図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(1995年10月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

目的

本発明は、油を使用しないで、可食性容器を所定形状に保持して製造することができる可食性容器の製造方法を提供することを目的としている。

構成

可食性容器の製造方法は、凹形状のメス型1に食材2を入れ、このメス型1に対応する凸形状のオス型3で食材2を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥熱風乾燥真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して食材2をメス型1とオス型3との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものである。

概要

背景

最近、料理演出効果盛り上げるため、てんぷら、えび等を盛る容器として麺で作られた可食性容器が普及しつつある。この可食性容器は、メス型に生麺を入れ、該メス型に対応するオス型で、該生麺を押え付けて油で揚げて生麺を乾燥させて可食性容器を製造している。

概要

本発明は、油を使用しないで、可食性容器を所定形状に保持して製造することができる可食性容器の製造方法を提供することを目的としている。

可食性容器の製造方法は、凹形状のメス型1に食材2を入れ、このメス型1に対応する凸形状のオス型3で食材2を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥熱風乾燥真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して食材2をメス型1とオス型3との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものである。

目的

本発明は、前記欠点を解消ために、油を使用しないで製造することができる可食性容器の製造方法を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

凹形状のメス型食材を入れ、このメス型に対応する凸形状のオス型で前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥熱風乾燥真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記食材を前記メス型と前記オス型との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造することを特徴とする可食性容器の製造方法。

請求項2

通気性を有する凹形状のメス型の上に第1の介在物を載せ、該第1の介在物の上に食材を載せ、この食材の上に第2の介在物、該第2の介在物の上に該メス型に対応する通気性を有するオス型を位置させて、前記オス型と前記メス型とで前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記第1の介在物と前記第2の介在物との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造することを特徴とする可食性容器の製造方法。

請求項3

凹形状の型に食材を入れ、粒状体を移動自在に収納した袋で前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記型と前記袋との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造することを特徴とする可食性容器の製造方法。

請求項4

通気性を有する凹形状の型の上に第1の介在物を載せ、該第1の介在物の上に食材を載せ、粒状体を移動自在に収納した袋で第2の介在物を介して前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記第1の介在物と前記第2の介在物との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造することを特徴とする可食性容器の製造方法。

請求項5

通気性を有する凹形状の型の上に第1の介在物を載せ、該第1の介在物の上に食材を載せ、粒状体を移動自在に収納した袋を介して前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記第1の介在物と前記袋との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造することを特徴とする可食性容器の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、可食性容器の製造方法に係り、特に、油を使用しないで、可食性容器を所定形状に保持して製造することができる可食性容器の製造方法に関する。

背景技術

0002

最近、料理演出効果盛り上げるため、てんぷら、えび等を盛る容器として麺で作られた可食性容器が普及しつつある。この可食性容器は、メス型に生麺を入れ、該メス型に対応するオス型で、該生麺を押え付けて油で揚げて生麺を乾燥させて可食性容器を製造している。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、上述の製造方法においては、約170 ℃〜180 ℃の高温の油で、しかも、人手により揚げるため、作業環境が悪くその作業は熟練を要し、生産性が低いという欠点があった。

0004

又、上述の方法で製造された可食性容器は、その素材である麺に油が滲み込んでおり、該油が経時的変化を起こして変質して変敗臭を生じ、可食性容器に盛られた料理を損ねるという欠点もあった。

0005

本発明は、前記欠点を解消ために、油を使用しないで製造することができる可食性容器の製造方法を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するために、本発明の可食性容器の製造方法は、凹形状のメス型に食材を入れ、このメス型に対応する凸形状のオス型で前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥熱風乾燥真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記食材を前記メス型と前記オス型との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものである。

0007

又、本発明の可食性容器の製造方法は、通気性を有する凹形状のメス型の上に第1の介在物を載せ、該第1の介在物の上に食材を載せ、この食材の上に第2の介在物、該第2の介在物の上に該メス型に対応する通気性を有するオス型を位置させて、前記オス型と前記メス型とで前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記第1の介在物と前記第2の介在物との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものである。

0008

又、本発明の可食性容器の製造方法は、凹形状の型に食材を入れ、粒状体を移動自在に収納した袋で前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記型と前記袋との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものである。

0009

又、本発明の可食性容器の製造方法は、通気性を有する凹形状の型の上に第1の介在物を載せ、該第1の介在物の上に食材を載せ、粒状体を移動自在に収納した袋で第2の介在物を介して前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記第1の介在物と前記第2の介在物との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものである。

0010

又、本発明の可食性容器の製造方法は、通気性を有する凹形状の型の上に第1の介在物を載せ、該第1の介在物の上に食材を載せ、粒状体を移動自在に収納した袋を介して前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記第1の介在物と前記袋との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものである。

0011

本発明の一実施例の可食性容器の製造方法について、図面を参照して説明する。

0012

(実施例1)フッ化樹脂加工した金網を有した凹形状のメス型1に食材2(生麺、シート、シート状のかまぼこ等)、例えば、市販されている生麺25gを入れ、このメス型1に対応するフッ化樹脂加工した金網を有した凸形状のオス型3で生麺2を押圧する(図1参照)。

0013

押圧手段としては、メス型1とオス型3を図示しないボルト締めピンチコック等で固定して押圧する。

0014

押圧した状態で、図2に示すような熱風乾燥装置10でベルトコンベヤ11により搬送しながら熱風乾燥(例えば、庫内12の温度を約80℃〜約150 ℃で約30分間程度)により乾燥させ、生麺2に含まれている水分を乾燥させる(例えば、生麺25gのものを乾燥させて24g程度とする。)。

0015

乾燥後、押圧状態を解除して、生麺2をメス型1とオス型3との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器20を製造するものである(図3及び図4参照)。

0016

なお、実験結果によれば、熱風乾燥で乾燥させると、均一の温度で熱が奪われるため、乾燥後の色が鮮やかであった。

0017

(実施例2)実施例1においては、場合により、メス型1又はオス型3の金網に生麺2が付着する。この付着を防ぐために、第1の介在物及び第2の介在物を使用した実施例について説明する。

0018

第1の介在物4及び第2の介在物5としては、伸縮性耐熱、通気性に優れたもので、例えば、紙、不織布等である。即ち、通気性を有する凹形状のメス型1の上に第1の介在物4を載せ、該第1の介在物4の上に食材2(例えば、生麺)を載せ、この食材2(例えば、生麺)の上に第2の介在物5、該第2の介在物5の上に該メス型3に対応する通気性を有するオス型3を位置させて、オス型3とメス型1とで食材2(例えば、生麺)を押圧し、この状態で実施例1と同様熱風乾燥により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して第1の介在物4と第2の介在物5との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器20を製造するものである(図5及び図6参照)。

0019

6は、押え部材で、押え部材6は、第1の介在物4をメス型1上で緊張させた状態で押え付けるために使用される。

0020

又、第1の介在物4は、図7に示すように、可食性容器20を包装して輸送時の緩衝材としても利用することができる。

0021

凹形状のメス型1は、図1及び図5に示すように、予め凹形状に形成されていても良く、図8に示すように、伸縮性、耐熱、通気性に優れた合成繊維で覆って平坦面1aを有し、押圧状態でオス型3の形状に沿い凹形状となるものでも良い。合成繊維の場合、生麺の付着を防ぐことができるため、第1の介在物4を省略することができる。

0022

(実施例3)実施例1及び実施例2においては、所定形状に保つために型として一組のオス型3とメス型1を使用したが、通気性を有する凹形状の型と粒状体(例えば、金属製の球体セラミックボール、砂、乾燥剤等)を移動自在に収納した袋を使用することにより、押圧力の均一化をより簡易に、しかも、一対の型を使用しないで、可食性容器を製造することができる実施例について説明する。

0023

即ち、通気性を有する凹形状の型1’の上に第1の介在物4を載せ、該第1の介在物4の上に食材2(例えば、生麺)を載せ、粒状体30を移動自在に収納した袋31で第2の介在物5を介して食材2(例えば、生麺)を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して第1の介在物4と第2の介在物5との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器20を製造するものである(図9及び図10参照)。

0024

なお、実施例3において、場合により、第2の介在物5を省略し、食材2と袋31を直接接触させても良いし、又、第1の介在物4及び第2の介在物5を共に省略して、食材2を通気性を有する凹形状の型1’と袋31の間に位置させても良い。

0025

又、実施例3において、押圧するものは、粒状体の重量であり、実施例1及び実施例2のような、ボルト締め、ピンチコック等で固定して押圧する押圧手段は不要となる。

0026

又、粒状体30を移動自在に収納した袋31は、凹形状の型1’が、円形でも、四角でも、三角フレキシビリに対応することができる。なお、粒状体31を移動自在に収納した袋30においては、通気性が悪いという欠点はあるが、マイクロ波乾燥によれば、該欠点を解消することができる。

0027

又、乾燥方法として、熱風乾燥により乾燥させたが、本発明にあっては、これに限らず、油で揚げる乾燥でなければ良く、該乾燥はマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥であれば良い。

発明の効果

0028

本発明の可食性容器の製造方法は、凹形状のメス型に食材を入れ、このメス型に対応する凸形状のオス型で前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記食材を前記メス型と前記オス型との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものであるから、高温の油を使用しないで、しかも、素材である食材に油が滲み込むことなく、可食性容器を所定形状に保って製造することができる。

0029

又、本発明の可食性容器の製造方法は、通気性を有する凹形状のメス型の上に第1の介在物を載せ、該第1の介在物の上に食材を載せ、この食材の上に第2の介在物、該第2の介在物の上に該メス型に対応する通気性を有するオス型を位置させて、前記オス型と前記メス型とで前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記第1の介在物と前記第2の介在物との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものであるから、高温の油を使用しないで、しかも、素材である食材に油が滲み込むことなく、可食性容器を所定形状に保って製造することができ、更に、オス型とメス型を離型する際、第1の介在物と第2の介在物により食材がオス型又はメス型に付着するのを防ぐことができる。

0030

又、本発明の可食性容器の製造方法は、凹形状の型に食材を入れ、粒状体を移動自在に収納した袋で前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記型と前記袋との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものであるから、高温の油を使用しないで、しかも、素材である食材に油が滲み込むことなく、可食性容器を所定形状に保って製造することができる。

0031

又、本発明の可食性容器の製造方法は、通気性を有する凹形状の型の上に第1の介在物を載せ、該第1の介在物の上に食材を載せ、粒状体を移動自在に収納した袋で第2の介在物を介して前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記第1の介在物と前記第2の介在物との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものであるから、高温の油を使用しないで、しかも、素材である食材に油が滲み込むことなく、可食性容器を所定形状に保って製造することができ、更に、型と袋を離す際、第1の介在物と第2の介在物により食材が型又は袋に付着するのを防ぐことができる。

0032

又、本発明の可食性容器の製造方法は、通気性を有する凹形状の型の上に第1の介在物を載せ、該第1の介在物の上に食材を載せ、粒状体を移動自在に収納した袋を介して前記食材を押圧し、この状態でマイクロ波乾燥、熱風乾燥、真空乾燥の内のいずれかの乾燥方法により乾燥させ、乾燥後前記押圧の状態を解除して前記第1の介在物と前記袋との間に形成された空間に合った凹形状として可食性容器を製造するものであるから、高温の油を使用しないで、しかも、素材である食材に油が滲み込むことなく、可食性容器を所定形状に保って製造することができ、更に、型と袋を離す際、第1の介在物により食材が型に付着するのを防ぐことができる。

図面の簡単な説明

0033

図1図1は、本発明の一実施例の可食性容器の製造方法を概略的に示す斜視図で、メス型、食材、オス型の位置関係を概略的に示したものである。
図2図2は、熱風乾燥装置を一部断面した概略的側面図である。
図3図3は、可食性容器の概略的斜視図である。
図4図4は、可食性容器を一部断面した概略的側面図である。
図5図5は、本発明の他の実施例の可食性容器の製造方法を概略的に示す斜視図で、メス型、第1の介在物、食材、第2の介在物、オス型の位置関係を概略的に示したものである。
図6図6は、メス型、第1の介在物、食材、第2の介在物、オス型の位置関係と、押圧状態を説明するための図である。
図7図7は、食材を第1の介在物で包装する状態を示す概略的斜視図である。
図8図8は、凹形状のメス型の他の実施例を概略的に示す斜視図である。
図9図9は、本発明の一実施例の可食性容器の製造方法を概略的に示す断面図で、型、第1の介在物、食材、第2の介在物、袋の位置関係を概略的に示したものである。
図10図10は、図9記載の袋の内部に粒状体を収納した状態を概略的に示したものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 有限会社肉のまるかつの「 食肉加工食品の製造方法」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】日本人が頻繁に食する豆腐感覚で手軽に食することが可能な食肉加工食品の製造方法および食肉加工食品の提供。【解決手段】畜肉のすり身に卵白、塩および油を加え、冷やしながら混合してペースト状混合物を得... 詳細

  • 司フーズ・システム株式会社の「 食肉の熟成方法」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】 食肉を冷蔵するのでも冷凍するのでもない温度で長期保管しそれによって熟成を促す手法が近年脚光を浴びているが、その際の適切な温度を、ムラなく長期間維持することは容易でない。一方、海水等の塩水を... 詳細

  • 日本水産株式会社の「 コク味増強用組成物、コク味組成物、及びそれらの製造方法」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】タンパク質に由来する旨味を有する食品のコク味を増強する方法を提供する【解決手段】マメ科の発芽野菜、及びピーマンから選択される1種又は2種以上の野菜エキスを有効成分とする、タンパク質エキスを含有... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ