図面 (/)

技術 隠蔽目的の着色合成樹脂フィルム層の介装によって成 るラベル

出願人 株式会社チューエツ
発明者 野寺敏弘
出願日 1993年5月7日 (28年8ヶ月経過) 出願番号 1993-141119
公開日 1995年3月3日 (26年10ヶ月経過) 公開番号 1995-056509
状態 未査定
技術分野 展示カード類
主要キーワード ラベル構成 着色合成樹脂 燃焼残留物 印刷インク層 多層印刷 郵送物 加工圧 印字インク
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1995年3月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

目的

考案は、通称親展シール」と称されるラベルで、多層構成をもって形成されたラベルの焼却の際、金属不燃残留物を残さず、投光遮断判読防止の目的を持つ。

構成

本考案は、通称「親展シール」と称されるラベルで、多層構成をもって形成されたラベルの構成層のうち、隠蔽を目的とする主要構成層に、投光を遮断し判読防止効果を有する黒色又は着色合成樹脂層介装して加圧接着して成るものである。

概要

背景

従来、親展書面(図1のB)の隠蔽が必要な印刷印字インク8.の上に 印刷・印字インク8.の隠蔽を目的とし、又は印刷・印字インク8.の改ざん防止目的、又は印刷・印字インク8.の破損防止目的を合わせ持ったラベル(図1のA又は、図2のA)を用意して、そのラベルの剥離紙7.を除去したシール圧着貼付せしめた親展用郵便物又は、親展用運送物(図1のC又は、図2のC)の郵送もしくは運送後、ラベル中層の分離させやすくした部分から、隠蔽させている構成部分(図1のD又は図2のD)を分離除去した後、印刷・印字インク8.上に残留した無色の合成樹脂フィルム5.接着剤6.を通して読み取ることの出来るラベルが有る。これには、隠蔽を目的とする主要構成層としてアルミ箔等の金属箔31.を接着剤又は、ラミネート合成樹脂フィルム2.を介装加圧接着して成るラベル(図1のA)が有り、別に隠蔽を目的とする主要構成層として印刷方式でのインク塗布方法によるラベル(図2のA)が有る。

概要

考案は、通称親展シール」と称されるラベルで、多層構成をもって形成されたラベルの焼却の際、金属不燃残留物を残さず、投光遮断判読防止の目的を持つ。

本考案は、通称「親展シール」と称されるラベルで、多層構成をもって形成されたラベルの構成層のうち、隠蔽を目的とする主要構成層に、投光を遮断し判読防止効果を有する黒色又は着色合成樹脂層を介装して加圧接着して成るものである。

目的

従来のラベル構成層のうち、投光防止の隠蔽目的とする主要構成層としてアルミ箔等の金属箔31.によるものは、焼却の際に金属箔が不燃焼残留物となる欠点が有り、印刷方式でのインク塗布方法による印刷インク層32.では1度の印刷塗布量が限られる為、何回かの多層塗布をしても投光の際の隠蔽効果が悪い欠点が有った。本考案は従来の欠点に着目してなされたものであり、焼却の際の金属不燃焼残留物を残さずに焼却可能にすることを課題として、又、印刷方式の多層印刷インク塗布方法での投光の際の隠蔽効果が悪い欠点を解消することを課題として研究を進めた。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

通称親展シール」と称される目的に使用される、多層構成をもって形成されたラベル構成層のうち、隠蔽を目的とする主要構成層に、投光遮断判読防止効果を有する黒色又は着色合成樹脂層として直接エクストルージョンラミネートダイス押出法により表面上紙加圧接着して成るラベル。

請求項2

通称「親展シール」と称される目的に使用される、多層構成をもって形成されたラベルの構成層のうち、隠蔽を目的とする主要構成層に、投光を遮断し判読防止効果を有する黒色又は着色合成樹脂層として先に黒色又は着色合成樹脂フィルムのキャレンダー又はエクストルージョン・ダイス押出法によって成る巻取原反となった巻取を使用して、表面上紙との接着法として接着剤介装し加圧接着して成るラベル又は、表面上紙との接着法としてエクス面上紙との接着法としてエクストルージョンラミネートTダイス押出法により,PE等の合成樹脂を介装して加圧接着して成るラベル。

技術分野

0001

この発明は、シール下面の印刷印字インク投光による判読防止の為の秘密保持改ざん防止又は、破損防止を目的とした親展郵便物又は、親展用運送物に貼付するラベルに関する。

背景技術

0002

従来、親展書面(図1のB)の隠蔽が必要な印刷・印字インク8.の上に 印刷・印字インク8.の隠蔽を目的とし、又は印刷・印字インク8.の改ざん防止目的、又は印刷・印字インク8.の破損防止目的を合わせ持ったラベル(図1のA又は、図2のA)を用意して、そのラベルの剥離紙7.を除去したシールを圧着・貼付せしめた親展用郵便物又は、親展用運送物(図1のC又は、図2のC)の郵送もしくは運送後、ラベル中層の分離させやすくした部分から、隠蔽させている構成部分図1のD又は図2のD)を分離除去した後、印刷・印字インク8.上に残留した無色の合成樹脂フィルム5.接着剤6.を通して読み取ることの出来るラベルが有る。これには、隠蔽を目的とする主要構成層としてアルミ箔等の金属箔31.を接着剤又は、ラミネート合成樹脂フィルム2.を介装加圧接着して成るラベル(図1のA)が有り、別に隠蔽を目的とする主要構成層として印刷方式でのインク塗布方法によるラベル(図2のA)が有る。

発明が解決しようとする課題

0003

従来のラベル構成層のうち、投光防止の隠蔽目的とする主要構成層としてアルミ箔等の金属箔31.によるものは、焼却の際に金属箔が不燃残留物となる欠点が有り、印刷方式でのインク塗布方法による印刷インク層32.では1度の印刷塗布量が限られる為、何回かの多層塗布をしても投光の際の隠蔽効果が悪い欠点が有った。本考案は従来の欠点に着目してなされたものであり、焼却の際の金属不燃焼残留物を残さずに焼却可能にすることを課題として、又、印刷方式の多層印刷インク塗布方法での投光の際の隠蔽効果が悪い欠点を解消することを課題として研究を進めた。

0004

本考案はその欠点を解消する為の手段として、隠蔽を目的とする主要構成層に、投光を遮断し判読防止効果を有する黒色又は着色合成樹脂フィルム33.を直接、表面上紙1.にエクストルージョンラミネートTダイス押出法により介装し加工圧着して成るラベル(図3のA)。隠蔽を目的とする主要構成層に、投光を遮断し判読防止効果を有する黒色又は着色合成樹脂フィルム34.をエクストルージョンラミネートTダイス押出法により介装し加工圧着した後、無色合成樹脂フィルム5.を黒色又は着色合成樹脂フィルム35.と積層する為、エクストルージョンラミネートTダイス押出法により、黒色又は着色合成樹脂フィルム34.を介装し加工圧着して成るラベル(図4のA)。隠蔽を目的とする主要構成層に、投光を遮断し判読防止効果を有する黒色又は着色合成樹脂フィルムのキャレンダー又はエクストルージョン・ダイス押出法によって成る巻取原反となった巻取を使用して、表面上紙1.との接着法として接着剤2.を介装し加圧接着して成るラベル又は、表面上紙との接着法としてエクストルージョンラミネートTダイス押出法により,PE等の合成樹脂フィルム2.を介装して加圧接着して成るラベル(図5のA)。

0005

本考案は以上のような構成であるから焼却の際、金属不燃焼残留物を残さずに焼却可能とする。又、黒色又は着色合成樹脂層を構成させることで、投光を遮断し判読防止の作用を持つ。

0006

本考案による隠蔽目的の着色合成樹脂フィルム層の介装にによって成るラベル(図3のA・図4のA・図5のA)は、従来ラベル(図1のA)の隠蔽を目的とする主要構成層のアルミ箔等の金属箔31.又は従来ラベル(図2のA)の如く、印刷インク層32.の層形成中止して、この隠蔽を目的とする主要構成層を、図3のA・図4のA・図5のAの断面図の黒色又は着色合成樹脂フィルム層33.34.35.の如く積層する事で成るラベルで有る。本考案によるラベルを親展書面(図1のB)の隠蔽が必要な印刷・印字インク8.の上に印刷・印字インク8.の隠蔽を目的とし、又は印刷・印字インク8.の改ざん防止目的、又は印刷・印字インク8.の破損防止目的を合わせ持ったラベル(図3のA又は、図4のA又は図5のA)を用意して、そのラベルの剥離紙7.を除去したシールを圧着・貼付せしめた親展用郵便物又は、親展用運送物(図3のC又は図4のC又は図5のC)の郵送もしくは運送後、ラベル中層の分離させやすくした部分から、隠蔽させている構成部分(図3のD又は図4のD又は図5のD)を分離除去した後、印刷・印字インク8.上に残留した無色の合成樹脂フィルム5.接着剤6.を通して読み取ることの出来るラベルとして使用する事ができる。

0007

本考案は以上のような構成であるから焼却の際、燃焼残留物がない。又、投光の際、遮断・判読防止効果が高いラベルを形成することができる。

0008

図面の簡単な説明

0009

図1従来のラベルを示す断面図Aと親展用郵便物又は、親展用郵送物Bを用いた使用例の断面図C・D・E。
図2従来のラベルを示す断面図Aと親展用郵便物又は、親展用郵送物Bを用いた使用例の断面図C・D・E。
図3本考案のラベルを示す断面図Aと親展用郵便物又は、親展用郵送物Bを用いた使用例の断面図C・D・E。
図4本考案のラベルを示す断面図Aと親展用郵便物又は、親展用郵送物Bを用いた使用例の断面図C・D・E。
図5本考案のラベルを示す断面図Aと親展用郵便物又は、親展用郵送物Bを用いた使用例の断面図C・D・E。

--

0010

1 表面上紙6接着剤
ラミネート樹脂フィルム7剥離紙
31アルミ箔又は、金属箔8印字インク
32印刷インク郵便
33黒色又は、着色合成樹脂フィルム
34黒色又は、着色合成樹脂フィルム
35黒色又は、着色合成樹脂フィルム
41無色合成樹脂フィルム
5 無色合成樹脂フィルム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ