置1の動作を説明する。映像編集装置1のオペレーターは、入力装置200のマウス等を用いて、VTR装置34およびメモリ回路36に格納されている映像信号から映像編集の対象となる映像信号を映像編集回路32に指定する。映像編集回路32は、指定された映像信号をモニタ装置40に表示する。さらに、オペレーターは、モニタ装置40に表示された映像信号に含まれる図形を入力装置200のマウス等を用いて映像編集回路32に指定する。

0047

つぎに、オペレーターは、ギアスティック10を操作し、ジョイスティック130をポジション112,114,116,118,120,122のいずれか、つまり、指定した図形に対する所望の操作に対応する位置に移動させる。例えばオペレーターがポジション112にジョイスティック130を移動させてレバー132を傾けると、図15を参照して上述した操作情報生成回路206の動作により操作情報が生成され、映像編集回路32に対して出力される。映像編集回路32は、レバー132の傾斜に体操する数値データと、映像編集装置13の位置を示す位置データとに基づいて、指定された図形に対してMOVE操作を行って映像信号VOを生成し、信号VOをモニタ装置40に表示する。オペレーターは、所定の図形に対する操作が終了するまで、ギアスティック10を用いて任意の操作情報を入力し、映像編集回路32に映像信号に対する操作を行わせ、その操作結果を確認するという作業を繰り返し行って映像信号を編集する。映像信号の編集の結果得られた映像信号は、VTR装置34またはメモリ回路36に格納される。

0048

以上のようにギアスティック10を構成することにより、映像編集装置に対する操作情報の入力を、あたかも自動車のギアチェンジを行う感覚で簡単に行うことができる。しかも、オペレーターは、図形を指定した後は、ギアスティック10を用いて連続的に操作情報を入力することができるので、操作情報の入力作業が効率的になる。

0049

上述した第1の実施例においては、ギアスティック10のポジションの数、ガイド開口部の形状、あるいは、各ポジションに対応付けた操作の種類は例示であり、操作性の改善のために適宜変更することができる。また、ジョイスティック130のレバー132を長手方向の軸の回りに回転可能に構成し、この回転量を検出する手段を付加して回転量を操作情報生成回路206に対して出力し、レバー132の回転量を数値化して第3の数値化データとして映像編集回路32に対して出力可能なように構成してもよい。また、ギアスティック10の構成は、第1の実施例に示したものに限らず、数値データの入力が可能な装置が、ベースプレート上の所定の経路を移動自在に保持され、ベースプレートの所定の位置を指示できるものであればよい。

0050

また、ギアスティック10のジョイスティック130の代わりに、例えばオペレーターがボタンを押下している間、一定時間間隔パルスを発生するパルス発生回路を用いて数値データを入力するように構成してもよい。また、本発明のデータ入力装置は、映像編集装置だけでなく、図形を編集するCAD装置等、種々の機器に対するデータ入力用の装置として適用することができる。また、検出スイッチ152の代わりに、例えばフォトダイオードとLED等を用いて、光学的にジョイスティック130の位置を検出するようにギアスティック10を構成してもよい。第1の実施例に示した他、例えばここに示した変形例のように、本発明の映像編集装置1は種々の構成をとることができる。

0051

以下、図16および図17を参照して本発明の第2の実施例を説明する。図16は、第2の実施例におけるギアスティック5の上面図である。図17は、図16に示したギアスティック5を、図16に示したX−X’方向に切断した場合の断面図である。ギアスティック5は、第1の実施例に示した映像編集装置1のギアスティック10に置換されるものである。

0052

図16および図17に示すように、ギアスティック5は、レバー600と軸受け602からなるジョイスティック60、ベースプレート500、基台502、ユニバーサルジョイント606、検出スイッチ570,572,574,576,578,580、Xセンサ608、Yセンサ610およびZセンサ604から構成される。ギアスティック5のガイド開口部52には、第1の実施例に示したギアスティック10のガイド開口部124,126,128のポジション112,114,116,118,120,122に対応するポジション520,522,524,526,528,530が設けられている。

0053

ジョイスティック60のレバー600は、ユニバーサルジョイント606により図17に示す矢印a,bに示すように2方向に自在に傾けられるように、図17に示す矢印cに示すように軸受け602により回転自在に保持される。このように保持されたジョイスティック60は、オペレーターの操作により、ベースプレート500のガイド開口部52に導かれてポジション520,522,524,526,528,530に移動される。

0054

ポジション520,522,524,526,528,530には、それぞれギアスティック10の検出スイッチ152にそれぞれ対応する動作をする検出スイッチ570,572,574,576,578,580が設けられている。つまり、検出スイッチ570,572,574,576,578,580は、ジョイスティック60が対応するポジション520,522,524,526,528,530に移動された場合に軸受け602にボタンが押下されて接点が開くように構成されており、操作情報生成回路206は、接点の開閉を検出することによりジョイスティック60の位置を検出して位置データを生成することができる。

0055

Xセンサ608およびYセンサ610は、ギアスティック10の検出回路164に対応する動作を行う。つまり、ジョイスティック60のレバー600の傾きは、つまり、ユニバーサルジョイント606の2方向の回転は、Xセンサ608およびYセンサ610により検出して操作入力装置20のインターフェース回路202を介して操作情報生成回路206に対して出力される。

0056

さらに、Zセンサ604は軸受け602内のレバー600の回転を検出し、数値化して操作入力装置20のインターフェース回路202を介して操作情報生成回路206に対して出力する。操作情報生成回路206は、Xセンサ608、Yセンサ610およびZセンサ604から入力された数値化データおよび検出スイッチ570,572,574,576,578,580から入力された信号に基づいて操作情報を生成して映像編集回路32に対して出力する。

0057

以上述べたようにギアスティック5を構成することにより、ギアスティック10と同様の機能を実現することができる上に、さらに、数値データを1種類増やすことができる。

発明の効果

0058

以上述べたように、本発明のデータ入力装置によれば、例えば、映像編集装置に対して映像信号に対する操作の種類および操作に用いるデータの入力を簡単に、しかも、効率的に行うことができる。また、本発明のデータ入力装置によれば、例えば、映像編集装置に対して映像信号に対する操作の種類および操作に用いるデータといった複数の種類の情報の入力を1つの段階で行うことができる。したがって、映像編集等に要する時間を短縮することができ、しかも、オペレーターが受ける疲労感が少なくなる。また、本発明の映像編集装置は、本発明のデータ入力装置を用いて操作情報を入力するように構成されているので、オペレーターは映像編集装置に対する操作情報の入力を易しく、しかも、効率的に行うことができる。

図面の簡単な説明

0059

図1第1の実施例における本発明の映像編集装置の構成を示す図である。
図2図1に示したギアスティック、入力装置および操作入力装置の構成を示す図である。
図3図1に示したギアスティックをジョイスティック側から見た上面図である。
図4図3に示したギアスティックをX−X’方向から見た側面図である。
図5図4に示したジョイスティックのレバーの動きを示す図である。
図6図3に示した重ね合わされた3枚のベースプレートのX−X’方向の断面図である。
図7図6に示した最上層のベースプレートの上面図である。
図8図6に示した次層のベースプレートの上面図である。
図9図6に示した最下層のベースプレートの上面図である。
図10図4に示したジョイスティックのスライド機構のストッパを示す図であって、(A)はストッパの上面図を示し、(B)はストッパの側面図を示す。
図11図4に示したジョイスティックのスライド機構のロッカーを示す図であって、(A)はロッカーの上面図を示し、(B)はロッカーの側面図を示す。
図12図4に示したジョイスティックのスライド機構のバネおよびガイド部材を示す図であって、(A)はバネおよびガイド部材の上面図を示し、(B)はバネおよびガイド部材の側面図を示す。
図13図4に示したスライド機構がポジションに固定されている場合のジョイスティックのスライド機構を示す図であって、(A)はスライド機構の断面図を示し、(B)はスライド機構をベースプレート側からみた上面図を示す。
図14図4に示したスライド機構がポジションに固定されていない場合のジョイスティックのスライド機構を示す図であって、(A)はスライド機構の断面図を示し、(B)はスライド機構をベースプレート側からみた上面図を示す。
図15図2に示した操作情報生成回路および映像編集回路の動作を示すフローチャートである。
図16第2の実施例におけるギアスティックの上面図である。
図17図16に示したギアスティックのX−X’方向の断面図である。

--

0060

1…映像編集装置、5,10…ギアスティック、100…基台、102,104,106…ベースプレート、112,114,116,118,120,122,520,522,524,526,528,530…ポジション、124,126,128…ガイド開口部、130,60…ジョイスティック、132,600…レバー、602…軸受け、136…ジョイスティック機構、138…ジョイスティック基台、140…スライド機構、142…ロッカー、144,144a,144b,144c,144d…凸部、146…ストッパ、148…バネ、150…ガイド部材、152,154,156,158,160,162,570,572,574,576,578,580…検出スイッチ、164…検出回路、20…操作入力装置、200…入力装置、202,204…インターフェース回路、206…操作情報生成回路、32…映像編集回路、34…VTR装置、36…メモリ回路、40…モニタ装置、500…ベースプレート、502…基台、604…Zセンサ、606…ユニバーサルジョイント、608…Xセンサ、610…Yセンサ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ