図面 (/)

技術 視覚化によるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理 方法

出願人 ニュウメトリックスラバラトリ-ズリミテッド
発明者 エドワ-ドミカエルシタルスキイ
出願日 1991年7月11日 (29年4ヶ月経過) 出願番号 1991-196085
公開日 1994年11月25日 (25年11ヶ月経過) 公開番号 1994-325041
状態 特許登録済
技術分野 総合的工場管理 特定用途計算機 数値制御
主要キーワード 分配設備 視覚的描写 時間周期的 分配ネット 相互依存関係 選別情報 システムディスプレイ 給水能力
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1994年11月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

目的

コンピュ−タ−システムを使用する、複数の相互関連また相互依存関係のある、工程、リソ−ス及び商品流通からなるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理を視覚化して行う。

構成

フロ−プロセスについての情報を有するデ−タベ−スを供給し、図形化により問題点と解決策の両方を、文書的にそして(または)一時的にディスプレイする。しるしは解決方策、容量、最小レベル、フロ−及び変動のみならず、符号の視覚判別を供給するためディスプレイ上で示されることが可能である。加えて、デ−タベ−スへのアクセスは新しい情報を映すためディスプレイを最新化すること、そして「...ならどうする」のシナリオを実行することを可能にする。デ−タベ−スへのアクセスは、ディスプレイされる対象物を通過して、質問、ディスプレイされる様々な情報を許可する。

概要

背景

多くの異なる分野で、限られたリソ−スに対する競合的な需要対処するためのプログラム及び計画を、効果的かつ能率的に実行するため、フロ−プロセスの管理が要求される。例えば、水力発電所では、複数の時間周期における電力需要答えるため、給水能力及び水の貯蔵能力及と一致する発電力の管理が必要になる。これに加えて、この発電所はまた、電力売買が行われるグリッドに接続されており、そのため発電所は分配されるリソ−スおよび(または)フロ−を必要とする。

また、少雨量による給水量の減少、高温による電力需要の増加というように、時間の経過および事の発生に伴い、ほとんどの場合元の計画とは異なる、フロ−及びリソ−スの使用についての再計画の工程が要求される。同様に、工場では、装置や分配ネットワ−クを通して、供給者から顧客への原料のフロを−効果的かつ能率的に管理するために、多数の異なる原料のフロ−を調整する必要がある。つまり、供給者、機械職員輸送手段そして顧客といったリソ−ス、また生産活動の工程、そしてたいていの場合、多種類のリソ−スからの収集アクセス情報利用などが必要とされる。

複数の時間周期に、製造計画立案者が、コンピュ−タを利用することは周知である。このような立案者は相互依存及び相互関連監督するただ1つの装置または設備、及びリソ−スやフロ−の限りある容量から、フロ−又は生産計画といったフロ−プロセスの一部に注目する。また、容量を案せずおよび(または)工場のフロ−プロセスを統合することもせずに、分配ネットワ−クのフロ−にのみ注目していた立案者もいた。また、シ−トプログラムを拡大しようと試みたが、非光学的解決策が作製されるという結果、及び使用されるフロ−、リソ−ス、工程の数の多さにより計画が阻まれてきた立案者もいた。また、計画開発のため、線型計画法または技術の多様化に努めてきた。そして中には立案者は操作するのに、また、結果を解明するのに十分な設備がないこと、そしてこれらの機械は使用しずらいということに気付いた者もいた。

時間により変化し、フロ−プロセスを管理するにあたり、抑制を含む複雑な相互依存関係及び相互関連を持つことは、効果的なフロ−プロセス計画に重大な問題を引き起こす。これらの問題に対する、効果的な打開策がないため、工場設備を取り付ける際のコスト高利用状況の低さ、非効率的な顧客へのサ−ビスを招く。この打開策及び複雑な相互依存関係及び相互関連を視覚化することこそが最重要課題である。

リソ−ス、活動工程、商品流通を含むフロ−プロセスに関する情報を含むデ−タベ−スが空間的及び暫時の状況で行う役割であるフロ−プロセスをディスプレイすべきである。こういったシステムはディスプレイの複雑さを減らすため、集合的な情報をディスプレイする能力を持つべきである。また、ユ−ザ−にフロ−プロセスの限定されたセットをディスプレイする能力、及びそれらを検討する能力、または多種類のセットを作製する能力、及び新しいディスプレイを作製するセットを操作する能力を持つべきである。また、ディスプレイを即時的に実行する能力も備えるべきである。

このシステムにおいて、リソ−ス、工程、商品を構成要素に持つフロ−プロセスを作製するため、情報をデ−タベ−スに入力し、または情報はリソ−スや工程を示すイコンを作製すること、及びそれらを商品流通または線により結び付けることによりディスプレイから作製されるべきだ。計画の最新化をはかるため、方法、及びシステムは、また、将来計画における問題点の光学的解決策、そして複数の時間周期における将来計画の様々な状況を視覚化する能力を供給すべきである。このシステムにより、従来、図でディスプレイされることができなかった情報ではない、より優れた付加的な情報をディスプレイするウインドウをもっとも効果的に使用することができる。

米国特許第4,937,743号において、コンピュ−タシステムを使用した将来的スケジュ−ル、周期モニタリング、及び複数の相互依存関係及び相互関連のリソ−スの動的管理といった方法が示されている。その方法はリソ−スについての情報を持つデ−タベ−スを供給し、及び時間的役割を行うリソ−スの使用及び利用を図でディスプレイすることを含む。スケジュ−ル、リソ−スの状態、及び不調和についての情報のみならず、符号の視覚化を供給するため、ディスプレイ上にしるしを明示する。加えて、連続ディスプレイの最新化を供給するため、デ−タベ−スへのアクセスは可能となる、これによりリソ−スのディスプレイはデ−タベ−スにおいて最新のものとなる。またデ−タベ−スへのアクセスによりオペレ−タはリソ−スについての多様で、賢明な情報を呼び出すことができ、そして、デ−タベ−スのアクセスはイベント手続探知をするのにも使用できる。その方法は空間的ディスプレイの使用は含まれないし、リソ−スが原料を別の物質にする、または工程と呼ばれる一連の変化からなる、またフロ−または原料の変動をも含む、すべての製造工場でのオペレ−ションのスケジュ−ルリングや計画とも関係がない。

米国特許第4,336,589号において、モニタ−用の倉庫製品及び、各々の処理、または独自の番号により選別される物品判別することにより、記録手段上でバッチ選別情報を受ける分配審査システムコンピュ−タを含むコントロルシステムが示されている。システム内で物品の分類監視についての情報処理はそれぞれ独自の番号に関連している。コンピュ−タコトロ−ルは、選択されるそれぞれの物品の状況の選択及び分類わけを行う。1つまたはそれ以上のラベル読み取り装置により操作される際、物品の連続的モニタリングを供給する。システムはオペレ−タ接触面末端部、及びシステムの統制される状況が連続的にモニタされるようオペレ−ティング職員に多様な状況報告を供給するプリンタを含む。

概要

コンピュ−タ−システムを使用する、複数の相互関連また相互依存関係のある、工程、リソ−ス及び商品流通からなるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理を視覚化して行う。

フロ−プロセスについての情報を有するデ−タベ−スを供給し、図形化により問題点と解決策の両方を、文書的にそして(または)一時的にディスプレイする。しるしは解決方策、容量、最小レベル、フロ−及び変動のみならず、符号の視覚的判別を供給するためディスプレイ上で示されることが可能である。加えて、デ−タベ−スへのアクセスは新しい情報を映すためディスプレイを最新化すること、そして「...ならどうする」のシナリオを実行することを可能にする。デ−タベ−スへのアクセスは、ディスプレイされる対象物を通過して、質問、ディスプレイされる様々な情報を許可する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

単一時間周期における、フロ−プロセスの将来計画及び動的管理の方法であり、メモリ−を有するコンピュ−タ、及び複数の関連した工程、リソ−ス、及び商品流通から成るフロ−プロセスを使用し、a. 単一時間周期において、フロ−プロセス中の工程、リソ−ス、及び商品流通を判別し、b. 上記工程、リソ−ス、及び商品流通についての情報のデ−タベ−スを作製し、c. 少なくとも幾つかの工程、リソ−ス、及び商品流通間のフロ−関係を確立し、d. 少なくとも幾つかのリソ−ス、工程及び、ソルバ−を使用する商品流通の利用を将来的に計画し、e. 空間的におよび(または)一時的に管理されるフロ−プロセスの構成要素であるノ−ド及びア−クを図でディスプレイする手段からなるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法

請求項2

請求項1において、上記ディスプレイは一時的な光学ディスプレイであり、使用されるア−クおよびノ−ドのみがディスプレイされるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項3

請求項2において更に、全生産能力状態のア−クおよびノ−ドをディスプレイする手段を具えたフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項4

請求項2において、ア−クの幅はア−ク上のフロ−に比例することを特徴とするフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項5

請求項2において、ノ−ドは選択され、ノ−ドへの使用される通路のみをディスプレイするようにしたフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項6

請求項2において、使用されるノ−ドからの通路またはア−クのみをディスプレイするするようにしたフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項7

請求項2において、選択されるノ−ドとそのノ−ドまでの全ての通路をディスプレイするようにしたフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項8

請求項1において、ノ−ドを選択し、そのノ−ドからの全ての通路をディスプレイするするようにしたフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項9

複数の時間周期におけるフロ−プロセスの将来計画の方法であり、メモリ−を有するコンピュ−タ、及び 複数の関連した工程、リソ−ス、及び商品流通からなるフロ−プロセスを使用し、a. 複数の時間周期における工程、リソ−ス、及び商品流通を判別し、b. 少なくとも幾つかの工程、リソ−ス、及び商品流通間のフロ−関係を確立しc. 工程、リソ−ス、及び商品流通についての情報のデ−タベ−スを作製し、d. リソ−スの使用及びソルバ−を使用する商品流通を将来的に計画し、e. フロ−プロセス、対象物、及びフロ−を図でディスプレイする;以上の手順を具え、入力、及び出力を集合的にあるいはブロックされたノ−ドの全体、または圧縮されたノ−ド、又はそれらの一部をディスプレイするフロ−プロセスの将来計画方法

請求項10

請求項2において、ソルバ−は線型計画であるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項11

複数の時間周期において複数の関連した工程、リソ−ス、及び商品流通を有するフロ−プロセスの将来計画方法であり、a.メモリを有するコンピュ−タ、b. 工程、リソ−ス、及び商品流通についての情報を含む上記メモリに格納されたデ−タベ−ス、c. フロ−プロセスの将来計画方法、及びd. 将来的に計画されたフロ−プロセスをディスプレイする手段、からなるフロ−プロセスの将来計画方法。

請求項12

請求項1において、ソルバ−は線型計画であるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項13

請求項1において、ソルバ−はベ−スとなる規準であるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項14

請求項1において、工程、リソ−ス、及び商品流通はデ−タベ−スにおける対象物としておかれるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項15

請求項11において、上記ディスプレイ手段は一時的であることを特徴とする将来計画方法。

請求項16

請求項12において、上記計画される情報の少なくとも幾つかは、上記ディスプレイで原文とみなされるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項17

複数の工程、リソ−ス、商品流通から成るフロ−プロセスを周期的にモニタ−し、管理し、少なくともそのうちの幾つかは相互依存している場合にこれらの要素を使用して将来計画をなす方法であって、a. 上記複数の工程、リソ−ス、商品流通についての情報を含むデ−タベ−スを使用して、メモリを有するコンピュ−タによって将来計画の方法を計画しする工程b. 上記フロ−プロセスを図でディスプレイする工程、c. 図でディスプレイされたしるしを使用することにより、上記の将来的に計画されたフロ−プロセスの少なくともいくつかを伝達する工程、d. 違いをディスプレイするため、少なくとも上記の将来計画の1つを、少なくとも他の1つの将来計画、または上記デ−タベ−ス中の情報と比較する工程、からなる将来計画方法。

請求項18

請求項11において、上記デ−タベ−スは半永久的デ−タベ−ス、及び一時的デ−タベ−スより成るフロ−プロセスの将来計画方法。

請求項19

請求項11において更に、上記工程、リソ−スまたは商品流通の1つについての情報のディスプレイを行うため、上記デ−タベ−スを質問する手段を具えたフロ−プロセスの将来計画方法。

請求項20

請求項11において、デ−タベ−スは多種の工程、リソ−ス、及び商品流通間の空間的関係を描く地図、図表及びレイアウトで示された情報をも含むフロ−プロセスの将来計画方法。

請求項21

請求項1において、フロ−プロセスは対象物としてディスプレイされるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項22

請求項21において、フロ−プロセスの構成要素がディスプレイされる。;入力、出力の双方を集合的に、あるいはブロックされたノ−ド全体を、又は圧縮されたまたはア−クを、又はそれらの一部をディスプレイするようにしたフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項23

請求項1において更に、特定のノ−ドをブロックし、特定のア−クを圧縮するようにしたフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

請求項24

請求項1において更に、符号を視覚的に判別するための多種類のしるしの使用、解決策、容量、最小レベル、フロ−及び変動についての情報を含むことを特徴とするフロ−プロセスの将来計画及び動的管理方法。

技術分野

0001

本発明は、フロ−プロセスの管理方法、特に情報伝達コンピュ−タシステムの使用により、複数の相互依存及び相互関連する工程、リ−スおよび商品流通から成るフロ−プロセスの将来計画および動的管理の方法に関するものである。

背景技術

0002

多くの異なる分野で、限られたリソ−スに対する競合的な需要対処するためのプログラム及び計画を、効果的かつ能率的に実行するため、フロ−プロセスの管理が要求される。例えば、水力発電所では、複数の時間周期における電力需要答えるため、給水能力及び水の貯蔵能力及と一致する発電力の管理が必要になる。これに加えて、この発電所はまた、電力売買が行われるグリッドに接続されており、そのため発電所は分配されるリソ−スおよび(または)フロ−を必要とする。

0003

また、少雨量による給水量の減少、高温による電力需要の増加というように、時間の経過および事の発生に伴い、ほとんどの場合元の計画とは異なる、フロ−及びリソ−スの使用についての再計画の工程が要求される。同様に、工場では、装置や分配ネットワ−クを通して、供給者から顧客への原料のフロを−効果的かつ能率的に管理するために、多数の異なる原料のフロ−を調整する必要がある。つまり、供給者、機械職員輸送手段そして顧客といったリソ−ス、また生産活動の工程、そしてたいていの場合、多種類のリソ−スからの収集アクセス情報利用などが必要とされる。

0004

複数の時間周期に、製造計画立案者が、コンピュ−タを利用することは周知である。このような立案者は相互依存及び相互関連を監督するただ1つの装置または設備、及びリソ−スやフロ−の限りある容量から、フロ−又は生産計画といったフロ−プロセスの一部に注目する。また、容量を案せずおよび(または)工場のフロ−プロセスを統合することもせずに、分配ネットワ−クのフロ−にのみ注目していた立案者もいた。また、シ−トプログラムを拡大しようと試みたが、非光学的解決策が作製されるという結果、及び使用されるフロ−、リソ−ス、工程の数の多さにより計画が阻まれてきた立案者もいた。また、計画開発のため、線型計画法または技術の多様化に努めてきた。そして中には立案者は操作するのに、また、結果を解明するのに十分な設備がないこと、そしてこれらの機械は使用しずらいということに気付いた者もいた。

0005

時間により変化し、フロ−プロセスを管理するにあたり、抑制を含む複雑な相互依存関係及び相互関連を持つことは、効果的なフロ−プロセス計画に重大な問題を引き起こす。これらの問題に対する、効果的な打開策がないため、工場設備を取り付ける際のコスト高利用状況の低さ、非効率的な顧客へのサ−ビスを招く。この打開策及び複雑な相互依存関係及び相互関連を視覚化することこそが最重要課題である。

0006

リソ−ス、活動工程、商品流通を含むフロ−プロセスに関する情報を含むデ−タベ−スが空間的及び暫時の状況で行う役割であるフロ−プロセスをディスプレイすべきである。こういったシステムはディスプレイの複雑さを減らすため、集合的な情報をディスプレイする能力を持つべきである。また、ユ−ザ−にフロ−プロセスの限定されたセットをディスプレイする能力、及びそれらを検討する能力、または多種類のセットを作製する能力、及び新しいディスプレイを作製するセットを操作する能力を持つべきである。また、ディスプレイを即時的に実行する能力も備えるべきである。

0007

このシステムにおいて、リソ−ス、工程、商品を構成要素に持つフロ−プロセスを作製するため、情報をデ−タベ−スに入力し、または情報はリソ−スや工程を示すイコンを作製すること、及びそれらを商品流通または線により結び付けることによりディスプレイから作製されるべきだ。計画の最新化をはかるため、方法、及びシステムは、また、将来計画における問題点の光学的解決策、そして複数の時間周期における将来計画の様々な状況を視覚化する能力を供給すべきである。このシステムにより、従来、図でディスプレイされることができなかった情報ではない、より優れた付加的な情報をディスプレイするウインドウをもっとも効果的に使用することができる。

0008

米国特許第4,937,743号において、コンピュ−タシステムを使用した将来的スケジュ−ル、周期モニタリング、及び複数の相互依存関係及び相互関連のリソ−スの動的管理といった方法が示されている。その方法はリソ−スについての情報を持つデ−タベ−スを供給し、及び時間的役割を行うリソ−スの使用及び利用を図でディスプレイすることを含む。スケジュ−ル、リソ−スの状態、及び不調和についての情報のみならず、符号の視覚化を供給するため、ディスプレイ上にしるしを明示する。加えて、連続ディスプレイの最新化を供給するため、デ−タベ−スへのアクセスは可能となる、これによりリソ−スのディスプレイはデ−タベ−スにおいて最新のものとなる。またデ−タベ−スへのアクセスによりオペレ−タはリソ−スについての多様で、賢明な情報を呼び出すことができ、そして、デ−タベ−スのアクセスはイベント手続探知をするのにも使用できる。その方法は空間的ディスプレイの使用は含まれないし、リソ−スが原料を別の物質にする、または工程と呼ばれる一連の変化からなる、またフロ−または原料の変動をも含む、すべての製造工場でのオペレ−ションのスケジュ−ルリングや計画とも関係がない。

0009

米国特許第4,336,589号において、モニタ−用の倉庫製品及び、各々の処理、または独自の番号により選別される物品判別することにより、記録手段上でバッチ選別情報を受ける分配審査システムコンピュ−タを含むコントロルシステムが示されている。システム内で物品の分類監視についての情報処理はそれぞれ独自の番号に関連している。コンピュ−タコトロ−ルは、選択されるそれぞれの物品の状況の選択及び分類わけを行う。1つまたはそれ以上のラベル読み取り装置により操作される際、物品の連続的モニタリングを供給する。システムはオペレ−タ接触面末端部、及びシステムの統制される状況が連続的にモニタされるようオペレ−ティング職員に多様な状況報告を供給するプリンタを含む。

発明の概要

0010

本発明は単一のもしくは複数の時間周期段階での、コンピュ−タシステム使用による、複数の工程、リソ−ス、商品流通からなるフロ−プロセスの動的管理方法に関するものである。その方法は、工程、リソ−ス、商品流通を含み、また、空間的および(または)一時的に、例えば「時間」の段階又は周期で、予期された実際のフロ−プロセスを図でディスプレイするよう管理されたフロ−プロセスについての情報を含むデ−タベ−スを供給するものである。

0011

一般的にディスプレイは線、長方形に接続するア−ク、円、その他イコン型の幾何学図といった形で示される。発明は、また、ディスプレイ上に、多種類のイコンや工程、リソ−ス、商品流通を示す対象物を作製する能力、そしてそしてスクリ−ンテ−ブルからのデ−タベ−ス上にある対象物の変数、そして抑制についての情報を入力する能力、または他のリソ−スからのデ−タを入力する能力を有する。

0012

本発明にもちいる対象物は、問題点の描写入力、そして解決策または将来計画の出力の両方の役割を独自に行う。つまり、周知の視覚的描写を作製する。このシステムの特徴は視覚的、感覚的表示器であることにある。「解決しるし」は、将来計画に使用される工程、リソ−ス、フロ−を表示するために使用される。「容量しるし」は全生産能力状態時のリソ−ス、および(または)フロ−を示すのに使用され、「最小しるし」は、最小リソ−スレベルまたはフロ−が適していなかったとき、オペレ−タに警告を促すのに使用される。「道順しるし」などの他のディスプレイはある位置からまたその位置までの道順を示すのに使用される。本発明の方法およびシステムは、また、選択された対象物についての情報をディスプレイするため、デ−タベ−スにアクセス出来るようにする。対象物のセットは限定、ブロックされ、セットを操作するのにディスプレイ工具が周知のBooleanオペレ−タにより供給され、ディスプレイまたはデ−タアクセスの新しいセットを限定する。

0013

本発明は更に、他の計画、スケジュ−ル、および(または)実行モジュ−ルへの通知のみならず、周知の効果的なソルバ−の使用を意図する。割り当て、配置、レベル、利用、速度についての解決策の情報および工程や、商品流通についての他の情報といったものである。前記システムは又、変動分析手段を具体的に示する。計画が、予期された、先の、実際の、あるいは他のベイシスから、からどの程度逸脱しているかの判断を下し、そして、予め限定されていたレベルを越えた計画には、視覚的感知表示器つまり「変動しるし」が使用されるのだ。すべての適用が、本発明のすべての特徴を必ずしも具体化したものとは言えない。より精巧でより複雑な適用が即時発明に意図されるもっと多くの特徴を用いることもあるが、中には記述されている特徴の中の幾つかを必要とするものもある。

0014

本発明に関する方法は、相互依存および相互関連があり、時間により変化する、複数の工程、リソ−ス、商品流通から成る複雑なフロ−プロセス計画を可能にするものである。より好ましいのは、この方法がワ−クステ−ション、パ−ソナルコンピュ−タまたは顧客/供給者の配置、キ−ボ−ド及び選択的にディスプレイを変化させるためのマウスと関連した型といったディスプレイシステムを利用することだ。加えて工程、リソ−スあるいは商品流通に関するデ−タを有するデ−タベ−スは、アクセスされる。このデ−タベ−スは一つまたはそれ以上の情報源から及びデ−タにより最新化され、そしてその見返りとして、ディスプレイされている情報の最新化という結果を生む。キ−ボ−ドはまたデ−タベ−スにデ−タを入力するのに、また将来計画への解決を開始するのに使用される。デ−タは、多種のリソ−ス、工程と商品流通間の空間的関係を描写するため、地図、図表レイアウトあるいは他の表示を使用する位置的な役割として図でディスプレイされるのがより好ましい。あるいは、デ−タは、様々な工程、リソ−スまたは商品流通間の一時的な関係を描写するため、デ−タは時間周期的役割としてグラフに示す。

0015

入力、修正、処理およびデ−タへのアクセスは対象物としての工程、リソ−スおよび商品を制限することにより、また、周知の方法や技術を使用することにより遂行される。同様に、適切な図によるディスプレイは、周知の技術を使うことによりなされる。最も効果的なのはこの方法がメニュ−そしてサブメニュ−からなるメニュ−駆動システムと共にマウスやウインドウを使用することである。即時発明の使用により効果的に管理される状況がままある。そのうちの1つの適用は商品の変動がある複数の時間周期で、工場や分配設備を介して供給者から顧客まで、経営者/分配者のために操作上の計画を行うことである。変動は、ノ−ド、ア−ク、およびア−ク上のノ−ドとノ−ド間にある商品と商品流通から成る対象物のネットワ−クとして示される。

0016

ノ−ドは供給商品を情報源とする供給ノ−ド、設備の一部のタイムリソ−スを示すのに使用される機械ノ−ド、労働リソ−スタイムを供給するのに使用される労働ノ−ド、そして、商品を枯渇させ、または消費する需要ノ−ドといったリソ−スを示す。他のノ−ドは商品を他の商品に変換させる活動のための工程ノ−ド、中間蓄電を通し、同じ商品の運搬を行うア−クを統制するのに使用される労働蓄電ノ−ド、倉庫を示し、万能商品フロ−に抑制を置くのに使用されるコントロ−ラ−ノ−ドである。そして、ブロッキングノ−ドは視覚的にモデルの複雑な部分をカプセルに入れるのに使用される。そしてまた、シングルソ−ス抑制を設置し、地図の色づけをするのに使用される。

0017

「シングルソ−ス」はソ−スとなるそれぞれの商品のためのみに、単一ア−クは使用され、ここではブロックノ−ドを抑制することを言及する。ア−クは商品または原料のフロ−上の二点間で利用可能なトラック、レ−ル、コンベアパイプラインまたは通路といった様々な運搬手段ノ−ドを示す。ノ−ド、ア−クのどちらの対象物もが、計画上の問題点への変数及び抑制を示し、情報はそれぞれの対象物についてのデ−タベ−ス中に供給される。例えば、容量が最小または最大の制限内でありさえすれば、供給者はある一定の価格で原料を供給する。また単一時間周期で使用可能な容量を決め、それに従う供給者もいる。

0018

工程活動は設備の一部のある一部分でのみ可能であり、また、その設備は構造上、複数の時間周期で利用できない場合がある。工場が休止または主な整備期間中には工場が閉鎖されるといった場合だ。工程生産高は、学習曲線が増加するにともない変化する。生産の需要は周期的になり、よって時間ごとに変化する。好ましいのはこういったすべての情報がデ−タベ−スに含まれていることだ。また、デ−タベ−スは周知の工程や活動についてのベ−スとなる情報をも含む。例えば、以下のような情報である;原料Bから生産物Aを作るとする。Aを160ケ−ス作る場合、35ポンドの原料(B)が必要であり、機械2による包装に1時間かかりる。その機械を操作できるのは、オペレ−タJとKのみである。よって、彼等の役割は重要視される。

0019

ベ−スとなるデ−タベ−スはまた、計画上の問題点の解決についての情報を蓄積するために使用される。計画される解決策の価値が、それ以前に設定されたレベルと一致しない場合、様々な表示器がディスプレイされる。「解決しるし」、「容量しるし」、「最小しるし」、「フロ−しるし」および「変動しるし」と言ったしるしである。しるしのいくつかは、色の変化、色の稿、影、電算機、その他等やそれらの組合わせといった無数の方法で、又ハイライト、幾何学符号、ハッシングおよび(または)デ−タ周辺の光を当てられた型といった増強の使用によりディスプレイされる。システムのオペレ−タはディスプレイのためにある特定のノ−ドおよびア−クを「選択」し、変数および抑制をスクリ−ンテ−ブルからの選択されたノ−ドおよびア−クに変化させる。

0020

即時発明のシステムを使用する際、オペレ−タはフロ−プロセスを勘案して、様々な情報源から方法を収集する。製造、分配過程において、これらの工程およびリソ−スに関連した経費および抑制と共に、消費者の需要に関する情報、製造、分配の様々な段階での商品目録、工程率、機械と労働力利用度、供給者、輸送機関利用能力に関する情報が含まれる。また、倉庫での容量といった他の情報も供給される。オペレ−タは、従来のあらゆる方法によりデ−タベ−ス中のこの情報を載せ、ソルバ−を利用してフロ−プロセスの計画を遂行する。もし、最大値以上の最小という矛盾したデ−タを使用しようした場合、オペレ−タは警告を受ける。よって、着手する前にデ−タを修正することになる。修正後は必ず図1に示したようなフロ−プロセスの部分集合のディスプレイがおこる。

0021

収集後、および大抵の場合、適切なデ−タをデ−タベ−スに入力した後、オペレ−タはどのノ−ドが「ブロック」するのかまたは図2に示すように、複雑なディスプレイを減らすため、論理的観点からどのノ−ドを集めるかを必要に応じて決定する。またブロッキングによりオペレ−タは必要とあれば、このブロックノ−ドを「シングルソ−ス」と指定することができる。シングルソ−スとは、供給のための、将来計画でノ−ドが使用されるただ一つの通路であることを意味する。またア−クは図3で示すように単一ア−ク間のまたはブロックノ−ド間のア−クまたは商品フロ−を示す「圧縮された」ものとなる。システムのブロッキングはデ−タベ−スに入力され、図4のように完成したシステムがディスプレイされる。圧縮ア−クもまたデ−タベ−スに入力され、図5で示されるような完成したシステムディスプレイとなる。

0022

次に、オペレ−タは、解決のためのソルバ−を指定することにより、計画の準備を開始する。「抑制されない」または「シングルソ−スとされる」。「抑制されない」とはすべての利用可能なア−クおよび通路が他のすべての抑制を認識しながら利用されるということを意味する。ディスプレイ上では計画または解決策がインプット試験のディスプレイと同じディスプレイを持つ。解決策を視覚化するため、様々な表示器が利用される。図6が示すように、ア−クおよびノ−ドが解決策中で利用される。図7において、ア−クまたは通路の幅はそのア−クまたは「幅のあるア−ク」上のフロ−に比例し、そして利用されるア−クおよびノ−ドと共に将来計画のディスプレイをする。

0023

全生産能力状態にあるノ−ドおよびア−クは重要な情報となる。図8で示されるように、全生産能力状態のノ−ドおよびア−クのディスプレイは、呼び出されディスプレイされる。将来計画の評価基準の一要素としてのオペレ−タは、条件付きの計画を供給するため全生産能力状態の充満したリソ−スに「分析ならどうなる」を実行することを望む。これはこれらの選択されたノ−ドおよびア−ク上のデ−タベ−スを疑うことにより敏速に行われる。そして、それらをポップアップ式図11および図12に示すように表によりウインドウとしてディスプレイされている。多種の変数および抑制は情報源の適用を増加させるように変化する。

0024

需要は変えられまたは供給は制限される;「分析ならどうなる」の全シリ−ズが作製される。夫々の計画案の作成後、毎回変えられるア−クおよびノ−ドはディスプレイされ、これらの不安定な状態の情報は、ポップアップウインドウにディスプレイされる。同様にそれらの最小以下のノ−ドおよびア−クの将来計画はディスプレイされ、情報はこれまで述べてきたようにディスプレイされる。図9に、または単一ノ−ド6aに示したように本発明はブロックされたノ−ド上に焦点をあわせる能力をも有し、基礎となるノ−ドをディスプレイする。あるいは、本発明は制限されたユ−ザにノ−ドのセットを作製する。これはノ−ドセットの役割を呼出し、ノ−ドおよび(または)ア−クを作り出すことによりなされる。このセットはマウスと共に限定されたユ−ザ−の計画をクリックすることによりそして適切な計画を選択することによりディスプレイされる。

0025

しばしば将来計画は多様な型で、それぞれの組織の需要により固有であるように、プリントアウトのような固いコピ−により報告されることが重要となる。工場/供給者の環境についての報告書おそらく需要、生産量および輸送量についての情報を含んでいる。つまり商品目録レベル、情報源の必需品、リソ−スの使用、経費およびフロ−プロセスの効果的管理に付随する情報といったものだ。以上述べてきたように、方法およびシステムは最も有効にマウスとウインドウを使用する。本発明はまたこれらがうまく行かない場合のシステムをも想定している。そのような場合、発明はまた操縦されたメニュ−および使用されるキ−ボ−ドとなることもある。

0026

メニュ−およびサブメニュ−の意図するところは適用、つまり、メニュ−がアクセスを許した情報および利用可能な他の役割、により変わる。メニュ−の中にはデ−タベ−スからの情報を呼び出すことのみに使用されるものもある、又他のメニュ−はディスプレイを変えるのに使用される。使用されるメニュ−は適用される発明の適用と同じくらい多様である。他のモジュ−ルについての計画をインタフェイスしているうちに、立案された解決策についての情報はそれらモジュ−ルによりモジュ−ルに移送される、または、共通のデ−タベ−スから得られる。同様に生産スケジュ−ル、商品目録の配置及び原料の情報源といったモジュ−ルの出力は、計画に対しモニタ−され、予め定められたレベルに対する偏差はディスプレイされ、ハイライトされ、変動しるしが使用される。

0027

実質的な実行が計画通りいかないことは珍しいことではない。例えば、実際の需要は予想されたものでなく、生産は計画通りいかず、商品目録は予定通り正しく配置されなかったという場合だ。これら現実に起こることはまたデ−タベ−スの一部であり、計画と比較される。即時発明の適用にとり、他のリソ−スからのデ−タを入力するル−ティンをとおして、又はキ−ボ−ドコンピュ−タ、ペン、および(または)入力手段のヴォイスデ−タを通し、デ−タ入力が行われることは正常であるが、発明がそれら装置の使用に制限されないことが理解されるべきである。特定の適用による、つまりラジオ、レ−ザ−、マイクロウエイヴ、赤外線のあるいは他の装置および移動手段デ−タが使用される。

0028

陰極光線チュ−ブが即時発明を実行するのに最適な方法であることは確かだが、一方「ディスプレイ」という術語はここではもっと一般的な意味で使われる。適用に合わせてプリントアウトなどのようなしっかりしたコピ−が好ましい。他のディスプレイ(もっと精巧であってもなくても)も使用可能である。最後に、以上詳述してきたように、本発明の実施例を図によってのみ示してきたが、他の実施例が以下の請求の範囲の意図および範囲から逸脱することなく考案されるものであってもよい。

発明の効果

0029

この発明は、以上述べた構成・作用によりコンピュ−タ−システムを使用して、複数の相互関連また相互依存関係のある、工程、リソ−ス及び商品流通からなるフロ−プロセスの将来計画及び動的管理をなすにあたり、フロ−プロセスについての情報を有するデ−タベ−スを供給し、図形化により問題点と解決策の両方を、文書化そしてまたは一時的にディスプレイしてなすことが可能となる。

図面の簡単な説明

0030

図1本発明に関するフロ−プロセスの部分集合を示す図である。
図2ノ−ドのブロッキングまたは収集後の図1のフロ−プロセスの部分集合を示す。
図3ア−クのブロッキング及び圧縮後の図1のフロ−プロセスの部分集合を示す。
図4ブロッキング後の、フロ−プロセスの完全なシステムを示す。
図5ブロッキングおよび圧縮後の図1のフロ−プロセスの部分集合を示す。
図6使用されたア−クおよびノ−ドを備えたフロ−プロセスの完全なシステムの将来計画を示す。
図7幅がフロ−の一部分である図6のフロ−プロセスの完全なシステムを示す
図8全生産能力状態でのこれらア−クおよびノ−ドを示すフロ−プロセスの完全システムの将来計画を示す。
図9図8における将来計画で使用されるノ−ドに向けてのア−クを有する選択されたノ−ドを示す。
図10将来計画において使用されるア−クからノ−ドを有する選択されたノ−ドを示す。
図11ノ−ドおよびア−クについての情報を表示にしたものを有するウインドウに関する将来計画を示す。
図12図11における情報と同じ情報をポップアップ式に示したものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社日立パワーソリューションズの「 管理装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】位置情報を適切に管理できる管理装置を提供する。【解決手段】二次元空間内の領域である管理領域の内部における距離情報に基づいて、管理領域内における特定領域を管理する管理装置20であって、距離情報を... 詳細

  • オムロン株式会社の「 生産管理装置、生産管理方法、および生産管理プログラム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】より正確な生産性の予測を行う。【解決手段】生産管理装置(1)は、所定の製品の生産履歴情報に基づき、所定の時間帯および所定の曜日の少なくともいずれか一方によって規定される単位期間における予測生産... 詳細

  • 株式会社デンソーの「 制御システム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】ワークに対して事前の処理が実施される前に、ワークの投入先の後処理部を決定可能な制御システムを提供する。【解決手段】ワークWが搬送される生産ラインに適用される制御システム1は、投入されたワークW... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ