図面 (/)

技術 印刷配線板の支持装置

出願人 富士電機株式会社
発明者 守山亨
出願日 1993年4月14日 (27年7ヶ月経過) 出願番号 1993-086573
公開日 1994年10月28日 (26年1ヶ月経過) 公開番号 1994-302980
状態 未査定
技術分野 回路素子のヒンジ又はピポット上への取付け
主要キーワード 頭部外周 止め支持 種コネクタ 電源ボックス 背面カバー 軸長方向 本体カバー 印刷配線板
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1994年10月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

目的

ROM,RAMなどを含む集積回路ソケットを介して接続され各種機器に組み込まれた印刷配線板を機器内に支持する印刷配線板の支持装置を、ドライバなどの工具を使用せずに集積回路を迅速かつ容易に交換できる構造にする。

構成

印刷配線板9および機器に回動自在および着脱自在に支持した回動軸13を介し機器に印刷配線板9の後端を回動自在に支持するとともに、印刷配線板9の前端を機器に着脱自在に支持する。

概要

背景

ROM,RAMなどを含む集積回路ソケットを介して接続され各種機器に組み込まれた印刷配線板は、印刷配線板相互間、または機器内外電気電子機器とを接続する電線が各種コネクタを介して一般的に接続されている。また印刷配線板は、カバーで通常周囲が覆われているとともに、集積回路がソケットに挿脱される側の面を機器の外側面側に概して向けないで機器内にねじ止め支持されている。

そのため、集積回路を交換する際には、印刷配線板の周囲を覆う外郭を必要に応じて取り外すとともに、ドライバなどの工具を使用してねじを外し印刷配線板を取り外さなければならず、手間がかかるが、この種の印刷配線板の支持装置の従来例の一つを図2および図3に示す。図2はこの発明の対象となる機器の外観を示す左側面図で、図の右側が前面側あり、図3は従来の印刷配線板の支持装置の一つの構成を示し、(A)が要部左側面図、(B)が(A)の下面図で、いずれも図の右側が前面側である。

図2および図3において、1が機器の本体部分を構成する機器本体であり、この機器本体1は、電源収納された箱形電源ボックス2の上に載置されているとともに、電源ボックス2に着脱自在に支持され機器の外殻を形成する本体カバー3で前面および左右両側面が覆われている。また機器本体1は、電源ボックス2にねじ止めされ機器の外殻を形成する箱形の背面カバー4で背面を、またこの背面カバー4にねじ止めされ機器の外殻を形成し下面が開口する箱形の上部カバー5で上面がそれぞれ覆われている。この上部カバー5内天井面には、側縦断面がほぼZ字形の一対の支持体6が互に前後に向かい合わせて上端を固定されており、集積回路7がソケット8を介し接続され機器内に組み込まれた印刷配線板9が、集積回路7がソケット8に挿脱される側の面を上に向け支持体6に枠体10を介して四隅をねじ10でねじ止めして上部カバー5内天井面に支持されている。

このように構成された印刷配線板の支持装置では、集積回路7を交換する際は、本体カバー3を取り外すとともに、図示しないドライバなどの工具を使用しねじ10を外して印刷配線板9を上部カバー5の下面開口を通し取り外した後、集積回路7の交換が行われる。

概要

ROM,RAMなどを含む集積回路がソケットを介して接続され各種機器に組み込まれた印刷配線板を機器内に支持する印刷配線板の支持装置を、ドライバなどの工具を使用せずに集積回路を迅速かつ容易に交換できる構造にする。

印刷配線板9および機器に回動自在および着脱自在に支持した回動軸13を介し機器に印刷配線板9の後端を回動自在に支持するとともに、印刷配線板9の前端を機器に着脱自在に支持する。

目的

したがって、この発明は、ドライバなどの工具を使用せずに集積回路を迅速かつ容易に交換できる印刷配線板の支持装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

集積回路ソケットを介して接続され各種機器に組み込まれた印刷配線板を前記機器内に支持する印刷配線板の支持装置において、前記印刷配線板の一端が回動軸を介し機器に回動自在に支持されたことを特徴とする印刷配線板の支持装置。

請求項2

請求項1記載の印刷配線板の支持装置において、回動軸が、印刷配線板および若しくは機器に回動自在および着脱自在に支持される回動軸である印刷配線板の支持装置。

請求項3

請求項2記載の印刷配線板の支持装置において、印刷配線板が、両端を回動軸を介し機器に回動自在に支持された印刷配線板である印刷配線板の支持装置。

請求項4

請求項1または請求項2記載の印刷配線板の支持装置において、一端を回動軸を介し機器に回動自在に支持された印刷配線板の他端が着脱自在に機器に支持された印刷配線板の支持装置。

技術分野

0001

この発明は、集積回路ソケットを介して接続され各種機器に組み込まれた印刷配線板を機器内に支持する印刷配線板の支持装置に関する。

背景技術

0002

ROM,RAMなどを含む集積回路がソケットを介して接続され各種機器に組み込まれた印刷配線板は、印刷配線板相互間、または機器内外電気電子機器とを接続する電線が各種コネクタを介して一般的に接続されている。また印刷配線板は、カバーで通常周囲が覆われているとともに、集積回路がソケットに挿脱される側の面を機器の外側面側に概して向けないで機器内にねじ止め支持されている。

0003

そのため、集積回路を交換する際には、印刷配線板の周囲を覆う外郭を必要に応じて取り外すとともに、ドライバなどの工具を使用してねじを外し印刷配線板を取り外さなければならず、手間がかかるが、この種の印刷配線板の支持装置の従来例の一つを図2および図3に示す。図2はこの発明の対象となる機器の外観を示す左側面図で、図の右側が前面側あり、図3は従来の印刷配線板の支持装置の一つの構成を示し、(A)が要部左側面図、(B)が(A)の下面図で、いずれも図の右側が前面側である。

0004

図2および図3において、1が機器の本体部分を構成する機器本体であり、この機器本体1は、電源収納された箱形電源ボックス2の上に載置されているとともに、電源ボックス2に着脱自在に支持され機器の外殻を形成する本体カバー3で前面および左右両側面が覆われている。また機器本体1は、電源ボックス2にねじ止めされ機器の外殻を形成する箱形の背面カバー4で背面を、またこの背面カバー4にねじ止めされ機器の外殻を形成し下面が開口する箱形の上部カバー5で上面がそれぞれ覆われている。この上部カバー5内天井面には、側縦断面がほぼZ字形の一対の支持体6が互に前後に向かい合わせて上端を固定されており、集積回路7がソケット8を介し接続され機器内に組み込まれた印刷配線板9が、集積回路7がソケット8に挿脱される側の面を上に向け支持体6に枠体10を介して四隅をねじ10でねじ止めして上部カバー5内天井面に支持されている。

0005

このように構成された印刷配線板の支持装置では、集積回路7を交換する際は、本体カバー3を取り外すとともに、図示しないドライバなどの工具を使用しねじ10を外して印刷配線板9を上部カバー5の下面開口を通し取り外した後、集積回路7の交換が行われる。

発明が解決しようとする課題

0006

ところで、このような従来の印刷配線板は前記したように、集積回路7を交換する際には、本体カバー3を取り外した後、上部カバー5の下面開口から差し込んだ、図示しないドライバなどの工具でねじ10を全て外して印刷配線板9を上部カバー5の下面開口を通して取り外さなければならない。それで、この上部カバー5の下面開口を通して印刷配線板9を機器から取り外す際に、この印刷配線板9に図示しない各種コネクタを介し接続され印刷配線板9相互間または、機器内外の、図示しない電気・電子機器とを接続する、図示しない電線が、引張られて印刷配線板9から外れることがある。そのため、集積回路7の交換作業は、面倒で手間のかかる作業になるという問題がある。

0007

したがって、この発明は、ドライバなどの工具を使用せずに集積回路を迅速かつ容易に交換できる印刷配線板の支持装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上記のような課題を解決のため、この発明によれば、集積回路がソケットを介して接続され各種機器に組み込まれた印刷配線板を前記機器内に支持する印刷配線板の支持装置において、前記印刷配線板の一端が回動軸を介し機器に回動自在に支持されるものとする。

0009

また、回動軸が、印刷配線板および若しくは機器に回動自在および着脱自在に支持される回動軸であるものとする。また、印刷配線板が、両端を回動軸を介し機器に回動自在に支持された印刷配線板であるものとする。また、一端を回動軸を介し機器に回動自在に支持された印刷配線板の他端が着脱自在に機器に支持されるものとする。

0010

この発明は、集積回路がソケットを介して接続され各種機器に組み込まれた印刷配線板の一端が回動軸を介し前記機器に回動自在に支持されるものとしたので、印刷配線板の回動自在に支持した側と反対側の端を機器から工具を使用せずに外せるようにすることにより、回動自在に支持した側と反対側の端を機器から外した印刷配線板を回動軸を軸として回動でき、これにより、集積回路がソケットに挿脱される側の、印刷配線板の面の向きを自在に変えることができる。

0011

また、回動軸が、印刷配線板および若しくは機器に回動自在および着脱自在に支持される回動軸であるものとしたので、回動軸を軸として印刷配線板を回動できるとともに、回動軸を印刷配線板および若しくは機器に着脱することにより、機器に回動自在に支持された側の、印刷配線板の端を機器に着脱できる。また、印刷配線板が、両端を回動軸を介し機器に回動自在に支持された印刷配線板であるものとしたので、回動軸を着脱することにより、印刷配線板を機器に着脱できるとともに、回動軸の一方を外すことにより他方を軸として印刷配線板を回動できる。

0012

また、一端を回動軸を介し機器に回動自在に支持された印刷配線板の他端が着脱自在に機器に支持されるものとしたので、機器に着脱自在に支持された側の、印刷配線板の端を工具を使わずに機器から外して、印刷配線板を、回動軸を軸として回動できるとともに、回動軸を着脱して印刷配線板を機器に着脱できる。

0013

以下、この発明の実施例を図1および図2に基づいて説明する。図1はこの発明の一つの実施例の印刷配線板の支持装置の構成を示し、(A)が要部部分縦断面左側面図、(B)が(A)の下面図で、(A)および(C)はいずれも図の右側が前面側であり、図2はこの発明の対象となる機器の外観を示す左側面図で、図の右側が前面側である。図3と共通あるいは同一部分は同一の符号で示す。

0014

図1および図2において、1が機器の本体部分を構成する機器本体であり、この機器本体1を、電源を収納した電源ボックス2の上に載置するとともに、電源ボックス2に着脱自在に支持し機器の外殻を形成する本体カバー3で前面および左右両側面を覆っている。また、電源ボックス2にねじ止めした、機器の外殻を形成する背面カバー4で機器本体1の背面を、またこの背面カバー4にねじ止めした、機器の外殻を形成する上部カバー5で機器本体1の上面をそれぞれ覆っている。

0015

この上部カバー5内天井面には、側縦断面がほぼZ字形の支持体11および、正面縦断面が偏平なほぼZ字形の支持体12を互に前後に向かい合わせて上端を固定している。この支持体12には、軸長方向が左右に水平な回動軸13を回動自在かつ軸長方向に挿脱して着脱自在に支持するとともに、この回動軸13を回動自在かつ軸長方向に挿脱して着脱自在に、上下両面が開口する四角な枠状の枠体14の後端に支持している。この枠体14に、ソケット8に挿脱される側の面を上に向け四隅をねじ10でねじ止めした、集積回路7をソケット8を介し接続して機器内に組み込んだ印刷配線板9の後端を、枠体14および回動軸13を介して機器の上部カバー5内天井面に回動自在に支持している。また印刷配線板9の前端を、指先締め付け可能なように、頭部外周面にローレット15を形成したねじ16で支持体11および枠体14を介し機器にねじ止めし、集積回路7がソケット8に挿脱される側の面を上に向けて印刷配線板9を機器に支持しており、その他の構成は前記した従来例と同一である。

0016

前述の構成において、この発明の印刷配線板の支持装置の一つの実施である、図1に示す印刷配線板の支持装置での、集積回路7を交換する際の操作および印刷配線板の支持装置各部の機能につき以下述べる。この発明の印刷配線板の支持装置は、支持体12に回動自在かつ着脱自在に支持した回動軸13および枠体14を介し後端を回動自在に機器に支持し、かつ支持体11および枠体14を介し頭部外周面にローレット15を形成したねじ16で前端を機器にねじ止め支持して印刷配線板9を機器に支持している。それで、集積回路7を交換する際の操作は、本体カバー3を取り外した後、図示しないドライバなどの工具を使用しないで、上部カバー5の下面開口を通し指先でねじ16を外して印刷配線板9の前端を機器から取り外す。そして、回動軸13を軸とし印刷配線板9を回動して、今まで上に向いていた、集積回路7がソケット8に挿脱される側の面を前方に向けた後、枠体14の上面開口を通して集積回路7の交換を行う。これにより、図示しないドライバなどの工具を使わず、かつ印刷配線板9を機器から取り外さずに集積回路7の交換ができ、上部カバー5の下面開口を通して印刷配線板9を機器から取り外す必要はない。

0017

したがって、印刷配線板9に図示しない各種コネクタを介し接続され印刷配線板9相互間または、機器内外の、図示しない電気・電子機器とを接続する、図示しない電線が、引張られて印刷配線板9から外れることもないので、集積回路7の交換作業を迅速かつ容易にできる。また、指先でねじ16を外して前端を機器から取り外した印刷配線板9の後端を回動軸13を支持体12および枠体14から外すことにより、印刷配線板9を機器から取り外すことができるので、印刷配線板9の交換,修理などの際に、必要に応じて印刷配線板9を機器から容易に取り外すことができる。

発明の効果

0018

この発明によれば、集積回路がソケットを介して接続され各種機器に組み込まれた印刷配線板の一端が回動軸を介し機器に回動自在に支持されるものとしたので、印刷配線板の、回動自在に支持した側と反対側の端を機器から工具を使用せずに外すことができ、かつ回動自在に支持した側と反対側の端を機器から外した印刷配線板の、集積回路がソケットに挿脱される側の面の向きを自在に変えて集積回路をソケットに挿脱し易い方向に向けることができる。

0019

また、回動軸が、印刷配線板および若しくは機器に回動自在および着脱自在に支持される回動軸であるものとしたので、回動軸を軸として印刷配線板を回動して印刷配線板の、集積回路がソケットに挿脱される側の面の向きを自在に変えて集積回路をソケットに挿脱し易い方向に向けることができるとともに、機器に回動自在に支持された側の、印刷配線板の端を機器に着脱して工具を使用せずに印刷配線板を容易に取り外すことができる。

0020

また、印刷配線板が、両端を回動軸を介し機器に回動自在に支持された印刷配線板であるものとしたので、印刷配線板を必要に応じて機器に着脱できるとともに、回動軸の一方を外すことにより他方を軸として回動して、印刷配線板の、集積回路がソケットに挿脱される側の面の向きを自在に変えて集積回路をソケットに挿脱し易い方向に向けることができる。

0021

また、一端を回動軸を介し機器に回動自在に支持された印刷配線板の他端が着脱自在に機器に支持されるものとしたので、着脱自在に機器に支持された側の端を工具を使用しないで外した印刷配線板を回動軸を軸として回動して、印刷配線板の、集積回路がソケットに挿脱される側の面の向きを自在に変えて集積回路をソケットに挿脱し易い方向に向けることができ、回動軸が、印刷配線板および若しくは機器に回動自在および着脱自在に支持された回動軸であれば、印刷配線板を必要に応じて機器に自在に着脱できる。

0022

その結果、各種機器に組み込まれた印刷配線板にソケットを介して接続された集積回路の交換を、この集積回路がソケットに挿脱される側の印刷配線板の面を、集積回路をソケットに挿脱し易い方向に向けて印刷配線板が機器に支持されていなくても、工具を使用せずに迅速かつ容易に交換できるとともに、必要に応じて印刷配線板を工具を使用せずに機器から自在に着脱してこの印刷配線板の交換,修理などを迅速かつ容易に行うことができるという効果が得られる。

図面の簡単な説明

0023

図1この発明の一つの実施例の印刷配線板の支持装置の構成を示し、(A)が要部部分縦断面左側面図、(B)が(A)の下面図
図2この発明の対象となる機器の外観を示す左側面図
図3従来の印刷配線板の支持装置の一つの構成を示し、(A)が要部左側面図、(B)が(A)の下面図

--

0024

1機器本体
2電源ボックス
3本体カバー
4背面カバー
5 上部カバー
6支持体
7集積回路
8ソケット
9印刷配線板
10 ねじ
11 支持体
12 支持体
13回動軸
14枠体
15ローレット
16 ねじ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アップルインコーポレイテッドの「 フレキシブルデバイス用ファブリック信号経路構造」が 公開されました。( 2018/11/08)

    【課題・解決手段】ポータブルデバイス用のカバーなどの電子デバイスは、ヒンジ部を有する本体を備えることができる。ヒンジ部は、本体が1つ以上の曲げ軸周りで曲がることを可能とすることができる。カバーは、キー... 詳細

  • オンキヨー株式会社の「 表示部品固定部材」が 公開されました。( 2018/10/11)

    【課題】 略矩形板状の電子表示部品を基板に対して固定する表示部品固定部材に関し、厚み等の大きさ寸法が異なる複数の電子表示部品に対応して共通に使用可能な表示部品固定部材を提供する。【解決手段】 表示... 詳細

  • 住友電装株式会社の「 電気接続箱」が 公開されました。( 2016/05/19)

    【課題】電気接続箱本体に対して回動操作で組み付けられる取付体を備えた電気接続箱であって、それら電気接続箱本体に対する取付体の振動を抑制して、電気接続箱本体と取付体の導通安定性を有利に確保することができ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ