図面 (/)

技術 六角水の製造装置

出願人 エルジーエレクトロニクスインコーポレイティド
発明者 ワンギーナン
出願日 1994年11月29日 (26年2ヶ月経過) 出願番号 1994-294953
公開日 1995年8月1日 (25年6ヶ月経過) 公開番号 1995-195064
状態 拒絶査定
技術分野 物理的水処理 中和・改質
主要キーワード パイプ挿入孔 穿孔形成 蓋体内 ポンプ駆動制御 六面体状 原水供給量 皮膚美容 循環管
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1995年8月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

目的

本発明の目的は、原水食用の六角水に容易に変換し、人間の成人病を予防して健康の増進に寄与し得る六角水の製造装置を提供しようとするものである。

構成

原水を貯蔵する原水槽と、該原水槽から流入する水を循環させ六角水に変換させる循環管及びポンプ収納された六角水槽と、該ポンプの駆動を制御するポンプ駆動制御部と、を備えて六角水の製造装置が構成されている。

概要

背景

一般の原水は、図3(A)に示すような六角形環構造、図3(B)に示すような五角形の環構造、及び図3(C)に示すような五角形の鎖構造等の多様な構造を有した水として混合され、その中でも、六角形の環構造と五角形の環構造の水が根幹をなしている。そして、このような水の構造は、その水に溶解されているイオンにより変化される。例えば、リチウム(Li)、ナトリウム(Na)、カルシウム(Ca)、ストロンチウム(Sr)、銀(Ag)及び亜鉛(Zn)等のイオンは、六角形の環構造を生成する作用を行う。反面に、カリウム(K)、ルビジウム(Ru)、マグネシウム(Mg)、アルミニウム(Al)、塩素(Cl)及びセシウム(Cs)等のイオンは、六角形の環構造を破壊し、水の構造を五角形の環構造に変化させる作用を行う。且つ、水中の二酸化炭素CO2 の濃度は空気中の二酸化炭素(CO2 )濃度よりも高いので、水が空気と接触すると該水中の二酸化炭素CO2 が空気中に放出されてpH値が上昇され、それにより水の構造が六角形の環構造に変化される。又それら六角形の環構造、五角形の鎖構造及び五角形の環構造中、相対的に水中に多量に含まれている構造名により水の名称が命名され、それら水の構造は人体に及ぼす影響が夫々異なる。即ち、六角形の環構造を主として含む六角水を食水に使用すると、癌の予防、便秘糖尿病及び胃腸病等の成人病予防に優れた効能があるといわれている。且つ、五角形の環構造水は食水として不適であるが、皮膚美容及び皮膚疾患治療に効能があるといわれている。又人体の生体細胞周囲の水は、細胞内に垂下されているZ層と、通常の水であるX層と、それら層間のY層とにより区分され細胞内部のZ層は六角形の環構造が多量に包含され、細胞内部のY層及びX層に行くにつれて五角形の環構造水及び五角形の鎖構造水が多量に含まれている。更に、癌細胞及び他の疾病細胞周囲の水は構造が破壊され自由に遊動する五角形の環及び鎖構造水であるといわれている。

概要

本発明の目的は、原水を食用の六角水に容易に変換し、人間の成人病を予防して健康の増進に寄与し得る六角水の製造装置を提供しようとするものである。

原水を貯蔵する原水槽と、該原水槽から流入する水を循環させ六角水に変換させる循環管及びポンプ収納された六角水槽と、該ポンプの駆動を制御するポンプ駆動制御部と、を備えて六角水の製造装置が構成されている。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

原水循環させて六角水を製造する装置であって、原水を貯蔵する原水槽と、該原水槽から流入する原水を六角水に変換させるための六角水槽と、これら原水槽と六角水槽とを連結する連結管と、循環管が連結されて前記六角水槽内に収納設置され、前記原水槽から六角水槽内に流入された水を循環させるポンプと、前記ポンプの駆動を制御するポンプ駆動制御部と、を備えてなる六角水の製造装置

請求項2

前記循環管は、該循環管の基端が前記ポンプに連結されており、該循環管が上方向きに屈曲されて前記六角水槽の蓋体内に形成された挿入孔を貫通した後、該蓋体上面において水平向きに屈曲され、次いで下方向きに屈曲されて該蓋体内に形成された別の挿入孔を貫通した後、該循環管の他方端が六角水槽内に突成された請求項1に記載の六角水の製造装置。

請求項3

前記循環管の他方端は、前記六角水槽内の水面から所定高さを有するように該六角水槽内に突出される請求項2に記載の六角水の製造装置。

技術分野

0001

本発明は、六角水の製造装置に係るもので、詳しくは原水(fresh water)を水槽内で循環させ、該原水のpH値を上昇させて、容易に六角水を製造し得るようにした六角水の製造装置に関するものである。

背景技術

0002

一般の原水は、図3(A)に示すような六角形環構造図3(B)に示すような五角形の環構造、及び図3(C)に示すような五角形の鎖構造等の多様な構造を有した水として混合され、その中でも、六角形の環構造と五角形の環構造の水が根幹をなしている。そして、このような水の構造は、その水に溶解されているイオンにより変化される。例えば、リチウム(Li)、ナトリウム(Na)、カルシウム(Ca)、ストロンチウム(Sr)、銀(Ag)及び亜鉛(Zn)等のイオンは、六角形の環構造を生成する作用を行う。反面に、カリウム(K)、ルビジウム(Ru)、マグネシウム(Mg)、アルミニウム(Al)、塩素(Cl)及びセシウム(Cs)等のイオンは、六角形の環構造を破壊し、水の構造を五角形の環構造に変化させる作用を行う。且つ、水中の二酸化炭素CO2 の濃度は空気中の二酸化炭素(CO2 )濃度よりも高いので、水が空気と接触すると該水中の二酸化炭素CO2 が空気中に放出されてpH値が上昇され、それにより水の構造が六角形の環構造に変化される。又それら六角形の環構造、五角形の鎖構造及び五角形の環構造中、相対的に水中に多量に含まれている構造名により水の名称が命名され、それら水の構造は人体に及ぼす影響が夫々異なる。即ち、六角形の環構造を主として含む六角水を食水に使用すると、癌の予防、便秘糖尿病及び胃腸病等の成人病予防に優れた効能があるといわれている。且つ、五角形の環構造水は食水として不適であるが、皮膚美容及び皮膚疾患治療に効能があるといわれている。又人体の生体細胞周囲の水は、細胞内に垂下されているZ層と、通常の水であるX層と、それら層間のY層とにより区分され細胞内部のZ層は六角形の環構造が多量に包含され、細胞内部のY層及びX層に行くにつれて五角形の環構造水及び五角形の鎖構造水が多量に含まれている。更に、癌細胞及び他の疾病細胞周囲の水は構造が破壊され自由に遊動する五角形の環及び鎖構造水であるといわれている。

発明が解決しようとする課題

0003

本発明の目的は、原水を循環させ空気に接触させて該原水のpH値を上昇させ、人体の健康に有効な六角形の環構造水を容易に製造し得る装置を提供しようとするものである。

課題を解決するための手段

0004

そして、このような本発明の目的は、原水を循環させて六角水を製造する装置であって、原水を貯蔵する原水槽と、該原水槽から流入する原水を六角水に変換させるための六角水槽と、これら原水槽と六角水槽とを連結する連結管と、循環管が連結されて前記六角水槽内に収納設置され、前記原水槽から六角水槽内に流入された水を循環させるポンプと、前記ポンプの駆動を制御するポンプ駆動制御部と、を備えてなる六角水の製造装置により達成される。

0005

原水槽内の原水が六角水槽内に流入されると、ポンプ駆動制御部の制御によりポンプが駆動され、六角水槽内の水が循環管を通って六角水槽内部に循環して落下され、空気と接触してpH値が上昇され、このような作用が反復行われて水の構造が六角形の環構造に変換される。

0006

以下本発明の実施例に対し図面を用いて詳細に説明する。一般に、六角水を製造する方法としては、水の低温化、磁化イオン化及びアルカリ化等を利用する方法が考えられるが、本発明の実施例として、アルカリ化を利用する方法を採択した。即ち、本発明に係る六角水の製造装置においては、図1及び図2に示したように、原水を貯蔵する中空六面体状の原水槽30が形成される。該原水槽30側方に該原水槽30よりも大きい中空六面体状の六角水槽33が形成される。これら原水槽30と六角水槽33間とを連結管32により連結して該原水槽30内の原水を六角水槽33内に導入させる。該六角水槽33内には循環管37が連管されたポンプ38が収納設置され、該六角水槽33内の水を循環させるようになっている。該六角水槽33上面の蓋体35には前記ポンプ38の駆動を制御するポンプ駆動制御部40が設置されて構成されている。且つ、前記原水槽30は該原水槽30内の原水が前記六角水槽33内に自然に供給されるように該六角水槽33内の水面よりもやや高い位置に設置され、該原水槽30上面には供給孔及び該供給孔をかぶせる蓋31が夫々形成されている。又、前記連結管32の所定部位には原水量を調節するための原水供給調節バルブ34が設置される。前記六角水槽33上面には、所定部位に二つのパイプ挿入孔39,39が夫々穿孔形成された蓋体35がかぶされ、該六角水槽33下部には、六角水を排出する排出孔36及びバルブ36′が夫々形成されている。

0007

そして、前記ポンプ38の下部には水を吸入する吸入孔39′が穿孔形成され、該ポンプ38の側壁所定部位に前記循環管37の基端が連結される。該循環管37は上方向きに折曲されて前記蓋体35の一方の挿入孔39を貫通した後、該蓋体35の上面において水平向きに折曲され、次いで下方向きに折曲されて該蓋体35の他方の挿入孔39を貫通した後、前記六角水槽33内部において該循環管37の他方端が六角水槽33内の水面から所定高さHを有して突成される。該六角水槽33内の水が吸入孔39′から吸入され循環管37を通った後に落下しながら空気と接触する作用を反復することにより六角水槽33内の水が六角水に変換されるようになっている。このように循環管37を一対の挿入孔39に通すことにより特別な支持装置を設けることなく循環管37を支持することができる。且つ、前記ポンプ38と前記ポンプ駆動制御部40間には電源供給線41が連結されている。

0008

このように構成された本発明に係る六角水製造装置の作用を説明すると次のようである。図1及び図2に示したように、原水槽30の蓋31を開いて該原水槽30に原水を供給すると、該原水は自然に連結管32を通って六角水槽33内に流入する。この場合、原水供給量調節バルブ34を調節して六角水槽33に流入する流量を調節する。次いで、ポンプ駆動制御部40の制御によりポンプ38を駆動させると、該ポンプ38の吸入孔39′を通って六角水槽33内の水が循環管37内に流入され、該循環管37を通って六角水槽33内に落下する際、該六角水槽33内の空気と接触して水中の二酸化炭素が空気中に放出され、二酸化炭素中の濃度が減少するので(H2 O+CO2 =HCO3-+H+ )pH値が上昇される。次いで、このような循環作用が反復されると、pH値が漸次増加して水の構造は六角形の環構造に変化する環境が造成され、所定時間が経過すると多量の六角形の環構造の水が存在し、六角水槽33内の水が六角水に変換される。その後、使用者は、六角水槽33の排水バルブを利用し、食水として利用するようになる。

0009

本発明の六角水製造装置を利用し、蒸留水水道水アルカリ水及び酸性水を循環させた実験結果を表1に示した。

0010

0011

表1に示したように、原水が水道水、アルカリ水、酸性水の場合は、水中の二酸化炭素の濃度が空気中の二酸化炭素の濃度よりも高く、水中の二酸化炭素が空気中に放出されるので、六角水製造装置によりpH値が上昇される。特に、原水が酸性水の場合はpH値が最高に変化されるということがわかる。従って、pH7.0以下の酸性水であっても本発明の六角水製造装置によりpH8.0以上の六角水に変換させることができる。しかし、原水が蒸留水の場合は、水中の二酸化炭素の濃度が空気中の二酸化炭素の濃度よりも低く、水中に二酸化炭素が溶解されるので、六角水製造装置によりpH値は上昇されない。

発明の効果

0012

以上説明したように、本発明に係る六角水の製造装置においては、水道水、アルカリ水及び酸性水等の原水をポンプにより反復循環させ、空気と接触させてpH値を上昇させ、六角水を容易に製造するようになっているため、人間の成人病を予防し、健康増進に寄与し得るという効果がある。

図面の簡単な説明

0013

図1本発明に係る六角水製造装置の構成を示した概略斜視図である。
図2図1の六角水製造装置のA−A線断面図である。
図3水の構造を示す模式図である。

--

0014

30…原水槽
31…蓋
32…連結管
33…六角水槽
34…調節バルブ
35…蓋体
36…排出孔
36′…排出バルブ
37…循環管
38…ポンプ
39…パイプ挿入孔
39′…吸入孔
40…ポンプ駆動制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 王子ホールディングス株式会社の「 水処理装置および水処理方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】油分を含む被処理水から効率良く油分を分離除去できる水処理装置の提供。【解決手段】油分を含む被処理水1を処理槽2に通過させて、油分4を浮上分離し、処理水3を得る水処理装置であって;長軸の中心値が... 詳細

  • 大成建設株式会社の「 酸性地下水の浄化方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】過去にストックされた、または、これから発生する掘削ずりや鉱さいなどを含有する地盤において、酸性地下水を中和し、かつ金属類の漏出を抑制する、低コストな地下水の浄化方法を提供する。【解決手段】第1... 詳細

  • 栗田工業株式会社の「 pH調整水製造装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】 pHを高度に制御可能なpH調整水製造装置を提供する。【解決手段】 pH調整水製造装置は、超純水Wの供給ライン1に白金族金属担持樹脂カラム2と、膜式脱気装置3と、ガス溶解膜装置4とを備え、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ