図面 (/)

技術 内視鏡の吸引制御装置

出願人 オリンパス株式会社
発明者 高橋幸男石黒努伊藤秀雄中沢雅明矢部久雄
出願日 1993年5月17日 (27年6ヶ月経過) 出願番号 1993-114838
公開日 1994年11月22日 (26年0ヶ月経過) 公開番号 1994-319699
状態 拒絶査定
技術分野 内視鏡 内視鏡
主要キーワード 装着管 装着環 曲げパイプ 共通管路 加圧管路 洗滌機 中継チューブ 小径開口
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1994年11月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

目的

吸引シリンダを短時間で確実に洗滌できる内視鏡吸引制御装置を提供することにある。

構成

内視鏡の挿入部先端に開口する吸引管路吸引源に連通する吸引管路が接続される一対の接続口を筒状外周に有すると共に、下端外気との連通路を有した吸引シリンダ44と、この吸引シリンダ44に挿入され前記一対の接続口同志を連通する通路を形成する吸引ピストン47とからなり、前記吸引管路を吸引制御する内視鏡の吸引制御装置において、前記吸引シリンダ44は、その中心軸を通る任意断面で、中心軸に垂直な凹部のない内壁を有することを特徴とする。

概要

背景

一般に、体腔内を内視鏡で観察する際、その内視鏡の挿入部先端に設けられた観察窓から観察するが、その観察窓に体腔内の粘液や水などが付着すると観察が妨げられる。このため、従来の内視鏡では挿入部先端に吸引口を設け、この吸引口を通じて体腔内粘液などを吸引除去している。

この吸引口は内視鏡に設けられた吸引管路に通じており、吸引管路の途中に設けられた吸引制御装置を操作することにより吸引管路を通じて吸引源より吸引するようになっている。なお、この吸引操作は体腔内の空気や液体などを除去するときにも使用されるものである。

ところで、この吸引操作によって吸引管路と吸引制御装置には体内汚物等が通過するため、吸引管路と特に吸引制御装置は洗滌しやすい構造が望まれている。

そこで、吸引制御装置で洗滌性を向上させたものとして実開昭54−115790号公報に記載のものが公知である。前記従来技術によると、図30(a)の吸引制御装置の断面図に示すように、吸引シリンダ151の両端が開口し、前記吸引シリンダ151の内周面には上方には図示しない内視鏡先端の吸引口に連通した先端側吸引管路152と下方には図示しない吸引ポンプに連通するコネクタ側吸引管路153が開口している。

吸引操作の開始、停止を行う前記吸引シリンダ151に挿通された吸引ピストン154は吸引ボタン155とシリンダキャップ156との間に配されたスプリング157により上方向に付勢されるが、前記吸引シリンダ151の内周に挿嵌したOリング158と前記吸引ピストン154に形成された係止突起159とにより移動が制限されている。

また、前記吸引シリンダ151の先端側吸引管路152の開口部とコネクタ側吸引管路153の開口部と前記吸引ピストン154の間にはそれぞれ空隙が形成されている。前記吸引ピストン154の下端には前記吸引シリンダ151の径よりもやや細い係止縁160を形成し、この係止縁160の上方には前記吸引シリンダ161とは空隙を残しながらパッキン161を挿嵌し、このパッキン161と前記係止突起159との間に対応する吸引シリンダ151には前記コネクタ側吸引管路153を開口させて、通常は矢印Aで示す如く吸引シリンダ151の下端から外気を吸引すべくリークしている。

次に前記構成の作用を説明すると、体腔内に注入した空気や水及び体腔の汚物等を吸引して体腔外に排出する場合には図30(b)の断面図に示すように、吸引ボタン155により吸引ピストン154をスプリング157に抗して押し下げると、図示しない挿入部先端から吸い込まれて先端側吸引管路152を介して吸引シリンダ151に至った水や汚物等は矢印Bに示す如く吸引ピストン154と吸引シリンダ151との間の空隙に流入し、下降した係止突起159の上方に開口したコネクタ側吸引管路153から排出される。

また、吸引ピストン154の下端に形成した係止縁160の作用を説明すると、前記構成を自動洗滌機等で洗滌する場合、図30(c)の断面図に示すように、吸引ピストン154を押し下げて前記係止縁160と吸引シリンダ151の下端との間に所定の厚みを有する開放板162を挿入すれば、矢印Cに示すように洗滌液等を流すことができる。

概要

吸引シリンダを短時間で確実に洗滌できる内視鏡の吸引制御装置を提供することにある。

内視鏡の挿入部先端に開口する吸引管路と吸引源に連通する吸引管路が接続される一対の接続口を筒状外周に有すると共に、下端に外気との連通路を有した吸引シリンダ44と、この吸引シリンダ44に挿入され前記一対の接続口同志を連通する通路を形成する吸引ピストン47とからなり、前記吸引管路を吸引制御する内視鏡の吸引制御装置において、前記吸引シリンダ44は、その中心軸を通る任意断面で、中心軸に垂直な凹部のない内壁を有することを特徴とする。

目的

本発明は前記事情に着目してなされたもので、その目的とするところは、吸引シリンダ等の内壁が短時間で、確実に洗滌できる内視鏡の吸引制御装置を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
5件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

内視鏡挿入部先端に開口する吸引管路吸引源に連通する吸引管路が接続される一対の接続口を筒状外周に有すると共に、下端外気との連通路を有したシリンダと、このシリンダに挿入され前記一対の接続口同志を連通する通路を形成するピストンとからなり、前記吸引管路を吸引制御する内視鏡の吸引制御装置において、前記シリンダは、その中心軸を通る任意断面で、中心軸に垂直な凹部のない内壁を有することを特徴とする内視鏡の吸引制御装置。

技術分野

0001

本発明は、内視鏡吸引管路を通じて行う吸引操作を制御する内視鏡の吸引制御装置に関する。

背景技術

0002

一般に、体腔内を内視鏡で観察する際、その内視鏡の挿入部先端に設けられた観察窓から観察するが、その観察窓に体腔内の粘液や水などが付着すると観察が妨げられる。このため、従来の内視鏡では挿入部先端に吸引口を設け、この吸引口を通じて体腔内粘液などを吸引除去している。

0003

この吸引口は内視鏡に設けられた吸引管路に通じており、吸引管路の途中に設けられた吸引制御装置を操作することにより吸引管路を通じて吸引源より吸引するようになっている。なお、この吸引操作は体腔内の空気や液体などを除去するときにも使用されるものである。

0004

ところで、この吸引操作によって吸引管路と吸引制御装置には体内汚物等が通過するため、吸引管路と特に吸引制御装置は洗滌しやすい構造が望まれている。

0005

そこで、吸引制御装置で洗滌性を向上させたものとして実開昭54−115790号公報に記載のものが公知である。前記従来技術によると、図30(a)の吸引制御装置の断面図に示すように、吸引シリンダ151の両端が開口し、前記吸引シリンダ151の内周面には上方には図示しない内視鏡先端の吸引口に連通した先端側吸引管路152と下方には図示しない吸引ポンプに連通するコネクタ側吸引管路153が開口している。

0006

吸引操作の開始、停止を行う前記吸引シリンダ151に挿通された吸引ピストン154は吸引ボタン155とシリンダキャップ156との間に配されたスプリング157により上方向に付勢されるが、前記吸引シリンダ151の内周に挿嵌したOリング158と前記吸引ピストン154に形成された係止突起159とにより移動が制限されている。

0007

また、前記吸引シリンダ151の先端側吸引管路152の開口部とコネクタ側吸引管路153の開口部と前記吸引ピストン154の間にはそれぞれ空隙が形成されている。前記吸引ピストン154の下端には前記吸引シリンダ151の径よりもやや細い係止縁160を形成し、この係止縁160の上方には前記吸引シリンダ161とは空隙を残しながらパッキン161を挿嵌し、このパッキン161と前記係止突起159との間に対応する吸引シリンダ151には前記コネクタ側吸引管路153を開口させて、通常は矢印Aで示す如く吸引シリンダ151の下端から外気を吸引すべくリークしている。

0008

次に前記構成の作用を説明すると、体腔内に注入した空気や水及び体腔の汚物等を吸引して体腔外に排出する場合には図30(b)の断面図に示すように、吸引ボタン155により吸引ピストン154をスプリング157に抗して押し下げると、図示しない挿入部先端から吸い込まれて先端側吸引管路152を介して吸引シリンダ151に至った水や汚物等は矢印Bに示す如く吸引ピストン154と吸引シリンダ151との間の空隙に流入し、下降した係止突起159の上方に開口したコネクタ側吸引管路153から排出される。

0009

また、吸引ピストン154の下端に形成した係止縁160の作用を説明すると、前記構成を自動洗滌機等で洗滌する場合、図30(c)の断面図に示すように、吸引ピストン154を押し下げて前記係止縁160と吸引シリンダ151の下端との間に所定の厚みを有する開放板162を挿入すれば、矢印Cに示すように洗滌液等を流すことができる。

発明が解決しようとする課題

0010

しかしながら、前述した吸引制御装置では吸引ピストンを押し込むことにより吸引操作を制御するが、待機時は吸引ピストンに挿嵌されたパッキンと吸引シリンダの内壁には空隙があって外気とコネクタ側吸引管路はリークしており、吸引時と自動洗滌時にパッキンと吸引シリンダの内壁は密着して吸引物あるいは洗滌液等が外部に漏れないようにシールしている。

0011

また、待機時は吸引ピストンに形成された係止突起が吸引シリンダに挿嵌されたOリングに付勢されているので吸引シリンダの内壁には円周状に凹部が存在する。

0012

この吸引シリンダの内壁の凹部は自動洗滌機等による洗滌時に、洗滌液の流速落ちる方向に影響を与え、洗滌時間が長くなる原因となっていた。また吸引シリンダの内壁をブラシで洗滌する場合も凹部にはブラシが当たりにくく、洗滌時間が長くなる原因となっていた。

0013

本発明は前記事情に着目してなされたもので、その目的とするところは、吸引シリンダ等の内壁が短時間で、確実に洗滌できる内視鏡の吸引制御装置を提供することにある。

0014

本発明は前記目的を達成するために、内視鏡の挿入部先端に開口する吸引管路と吸引源に連通する吸引管路が接続される一対の接続口を筒状外周に有すると共に、下端に外気との連通路を有したシリンダと、このシリンダに挿入され前記一対の接続口同志を連通する通路を形成するピストンとからなり、前記吸引管路を吸引制御する内視鏡の吸引制御装置において、前記シリンダは、その中心軸を通る任意断面で、中心軸に垂直な凹部のない内壁を有することを特徴とする。

0015

以下、本発明の各実施例を図面に基づいて説明する。図1図6は第1の実施例を示し、図1は内視鏡の概略的構成図、図2は送気送水制御装置の送気送水ピストンの斜視図、図3は送気送水制御装置の縦断側面図、図4は吸引制御装置の待機状態の断面図、図5は吸引制御装置の吸引状態の断面図、図6は吸引ピストンの一部を破断した斜視図である。

0016

図1に示すように、内視鏡1は、太幅の操作部2と、この操作部2の前端にその後端が連結された細長の挿入部3と、前記操作部2の側部に連結されたユニバーサルコード4と、このユニバーサルコード4の後端に設けられたコネクタ部5とから構成されている。

0017

コネクタ部5を光源装置6に接続することによりライトガイド7に照明光が供給される。このライトガイド7はファイババンドルで構成され、前記光源装置6から一方の端面に供給された照明光を伝送し、挿入部3の先端部に固着された図示せぬ他方の端面から前方の被写体側に照明光を出射する。

0018

照明された被写体は、先端部の観察窓8の奥に配設された固体撮像素子(以下SIDと略す)9に結像される。このSID9によって光電変換されて光学像電気信号になり、電気ケーブル10を経て、コネクタ部5の電気接点11へと導かれる。

0019

また、挿入部3内には、吸引を行うための先端側吸引管路12、送気を行うための先端側送気管路13、送水を行うための先端側送水管路14が設けられている。

0020

前記先端側送気管路13と先端側送水管路14の先端側は、挿入部3の先端部付近合流して1本の共通管路15となり、この共通管路15の先端に設けた噴射ノズル16を経て送気あるいは送水でき、観察窓8を洗滌できるようになっている。

0021

前記先端側吸引管路12の後端は操作部2に設けられた吸引制御装置17に連通されユニバーサルコード4内のコネクタ側吸引管路18を介してコネクタ部5に突設された吸引口金19に接続されて開口しており、この吸引口金19には吸引チューブ26が接続され吸引ポンプ27と連通されて、吸引制御装置17を操作することにより吸引を行うことができる。また、操作部2には先端側吸引管路12から分岐した処置具等を挿通する鉗子管路132で開口し鉗子口133を形成している。

0022

前記先端側送気管路13と先端側送水管路14の後端は操作部2に設けられた送気送水制御装置20に連通されユニバーサルコード4内のそれぞれコネクタ側送気管路21とコネクタ側送水管路22を介して、コネクタ側送気管路21はコネクタ部5内で加圧送気管路23が分岐し、コネクタ側送水管路22と共にコネクタ部5に突設された送気送水口金24に接続されて開口している。

0023

また、コネクタ内送気管路21はコネクタ部5の端部の送気口金25に接続されて開口しており、前記コネクタ部5を光源装置6に接続すると、図示しない送気ポンプからコネクタ側送気管路21に送気される。このとき、コネクタ側送気管路22の加圧送気管路23の分岐部から送気口金25までの管路抵抗と加圧送気管路23の管路抵抗はそれぞれの口金の開口部に図示しないオリフィス等の抵抗部を設けてそれぞれ等しいようにしており、内視鏡1の洗滌時に前記送気送水装置20より洗滌液等を注入した場合に等しい流量が得られるようにしている。

0024

また、前記送気送水口金24には接続具28を介して送水タンク29内の洗滌水を加圧するための送気チューブ30と洗滌水までのびる送水チューブ31が接続されている。そして操作部2の送気送水制御装置20を操作することにより送気送水を行うことができる。

0025

次に、図2図3により送気送水制御装置20の構造を説明する。送気送水シリンダ32は略有底円筒であり、操作部2の外壁部33にOリング139でシールしつつ装着管34でねじ止め固定されている。

0026

送気送水シリンダ32の周壁には中段にコネクタ側送気送水管路21が接続パイプ138を介して接続されて開口し、このコネクタ側送気管路21の開口部と同一円周方向の下段に先端側送気管路13が接続されて開口した逆止弁35が接続パイプ138を介して接続されて開口している。この逆止弁部35は図1の矢印B方向にのみ流体を通すような構造になっている。

0027

また、前記送気送水シリンダ32のコネクタ側送気管路の開口部とは異なる円周方向の中段にコネクタ側送水管路22が接続パイプ138を介して接続されて開口し、このコネクタ側送水管路22の開口部と同一円周方向の下段に先端側送水管路14が接続パイプ138を介して接続されて開口している。

0028

前記送気送水シリンダ32の上段には係止ピン36が先端を送気送水シリンダ32の内周壁より突出させるようにねじ止め固定されている。前記送気送水シリンダ32には送気送水ピストン37が挿嵌されており、この送気送水ピストン37の下端にはコイルスプリング38が介装されている。前記送気送水ピストン37の外周壁上に設けられた状の溝39は前記係止ピン36が挿嵌し、この係止ピン36と溝39により前記送気送水ピストン37と送気送水シリンダ32は円周方向に位置決めされ、前記送気送水ピストン37の待機状態及び送気状態送水状態ストローク規制されると同時に前記コイルスプリング38により上方に付勢される。

0029

前記送気送水ピストン37には上下方向に貫通した穴があり、リーク穴40を構成していると同時に待機状態及び送気状態で前記送気送水シリンダ32のコネクタ側送気管路21開口部と対応する外周位置から下端まで縦溝41が設けられ、送水状態で前記送気送水シリンダ32のコネクタ側送水管路22開口部と先端側送水管路14開口部に対応する外周位置を結ぶ縦溝42が設けられている。

0030

また前記送気送水ピストン37の上端にはリーク穴40を構成する穴を有した送気送水ボタン43が固定され、この送気送水ボタン43の外周部は前記装着環34より円周方向で外側にあり送気送水ボタン43に付着した汚物等が送気送水シリンダ32内に混入しないようになっている。

0031

以上のように構成された送気送水制御装置20の作用を説明すると、待機状態では光源装置6内の図示しない送気ポンプによりコネクタ側送気管路21内に送気された空気は送気送水ピストン37の縦溝41を通って送気送水シリンダ32内に入る。ここで逆止弁35、先端側送気管路13等の管路抵抗が大きいため前記空気はコイルスプリング38の間を通ってリーク穴40を通って外気にリークする(矢印A)。よって送気送水は行わない。

0032

送気状態では同様にして送気された空気は送気送水シリンダ32内に入ってくるが、ここでリーク穴40を指で塞ぐと矢印Bに沿って逆止弁35、先端側送気管路13、共通管路15、噴射ノズル16を経て送気される。

0033

送水状態では送気送水ボタン43を送気送水ピストン37の溝39と係止ピン36によりストロークが規制されるまで下方に押し込むことにより、前記送気送水ピストン37はコイルスプリング38に抗して下方に押し下げられる。送気送水ピストン37の縦溝41も下方に移動し、前記コネクタ側送気管路21の開口部は遮閉される。

0034

同時に送気送水ピストン37の縦溝42も下方に移動し、この縦溝42によりコネクタ側送水管路22の開口部と先端側送水管路14が連通され送水状態となる。つまり、図示しない送気ポンプによりコネクタ側送気管路21内に送気された空気はコネクタ部5内で分岐した加圧送気管路23を通り送気送水口金24、接続具28、送気チューブ30を介して送水タンク29内に至り、洗滌水が加圧される。

0035

この洗滌水は送水チューブ31、接続具28、送気送水口金24を介してコネクタ側送水管路22を通り、前記送気送水シリンダ32内で矢印Cに沿って送気送水ピストン37の縦溝42を通って先端側送水管路14、共通管路15、噴射ノズル16を経て送水される。

0036

次に、図4図5により吸引制御装置17の構造を説明する。吸引シリンダ44は上下端が開口し、上端の内径が大径で下端の内径が小径略円筒であり上端を操作部2の外壁部33にOリング139でシールしつつ装着環45でねじ止め固定されている。

0037

吸引シリンダ44の周壁には円周上で対抗する位置にコネクタ側吸引管路18と先端側吸引管路12が斜め下方からそれぞれ接続パイプ138を介して接続されて開口している。また前記吸引シリンダ44の上端近傍には係止ピン46が先端を吸引シリンダ44の外周壁より突出させるようにねじ止め固定されている。

0038

前記吸引シリンダ44には吸引ピストン47が挿嵌されており、この吸引ピストン47のフランジ部に当接した吸引ボタン49の略円筒形をしたスリーブ部57の円周壁上には第2図と同様な鉤状の溝48が設けられて前記係止ピン46が挿嵌し、また吸引ピストン47に設けられた縦溝134に嵌合するスリーブ57の突起135により、前記吸引シリンダ44と吸引ピストン47は円周方向に位置決めされ、前記吸引ピストン47の待機状態と吸引状態のストロークが規制されると同時に、吸引ピストン47の上部に設けた吸引ボタン49の頭部56と前記スリーブ部57の間に介装されたタケノコばね50により前記吸引ピストン47は上方に付勢される。

0039

また前記吸引ピストン47は吸引状態において前記コネクタ側吸引管路18の開口部と先端側吸引管路12の開口部に対応する外周部の位置を結ぶ貫通穴51が設けられ、待機状態において前記先端側吸引管路12の開口部のみ遮閉する如く下端面はある角度を持って形成されている。

0040

前記タケノコばね50は密に巻いてあり、前記吸引シリンダ44と吸引ピストン47の上端の隙間から吸引状態で体腔内の汚物が飛散するのを防いでいる。また、前記吸引シリンダ44の下端開口に接着固定されたシリコンゴム等の弾性のある材質成形された逆止弁52も前記吸引シリンダ44と吸引ピストン47の下端の隙間から吸引状態で体腔内の汚物が飛散するのを防いでいると同時に待機状態でコネクタ側吸引管路18と外気をリークさせている。

0041

次に、前述のように構成された吸引制御装置17の作用を説明する。図4に示すように待機状態では、コネクタ部5に突設された吸引口金19に吸引チューブ26を接続して吸引ポンプ27を作動させると、コネクタ側吸引管路18と先端側吸引管路12は吸引ピストン47によって遮断されているのでコネクタ側吸引管路18に作用した吸引力によって矢印Aに沿って逆止弁52のリーク穴を介して外気が吸引される。したがって体腔内の体液等を吸引されることがない。

0042

図5に示すように吸引状態では、吸引ボタン49を吸引ピストン47の縦溝134と突起135によりストロークが規制されるまで下方に押し込むことにより、前記吸引ピストン47はタケノコばね50に抗して下方に押し下げられ、貫通穴51によりコネクタ側吸引管路18と先端側吸引管路12は連通されるので前記コネクタ側吸引管路18に作用した吸引力が矢印Bに沿って内視鏡1の先端に開口した先端側吸引管路12に作用して体腔内の体液等を吸引することとなる。

0043

また、吸引制御弁17を洗滌する場合は吸引ピストン47を吸引シリンダ44より抜取り音波洗滌機等で洗滌する。吸引シリンダ44の内周壁とコネクタ側吸引管路18と先端側吸引管路はそれぞれ洗滌液等の注入やブラシ等で洗滌する。

0044

前記のように第1の実施例では、送気送水制御装置20において送気送水シリンダ32に接続されるコネクタ側送気管路21と先端側送気管路13、コネクタ側送水管路22と先端側送水管路14がそれぞれ同一円周方向に開口して2つの縦溝41,42によって送気送水を制御するのでパッキン等が不用になり構造が簡単になる。

0045

また、送気送水ピストン37の下部にコイルスプリング38を介装し係止ピン36と溝39により送気送水ピストン37を送気送水シリンダ32に対して位置決めしているので送気送水ピストン37を送気送水シリンダ32から抜取った場合、送気送水ピストン37は表面上隠れる所がなくなり超音波洗滌の時間短縮が図れる。

0046

吸引制御装置17において吸引ピストン47の下端面はある角度を持って形成されて吸引待機状態を行うようにしているので吸引ピストン47は構造が簡単になる。また吸引シリンダ44の内周壁には上端よりブラシで洗滌する場合、ブラシの当たらない部分がなく洗滌時の手間が削減される。

0047

図7図14は第2の実施例を示し、図7は内視鏡の概略的構成図、図8内視鏡操作部の斜視図、図9は送気送水制御装置の縦断側面図、図10は送気送水ピストンのパッキン部の別の構成の断面図、図11は送気送水、吸引の各管路の接続部断面図、図12は吸引制御装置の待機状態の断面図、図13は吸引制御装置の吸引状態の断面図、図14はコネクタ部の斜視図である。

0048

図7に示すように、本実施例の内視鏡1と第1の実施例とはコネクタ側送気管路21とコネクタ側送水管路22が送気送水ボタン43に接続され、コネクタ側吸引管路18が吸引ボタン49に接続されてユニバーサルコード4の外を通ることと、コネクタ部5を光源装置6に接続する場合に送気アダプタ53を介することと、送水タンク29にコネクタ側送気管路21、コネクタ側送水管路22、加圧送気管路23の3管路が接続されることが異なるが、それ以外は概ね等しく、内視鏡1としての作用も概ね等しい。

0049

次に、図8図11に示すように、本実施例では前記したように送気送水ボタン43にコネクタ側送気管路21とコネクタ側送水管路22の一端が着脱自在に接続され、また吸引ボタン49にコネクタ側吸引管路18の一端が着脱自在に接続されて、前記3管路のチューブは操作部2の外壁部33のユニバーサルコード4の固定部近傍に、このユニバーサルコード4の延長方向と同一方向に設けられた固定溝54に押込まれて固定される。

0050

前記3管路の他端はユニバーサルコード4に嵌着された中継部材55を介してコネクタ側吸引管路18は吸引チューブ26に着脱自在に接続され吸引ポンプ27に連通し、コネクタ側送気管路21は送気チューブに、コネクタ側送水管路22は送気チューブ30に着脱自在に接続され、それぞれ送水タンク29に連通している。

0051

前記のように構成された3管路は、洗滌時に中継部材55からそれぞれのチューブを着脱して洗滌する。また中継部材55もユニバーサルコード4から着脱して洗滌する。

0052

次に、図9により送気送水制御装置20の構造を説明する。送気送水シリンダ32は略円筒であり、操作部2の外壁部33に第1の実施例と同様に装着環34でねじ止め固定され、下端は外壁部33より外部に開口しており、上部開口は大径、下部開口は小径となっている。

0053

送気送水シリンダ32の周壁には上段に先端側送水管路14、下段に先端側送気管路13が接続パイプ138を介して接続され開口している。送気送水シリンダ32には送気送水ピストン37が挿入され、この送気送水ピストン37上端には送気送水ボタン43の頭部56がねじ止め固定されている。また、送気送水ボタン43の略円筒状のスリーブ部57には装着部58が弾性を有する樹脂インサート成形されており装着環34に装着することによりスリーブ部57は送気送水シリンダ32に嵌着される。

0054

送気送水ピストン37のフランジ部59はスリーブ部57の下端に当接しかつ、送気送水ボタン56の頭部56とスリーブ部57の間に介装されたスプリング60により送気送水ピストン59は上方に付勢される。送気送水ボタン43のスリーブ部57の上段にはコネクタ側送気管路21、下段にはコネクタ側送水管路22が接続され開口している。

0055

送気送水ピストン37はそれぞれ対応する位置でスリーブ部57の内周や送気送水シリンダ32の内周より小さな外径で、コネクタ側送気管路21の開口部に対応する位置に直径方向に貫通穴61を有する。この貫通穴61の上下にはそれぞれパッキン62,63が嵌着し、前記フランジ部59の上部近傍にもパッキン64が嵌着する。前記3つのパッキン61,62,63はフランジ部59の内周と摺動し、かつ流体(洗滌液、空気等)をシールする。

0056

また、送気送水ピストン37はフランジ部59の下部で待機状態及び送気状態及び送水状態において先端側送気管路13と先端側送水管路14のそれぞれの開口に対応する位置の間をシールする部分にもパッキン65が嵌着し、前記先端側送気管路13の開口に対応する位置よりも待機状態及び送気状態で下部でかつ、送気送水シリンダ32の上端大径開口と下端小径開口による段差69によって流体をシールしかつ、送気送水ピストン37のストロークを規制する逆止弁66が嵌着している。

0057

また、送気送水ピストン37は逆止弁66より下方に直径方向に貫通孔67を有し、その下方にはパッキン58が嵌着している。以上5つのパッキン62,63,64,65,68や逆止弁66を送気送水ピストン37に嵌着する場合にはシリコン系接着剤を隙間に充填している。前記貫通穴67より送気送水ピストン37の上端までリーク穴40が貫通し開口している。

0058

以上のように構成された送気送水制御装置20の作用を説明すると、待機状態では光源装置6内の図示しない送気ポンプにより加圧送気管路23に送気された空気は送気タンク29、コネクタ側送気管路21、送気送水ボタン43のスリーブ部57を経て送気送水シリンダ32内の貫通穴61に入る。

0059

ここで、リーク穴40、貫通穴67、逆止弁66を通過して先端側送気管路113等の管路抵抗が大きいため前記空気はリーク穴40を通って上方から外気にリークする(矢印A)。よって送気送水は行われない。

0060

送気状態では同様にして送気された空気は送気送水シリンダ32内の貫通穴61に入ってくるが、ここでリーク穴40を指で塞ぐと、矢印Bに沿って貫通穴67、逆止弁66、先端側送気管路13、共通管路15、噴射ノズル16を経て送気される。

0061

送水状態では送気送水ボタン43の頭部56を逆止弁66と送気送水シリンダ32の上端大径開口と下端小径開口による段差によってストロークが規制されるまで下方に押し込むことにより、前記送気送水ピストン37はスプリング60に抗して下方に押し下げられる。

0062

送気送水ピストン37のパッキン64も下方に移動し送気送水ボタン43のスリーブ部57の内周下端より下方に移動し、コネクタ側送水管路22の開口部と先端側送水管路14の開口部が連通され送水状態となる。つまり、図示しない送気ポンプにより加圧送気管路23内に送気された空気は送水タンク29に至り、洗滌水が加圧される。この洗滌水はコネクタ側送水管路22を通り前記送気送水シリンダ32内で矢印Cに沿って先端側送水管路14、共通管路15、噴射ノズル16を経て送水される。

0063

また、送気送水ピストン37、送気送水ボタン43は洗滌時に送気送水シリンダ32より抜き取りコネクタ側送気管路21、コネクタ側送水管路22は洗滌時に送気送水シリンダ32より抜き取りコネクタ側送気管路21、コネクタ側送水管路22のそれぞれのチューブを外して超音波洗滌等により洗滌を行う。また、送気送水シリンダ37は専用のブラシで洗滌を行う。

0064

次に、図12図13により吸引制御装置の構造を説明する。吸引シリンダ44は上下端が開口し、ない周壁に内径の変化による段差のない略円筒であり、上端を操作部2の外壁部33に第1の実施例と同様に装着環45でねじ止め固定されている。吸引シリンダ44の周壁には先端側吸引管路12が斜め下方から接続パイプ138を介して接続され開口している。

0065

前記吸引シリンダ44には吸引ピストン47が挿嵌されており、第1の実施例の図4図5と同様に係止ピン46と状の溝48(ともに図示しない)と、また吸引ピストン47に設けられた縦溝134に嵌合するスリーブ部57の突起135により、円周上に位置決めされ、前記吸引ピストン47の待機状態と吸引状態とストロークが規制されている。

0066

また、吸引ピストン47の上端にねじ止めされている吸引ボタン49の頭部と略円筒状で内周上端にフランジ部70を有する前記吸引ボタン49のスリーブ部11とに介装されたタケノコばね50により吸引ピストン47は上方に付勢される。また、吸引ボタン49のスリーブ部11にはコネクダ側吸引管路18が着脱自在に接続されて開口している。

0067

吸引ピストン47には待機状態においてコネクタ側吸引管路18のみ吸引シリンダ44の下端開口に連通すべく縦溝73が吸引ピストン47の下端まで設けられていると同時に先端側吸引管路12を遮閉すべく長さまで吸引シリンダ44に嵌合している。また、吸引状態において前記コネクダ側吸引管路18の開口部と先端側吸引管路12の開口部に対応する吸引ピストン47の位置を結ぶ貫通穴51が設けられている。吸引シリンダ44の下端開口は第1の実施例と同様に逆止弁52が接着固定され、コネクタ側吸引管路18と外気とをリークさせている。

0068

以上のように構成された吸引制御装置17の作用を説明する。図12に示すように待機状態では吸引ポンプ27を作動させると、コネクタ側吸引管路18と先端側吸引管路12は吸引ピストン47によって遮断されているのでコネクタ側吸引管路18に作用した吸引力によって矢印Aに沿って逆止弁52のリーク穴を介して外気が吸引される。したがって、体腔内の体液等を吸引されることがない。

0069

図13に示すように吸引状態では、吸引ボタン49を吸引ピストン47の縦溝134と突起135によりストロークが規制されるまで下方に押し込むことにより、前記吸引ピストン47にタケノコばね50に抗して下方に押し下げられ、貫通穴51によりコネクタ側吸引管路18と先端側吸引管路12は連通されるので前記コネクタ側吸引管路18に作用した吸引力が矢印Bに沿って内視鏡1の先端に開口した先端側吸引管路12に作用して体腔内の体液等を吸引することとなる。

0070

また吸引制御弁17を洗滌する場合は、吸引ピストン47と吸引ボタン49を吸引シリンダ44より抜取り超音波洗滌機等で洗滌する。吸引シリンダ44の内周壁とコネクタ側吸引管路18と先端側吸引管路はそれぞれ洗滌液等の注入やブラシ等で洗滌する。

0071

次に、図14により送気アダプタ53の構造を説明する。送気アダプタ53はコネクタ部5の端面から突出したライトガイド7のライトガイド口金74とライトガイド挿入穴75が着脱自在に嵌合され、ライトガイド口金74の根元部に設けられたキー76により位置決めされている。送気アダプタ53の一端面からは送気口金25が突出し、他端面からは加圧送気管路23が突出しコネクタ部5の側周面に設けられた溝78に嵌め込まれて送水タンク29へと接続されている。このように送気アダプタ53が接続されたコネクタ部5は光源装置6に接続されてCリング77により係止されている。

0072

以上のように構成された送気アダプタ53の作用を説明すると、光源装置6内の図示しない送気ポンプにより送気口金25に接続された加圧送気管路23に送気され、送気送水を行う。洗滌時にはコネクタ部5より抜取り内視鏡1とは別に洗滌(たとえば超音波洗滌等)する。

0073

前記のような第2の実施例では、中継部材55の前後でチューブが分割でき、またそれぞれのチューブを透明なものにしておくと洗滌が容易であるばかりでなく外見から洗滌度の確認もできる。

0074

また、送気送水ピストン37にコネクタ側送気管路21とコネクタ側送水管路22のチューブが着脱可能に接続されているので洗滌時にチューブを外すと2本のチューブ、送気送水ピストン37が洗滌しやすく、また送気送水シリンダ32の構造が簡単になるので洗滌しやすくなる。その上送気送水シリンダ32の下端部が開口しているので洗滌後の水切れもよくなる。

0075

また送気送水ピストン37の5つのパッキン62,63,64,65,68と逆止弁66の嵌着する際に隙間をシリコン系接着剤で充填しているのでパッキン等の隙間に汚れが付着することがなく洗滌時の時間短縮になる。これと同じ効果をもたらすには図10に示すようにパッキン等を送気送水ピストン37の軸方向に上下とも延長し、この延長部に糸を巻き接着することもできる。

0076

吸引制御弁17では第1の実施例と同様に構造が簡単になり、洗滌時の手間が削減されるだけでなく、コネクタ側吸引管路18が操作部2の固定溝54に固定されるのでチューブがバラつくこともない。またコネクタ側吸引管路18が着脱可能であるので取り換えも可能である。送気アダプタ53では従来のようにコネクタ部5内に分岐部が存在しないだけでなく、内視鏡1と別体として超音波洗滌できるので洗滌にかかる手間が大幅に削減される。

0077

図15〜24は第3の実施例を示し、図15は内視鏡の概略的構成図、図16は内視鏡操作部の斜視図、図17は送気コネクタとコネクタ部の斜視図、図18は送気送水制御装置の縦断側面図、図19は他の送気送水制御装置の操作説明図、図20は吸引制御装置の待機状態の断面図、図21は吸引制御装置の吸引状態の断面図、図22は操作部に送気、送水、吸引の各チューブを接続した要部断面図、図23は操作部に送気、送水、吸引の各チューブを接続した他の断面図、図24は他の方法で操作部と送気、送水、吸引の各チューブとを接続した要部断面図である。

0078

図15に示すように、本実施例の内視鏡1は概略の構成で第2の実施例とは送気送水制御装置20全体を示す送気送水ユニット79と吸引制御装置17全体を示す吸引ユニット80、操作部2より着脱できる以外は概ね等しく、内視鏡1としての作用も概ね等しい。

0079

次に、図16に示す示すように、本実施例では前記したように送気送水ユニット79が操作部2より着脱できるように送気送水制御装置20にそれぞれの一端が着脱自在に接続された送気中継チューブ81と送水中継チューブ82の他端が操作部2のグリップ部83に設けられた溝84に沿ってはわされグリップ部83の先端側端部近傍に設けられた中継口金85を介してそれぞれ先端側送気管路13と先端側送水管路14に着脱自在に接続されている。

0080

同様に吸引ユニット80が操作部2より着脱できるように吸引制御装置17に一端が着脱自在に接続された吸引中継チューブ86の他端は鉗子栓87の側部に接続されて、この鉗子栓87はグリップ部83の先端側端部近傍に設けられた挿入口88を介して先端側吸引管路12に接続されている。

0081

また送気送水制御装置20にはコネクタ側送気管路21とコネクタ側送水管路22の一端が着脱自在に接続され、操作部2の外壁部33のユニバーサルコード4の固定部近傍にユニバーサルコード4の延長方向と同一方向に設けられた固定溝54に挿入されて後述する方法で固定されて他端は送水タンク29に接続され、それぞれ送気チューブ30と送水チューブ31を構成している。

0082

同時に吸引制御装置17にはコネクタ側吸引管路21の中継チューブ89の一端が着脱自在に接続され、図24に示すように他端は両端部近傍にそれぞれフランジ部91を有したパイプ90の一端に接続されている。このパイプ90は2つのフランジ部91で上記固定溝54の両端部を挟持しかつ固定溝54に嵌着される。前記パイプ90の他端には吸引チューブ26が着脱自在に吸引ポンプ27に連通している。

0083

前記固定溝54には最初に送水チューブ31、送気チューブ30を押込んだ後、パイプ90を嵌着する。以上のように構成された操作部2は、洗滌時に操作部2より送気送水ユニット79と吸引ユニット80を取り外し、またそれぞれのチューブやパイプを抜いて、それぞれ単独で洗滌を行う。

0084

次に、図18により送気送水ユニット79の構造を説明する。送気送水シリンダ32は略有底円筒にポリサルホン(以下PSFと記す)や変性ポリフェニレンオキサイド(以下変性PPOと記す)等の樹脂により成形されており、操作部2の外壁部33の凹部92に凸部93で着脱自在に接続されたこれもPSFや変性PPO等の樹脂により成形された外壁94に金属製の装着環34でねじ止め固定されている。

0085

送気送水シリンダ32の周壁の最上段にコネクタ側送気管路21の送気チューブ30が着脱可能なコネクタ側送気突起95が斜め下方に突設されて送気送水シリンダ32の内周壁に連通穴105を開口している。その下段にはコネクタ側送水管路22の送水チューブ31が着脱可能なコネクタ側送水突起96が斜め下方に突設されて同様に連通穴106を開口している。またその下段には送水中継チューブ82が着脱可能な先端側送水突起97が突設されて同様に連通穴107を開口している。そして最下段には送気中継チューブ81が着脱可能な先端側送気突起98が突設して同様に連通穴108を開口している。

0086

また、送気送水シリンダ32を外壁94に固定した場合に前記コネクタ側送気突起95とコネクタ側送水突起96に対応する位置を結んだ直線上には外壁94に切欠き99を設けてそれぞれ送気チューブ30と送水チューブ31が着脱自在に接続できる。また、前記装着環34には外周に頭部が突出するように金属製の係止ピン100がねじ止め固定されている。

0087

前記送気送水シリンダ32にはPSFや変性PPO等の樹脂により成形された送気送水ピストン37が挿嵌されており、この送気送水ピストン37の上端にはPSFや変性PPO等の樹脂により成形された送気送水ボタン43の頭部56が固定されている。また同様に成形された送気送水ボタン43の略円筒状のスリーブ部57には第1の実施例、第2の実施例に示したような鉤状の溝が設けられており係止ピン100に嵌合させて送気送水ピストン37は送気送水シリンダ32に係止することができる。またスリーブ部の内周方向に設けられたフランジ102は待機状態で送気送水ピストン37上端近傍に設けられたフランジ103に当設している。ここで頭部56とスリーブ57のフランジ部102の間に介装された金属製のスプリング60により送気送水ピストン37は上方に付勢される。

0088

前記送気送水ピストン37にはパッキン104が隙間にシリコン系接着剤を充填して嵌着されており、待機状態で連通穴105の開口部に対応する位置で直径方向に送気送水ピストン37とパッキン104を貫通する貫通穴109を有し、またパッキン104下端から送気送水ピストン37、送気送水ボタン43の頭部56まで上下方向に貫通するリーク穴40を有している。

0089

また、パッキン104には待機状態及び送気状態及び送水状態において連通穴105の開口部に対応する位置と上記フランジ103との間で空気等の流れをシールする突起110と、同じく連通穴105,106の開口部に対応する位置の間で空気や洗滌液等の流れをシールする突起111と、待機状態及び送気状態において連通穴106,107の開口部に対応する位置の間で空気や洗滌液等の流れをシールし、送水状態において連通穴107を乗り越える突起112と、待機状態及び送気状態及び送水状態において連通穴107,108の開口部に対応する位置の間で空気や洗滌液等の流れをシールする突起113と、パッキン104の下端にあり連通穴108の開口部に対応する位置より下部で待機状態及び送気状態で図中矢印Bの方向にのみ空気等の流れを通過させ、送水状態では送気送水シリンダー32の段差114に当接して矢印B方向の空気等の流れをシールするとともに、送気送水ピストン37のストロークを規制する逆止弁115を有している。

0090

以上のように構成された送気送水ユニット79の作用を説明すると、待機状態では光源装置6内の図示しない送気ポンプより加圧管路23に送気された空気は送水タンク29、コネクタ側送気管路21の送気チューブ30を経て送気送水シリンダ32内の貫通穴109に入る。ここでリーク穴40、貫通穴109、逆止弁115を通過して送気中継チューブ81等の管路抵抗が大きいため前記空気はリーク穴40を通って上方から外気にリークする(矢印A)。よって送気送水は行わない。

0091

送気状態では同様にして送気された空気は送気送水シリンダ32内の貫通穴109に入ってくるが、ここでリーク穴40を指で塞ぐと矢印Bに沿って貫通穴109、逆止弁115、送気中継チューブ81、先端側送気管路13、共通管路15、噴射ノズル16を経て送気される。

0092

送水状態では送気送水ボタン43の頭部56を逆止弁115と送気送水シリンダー32の段差114によってストロークが規制されるまで下方に押込むことにより、上記送気送水ピストン37はスプリング60に抗して下方に押し下げられる。送気送水ピストン37のパッキン104も下方に移動し、突起112は連通穴107の開口部を通過し、送水チューブ31の接続された連通穴106と送水中継チューブ82の接続された連通穴107が挿通され送水状態となる。つまり、図示せぬ送気ポンプにより加圧送気管路23内に送気された空気は送水タンク29に至り、洗滌水が加圧される。この洗滌水はコネクタ側送水管路22の送水チューブ31を通り送気送水シリンダ32内で矢印Cに沿って送水中継チューブ82、先端側送水管路14、共通管路15、噴射ノズル16を経て送水される。

0093

また、送気送水ユニット79は洗滌時に操作部2よりはずし、送気チューブ30、送水チューブ31、送気中継チューブ81、送水中継チューブ82をはずして外壁94に固定された送気送水シリンダ32から送気送水ピストン37を抜取りそれぞれ超音波洗滌等を行う。

0094

次に、図20図21により吸引ユニット80の構造を説明する。吸引シリンダ44は上下端が開口し、上下端の内径が大径でその他の内径が小径の略円筒としてPSFや変性PPO等の樹脂により成形されており、周壁にはコネクタ側吸引管路21の吸引チューブ26が着脱可能なコネクタ側吸引突起116が突設された吸引シリンダ44の内周壁に連通穴117を開口している。また上記連通穴117の開口と円周上で対抗する位置に吸引中継チューブ86が着脱可能な先端側吸引突起118が突設されて同様に連通穴119が開口している。

0095

前記吸引シリンダ44は操作部2の外壁部33に着脱自在に挿嵌されているが、前記コネクタ側吸引突起116と先端側吸引突起118に対応する位置には外壁部33にそれぞれ切欠き121,122を設けてそれぞれ吸引チューブ26と吸引中継チューブ86が着脱自在に接続できるとともに、前記送気送水シリンダ44を外壁部33に対して軸方向及び円周方向に位置決めする。

0096

また、前記吸引シリンダ44にはPSFや変性PPO等の樹脂により成形された吸引ピストン47が挿嵌されており、第1の実施例の図4図5と同様に係止ピン46と溝48と、また吸引ピストン47に設けられた縦溝134に嵌合するスリーブ部57の突起85により吸引ピストン47は吸引シリンダ44に対して円周方向に位置決めされ、前記吸引ピストン47の待機状態のストロークが規制される。

0097

また、吸引ピストン47の上部に設けた吸引ボタン49の頭部69とスリーブ部57との間に介装されたタケノコばね50により前記吸引ピストン47は上方に付勢される。

0098

吸引ピストン47には待機状態において連通穴117の開口部のみ吸引シリンダー44下端開口に連通すべくタテ溝73が吸引ピストン47の下端まで設けられると同時に連通穴119開口部を遮閉すべく長さまで吸引シリンダー44に嵌合している。

0099

また、吸引状態において連通穴117の開口部と連通穴119の開口部に対応する吸引ピストン47の位置を結ぶ貫通穴51が設けられている。吸引シリンダー44下端開口には第1の実施例と同様に逆止弁52が接着固定されており、コネクタ側吸引管路18と外気とをリークさせていると同時に吸引ユニット80が操作部2より容易に抜けないように操作部2の外壁部33に嵌着されている。

0100

以上のように構成された吸引ユニット80の作用を説明する。図20に示すように待機状態では吸引ユニット27を作動させると、吸引チューブ26と吸引中継チューブ86は吸引ピストン47によって遮断されているので吸引チューブ26に作用した吸引力によって矢印Aに沿って逆止弁52のリーク穴を介して外気が吸引される。したがって体腔内の体液等を吸引されることがない。

0101

図21に示すように吸引状態では、吸引ボタン49を係止突起120と溝48によりストロークが規制されるまで下方に押し込むことにより、前記吸引ピストン47にタケノコばね50に抗して下方に押し下げられ、貫通穴51により、吸引チューブ26と吸引中継チューブ86は連通するので前記吸引チューブ26に作用した吸引力が矢印Bに沿って内視鏡1の先端に開口した先端側吸引管路12に作用して体腔内の体液等を吸引することとなる。

0102

また、吸引ユニット80を洗滌する場合は吸引シリンダ44と吸引ピストン47を吸引シリンダ44より抜取り超音波洗滌機等で洗滌する。吸引シリンダ44の内周壁とコネクタ側吸引管路18と先端側吸引管路はそれぞれ洗滌液等の注入とブラシ等で洗滌する。

0103

次に、図17よりコネクタ部5の構造を説明する。コネクタ部5の端部123は略円柱形をしており、この端部の中心軸124からある一定距離オフセットした位置にライドガイド7のライドガイド口金75が突出している。コネクタ部5の端部の端面の後方には中心軸124に同軸にCリング77が挿入され、その後方には結合部125を介して中心軸124からある一定距離オフセットした位置に中心軸127を持つコネクタ本体126、ユニバーサルコード4が接続されている。

0104

前記コネクタ部5の端部123には中心軸124からライトガイド口金75とは反対方向にある一定距離だけオフセットした位置に送気口金挿入穴128が貫通している。この送気口金挿入穴128には加圧送気管路23が接続された送気口金25が嵌挿され、この送気口金25に挿入されたCリング129により係止される。また以上のコネクタ部5は光源装置6に接続され、ライトガイド口金15のライトガイド7の端面に照明光を供給し、送気口金25に接続された加圧送気管路23には図示しない送気ポンプより送気される。

0105

前記のような第3の実施例では送気送水ユニット79が操作部2より着脱可能とするために送気送水制御弁20に一端が着脱自在に接続された送気中継チューブ81と送水中継チューブ82の他端を操作部2のグリップ部83に設けられた溝84に沿ってはわされたグリップ部83の先端側端部近傍に設けられた中継口金85に着脱可能としたので、グリップ部83を把持する場合に前記2本のチューブが手に干渉しないばかりでなく、中継口金85も手の干渉を考えなくてよいので洗滌しやすいように外部に突出している。また管路のほとんどが着脱可能であるので着脱後の内視鏡1の洗滌の手間を削減することができる。

0106

ここで、送気送水ユニット79の送気送水シリンダー32と先端側送気管路13及び先端側送水管路14の接続は図19のように、送水ユニット79を操作部2の外壁部33に接続した場合、テーパ状の先端側送気突起98及び先端側送水突起97が、前記外壁部33より突出したそれぞれ先端側送気管路14及び先端側送水管路15に押圧当接されて接続すると、前記効果に加えて送気送水ユニット79の操作部2の外壁部33に接続するのがワンアクションで完結することができる。

0107

また、操作部2の外壁部33に設けられた固定溝54に送水チューブ31、送気チューブ30、両端に中継チューブ89と吸引チューブ26が着脱自在に接続され両端近傍にフランジ部91を有したパイプ90を嵌着固定するようにしたことにより、3つの管路はずれることなく固定できると同時にチューブ、パイプを分割することにより洗滌が容易になる。

0108

これと同様の効果は、図24のようにコネクタ側吸引突起116にポリエチレン等の弾性を有する樹脂により成形された曲げパイプ130の一端を接続し、多端に吸引チューブ26を接続して該曲げパイプ130の胴部を前記固定溝54に嵌挿させることによっても得ることができる。

0109

また、送気送水ユニット79では、洗滌時に送気送水シリンダ32及び送気送水ピストン37を超音波洗滌等を行った後、材質がPSFや変性PPOで成形されているのでオートクレーブ消毒可能であるので消毒が確実にできる。送気送水ピストン37のコネクタ側送気突起95及びコネクタ側送水突起96が斜め下方に突出しているので送気チューブ30及び送水チューブ31を接続する場合に固定溝54の上端方向に無理なく前記2本のチューブを接続することができる。

0110

また、吸引ユニット80では吸引シリンダ44の内周壁には上下端よりブラシで洗滌する場合ブラシの当たらない場所がなく洗滌時間が削減されるだけでなく、送気送水ユニット79と同様に吸引ユニット80も消毒がオートクレーブで確実にできる。吸引ユニット80の嵌着している穴も単純な円筒であるので洗滌時間に手間が少なくてすむ。

0111

また、コネクタ部5では中心軸124と中心軸127がある一定距離オフセットしているので送気口金挿入穴128に送気口金25をまっすぐ挿入することができ、送気口金25のみを抜取り洗滌が可能となる。

0112

図25図26は第4の実施例を示す。本実施例は吸引シリンダ44の下端開口に逆止弁53が存在しないことと、吸引ピストン47と吸引シリンダ44の係止方法が異なるのでその他は第1の実施例と同じ構成である。

0113

吸引シリンダ44の上端開口は操作部2より突出し、この突出部分の外周にはいくつかの縦溝136が設けられている。吸引ピストン47の上端には弾性を有する材質で成形された吸引ボタン49が固定され、この吸引ボタン49の周部は下方へ延長されその端部内周には前記縦溝136に嵌合する複数の突起137が設けられている。

0114

前記吸引ピストン47を吸引シリンダ44に挿入する時、吸引ボタン49は弾性部材であるので突起137は吸引シリンダー44の端部を乗り越えて縦溝136に嵌合される。このとき、吸引ボタン49と吸引シリンダ44との間に介装されたタケノコばね50により吸引ピストン47は上方に付勢される。

0115

また前記縦溝136と突起137により吸引ピストン47と吸引シリンダ44は円周方向に位置決めされ、前記吸引ピストン47の待機状態と吸引状態のストロークが規制される。

0116

以上のように構成された第4の実施例の作用は概ね第1の実施例と等しい。また効果としては第1の実施例の効果に加え、吸引シリンダ44の下端が開口しているので洗滌時に水切れが良くなり洗滌時間の短縮が図られ、前記縦溝136と突起137で吸引ピストン47と吸引シリンダ44の位置決めとストロークの規制を行うので部品点数が少なくなり安価で製作できる。

0117

第5の実施例は図示しないが、第1の実施例において、吸引シリンダ44の下端開口に逆止弁52を着脱可能にした構成で作用は第1の実施例と同様である。第5の実施例の効果としては、第1の実施例の効果に加えて、吸引シリンダ44の下端が開口しているので洗滌時に水切れが良くなり洗滌時間の短縮が図られ、前記逆止弁52により吸引シリンダ44の下端開口より体腔内の体液等の汚物の飛散を防ぐことができる。

0118

図27は第6の実施例を示す。第1の実施例において、吸引シリンダ44の上端の内径が小径で下端の内径が大径とした構成で作用は第1の実施例と同様である。

0119

本実施例の効果としては、下端からブラシで洗滌する場合ブラシの当たらない部分がないということ以外は第1の実施例と同様である。図28は第7の実施例を示す。第1の実施例において吸引シリンダ44の上端の内径が大径で中段部の内径が中径で下端の内径が小径とした構成で作用は第1の実施例と同様である。

0120

本実施例の効果としては、上端からブラシで洗滌する場合ブラシの当たらない部分がないということ以外は第1の実施例と同様である。図29は第8の実施例を示す。第4の実施例において、吸引シリンダ44の上端の内径が小径で中段部の内径が中径で下端の内径が大径とした構成で作用は第4の実施例と同様である。本実施例の効果としては、下端からブラシで洗滌する場合ブラシの当たらない部分がないということ以外は第4の実施例と同様である。

発明の効果

0121

以上説明したように、本発明によれば、吸引シリンダの内壁は、その中心軸を通る任意断面で、中心軸に垂直な凹部のない内壁に形成されているため、ブラシのあたらない部分がなく、短時間で確実に洗滌できるという効果がある。

図面の簡単な説明

0122

図1この発明の第1の実施例を示す内視鏡の概略的構成図。
図2同実施例の送気送水ピストンの斜視図。
図3同実施例の送気送水制御装置の縦断側面図。
図4同実施例の吸引制御装置の待機状態の断面図。
図5同実施例の吸引制御装置の吸引状態の断面図。
図6同実施例の吸引ピストンの要部を破断した斜視図。
図7この発明の第2の実施例を示す内視鏡の概略的構成図。
図8同実施例の内視鏡操作部の斜視図。
図9同実施例の送気送水制御装置の縦断側面図。
図10同実施例の送気送水ピストンのパッキン部の断面図。
図11同実施例の送気送水、吸引の各管路の接続部断面図。
図12同実施例の吸引制御装置の待機状態の断面図。
図13同実施例の吸引制御装置の吸引状態の断面図。
図14同実施例のコネクタ部の斜視図。
図15この発明の第3の実施例を示す内視鏡の概略的構成図。
図16同実施例の内視鏡操作部の斜視図。
図17同実施例の送気コネクタとコネクタ部の斜視図。
図18同実施例の送気送水制御装置の縦断側面図。
図19同実施例の他の送気送水制御装置の操作説明図。
図20同実施例の吸引制御装置の待機状態の断面図。
図21同実施例の吸引制御装置の吸引状態の断面図。
図22同実施例の操作部に送気、送水、吸引の各チューブを接続した要部断面図。
図23図22のX−X線に沿う断面図。
図24同実施例の他の方法で操作部に送気、送水、吸引の各チューブを接続した他の要部断面図。
図25この発明の第5の実施例を示す吸引制御装置の斜視図。
図26同実施例の吸引制御装置の縦断側面図。
図27この発明の第5の実施例を示す吸引制御装置の縦断側面図。
図28この発明の第6の実施例を示す吸引制御装置の縦断側面図。
図29この発明の第7の実施例を示す吸引制御装置の縦断側面図。
図30(a)〜(c)は従来の吸引制御装置の縦断側面図。

--

0123

1…内視鏡
2…操作部
3…挿入部
17…吸引制御装置
44…吸引シリンダ
47…吸引ピストン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ