図面 (/)

技術 メダル遊技機

出願人 サミー株式会社
発明者 炭谷和広
出願日 1993年4月20日 (27年8ヶ月経過) 出願番号 1993-092781
公開日 1994年11月1日 (26年1ヶ月経過) 公開番号 1994-304320
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等) スロットマシン、カードゲーム、盤上ゲーム
主要キーワード 山積み 下り傾斜 振り分け 詰まり メダル遊技機 メダル受け皿 メダル払出 メダル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1994年11月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

目的

メダル遊技機メダル受け皿の改良に関し、特にメダル払出口から払い出されたメダルがメダル受け皿の底に山積みされて、メダル払出口を塞がないようにした。

構成

メダル受け皿30の底には、その底から上方に向かって突出するととも、メダル払出口20の下方に位置する頂部81と、この頂部81の左右両側からメダル受け皿30の底に向かって下り傾斜した左右一対の傾斜面82,82とを有するメダル振分部80を設けたことを特徴とする。

概要

背景

従来、この種のメダル遊技機メダル受け皿は、その底がほぼ平坦であった(実開昭60-32981号公報)。

概要

メダル遊技機のメダル受け皿の改良に関し、特にメダル払出口から払い出されたメダルがメダル受け皿の底に山積みされて、メダル払出口を塞がないようにした。

メダル受け皿30の底には、その底から上方に向かって突出するととも、メダル払出口20の下方に位置する頂部81と、この頂部81の左右両側からメダル受け皿30の底に向かって下り傾斜した左右一対の傾斜面82,82とを有するメダル振分部80を設けたことを特徴とする。

目的

しかし、従来のメダル受け皿では、その底がほぼ平坦であったため、メダルのメダル払出口から払い出されたメダルが、メダル払出口の真下に位置するメダル受け皿の底に山積みされ、メダルの山が高くなると、メダル払出口を塞いでしまうという問題点があった。すなわち、山積みされたメダルによりメダル払出口が塞がれてしまうと、メダル払出口から払い出されるはずのメダルが、メダル払出口の内部で詰まってしまい、メダルが払い出されなくなってしまう。このため、遊技者は、遊技中、メダルの山が高くなると、手で左右にメダルをかき分けて、メダル払出口を塞がないようにしていた。しかし、遊技者が、メダルをかき分けるのは面倒であるし、また、遊技に集中できなくなってしまう。そこで、本発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、メダル払出口から払い出されたメダルが、メダル受け皿の底に山積みされて、メダル払出口を塞ぐのを未然に防止しようとするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
9件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

メダル払出口から払い出されたメダルが溜まり込むメダル受け皿を備えたメダル遊技機において、上記メダル受け皿の底には、その底から上方に向かって突出するととも、メダル払出口の下方に位置する頂部と、この頂部の左右両側からメダル受け皿の底に向かって下り傾斜した左右一対の傾斜面とを有するメダル振分部を設けたことを特徴とするメダル遊技機。

技術分野

0001

この発明は、メダルを用いて遊技を行うメダル遊技機、例えばスロットマシンメダル受け皿の改良に関し、特にメダル払出口から払い出されたメダルがメダル受け皿の底に山積みされて、メダル払出口を塞がないようにしたものである。

背景技術

0002

従来、この種のメダル遊技機のメダル受け皿は、その底がほぼ平坦であった(実開昭60-32981号公報)。

発明が解決しようとする課題

0003

しかし、従来のメダル受け皿では、その底がほぼ平坦であったため、メダルのメダル払出口から払い出されたメダルが、メダル払出口の真下に位置するメダル受け皿の底に山積みされ、メダルの山が高くなると、メダル払出口を塞いでしまうという問題点があった。すなわち、山積みされたメダルによりメダル払出口が塞がれてしまうと、メダル払出口から払い出されるはずのメダルが、メダル払出口の内部で詰まってしまい、メダルが払い出されなくなってしまう。このため、遊技者は、遊技中、メダルの山が高くなると、手で左右にメダルをかき分けて、メダル払出口を塞がないようにしていた。しかし、遊技者が、メダルをかき分けるのは面倒であるし、また、遊技に集中できなくなってしまう。そこで、本発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、メダル払出口から払い出されたメダルが、メダル受け皿の底に山積みされて、メダル払出口を塞ぐのを未然に防止しようとするものである。

課題を解決するための手段

0004

本発明は、上記した目的を達成するためのものであり、以下にその内容を図面に示した実施例を用いて説明する。請求項1記載の発明は、メダル受け皿(30)の底に、その底から上方に向かって突出するととも、メダル払出口(20)の下方に位置する頂部(81)と、この頂部(81)の左右両側からメダル受け皿(30)の底に向かって下り傾斜した左右一対の傾斜面(82,82)とを有するメダル振分部(80)を設けたことを特徴とする。

0005

0006

発明の効果

0007

本発明は、以上のように構成されているので、以下に記載されるような効果を奏する。請求項1記載の発明によれば、メダル払出口付近でのメダルの山積みを防止できるので、メダル払出口でのメダルの詰まりを未然に防止でき、これにより遊技者が山積みされたメダルを手で押し退けるという煩わしさをなくすことができるばかりなく、メダル払出口から払い出されたメダルを左右方向に振り分けながら収納することができるので、メダルの効率的な収納を図ることができる。

図面の簡単な説明

0008

図1メダル払出口とメダル受け皿とを示す斜視図である。
図2スロットマシンの正面図である。
図3図1のIII−III線に沿った要部断面図である。
図4図1のIV−IV線に沿った断面図である。

--

0009

10スロットマシン20メダル払出口
30メダル受け皿40底板
41 底面 50後壁
60前壁70側壁
80メダル振分部 81 頂部
82 傾斜面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】表示方法に特徴を持った遊技台を提供する。【解決手段】遊技台は、表示手段と、第一の遊技期間および第二の遊技期間を含む或る遊技期間における少なくとも遊技媒体の払出数に基づいて、遊技者が獲得している... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣の低下を抑止可能な遊技機を提供する。【解決手段】遊技球が流下可能な遊技領域が形成された遊技盤を有し、始動条件の成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて利益を付与する遊技機であっ... 詳細

  • 山佐株式会社の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】可能な限り区間状態が有利区間であることを条件として特典付与のための報知が行われるようにして公平性の担保と興趣の低下の防止とを図りつつ、可能な限り設定変更の有無の見破りを防止ことができる遊技機を... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ