図面 (/)

技術 自動配置配線装置

出願人 三菱電機株式会社
発明者 西岡千佳
出願日 1993年2月16日 (27年4ヶ月経過) 出願番号 1993-026467
公開日 1994年9月2日 (25年10ヶ月経過) 公開番号 1994-243198
状態 未査定
技術分野 CAD
主要キーワード 配線パターン設計 始点側 各基準点 設計工数 標準セル 領域変更 自動配置 自動変更
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1994年9月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

目的

パターン設計工数削減を図れる自動配置配線装置を提供する。

構成

入力手段1に入力されたデータに基づいて、 I/Oセル配置パターン形成手段6では、配置領域の4辺に夫々設定された基準点を使用して I/Oセル配置パターンを自動的に設定する。 I/Oセル配置パターン形成手段6により形成されたデータはファイル7に保存するようになしてあり、配置領域変更手段4により配置領域が変更されると、 I/Oセル配置パターン相対的変更手段8では、変更後の配置領域に適応する位置に基準点の位置を変更し、さらに I/Oセルを相対的に位置変更する。そしてシミュレーション実行手段9によりシミュレーションを行い、その結果が良好である場合はこのデータをファイル10に保存し、このデータに基づいて自動配置配線実行手段5により自動配置配線を行うようになしてある。

概要

背景

概要

パターン設計工数削減を図れる自動配置配線装置を提供する。

入力手段1に入力されたデータに基づいて、 I/Oセル配置パターン形成手段6では、配置領域の4辺に夫々設定された基準点を使用して I/Oセル配置パターンを自動的に設定する。 I/Oセル配置パターン形成手段6により形成されたデータはファイル7に保存するようになしてあり、配置領域変更手段4により配置領域が変更されると、 I/Oセル配置パターン相対的変更手段8では、変更後の配置領域に適応する位置に基準点の位置を変更し、さらに I/Oセルを相対的に位置変更する。そしてシミュレーション実行手段9によりシミュレーションを行い、その結果が良好である場合はこのデータをファイル10に保存し、このデータに基づいて自動配置配線実行手段5により自動配置配線を行うようになしてある。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

入力されたデータに基づいてセルの配置領域を形成する配置領域形成手段と、該配置領域形成手段により形成された配置領域のデータを保存する記憶部と、該記憶部に保存されたデータを変更する配置領域変更手段と、前記記憶部のデータを使用してセルの配置及びセル間の配線の設定を行う自動配置配線実行手段とを備える自動配置配線装置において、入力されたデータに基づき複数の基準点を使用してセルの配置パターンを形成するセル配置パターン形成手段と、該セル配置パターン形成手段及び前記記憶部のデータに基づいてセルの配置パターンを複数の基準点を使用して相対的に変更するセル配置パターン相対的変更手段と、該セル配置パターン相対的変更手段によるデータを保存する記憶部とを備えることを特徴とする自動配置配線装置。

技術分野

0001

本発明は、配置,配線パターンを設計して回路レイアウト図を作成する自動配置配線装置に関する。

0002

図5は従来の自動配置配線装置の構成を示すブロック図である。図中1は、セルの配置領域及びセルの座標等のデータを入力するための入力手段であり、この入力データに基づいて配置領域を形成するための配置領域形成手段2が設けてある。配置領域形成手段2により形成されたデータはファイル3に保存するようになしてあり、さらにファイル3のデータは配置領域変更手段4により変更が可能である。そしてファイル3のデータは、セル配置及びセル間配線の設定(以下自動配置配線という)を行う自動配置配線実行手段5へ与えるようになしてある。

0003

以上の如き構成の従来装置を使用して、LSIにおける配置,配線パターンを設計する場合は、設計者が配置領域及びセルの座標の入力を行うと、配置領域形成手段2にてディスプレイ画面に配置領域が形成され、その配置領域にセルが配置される。そのデータはファイル3に保存され、自動配置配線の実行はこのファイル3のデータに基づいて行う。図6はこの従来装置により I/Oセルを自動配置した例を示す図である。図6(a) において15a は、 I/Oセル18,18…を配置するための正方形の I/Oセル配置領域であり、16a は、例えばトランジスタ等の標準セル(図示せず)を配置するための正方形の標準セル配置領域であり、 I/Oセル配置領域15a 内に設定されている。 I/Oセル18,18…は、既に設定されている1つの原点(0,0)を基準とした2次元座標位置設定されており、標準セル配置領域16a 外であり I/Oセル配置領域15a 内である領域に配置されている。

0004

次に形状が異なる、例えば矩形チップに対する配置,配線パターンを作成する場合は、 I/Oセル配置領域15a 又は標準セル配置領域16a を変更する変更作業を行って所要の配置,配線パターンを得ている。I/Oセル配置領域15a 又は標準セル配置領域16a を変更する場合は、配置領域変更手段4によりファイル3のデータの変更を実行すると、 I/Oセル配置領域15a 及び標準セル配置領域16a より横長な矩形の I/Oセル配置領域15b 及び標準セル配置領域16b を得ることができる(図6(b))。しかしながら従来の自動配置配線装置では、 I/Oセル18,18…の配置は座標指定により絶対的に設定されているため、この配置領域変更を実行した場合は I/Oセル18,18…の座標をを新たに入力して修正する必要があり、設計工数の増加を免れなかった。

0005

本発明は、斯かる事情に鑑みてなされたものであり、複数の基準点を使用してセルの配置を設定する手段と、変更後の配置領域に適応するように、複数の基準点を位置変更し、さらにこの変更に従って配置パターンを相対的に変更するセル配置パターン相対的変更手段を備えることにより、配置,配線パターン設計工数削減を図ることが可能な自動配置配線装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明に係る自動配置配線装置は、複数の基準点を使用してセル配置を設定するセル配置パターン形成手段と、変更された配置領域に応じて、セルの配置パターンを複数の基準点を使用して相対的に変更するセル配置パターン相対的変更手段と、そのデータを保存する記憶部とを備えることを特徴とする。

0007

本発明にあっては、1辺に配置するセルの個数又は間隔を入力しておくと、セル配置パターン形成手段においては、各辺に基準点を設けてあるので、この基準点を含む1辺方向に変更が可能なようにセル配置を設定し、セル配置パターン相対的変更手段においてこの変更を行える。したがって、入力されたセル配置パターンを、変更された配置領域内に相対的に自動変更することが可能となる。さらにセル配置パターン相対的変更手段によるデータを保存する記憶部を備えることにより、セル配置パターン相対的変更手段によるデータを繰り返し使用して自動配置配線を行うことができる。従って従来は配置領域が変更される都度、行っていたセル配置パターン再入力を省略することができ、配置,配線パターン設計の工数削減が実現する。

0008

以下、本発明をその実施例を示す図面に基づき具体的に説明する。図1は本発明に係る自動配置配線装置の構成を示すブロック図である。図中1は、適宜のセル配置領域, I/Oセル配置パターンのデータを入力するための入力手段であり、これら入力データに基づいて配置領域, I/Oセル配置パターンを夫々形成するための配置領域形成手段2, I/Oセル配置パターン形成手段6が設けてある。配置領域形成手段2により形成されたデータはファイル3に保存するようになしてあり、さらにファイル3のデータは配置領域変更手段4により変更が可能なようになしてある。そしてファイル3のデータは自動配置配線を実行する自動配置配線実行手段5又はファイル7へ与えるようになしてある。

0009

一方、 I/Oセル配置パターン形成手段6により形成されたデータはファイル7に保存するようになしてあり、さらにファイル3及びファイル7のデータに基づいて I/Oセルの配置パターンを相対的に変更する I/Oセル配置パターン相対的変更手段8が設けてある。そしてこのデータに基づいてシミュレーション実行手段9によりシミュレーションを実行して所望するチップサイズ及びチップ形状が得られているかを確認する。そして良好な結果が得られた場合、そのデータはファイル10へ保存するようになしてある。前述の自動配置配線実行手段5は、ファイル3又はファイル10のデータに基づいて自動配置配線を実行する構成となしてある。

0010

本発明装置における I/Oセル配置パターン形成手段6による I/Oセルの配置パターン形成方法図2に示す。LSI表面上の四角形をなす I/Oセル配置領域15において、 I/Oセル配置領域15の内側の所定距離の位置に、各辺と平行な座標系A,B,C,Dを設け、各座標系における反時計回り始点側に夫々基準点13a,13b ,13c ,13dを設定するようになっている。そして各座標系に配置する I/Oセル18, 18…の個数,間隔等を入力しておくと、基準点13a ,13b ,13c ,13dを基準にして I/Oセル18, 18…の配置パターンが自動的に設定される。そして I/Oセル配置領域15のサイズ,形状の変更が行われると、各座標系A,B,C,D及び各基準点13a ,13b ,13c ,13dも自動的に変更され、各基準点13a ,13b ,13c ,13dは4辺の内側の各座標系における反時計回りの始点側に設定される。その後セル配置パターン相対的変更手段8にて、変更された配置領域に適応する位置に全てのI/Oセルが存在するように、変更後の座標系上に、夫々適当な間隔で各 I/Oセルが配置される。

0011

以上の如き構成の自動配置配線装置を使用した配置,配線処理手順について、図3に示すフローチャートに従って説明する。まず設計者が I/Oセルの配置を入力すると(S1)、 I/Oセル配置パターン形成手段6により相対的変更が可能な I/Oセル配置パターンが作成され、このデータはファイル7に保存される(S2)。次に配置領域を変更する必要があるか否かの判断を行い(S3)、変更を行わない場合はファイル3及びファイル7のデータに基づいて自動配置配線を実行する(S4)。一方、変更を行う場合は配置領域変更を実施した(S5)後、そのデータをファイル3に保存する(S6)。

0012

そしてこのファイル3のデータと前記ファイル7の相対的なデータとを使用して変更後の配置領域内に全ての I/Oセル18, 18…が収まるように I/Oセル配置パターン相対的変更を実施し(S7)、シミュレーションを実行して所望するチップサイズ及びチップ形状が得られているかを確認する(S8)。この結果が良好であればそのデータはファイル10に保存しておき(S8)、このファイル10のデータに基づいて自動配置配線を実行する(S9)。シミュレーションの結果が良好でない場合はS3に戻り、良好なシミュレーション結果が得られるまで同様の手順を繰り返す。

0013

図4は本発明装置により I/Oセルを自動配置した例を示す図である。図4(a)は変更前を示し、図4(b) は変更後を示す。図6と同様、図4(a) における15aは、 I/Oセル18,18…を配置するための正方形の I/Oセル配置領域であり、16aは、例えばトランジスタ等の標準セル(図示せず)を配置するための正方形の標準セル配置領域であり、 I/Oセル配置領域15a 内に設定されている。図4(a) に示す場合 I/Oセル18,18…は、標準セル配置領域16a 外であり、 I/Oセル配置領域15a 内である領域に配置されている。

0014

本発明装置において I/Oセル配置領域15a 及び標準セル配置領域16a を変更する場合は、図3に示す手順に従ってこれら配置領域を変更し、この変更した I/Oセル配置領域15b 及び標準セル配置領域16b に適応するように、 I/Oセル配置パターン相対的変更手段8により I/Oセル18,18…の位置を相対的に変更すると、図4(b) に示す如く、全ての I/Oセル18,18…が変更後の標準セル配置領域16a外であり、 I/Oセル配置領域15a 内である領域に配置される。

発明の効果

0015

以上のように本発明に係る自動配置配線装置は、複数の基準点を使用してセル配置を設定するセル配置パターン形成手段と、この複数の基準点を使用して相対的にセル配置パターンを変更するセル配置パターン相対的変更手段とを備えることにより、入力されたセル配置パターンを、変更された配置領域内に相対的に自動変更することが可能となる。さらにセル配置パターン相対的変更手段によるデータを保存する記憶部を備えることにより、セル配置パターン相対的変更手段によるデータを繰り返し使用して自動配置配線を行うことができる。従って従来は配置領域が変更される都度、行っていたセル配置パターン再入力を省略することができ、配置,配線パターン設計の工数削減が図れる等、本発明は優れた効果を奏する。

図面の簡単な説明

0016

図1本発明に係る自動配置配線装置の構成を示すブロック図である。
図2図1に示す I/Oセル配置パターン形成手段による I/Oセルの配置パターン形成方法を説明するための図である。
図3本発明装置による配置配線の処理手順を示すフローチャートである。
図4本発明装置により I/Oセルを自動配置した例を示す図である。
図5従来の自動配置配線装置の構成を示すブロック図である。
図6従来装置により I/Oセルを自動配置した例を示す図である。

--

0017

1入力手段
2 配置領域形成手段
3,7,10ファイル
4 配置領域変更手段
5自動配置配線実行手段
6 I/Oセル配置パターン形成手段
8 I/Oセル配置パターン相対的変更手段
9シミュレーション実行手段
13a, 13b, 13c, 13d基準点
15a, 15b I/Oセル配置領域
16a, 16b標準セル配置領域
18 I/Oセル
A,B,C,D 座標系

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ